365日のネタ・スピーチ例は、1年分(365日分)のネタと、朝礼などのスピーチの作例や作り方を、まとめたサイトです。 >> 使い方を読む

11月30日「本みりんの日」


 11月30日は「本みりんの日」です。全国味淋(みりん)協会が制定しました。「い(1)い(1)み(3)りん(0)」の語呂合せと、最も鍋物等で需要の多い時期であることが理由です。

 みりんは昔、古酒バーに行った際に、みりんの古酒を飲んで、とても美味しかった記憶があります。

 みりんは、白酒や屠蘇酒の材料としても使われ、元々飲み物だったというのがよく分かるなと思いました。

 「みりん」は、日本料理の調味料や飲用に用いられる、アルコール飲料のひとつです。本みりんは高いアルコール分を含むため、日光を避けた場所であれば開封後も室温で保存できます。
 みりんに似た「みりん風調味料」は、酒税のかからない1%未満のアルコールに、うま味調味料や糖分などを加えたものです。こちらは、開栓後は酸化・腐敗しやすくなるので、冷暗所に保管して、なるべく早く使い切る必要があります。
 また、5~14%程度のアルコールを含むが、1.5%以上の食塩を加えるなどして飲めなくして、酒税がかからないようにした、「みりんタイプ調味料」「醸造調味料」などと呼ばれる調味料もあります。


 みりんはアルコール飲料のため、税金を避けるために、様々な工夫が行われています。こうした税金を避ける試みの例は古今東西あります。

 規制を突破するための工夫が、新しい商品を生み出す。どんな法律がボトルネックになっているか。そうしたことの把握も、ビジネスでは大切だと思います。

スピーチ作例 11月30日1
文字数:618文字   想定時間:23
想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。

記念日・年中行事

  • シティズ・フォー・ライフの日
    世界500都市以上で行われる死刑制度廃止運動。1786年のこの日、神聖ローマ皇帝レオポルト2世が、ヨーロッパでは初めて死刑制度の廃止を宣言したことを記念。
  • アンドレス・ボニファシオの日(フィリピン)
    フィリピンの独立運動家・アンドレス・ボニファシオの誕生日を記念。
  • 独立記念日(バルバドス)
    1966年のこの日、バルバドスがイギリスから独立した。
  • 本みりんの日(日本)
    全国味淋協会が制定。「い(1)い(1)み(3)りん(0)」の語呂合せと、最も鍋物等で需要の多い時期であることから。
  • 年金の日(日本)
    「いい(11)みらい(30)」の語呂合わせ。

歴史

  • 1700年 - 大北方戦争: ナルヴァの戦い
  • 1783年 - アメリカ合衆国とイギリスがアメリカ独立戦争の講和条約・パリ条約を締結。
  • 1786年 - 神聖ローマ皇帝レオポルト2世が、ヨーロッパでは初めて死刑制度の廃止を宣言。(シティズ・フォー・ライフの日)
  • 1814年 - フランツ・シューベルトが『羊飼いの嘆きの歌』を作曲。
  • 1853年 - クリミア戦争: シノープの海戦。オスマン帝国の軍港シノープをロシア黒海艦隊が奇襲。これ機にイギリス・フランスがクリミア戦争への介入を決意。
  • 1864年 - 南北戦争: 第二次フランクリンの戦い
  • 1872年 - 史上初のサッカー公式国際試合となるイングランド対スコットランドの試合を開催。
  • 1888年 - 日墨修好通商条約締結。日本初の対等条約。
  • 1892年 - 日本海軍の水雷砲艦千島がイギリス商船と衝突、千島は沈没し商船側も損傷を受けた。(千島艦事件)
  • 1892年 - 福澤諭吉の後援で北里柴三郎が大日本私立衛生会伝染病研究所(現東京大学医科学研究所)を設立。
  • 1908年 - 日本の駐米大使高平小五郎とアメリカ合衆国国務長官エリフ・ルートが高平・ルート協定に調印。
  • 1919年 - 食品工業(現キユーピー)が創業。
  • 1920年 - 高山義三の除隊を迎えに来た鍋山貞親ら社会主義者の集団が警官と衝突し、治安維持法違反などで逮捕。(京都赤旗事件)
  • 1926年 - 日本ラグビーフットボール協会設立。
  • 1936年 - 水晶宮が焼失。
  • 1939年 - 第二次世界大戦: ソビエト連邦軍がフィンランドに侵攻し、冬戦争が勃発。
  • 1942年 - 第二次世界大戦・ソロモン諸島の戦い: ルンガ沖夜戦
  • 1942年 - 横浜港ドイツ軍艦爆発事件がおこる。
  • 1943年 - 第二次世界大戦: テヘラン会談で米英ソ首脳が1944年にフランスへのオーバーロード作戦を行うことで合意。
  • 1948年 - 68歳の歌人の川田順が弟子の大学教授夫人とともに家出。川田が詠んだ歌から「老いらくの恋」が流行語になる。
  • 1949年 - 対共産圏輸出統制委員会(ココム)設立。
  • 1954年 - ホッジス隕石がアメリカ合衆国アラバマ州に落下。
  • 1962年 - ウ・タントが国際連合事務総長に選出。
  • 1966年 - バルバドスがイギリスから独立。
  • 1967年 - 南イエメンがイギリスから独立。
  • 1969年 - 世界初の界磁チョッパ制御車、東京急行電鉄8000系デビュー。
  • 1970年 - 南イエメンが国号をイエメン人民民主共和国に改称し、社会主義国家を宣言。
  • 1970年 - 北海道の国鉄根北線がこの日限りで廃止。
  • 1974年 - エチオピアでアウストラロピテクスの化石人骨「ルーシー」が発見。
  • 1977年 - 米軍が使用していた東京・立川基地が32年ぶりに全面返還。
  • 1984年 - 電電公社がキャプテンシステムの実用サービスを開始。
  • 1984年 - 国鉄高砂線・宮原線・妻線がこの日限りで廃止。
  • 1987年 - 茨城県つくば市が市制施行。
  • 1990年 - 台風28号が紀伊半島に上陸。観測史上最も遅い時期の台風上陸。
  • 1990年 - 日本衛星放送(JSB)がサービス放送を開始。(現・WOWOW)
  • 1993年 - オランダで、世界初の安楽死を認める法律(改正埋葬法)が成立。
  • 1993年 - アメリカで、銃規制を目的としたブレイディ法が発効。
  • 2007年 - 衛星アナログハイビジョンテレビの放送が終了(停波)。
  • 2008年 - 初代新幹線車両の0系が定期運用を終了。
  • 2008年 - 東日本フェリーが国内フェリー事業から撤退。
  • 2009年 - 朝鮮民主主義人民共和国でデノミネーションを実施。
  • 2016年 - それまで暫定的に系統名でウンウントリウム(113番元素)、ウンウンペンチウム(115番元素)、ウンウンセプチウム(117番元素)、ウンウンオクチウム(118番元素)と呼ばれていた四つの新元素の正式名称が、それぞれニホニウム、モスコビウム、テネシン、オガネソンに決定。

誕生日

  • 1554年 - フィリップ・シドニー、詩人(+ 1586年)
  • 1602年(ユリウス暦11月20日)- オットー・フォン・ゲーリケ、科学者(+ 1686年)
  • 1667年 - ジョナサン・スウィフト、小説家(+ 1745年)
  • 1753年 - ヨハン・バプティスト・シェンク、作曲家(+ 1836年)
  • 1813年 - シャルル=ヴァランタン・アルカン、作曲家、ピアニスト(+ 1888年)
  • 1825年 - ウィリアム・アドルフ・ブグロー、画家(+ 1905年)
  • 1828年 - グスタフ・ツォイナー、物理学者、工学者(+ 1907年)
  • 1835年 - マーク・トウェイン、作家(+ 1910年)
  • 1857年(安政4年10月14日)- 陸羯南、ジャーナリスト(+ 1907年)
  • 1859年 - セルゲイ・リャプノフ、作曲家、ピアニスト(+ 1924年)
  • 1863年 - アンドレス・ボニファシオ、革命家(+ 1897年)
  • 1869年 - コンスタンチン・ソモフ、画家(+ 1939年)
  • 1870年 - フランク・キレン、メジャーリーガー(+ 1931年)
  • 1874年 - ウィンストン・チャーチル、イギリス首相(+ 1965年)
  • 1874年 - L・M・モンゴメリ、作家(+ 1942年)
  • 1875年 - 長谷川如是閑、ジャーナリスト(+ 1969年)
  • 1888年 - 末弘厳太郎、法学者(+ 1951年)
  • 1888年 - ラルフ・ハートレー、電子工学研究者(+ 1970年)
  • 1893年 - 満宮輝仁親王、日本の皇族(+ 1894年)
  • 1901年 - 向井潤吉、洋画家(+ 1995年)
  • 1901年 - 荻須高徳、洋画家(+ 1986年)
  • 1906年 - ジョン・ディクスン・カー、推理作家(+ 1977年)
  • 1906年 - 圓鍔勝三、彫刻家(+ 2003年)
  • 1911年 - 森有正、哲学者、フランス文学者(+ 1976年)
  • 1911年 - 田村泰次郎、小説家(+ 1983年)
  • 1912年 - 玉ノ海梅吉、大相撲力士(+ 1988年)
  • 1918年 - 田川豊、元プロ野球選手(+ 1981年)
  • 1923年 - 永井洋二郎、プロ野球選手(+ 2018年)
  • 1924年 - 塚本悦郎、元プロ野球選手(+ 2014年)
  • 1925年 - 林家三平、落語家(+ 1980年)
  • 1926年 - 中根千枝、社会人類学者
  • 1927年 - 山田敬蔵、マラソン選手、元世界記録保持者
  • 1927年 - 内田蒼生也、プロ野球選手
  • 1928年 - 土井たか子、政治家(+ 2014年)
  • 1928年 - 小宮隆太郎、経済学者
  • 1929年 - 三木谷良一、経済学者(+ 2013年)
  • 1929年 - レオ・カイリー、メジャーリーガー(+ 1984年)
  • 1931年 - 浅井昭衛、宗教法人顕正会会長
  • 1932年 - 渡辺清、元プロ野球選手
  • 1933年 - 富永美沙子、女優、声優(+ 1975年)
  • 1936年 - 打越敏彦、プロ野球選手
  • 1937年 - リドリー・スコット、映画監督
  • 1937年 - 千々松幸子、声優
  • 1937年 - 光枝明彦、舞台俳優
  • 1938年 - 亀石征一郎、俳優
  • 1938年 - 井上真樹夫、声優、俳優
  • 1939年 - ワルター・ウェラー、音楽家(+ 2015年)
  • 1940年 - 安蘇谷正彦、神道学者
  • 1940年 - ラリー・ブラウン、バスケットボールコーチ
  • 1941年 - アリー・ハサン・アル=マジード、政治家(+ 2010年)
  • 1942年 - 高梨英夫、野球選手
  • 1943年 - アネット・メサジェ、美術家
  • 1944年 - 中原全敏、元プロ野球選手
  • 1945年 - ロジャー・グローヴァー、ミュージシャン
  • 1945年 - ラドゥ・ルプー、ピアニスト
  • 1945年 - 武藤まき子、芸能リポーター、元中国放送アナウンサー(+ 2016年)
  • 1947年 - デヴィッド・マメット、劇作家、脚本家、演出家、映画監督
  • 1949年 - 鹿島茂、フランス文学者
  • 1949年 - 四代目 江戸家猫八、物真似芸人(+ 2016年)
  • 1951年 - 陣内誠、アナウンサー
  • 1951年 - 神田紫、講談師
  • 1951年 - 三好鉄生、歌手、俳優
  • 1954年 - ロドニー・ブルックス、ロボット工学者
  • 1957年 - 田口トモロヲ、俳優、声優
  • 1957年 - 山田昌弘、社会学者
  • 1958年 - 杉浦日向子、漫画家、江戸風俗研究家(+ 2005年)
  • 1960年 - ゲーリー・リネカー、元サッカー選手
  • 1961年 - 相島一之、俳優
  • 1962年 - 戸崎貴広、アナウンサー
  • 1963年 - 柳家喬太郎、落語家
  • 1964年 - 山田恵一、プロレスラー
  • 1965年 - 秋篠宮文仁親王、日本の皇族、天皇家の次男
  • 1965年 - 中嶋治彦、プロ野球選手
  • 1966年 - デビッド・バーコフ、競泳選手
  • 1967年 - 水谷加奈、文化放送アナウンサー
  • 1968年 - ウチダトモヒロ、作曲家
  • 1968年 - 松本梨香、声優
  • 1968年 - ローラン・ジャラベール、自転車プロロードレース選手
  • 1968年 - デズリー、歌手
  • 1969年 - トゥリーナ・ガリヴァー、ダーツプレイヤー
  • 1970年 - 小林宏、元プロ野球選手、実業家
  • 1970年 - サンドラ・オー、女優
  • 1971年 - イバン・ロドリゲス、元メジャーリーガー
  • 1971年 - 高井美穂、政治家
  • 1971年 - ヘラルト・ファン・フェルデ、スピードスケーター
  • 1971年 - 吉本一義、元プロ野球選手
  • 1972年 - 奥井奈緒子、女優、歌手
  • 1972年 - 四位洋文、騎手
  • 1972年 - 橋爪浩一、ファッションモデル、俳優(+ 1999年)
  • 1973年 - ジェイソン・リソ(クリスチャン・ケイジ)、プロレスラー
  • 1973年 - 藤澤英雄、野球選手
  • 1974年 - リー・エンチ、プロロッククライマー
  • 1975年 - 束芋、現代美術家
  • 1976年 - クレイグ・ウィルソン、野球選手
  • 1977年 - スティーヴ・アオキ、DJ、音楽プロデューサー
  • 1977年 - 斉藤和巳、野球選手
  • 1977年 - オリヴィエ・シェーンフェルダー、フィギュアスケート選手
  • 1978年 - クレイ・エイケン、歌手
  • 1978年 - 鎌倉千秋、アナウンサー
  • 1978年 - 鎌田祐哉、プロ野球選手
  • 1978年 - ガエル・ガルシア・ベルナル、俳優
  • 1979年 - 小名川高弘、ミュージシャン(CHARCOAL FILTER)
  • 1979年 - クリス・アトキンソン、ラリードライバー
  • 1979年 - セヴァン・カリス=スズキ、環境活動家
  • 1980年 - シェーン・ビクトリーノ、メジャーリーガー
  • 1983年 - 武田博行、サッカー選手
  • 1983年 - ニコラス・コール、フィギュアスケート選手
  • 1983年 - エドガー・ラミレス、プロ野球選手
  • 1984年 - 谷本安衣、女優
  • 1984年 - ナイジェル・デ・ヨング、サッカー選手
  • 1985年 - 内田暁子、女子バレーボール選手(NECレッドロケッツ)
  • 1985年 - 宮崎あおい、女優
  • 1985年 - 満島ひかり、女優
  • 1985年 - ルイス・バルブエナ、メジャーリーガー
  • 1986年 - ジョーダン・ファーマー、バスケットボール選手
  • 1987年 - ビッケブランカ、シンガーソングライター
  • 1987年 - チェイス・アンダーソン、メジャーリーガー
  • 1987年 - 金泯貞、KBSアナウンサー
  • 1988年 - 井上優里菜、アイドル
  • 1988年 - 園田清次、サッカー選手
  • 1989年 - ヴラディミル・ヴァイス、サッカー選手
  • 1990年 - 絵梨華、アイドル
  • 1990年 - マグヌス・カールセン、チェスプレイヤー
  • 1990年 - アントワーヌ・ヌゴッサン、サッカー選手
  • 1993年 - 知念侑李、歌手、俳優、Hey! Say! JUMPのメンバー
  • 1994年 - シャーロット・ウィングフィールド、陸上競技選手
  • 1994年 - ナイジャ・ヒューストン、プロスケートボーダー
  • 1996年 - 刈谷友衣子、女優
  • 1998年 - 伊藤純奈、乃木坂46
  • 1999年 - 加賀楓、モーニング娘。13期メンバー
  • 生年非公表 - 甲斐田ゆき、声優
  • 生年不明 - 浦和めぐみ、声優
  • 生年不明 - 藍井エイル、歌手

忌日

  • 912年 - オットー1世、ザクセン公爵
  • 1187年(文治3年10月29日)- 藤原秀衡、奥州藤原氏第3代当主(* 1122年?)
  • 1204年 - イムレ1世、ハンガリー王国アールパード朝国王(* 1174年)
  • 1276年(建治2年10月23日)- 北条実時、鎌倉時代の武将(* 1224年)
  • 1541年(天文10年11月13日)- 尼子経久、出雲国の戦国大名(* 1458年)
  • 1602年(慶長7年10月17日)- 立花誾千代、戦国時代の女性当主(* 1569年)
  • 1647年 - ボナヴェントゥーラ・カヴァリエーリ、数学者(* 1598年)
  • 1654年 - ジョン・セルデン、歴史家、中東学者、政治家(* 1584年)
  • 1703年 - ニコラ・ド・グリニー、作曲家(* 1672年)
  • 1705年 - キャサリン・オブ・ブラガンザ、イングランド王チャールズ2世の王妃(* 1638年)
  • 1749年(寛延2年10月21日)- 松平宗矩、第8代福井藩主(* 1715年)
  • 1761年 - ジョン・ドロンド、光学者(* 1706年)
  • 1803年(享和3年10月17日)- 前野良沢、蘭学者(* 1723年)
  • 1830年 - ピウス8世、ローマ教皇(* 1761年)
  • 1846年 - フリードリッヒ・リスト、経済学者、歴史学者(* 1789年)
  • 1850年 - ジェルマン・アンリ・ヘス、化学者(* 1802年)
  • 1858年(安政5年10月25日)- 牧野忠雅、江戸幕府老中、第10代越後長岡藩主(* 1799年)
  • 1863年 - カメハメハ4世、ハワイ王国第4代国王(* 1834年)
  • 1884年 - 成島柳北、ジャーナリスト(* 1837年)
  • 1895年 - 酒井忠績、江戸幕府大老、第8代姫路藩主(* 1827年)
  • 1900年 - オスカー・ワイルド、小説家(* 1856年)
  • 1901年 - エドワード・ジョン・エア、探検家(* 1815年)
  • 1904年 - 実成院、徳川家茂の生母(* 1821年)
  • 1908年 - 西ノ海嘉治郎(初代)、大相撲第16代横綱(* 1855年)
  • 1917年 - ウィリアム・イートン・チャンドラー、第30代アメリカ合衆国海軍長官(* 1835年)
  • 1921年 - ヘルマン・アマンドゥス・シュヴァルツ、数学者(* 1843年)
  • 1923年 - マーサ・マンスフィールド、女優(* 1899年)
  • 1929年 - ダニエル・モロー・バリンジャー、地質学者(* 1860年)
  • 1930年 - マザー・ジョーンズ、労働運動家(* 1830年)
  • 1933年 - 嘉村礒多、小説家(* 1897年)
  • 1934年 - 安川敬一郎、実業家(* 1849年)
  • 1935年 - 曾我祐準、日本陸軍の中将、貴族院議員(* 1844年)
  • 1935年 - フェルナンド・ペソア、作家(* 1888年)
  • 1937年 - 赤沼智善、仏教学者(* 1884年)
  • 1938年 - コルネリウ・コドレアヌ、鉄衛団の指導者(* 1899年)
  • 1939年 - クン・ベーラ、ハンガリー共産党の指導者(* 1886年)
  • 1944年 - アルバート・B・フォール、アメリカ合衆国内務長官(* 1861年)
  • 1947年 - エルンスト・ルビッチ、映画監督(* 1892年)
  • 1954年 - ヴィルヘルム・フルトヴェングラー、指揮者(* 1886年)
  • 1955年 - 大山郁夫、政治学者・ジャーナリスト、参議院議員(* 1880年)
  • 1957年 - ベニャミーノ・ジーリ、テノール歌手(* 1890年)
  • 1962年 - マックス・ファスマー、言語学者(* 1886年)
  • 1967年 - ヨシアス・ツー・ヴァルデック=ピルモント、ヴァルデック侯国皇太子、親衛隊将軍(* 1896年)
  • 1973年 - 中川俊思、政治家(* 1903年)
  • 1975年 - 三遊亭小円、落語家(* 1910年)
  • 1977年 - 吴有訓、物理学者、教育家、中国科学院院士(* 1897年)
  • 1977年 - テレンス・ラティガン、劇作家(* 1911年)
  • 1979年 - ローラ・ギルピン、写真家(* 1891年)
  • 1979年 - ゼッポ・マルクス、喜劇俳優、マルクス兄弟の五男(* 1901年)
  • 1980年 - 福井美恵子、バスケットボール選手(* 1956年)
  • 1982年 - 祖堅方範、空手家(* 1891年)
  • 1986年 - オノサト・トシノブ、画家(* 1912年)
  • 1989年 - アマドゥ・アヒジョ、カメルーン大統領(* 1924年)
  • 1990年 - ノーマン・カズンズ、ジャーナリスト・作家(* 1915年)
  • 1992年 - ジョルジュ・ドン、バレエダンサー(* 1947年)
  • 1994年 - ギー・ドゥボール、作家、映画監督(* 1931年)
  • 1995年 - 田宮高麿、よど号グループリーダー(* 1943年)
  • 1998年 - 横井英樹、実業家(* 1913年)
  • 1998年 - 小沼文彦、ロシア文学者(* 1916年)
  • 2001年 - 西村三郎、生物学者(* 1930年)
  • 2002年 - 平井康三郎、作曲家(* 1910年)
  • 2006年 - シャーリー・ウォーカー、作曲家(* 1945年)
  • 2007年 - シーモア・ベンザー、生物学者(* 1921年)
  • 2007年 - フランソワ=グザヴィエ・オルトリ、第5代欧州委員会委員長(* 1925年)
  • 2008年 - 天野哲夫、小説家(* 1926年)
  • 2008年 - 高野宏一、特撮監督(* 1935年)
  • 2008年 - 樋口宗孝、ミュージシャン、音楽プロデューサー(* 1958年)
  • 2009年 - 青木健、経済学者(* 1941年)
  • 2011年 - 伊藤光四郎、野球選手(* 1937年)
  • 2011年 - 常見忠、プロ野球選手、釣り師(* 1930年)
  • 2013年 - ポール・ウォーカー、俳優(* 1973年)
  • 2014年 - 呉清源、囲碁棋士(* 1914年)
  • 2015年 - 佐藤泰正、文芸評論家(* 1917年)
  • 2015年 - 水木しげる、漫画家(* 1922年)
  • 2015年 - 岡本おさみ、作詞家(* 1942年)
  • 2016年 - 朝本浩文、音楽プロデューサー(* 1963年)

スピーチ作成 - テーマ「本みりんの日」

自分が初めてテーマを知った/経験した時のエピソード。
テーマについて自分はどう思うか/思ったか。
言葉/行動/影響について自分はどう思うか。
今後自分はどうしたいと思うか。

スピーチ出力 - 11-30_本みりんの日.txt

想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。
日付からスピーチを作る
10月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
11月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
12月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
1月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
2月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29
3月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
4月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
5月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
6月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
7月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
8月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
9月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30

参考になる本

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法
 会議・朝礼・電話でも、接客・商談・会合でも、面接・結婚式のスピーチでも、デート・合コン・保護者会でも。
 こんなふうに話せば「あがり」にさようなら! 予約半年待ち! 超人気講師が教える“緊張しないコツ。
¥ 1,210
超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48
 本書では、人前では話すことが苦手な人でもすぐ実行でき、たちまち効果を実感できる「あがらずに話せる正しい方法」を48個紹介しています。
 スピーチ・朝礼・会議・面接でドキドキしない!商談・プレゼン・営業が面白いほど成功する!人前で話すのが苦手な人でも大丈夫!あがらずに話せる超シンプルなテクニックを大公開!
¥ 1,296
朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100 話しベタなあなたに贈る
 他人の興味を引く「鉄板ネタ」さえ持っていれば、誰でも「人前で話すこと」が怖くなくなります。
 聞き手が具体的にイメージしやすいようにスポーツ選手や芸能人など、著名人のエピソードもたくさん織り込んだ「鉄板ネタ」を100個集めました。
¥ 1,620
恥をかかないスピーチ力
 新年度に自己紹介をしたり、結婚式やちょっとした集まりで人前で話したりする機会は意外と多い。そんな時に役立つ、スピーチやコメントのコツ、心構え。
 恥をかかないレベルから「なかなかうまいな」と思われるレベルまで、どうステップアップするか。
 「時間感覚」「身体感覚」の重要性、始まり方と終わり方、小ネタの集め方、シーン別のコツやNGポイントまで、人前で話す時にはこれさえあれば大丈夫!
¥ 702
心に届く話し方 65のルール
 本書は、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説した、話し方の基礎技術の本です。
 「本質的に内容が相手にきちんと伝わる」ことを目的とし、「そのための具体的かつ自然な音声表現のディテール」まで迫った本です。
¥ 1,361
カーネギー話し方入門 文庫版
 あのウォーレン・バフェットも受講したというデール・カーネギーの話し方講座のエッセンスをまとめた本。
 カーネギーといえば、大ベストセラーとなった『人を動かす』があまりに有名だが、本書の原著も100万部を突破したベストセラーとして、アメリカでは広く知られている。
¥ 650