365日のネタ・スピーチ例は、1年分(365日分)のネタと、朝礼などのスピーチの作例や作り方を、まとめたサイトです。 >> 使い方を読む

10月1日「コーヒーの日」


 10月1日は「コーヒーの日」です。全日本コーヒー協会が1983年に制定しました。その後2015年に「国際コーヒーの日」が制定されました。

 私は、大学4年生で研究室に入った時、担当教官がコーヒー好きだったことに影響されて、コーヒーを愛飲するようになりました。

 今では、コーヒー豆屋に通い、世界各地のコーヒーを楽しんでいます。

 「国際コーヒーの日」は、コーヒーの普及を促進し、祝典を行う記念日であるとともに、フェアトレードコーヒーを普及促進して、コーヒー農家の苦境について知識を高める日でもあります。
 「フェアトレード」は直訳すると「公平な貿易」になります。貿易で立場の弱い途上国などの生産者に対して、原料や製品を、最低価格を保証した適正な価格で、継続的に購入することにより、生産者や労働者を支援する仕組みです。コーヒー以外にも、紅茶、バナナ、カカオなど、様々な農産物が対象になっています。


 コーヒー豆の価格は徐々に上昇しているそうです。新興国の経済力が上がるにつれ、コーヒーやウイスキーといった嗜好品の需要が高まるのが原因です。とはいえ、コーヒーは投機的に値段が決められるそうなので、乱高下もするのでしょう。

 どの業界でもそうですが、生産者が適切に潤うように、お金が回ってくれればと思います。

スピーチ作例 10月1日1
文字数:557文字   想定時間:151
想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。

記念日・年中行事

  • 国勢調査が5年ごとに行われる。(日本)
  • 共同募金がはじまる。(日本)
  • 更衣(衣替え)(日本)
  • 経団連の定める「採用選考に関する企業の倫理憲章」に基づく、内定の解禁日。主要企業はこの日に内定式を行う。(日本)
  • 国際高齢者デー
    1990年12月の国連総会で制定された国際デーの一つ。
  • 国際音楽の日
    バイオリン奏者のユーディ・メニューインが国際紛争が絶えないことを憂いて提唱し、1977年にチェコで開催された国際音楽評議会総会において制定。日本では、1994年11月に公布・施行された音楽文化の振興のための学習環境の整備等に関する法律(平成6年11月25日法律第107号)で10月1日を「国際音楽の日」とすることが定められ、翌年から実施された。
  • 世界ベジタリアンデー
  • 独立記念日(ナイジェリア)
    1960年のこの日、ナイジェリアがイギリスから独立したことに由来。
  • 独立記念日(ツバル)
    1978年のこの日、ツバルがイギリスから独立したことに由来。
  • 独立記念日(パラオ)
    1994年のこの日、パラオがアメリカ合衆国の信託統治から独立したことに由来。
  • 子供の日(シンガポール)
  • 国軍の日(韓国)
    1950年のこの日、朝鮮戦争の東部戦線において陸軍第三師団が38度線を突破したことに由来。
  • 国慶節(中華人民共和国)
    1949年のこの日に中華人民共和国が成立したことに由来。中華人民共和国では、この日から一週間が「十・一」と呼ばれるゴールデンウィーク(中国語で「黄金周」と呼ばれる)となる。
  • 法の日(日本)
    最高裁判所、検察庁、日本弁護士連合会(日弁連)の進言により法務省が1960年に制定。1928年のこの日に陪審法が施行されたことにちなむ。
  • デザインの日(日本)
    通商産業省等が1990年に制定。1959年のこの日にデザイン奨励審議会が設置されたことにちなむ。
  • 土地の日(日本)
    国土庁が1997年に制定。「十」と「一」を組み合わせると「土」の字になることから。
  • 日本酒の日(日本)
    日本酒造組合中央会が1978年に、若者の日本酒離れを食い止めるために制定。新米で酒造りを始めるのが10月で、酒壺を表す「酉」の字は十二支の10番目、さらに「酒造年度」が10月1日(現在では7月1日)から始ることから、何かと酒に関係の深いこの日を、清酒をPRする「日本酒の日」とした。
  • 醤油の日(日本)
    日本醤油協会等の醤油関連団体が2003年に決定。由来は、「10」が干支で「酉」にあたり、酉が瓶(かめ)に由来する象形文字であることと、「醤油」という語に「酉」が含まれることから。
  • コーヒーの日(日本)
    全日本コーヒー協会が1983年に制定。国際コーヒー協会が定めた「コーヒー年度」の始まりの日であることから。
    2015年に上記を踏まえ「国際コーヒーの日」が制定された。
  • 日本茶の日(日本)
    伊藤園が制定。天正15年旧暦10月1日(1587年11月1日)に豊臣秀吉が北野大茶湯を催したことにちなむ。
  • 印章の日(日本)
    全日本印章業組合連合会が制定。1873年のこの日、公式の書類には実印を押すように定めた太政官布告が発布されたことに因む。
  • メガネの日(日本)
    日本眼鏡関連団体協議会が1997年に制定。漢数字の「一〇〇一」が眼鏡の形に似ていることからこの日となった。
  • ネクタイの日(日本)
    日本ネクタイ組合連合会が1971年に制定。1884年のこの日、小山梅吉が日本で初めてネクタイの製造を始めたことにちなむ。
  • 補助犬の日(日本)
    2002年(平成14年)、身体障害者補助犬法が施行されたことにより「補助犬の日」とされる。
  • 福祉用具の日(日本)
    福祉用具関係団体で構成する「福祉用具の日」創設連絡会が2001年11月に制定。1993年のこの日、福祉用具法が施行された。
  • 浄化槽の日(日本)
    厚生省・環境庁・建設省が1987年に制定。1985年のこの日、浄化槽法が全面施行された。
  • 展望の日(日本)
    全日本タワー協議会が2006年に制定。10を「テン」、1を「ボー(棒)」と読む。協議会に加盟する各タワーでイベントが行われる。
  • 乳がん月間/乳がん早期発見強化月間(- 10月31日)(日本)
    乳がん患者などによる「あけぼの会」が1994年に制定。ピンク色のリボンを活動のシンボルとし、協賛する企業などにより高層ビルやタワーがピンク色にライトアップされる。
  • 都民の日(日本・東京都)
    1898年10月1日に市制特例が廃止され、東京市役所が設置されたことに由来し、東京都が1952年に制定。この日は都立高校・東京都内の市区町村立小中学校は休みになる。ただし、2002年の学校週5日制実施以降、授業時間数を確保するために都民の日でも休校とせず、平常通りに授業を行う学校も増えている。
  • 荒川線の日(日本)
    1974年10月1日に都電で存続対象として残された27・32系統が統合され、三ノ輪橋 - 早稲田間の直通運転を開始し、荒川線の名称が制定されたことに由来。
  • 新BSチャンネル8局開局(秋のBSの日)日本
    アニマックスなどのチャンネルが開局した日。

歴史

  • 紀元前331年 - ガウガメラの戦い。アレクサンダー大王がペルシア帝国を破る。
  • 959年 - エドガーがイングランド国王に即位。
  • 1791年 - フランス革命: 立法議会が召集。
  • 1800年 - ルイジアナがスペインからフランスに返還される。
  • 1814年 - ウィーン会議開幕。1815年6月9日まで。
  • 1869年 - オーストリアで世界初の郵便はがきを発行。
  • 1880年 - ジョン・フィリップ・スーザがアメリカ海兵隊軍楽隊の指揮者になる。
  • 1885年 - 東京瓦斯創立(東京府瓦斯局の払い下げ)。
  • 1890年 - ヨセミテ国立公園創設。
  • 1891年 - スタンフォード大学開学。
  • 1898年 - 東京・京都・大阪の市制特例廃止。
  • 1903年 - 第1回ワールドシリーズ開幕。ボストン・アメリカンズVSピッツバーグ・パイレーツの顔合わせ。
  • 1903年 - 浅草六区に日本初の常設映画館・電気館が開館。
  • 1907年 - 鉄道国有法による日本の私鉄17社の買収・国有化が完了。
  • 1908年 - フォード・モーターがT型フォードの販売を開始。
  • 1918年 - 第一次世界大戦: 「アラビアのロレンス」ことT・E・ロレンス率いるアラブ軍がダマスカスに入城。
  • 1920年 - 日本で初の国勢調査を実施。
  • 1930年 - 鉄道省が特別急行列車「燕」の運転を開始。
  • 1930年 - 威海がイギリスから中華民国に返還。
  • 1936年 - フランコがスペイン内戦の反乱軍主席・総司令官に就任。
  • 1938年 - ナチス・ドイツがズデーテンに進駐。
  • 1943年 - 第二次世界大戦: 連合軍がナポリを占領。
  • 1945年 - 第二次世界大戦: オーシャン島の日本海軍第四艦隊第4根拠地隊第67警備隊分遣隊隊長鈴木直臣海軍少佐が豪フリゲートダイアマンティナ上で豪第11旅団に対する降伏文書に署名する。
  • 1946年 - ドイツの戦争犯罪者を裁くニュルンベルク裁判が終了。
  • 1946年 - 大邱10月事件。南朝鮮人230万人がアメリカ軍政に抗議して蜂起。
  • 1948年 - 東京・大阪・京都・横浜・川崎・名古屋・神戸・福岡で警察通報用電話(110番)を設置。
  • 1949年 - 中華人民共和国成立。
  • 1950年 - 毛沢東暗殺陰謀事件
  • 1952年 - 第25回衆議院議員総選挙。
  • 1952年 - ラジオ中国(RCC、現・中国放送)開局。
  • 1953年 - 米韓相互防衛条約調印。
  • 1953年 - ラジオ山陽(現・山陽放送)、ラジオ香川(現・西日本放送)、南海放送、ラジオ熊本(現・熊本放送)、ラジオ大分(現・大分放送)、以上5局開局。
  • 1954年 - 沖縄初の民放放送局・琉球放送(RBC)開局。
  • 1957年 - 初の5000円札を発行(聖徳太子の肖像)。
  • 1958年 - 米国航空諮問委員会(NACA)を母体としてアメリカ航空宇宙局(NASA)が設立される。
  • 1959年 - 青森放送、山口放送、大分放送、以上3局のテレビジョン放送局が開局。
  • 1960年 - ナイジェリアがイギリスから独立。
  • 1960年 - ラジオ宮崎のテレビジョン放送(現・宮崎放送)開局。
  • 1961年 - 東・北カメルーンが統合してカメルーン連邦共和国が成立。
  • 1961年 - ニューヨーク・ヤンキースのロジャー・マリスがシーズン61号目のホームランを打ち、1927年にベーブ・ルースが打ち立てたシーズン最多本塁打記録を破る。
  • 1962年 - 日本財団の前身である日本船舶振興会が創立。仙台放送開局。
  • 1964年 - 東海道新幹線東京駅 - 新大阪駅間開業。それに伴うダイヤ改正実施。0系車両の営業運転開始。
  • 1966年 - 江崎グリコから「ポッキー」を発売。
  • 1967年 - 東京新聞の編集・発行権を株式会社東京新聞社から中部日本新聞社(現・中日新聞社)に承継。
  • 1968年 - 国鉄が「ヨンサントオ」と呼ばれる大規模ダイヤ改正実施。
  • 1969年 - 宇宙開発事業団(NASDA)が設立される。
  • 1969年 - コンコルドが初めて超音速飛行に成功。
  • 1969年 - 北京地下鉄が開業。
  • 1969年 - 福井テレビジョン放送開局。
  • 1969年 - フジテレビジョンをキーステーションとする放送ネットワーク・フジネットワーク(FNS)発足。加盟21社。
  • 1970年 - 宮城テレビ放送(ミヤギテレビ)開局。
  • 1971年 - 第一銀行と日本勧業銀行が合併し、第一勧業銀行が発足。
  • 1971年 - アメリカ・フロリダ州オーランドにウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートが開園。
  • 1975年 - 東日本放送、テレビ新広島開局。
  • 1977年 - サッカーの神様・ペレが現役を引退。
  • 1978年 - ツバルがイギリスから独立。
  • 1979年 - 香港MTRが開業。
  • 1980年 - 国鉄で白紙ダイヤ改正実施。
  • 1980年 - テレビ信州開局。
  • 1981年 - 内閣が「常用漢字表」を告示。常用漢字が定められる。
  • 1981年 - 福島放送開局。
  • 1981年 - 東京十二チャンネル(愛称・東京12チャンネル)が「テレビ東京」に社名変更。またラジオ関東も「アール・エフ・ラジオ日本」(愛称・ラジオ日本)に社名変更。
  • 1982年 - ヘルムート・コールが西ドイツ首相に就任。
  • 1982年 - ソニーが世界初のCDプレーヤー「CDP-101」を発売。同時にCBSソニーからCDソフト50タイトルが発売。
  • 1982年 - 鹿児島放送、エフエム長崎開局。
  • 1983年 - 新潟テレビ21開局。
  • 1985年 - イスラエル空軍がチュニスのPLO本部を爆撃。
  • 1985年 - テレビせとうち・エフエム岩手・エフエム群馬開局。
  • 1986年 - エフエム山陰開局。
  • 1987年 - エフエムラジオ新潟開局。
  • 1988年 - エフエムジャパン(現・J-WAVE)、長野エフエム放送(FM長野)開局。
  • 1989年 - テレビ北海道、テレビユー山形、熊本朝日放送、ベイエフエム開局。
  • 1990年 - テレビユー富山(現・チューリップテレビ)、Kiss FM KOBE、エフエム大分開局。
  • 1991年 - 青森朝日放送、北陸朝日放送開局。
  • 1992年 - 秋田朝日放送・伊予テレビ(現・あいテレビ)・エフエム鹿児島開局。
  • 1993年 - 山口朝日放送・大分朝日放送・ZIP-FM開局。
  • 1993年 - 静岡県民放送(愛称:静岡けんみんテレビ(SKT))が静岡朝日テレビ(SATV)に社名変更。
  • 1994年 - パラオがアメリカ合衆国の信託統治から独立。
  • 1995年 - 琉球朝日放送・エフエム福島開局。
  • 1996年 - 岩手朝日テレビ開局。
  • 1997年 - 北陸新幹線高崎駅 - 長野駅間が先行開業。
  • 1997年 - 磐越自動車道が全線開通。
  • 1997年 - 広島サティが開店。
  • 2000年 - KDD、DDI、IDOが合併し、株式会社ディーディーアイ(KDDI、現:KDDI株式会社)となる。
  • 2001年 - 東京放送(TBS)がラジオ部門の放送免許を子会社のTBSラジオ&コミュニケーションズ(現・TBSラジオ)に承継。これに伴い、TBSテレビのコールサインがこれまでの「JOKR-TV」から「JORX-TV」に変更。
  • 2001年 - 東京都三鷹市に三鷹の森ジブリ美術館が開館。
  • 2001年 - 国家公務員の旧姓使用が可能になる。
  • 2002年 - 身体障害者補助犬法が施行。
  • 2003年 - 東海道新幹線の東京駅 - 新横浜駅間に品川駅が開業。
  • 2003年 - 宇宙科学研究所、航空宇宙技術研究所、宇宙開発事業団の3機関が宇宙航空研究開発機構に統合される。
  • 2003年 - ジェイフォンが世界最大の携帯通信事業者・ボーダフォン(現:ソフトバンクモバイル)にブランド変更。
  • 2003年 - 全国朝日放送(愛称・テレビ朝日、略称・ANB)がテレビ朝日(略称・EX)に社名変更。
  • 2004年 - イチローが、ジョージ・シスラーのメジャーリーグ年間最多安打記録(257安打)を84年ぶりに更新する258安打を達成(最終成績は262安打)。
  • 2005年 - 道路関係四公団(日本道路公団・本州四国連絡橋公団・首都高速道路公団・阪神高速道路公団)が民営化。
  • 2006年 - 阪神電気鉄道が阪急ホールディングスと経営統合して阪急阪神ホールディングスが発足。
  • 2006年 - ボーダフォンがソフトバンクモバイルへ、日本テレコムがソフトバンクテレコム へそれぞれ社名変更。
  • 2006年 - 日本航空インターナショナルが日本航空ジャパン(旧日本エアシステム)を吸収合併。
  • 2006年 - 障害者自立支援法施行。
  • 2007年 - 日本で郵政事業が完全民営化。これに伴い日本郵政株式会社が持株会社としてグループ経営を開始。
  • 2007年 - 一般向けの緊急地震速報が開始。
  • 2008年 - 松下電器産業株式会社が「パナソニック株式会社」に社名変更、グループ名称も松下グループから「パナソニックグループ」に変更。
  • 2008年 - フジテレビジョン(旧法人)が「フジ・メディア・ホールディングス」に商号変更、日本初の放送持株会社に移行。旧フジテレビジョンの放送免許および放送事業を会社分割により設立された新法人の「フジテレビジョン」に承継。
  • 2008年 - 大阪個室ビデオ店放火事件。客15人が死亡した。
  • 2008年 - 観光庁および運輸安全委員会が発足。海難審判庁および船員労働委員会を廃止。
  • 2009年 - 産経新聞九州・山口特別版が創刊。これにより、九州(山口)の全国紙が全て揃う。
  • 2010年 - たばこ税が増税される。過去最大規模のたばこ増税であり、日本たばこ産業の代表的な紙巻きたばこ銘柄である「マイルドセブン」の定価が300円から410円に値上げされた。
  • 2011年 - 暴力団排除条例が東京都と沖縄県で施行され、日本の全都道府県で暴力団排斥のための条例が整備される。
  • 2012年 - 障害者虐待の防止、障害者の養護者に対する支援等に関する法律(通称:障害者虐待防止法)が施行される。
  • 2012年 - 新日本製鐵株式会社と住友金属工業株式会社が統合して新日鐵住金株式会社が発足。
  • 2012年 - 日本テレビ放送網(旧法人)が放送持株会社に移行、「日本テレビホールディングス」に商号変更。旧日本テレビ放送網の放送免許および放送事業などの現業全般を会社分割により設立された新法人の「日本テレビ放送網」へ承継。
  • 2014年 - 株式会社KADOKAWAと株式会社ドワンゴが統合して株式会社KADOKAWA・DWANGOが発足。
  • 2015年 - 江崎グリコとグリコ乳業が経営統合(存続法人は江崎グリコ)。
  • 2017年 - カタルーニャ州で独立の是非を問う住民投票が行われる。
  • 2017年 - 2017年ラスベガス・ストリップ銃乱射事件が起きる。
  • 1898年 - 東京市制が施行。
  • 1889年 - 愛知県名古屋市、鳥取県鳥取市、徳島県徳島市が市制施行。
  • 1898年 - 滋賀県大津市が市制施行。
  • 1902年 - 広島県呉市が市制施行。
  • 1924年 - 山形県鶴岡市が市制施行。
  • 1927年 - 横浜市で区制施行。鶴見・神奈川・中・保土ヶ谷・磯子の5区を設置。
  • 1929年 - 愛知県瀬戸市が市制施行。
  • 1932年 - 東京市が周辺の82町村を編入し、20区増えて35区になる。
  • 1933年 - 和歌山県新宮市が市制施行。
  • 1937年 - 愛知県半田市が市制施行。
  • 1940年 - 秋田県能代市、神奈川県藤沢市が市制施行。
  • 1942年 - 兵庫県相生市が市制施行。
  • 1947年 - 北海道留萌市、神奈川県茅ヶ崎市が市制施行。
  • 1950年 - 鹿児島県串木野市(現 いちき串木野市)が市制施行。
  • 1953年 - 鳥取県倉吉市が市制施行。
  • 1954年 - 青森県五所川原市、山形県上山市、栃木県真岡市、三重県亀山市、高知県須崎市が市制施行。
  • 1958年 - 宮城県角田市、宮城県名取市、山形県天童市、福島県二本松市、千葉県勝浦市、東京都小金井市、大阪府柏原市、熊本県宇土市、鹿児島県垂水市・西之表市・谷山市(現 鹿児島市の一部)が市制施行。
  • 1959年 - 高知県南国市が市制施行。
  • 1962年 - 東京都小平市が市制施行。
  • 1966年 - 福島県浜通り5市4町5村の合併によりいわき市が発足。
  • 1966年 - 埼玉県戸田市が市制施行。
  • 1970年 - 茨城県取手市、東京都狛江市・清瀬市・東久留米市・東大和市が市制施行。
  • 1971年 - 埼玉県久喜市が市制施行。
  • 1972年 - 埼玉県蓮田市、京都府向日市・長岡京市、愛媛県東予市(現 西条市の一部)が市制施行。
  • 1986年 - 埼玉県幸手市が市制施行。
  • 1987年 - 大阪府大阪狭山市が市制施行。
  • 1991年 - 埼玉県日高市、奈良県香芝市、大阪府阪南市が市制施行。
  • 1992年 - 福岡県前原市が市制施行。
  • 1994年 - 愛知県日進市が市制施行。
  • 1997年 - 福岡県古賀市が市制施行。
  • 1999年 - 石川県金沢市で、尾張町2丁目の住居表示の一部を主計町に変更。全国初の旧町名復活。
  • 2001年 - 滋賀県栗東市が市制施行。
  • 2004年 - 三重県志摩市、滋賀県甲賀市・湖南市・野洲市、奈良県葛城市、徳島県吉野川市が市制施行。
  • 2005年 - 北海道渡島支庁の山越郡八雲町と檜山支庁の爾志郡熊石町が合併して渡島支庁の二海郡八雲町に。檜山支庁が南北に分断される。島根県鹿足郡六日市町、柿木村が合併し、吉賀町に。
  • 2005年 - 秋田県にかほ市、茨城県桜川市、栃木県那須烏山市、長野県安曇野市、大分県由布市が市制施行。
  • 2005年 - 埼玉県上福岡市ほか1町が合併してふじみ野市に。福井県武生市ほか1町が合併して越前市に。兵庫県龍野市ほか3町が合併してたつの市に。沖縄県平良市ほか4町村が合併して宮古島市に。
  • 2009年 - 愛知県春日町が清須市に編入。
  • 2012年 - 埼玉県白岡市が市制施行。

誕生日

  • 208年 - アレクサンデル・セウェルス、ローマ皇帝(+ 235年)
  • 1207年 - ヘンリー3世、イングランド王(+ 1272年)
  • 1760年 - ウィリアム・トマス・ベックフォード、作家(+ 1844年)
  • 1771年 - ピエール・バイヨ、ヴァイオリニスト、作曲家(+ 1842年)
  • 1832年 - ヘンリー・クレイ・ワーク、作曲家・作詞家(+ 1884年)
  • 1847年 - アニー・ベサント、神智学者、女性解放活動家、社会主義者(+ 1933年)
  • 1849年 - スティーブ・ベリャン、元メジャーリーガー(+ 1932年)
  • 1861年 - フィリップ・バーン=ジョーンズ、画家(+ 1926年)
  • 1865年 - ポール・デュカス、作曲家(+ 1935年)
  • 1879年 - 長谷川時雨、劇作家、小説家(+ 1941年)
  • 1881年 - ウィリアム・ボーイング、ボーイングの設立者(+ 1956年)
  • 1882年 - 内藤伸、彫刻家(+ 1967年)
  • 1897年 - 三村伸太郎、脚本家(+ 1970年)
  • 1898年 - 久慈次郎、元野球選手(+ 1939年)
  • 1903年 - 長谷川才次、時事通信社初代代表取締役(+ 1978年)
  • 1903年 - ウラディミール・ホロヴィッツ、ピアニスト(+ 1989年)
  • 1906年 - 小野寺百合子、翻訳家(+ 1998年)
  • 1907年 - 服部良一、作曲家(+ 1993年)
  • 1910年 - ボニー・パーカー、犯罪者(ボニーとクライド)(+ 1934年)
  • 1911年 - 椎名麟三、小説家(+ 1973年)
  • 1915年 - 浅野勝三郎、元プロ野球選手(+ 没年不明)
  • 1920年 - ウォルター・マッソー、俳優(+ 2000年)
  • 1921年 - 三代目・江戸家猫八、ものまね師(+ 2001年)
  • 1922年 - 別所毅彦、元プロ野球選手、監督(+ 1999年)
  • 1924年 - 乙羽信子、女優(+ 1994年)
  • 1924年 - ジミー・カーター、第39代アメリカ合衆国大統領
  • 1926年 - 森塚敏、俳優(+ 2006年)
  • 1930年 - フィリップ・ノワレ、俳優(+ 2006年)
  • 1930年 - 高木公男、プロ野球選手
  • 1931年 - シルヴァーノ・ブッソッティ、芸術家
  • 1931年 - 大里晴信、プロ野球審判員
  • 1932年 - 斯波重治、音響監督
  • 1934年 - 海老一染之助、曲芸師(+ 2017年)
  • 1934年 - 伊奈努、元プロ野球選手(+ 1984年)
  • 1935年 - ウォルター・デ・マリア、彫刻家、音楽家(+ 2013年)
  • 1935年 - 横溝桂、元プロ野球選手
  • 1935年 - ジュリー・アンドリュース、女優、歌手
  • 1936年 - ダンカン・エドワーズ、サッカー選手(+ 1958年)
  • 1936年 - 松本惟子、政治家
  • 1938年 - 三宅孝夫、プロ野球選手
  • 1941年 - 松村正晴、プロ野球選手
  • 1942年 - 安東功、プロ野球選手
  • 1943年 - 浜田光夫、俳優
  • 1943年 - うつみ宮土理、タレント、女優
  • 1945年 - ロッド・カルー、元メジャーリーガー
  • 1946年 - 小川ローザ、タレント
  • 1947年 - マリスカ・ヴェレス、歌手(ショッキング・ブルー)(+ 2006年)
  • 1948年 - 梅津正樹、NHKアナウンサー
  • 1949年 - アンドレ・リュウ、指揮者、ヴァイオリニスト
  • 1951年 - 原田伸郎、あのねのね
  • 1952年 - 島津雅彦、俳優
  • 1952年 - 三沢淳、元プロ野球選手
  • 1952年 - 執行重徳、元プロ野球選手
  • 1953年 - 薗部潔史、プロ野球選手
  • 1953年 - 飯山正樹、プロ野球選手
  • 1955年 - 村尾信尚、関西学院大学教授、『NEWS ZERO』ニュースキャスター
  • 1956年 - バンス・ロー、元プロ野球選手
  • 1958年 - 中村正人、ミュージシャン(ドリームズ・カム・トゥルー)
  • 1958年 - 三東ルシア、女優、歌手
  • 1958年 - 阪本順治、映画監督
  • 1959年 - ユッスー・ンドゥール、歌手
  • 1959年 - 轟進一、ものまねタレント
  • 1960年 - 平瀬りえ、女優
  • 1963年 - マーク・マグワイア、元メジャーリーガー
  • 1964年 - 松浦勝人、音楽プロデューサー、エイベックス社長
  • 1965年 - 柏原芳恵、歌手
  • 1965年 - 柳沢まさひで、キャラクターデザイナー
  • 1965年 - 田島俊雄、元プロ野球選手
  • 1965年 - 押阪雅彦、DJ、エス・オー・プロモーション代表取締役社長
  • 1966年 - 金沢健一、元プロ野球選手
  • 1966年 - ジョージ・ウェア、元サッカー選手
  • 1967年 - 田中善則、元野球選手
  • 1968年 - 吉井晃、元プロ野球選手
  • 1968年 - 水本勝己、元プロ野球選手
  • 1969年 - 佐藤康光、将棋棋士
  • 1969年 - 宮里久美、元歌手、声優
  • 1969年 - 横山健(Ken Yokoyama)、ミュージシャン
  • 1970年 - 的山哲也、元プロ野球選手
  • 1972年 - エサ・ホロパイネン、ミュージシャン
  • 1973年 - 金宣兒 、女優
  • 1974年 - 河口恭吾、ミュージシャン
  • 1975年 - ブランドン・ナイト、元プロ野球選手
  • 1976年 - 与座嘉秋、ホーム・チーム
  • 1977年 - 滝川クリステル、アナウンサー
  • 1977年 - ドワイト・フィリップス、陸上競技選手
  • 1978年 - 直弘龍治、バレーボール
  • 1979年 - 松原健之、歌手
  • 1979年 - 吉田有希、モデル
  • 1979年 - Ryu☆(中原龍太郎)、DJ、作曲家
  • 1980年 - チャド・オーベラ、メジャーリーガー
  • 1981年 - 篠田光亮、俳優、JACKJACKのリーダー
  • 1982年 - 山根明季子、ピアニスト
  • 1983年 - ミルコ・ヴチニッチ、サッカー選手
  • 1984年 - 皆川佑馬、俳優
  • 1984年 - アビゲイル・ピーターセン、フィギュアスケート選手
  • 1984年 - マット・ケイン、メジャーリーガー
  • 1984年 - クリス・ジョンソン、メジャーリーガー
  • 1985年 - RYO、ミュージシャン(ORANGE RANGE)
  • 1985年 - ティルネシュ・ディババ、陸上競技選手
  • 1986年 - 神田沙也加、タレント
  • 1986年 - 細貝沙羅、フジテレビアナウンサー
  • 1986年 - アーロン・ポレダ、プロ野球選手
  • 1987年 - ギタウ・ダニエル、陸上競技選手
  • 1987年 - みづきあかり、グラビアアイドル
  • 1987年 - 相葉裕樹、俳優
  • 1987年 - エリック・コマツ、プロ野球選手
  • 1989年 - ブリー・ラーソン、女優、シンガーソングライター
  • 1989年 - 鈴木彩、タレント
  • 1990年 - 片山萌美、グラビアアイドル、女優
  • 1991年 - あいか、グラビアアイドル
  • 1991年 - 川﨑孝之、路上パフォーマー
  • 1992年 - 坂井太陽、俳優
  • 1992年 - ザンダー・ボガーツ、野球選手
  • 1992年 - 浜田智博、プロ野球選手
  • 1993年 - 水沢奈子、タレント、グラビアアイドル
  • 1994年 - 池田隆英、プロ野球選手
  • 1996年 - 鈴木優華、ファッションモデル、女優
  • 1997年 - 鈴木みのり、声優
  • 生年不明 - 逢川じゅん、声優
  • 生年不明 - 逢沢ゆりか、声優
  • 2001年 - パンくん、天才チンパンジー

忌日

  • 686年(朱鳥元年9月9日)- 天武天皇、日本の第40代天皇(* 631年?)
  • 959年 - エドウィ、イングランド王(* 941年?)
  • 1404年 - ボニファティウス9世、第203代ローマ教皇(* 1350年)
  • 1499年 - マルシリオ・フィチーノ、哲学者(* 1433年)
  • 1578年 - ドン・フアン・デ・アウストリア、軍人(* 1547年?)
  • 1648年(慶安元年8月15日)- 松平直基、姫路藩主(* 1604年)
  • 1684年 - ピエール・コルネイユ、劇作家(* 1606年)
  • 1708年 - ジョン・ブロウ、作曲家(* 1649年)
  • 1715年(正徳5年9月4日)- 小山良師、赤穂藩足軽頭(* 1648年)
  • 1745年(延享2年9月6日)- 柳沢吉里、郡山藩主(* 1687年)
  • 1814年(文化11年8月18日)- 中山愛親、江戸時代の公卿(* 1741年)
  • 1868年(慶応4年8月16日)- 河井継之助、越後長岡藩家老(* 1827年)
  • 1873年 - エドウィン・ランドシーア、画家(* 1802年)
  • 1901年 - アブドゥッラフマーン・ハーン、アフガニスタン王(* 1844年)
  • 1903年 - 田村怡与造、日本陸軍の中将(* 1854年)
  • 1910年 - 大和田建樹、作詞家(* 1857年)
  • 1911年 - ヴィルヘルム・ディルタイ、哲学者(* 1833年)
  • 1929年 - アントワーヌ・ブールデル、彫刻家(* 1861年)
  • 1929年 - リー・リッチモンド、メジャーリーガー(* 1857年)
  • 1931年 - 小堀鞆音、日本画家(* 1864年)
  • 1937年 - 多嘉王、日本の皇族(* 1875年)
  • 1938年 - 元田肇、第24代衆議院議長(* 1858年)
  • 1948年 - プラヤー・マノーパコーンニティターダー、初代タイ王国首相(* 1884年)
  • 1962年 - 塩入松三郎、土壌学者(* 1889年)
  • 1964年 - ダグラス・マクレガー、心理学者(* 1906年)
  • 1967年 - 東海林稔、衆議院議員(* 1903年)
  • 1979年 - ロイ・ハリス、作曲家(* 1898年)
  • 1979年 - 水谷八重子(初代)、女優(* 1905年)
  • 1984年 - ウォルター・オルストン、プロ野球選手・監督(* 1911年)
  • 1990年 - カーチス・ルメイ、アメリカ空軍参謀総長(* 1906年)
  • 1992年 - ペトラ・ケリー、政治家(* 1947年)
  • 1994年 - パウル・ローレンツェン、哲学者、数学者、論理学者(* 1915年)
  • 1998年 - 来栖三郎、法学者(* 1912年)
  • 2001年 - 古今亭志ん朝、落語家(* 1938年)
  • 2004年 - フランク・エベレスト、パイロット(* 1920年)
  • 2004年 - リチャード・アヴェドン、写真家(* 1923年)
  • 2004年 - ブルース・パーマー、ベーシスト(* 1946年)
  • 2006年 - 米澤嘉博、漫画評論家、元コミックマーケット代表(* 1953年)
  • 2007年 - テツオ・オカモト、競泳選手(* 1932年)
  • 2007年 - アル・オーター、円盤投選手(* 1936年)
  • 2009年 - マサオ・ミヨシ、英文学者(* 1928年)
  • 2009年 - 清水賢、プロ野球選手(* 1942年)
  • 2013年 - ジュリアーノ・ジェンマ、俳優、彫刻家(* 1938年)
  • 2013年 - トム・クランシー、小説家(* 1947年)
  • 2017年 - スティーブン・パドック、会計士(* 1953年)

スピーチ作成 - テーマ「コーヒーの日」

自分が初めてテーマを知った/経験した時のエピソード。
テーマについて自分はどう思うか/思ったか。
言葉/行動/影響について自分はどう思うか。
今後自分はどうしたいと思うか。

スピーチ出力 - 10-01_コーヒーの日.txt

想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。
日付からスピーチを作る
10月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
11月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
12月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
1月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
2月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29
3月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
4月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
5月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
6月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
7月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
8月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
9月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30

参考になる本

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法
 会議・朝礼・電話でも、接客・商談・会合でも、面接・結婚式のスピーチでも、デート・合コン・保護者会でも。
 こんなふうに話せば「あがり」にさようなら! 予約半年待ち! 超人気講師が教える“緊張しないコツ。
¥ 1,210
超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48
 本書では、人前では話すことが苦手な人でもすぐ実行でき、たちまち効果を実感できる「あがらずに話せる正しい方法」を48個紹介しています。
 スピーチ・朝礼・会議・面接でドキドキしない!商談・プレゼン・営業が面白いほど成功する!人前で話すのが苦手な人でも大丈夫!あがらずに話せる超シンプルなテクニックを大公開!
¥ 1,296
朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100 話しベタなあなたに贈る
 他人の興味を引く「鉄板ネタ」さえ持っていれば、誰でも「人前で話すこと」が怖くなくなります。
 聞き手が具体的にイメージしやすいようにスポーツ選手や芸能人など、著名人のエピソードもたくさん織り込んだ「鉄板ネタ」を100個集めました。
¥ 1,620
恥をかかないスピーチ力
 新年度に自己紹介をしたり、結婚式やちょっとした集まりで人前で話したりする機会は意外と多い。そんな時に役立つ、スピーチやコメントのコツ、心構え。
 恥をかかないレベルから「なかなかうまいな」と思われるレベルまで、どうステップアップするか。
 「時間感覚」「身体感覚」の重要性、始まり方と終わり方、小ネタの集め方、シーン別のコツやNGポイントまで、人前で話す時にはこれさえあれば大丈夫!
¥ 702
心に届く話し方 65のルール
 本書は、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説した、話し方の基礎技術の本です。
 「本質的に内容が相手にきちんと伝わる」ことを目的とし、「そのための具体的かつ自然な音声表現のディテール」まで迫った本です。
¥ 1,361
カーネギー話し方入門 文庫版
 あのウォーレン・バフェットも受講したというデール・カーネギーの話し方講座のエッセンスをまとめた本。
 カーネギーといえば、大ベストセラーとなった『人を動かす』があまりに有名だが、本書の原著も100万部を突破したベストセラーとして、アメリカでは広く知られている。
¥ 650