365日のネタ・スピーチ例は、1年分(365日分)のネタと、朝礼などのスピーチの作例や作り方を、まとめたサイトです。 >> 使い方を読む

4月13日の情報

記念日・年中行事

  • 東南アジア・南アジアの正月の祝日(4月13日 - 15日)
    東南アジア・南アジアの多くの国では4月14日を新年の始まりの日としており、いくつかの国ではその前後を含めて祝日としている。
    ソンクラーン(タイ)
    タイにおける旧暦(チャントラカティ)の正月。
    ピーマイラーオ(ラオス正月)(ラオス)
    クメール正月(カンボジア)
  • 喫茶店の日(日本)
    1888年のこの日、東京・下谷上野西黒門町に日本初のコーヒー専門店「可否茶館」が開店したことにちなむ。
  • 決闘の日(日本)
    慶長17年旧暦4月13日(1612年5月13日)、船島(巌流島)で宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘が行われたことにちなむ。
  • 水産デー(日本)
    1901年のこの日に旧漁業法が制定されたことにちなみ、大日本水産会が1933年5月に制定。現在の漁業法が施行された1949年3月13日にちなみ、3月13日が「漁業法記念日」となっているが、これが「水産デー」と呼ばれることもある。

歴史

  • 710年(和銅3年3月10日)- 元明天皇が藤原京から平城京に遷都。
  • 744年(天平16年2月26日)- 聖武天皇が恭仁京から難波京に遷都。翌年平城京に戻す。
  • 1111年 - ハインリヒ5世が神聖ローマ皇帝に即位。
  • 1179年(治承2年3月24日)- 平安京内で治承の大火(次郎焼亡)。三十数町が全焼。
  • 1336年(延元元年/建武3年3月2日)- 南北朝時代: 九州に落ち延びていた足利尊氏が再び挙兵、多々良浜の戦いで南朝方の菊池武敏を破る。
  • 1598年 - フランス国王アンリ4世が「ナントの勅令」を発布。プロテスタントにカトリックと同等の信教の自由を認める。
  • 1668年(寛文8年3月2日)- 宇都宮興禅寺刃傷事件が起こる。
  • 1742年 - ヘンデルのオラトリオ「メサイア」がダブリンで初演。
  • 1777年 - アメリカ独立戦争: バウンドブルックの戦い行われる。
  • 1829年 - イギリスでカトリック解放令が制定、これによりカトリック教徒の信教の自由が公的に保障される。
  • 1856年(安政3年3月9日)- 長崎・下田などの開港地での踏み絵を廃止。
  • 1888年 - 東京・下谷黒門町に日本初のコーヒー専門店「可否茶館」が開店。
  • 1903年 - 日本で小学校令が改正され国定教科書制度が取り入れられる。
  • 1917年 - アメリカ海軍の戦艦「ニューメキシコ」が進水。
  • 1919年 - インドでイギリス軍が発砲しインド民衆に数百人の死傷者が出る。(アムリットサル事件、アムリットサルの虐殺、アムリッツァル虐殺事件)
  • 1922年 - 少年団日本連盟(現在のボーイスカウト日本連盟)結成。
  • 1923年 - 大阪鉄道の大阪天王寺駅が開業。
  • 1940年 - NHKが日本初のテレビドラマ『夕餉前』の実験放送。
  • 1940年 - 第二次世界大戦: 第2次ナルヴィク海戦がおこなわれる。
  • 1941年 - モスクワで日ソ中立条約が締結。
  • 1943年 - 第二次世界大戦: ドイツのラジオ放送が、ソ連領内カティンの森でポーランド将校4,000人の遺体を発見と報じる。(カティンの森事件)
  • 1945年 - 第二次世界大戦・ウィーン攻勢: 赤軍がウィーンを占領。
  • 1948年 - アミーン・フサイニー指揮下のアラブ人ゲリラがヘブライ大学の医療スタッフを虐殺。(ハダサー医療従事者虐殺事件)
  • 1960年 - アメリカで世界初の衛星測位システム「トランシット1B」を打ち上げ。
  • 1970年 - 発射されてから2日後のアポロ13号で機械船の酸素タンクが爆発し、月面着陸を断念、帰還の途につく。
  • 1975年 - ロックバンド、キャロルが解散。
  • 1982年 - 毎年8月15日を「戦歿者を追悼し平和を祈念する日」とすることが日本の閣議で決定。
  • 1986年 - ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世がローマ教皇として史上初めてシナゴーグを訪問。
  • 1986年 - 長江裕明一家3人がヨットでの4年9か月の世界一周を経て蒲郡港に帰港。
  • 1987年 - 1999年12月20日にポルトガルがマカオを中華人民共和国に返還する共同声明に両国が調印。
  • 1990年 - ミハイル・ゴルバチョフソ連大統領が、カティンの森事件がソ連秘密警察の犯行であったことを認め陳謝。
  • 1991年 - 東海大学安楽死事件がおこる。
  • 1992年 - ポルトガルと中華人民共和国が1999年にマカオを返還する旨の共同声明に調印。
  • 1992年 - テレビ朝日系テレビアニメ『クレヨンしんちゃん』放送開始。現在も放送中。
  • 1994年 - フジテレビ系刑事ドラマ『古畑任三郎』放送開始。同シリーズは2006年の正月の特番で終了するまで約11年続いた。
  • 1997年 - ゴルフのタイガー・ウッズが史上最年少の21歳3か月でマスターズ・トーナメントに初優勝。
  • 2001年 - 日本でDV防止法が公布される。
  • 2011年 - 東日本大震災に伴う津波の被害により閉鎖されていた仙台空港が、一部の国内線において運行を再開。
  • 2011年 - 大阪大学医学部附属病院で日本初の15歳未満がドナーの心臓移植が行われる。
  • 2012年 - 北朝鮮が人工衛星と称した弾道ミサイルを打ち上げるが、失敗に終わる。
  • 2013年 - 午前5時33分ごろ、淡路島付近を震源とするマグニチュード6.0の地震が発生。淡路市で震度6弱を観測する。(淡路島地震)
  • 2017年 - 南谷真鈴が北極点に到達。日本人としては初めて七大陸最高峰頂上・北極点・南極点の全到達者たるエクスプローラーズ・グランドスラムを達成。
  • 2017年 - アメリカ合衆国がアフガニスタンで大規模爆風爆弾を使用。
  • 2018年 - アメリカ、イギリス、フランスの合同軍がシリアの化学兵器施設に対する攻撃を開始。

誕生日

  • 1519年 - カトリーヌ・ド・メディシス、フランス王妃(+ 1589年)
  • 1559年(永禄2年3月6日)- 松平信康、戦国時代の武将、徳川家康の嫡男(+ 1579年)
  • 1570年 - ガイ・フォークス、テロリスト、火薬陰謀事件の実行責任者(+ 1606年)
  • 1593年 - トマス・ウェントワース、イングランドの政治家(+ 1641年)
  • 1648年 - ギュイヨン夫人、フランスの神秘家(+ 1717年)
  • 1732年 - 第2代ギルフォード伯爵フレデリック・ノース(ノース卿)、イギリス首相(+ 1792年)
  • 1743年 - トーマス・ジェファーソン、第3代アメリカ合衆国大統領(+ 1826年)
  • 1747年 - ルイ・フィリップ2世、フランスの王族、革命指導者(+ 1793年)
  • 1769年 - トーマス・ローレンス、画家(+ 1830年)
  • 1771年 - リチャード・トレヴィシック、機械技師(+ 1833年)
  • 1797年(寛政9年3月17日)- 大原幽学、江戸時代後期の農学者、農民指導者(+ 1858年)
  • 1808年 - アントニオ・メウッチ、発明家(+ 1889年)
  • 1838年(天保9年3月19日)- 後藤象二郎、政治家(+ 1897年)
  • 1844年 - ヤン・フジマリー、ヴァイオリニスト(+ 1915年)
  • 1848年(嘉永元年3月10日)- 浅野総一郎、実業家、浅野財閥の創始者(+ 1930年)
  • 1860年 - ジェームズ・アンソール、画家(+ 1949年)
  • 1866年 - ブッチ・キャシディ、ガンマン(+ 1908年?)
  • 1868年(慶応4年3月21日)- 権藤成卿、思想家(+ 1937年)
  • 1876年 - 高野辰之、国文学者、作詞家(+ 1947年)
  • 1885年 - ルカーチ・ジェルジ、哲学者、政治家(+ 1971年)
  • 1889年 - ハーバート・オズボーン・ヤードリー、暗号学者(+ 1958年)
  • 1893年 - 伊藤道郎、ダンサー、振付師(+ 1961年)
  • 1894年 - 徳川夢声、講談師、俳優(+ 1971年)
  • 1894年 - アーサー・ファデン、オーストラリア首相(+ 1973年)
  • 1898年 - 森有一、俳人(+ 1984年)
  • 1899年 - アルフレッド・シュッツ、社会学者(+ 1959年)
  • 1901年 - ジャック・ラカン、精神分析学者(+ 1981年)
  • 1901年 - 薩摩治郎八、実業家(+ 1976年)
  • 1904年 - 木村秀政、航空工学者(+ 1986年)
  • 1905年 - 水田三喜男、政治家(+ 1976年)
  • 1905年 - ブルーノ・ロッシ、宇宙物理学者(+ 1993年)
  • 1906年 - サミュエル・ベケット、劇作家(+ 1989年)
  • 1907年 - 藤田隆治、日本画家(+ 1965年)
  • 1907年 - 村川堅太郎、歴史学者(+ 1991年)
  • 1909年 - スタニスワフ・ウラム、数学者(+ 1984年)
  • 1913年 - 大宮敏充(デン助)、喜劇俳優(+ 1976年)
  • 1915年 - 大山デブ子、女優(+ 1981年)
  • 1915年 - 藤井勝志、政治家(+ 1996年)
  • 1916年 - 笠松実、プロ野球選手(+ 1970年)
  • 1917年 - 鶴岡義雄、洋画家(+ 2007年)
  • 1917年 - 安西愛子、童謡歌手、声楽家、政治家(+ 2017年)
  • 1919年 - ハワード・キール、俳優、歌手(+ 2004年)
  • 1920年 - ロベルト・カルヴィ、イタリアの銀行家(+ 1982年)
  • 1924年 - 吉行淳之介、小説家(+ 1994年)
  • 1924年 - スタンリー・ドーネン、映画監督
  • 1925年 - 時津山仁一、大相撲力士、元押尾川親方(+ 1968年)
  • 1926年 - 宮尾登美子、小説家(+ 2014年)
  • 1927年 - モーリス・ロネ、俳優(+ 1983年)
  • 1927年 - アントニオ・ロッカ、プロレスラー(+ 1977年)
  • 1927年 - 植田武彦、プロ野球選手
  • 1928年 - 坪島孝、映画監督(+ 2007年)
  • 1928年 - 宇津徳治、地震学者(+ 2004年)
  • 1931年 - ロベール・アンリコ、映画監督(+ 2001年)
  • 1931年 - ダン・ガーニー、レーシングドライバー
  • 1932年 - ジェニファー・ニックス、フィギュアスケート選手(+ 1980年)
  • 1933年 - 藤田まこと、俳優(+ 2010年)
  • 1936年 - 定方晟、仏教学者
  • 1937年 - エドワード・フォックス、俳優
  • 1939年 - シェイマス・ヒーニー、詩人(+ 2013年)
  • 1939年 - 小川敏明、プロ野球選手
  • 1940年 - 松永真、グラフィックデザイナー
  • 1940年 - ジャン=マリ・ギュスターヴ・ル・クレジオ、小説家
  • 1941年 - マイケル・ブラウン、遺伝学者
  • 1942年 - 森本潔、プロ野球選手
  • 1942年 - ビル・コンティ、作曲家
  • 1943年 - ビル・プロンジーニ、推理作家
  • 1945年 - ローウェル・ジョージ、ミュージシャン
  • 1946年 - アル・グリーン、ソウル歌手
  • 1946年 - 中沢春雄、プロ野球選手
  • 1949年 - 沢井孝子、女優
  • 1949年 - 五月女豊、プロ野球選手
  • 1950年 - ロン・パールマン、俳優
  • 1950年 - ウィリアム・サドラー、俳優
  • 1951年 - ピーボ・ブライソン、ミュージシャン
  • 1952年 - 林家とんでん平、落語家、政治家
  • 1952年 - 原康義、声優、俳優
  • 1953年 - 鈴木俊一、政治家
  • 1954年 - 鶴田一郎、グラフィックデザイナー
  • 1955年 - 上沼恵美子(海原千里)、タレント
  • 1955年 - 西城秀樹、歌手、俳優(+ 2018年)
  • 1955年 - 森口祐子、プロゴルファー
  • 1957年 - エイミー・グッドマン、ジャーナリスト
  • 1957年 - 中西やすひろ、漫画家
  • 1958年 - 萬田久子、女優
  • 1959年 - ジャン・ラヴェルナリヴ、マダガスカル首相
  • 1960年 - なかいま強、漫画家
  • 1960年 - ルディ・フェラー、サッカー選手
  • 1960年 - オラフ・ルードヴィッヒ、自転車競技選手
  • 1961年 - 牛島和彦、プロ野球選手・監督
  • 1962年 - ヒレル・スロヴァク、ミュージシャン、レッドホットチリペッパーズのメンバー(+ 1988年)
  • 1962年 - 大藤敏行、高校野球指導者
  • 1963年 - 白石文子、声優
  • 1963年 - ガルリ・カスパロフ、チェスプレーヤー
  • 1963年 - 串原泰夫、プロ野球選手
  • 1964年 - 西崎幸広、プロ野球選手
  • 1964年 - 石塚かおり、アナウンサー
  • 1964年 - 岐部公好、声優
  • 1965年 - 藤王康晴、プロ野球選手
  • 1966年 - ウェスリー・チェンバレン、プロ野球選手
  • 1966年 - 名越美香、元歌手(おニャン子クラブ)、タレント
  • 1968年 - 中村智子、朝日放送アナウンサー
  • 1968年 - ネクロブッチャー、ミュージシャン
  • 1969年 - 増田政行、プロ野球選手
  • 1970年 - リック・シュローダー、俳優
  • 1970年 - 古屋剛、プロ野球選手
  • 1971年 - つみきみほ、女優
  • 1971年 - ケビン・オーミー、プロ野球選手
  • 1972年 - 桑山哲也、アコーディオン奏者
  • 1972年 - 齊藤努、競輪選手、自転車競技選手
  • 1973年 - 吉田恵、サッカー選手
  • 1973年 - 若ノ城宗彦、大相撲力士
  • 1974年 - 牧田勝吾、プロ野球選手
  • 1975年 - 利根川朱里、女優
  • 1975年 - タチアナ・ナフカ、フィギュアスケート選手
  • 1976年 - ジョナサン・ブランディス、映画俳優(+ 2003年)
  • 1976年 - 吉村光示、サッカー選手・指導者
  • 1977年 - 橋本泰由、プロ野球選手
  • 1978年 - カルレス・プジョル、サッカー選手
  • 1978年 - 稲葉健、タレント
  • 1979年 - バロン・デイビス、バスケットボール選手
  • 1980年 - ホセロ・ディアス、プロ野球選手
  • 1981年 - 神農幸、女優
  • 1981年 - 成田雅嗣、俳優、歌手
  • 1982年 - イェレナ・ニコリッチ、バレーボール選手
  • 1982年 - ヨハン・クロンジェ、陸上競技選手
  • 1982年 - 森瞳、お笑いタレント(キッチンパーク)
  • 1983年 - ハンター・ペンス、メジャーリーガー
  • 1983年 - スティーブ・ピアース、メジャーリーガー
  • 1983年 - 藤田祥史、プロサッカー選手
  • 1983年 - 桜井莉菜、ファッションモデル
  • 1984年 - 水嶋ヒロ、俳優
  • 1984年 - 高橋弘篤、スケルトン選手
  • 1984年 - アンデルス・リンデゴーア、サッカー選手
  • 1985年 - 加賀繁、プロ野球選手
  • 1985年 - 祥子、タレント、グラビアアイドル
  • 1986年 - おおつか麗衣、元女優
  • 1986年 - 昴生、お笑い芸人(ミキ)
  • 1987年 - 碧井椿、歌手(元PINC INC)
  • 1987年 - 小石博孝、プロ野球選手
  • 1987年 - 赤堀大智、プロ野球選手
  • 1988年 - 會澤翼、プロ野球選手
  • 1988年 - アンデルソン・ルイス・デ・アブレウ・オリベイラ、サッカー選手
  • 1989年 - 柴田章吾、プロ野球選手
  • 1992年 - ルシアノ・フェルナンド、プロ野球選手
  • 1993年 - 多和田真三郎、プロ野球選手
  • 1994年 - フィフィヨナ・アプリアニ、アイドル(JKT48)
  • 1996年 - 中元日芽香、元アイドル(乃木坂46)
  • 1997年 - 岐洲匠、俳優
  • 1998年 - 森山孔介、プロ野球選手
  • 生年不明 - 小川静香、イラストレーター
  • 生年不明 - 手代木史織、漫画家
  • 生年不明 - 野広実由、漫画家
  • 生年不明 - 小柳良寛、声優
  • 生年不明 - 橋詰知久、声優
  • 1979年 - ホリスキー、競走馬・種牡馬(+ 2003年)
  • 1986年 - オサイチジョージ、競走馬・種牡馬
  • 1986年 - カリブソング、競走馬(+ 1994年)
  • 1988年 - ツインターボ、競走馬(+ 1998年)
  • 1993年 - ファビラスラフイン、競走馬
  • 1994年 - ブロードアピール、競走馬
  • 1994年 - マイネルマックス、競走馬(+ 2008年)
  • 1998年 - アグネスタキオン、競走馬・種牡馬(+ 2009年)

忌日

  • 1093年 - フセヴォロド1世、キエフ大公(* 1030年)
  • 1202年(建仁2年3月19日)- 藤原成経、平安時代の公卿
  • 1605年 - ボリス・ゴドゥノフ、ロシアのツァーリ(* 1552年)
  • 1695年 - ラ・フォンテーヌ、詩人(* 1621年)
  • 1728年 - サミュエル・モリノー、イギリス海相、天文学者(* 1689年)
  • 1741年(寛保元年2月28日)- 近衛熙子、江戸幕府第6代将軍徳川家宣の正室(* 1666年)
  • 1794年 - リュシル・デュプレシ、カミーユ・デムーランの妻(* 1770年)
  • 1826年 - フランツ・ダンツィ、作曲家(* 1763年)
  • 1844年(弘化元年2月26日)- 間宮林蔵、探検家(* 1775年)
  • 1853年 - レオポルト・グメリン、化学者(* 1788年)
  • 1874年 - 江藤新平、政治家(* 1834年)
  • 1874年 - 島義勇、開拓使主席判官、秋田県令(* 1822年)
  • 1880年 - ロバート・フォーチュン、植物学者(* 1812年)
  • 1882年 - ブルーノ・バウアー、哲学者(* 1809年)
  • 1889年 - ジョン・パーマー・アッシャー、第7代アメリカ合衆国内務長官(* 1816年)
  • 1903年 - モーリッツ・ラーツァルス、哲学者(* 1824年)
  • 1904年 - 斎藤緑雨、小説家、評論家(* 1868年)
  • 1904年 - ヴァシーリー・ヴェレシチャーギン、画家(* 1842年)
  • 1905年 - 田口卯吉、経済学者(* 1855年)
  • 1905年 - 鳥尾小弥太、枢密顧問官、貴族院議員(* 1848年)
  • 1906年 - ウォルター・ウェルドン、生物学者(* 1860年)
  • 1908年 - 松浦詮、第12代平戸藩主(* 1840年)
  • 1912年 - 石川啄木、俳人、歌人(* 1886年)
  • 1918年 - ラーヴル・コルニーロフ、ロシア帝国の軍人、白衛軍の指導者(* 1870年)
  • 1920年 - 高木兼寛、医学者(* 1849年)
  • 1929年 - 後藤新平、政治家(* 1857年)
  • 1933年 - 島崎赤太郎、教育者、オルガニスト(* 1874年)
  • 1936年 - 成瀬正一、フランス文学者(* 1892年)
  • 1941年 - アニー・ジャンプ・キャノン、天文学者(* 1863年)
  • 1943年 - 山田安民、実業家、ロート製薬創業者(* 1868年)
  • 1943年 - オスカー・シュレンマー、芸術家、彫刻家、デザイナー(* 1888年)
  • 1944年 - セシル・シャミナード、作曲家、ピアニスト(* 1857年)
  • 1945年 - エルンスト・カッシーラー、哲学者(* 1874年)
  • 1945年 - 九代目岩井半四郎、歌舞伎役者(* 1882年)
  • 1949年 - 笹川臨風、歴史家(* 1870年)
  • 1955年 - 羽田亨、東洋史学者(* 1882年)
  • 1959年 - エドゥアルト・ファン・ベイヌム、指揮者(* 1901年)
  • 1960年 - 後藤誉之助、官僚、経済学者(* 1916年)
  • 1966年 - フェリクス・フォン・ルックナー、ドイツ海軍の軍人、冒険家(* 1881年)
  • 1966年 - ジョルジュ・デュアメル、作家、詩人(* 1884年)
  • 1966年 - 高石勝男、競泳選手(* 1906年)
  • 1966年 - カルロ・カッラ、画家(* 1881年)
  • 1973年 - ヘンリー・ダーガー、『非現実の王国で』の作者(* 1892年)
  • 1974年 - ジェファーソン・キャフェリー、外交官(* 1886年)
  • 1982年 - 吉田静一、経済学者(* 1930年)
  • 1983年 - 中村鴈治郎(二代目)、俳優(* 1902年)
  • 1984年 - ラルフ・カークパトリック、音楽学者、チェンバロ奏者(* 1911年)
  • 1986年 - フランク・デチッコ、マフィアの幹部(* 1935年)
  • 1987年 - ハーバート・ジョージ・ブルーマー、社会学者(* 1900年)
  • 1987年 - 立木勝、政治家、第45・46代大分県知事(* 1906年)
  • 1987年 - エルヴィン・ニレジハジ、ピアニスト、作曲家(* 1903年)
  • 1989年 - 西堀栄三郎、登山家、化学者(* 1903年)
  • 1989年 - 篠田一士、文芸評論家、翻訳家(* 1927年)
  • 1990年 - 木島則夫、アナウンサー(* 1925年)
  • 1992年 - フェザ・ギュルセイ、物理学者(* 1921年)
  • 1997年 - 西田修平、陸上競技選手(* 1910年)
  • 1999年 - 曽我廼家明蝶、俳優(* 1908年)
  • 1999年 - 清川正二、競泳選手、実業家(* 1913年)
  • 2002年 - オレステ・ピッキオーニ、物理学者(* 1915年)
  • 2005年 - 江頭匡一、実業家、ロイヤルホールディングス創業者(* 1923年)
  • 2005年 - ドン・ブラッシンゲーム、プロ野球選手・指導者(* 1932年)
  • 2005年 - 福士敬章、プロ野球選手(* 1950年)
  • 2006年 - ミュリエル・スパーク、小説家(* 1918年)
  • 2009年 - ハリー・カラス、メジャーリーグベースボールの中継アナウンサー(* 1936年)
  • 2009年 - マーク・フィドリッチ、メジャーリーグベースボール選手(* 1954年)
  • 2009年 - 小松則幸、プロボクサー(* 1979年)
  • 2015年 - ギュンター・グラス、小説家、劇作家(* 1927年)
  • 2015年 - エドゥアルド・ガレアーノ、ジャーナリスト(* 1940年)
  • 2017年 - 塩山紀生、アニメーター、イラストレーター(* 1940年)

引用・参考URL

このページの引用・参考URL。
日付からスピーチを作る
10月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
11月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
12月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
1月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
2月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29
3月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
4月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
5月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
6月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
7月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
8月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
9月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30

参考になる本

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法
 会議・朝礼・電話でも、接客・商談・会合でも、面接・結婚式のスピーチでも、デート・合コン・保護者会でも。
 こんなふうに話せば「あがり」にさようなら! 予約半年待ち! 超人気講師が教える“緊張しないコツ。
¥ 1,210
超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48
 本書では、人前では話すことが苦手な人でもすぐ実行でき、たちまち効果を実感できる「あがらずに話せる正しい方法」を48個紹介しています。
 スピーチ・朝礼・会議・面接でドキドキしない!商談・プレゼン・営業が面白いほど成功する!人前で話すのが苦手な人でも大丈夫!あがらずに話せる超シンプルなテクニックを大公開!
¥ 1,296
朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100 話しベタなあなたに贈る
 他人の興味を引く「鉄板ネタ」さえ持っていれば、誰でも「人前で話すこと」が怖くなくなります。
 聞き手が具体的にイメージしやすいようにスポーツ選手や芸能人など、著名人のエピソードもたくさん織り込んだ「鉄板ネタ」を100個集めました。
¥ 1,620
恥をかかないスピーチ力
 新年度に自己紹介をしたり、結婚式やちょっとした集まりで人前で話したりする機会は意外と多い。そんな時に役立つ、スピーチやコメントのコツ、心構え。
 恥をかかないレベルから「なかなかうまいな」と思われるレベルまで、どうステップアップするか。
 「時間感覚」「身体感覚」の重要性、始まり方と終わり方、小ネタの集め方、シーン別のコツやNGポイントまで、人前で話す時にはこれさえあれば大丈夫!
¥ 702
心に届く話し方 65のルール
 本書は、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説した、話し方の基礎技術の本です。
 「本質的に内容が相手にきちんと伝わる」ことを目的とし、「そのための具体的かつ自然な音声表現のディテール」まで迫った本です。
¥ 1,361
カーネギー話し方入門 文庫版
 あのウォーレン・バフェットも受講したというデール・カーネギーの話し方講座のエッセンスをまとめた本。
 カーネギーといえば、大ベストセラーとなった『人を動かす』があまりに有名だが、本書の原著も100万部を突破したベストセラーとして、アメリカでは広く知られている。
¥ 650