365日のネタ・スピーチ例は、1年分(365日分)のネタと、朝礼などのスピーチの作例や作り方を、まとめたサイトです。 >> 使い方を読む

7月26日「幽霊の日」


 7月26日は「幽霊の日」です。1825年のこの日に、鶴屋南北作の『東海道四谷怪談』が、江戸・中村座で初演されたことに由来しています。

 子供時代に、幽霊がいると評判の廃屋に、友人たちと行きました。町中の斜面に建っているビルで、コンクリート部分だけが残っていました。上の階から入って、下の階から出るという、不思議な建物でした。

 1時間ぐらい探険したのですが、結局その時に幽霊は見れませんでした。しかし、その建物の記憶は今でも鮮明に残っています。

 四谷怪談の舞台となった四谷左門町には、現在、於岩稲荷田宮神社と於岩稲荷陽運寺が、道を挟んで両側にあります。また、中央区新川にも於岩稲荷田宮神社があります。
 四谷の於岩稲荷田宮神社(田宮家跡地)は、1879年(明治12年)の火災により焼失して中央区新川に移りました。新川の於岩稲荷田宮神社は、戦災で焼失しましたが戦後再建され、四谷の旧地にも再興されました。
 また、陽運寺は、昭和初期に創建された日蓮宗の寺院ですが、境内に「お岩さま縁の井戸」があります。元々は於岩稲荷田宮神社が中央区新川に移転した際、地元の名物が無くなって困った地元の有志が「四谷お岩稲荷保存会」を立ち上げ、この時、本部に祀ったお岩尊という小祠が大きくなったのが陽雲寺の成り立ちです。
 お岩稲荷が複数もある要因としては、単純に儲かるからだそうです。お岩稲荷は、歌舞伎俳優は元より、お岩の浮気に対して見せた怨念から、男の浮気封じに効くとして花柳界からの信仰を集め、賽銭の他に土産物などで地元経済が潤ったそうです。


 幽霊も銭の種。それが人間社会の本質なのかもしれません。何でも商売の種にしてしまう、人間のたくましさを感じます。

 人が注目する物には、商売の種がある。幽霊だけでなく様々なものが、ビジネスになるのだと思います。

スピーチ作例 7月26日1
文字数:776文字   想定時間:235
想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。

その他の情報

 四谷怪談は、元禄時代に起きたとされる事件を基に創作された日本の怪談です。江戸の雑司ヶ谷四谷町(現・豊島区雑司が谷)が舞台となっています。
 基本的なストーリーは「貞女『岩』が、夫『伊右衛門』に惨殺され、幽霊となって復讐を果たす」というものです。鶴屋南北の歌舞伎や三遊亭圓朝の落語が有名です。
 怪談の定番とされ、折に触れて舞台化・映画化されているため、さまざまなバリエーションが存在します。
 「東海道四谷怪談」は、鶴屋南北作の歌舞伎狂言です。全5幕で、1825年(文政8年)、江戸中村座で初演されました。以下の三つが、有名な場面となっています。
 二幕目「伊右衛門内の場」、岩が毒薬のために顔半分が醜く腫れ上がったまま、髪を梳き悶え死ぬ場面。三幕目「砂村隠亡堀の場の戸板返し」、岩と小平の死体を戸板1枚の表裏に釘付けにしたのが漂着し、伊右衛門がその両面を反転して見て執念に驚く場面。大詰「蛇山庵室の場」、蛇山の庵室で伊右衛門がおびただしい数の鼠と怨霊に苦しめられる場面。

引用・参考URL

このページの引用・参考URL。

記念日・年中行事

  • 独立記念日(リベリア)
    1847年のこの日、アメリカ合衆国の解放奴隷によって建国されたリベリアがアメリカから独立した。
  • 独立記念日(モルディブ)
    1965年のこの日、モルジブがイギリスから独立した。
  • モンカダ兵営襲撃記念日(キューバ)
    1953年7月26日にキューバ解放運動の端緒としてカストロ指揮下の学生らがモンカダ兵営を襲撃したことに由来。
  • 幽霊の日(日本)
    文政8年(1825年)7月26日に鶴屋南北作の『東海道四谷怪談』が江戸・中村座で初演されたことに由来。
  • ポツダム宣言記念日(日本)
    1945年7月26日に、日本に降伏を迫る「ポツダム宣言」が発表されたことに由来。当初日本はこれを黙殺したが同年8月14日に受け入れて終戦した。

歴史

  • 657年 - スィッフィーンの戦いの本格的な衝突が始まる。
  • 811年 - ブルガリア・東ローマ戦争: プリスカの戦い(ヴルビツァ峠の戦い)。第一次ブルガリア帝国のハーン・クルムが東ローマ帝国を破る。東ローマ皇帝ニケフォロス1世は戦死、息子のスタウラキオスも重傷を負う。
  • 1469年 - 薔薇戦争: エッジコート・ムーアの戦い
  • 1581年 - 八十年戦争: ネーデルラントの北部7州がスペイン王フェリペ2世の統治権を否認。
  • 1788年 - ニューヨーク州がアメリカ合衆国憲法に批准し、アメリカ合衆国11番目の州となる。
  • 1798年(寛政10年6月13日)- 本居宣長の『古事記伝』全44巻が完成。
  • 1822年 - ホセ・デ・サン=マルティンとシモン・ボリバルがグアヤキルで会談。
  • 1847年 - アメリカ合衆国の解放奴隷によって建設された再移住区・リベリアが、憲法を制定して独立を宣言。
  • 1863年 - 南北戦争: モーガンの襲撃が終了。
  • 1866年 - プロイセン王国とオーストリア帝国がニコルスブルク仮条約を締結。
  • 1882年 - リヒャルト・ワーグナーの楽劇『パルジファル』がバイロイト祝祭劇場で初演。
  • 1887年 - ルドヴィコ・ザメンホフが作ったエスペラントの最初の学習書Unua Libroが出版される。
  • 1908年 - アメリカ合衆国司法省内に捜査局(BOI、後のアメリカ連邦捜査局〈FBI〉)を設立。
  • 1918年 - 下関駅構内で軍用火薬が爆発。死者27人。
  • 1937年 - 広安門事件:中国軍と日本軍が衝突。
  • 1940年 - 大東亜新秩序、国防国策体制を明記した基本国策要綱が閣議決定。
  • 1941年 - 第二次世界大戦: イギリスおよびイギリス連邦各国が日英通商航海条約の破棄を通告し、日本の資産を凍結する。イギリスと中華民国の間で不平等条約改正に合意する交換公文が署名される。
  • 1945年 - 第二次世界大戦: イギリス・アメリカ合衆国・中華民国3国の首脳が大日本帝国に向けてポツダム宣言を発表。
  • 1945年 - イギリス総選挙の開票が行われ、ウィンストン・チャーチル首相の保守党がクレメント・アトリー率いる労働党に敗れる。ポツダム会談中のチャーチルは帰国。
  • 1945年 - 第二次世界大戦: 広島・長崎に投下されることになる原子爆弾の弾頭を載せた巡洋艦「インディアナポリス」がサイパン・テニアンに到着。
  • 1946年 - 日本プロ野球の大阪タイガース対パシフィック戦が試合時間55分で最短記録。
  • 1947年 - ハリー・S・トルーマン米大統領が国家安全保障法(NSA)に署名し発効。これにより国家安全保障会議(NSC)・国家軍政省(後の国防総省)・アメリカ中央情報局(CIA)が設置。
  • 1950年 - 朝鮮戦争: 老斤里事件が起こる。
  • 1952年 - エジプト革命: エジプト王ファールーク1世が廃位され、ヨーロッパへ亡命。生後半年のフアード2世が即位。
  • 1953年 - キューバ革命・7月26日運動: フィデル・カストロ率いる小隊がモンカダ兵営を襲撃、キューバ革命の端緒となる。
  • 1956年 - エジプトのガマール・アブドゥン=ナーセル大統領がスエズ運河の国有化を宣言。これにイギリス・フランスが反発し、第二次中東戦争(スエズ動乱)のきっかけとなる。
  • 1958年 - アメリカで地球観測衛星「エクスプローラー4号」打ち上げ。
  • 1963年 - スコピエ地震
  • 1963年 - 初の対地同期軌道通信衛星であるシンコム2号打ち上げ。
  • 1963年 - 経済協力開発機構(OECD)が日本の加盟を承認。
  • 1965年 - モルディブがイギリスより独立。
  • 1971年 - アメリカの有人月宇宙船アポロ15号が打ち上げ。
  • 1974年 - 亡命から帰国したギリシャ元首相コンスタンディノス・カラマンリスが首相に再任。ギリシャ軍事政権が終焉。
  • 1977年 - カナダのケベック州議会が、フランス語を州の公用語とする。
  • 1981年 - 福岡市地下鉄空港線の室見駅 - 天神駅間が開業。福岡市地下鉄の最初の開業区間。
  • 1989年 - Morris wormを作成したコーネル大学の学生ロバート・T・モリスが、コンピュータ詐欺および不正使用取締法違反で告発される。同法の初適用。
  • 1993年 - アシアナ航空733便墜落事故
  • 1999年 - カシミール紛争・印パ戦争: カルギル紛争が終結。
  • 1999年 - Bluetooth仕様書バージョン1.0発表。
  • 1999年 - 国会審議活性化法が成立。
  • 2005年 - STS-114ミッションでスペースシャトル「ディスカバリー」が打ち上げ。2003年のコロンビア号空中分解事故以来初のシャトル打ち上げ。
  • 2012年 - ロンドンオリンピックの男子サッカーで、日本代表がスペイン代表を1-0で破る金星を上げる。
  • 2016年 - 相模原障害者施設殺傷事件が発生。戦後日本の大量殺人事件としては最多となる19人が死亡。
  • 69163年 - 地球において水星の太陽面通過と金星の太陽面通過が同時に起こる。

誕生日

  • 1678年 - ヨーゼフ1世、神聖ローマ皇帝(+ 1711年)
  • 1778年(安永7年7月3日)- 貫名菘翁、儒学者、書家、文人画家(+ 1863年)
  • 1782年 - ジョン・フィールド、作曲家(+ 1837年)
  • 1791年 - フランツ・クサーヴァー・モーツァルト、作曲家(+ 1844年)
  • 1796年 - ジョージ・カトリン、画家(+ 1872年)
  • 1802年 - マリアノ・アリスタ、メキシコ大統領(+ 1855年)
  • 1815年 - ロベルト・レーマク、生理学者(+ 1865年)
  • 1829年 - オーギュスト・ベールナールト、政治家(+ 1912年)
  • 1842年 - アルフレッド・マーシャル、経済学者(+ 1924年)
  • 1855年 - フェルディナント・テンニース、社会学者(+ 1936年)
  • 1856年 - ジョージ・バーナード・ショー、劇作家(+ 1950年)
  • 1865年 - フィリップ・シャイデマン、ドイツ国首相、ドイツ社会民主党党首(+ 1939年)
  • 1873年 - 野口遵、実業家、日窒コンツェルン創業者(+ 1944年)
  • 1874年 - セルゲイ・クーセヴィツキー、指揮者(+ 1951年)
  • 1875年 - カール・グスタフ・ユング、心理学者(+ 1961年)
  • 1876年 - アーネスト・シェリング、ピアニスト、指揮者、作曲家(+ 1939年)
  • 1877年 - ジェシー・リバモア、投機家(+ 1940年)
  • 1879年 - 畑俊六、陸軍軍人(+ 1962年)
  • 1881年 - 小山内薫、劇作家、演出家(+ 1928年)
  • 1885年 - アンドレ・モーロワ、小説家(+ 1967年)
  • 1891年 - 宇野浩二、小説家(+ 1961年)
  • 1893年 - ジョージ・グロス、画家(+ 1959年)
  • 1894年 - オルダス・ハクスリー、作家(+ 1963年)
  • 1897年 - ポール・ギャリコ、小説家(+ 1976年)
  • 1902年 - 小笠原章二郎、俳優(+ 1974年)
  • 1907年 - アンドレ・ジェルトレル、ヴァイオリニスト(+ 1998年)
  • 1919年 - ジェームズ・ラブロック、科学者、作家
  • 1922年 - ジェイソン・ロバーズ、俳優(+ 2000年)
  • 1922年 - ブレイク・エドワーズ、映画監督(+ 2010年)
  • 1923年 - ホイト・ウィルヘルム、メジャーリーガー(+ 2002年)
  • 1924年 - 伊藤健一、プロ野球選手
  • 1928年 - スタンリー・キューブリック、映画監督(+ 1999年)
  • 1928年 - フランチェスコ・コッシガ、元イタリア大統領(+ 2010年)
  • 1928年 - 牧野茂、プロ野球選手・コーチ(+ 1984年)
  • 1929年 - アレクシス・ワイセンベルク、ピアニスト(+ 2012年)
  • 1929年 - ジョセフ・ジャクソン、ミュージシャン、ジャクソン・ファイブの父
  • 1930年 - グレン・ミケンズ、プロ野球選手
  • 1931年 - 小野喬、体操選手
  • 1931年 - 石鉢勝美、プロ野球選手
  • 1933年 - 吉田義男、プロ野球選手
  • 1933年 - エドムンド・フェルプス、経済学者
  • 1934年 - 森山周一郎、俳優
  • 1934年 - 杉浦正健、政治家
  • 1935年 - ルー・ジャクソン、プロ野球選手(+ 1969年)
  • 1936年 - 大川恵子、女優
  • 1937年 - 田中喜八郎、プロ野球選手
  • 1938年 - 三平晴樹、プロ野球選手(+ 2016年)
  • 1939年 - ジョン・ハワード、第25代オーストラリア首相
  • 1939年 - 辺見じゅん、歌人、ノンフィクション作家(+ 2011年)
  • 1943年 - ミック・ジャガー、ミュージシャン
  • 1943年 - ピーター・ハイアムズ、映画監督
  • 1944年 - 羽里功、プロ野球選手
  • 1945年 - ヘレン・ミレン、女優
  • 1947年 - 松岡弘、プロ野球選手
  • 1947年 - 尾瀬あきら、漫画家
  • 1948年 - 藤原栄子、漫画家
  • 1949年 - 土田早苗、女優
  • 1949年 - ロジャー・テイラー、ミュージシャン
  • 1949年 - タクシン・チナワット、元タイ首相
  • 1950年 - 梶原しげる、フリーアナウンサー・タレント
  • 1950年 - 鈴木直志、アナウンサー
  • 1950年 - 萩原健一、俳優
  • 1950年 - 林忠行、国際政治学者
  • 1950年 - 宮本好宣、プロ野球選手
  • 1950年 - 若林義春、政治家
  • 1951年 - 奥薗満、プロ野球選手
  • 1954年 - 河原井正雄、アマチュア野球指導者
  • 1955年 - デビッド・イシイ、プロゴルファー
  • 1955年 - 飛鳥裕子、女優(+ 2011年)
  • 1956年 - ドロシー・ハミル、フィギュアスケート選手
  • 1957年 - ユン・ピョウ、アクション俳優
  • 1957年 - サンティ・サンタマリア、料理人(+ 2011年)
  • 1958年 - 牧原俊幸、アナウンサー
  • 1958年 - 高泉淳子、女優、演出家
  • 1958年 - アンジェラ・ヒューイット、ピアニスト
  • 1959年 - 山沖之彦、プロ野球選手
  • 1959年 - 副島博志、サッカー選手、指導者
  • 1959年 - 寺田正美、ミュージシャン(スターダストレビュー)
  • 1959年 - ケヴィン・スペイシー、俳優
  • 1960年 - 杜けあき、女優
  • 1960年 - 国沢道雄、プロ野球選手
  • 1961年 - 松居慶子、ジャズピアニスト
  • 1961年 - ゲイリー・シェローン、ミュージシャン(元エクストリーム、ヴァン・ヘイレン)
  • 1962年 - ガリナ・チスチャコワ、陸上競技選手(走幅跳)
  • 1963年 - 古川慎一、プロ野球選手
  • 1963年 - 谷島美砂、ミュージシャン(GO-BANG'S)
  • 1964年 - サンドラ・ブロック、女優
  • 1965年 - アンドレア・トファネッリ、トランペット奏者
  • 1965年 - ノッチ、お笑い芸人(デンジャラス)
  • 1965年 - 廣紀江、バレーボール選手、ロサンゼルスオリンピック銅メダリスト
  • 1965年 - 福田淳、実業家、ソニー・デジタル エンタテインメント社長
  • 1966年 - 村上亜希子、アナウンサー
  • 1967年 - ジェイソン・ステイサム、俳優
  • 1968年 - 小島奈津子、アナウンサー
  • 1969年 - 守谷香、歌手、女優
  • 1969年 - アンドレイ・オクンコフ、数学者
  • 1969年 - 萩原康、野球選手
  • 1970年 - 内田博幸、騎手
  • 1970年 - INO hidefumi、音楽家
  • 1970年 - 外山恒一、政治活動家、革命家
  • 1971年 - 桜庭一樹、作家
  • 1971年 - 平江巌、プロ野球選手
  • 1972年 - マーク・リチャードソン、陸上競技選手、アトランタオリンピック銀メダリスト
  • 1973年 - くまだまさし、お笑い芸人
  • 1973年 - ケイト・ベッキンセイル、俳優
  • 1974年 - 奥野誠一郎、サッカー選手
  • 1975年 - ジョー・スミス、NBAプレーヤー
  • 1975年 - 瀬尾公治、漫画家
  • 1976年 - 三輪敬司、プロ野球選手
  • 1977年 - 中村俊太、俳優
  • 1977年 - 吉田良一郎、津軽三味線奏者(吉田兄弟)
  • 1977年 - タニヤ・シェフチェンコ、フィギュアスケート選手
  • 1979年 - 佐野優子、バレーボール選手
  • 1979年 - デレク・パラヴィチーニ、ピアニスト
  • 1980年 - ジェイソン・ボッツ、プロ野球選手
  • 1980年 - ジャシンダ・アーダーン、第40代ニュージーランド首相
  • 1980年 - 合田智子、野球選手
  • 1980年 - 宮澤健太郎、野球選手
  • 1981年 - マイコン、サッカー選手
  • 1982年 - 双大竜亮三、大相撲力士
  • 1982年 - 板垣龍佑、(元仙台放送)テレビ東京アナウンサー
  • 1983年 - 岩川美花、プロボクサー
  • 1984年 - 丘みどり、演歌歌手
  • 1984年 - ケビン・ジェプセン、メジャーリーガー
  • 1985年 - 加藤夏希、タレント
  • 1985年 - 中土居宏宜、歌手、Leadのリーダー
  • 1985年 - いしかわえみ、漫画家
  • 1985年 - アンドレイ・グリアゼフ、フィギュアスケート選手
  • 1985年 - ガエル・クリシー、サッカー選手
  • 1986年 - 小川麻衣子、漫画家
  • 1986年 - 佐藤達也、プロ野球選手
  • 1987年 - 荒木貴裕、プロ野球選手
  • 1987年 - 金久保順、サッカー選手
  • 1987年 - パナギオティス・コネ、サッカー選手
  • 1987年 - フレディ・モンテーロ、サッカー選手
  • 1988年 - 秋元才加、タレント、元AKB48
  • 1988年 - 近江友里恵、アナウンサー
  • 1988年 - 原田百合果、ファッションモデル
  • 1988年 - 鄭凱文、プロ野球選手
  • 1988年 - 大竹秀義、プロ野球選手
  • 1989年 - 楊超、フィギュアスケート選手
  • 1990年 - 日美野梓、アイドル
  • 1991年 - 吉田知那美、カーリング選手(LS北見)
  • 1992年 - 原泉、プロ野球選手
  • 1993年 - テイラー・モンセン、女優
  • 1993年 - エリザベス・ギリース、女優
  • 1994年 - 木内梨生奈、タレント
  • 1996年 - 北川航也、サッカー選手
  • 1997年 - 森保まどか、アイドル(HKT48)
  • 1998年 - さくらまや、演歌歌手
  • 1999年 - 遠藤由実、俳優
  • 1999年 - 山下美月、アイドル(乃木坂46)
  • 生年不明 - アルコ、漫画家
  • 生年不明 - かわはらなつみ、漫画家
  • 生年不明 - 和井みずき、声優
  • 生年不明 - 橋本浩志、声優

忌日

  • 811年 - ニケフォロス1世、東ローマ皇帝(* 760年?)
  • 1380年(天授6年/康暦2年6月24日)- 光明天皇、北朝第2代天皇(* 1322年)
  • 1471年 - パウルス2世、第211代ローマ教皇(* 1417年)
  • 1566年(永禄9年7月10日)- 近衛稙家、公卿(* 1503年)
  • 1597年(慶長2年6月12日)- 小早川隆景、戦国武将(* 1533年)
  • 1611年(慶長16年6月17日)- 堀尾吉晴、松江藩主(* 1544年)
  • 1616年(元和2年6月13日)- 池田利隆、姫路藩主(* 1584年)
  • 1630年 - カルロ・エマヌエーレ1世、サヴォイア公(* 1562年)
  • 1735年(享保20年6月7日)- 蜂須賀宗員、第6代徳島藩主(* 1709年)
  • 1802年(享和2年6月27日)- 松本幸四郎(4代目)、歌舞伎役者(* 1737年)
  • 1806年 - カロリーネ・フォン・ギュンダーローデ、詩人(* 1780年)
  • 1863年 - サミュエル・ヒューストン、テキサス共和国大統領(* 1793年)
  • 1867年 - オソン1世、ギリシャ王(* 1815年)
  • 1872年 - アレクサンダー・ウィリアムズ・ランドール、ウィスコンシン州知事、第25代アメリカ合衆国郵政長官(* 1819年)
  • 1872年(明治5年6月21日)- 山内容堂、第15代土佐藩主(* 1827年)
  • 1889年 - 木村安兵衛、実業家、木村屋總本店創業者(* 1817年)
  • 1915年 - ジェームズ・マレー、言語学者(* 1837年)
  • 1919年 - エドワード・ポインター、画家、デザイナー(* 1836年)
  • 1925年 - ゴットロープ・フレーゲ、数学者、論理学者、思想家(* 1848年)
  • 1926年 - ロバート・トッド・リンカーン、アメリカ合衆国陸軍長官(* 1843年)
  • 1926年 - エラ・アダイェフスカヤ、ピアニスト、作曲家、民族音楽学研究家(* 1846年)
  • 1929年 - 山崎直方、地理学者(* 1870年)
  • 1934年 - ウィンザー・マッケイ、漫画家、アニメーター(* 1871年)
  • 1937年 - ゲルダ・タロー、写真家(* 1910年)
  • 1939年 - ジョエル・E・スピンガーン、文芸評論家、教育者(* 1875年)
  • 1941年 - アンリ・ルベーグ、数学者(* 1875年)
  • 1941年 - ベンジャミン・ウォーフ、言語学者(* 1897年)
  • 1944年 - レザー・シャー、イラン・パフラヴィー朝初代国王(* 1878年)
  • 1944年 - 伊藤健太郎、プロ野球選手(* 1916年)
  • 1945年 - 戸田廉吉、野球選手(* 1901年)
  • 1947年 - 増田淳、橋梁設計者(* 1883年)
  • 1952年 - エバ・ペロン、アルゼンチンのファン・ペロン大統領夫人(* 1919年)
  • 1969年 - 平良辰雄、沖縄群島知事、沖縄社会大衆党初代委員長(* 1892年)
  • 1971年 - ダイアン・アーバス、写真家(* 1923年)
  • 1977年 - オスカー・モルゲンシュテルン、経済学者(* 1902年)
  • 1978年 - メアリー・ブレア、芸術家(* 1911年)
  • 1986年 - W・アヴェレル・ハリマン、ニューヨーク州知事、外交官(* 1891年)
  • 1992年 - 大山康晴、将棋棋士(* 1923年)
  • 1992年 - メリー・ウェルズ、歌手(* 1943年)
  • 1993年 - マシュー・リッジウェイ、アメリカ陸軍の将軍、GHQ第2代総司令官(* 1895年)
  • 1994年 - 吉行淳之介、小説家(* 1924年)
  • 1995年 - ジョージ・ロムニー、ミシガン州知事(* 1907年)
  • 1996年 - 伊勢川真澄、プロ野球選手(* 1921年)
  • 1997年 - 小平邦彦、数学者(* 1915年)
  • 2000年 - 川端民生、ベーシスト(* 1947年)
  • 2003年 - ハロルド・C・ショーンバーグ、音楽評論家(* 1915年)
  • 2004年 - 山口光秀、大蔵事務次官、東京証券取引所理事長(* 1927年)
  • 2004年 - 中島らも、小説家(* 1952年)
  • 2005年 - 岡八朗、喜劇俳優(* 1938年)
  • 2010年 - bice、シンガーソングライター(* 1972年)
  • 2011年 - 小松左京、SF作家(* 1931年)
  • 2015年 - 竹島紀元、元鉄道ジャーナル社長(* 1926年)
  • 2016年 - 中村紘子、ピアニスト(* 1944年)

スピーチ作成 - テーマ「幽霊の日」

自分が初めてテーマを知った/経験した時のエピソード。
テーマについて自分はどう思うか/思ったか。
言葉/行動/影響について自分はどう思うか。
今後自分はどうしたいと思うか。

スピーチ出力 - 07-26_幽霊の日.txt

想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。
日付からスピーチを作る
12月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
1月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
2月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29
3月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
4月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
5月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
6月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
7月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
8月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
9月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
10月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
11月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30

参考になる本

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法
 会議・朝礼・電話でも、接客・商談・会合でも、面接・結婚式のスピーチでも、デート・合コン・保護者会でも。
 こんなふうに話せば「あがり」にさようなら! 予約半年待ち! 超人気講師が教える“緊張しないコツ。
¥ 1,210
超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48
 本書では、人前では話すことが苦手な人でもすぐ実行でき、たちまち効果を実感できる「あがらずに話せる正しい方法」を48個紹介しています。
 スピーチ・朝礼・会議・面接でドキドキしない!商談・プレゼン・営業が面白いほど成功する!人前で話すのが苦手な人でも大丈夫!あがらずに話せる超シンプルなテクニックを大公開!
¥ 1,296
朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100 話しベタなあなたに贈る
 他人の興味を引く「鉄板ネタ」さえ持っていれば、誰でも「人前で話すこと」が怖くなくなります。
 聞き手が具体的にイメージしやすいようにスポーツ選手や芸能人など、著名人のエピソードもたくさん織り込んだ「鉄板ネタ」を100個集めました。
¥ 1,620
恥をかかないスピーチ力
 新年度に自己紹介をしたり、結婚式やちょっとした集まりで人前で話したりする機会は意外と多い。そんな時に役立つ、スピーチやコメントのコツ、心構え。
 恥をかかないレベルから「なかなかうまいな」と思われるレベルまで、どうステップアップするか。
 「時間感覚」「身体感覚」の重要性、始まり方と終わり方、小ネタの集め方、シーン別のコツやNGポイントまで、人前で話す時にはこれさえあれば大丈夫!
¥ 702
心に届く話し方 65のルール
 本書は、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説した、話し方の基礎技術の本です。
 「本質的に内容が相手にきちんと伝わる」ことを目的とし、「そのための具体的かつ自然な音声表現のディテール」まで迫った本です。
¥ 1,361
カーネギー話し方入門 文庫版
 あのウォーレン・バフェットも受講したというデール・カーネギーの話し方講座のエッセンスをまとめた本。
 カーネギーといえば、大ベストセラーとなった『人を動かす』があまりに有名だが、本書の原著も100万部を突破したベストセラーとして、アメリカでは広く知られている。
¥ 650