365日のネタ・スピーチ例は、1年分(365日分)のネタと、朝礼などのスピーチの作例や作り方を、まとめたサイトです。 >> 使い方を読む

7月4日「独立記念日」


 7月4日はアメリカ合衆国の「独立記念日」です。1776年にアメリカ独立宣言が公布されたことを記念して制定された、アメリカ合衆国の祝日です。
 この日には、様々なイベントがあり、「ネイサンズ国際ホットドッグ早食い選手権」もその1つです。この選手権は、日本のフードファイター小林尊(こばやし たける)の活躍で、日本でも知られています。


 私がフードファイターという言葉を聞いたのは、記憶が確かならば、小林尊の活躍が初めてだと思います。

 その時、食べることで戦うとは、どういうことだろうと思い、早食いであることを知り、二度驚きました。

 小林は、2010年のネイサンズ大会に欠場しました。大会出場するにあたり「1年間は許可なく他の大会に出場しない、番組などで大食い・早食いのパフォーマンスを行わない」という契約を求められたためだそうです。
 小林は、2000年代前半に、日本のテレビ局に専属契約を求められ、「自由な活動が出来なくなる」と、フリーの立場を貫き、その後日本を離れたという経緯があります。


 自由な活動というのは、なかなか難しく、仕事が増えれば増えるほど、時間が拘束されて自由度は減っていきます。だからといって、仕事を減らしても、今度は稼がないといけないというプレッシャーがやって来て、自由を確保するのは難しいです。

 自由な活動というのは、仕事が上手くいき、経済的見込みが立つという、余裕の表れでもあると思います。そうした自信を持てるように、成長していきたいと思います。

スピーチ作例 7月4日1
文字数:645文字   想定時間:29
想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。

その他の情報

 アメリカでは独立記念日の週に、多数の店舗が乗用車などの高額な耐久消費財を含めてバーゲンセールを実施し、店内は買い物客で混雑します。
 現在、米国の祝日の大部分は、前後の土日と連続した三連休にするため、日付が年によって前後しています。一方、独立記念日は、日付が7月4日で固定されています。商業施設では週全体を「独立記念日週」と銘打ってセール期間とする場合もあります。
 ネイサンズ国際ホットドッグ早食い選手権は、ニューヨーク・ブルックリンのコニーアイランドにある、ネイサンズが主催するホットドッグの早食い大会です。ホットドッグの早食い大会は他にも多数ありますが、歴史の長さと知名度では、他に並ぶものがありません。
 この大会は、1916年に、4人の移民が誰が一番愛国心を持っているかを示すために、ネイサンズの販売スタンド1号店の前で、ホットドッグの早食い大会を開いたのが起源と伝えられています。
 ネイサンズ国際ホットドッグ早食い選手権の本戦に参加するためには、世界中で開催される予選の1つに勝利しなくてはなりません(本戦も、翌年の本戦の参加権が懸かった予選の1つです)。
 参加者は最大3回まで予選に参加でき、一度予選で勝利した場合、同じ年の他の予選には参加できなくなります。また、1回の予選に参加できるのは最大15名です。
 最初の国際的な予選は1993年、最初の日本予選は1997年に行われました。現在は約20ヶ所で予選が行われており、予選の優勝者には7月4日の本戦出場のための旅費が贈られます。
 フードファイターの小林尊は、様々な愛称を持っています。日本のテレビ番組「TVチャンピオン」や「フードバトルクラブ」などで活躍していた頃は、「プリンス」「底知れぬ貴公子」「地上最強の胃袋」と呼ばれていました。
 「ネイサンズ国際ホットドッグ早食い選手権」への出場によって広く知られるようになってからは、「ザ・ツナミ」のニックネームで呼ばれるようになりました。

記念日・年中行事

  • 独立記念日(アメリカ合衆国)
    1776年のこの日、アメリカ独立宣言が公布され、アメリカ合衆国が誕生した。1818年以降、過去1年間に州の数が増えた場合には、この日にアメリカ国旗(星条旗)の星の数が増やされている。
    ネイサンズ国際ホットドッグ早食い選手権(アメリカ合衆国)
    毎年アメリカ独立記念日にちなんで開催されるホットドッグの早食い大会。
  • フィリピン・アメリカ友好記念日(フィリピン、1964年 -)
    1946年のこの日、フィリピン共和国がアメリカから独立した。当初はこの日を独立記念日としていたが、1964年から独立記念日は1898年にフィリピン革命軍の最高指導者エミリオ・アギナルド将軍がフィリピン第一共和国の独立を宣言した6月12日となり、7月4日は比米友好記念日となった。
  • 自由の日(ルワンダ)
  • 梨の日(日本)
    「な(7)し(4)」の語呂合せ。

歴史

  • 993年 - 聖ウルリッヒが列聖される。
  • 1054年 - この日から数ヶ月にわたり超新星SN 1054が観測され、日中でも確認できるほどの光を放つ。その残滓が現在のかに星雲。
  • 1187年 - ヒッティーンの戦い。サラーフッディーンによりエルサレム王国の十字軍が壊滅。
  • 1333年(正慶2年/元弘3年5月22日)- 鎌倉幕府が滅亡。新田義貞が鎌倉に攻め込み北条高時ら一族約800人が自刃。(東勝寺合戦)
  • 1336年(建武3年5月25日)- 湊川の戦いが行われる。
  • 1456年 - オスマン・ハンガリー戦争: ベオグラード攻城戦が始まる。
  • 1635年(寛永12年5月20日)- 江戸幕府が第3次鎖国令を発布。日本人の東南アジア方面への海外渡航・渡航者の帰国・長崎以外への外国商船入港を禁止。
  • 1776年 - アメリカ独立宣言公布。アメリカ合衆国がイギリスからの独立を宣言。1783年に承認される。
  • 1782年 - 第2代シェルバーン伯ウィリアム・ペティがイギリスの14代首相に就任。
  • 1802年 - ニューヨーク州ウェストポイントにアメリカ合衆国陸軍士官学校開校。
  • 1817年 - 米国でエリー運河建設開始。
  • 1834年 - ウィスコンシン準州から分離してアイオワ準州を設置。
  • 1840年 - キュナード・ラインの客船ブリタニアが就役。
  • 1862年 - チャールズ・ラトウィッジ・ドジソン(ルイス・キャロル)がヘンリー・ジョージ・リデルの娘3人と川遊びをする。その時にリデルの次女アリスの求めに応じドジソンの話した話が、後に手書き本『地下の国のアリス』(『不思議の国のアリス』の原型)となる。
  • 1863年 - 南北戦争: 南軍の降伏によりビックスバーグの包囲戦が終結。
  • 1865年 - ルイス・キャロルの『不思議の国のアリス』が刊行される。
  • 1868年(明治元年5月15日)- 戊辰戦争: 上野戦争。
  • 1872年(明治5年5月29日)- 東京師範学校設置。
  • 1892年 - 国際日付変更線が西サモアの東から西へ変更される。この年の西サモアでは7月4日が2日間続いた。
  • 1894年 - サンフォード・ドールがハワイ共和国の建国を宣言。
  • 1910年 - 第二次日露協約調印。日露両国の満洲での権益の確保を確認。
  • 1918年 - メフメト6世がオスマン帝国の皇帝に即位。
  • 1919年 - ジャック・デンプシーがボクシング世界ヘビー級王者ジェス・ウィラードを3ラウンドTKOで破る。(トレドの惨劇)
  • 1927年 - インドネシアでスカルノらがインドネシア国民党を結成する。
  • 1927年 - ロッキード ベガが初飛行。
  • 1934年 - ヘビー級プロボクサージョー・ルイスがプロデビュー。
  • 1939年 - 米大リーグでニューヨーク・ヤンキースルー・ゲーリッグの引退試合。
  • 1941年 - 帝都高速度交通営団設立。9月1日に営業開始。
  • 1946年 - 第三次フィリピン共和国がアメリカ合衆国より独立。
  • 1949年 - 国鉄が第一次人員整理30,700人を発表。国鉄三大ミステリー事件の引き金とされる。
  • 1949年 - 物価統制令・銀行法違反の容疑で金融業「光クラブ」を手入れ。経営者の山崎晃嗣を逮捕。
  • 1950年 - 結社の自由及び団結権の保護に関する条約(ILO87号条約)が発効。日本に対する発効日は1966年6月14日。
  • 1951年 - 第1回プロ野球オールスターゲームが開催される(阪神甲子園球場)。第1戦はオール・セントラルが2-1で勝ち、川上哲治(巨人)がMVP。
  • 1954年 - サッカー・ワールドカップで、西ドイツがハンガリーを3-2で下し初優勝。
  • 1954年 - オハイオ州クリーブランドで、のちにドラマ『逃亡者』の原案となる、シェパード夫人殺害事件。
  • 1965年 - 2年前に発生した吉展ちゃん誘拐事件の犯人が営利誘拐罪と恐喝罪容疑で逮捕。
  • 1965年 - 第7回参議院議員通常選挙
  • 1966年 - 新東京国際空港の建設予定地を千葉県成田市三里塚の宮内庁下総御料牧場付近とすることを閣議決定。
  • 1967年 - 首都高速都心環状線が全通。
  • 1984年 - 外相の安倍晋太郎が外務省に、中国人・韓国人の名前を現地読みにするよう指示。
  • 1987年 - フランスで、「リヨンの虐殺者」と呼ばれた元ナチス親衛隊大尉・クラウス・バルビーに対し終身禁固刑の判決。
  • 1987年 - NHKが衛星第1テレビで世界初の衛星テレビの24時間放送を開始。
  • 1987年 - 自民党の竹下登幹事長が経世会(竹下派)を発足。
  • 1993年 - 愛媛県新居浜市の住友化学工業愛媛工場で爆発事故。1人死亡。
  • 1997年 - アメリカの火星探査機「マーズ・パスファインダー」が火星に着陸。
  • 1998年 - 日本初の火星探査機「のぞみ」が打ち上げられる。
  • 2000年 - 第二次森喜朗内閣が発足。
  • 2004年 - ニューヨークのワールドトレードセンター跡地で1 ワールドトレードセンターの起工式。
  • 2005年 - アメリカの彗星探査機「ディープ・インパクト」が発射した衝突体がテンペル第1彗星に衝突。
  • 2009年 - アメリカ同時多発テロ事件以来中止されていた自由の女神像の展望台の一般公開が再開された。

誕生日

  • 1330年(元徳2年6月18日)- 足利義詮、室町幕府将軍(+ 1367年)
  • 1767年(明和4年6月9日)- 曲亭馬琴、読本作者(+ 1848年)
  • 1789年 - ヨハン・フリードリヒ・オーファーベック、画家(+ 1869年)
  • 1790年 - ジョージ・エベレスト、探検家、地理学者(+ 1866年)
  • 1799年 - オスカル1世、スウェーデン王(+ 1859年)
  • 1804年 - ナサニエル・ホーソーン、作家(+ 1864年)
  • 1805年 - ルートヴィヒ・カール・ゲオルク・プファイファー、医師、植物学者、貝類学者(+ 1877年)
  • 1807年 - ジュゼッペ・ガリバルディ、イタリア王国の英雄(+ 1882年)
  • 1826年 - スティーブン・フォスター、作曲家(+ 1864年)
  • 1852年 - アルフレート・グリュンフェルト、ピアニスト、作曲家(+ 1924年)
  • 1858年(安政5年5月24日)- 徳川義宜、第16代尾張藩主(+ 1875年)
  • 1859年 - ミッキー・ウェルチ、メジャーリーガー(+ 1941年)
  • 1868年 - ヘンリエッタ・スワン・リービット、天文学者(+ 1921年)
  • 1870年(明治3年6月6日)- 巌谷小波、作家(+ 1933年)
  • 1872年 - カルビン・クーリッジ、アメリカ合衆国大統領(+ 1933年)
  • 1880年 - ジョージ・マリン、メジャーリーガー(+ 1944年)
  • 1896年 - 茅盾、作家・社会活動家(+ 1981年)
  • 1898年 - ガートルード・ウィーバー、元世界最高齢者(+ 2015年)
  • 1900年 - 中谷宇吉郎、物理学者、随筆家(+ 1962年)
  • 1902年 - マイヤー・ランスキー、ギャング(+ 1983年)
  • 1906年 - ヴェロ・コプナー・ウィン=エドワーズ、動物行動学者(+ 1997年)
  • 1910年 - グロリア・スチュアート、女優(+ 2010年)
  • 1912年 - 佐藤忠良、彫刻家(+ 2011年)
  • 1921年 - ティボール・ヴァルガ、ヴァイオリニスト、指揮者(+ 2003年)
  • 1924年 - 浅井守、プロ野球選手
  • 1926年 - アルフレッド・ディ・ステファノ、サッカー選手(+ 2014年)
  • 1927年 - ニール・サイモン、劇作家、脚本家
  • 1927年 - ジーナ・ロロブリジーダ、女優
  • 1927年 - 若山彰、歌手(+ 1998年)
  • 1928年 - ジャンピエロ・ボニペルティ、サッカー選手
  • 1929年 - ピーター・アンジェロス、メジャーリーグベースボールのオーナー
  • 1930年 - 岩崎寛弥、実業家(+ 2008年)
  • 1930年 - ジョニー・サクストン、プロボクサー(+ 2008年)
  • 1933年 - 篠原大作、俳優、声優、ナレーター(+ 2016年)
  • 1938年 - 杉本公孝、プロ野球選手
  • 1938年 - ビル・ウィザース、シンガーソングライター
  • 1938年 - 宮本征勝、サッカー選手、指導者(+ 2002年)
  • 1940年 - 篠田勇、プロ野球選手
  • 1940年 - 渡辺博文、プロ野球選手
  • 1941年 - 杉山隆一、サッカー選手、指導者
  • 1945年 - 湯口栄蔵、元サッカー選手(+ 2003年)
  • 1946年 - 三浦真一郎、プロ野球審判員(+ 2000年)
  • 1949年 - 飯森広一、漫画家(+ 2008年)
  • 1950年 - 竹田和史、プロ野球選手
  • 1950年 - 清水透、プロ野球選手
  • 1950年 - 吉村健二、プロ野球選手
  • 1951年 - 赤羽博、TVディレクター、演出家
  • 1952年 - アルバロ・ウリベ、コロンビアの大統領
  • 1953年 - おりも政夫、フォーリーブス
  • 1956年 - デヴィッド・ニューマン、地理学者
  • 1957年 - 眞野あずさ、女優
  • 1958年 - あいざわ元気、タレント、パーソナリティ
  • 1958年 - 上野克二、プロ野球選手
  • 1958年 - 続木敏之、プロ野球選手
  • 1960年 - みず谷なおき、漫画家(+ 1999年)
  • 1961年 - 板沢峰生、プロ野球選手(+ 1980年)
  • 1961年 - マーガレット・エドソン、劇作家
  • 1962年 - 真山仁、作家
  • 1962年 - MAX渡辺、プロモデラー、実業家(マックスファクトリー代表)
  • 1963年 - 大杉君枝、アナウンサー(+ 2007年)
  • 1963年 - ウテ・レンパー、シャンソン歌手
  • 1964年 - 西川浩幸、俳優
  • 1965年 - エリック・ヨーンセン、スキージャンプ選手
  • 1965年 - 田村智子、政治家
  • 1965年 - ホーレス・グラント、バスケットボール選手
  • 1967年 - ビニー・カスティーヤ、元メジャーリーガー
  • 1967年 - ひかわ博一、漫画家
  • 1968年 - 清水直子、ヴィオラ奏者
  • 1969年 - ヒロコ・グレース、女優
  • 1969年 - 三村智保、 囲碁棋士
  • 1970年 - 宮本愛子、アナウンサー
  • 1971年 - 中原果南、女優
  • 1972年 - トミオ・オカムラ、実業家、政治家
  • 1972年 - ケンドーコバヤシ、お笑いタレント
  • 1972年 - 清水久詞、調教師
  • 1973年 - 井原慶子、レーサー
  • 1973年 - アンジェリカ・クリロワ、フィギュアスケート選手
  • 1973年 - 野月浩貴、将棋棋士
  • 1973年 - GACKT、ミュージシャン、俳優
  • 1974年 - 闘牙進、大相撲力士、浅香山親方
  • 1974年 - 田野瀬太道、政治家
  • 1974年 - アンソニー・リュウ、フィギュアスケート選手
  • 1975年 - 中川貴志、お笑いタレント
  • 1975年 - 平馬淳、野球選手
  • 1976年 - 加藤大治郎、レーサー(+ 2003年)
  • 1976年 - 伊澤一葉、ピアニスト
  • 1976年 - 竹内幸輔、声優
  • 1977年 - ヨナス・キェルグレン、ミュージシャン、音楽プロデューサー、レコーディング・エンジニア
  • 1977年 - 中村由利、アーティスト、作曲家(GARNET CROW)
  • 1978年 - 村田雄介、漫画家
  • 1978年 - ユーキあきら、漫画家
  • 1978年 - 安井正規、電子オルガン奏者、作編曲家
  • 1980年 - 新井里美、声優
  • 1980年 - 前山田健一(ヒャダイン)、ミュージシャン
  • 1981年 - 石井裕也、プロ野球選手
  • 1983年 - アーニャ・スパソイエビッチ、バレーボール選手
  • 1983年 - ヴラディーミル・ベロモイン、フィギュアスケート選手
  • 1983年 - セルジオ・サントス、メジャーリーガー
  • 1984年 - 赤西仁、歌手、タレント、俳優
  • 1984年 - 吉田圭、プロ野球選手
  • 1984年 - カズレーザー、お笑いタレント(メイプル超合金)
  • 1984年 - 仲川希良、ファッションモデル
  • 1985年 - 扇愛奈、シンガーソングライター
  • 1985年 - 賈徳龍、野球選手
  • 1985年 - 塚本泰史、サッカー選手
  • 1985年 - 森善十朗、空手家
  • 1986年 - 増田貴久、NEWS
  • 1986年 - あびる優、アイドル
  • 1986年 - 上本博紀、プロ野球選手
  • 1986年 - 内田好治、プロ野球選手
  • 1987年 - 松井絵里奈、タレント
  • 1987年 - 富田理生、モデル、女優
  • 1989年 - 石田良輔、サッカー選手
  • 1989年 - ユン・ドゥジュン、歌手
  • 1990年 - 清浦夏実、女優
  • 1990年 - 咲世子、女優、ファッションモデル、タレント
  • 1990年 - 町田啓太、俳優、劇団EXILE
  • 1990年 - 山田直輝、サッカー選手
  • 1991年 - 倉田みな、アイドル、歌手
  • 1992年 - 前野るみえ、芸能人女子フットサル選手
  • 1996年 - 高杉真宙、俳優
  • 1996年 - 阿武咲奎也、大相撲力士
  • 1996年 - 桑原樹、プロ野球選手
  • 1996年 - 栗原陵矢、プロ野球選手
  • 1997年 - 瀬織美津姫、タレント
  • 1998年 - 高田萌生、プロ野球選手
  • 1998年 - 京山将弥、プロ野球選手
  • 1999年 - 菊地最愛、アイドル、歌手(さくら学院)
  • 1999年 - 小出ひかる、声優(アース・スター ドリーム)
  • 2000年 - 池江璃花子、競泳選手

忌日

  • 966年 - ベネディクトゥス5世、第132代ローマ教皇
  • 1187年 - ルノー・ド・シャティヨン、十字軍の騎士(* 1125年頃)
  • 1333年(正慶2年/元弘3年5月22日)- 北条基時、鎌倉幕府第13代執権(* 1286年)
  • 1333年(正慶2年/元弘3年5月22日)- 北条高時、鎌倉幕府第14代執権(* 1303年)
  • 1333年(正慶2年/元弘3年5月22日)- 北条貞顕、鎌倉幕府第15代執権(* 1278年)
  • 1336年(建武3年/延元元年5月25日)- 楠木正成、武将(* 1294年)
  • 1336年(建武3年/延元元年5月25日)- 楠木正季、武将
  • 1541年 - ペドロ・デ・アルバラード、探検家(* 1485年)
  • 1582年(天正10年6月15日)- 明智秀満、戦国武将(* 1536年?)
  • 1603年 - フィリップ・デ・モンテ、作曲家(* 1521年)
  • 1609年(慶長14年6月3日)- 板部岡江雪斎、武将(* 1537年)
  • 1623年 - ウィリアム・バード、作曲家(* 1540年?)
  • 1639年 - ペトロ・カスイ・岐部、カトリック司祭、イエズス会士
  • 1696年(元禄9年6月6日)- 稲葉正則、江戸幕府老中、小田原藩主(* 1623年)
  • 1755年(宝暦5年5月25日)- 平田靱負、薩摩藩家老(* 1704年)
  • 1761年 - サミュエル・リチャードソン、小説家(* 1689年)
  • 1780年 - カール・アレクサンダー・フォン・ロートリンゲン、スペイン領ネーデルラント総督(* 1712年)
  • 1826年 - ジョン・アダムズ、第2代アメリカ合衆国大統領(* 1735年)
  • 1826年 - トーマス・ジェファーソン、第3代アメリカ合衆国大統領(* 1743年)
  • 1831年 - ジェームズ・モンロー、第5代アメリカ合衆国大統領(* 1758年)
  • 1831年(天保2年5月25日)- 井伊直中、第14代彦根藩主(* 1766年)
  • 1841年(天保12年5月16日)- 池田斉訓、第9代鳥取藩主(* 1820年)
  • 1848年 - フランソワ=ルネ・ド・シャトーブリアン、作家・政治家(* 1768年)
  • 1861年(文久元年5月27日)- 阿部正教、第8代備後福山藩主(* 1840年)
  • 1883年 - 第7代マールバラ公ジョン・スペンサー=チャーチル、イギリスの政治家・貴族(* 1822年)
  • 1888年 - テオドール・シュトルム、小説家(* 1817年)
  • 1891年 - ハンニバル・ハムリン、第15代アメリカ合衆国副大統領(* 1809年)
  • 1901年 - ヨハネス・シュミット、言語学者(* 1843年)
  • 1902年 - エルヴェ・フェイ、天文学者(* 1814年)
  • 1902年 - ヴィヴェーカーナンダ、ヨーガ・ヴェーダーンタ学派指導者(* 1862年)
  • 1903年 - 響舛市太郎、大相撲力士(* 1859年)
  • 1910年 - ジョヴァンニ・スキアパレッリ、天文学者(* 1835年)
  • 1922年 - ロタール・フォン・リヒトホーフェン、エース・パイロット(* 1894年)
  • 1925年 - ジョージ・ダービー、メジャーリーガー(* 1857年)
  • 1926年 - シャルル・ルルー、作曲家(* 1851年)
  • 1931年 - エマヌエーレ・フィリベルト・ディ・サヴォイア=アオスタ、イタリア王族(* 1869年)
  • 1934年 - マリ・キュリー、化学者(* 1867年)
  • 1934年 - ハイム・ナフマン・ビアリク、ヘブライ語詩人(* 1873年)
  • 1938年 - スザンヌ・ランラン、テニス選手(* 1899年)
  • 1938年 - オットー・バウアー、政治家、社会学者、哲学者(* 1881年)
  • 1939年 - ルイス・ウェイン、画家(* 1860年)
  • 1943年 - ヴワディスワフ・シコルスキ、ポーランド亡命政府首相(* 1881年)
  • 1956年 - 三木武吉、政治家(* 1884年)
  • 1956年 - 佐藤垢石、随筆家(* 1888年)
  • 1962年 - トーマス・シー、天文学者(* 1866年)
  • 1969年 - アーウィン・ブルーメンフェルド、写真家(* 1897年)
  • 1970年 - バーネット・ニューマン、美術家(* 1905年)
  • 1971年 - オーガスト・ダーレス、小説家(* 1909年)
  • 1976年 - 石原謙、キリスト教神学者(* 1882年)
  • 1976年 - ヨナタン・ネタニヤフ、イスラエルの軍人(* 1946年)
  • 1980年 - グレゴリー・ベイトソン、人類学、言語学、社会学、サイバネティックス研究者(* 1904年)
  • 1981年 - 木村功、俳優(* 1923年)
  • 1987年 - ベンクト・ストレームグレン、天体物理学者(* 1908年)
  • 1988年 - アドリアン・アドニス、プロレスラー(* 1953年)
  • 1992年 - アストル・ピアソラ、バンドネオン奏者(* 1921年)
  • 1993年 - ロマン・カチャーノフ、アニメーション監督(* 1921年)
  • 1994年 - 中山正嘉、プロ野球選手(* 1917年)
  • 1995年 - ボブ・ロス、アメリカの画家(* 1942年)
  • 1999年 - 土田國保、警視総監(* 1922年)
  • 2000年 - 植田正治、写真家(* 1913年)
  • 2001年 - 江川卓、ロシア文学者(* 1927年)
  • 2002年 - ローラン・シュヴァルツ、数学者(* 1915年)
  • 2002年 - 伊東一雄(パンチョ伊東)、パシフィック・リーグ広報部長、野球解説者(* 1934年)
  • 2002年 - 鈴木正、プロ野球選手(* 1941年)
  • 2003年 - アルミン・モーラー、評論家、思想史家(* 1920年)
  • 2003年 - バリー・ホワイト、ソウルミュージック歌手、音楽プロデューサー(* 1944年)
  • 2005年 - トーマス・カクシュカ、ヴィオラ奏者(* 1940年)
  • 2006年 - 和田耕作、政治家(* 1907年)
  • 2006年 - ラーシュ・コルヴァール、ノルウェー首相(* 1916年)
  • 2007年 - 飯田深雪、料理研究家(* 1903年)
  • 2007年 - 児玉幸多、歴史学者(* 1909年)
  • 2008年 - 小池欣一、日本の内閣官房副長官(* 1919年)
  • 2008年 - ジェシー・ヘルムズ、アメリカ合衆国上院議員(* 1921年)
  • 2008年 - トマス・M・ディッシュ、SF作家(* 1940年)
  • 2009年 - スティーブ・マクネア、アメリカンフットボール選手(* 1973年)
  • 2016年 - アッバス・キアロスタミ、映画監督(* 1940年)
  • 2017年 - ジーン・コンリー、プロ野球選手、プロバスケットボール選手(* 1930年)
  • 2017年 - くりた陸、漫画家(* 1962年)

スピーチ作成 - テーマ「独立記念日」

自分が初めてテーマを知った/経験した時のエピソード。
テーマについて自分はどう思うか/思ったか。
言葉/行動/影響について自分はどう思うか。
今後自分はどうしたいと思うか。

スピーチ出力 - 07-04_独立記念日.txt

想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。
日付からスピーチを作る
12月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
1月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
2月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29
3月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
4月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
5月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
6月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
7月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
8月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
9月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
10月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
11月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30

参考になる本

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法
 会議・朝礼・電話でも、接客・商談・会合でも、面接・結婚式のスピーチでも、デート・合コン・保護者会でも。
 こんなふうに話せば「あがり」にさようなら! 予約半年待ち! 超人気講師が教える“緊張しないコツ。
¥ 1,210
超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48
 本書では、人前では話すことが苦手な人でもすぐ実行でき、たちまち効果を実感できる「あがらずに話せる正しい方法」を48個紹介しています。
 スピーチ・朝礼・会議・面接でドキドキしない!商談・プレゼン・営業が面白いほど成功する!人前で話すのが苦手な人でも大丈夫!あがらずに話せる超シンプルなテクニックを大公開!
¥ 1,296
朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100 話しベタなあなたに贈る
 他人の興味を引く「鉄板ネタ」さえ持っていれば、誰でも「人前で話すこと」が怖くなくなります。
 聞き手が具体的にイメージしやすいようにスポーツ選手や芸能人など、著名人のエピソードもたくさん織り込んだ「鉄板ネタ」を100個集めました。
¥ 1,620
恥をかかないスピーチ力
 新年度に自己紹介をしたり、結婚式やちょっとした集まりで人前で話したりする機会は意外と多い。そんな時に役立つ、スピーチやコメントのコツ、心構え。
 恥をかかないレベルから「なかなかうまいな」と思われるレベルまで、どうステップアップするか。
 「時間感覚」「身体感覚」の重要性、始まり方と終わり方、小ネタの集め方、シーン別のコツやNGポイントまで、人前で話す時にはこれさえあれば大丈夫!
¥ 702
心に届く話し方 65のルール
 本書は、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説した、話し方の基礎技術の本です。
 「本質的に内容が相手にきちんと伝わる」ことを目的とし、「そのための具体的かつ自然な音声表現のディテール」まで迫った本です。
¥ 1,361
カーネギー話し方入門 文庫版
 あのウォーレン・バフェットも受講したというデール・カーネギーの話し方講座のエッセンスをまとめた本。
 カーネギーといえば、大ベストセラーとなった『人を動かす』があまりに有名だが、本書の原著も100万部を突破したベストセラーとして、アメリカでは広く知られている。
¥ 650