365日のネタ・スピーチ例は、1年分(365日分)のネタと、朝礼などのスピーチの作例や作り方を、まとめたサイトです。 >> 使い方を読む

6月1日「気象記念日」


 6月1日は「気象記念日」です。1875年、明治8年の6月1日に、東京気象台、現在の気象庁が、気象観測を始めたことを記念して制定されました。

 子供の頃、父親が天気予報を毎日のように真剣に見ていました。農業や漁業というわけではなく、商売をしていたのですが、気温を熱心に確かめていました。洋服屋だったため、気温で売れ行きが変わるためです。

 そうした父の姿を見て、天気予報は様々な職種で大切なのだなと知りました。

 気象庁の気象業務は、気象業務法のもとで行われており、同法で「気象」「地象」「水象」「観測」「予報」などの概念の意味内容が確定されています。
 気象庁で行う業務は、天気予報、地震情報、火山情報、津波情報などがあります。


 それぞれ、人の命に関わる大切な情報です。天気は台風や洪水に関わる情報です。地震、火山、津波は言うまでもありません。データを集めて、未来を予測することは、様々な場面で大切なことです。

 自分の仕事でも、データの収集と分析を、怠らないようにしたいです。

スピーチ作例 6月1日1
文字数:446文字   想定時間:129
想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。

その他の情報

 気象庁は、1887年に発足した内務省中央気象台を前身としています。文部省、運輸通信省への移管を経て1945年に、運輸省の組織となりました。
 また、1956年に、 運輸省の外局に昇格するとともに現在の気象庁に改称しています。そして、2001年の中央省庁再編によって国土交通省の外局になりました。
 軍事機密の関係もあり、日本では伝統的に、気象情報業務は国家が独占し、気象庁が管轄してきました。しかし、1995年5月に民間気象事業者による局地天気予報の自由化がなされたように、気象情報業務の民間への開放が段階的に進んでいます。
 気象庁の業務は、次第に国民の生命・財産の保護にかかわる事項に限定されつつあります。
 気象庁 機動調査班(JMA Mobile Observation Team: JMA-MOT)は、自然災害発生時に気象庁が、被災地域周辺の調査と現象の解説のために編成する職員派遣の統一的な名称です。
 2008年に発足しており、調査活動の事象として「竜巻等突風・地震・津波・火山・高潮・高波」が、 解説活動の事象として「気象・地震・火山」が上げられています。

引用・参考URL

このページの引用・参考URL。

記念日・年中行事

  • 国際子供の日(世界)
  • 独立記念日(サモア)
  • マダラカデー(ケニア)
    1963年のこの日に自治権を獲得したことを記念。同年12月にイギリスから独立。
  • 大統領の日(パラオ)
  • 電波の日(日本)
    1950年(昭和25年)6月1日に電波三法が施行されたことを記念して、1951年(昭和26年)に制定。
  • 気象記念日(日本)
    1875年(明治8年)6月1日に東京気象台(現在の気象庁)が気象観測を始めたことを記念して、東京気象台が1884年(明治17年)に制定。
  • バッジの日(日本)
    「気象記念日」の「気象」を「徽章」にかけたもの。
  • 写真の日(日本)
    日本写真協会が1951年に制定。1841年(天保12年)6月1日に上野俊之丞が薩摩藩主島津斉彬を撮影し、俊之丞の息子・上野彦馬の口述による記事「日本写真の起源」を元に、これが日本初の写真撮影であるとしてこの日が記念日とされた。後の研究で、それより以前にも写真撮影が行われていたことがわかっている。
  • チーズの日(日本)
    「写真の日」であることから、写真を撮る時の掛け声「はいチーズ」にかけたもの。
  • 世界牛乳の日(World Milk Day)(世界)、牛乳の日(日本)
    国際連合食糧農業機関が2001年にWorld Milk Dayを制定したのを受け、社団法人日本酪農乳業協会が2007年に牛乳の日を定めた。なお、那須塩原市畜産振興会は2007年より、9月2日を牛乳の日としている。
  • 麦茶の日(日本)
    日本麦茶工業協同組合が1986年(昭和61年)に制定。6月は麦茶の原料である大麦の収穫始めであり、その1日目を記念日とした。
  • 氷の日(日本)
    日本冷凍倉庫協会が制定。江戸時代、旧暦の6月1日に加賀藩が将軍家に氷を献上し「氷室の日」として祝っていたことから。
  • チューインガムの日(日本)
    日本チューインガム協会が1994年(平成6年)に制定。平安時代、元日と6月1日に餅などの固いものを食べて健康を祈る歯固めの儀式があったことから。
  • 梅肉エキスの日(日本)
    大阪府摂津市の梅研究会が1987年(昭和62年)に制定。梅の実が熟す最初の日と言われていることから。これとは別に6月6日が梅の日となっている。
  • ねじの日(日本)
    ねじ商工連盟が1976年(昭和51年)に制定。1949年(昭和24年)6月1日に日本工業規格(JIS)の基本法である工業標準化法が公布されたことを記念。
  • 真珠の日(日本)
    日本真珠振興会が制定。6月の誕生石が真珠であることからその1日目を記念日とした。
  • 景観の日(日本)
  • NHK国際放送記念日(日本)
    1935年(昭和10年)6月1日に、社団法人日本放送協会が短波による海外向けラジオ放送ラジオ日本の本放送を開始した。
  • 人権擁護委員の日(日本)
    全国人権擁護委員連合会が1982年(昭和62年)に制定。1981年(昭和56年)6月1日に人権擁護委員法が施行されたことを記念。
  • 衣替え(日本)
  • 鮎釣解禁日(日本)
  • 水道週間(日本)6月7日まで
  • がけ崩れ防災週間(日本)6月7日まで
  • 善意の日(日本  兵庫県)
    1964年(昭和39年)6月1日に兵庫県善意銀行の設立1周年を記念して制定した。
  • マリリン・モンローの日(アメリカ合衆国)
    ロサンゼルス市とハリウッド商工会議所が1992年に制定。1926年のマリリン・モンローの誕生日を記念。
  • TUBE DAY(アメリカ合衆国 ハワイ)

歴史

  • 193年 - ローマ皇帝ディディウス・ユリアヌスが元老院の決定により処刑される。
  • 907年(天祐4年/開平元年4月18日)- 朱全忠が唐の哀帝に禅譲させて皇帝に即位。
  • 987年 - ユーグ・カペーがフランス王に推挙される。
  • 1215年 - チンギス・カン率いるモンゴル帝国軍により金の都城・中都(現在の北京)が陥落。
  • 1533年 - アン・ブーリンがイングランド王ヘンリー8世の正式な王妃となる。
  • 1569年(永禄12年5月17日)- 今川氏真が掛川城を開城して伊豆へと落ち延びる。戦国大名としての今川氏の滅亡。
  • 1615年(慶長20年5月5日)- 大坂夏の陣: 徳川家康が京都・二条城を出陣。
  • 1660年 - メアリ・ダイアーがクエーカー教禁止令によりボストンで絞首刑。北米大陸最後の殉教者。
  • 1670年(ユリウス暦5月22日)- イングランド王チャールズ2世とフランス王ルイ14世がドーヴァーの密約を締結。
  • 1792年 - バージニア州の旧ケンタッキー郡がバージニア州から分離して、アメリカ合衆国15番目の州・ケンタッキー州となる。
  • 1794年 - 栄光の6月1日。フランス革命戦争における最初にして最大の海戦。
  • 1796年 - 南西部領土が州に昇格して、アメリカ合衆国16番目の州・テネシー州となる。
  • 1812年 - 米英戦争: ジェームズ・マディソン米大統領の演説の後、議会でイギリスへの宣戦布告の可否を問う投票が行われ、上下院ともに可決。18日に開戦。(米英戦争の原因)
  • 1823年(文政6年4月22日)- 千代田の刃傷
  • 1831年 - イギリスの探検家ジェイムズ・クラーク・ロスが北磁極に到達。
  • 1855年 - ウィリアム・ウォーカーが57人の部下を従えてニカラグアに上陸。
  • 1857年 - シャルル・ボードレールの詩集『悪の華』が月刊誌『両世界評論』に掲載開始。
  • 1868年 - アメリカ合衆国とナバホ族指導者がボスケ・レドンド条約を締結。アリゾナとニューメキシコに移住させられていたナバホ族が元の土地に戻る。
  • 1870年 - メアリー・E・キダーが、横浜の宗興寺にあるヘボン施療所で私塾を開講。フェリス女学院の前身となる。
  • 1875年 - 東京気象台が設置される。
  • 1878年 - 東京証券取引所の前身である東京株式取引所が営業を開始。
  • 1879年 - ナポレオン・ウジェーヌ・ルイ・ボナパルト(ナポレオン4世)がズールー戦争で戦死。ナポレオン3世の直系が途絶える。
  • 1884年 - 日本初の天気予報が出され警察署・派出所に掲示。
  • 1886年 - アメリカ合衆国南部の鉄道線路11,000マイルが、2日間の工事で5フィート(1,524mm)軌間から標準軌(4フィート8.5インチ=1,435mm)に改軌。
  • 1888年 - 帝大気象台と海軍観象台の天文部門を合併して東京大学に移管し、麻布飯倉に東京天文台を創設。
  • 1890年 - アメリカ合衆国国勢調査局が国勢調査の集計にハーマン・ホレリスのタビュレーティングマシン(パンチカードシステム)を使用開始。
  • 1897年 - 福岡県八幡村に官営製鐵所が開庁。
  • 1903年 - 日比谷公園が開園。
  • 1910年 - 幸徳事件(大逆事件): 幸徳秋水が逮捕される。
  • 1910年 - ロバート・スコットを隊長とするイギリスの南極探検隊が南極点を目指し出発。
  • 1918年 - 第一次世界大戦: ベロー・ウッドの戦いが始まる。
  • 1918年 - 板東俘虜収容所にてベートーヴェンの交響曲第9番が日本初演。
  • 1924年 - 新潟の産婦人科医・荻野久作が排卵と受胎の周期的関係を発表。(荻野式受胎法)
  • 1927年 - 憲政会と政友本党が合同し、立憲民政党が成立する。
  • 1935年 - 日本放送協会(NHK)が海外向けラジオ放送(後のNHKワールド・ラジオ日本)を開始。
  • 1936年 - NHKで国民歌謡の放送開始。
  • 1940年 - アメリカ海軍の戦艦「ワシントン」が進水。
  • 1941年 - 第二次世界大戦: クレタ島の戦い(メルクール作戦)が、ドイツ軍のクレタ島全島占拠により終結。
  • 1943年 - BOAC777便がドイツ軍のJu 88爆撃機により撃墜。当該便に搭乗していると思われたイギリス首相ウィンストン・チャーチル暗殺のためだったが、実際に搭乗していた映画俳優のレスリー・ハワードが犠牲となる。
  • 1944年 - 関西急行鉄道と南海鉄道が合併して近畿日本鉄道(近鉄)を設立。
  • 1946年 - 第二次世界大戦中にルーマニアのConducător(指導者)であったイオン・アントネスクが、ルーマニア共産政権により戦犯として銃殺刑に処せられる。
  • 1946年 - ベトナムに日本軍将兵を教官とするクァンガイ陸軍士官学校が設立。
  • 1947年 - 近畿日本鉄道から旧南海鉄道の路線を分離、高野山電気鉄道に譲渡して南海電気鉄道に改称。
  • 1948年 - 東京急行電鉄(通称:大東急)が解体され、小田急電鉄(2代目)・京王帝都電鉄(後の京王電鉄)・京浜急行電鉄が設立。
  • 1949年 - 日本国有鉄道が運輸省から独立し、公社化。
  • 1949年 - 日本専売公社が公社化。
  • 1949年 - 総理府・郵政省・電気通信省・地方自治庁・特別調達庁・経済安定本部などが設置される。
  • 1949年 - 新制国立大学68校が発足。
  • 1950年 - 電波三法施行。無線通信が一般に開放される。
  • 1950年 - 北海道開発庁設置。
  • 1952年 - ヴォルガ・ドン運河が開通。
  • 1955年 - 現行の一円硬貨発行。日本初のアルミ硬貨。
  • 1955年 - 有限会社中村製作所(後のナムコ、後のバンダイナムコゲームス)創業。
  • 1958年 - アルジェリア戦争に端を発するフランス第四共和政政府の混乱収拾のため、政府の要請によりシャルル・ド・ゴールが首相に就任。
  • 1958年 - 大阪のラジオ局・新日本放送が社名を毎日放送(MBS)に変更。
  • 1958年 - ラジオ山陽(当時)のテレビ部門、ラジオ山陽テレビ(後のRSKテレビ)開局。
  • 1959年 - 朝日放送と大阪テレビ放送が合併、朝日放送テレビ(ABCテレビ)として放送開始。
  • 1959年 - 『ヤン坊マー坊天気予報』放送開始。
  • 1960年 - 福井放送・琉球放送、両局のテレビジョン放送開始。
  • 1961年 - 名鉄7000系電車営業運転開始。
  • 1962年 - アドルフ・アイヒマンがテルアビブのラムレ刑務所で処刑。
  • 1963年 - イギリス領ケニアが自治権を獲得。(マダラカデー)
  • 1965年 - 福岡県の三井山野炭鉱でガス爆発。237人が死亡、279人が重軽傷。
  • 1970年 - エフエム福岡(当時・福岡エフエム音楽放送)開局。
  • 1970年 - 小作浄水場通水。
  • 1971年 - 立山黒部アルペンルートが全通。
  • 1972年 - 「道路交通法」改正により初心者マークを導入。
  • 1979年 - ローデシア共和国がジンバブエ・ローデシアに改称し、アベル・ムゾレワを首班とする建国以来初の黒人政権が発足。
  • 1980年 - 24時間ニュース専門チャンネルCNNが開局。
  • 1983年 - 東武熊谷線が廃止。
  • 1984年 - 京セラなど25社が第二電電企画(後の第二電電 (DDI)、現在のKDDI)を設立。
  • 1986年 - 上野動物園のパンダ・トントンが誕生。日本で初めてパンダの人工受精による出産に成功。
  • 1988年 - 中距離核戦力全廃条約が発効。
  • 1988年 - 自衛官護国神社合祀裁判で、最高裁が上告を棄却し合憲判断が確定。
  • 1989年 - NHKが衛星第1テレビ及び衛星第2テレビの本放送を開始。
  • 1989年 - FM802が開局。
  • 1990年 - 大阪高速鉄道大阪モノレール線の千里中央駅 - 南茨木駅間が開業。
  • 1993年 - ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争: サラエボ西方のドブリニャで、迫撃砲2発が試合中のサッカー場に着弾。死者13人。
  • 1999年 - アメリカン航空1420便オーバーラン事故。11人死亡。
  • 1999年 - ソニー、子犬型のペットロボット・AIBOをインターネット限定発売。わずか20分で完売。
  • 2000年 - 特許法条約調印。
  • 2001年 - ネパール王族殺害事件。
  • 2003年 - 中華人民共和国が三峡ダムの湛水を開始。
  • 2004年 - 佐世保小6女児同級生殺害事件。
  • 2005年 - 唐の第6代玄宗皇帝の壁画が発見される。元(1271-1368年)の製作といわれる。
  • 2005年 - 自動二輪車におけるオートマチック限定免許制度が始まる。
  • 2006年 - 改正道路交通法が施行され、駐車違反の取り締まりが民間委託に。新たに、民間法人に属する駐車監視員も取り締まり業務を行う。
  • 2007年 - 安楽死のための自殺装置を作動させ殺人罪で収監されていた医師ジャック・ケヴォーキアンが、健康状態悪化のため仮釈放。
  • 2008年 - 改正道路交通法が施行され、後部座席のシートベルトの着用と75歳以上のドライバーに対しもみじマークの貼付が義務化。
  • 2009年 - ゼネラルモーターズ(GM)が、米連邦倒産法第11章(日本の民事再生法)の適用を申請。
  • 2010年 - 子ども手当の支給開始。
  • 2012年 - 日本円と中国人民元の直接取引が開始される。
  • 2016年 - 2017年4月1日に予定されていた消費税10%への増税を2019年10月に再延期することを発表。
  • 2018年 - スペイン下院議会にてマリアーノ・ラホイ首相への不信任決議が可決。翌日、ペドロ・サンチェスが新首相に就任。
  • 1889年 - 岡山県岡山市が市制施行。
  • 1902年 - 山口県赤間関市が下関市に改称。
  • 1937年 - 福島県平市(後のいわき市)が市制施行。
  • 1942年 - 静岡県富士宮市が市制施行。
  • 1943年 - 愛知県豊川市・春日井市が市制施行。
  • 1951年 - 徳島県小松島市が市制施行。
  • 1953年 - 宮城県気仙沼市が市制施行。
  • 1954年 - 茨城県下妻市、新潟県糸魚川市、栃尾市(後の長岡市)、直江津市(後の上越市)、愛知県江南市・守山市(後の名古屋市守山区)、京都府宮津市、兵庫県三木市、岡山県新見市が市制施行。
  • 1959年 - 新潟県白根市(後の新潟市)、長野県更埴市(後の千曲市)が市制施行。
  • 1986年 - 茨城県牛久市が市制施行。

誕生日

  • 1563年 - 初代ソールズベリー伯爵ロバート・セシル、イングランドの政治家(+ 1612年)
  • 1633年 - ジェミニアーノ・モンタナリ、天文学者(+ 1687年)
  • 1744年 - クリスティアン・ゴットヒルフ・ザルツマン、牧師、教育者(+ 1811年)
  • 1780年 - カール・フォン・クラウゼヴィッツ、プロイセンの軍事思想家(+ 1831年)
  • 1794年 - ジョン・ネルソン、アメリカ合衆国司法長官(+ 1860年)
  • 1796年 - ニコラ・レオナール・サディ・カルノー、物理学者、数学者(+ 1832年)
  • 1804年(ユリウス暦5月20日)- ミハイル・グリンカ、作曲家(+ 1857年)
  • 1806年 - ジョン・ブキャナン・フロイド、第24代アメリカ合衆国陸軍長官(+ 1863年)
  • 1815年 - オソン1世、ギリシャ王(+ 1867年)
  • 1832年(天保3年5月3日)- 徳川慶篤、第10代水戸藩主、徳川慶喜の兄(+ 1868年)
  • 1843年(天保14年5月4日)- 西郷従道、軍人、西郷隆盛の弟(+ 1902年)
  • 1878年 - ジョン・メイスフィールド、詩人、作家(+ 1967年)
  • 1879年 - F・W・クロフツ、推理作家(+ 1957年)
  • 1889年 - 遠藤新、建築家(+ 1951年)
  • 1889年 - チャールズ・ケイ・オグデン、ベーシック英語創案者(+ 1957年)
  • 1904年 - 佐多稲子、小説家(+ 1998年)
  • 1906年 - ウォルター・レッグ、レコーディングプロデューサー(+ 1979年)
  • 1907年 - フランク・ホイットル、技術者(+ 1996年)
  • 1907年 - ヤン・パトチカ、哲学者(+ 1977年)
  • 1909年 - シモン・ゴールドベルク、ヴァイオリニスト、指揮者(+ 1993年)
  • 1926年 - マリリン・モンロー、女優(+ 1962年)
  • 1926年 - アンディ・グリフィス、俳優(+ 2013年)
  • 1929年 - ナルギス、女優(+ 1981年)
  • 1930年 - ジョン・レモン、論理学者(+ 1966年)
  • 1931年 - 有本義明、スポーツライター、プロ野球監督
  • 1933年 - 横山光次、プロ野球選手
  • 1934年 - 徳南晴一郎、漫画家(+ 2009年)
  • 1934年 - パット・ブーン、歌手
  • 1935年 - ノーマン・フォスター、建築家
  • 1937年 - モーガン・フリーマン、俳優
  • 1937年 - 福地泡介、漫画家(+ 1995年)
  • 1938年 - 菅生浩、児童文学作家
  • 1941年 - ディーン・チャンス、メジャーリーガー(+ 2015年)
  • 1943年 - リチャード・グード、ピアニスト
  • 1945年 - 外木場義郎、プロ野球選手
  • 1947年 - ロン・ウッド、ミュージシャン(フェイセズ、ローリング・ストーンズ)
  • 1947年 - ジョナサン・プライス、俳優
  • 1951年 - 浅野孝已、ミュージシャン(ゴダイゴ)
  • 1951年 - 吉川元、国際政治学者
  • 1952年 - 池辺忠則、プロ野球選手
  • 1955年 - 千代の富士貢、大相撲第58代横綱、九重親方(+ 2016年)
  • 1956年 - 稲吉紘実、CIデザイナー、グラフィックデザイナー、芸術家
  • 1956年 - 荒木清寛、政治家
  • 1957年 - 山下泰裕、柔道家
  • 1957年 - リチャード・オルセン、プロ野球選手
  • 1958年 - つまみ枝豆、タレント
  • 1958年 - 酒井圭一、プロ野球選手
  • 1958年 - 伊藤正之、俳優
  • 1959年 - 中原朝日、プロ野球選手
  • 1959年 - アラン・ワイルダー、ミュージシャン(デペッシュ・モード、リコイル)
  • 1959年 - マーティン・ブランドル、レーサー
  • 1961年 - 佐藤誠一、プロ野球選手
  • 1962年 - 横井司、文芸評論家
  • 1963年 - 堀江政生、アナウンサー
  • 1963年 - 斎藤智也、高校野球指導者
  • 1965年 - 山田武史、プロ野球選手
  • 1965年 - ナイジェル・ショート、チェスプレイヤー
  • 1967年 - 坂上忍、俳優
  • 1967年 - 長田江身子、女優
  • 1968年 - 夏川結衣、女優
  • 1968年 - 星安出寿保世、大相撲力士
  • 1968年 - ジェイソン・ドノヴァン、歌手
  • 1969年 - HIRO、音楽プロデューサー、元EXILEのリーダー
  • 1969年 - 劉若英、歌手
  • 1970年 - 藤村大介、写真家
  • 1970年 - 神野卓哉、サッカー選手
  • 1970年 - カレン・マルダー、ファッションモデル、歌手
  • 1973年 - 五十嵐隆、ミュージシャン(syrup16g)
  • 1973年 - 林孝哉、プロ野球選手
  • 1973年 - ハイジ・クラム、スーパーモデル
  • 1973年 - アダム・ガルシア、ダンサー
  • 1974年 - アラニス・モリセット、歌手
  • 1976年 - 大村三郎、プロ野球選手
  • 1976年 - 村上幸平、俳優
  • 1977年 - 横山道哉、プロ野球選手
  • 1978年 - 池田綾子、シンガーソングライター
  • 1978年 - 玉野宏昌、プロ野球選手
  • 1979年 - 尾玉なみえ、漫画家
  • 1979年 - マルクス・アレクセイ・ペルソン、ゲームデザイナー、Minecraft制作者
  • 1980年 - 黄川田将也、俳優
  • 1981年 - 蓮見孝之、アナウンサー
  • 1981年 - 石川賢、プロ野球選手
  • 1981年 - カルロス・ザンブラーノ、元メジャーリーガー
  • 1982年 - ジュスティーヌ・エナン、テニス選手
  • 1982年 - 攝津正、プロ野球選手
  • 1982年 - 東和政、プロ野球選手
  • 1982年 - 上本大海、サッカー選手
  • 1982年 - フィリップ・スティラー、フィギュアスケート選手
  • 1983年 - 中澤さえ、柔道選手
  • 1983年 - 平田実音、タレント(+ 2016年)
  • 1983年 - ムスタファ・サリフ、サッカー選手
  • 1984年 - ステファン・セセニョン、サッカー選手
  • 1985年 - アレッサンドロ・マエストリ、プロ野球選手
  • 1985年 - 山本脩斗、サッカー選手
  • 1986年 - 吉田亜咲、グラビアアイドル
  • 1986年 - ザルコ・マルコビッチ、ハンドボール選手
  • 1987年 - 北尾亘、俳優
  • 1987年 - 富田麻帆、女優、歌手
  • 1987年 - 本山華子、タレント、ファッションモデル
  • 1987年 - 田中碧、野球選手
  • 1988年 - フランシスコ・ペゲロ、野球選手
  • 1988年 - ハビエル・エルナンデス、サッカー選手
  • 1988年 - 玉置成実、歌手
  • 1988年 - 三橋淳、テニス選手
  • 1988年 - 中村太地、将棋棋士
  • 1990年 - 深津英臣、バレーボール選手
  • 1990年 - 高木伴、プロ野球選手
  • 1992年 - 谷口雄也、プロ野球選手
  • 1994年 - 輝大士、大相撲力士
  • 1994年 - 水野滉也、プロ野球選手
  • 1995年 - 植万由香 - 山梨放送アナウンサー
  • 1995年 - 前田亜美、アイドル(元AKB48)
  • 1995年 - 中山絵梨奈、モデル
  • 1996年 - トム・ホランド、俳優
  • 1997年 - 森果穂、アイドル(STU48)
  • 1998年 - 空閑琴美、タレント、モデル
  • 1998年 - 桜あいり、ジュニアアイドル
  • 1998年 - 芹奈、歌手(Little Glee Monster)
  • 1999年 - 宮武祭、元子役、元歌手(bump.y)
  • 1999年 - 佐々木麻緒、子役
  • 2000年 - 磯貝花音、アイドル(STU48)
  • 2004年 - 本田望結、女優
  • 生年不明 - あらいきよこ、漫画家
  • 生年不明 - 村川梨衣、声優
  • 生年不明 - Lynn、声優
  • 生年不明 - 島田岳洋、声優
  • 生年不明 - 新田英人、声優
  • 生年不明 - 松本大、声優
  • 生年不明 - MAHO EMPiRE、アイドル(EMPiRE)

忌日

  • 193年 - ディディウス・ユリアヌス、ローマ皇帝(* 133年)
  • 1354年(正平9年/文和3年5月10日)- 北畠親房、公卿、歌人(* 1293年)
  • 1434年 - ヴワディスワフ2世、ポーランド王(* 1351年)
  • 1439年(正統4年4月20日)- 尚巴志王、琉球国王(* 1372年)
  • 1609年(慶長14年4月29日)- 天野元政、戦国時代の武将、毛利元就の七男(* 1559年)
  • 1616年(元和2年4月17日)- 徳川家康、江戸幕府初代将軍(* 1543年)
  • 1639年 - メルキオル・フランク、作曲家(* 1579年頃)
  • 1660年 - メアリ・ダイアー、クエーカー教徒(* 1611年?)
  • 1680年(延宝8年5月5日)- 林鵞峰、儒学者(* 1618年)
  • 1815年 - ルイ=アレクサンドル・ベルティエ、フランス軍元帥(* 1753年)
  • 1817年(文化14年4月17日)- 杉田玄白、蘭方医(* 1733年)
  • 1823年 - ルイ=ニコラ・ダヴー、フランス軍元帥(* 1770年)
  • 1833年 - オリヴァー・ウォルコット、第2代アメリカ合衆国財務長官、コネチカット州知事(* 1760年)
  • 1846年 - グレゴリウス16世、第254代ローマ教皇(* 1765年)
  • 1846年(弘化3年5月8日)- 徳川斉順、清水徳川家第3代当主、第11代紀州徳川家当主(紀州藩主)(* 1801年)
  • 1864年(同治3年4月27日)- 洪秀全、中国の宗教家、太平天国の指導者(* 1812年)
  • 1868年 - ジェームズ・ブキャナン、第15代アメリカ合衆国大統領(* 1791年)
  • 1879年 - ナポレオン・ウジェーヌ・ルイ・ボナパルト、フランス皇太子(* 1856年)
  • 1907年 - リヒャルト・ミュールフェルト、音楽家(* 1856年)
  • 1909年 - ジュゼッペ・マルトゥッチ、作曲家(* 1856年)
  • 1925年 - トーマス・R・マーシャル、第28代アメリカ合衆国副大統領(* 1854年)
  • 1933年 - 邦芳王、日本の皇族(* 1880年)
  • 1939年 - デイヴィッド・ペック・トッド、天文学者(* 1855年)
  • 1942年 - エルネスト・パングー、作曲家(* 1887年)
  • 1943年 - レスリー・ハワード、俳優(* 1893年)
  • 1946年 - イオン・アントネスク、ルーマニア首相(* 1882年)
  • 1946年 - ミハイ・アントネスク、ルーマニア外相(* 1907年)
  • 1948年 - 伊達順之助、馬賊(* 1892年)
  • 1948年 - ジョゼ・ヴィアナ・ダ・モッタ、ピアニスト、作曲家(* 1868年)
  • 1952年 - ジョン・デューイ、哲学者(* 1859年)
  • 1961年 - 牧野良三、政治家(* 1885年)
  • 1962年 - アドルフ・アイヒマン、ナチス・ドイツの高官および親衛隊のメンバー(* 1906年)
  • 1968年 - ヘレン・ケラー、教育家、社会福祉事業家(* 1880年)
  • 1969年 - 小島利男、プロ野球選手(* 1913年)
  • 1971年 - ラインホルド・ニーバー、神学者(* 1892年)
  • 1979年 - ヤン・カダール、映画監督(* 1918年)
  • 1981年 - カール・ヴィンソン、アメリカ合衆国下院議員(* 1883年)
  • 1984年 - 柳兼子、アルト歌手(* 1892年)
  • 1984年 - アルヒープ・リューリカ、航空エンジニア(* 1908年)
  • 1988年 - 岩村忍、歴史学者(* 1905年)
  • 1994年 - ジャン=ジョエル・バルビエ、ピアニスト(* 1920年)
  • 1997年 - ニコライ・チーホノフ、ソビエト連邦首相(* 1905年)
  • 1998年 - 松田道雄、医師育児評論家(* 1908年)
  • 2001年 - ビレンドラ、ネパール国王(* 1946年)
  • 2003年 - ジークフリート・フライターク、ドイツ空軍のエース・パイロット(* 1917年)
  • 2005年 - ジョージ・マイカン、バスケットボール選手(* 1924年)
  • 2006年 - 弥永昌吉、数学者(* 1906年)
  • 2007年 - 石立鉄男、俳優(* 1942年)
  • 2008年 - イヴ・サン=ローラン、ファッションデザイナー(* 1936年)
  • 2009年 - 伊香輝男、プロ野球選手(* 1934年)
  • 2010年 - 大野一雄、舞踏家(* 1906年)
  • 2015年 - 町村信孝、政治家(* 1944年)

スピーチ作成 - テーマ「気象記念日」

自分が初めてテーマを知った/経験した時のエピソード。
テーマについて自分はどう思うか/思ったか。
言葉/行動/影響について自分はどう思うか。
今後自分はどうしたいと思うか。

スピーチ出力 - 06-01_気象記念日.txt

想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。
日付からスピーチを作る
10月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
11月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
12月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
1月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
2月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29
3月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
4月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
5月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
6月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
7月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
8月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
9月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30

参考になる本

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法
 会議・朝礼・電話でも、接客・商談・会合でも、面接・結婚式のスピーチでも、デート・合コン・保護者会でも。
 こんなふうに話せば「あがり」にさようなら! 予約半年待ち! 超人気講師が教える“緊張しないコツ。
¥ 1,210
超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48
 本書では、人前では話すことが苦手な人でもすぐ実行でき、たちまち効果を実感できる「あがらずに話せる正しい方法」を48個紹介しています。
 スピーチ・朝礼・会議・面接でドキドキしない!商談・プレゼン・営業が面白いほど成功する!人前で話すのが苦手な人でも大丈夫!あがらずに話せる超シンプルなテクニックを大公開!
¥ 1,296
朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100 話しベタなあなたに贈る
 他人の興味を引く「鉄板ネタ」さえ持っていれば、誰でも「人前で話すこと」が怖くなくなります。
 聞き手が具体的にイメージしやすいようにスポーツ選手や芸能人など、著名人のエピソードもたくさん織り込んだ「鉄板ネタ」を100個集めました。
¥ 1,620
恥をかかないスピーチ力
 新年度に自己紹介をしたり、結婚式やちょっとした集まりで人前で話したりする機会は意外と多い。そんな時に役立つ、スピーチやコメントのコツ、心構え。
 恥をかかないレベルから「なかなかうまいな」と思われるレベルまで、どうステップアップするか。
 「時間感覚」「身体感覚」の重要性、始まり方と終わり方、小ネタの集め方、シーン別のコツやNGポイントまで、人前で話す時にはこれさえあれば大丈夫!
¥ 702
心に届く話し方 65のルール
 本書は、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説した、話し方の基礎技術の本です。
 「本質的に内容が相手にきちんと伝わる」ことを目的とし、「そのための具体的かつ自然な音声表現のディテール」まで迫った本です。
¥ 1,361
カーネギー話し方入門 文庫版
 あのウォーレン・バフェットも受講したというデール・カーネギーの話し方講座のエッセンスをまとめた本。
 カーネギーといえば、大ベストセラーとなった『人を動かす』があまりに有名だが、本書の原著も100万部を突破したベストセラーとして、アメリカでは広く知られている。
¥ 650