365日のネタ・スピーチ例は、1年分(365日分)のネタと、朝礼などのスピーチの作例や作り方を、まとめたサイトです。 >> 使い方を読む

1月27日の情報

記念日・年中行事

  • 国旗制定記念日(日本・民間団体)
    1870年の旧暦1月27日(新暦2月27日)に商船規則(太政官布告第57号)が定められ、日本の国旗(日章旗)のデザインの原型が決まったことにちなむ。国旗協会が制定。
  • ホロコースト犠牲者を想起する国際デー(International Holocaust Remembrance Day)
    2005年に国連総会本会議で決議。アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所の解放にちなむ。特定の民族や宗教への差別・攻撃を非難する。
  • 求婚の日
    明治16年のこの日、中尾勝三郎という人物が生涯の伴侶を求めるため、新聞に求婚広告を出しました。これが日本の新聞紙史上初めての求婚広告ということで、求婚の日として制定。

歴史

  • 98年 - ネルウァの死去により、トラヤヌスがローマ皇帝に即位。
  • 661年 - アリー・イブン・アビー=ターリブの死去により、イスラム教正統カリフが終焉。
  • 1142年(紹興11年12月29日)- 南宋の武将岳飛が宰相秦檜により謀殺される。
  • 1186年 - 後の神聖ローマ帝国皇帝ハインリヒ6世がコスタンツァと結婚。
  • 1587年(天正14年12月19日)- 羽柴秀吉が太政大臣に任じられ、豊臣の姓を名乗るようになる。
  • 1593年 - コペルニクスの地動説を擁護したジョルダーノ・ブルーノがローマの異端審問所に引き渡される。7年間に獄中に留め置かれた末に1600年に異端審問を開始。
  • 1618年(元和4年1月1日)- 江戸城の大奥を男子禁制とする。
  • 1785年 - アメリカ合衆国初の公立大学、ジョージア大学が開学。
  • 1838年 - アメリカ合衆国で、チェロキー族インディアンに対する強制移住措置。(「涙の道」)
  • 1868年(慶応4年1月3日)- 戊辰戦争で、鳥羽・伏見の戦いが行われる。
  • 1869年(明治元年12月15日)- 榎本武揚ら、旧幕府軍が箱館で蝦夷の領有を宣言。いわゆる蝦夷共和国が発足する。
  • 1888年 - アメリカ合衆国・ワシントンD.C.にナショナルジオグラフィック協会創設。
  • 1889年 - ブーランジェ将軍事件:セーヌ県の下院補欠選挙でジョルジュ・ブーランジェが共和各派の推した統一候補に大差をつけて当選。
  • 1890年 - 慶應義塾が大学部を設置。
  • 1915年 - アメリカ合衆国海兵隊がハイチを占領。
  • 1918年 - フィンランド内戦が開戦。
  • 1918年 - アメリカで小説「ターザン・シリーズ」の初の映画化作品『ターザン』が公開。
  • 1926年 - ジョン・ロジー・ベアードが初めてテレビジョンによる視覚電信を実演。
  • 1934年 - スタヴィスキー事件による混乱の責任を取って、フランスのカミーユ・ショータン内閣が総辞職。
  • 1936年 - ロシア出身のバス歌手フョードル・シャリアピンが来日。来日の際、帝国ホテルでシャリアピンステーキが出される。
  • 1938年 - 平賀譲東大総長が経済学部教授河合栄治郎・土方成美の休職処分を荒木貞夫文相に上申。(平賀粛学)
  • 1939年 - ロッキードP-38が初飛行。
  • 1942年 - 第二次世界大戦: エンドウ沖海戦。
  • 1945年 - 第二次世界大戦: ドイツのアウシュヴィッツ強制収容所がソ連軍により解放。
  • 1949年 - 太平輪沈没事故
  • 1951年 - 初めてアメリカ合衆国ネバダ核実験場で核実験が行われる。
  • 1953年 - ジョン・フォスター・ダレス米国務長官が、対共産圏軍事対決を主張する「巻き返し政策」の演説を行う。
  • 1964年 - 中華人民共和国とフランスとの間で国交が樹立。
  • 1965年 - 南ベトナムで軍事クーデター。グエン・カーン将軍が実権を掌幄。
  • 1967年 - アポロ1号が訓練中に事故で炎上。宇宙飛行士3人が死亡。
  • 1967年 - アメリカ合衆国、イギリス、ソビエト連邦などを含む60カ国以上の国が宇宙条約に署名。
  • 1971年 - 葉山御用邸放火事件。
  • 1973年 - 北ベトナム・南ベトナム・南ベトナム解放民族戦線・アメリカの四者でベトナム和平パリ協定を締結。ベトナム戦争が正式に終戦。
  • 1983年 - 青函トンネルの先進導抗が貫通。
  • 1989年 - 佐賀県北方町で、道路脇の崖下から女性3人の遺体が発見される。(北方事件)
  • 1993年 - 曙が外国人力士で初めて横綱に昇進。
  • 1996年 - ニジェールで、イブライム・バレ・マイナサラがクーデターにより政権掌握。
  • 2001年 - 東京23区で大雪警報。東京都心で8センチの積雪を観測。
  • 2003年 - 全日本空輸のボーイング767-300型機が、成田国際空港で操縦ミスによるオーバーラン事故を起こす。(全日空機成田空港オーバーラン事故)
  • 2008年 - 2008年大阪府知事選挙が行われ橋下徹が当選。
  • 2011年 - 鹿児島県の新燃岳が52年振りに噴火。
  • 2013年 - ブラジルのサンタマリアのナイトクラブで火災が発生し、233人以上が死亡。 詳細は「サンタマリアナイトクラブ火災」を参照

誕生日

  • 1546年 - ヨアヒム・フリードリヒ、ブランデンブルク選帝侯(+ 1608年)
  • 1585年 - ヘンドリック・アーフェルカンプ、画家(+ 1634年)
  • 1613年(慶長17年12月7日)- 良如、浄土真宗本願寺派13世(+ 1662年)
  • 1687年 - バルタザール・ノイマン、建築家(+ 1753年)
  • 1708年 - アンナ・ペトロヴナ、ロシア皇帝ピョートル1世の娘(+ 1728年)
  • 1756年 - ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト、作曲家(+ 1791年)
  • 1775年 - フリードリヒ・シェリング、哲学者(+ 1854年)
  • 1805年 - ゾフィー、オーストリア皇帝フランツ・カール大公妃(+ 1872年)
  • 1805年 - マリア・アンナ・フォン・バイエルン、ザクセン王フリードリヒ・アウグスト2世の王妃(+ 1877年)
  • 1806年 - ホアン・クリソストモ・アリアーガ、作曲家(+ 1826年)
  • 1807年 - ダーフィト・シュトラウス、哲学者、神学者(+ 1874年)
  • 1823年 - エドゥアール・ラロ、作曲家(+ 1892年)
  • 1824年 - デイヴィッド・マッケンドリー・キー、第30代アメリカ合衆国郵政長官(+ 1900年)
  • 1826年 - ミハイル・サルトィコフ=シチェドリン、風刺作家(+ 1889年)
  • 1826年 - リチャード・テイラー、アメリカ合衆国南北戦争の南軍将軍(+ 1879年)
  • 1827年(文政10年1月1日)- 河井継之助、長岡藩家老、陽明学者(+ 1868年)
  • 1827年(文政10年1月1日)- ジョン万次郎、通訳(+ 1898年)
  • 1831年 - アーサー・ヒューズ、画家、イラストレーター(+ 1915年)
  • 1832年 - ルイス・キャロル、童話作家、数学者(+ 1898年)
  • 1836年 - レーオポルト・フォン・ザッハー=マゾッホ、小説家(+ 1895年)
  • 1838年(天保9年1月2日)- 町田久成、東京国立博物館初代館長(+ 1897年)
  • 1841年 - アルヒープ・クインジ、風景画家(+ 1910年)
  • 1848年(弘化4年12月22日)- 東郷平八郎、軍人(+ 1934年)
  • 1849年(嘉永2年1月4日)- 折田彦市、第三高等学校校長(+ 1920年)
  • 1850年 - エドワード・J・スミス、タイタニック号船長(+ 1912年)
  • 1850年 - サミュエル・ゴンパーズ、労働運動指導者(+ 1924年)
  • 1850年 - ジョン・コリア、画家(+ 1934年)
  • 1853年 - ヨハネス・ユストゥス・ライン、地理学者、日本学者(+ 1918年)
  • 1856年 - エドワード・ポールトン、生物学者(+ 1943年)
  • 1859年 - ヴィルヘルム2世、ドイツ皇帝(+ 1941年)
  • 1864年 - ジョン・ウォルター・グレゴリー、地質学者、探検家(+ 1932年)
  • 1885年 - 前田青邨、日本画家(+ 1977年)
  • 1886年 - ラダ・ビノード・パール、法学者、極東国際軍事裁判判事(+ 1967年)
  • 1891年 - イリヤ・エレンブルク、作家(+ 1967年)
  • 1891年 - 高橋亀吉、経済学者(+ 1977年)
  • 1893年 - 宋慶齢、政治家、孫文夫人(+ 1981年)
  • 1893年 - 矢内原忠雄、経済学者、東京大学学長(+ 1961年)
  • 1893年 - ウィリー・ベックル、フィギュアスケート選手(+ 1975年)
  • 1895年 - ヨーゼフ・ローゼンシュトック、指揮者(+ 1985年)
  • 1900年 - 賀陽宮恒憲王、皇族(+ 1978年)
  • 1901年 - 千宗左、茶道家(表千家13世)(+ 1979年)
  • 1901年 - 高野実、労働運動家(+ 1974年)
  • 1903年 - ジョン・C・エックルス、神経生理学者(+ 1997年)
  • 1906年 - 山中直治、作曲家(+ 1937年)
  • 1913年 - 森下正明、生態学者、京都大学名誉教授(+ 1997年)
  • 1913年 - 横沢七郎、プロ野球選手(+ 2002年)
  • 1915年 - 日本橋きみ栄、歌手(+ 1993年)
  • 1915年 - ジャーク・ヒニズドフスキー、画家、版画家、彫刻家、装幀家(+ 1985年)
  • 1918年 - エルモア・ジェームス、ブルースギタリスト(+ 1963年)
  • 1919年 - 成田啓二、プロ野球選手(+ 1985年)
  • 1924年 - ラウフ・デンクタシュ、北キプロス・トルコ共和国初代大統領(+ 2012年)
  • 1925年 - 奥井成一、プロ野球選手(+ 2008年)
  • 1928年 - 白井文吾、中日新聞社代表取締役会長、中日ドラゴンズオーナー
  • 1930年 - ボビー・ブルー・ブランド、ブルース・シンガー(+ 2013年)
  • 1932年 - ボリス・シャハリン、体操選手(+ 2008年)
  • 1935年 - 小山明子、女優
  • 1936年 - サミュエル・ティン、物理学者、ノーベル物理学賞受賞者
  • 1937年 - ジョン・オグドン、ピアニスト(+ 1989年)
  • 1937年 - 高山栄、声優、俳優(+ 2002年)
  • 1940年 - ジェームズ・クロムウェル、俳優
  • 1940年 - ペトル・ルチンスキ、モルドバ大統領
  • 1941年 - ベアトリス・ティンズリー、天文学者、宇宙物理学者(+ 1981年)
  • 1941年 - 岩本進、プロ野球選手
  • 1945年 - ニック・メイスン、ドラマー(ピンク・フロイド)
  • 1945年 - 脇田義信、アナウンサー(+ 2005年)
  • 1946年 - エヴァ・ロマノワ、フィギュアスケート選手
  • 1948年 - 永倉万治、随筆家(+ 2000年)
  • 1948年 - ジャン=フィリップ・コラール、ピアニスト
  • 1948年 - 阿天坊俊明、野球選手
  • 1952年 - 那須博之、映画監督(+ 2005年)
  • 1952年 - 安達かおる、AV監督
  • 1954年 - 杉山知之、CGアーティスト、デジタルハリウッド創業者
  • 1954年 - 二宮城光、空手家
  • 1955年 - ジョン・ロバーツ、第17代アメリカ合衆国連邦最高裁判所長官
  • 1956年 - ミミ・ロジャース、女優
  • 1956年 - 陰山泰、俳優
  • 1957年 - フランク・ミラー、コミックライター
  • 1960年 - 清水ミチコ、コメディアン
  • 1960年 - 柘植伊佐夫、人物デザイン、ビューティーディレクター
  • 1961年 - 江森浩子、声優
  • 1961年 - 島根恵、ヴァイオリニスト
  • 1962年 - 金賢姫、元北朝鮮工作員
  • 1963年 - 田中哲弥、作家
  • 1964年 - 折原みと、漫画家
  • 1964年 - ブリジット・フォンダ、女優
  • 1965年 - アラン・カミング、俳優
  • 1966年 - 呉俊宏、プロ野球選手
  • 1966年 - 杉森建、ゲームクリエイター、イラストレーター、漫画家
  • 1966年 - タムリン・トミタ、女優
  • 1966年 - 三田寛子、女優
  • 1967年 - バクシーシ山下、AV監督
  • 1969年 - 小山田圭吾、音楽家
  • 1969年 - 茂木康子、柔術家、総合格闘家
  • 1970年 - エマニュエル・パユ、フルート奏者
  • 1971年 - 巴富士俊英、元大相撲力士
  • 1971年 - 古沢淳、プロ野球選手
  • 1971年 - 嶋村かおり、女優、モデル、シナリオライター
  • 1972年 - マーク・オーエン、歌手
  • 1974年 - オーレ・アイナル・ビョルンダーレン、バイアスロン選手
  • 1974年 - ブライアン・ネルソン、プロ野球選手
  • 1975年 - yasu、ミュージシャン(Janne Da Arc)
  • 1975年 - 雨宮処凛、市民活動家
  • 1976年 - 安貞桓、サッカー選手
  • 1977年 - 本山哲、音響監督
  • 1978年 - 雛形あきこ、女優
  • 1978年 - 井本貴史、お笑いタレント(ライセンス)
  • 1978年 - 小林慶行、サッカー選手
  • 1978年 - ピート・ラフォレスト、野球選手
  • 1979年 - おかゆまさき、ライトノベル作家
  • 1979年 - こやまきみこ、声優
  • 1980年 - マラト・サフィン、テニス選手
  • 1981年 - アリシア・モリク、テニス選手
  • 1981年 - ノグチピント・エリキソン、サッカー選手
  • 1981年 - 大谷ゆり、レースクイーン
  • 1982年 - 熊木杏里、シンガーソングライター、作曲家
  • 1982年 - Gendy、シンガーソングライター、歌手
  • 1982年 - 小山内大和、野球選手
  • 1983年 - ガビン・フロイド、プロ野球選手
  • 1983年 - マイク・ザガースキー、プロ野球選手
  • 1984年 - 楠城祐介、プロ野球選手
  • 1985年 - 森山愛子、演歌歌手
  • 1986年 - 松永貴志、ジャズミュージシャン
  • 1986年 - 藤江均、プロ野球選手
  • 1986年 - 八木麻紗子、アナウンサー
  • 1986年 - ヨハン・フランデ、メジャーリーガー
  • 1987年 - 岩田慎司、プロ野球選手
  • 1987年 - リリー・ドナルドソン、スーパーモデル
  • 1987年 - コーディ・サターホワイト、プロ野球選手
  • 1987年 - デニス・グルシャコフ、サッカー選手
  • 1987年 - ロマン・シシュキン、サッカー選手
  • 1987年 - アントン・シュニン、サッカー選手
  • 1988年 - ケルロン・モウラ・ソウザ、サッカー選手
  • 1990年 - ティム・ベッカム、メジャーリーガー
  • 1991年 - 秋川せな、グラビアアイドル
  • 1993年 - 中村有沙、子役タレント
  • 1993年 - 張悦、フィギュアスケート選手
  • 1993年 - ダニエル太郎、テニス選手
  • 1994年 - 野村涼乃、女優
  • 1994年 - 王凡、バレーボール選手
  • 1996年 - 穴井千尋、アイドル(HKT48)
  • 1996年 - 小原裕貴(1996年生のタレント)
  • 1997年 - 板倉滉、サッカー選手
  • 1998年 - 上白石萌音、女優
  • 2002年 - 谷端奏人、子役
  • 生年不明 - 安藤なつみ、漫画家
  • 生年不明 - 大久保利洋、声優
  • 生年不明 - 川上千尋、声優
  • 生年不明 - 亀岡真美、声優
  • 生年不明 - 夏怜、声優
  • 1999年 - ファインモーション、競走馬

忌日

  • 98年 - ネルウァ、ローマ皇帝(* 30年頃)
  • 1417年(応永24年1月10日)- 上杉氏憲(禅秀)、室町時代の関東管領、上杉禅秀の乱の首謀者
  • 1490年(延徳2年1月7日)- 足利義政、室町幕府第八代将軍(* 1436年)
  • 1576年(天正3年12月27日)- 水野信元、戦国武将
  • 1615年(慶長19年12月28日)- 今川氏真、駿河国の戦国大名(* 1538年)
  • 1629年 - ヒエロニムス・プレトリウス、作曲家(* 1560年)
  • 1646年(正保2年12月11日)- 沢庵宗彭、臨済宗の僧(* 1573年)
  • 1731年 - バルトロメオ・クリストフォリ、楽器製作者(* 1655年)
  • 1740年 - ブルボン公ルイ・アンリ、第4代コンデ公(* 1692年)
  • 1802年 - ヨハン・ルドルフ・ツムシュテーク、作曲家(* 1760年)
  • 1814年 - ヨハン・ゴットリープ・フィヒテ、『ドイツ国民へ告ぐ』で知られる思想家(* 1762年)
  • 1851年 - ジョン・ジェームズ・オーデュボン、博物画家(* 1785年)
  • 1860年 - ヤノーシュ・ボヤイ、数学者(* 1802年)
  • 1893年 - 登美宮吉子女王、水戸藩主徳川斉昭の正室(* 1804年)
  • 1893年 - ジェイムズ・キャンベル、第19代アメリカ合衆国郵政長官(* 1812年)
  • 1901年 - ジュゼッペ・ヴェルディ、作曲家(* 1813年)
  • 1904年 - 三遊亭圓生(4代目)、落語家(* 1846年)
  • 1912年 - 西寛二郎、第4代教育総監(* 1846年)
  • 1917年 - 伊達宗基、第14代仙台藩主(* 1866年)
  • 1918年 - 素木しづ、小説家(* 1895年)
  • 1919年 - アディ・エンドレ、詩人(* 1877年)
  • 1922年 - ジョヴァンニ・ヴェルガ、小説家(* 1840年)
  • 1922年 - ネリー・ブライ、ジャーナリスト(* 1864年)
  • 1924年 - 長谷川好道、朝鮮総督、参謀総長(* 1850年)
  • 1928年 - 大岡育造、政治家(* 1856年)
  • 1929年 - 久邇宮邦彦王、皇族(* 1873年)
  • 1945年 - 野口雨情、詩人(* 1882年)
  • 1947年 - レイナルド・アーン、作曲家(* 1874年か1875年)
  • 1949年 - ボリス・アサフィエフ、作曲家(* 1884年)
  • 1956年 - エーリヒ・クライバー、指揮者(* 1890年)
  • 1957年 - 佐々木俊一、作曲家(* 1907年)
  • 1958年 - 松山基範、地球物理学者(* 1884年)
  • 1965年 - 三船久蔵、柔道家(* 1883年)
  • 1967年 - ガス・グリソム、宇宙飛行士(* 1926年)
  • 1972年 - リヒャルト・クーラント、数学者(* 1888年)
  • 1972年 - マヘリア・ジャクソン、ゴスペル歌手(* 1911年)
  • 1974年 - 藤原亮子、歌手(* 1917年)
  • 1985年 - 竹中正久、暴力団山口組第4代組長(* 1933年)
  • 1987年 - ノーマン・マクラレン、アニメーション作家(* 1914年)
  • 1989年 - 坂本登、プロ野球選手(* 1932年)
  • 1990年 - 江戸アケミ、ミュージシャン、じゃがたらのリーダー(* 1953年)
  • 1993年 - 奥田良三、テノール歌手(* 1903年)
  • 1993年 - 鈴木敬信、天文学者(* 1905年)
  • 1993年 - 峰吟子、女優(* 1909年)
  • 1993年 - アンドレ・ザ・ジャイアント、プロレスラー(* 1946年)
  • 1995年 - ジャン・タルデュー、詩人、劇作家(* 1903年)
  • 1998年 - 景山民夫、小説家(* 1947年)
  • 2000年 - 大原富枝、小説家(* 1912年)
  • 2000年 - フリードリヒ・グルダ、ピアニスト(* 1930年)
  • 2000年 - メイ・ファッグス、陸上競技選手(* 1932年)
  • 2001年 - マリーア・ジョゼ・デル・ベルジョ、イタリア王ウンベルト2世の妃(* 1906年)
  • 2002年 - 上野瞭、児童文学作家(* 1928年)
  • 2002年 - 中西啓介、政治家(* 1941年)
  • 2003年 - ロッテル・エミーリア、フィギュアスケート選手(* 1906年)
  • 2006年 - フィリス・キング、テニス選手(* 1905年)
  • 2006年 - 杉浦敏介、実業家(* 1911年)
  • 2006年 - 二宮文造、政治家(* 1920年)
  • 2006年 - ヨハネス・ラウ、元ドイツ大統領(* 1931年)
  • 2007年 - 楊伝広、十種競技選手(* 1933年)
  • 2007年 - エレーナ・ロマノワ、陸上競技選手(* 1963年)
  • 2008年 - スハルト、インドネシア大統領(* 1921年)
  • 2008年 - 百瀬博教、作家、詩人、格闘技プロデューサー(* 1940年)
  • 2008年 - 今宮エビス、お笑いタレント(* 1942年)
  • 2009年 - 柿澤弘治、政治家(* 1933年)
  • 2010年 - J・D・サリンジャー、作家(* 1919年)
  • 2010年 - 夏夕介、俳優(* 1950年)
  • 2014年 - ピート・シーガー、シンガーソングライター(* 1919年)
  • 2014年 - 永井一郎、声優(* 1931年)
  • 2014年 - 塚田正昭、声優(* 1938年)
  • 2014年 - 坂東眞砂子、小説家(* 1958年)
  • 2015年 - チャールズ・タウンズ、物理学者(* 1915年)
  • 2016年 - 青木茂、政治家、元サラリーマン新党代表(* 1922年)
  • 2017年 - エマニュエル・リヴァ、女優(* 1927年)
  • 2018年 - イングヴァル・カンプラード、イケア創業者(* 1926年)
  • 2018年 - 沢島忠、映画監督、舞台演出家(* 1926年)

引用・参考URL

このページの引用・参考URL。
日付からスピーチを作る
12月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
1月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
2月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29
3月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
4月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
5月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
6月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
7月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
8月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
9月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
10月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
11月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30

参考になる本

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法
 会議・朝礼・電話でも、接客・商談・会合でも、面接・結婚式のスピーチでも、デート・合コン・保護者会でも。
 こんなふうに話せば「あがり」にさようなら! 予約半年待ち! 超人気講師が教える“緊張しないコツ。
¥ 1,210
超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48
 本書では、人前では話すことが苦手な人でもすぐ実行でき、たちまち効果を実感できる「あがらずに話せる正しい方法」を48個紹介しています。
 スピーチ・朝礼・会議・面接でドキドキしない!商談・プレゼン・営業が面白いほど成功する!人前で話すのが苦手な人でも大丈夫!あがらずに話せる超シンプルなテクニックを大公開!
¥ 1,296
朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100 話しベタなあなたに贈る
 他人の興味を引く「鉄板ネタ」さえ持っていれば、誰でも「人前で話すこと」が怖くなくなります。
 聞き手が具体的にイメージしやすいようにスポーツ選手や芸能人など、著名人のエピソードもたくさん織り込んだ「鉄板ネタ」を100個集めました。
¥ 1,620
恥をかかないスピーチ力
 新年度に自己紹介をしたり、結婚式やちょっとした集まりで人前で話したりする機会は意外と多い。そんな時に役立つ、スピーチやコメントのコツ、心構え。
 恥をかかないレベルから「なかなかうまいな」と思われるレベルまで、どうステップアップするか。
 「時間感覚」「身体感覚」の重要性、始まり方と終わり方、小ネタの集め方、シーン別のコツやNGポイントまで、人前で話す時にはこれさえあれば大丈夫!
¥ 702
心に届く話し方 65のルール
 本書は、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説した、話し方の基礎技術の本です。
 「本質的に内容が相手にきちんと伝わる」ことを目的とし、「そのための具体的かつ自然な音声表現のディテール」まで迫った本です。
¥ 1,361
カーネギー話し方入門 文庫版
 あのウォーレン・バフェットも受講したというデール・カーネギーの話し方講座のエッセンスをまとめた本。
 カーネギーといえば、大ベストセラーとなった『人を動かす』があまりに有名だが、本書の原著も100万部を突破したベストセラーとして、アメリカでは広く知られている。
¥ 650