365日のネタ・スピーチ例は、1年分(365日分)のネタと、朝礼などのスピーチの作例や作り方を、まとめたサイトです。 >> 使い方を読む

11月25日「OLの日」


 11月25日は「OLの日」です。1963年、初めて「OL」(オフィスレディー) という言葉が、女性週刊誌「女性自身」11月25日号に載ったことに由来しています。
 働く女性の異業種間交流サークル「OLネットワークシステム」が1994年に制定しました。


 OLという言葉は、子供時代のマンガなどで見かけていましたが、自分が社会人になった頃には見かけなくなりました。

 社会的な意識の変化が、この言葉の使用機会を減らしていったのだと思います。

 「OL」に当たる言葉は、かつて「BG」(ビジネスガール)という言葉でした。しかし、「英語で BG は bar girl の略称で、これは売春婦という意味だ」という噂が、東京オリンピックを翌年に控えた1963年に広まりました。NHKはこの実態のない噂から9月にこの単語の使用を止めました。
 この機運にともない、「女性自身」が代替語の公募を行い、候補の中からオフィスレディーを選出しました。
 実は、OLは本来は7位であり、実際の1位は「OG(オフィスガール)」でした。当時の編集長が、「職場の女の子という意味のようで、個人的に気に入らない」と私情をはさみ、「オフィスレディー」が1位になったかのように捏造したそうです。


 働いている人を指す言葉に、性別の意味を含んだ言葉を使うのは、古い言語感覚です。

 時代背景により、同じ意味を表す言葉が置き換えられていく。そうした時代の空気に敏感になりたいと思います。

スピーチ作例 11月25日1
文字数:630文字   想定時間:26
想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。

引用・参考URL

このページの引用・参考URL。

記念日・年中行事

  • 女性に対する暴力廃絶のための国際デー
    1999年12月17日の国連総会で制定された国際デー。
  • 独立記念日(スリナム)
    1975年のこの日、スリナムがオランダから独立した。
  • 教師の日(インドネシア)
    インドネシア教師協会が発足した日。
  • OLの日(日本)
    1963年、初めて「OL」(Office Lady)という言葉が女性週刊誌「女性自身」11月25日号に載ったことに由来。働く女性の異業種間交流サークル「OLネットワークシステム」が1994年に制定。
  • 憂国忌(日本)
    作家・三島由紀夫の忌日。三島の小説作品『憂国』にちなんで付けられた。
  • ハイビジョンの日(日本)
    ハイビジョンの走査線の数が1125本であることにちなみ、1987年に郵政省(現総務省)とNHKが制定。この日とは別に、9月16日が通商産業省(現経済産業省)の制定した「ハイビジョンの日」となっている。

歴史

  • 1034年 - スコットランド王マルカム2世が反対派に殺害される。孫のダンカン1世が即位。
  • 1120年 - ホワイトシップの遭難。イングランド王子ウィリアム・アデリンほか、多数の王族・貴族が死亡。
  • 1177年 - モンジザールの戦い。ボードゥアン4世率いるエルサレム王国軍がサラーフッディーン率いるアイユーブ朝軍を破った。
  • 1554年(天文23年11月1日)- 尼子晴久が尼子国久、誠久親子ら新宮党幹部を粛清。
  • 1795年 - 第3次ポーランド分割: ポーランド王スタニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキが強制的に退位させられ、ロシアへ亡命。
  • 1867年 - アルフレッド・ノーベルがダイナマイトの特許を取得。
  • 1876年 - 福澤諭吉の『学問のすゝめ』最終刊・第17篇が刊行。
  • 1892年 - パリのソルボンヌ大学での講演で、ピエール・ド・クーベルタンがオリンピックの復活を提唱。
  • 1920年 - 日本海軍の戦艦「長門」が竣工。
  • 1921年 - 皇太子裕仁親王(後の昭和天皇)が摂政に就任。
  • 1931年 - 平凡社が「大百科事典」を刊行開始。
  • 1936年 - 日本とドイツが日独防共協定に調印。
  • 1940年 - ウッディー・ウッドペッカーが『キツツキと熊一家』で初登場。
  • 1944年 - 重巡洋艦「熊野」が航空機の攻撃により、沈没。
  • 1947年 - 赤狩り: アメリカ映画協会のエリック・ジョンソン代表が、ハリウッド・ブラックリストに掲載された「ハリウッド・テン」の10人について共産主義者の嫌疑が晴れるまで雇用しないと声明。
  • 1952年 - アガサ・クリスティの戯曲『ねずみとり』が初演。
  • 1952年 - 大阪讀賣新聞が創刊。
  • 1953年 - サッカーイングランド代表がハンガリー代表に敗れ、ヨーロッパ大陸のチームにホームで初の黒星を喫する。
  • 1958年 - フランス領スーダンが自治権を獲得。
  • 1960年 - ドミニカ共和国で反独裁政権運動家のミラバル姉妹が殺害される。(女性に対する暴力廃絶のための国際デー)
  • 1965年 - コンゴ民主共和国でジョゼフ=デジレ・モブツがクーデターを起こし、独立以来続いてきた混乱(コンゴ動乱)が事実上終結。
  • 1970年 - 三島由紀夫が市ヶ谷の自衛隊・東部方面総監部で割腹自決。(三島事件)
  • 1973年 - 五島勉著書のノストラダムスの大予言の初版が発行される。
  • 1975年 - スリナムがオランダから独立。
  • 1977年 - フィリピンの軍事法廷がベニグノ・アキノ・ジュニアに対し死刑判決。
  • 1986年 - バーレーンとサウジアラビアを結ぶ海上橋・キング・ファハド・コーズウェイが開通。
  • 1986年 - 有楽町三億円事件が起こる。
  • 1999年 - ハッブル宇宙望遠鏡の6台ある姿勢制御用ジャイロスコープのうち4台目が故障し、観測不能に陥る。
  • 2001年 - アメリカ国土安全保障省が発足。
  • 2001年 - 「アメリカ人ターリバーン兵」ジョン・ウォーカー・リンドが米軍に捕らえられる。
  • 2005年 - 民主党が、公共政策プラットフォーム(政党シンクタンク)を設立。
  • 2009年 - ドバイ・ショックが起こる。

誕生日

  • 1562年 - ロペ・デ・ベガ、劇作家(+ 1635年)
  • 1738年 - トマス・アプト、哲学者(+ 1766年)
  • 1814年 - ユリウス・ロベルト・フォン・マイヤー、物理学者(+ 1878年)
  • 1835年 - アンドリュー・カーネギー、実業家(+ 1919年)
  • 1844年 - カール・ベンツ、技術者(+ 1929年)
  • 1856年 - セルゲイ・タネーエフ、作曲家(+ 1915年)
  • 1857年 - フィリッポ・トゥラーティ、社会主義運動家(+ 1932年)
  • 1870年 - モーリス・ドニ、画家、著述家(+ 1943年)
  • 1876年 - ヴィクトリア・メリタ・オブ・サクス=コバーグ=ゴータ、ヘッセン大公妃、ロシア大公妃(+ 1936年)
  • 1881年 - ヨハネ23世、第261代ローマ教皇(+ 1963年)
  • 1887年 - ニコライ・ヴァヴィロフ、植物学者、遺伝学者(+ 1943年)
  • 1891年 - 大錦卯一郎、大相撲第26代横綱(+ 1941年)
  • 1891年 - 米川正夫、ロシア文学者(+ 1965年)
  • 1892年 - 中澤不二雄、元野球選手(+ 1965年)
  • 1895年 - ヴィルヘルム・ケンプ、ピアニスト(+ 1991年)
  • 1895年 - アナスタス・ミコヤン、ソビエト連邦首相(+ 1978年)
  • 1896年 - ヴァージル・トムソン、作曲家(+ 1989年)
  • 1900年 - ルドルフ・フェルディナント・ヘス、アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所所長(+ 1947年)
  • 1901年 - シェルイ・ティボール、作曲家(+ 1978年)
  • 1901年 - 宮崎奕保、僧(+ 2008年)
  • 1904年 - リリアン・コープランド、陸上競技選手(+ 1964年)
  • 1904年 - 巴金、小説家、翻訳家(+ 2005年)
  • 1911年 - クルト・リュートゲン、児童文学作家(+ 1992年)
  • 1914年 - ジョー・ディマジオ、メジャーリーガー(+ 1999年)
  • 1915年 - アウグスト・ピノチェト、チリ大統領(+ 2006年)
  • 1916年 - 佐藤進一、歴史学者
  • 1920年 - リカルド・モンタルバン、俳優(+ 2009年)
  • 1921年 - 武宮敏明、元プロ野球選手(+ 2010年)
  • 1921年 - 佐々木喜久治、元秋田県知事(+ 2008年)
  • 1924年 - ポール・デスモンド、ジャズサクソフォーン奏者(+ 1977年)
  • 1924年 - 吉本隆明、詩人・思想家(+ 2012年)
  • 1924年 - 岩崎久太郎、プロ野球選手
  • 1926年 - ポール・アンダースン、SF作家(+ 2001年)
  • 1926年 - テリー・キルバーン、子役
  • 1926年 - 李政道、物理学者
  • 1926年 - 浜田義雄、元プロ野球選手(+ 2012年)
  • 1931年 - ナット・アダレイ、ジャズコルネット奏者(+ 2000年)
  • 1932年 - 土屋弘光、元プロ野球選手
  • 1934年 - 西村貞朗、元プロ野球選手(+ 2015年)
  • 1934年 - 若羽黒朋明、元大相撲力士(+ 1969年)
  • 1937年 - ロナルド・ロバートソン、フィギュアスケート選手(+ 2000年)
  • 1939年 - 塩津義雄、プロ野球選手
  • 1940年 - 池内紀、ドイツ文学者、エッセイスト
  • 1941年 - 龍隆行、プロ野球選手(+ 2017年)
  • 1942年 - 桑田勇、プロボクサー
  • 1943年 - 高松しげお、俳優、漫才師
  • 1945年 - 五十嵐英夫、プロ野球選手
  • 1947年 - 坂井隆憲、政治家(+ 2017年)
  • 1947年 - 戸野広浩司、俳優(+ 1972年)
  • 1948年 - 市川準、映画監督(+ 2008年)
  • 1949年 - 関川夏央、作家、ジャーナリスト
  • 1951年 - 大地康雄、俳優
  • 1951年 - バッキー・デント、メジャーリーガー
  • 1953年 - 結城しのぶ、女優
  • 1954年 - 三浦みつる、漫画家
  • 1955年 - 赤星昇一郎、俳優
  • 1957年 - 岡田彰布、元プロ野球選手、プロ野球監督
  • 1957年 - カテリーナ・ダヴィニオ、詩人、美術家、写真家、映画監督
  • 1957年 - 斉藤巧、元プロ野球選手
  • 1957年 - トニー・ブリューワ、元プロ野球選手
  • 1959年 - 赤坂泰彦、タレント、DJ
  • 1959年 - マーク・ハウザー、生物学者
  • 1960年 - 南秀憲、元プロ野球選手
  • 1960年 - 西正文、野球選手
  • 1962年 - アンドレア・ルケッタ、バレーボール選手
  • 1962年 - 坂口博信、ゲームデザイナー
  • 1962年 - 寺門ジモン、お笑いタレント(ダチョウ倶楽部)
  • 1962年 - 矢野寛樹、テレビ新広島アナウンサー
  • 1964年 - 真琴つばさ、元宝塚歌劇団トップスター、女優、歌手
  • 1965年 - 小澤正澄、作曲家、ミュージシャン(元PAMELAH)
  • 1967年 - アンソニー・ネスティ、水泳選手
  • 1967年 - 冨岡淳広、脚本家
  • 1967年 - 中井和哉、声優
  • 1967年 - 前田隆、プロ野球選手
  • 1968年 - 高津臣吾、プロ野球選手
  • 1971年 - クリスティナ・アップルゲイト、女優
  • 1971年 - 高橋美鈴、NHKアナウンサー
  • 1971年 - 塚地武雅、お笑いタレント(ドランクドラゴン)
  • 1971年 - 山越紀子、フリーアナウンサー
  • 1973年 - オクタビオ・ドーテル、元メジャーリーガー
  • 1975年 - 平田洋、元プロ野球選手
  • 1976年 - エレーナ・ビトリチェンコ、新体操選手
  • 1976年 - 伊藤俊吾、ミュージシャン(元キンモクセイ)
  • 1976年 - 佐々木淳吾、東北放送アナウンサー
  • 1976年 - ドノバン・マクナブ、アメリカンフットボール選手
  • 1977年 - 弓場沙織、女優、声優
  • 1978年 - 椎名林檎、シンガーソングライター
  • 1978年 - 葉山小姫、AV女優、ストリッパー
  • 1978年 - 小笠原歩、カーリング選手
  • 1979年 - 中村浩一、元プロ野球選手
  • 1980年 - 村本大輔、お笑いタレント(ウーマンラッシュアワー)
  • 1980年 - 来生ひかり、AV女優
  • 1980年 - エスターリン・フランコ、元プロ野球選手
  • 1980年 - ニック・スウィッシャー、メジャーリーガー
  • 1981年 - 米山雄太、俳優
  • 1981年 - 李杋浩、野球選手
  • 1981年 - シャビ・アロンソ、サッカー選手
  • 1981年 - マウリシオ・ショーグン、格闘家
  • 1982年 - ミンナ・カウッピ、オリエンテーリング選手
  • 1983年 - 伊藤淳史、俳優
  • 1984年 - 鎌倉健、プロ野球選手
  • 1984年 - 杉ゆかり、モデル
  • 1984年 - 古山かおり、南日本放送アナウンサー
  • 1985年 - 太田雄貴、フェンシング選手
  • 1985年 - 劉セイラ、声優
  • 1986年 - 熱田久美、タレント
  • 1986年 - クレイグ・ガードナー、サッカー選手
  • 1986年 - 辰巳雄大、ジャニーズJr.(ふぉ〜ゆ〜)
  • 1986年 - 日永田麻衣、声優
  • 1987年 - 奥山明日香、タレント(元FANTASISTA)
  • 1987年 - 依知川りん、芸能人女子フットサル選手
  • 1987年 - 安藤淳也、サッカー選手
  • 1988年 - ノダル・クマリタシビリ、リュージュ選手(+ 2010年)
  • 1988年 - ジミー・パラデス、プロ野球選手
  • 1988年 - 清水圭介、サッカー選手
  • 1988年 - みづきまい、グラビアアイドル
  • 1988年 - 和久田麻由子、NHKアナウンサー
  • 1989年 - 谷川万純、タレント、歌手、作詞家
  • 1990年 - 壁谷明音、ファッションモデル
  • 1990年 - 山岡みどり、タレント
  • 1990年 - 川相拓也、プロ野球選手
  • 1991年 - 青木愛理、女優
  • 1991年 - もものはるな、声優
  • 1991年 - 加治屋蓮、プロ野球選手
  • 1992年 - 寺部歩美、野球選手
  • 1993年 - ダニー・ケント、オートバイレーサー
  • 1993年 - 高樹リサ、ファッションモデル、タレント
  • 1993年 - 守屋功輝、プロ野球選手
  • 1994年 - 石綿文太、俳優
  • 1994年 - 武藤十夢、アイドル(AKB48)
  • 1999年 - 福本有紗、タレント
  • 生年不明 - 牧野芳奈、声優
  • 生年不明 - 大倉彩、声優
  • 生年不明 - 濱野雅嗣、声優

忌日

  • 1029年(長元2年10月17日)- 藤原公季、平安時代の公卿(* 956年)
  • 1034年 - マルカム2世、スコットランド王(* 954年?)
  • 1127年(大治2年10月20日)- 源義光、平安時代の武将(* 1045年)
  • 1326年(嘉暦元年10月30日)- 惟康親王、鎌倉幕府第7代征夷大将軍(* 1264年)
  • 1456年 - ジャック・クール、フランスの貴族(* 1395年)
  • 1554年(天文23年11月1日)- 尼子国久、戦国武将(* 1492年)
  • 1560年 - アンドレア・ドーリア、コンドッティエーレ(* 1466年)
  • 1565年(永禄8年10月23日)- 佐竹義昭、常陸国の戦国大名(* 1531年)
  • 1587年(天正15年10月25日)- 新発田重家、戦国武将(* 1547年?)
  • 1626年(寛永3年10月7日)- 山名豊国、戦国武将(* 1548年)
  • 1710年(宝永7年10月5日)- 井伊直恒、彦根藩主(* 1693年)
  • 1755年 - ヨハン・ゲオルク・ピゼンデル、作曲家、ヴァイオリニスト(* 1687年)
  • 1756年(宝暦6年11月4日)- 2代目竹田出雲、浄瑠璃作家(* 1691年)
  • 1766年 - ヨハン・マリア・ファリナ、香水職人、オーデコロン開発者(* 1685年)
  • 1795年(寛政7年10月14日)- 一条輝良、江戸時代の公卿(* 1756年)
  • 1801年(享和元年10月20日)- 蜂須賀重喜、徳島藩主(* 1738年)
  • 1830年 - ピエール・ロード、ヴァイオリニスト、作曲家(* 1774年)
  • 1833年 - ニコラウス・エステルハージ、オーストリアの貴族(* 1765年)
  • 1863年(文久3年10月15日)- 祐天仙之助、侠客(* 1820年頃)
  • 1881年 - テオバルト・ベーム、ベーム式フルート開発者(* 1794年)
  • 1884年 - マティルデ・フランツィスカ・アネケ、女性解放運動家(* 1817年)
  • 1884年 - ヘルマン・コルベ、化学者(* 1818年)
  • 1885年 - トーマス・A・ヘンドリックス、第21代アメリカ合衆国副大統領(* 1819年)
  • 1885年 - アルフォンソ12世、スペイン王(* 1857年)
  • 1887年 - J・J・バッハオーフェン、法学者、文化人類学者(* 1815年)
  • 1889年 - 伊達宗紀、宇和島藩主(* 1792年?)
  • 1901年 - ヨーゼフ・ラインベルガー、作曲家、オルガニスト(* 1839年)
  • 1909年 - 浜村蔵六(五世)、篆刻家(* 1866年)
  • 1915年 - ミシェル・ブレアル、言語学者、比較神話学者(* 1832年)
  • 1925年 - ラーマ6世、タイ国王(* 1880年)
  • 1943年 - 吉川潔、日本海軍の少将(* 1900年)
  • 1944年 - ケネソー・マウンテン・ランディス、MLBコミッショナー(* 1866年)
  • 1946年 - 堀切善兵衛、政治家、元衆議院議長(* 1882年)
  • 1950年 - ヨハネス・ヴィルヘルム・イェンセン、小説家(* 1873年)
  • 1950年 - グスターフ・ラムステッド、言語学者(* 1873年)
  • 1950年 - 毛岸英、毛沢東の長男(* 1922年)
  • 1956年 - アレクサンドル・ドヴジェンコ、映画監督(* 1894年)
  • 1958年 - チャールズ・ケタリング、技術者(* 1876年)
  • 1959年 - 高島象山、易者(* 1886年)
  • 1959年 - ジャン・グレミヨン、映画監督(* 1902年)
  • 1965年 - マイラ・ヘス、ピアニスト(* 1890年)
  • 1967年 - オシップ・ザッキン、彫刻家、画家(* 1890年)
  • 1968年 - アプトン・シンクレア、作家(* 1878年)
  • 1970年 - 木村庄之助(21代)、大相撲立行司(* 1889年)
  • 1970年 - 三島由紀夫、小説家、劇作家(* 1925年)
  • 1970年 - 森田必勝、政治活動家(* 1945年)
  • 1972年 - アンリ・コアンダ、発明家、航空力学者(* 1886年)
  • 1972年 - ハンス・シャロウン、建築家(* 1893年)
  • 1973年 - ローレンス・ハーヴェイ、俳優、映画監督(* 1928年)
  • 1974年 - ウ・タント、第3代国連事務総長(* 1909年)
  • 1974年 - ニック・ドレイク、シンガーソングライター(* 1948年)
  • 1980年 - 荒舩清十郎、政治家(* 1907年)
  • 1981年 - モリス・カークシー、陸上競技選手(* 1895年)
  • 1982年 - ヒュー・ハーマン、アニメーター(* 1903年)
  • 1983年 - ロッテ・アイスナー、映画評論家(* 1896年)
  • 1993年 - 芳村五郎治(2代目)、長唄唄方(* 1901年)
  • 1993年 - 片田謙二、プロ野球選手(* 1936年)
  • 1994年 - 坂本文次郎、プロ野球選手(* 1926年)
  • 1995年 - 田中千禾夫、劇作家(* 1905年)
  • 1997年 - 小津正次郎、実業家(* 1915年)
  • 1997年 - フェントン・ロビンソン、ブルース・ギタリスト、歌手(* 1935年)
  • 1998年 - 大塚末子、ファッションデザイナー(* 1902年)
  • 1998年 - ネルソン・グッドマン、哲学者(* 1906年)
  • 1999年 - ピエール・ベジェ、コンピューターグラフィックス技術者、工学者(* 1910年)
  • 2005年 - リチャード・バーンズ、ラリードライバー(* 1971年)
  • 2005年 - ジョージ・ベスト、サッカー選手(* 1946年)
  • 2010年 - 星野勘太郎、元プロレスラー、プロレス結社魔界倶楽部総裁(* 1943年)
  • 2011年 - 西本幸雄、野球解説者、元プロ野球監督(* 1920年)
  • 2012年 - 高木喬、プロ野球選手(* 1940年)
  • 2012年 - 山田英介、衆議院議員(* 1945年)
  • 2013年 - 堤清二(辻井喬)、実業家、小説家、詩人(* 1927年)
  • 2013年 - 来宮良子、声優(* 1931年)
  • 2014年 - 國弘正雄、政治家、文化人類学者、同時通訳者(* 1930年)
  • 2015年 - 白川澄子、声優(* 1935年)
  • 2016年 - フィデル・カストロ、革命家、キューバの首相(* 1926年)
  • 2016年 - デイヴィッド・ハミルトン、写真家、映画監督(* 1933年)
  • 2009年 - ハッチ、須坂市動物園を再起させたアカカンガルー(* 2000年)

スピーチ作成 - テーマ「OLの日」

自分が初めてテーマを知った/経験した時のエピソード。
テーマについて自分はどう思うか/思ったか。
言葉/行動/影響について自分はどう思うか。
今後自分はどうしたいと思うか。

スピーチ出力 - 11-25_OLの日.txt

想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。
日付からスピーチを作る
10月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
11月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
12月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
1月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
2月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29
3月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
4月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
5月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
6月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
7月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
8月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
9月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30

参考になる本

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法
 会議・朝礼・電話でも、接客・商談・会合でも、面接・結婚式のスピーチでも、デート・合コン・保護者会でも。
 こんなふうに話せば「あがり」にさようなら! 予約半年待ち! 超人気講師が教える“緊張しないコツ。
¥ 1,210
超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48
 本書では、人前では話すことが苦手な人でもすぐ実行でき、たちまち効果を実感できる「あがらずに話せる正しい方法」を48個紹介しています。
 スピーチ・朝礼・会議・面接でドキドキしない!商談・プレゼン・営業が面白いほど成功する!人前で話すのが苦手な人でも大丈夫!あがらずに話せる超シンプルなテクニックを大公開!
¥ 1,296
朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100 話しベタなあなたに贈る
 他人の興味を引く「鉄板ネタ」さえ持っていれば、誰でも「人前で話すこと」が怖くなくなります。
 聞き手が具体的にイメージしやすいようにスポーツ選手や芸能人など、著名人のエピソードもたくさん織り込んだ「鉄板ネタ」を100個集めました。
¥ 1,620
恥をかかないスピーチ力
 新年度に自己紹介をしたり、結婚式やちょっとした集まりで人前で話したりする機会は意外と多い。そんな時に役立つ、スピーチやコメントのコツ、心構え。
 恥をかかないレベルから「なかなかうまいな」と思われるレベルまで、どうステップアップするか。
 「時間感覚」「身体感覚」の重要性、始まり方と終わり方、小ネタの集め方、シーン別のコツやNGポイントまで、人前で話す時にはこれさえあれば大丈夫!
¥ 702
心に届く話し方 65のルール
 本書は、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説した、話し方の基礎技術の本です。
 「本質的に内容が相手にきちんと伝わる」ことを目的とし、「そのための具体的かつ自然な音声表現のディテール」まで迫った本です。
¥ 1,361
カーネギー話し方入門 文庫版
 あのウォーレン・バフェットも受講したというデール・カーネギーの話し方講座のエッセンスをまとめた本。
 カーネギーといえば、大ベストセラーとなった『人を動かす』があまりに有名だが、本書の原著も100万部を突破したベストセラーとして、アメリカでは広く知られている。
¥ 650