365日のネタ・スピーチ例は、1年分(365日分)のネタと、朝礼などのスピーチの作例や作り方を、まとめたサイトです。 >> 使い方を読む

10月16日「ボスの日」


 10月16日は「ボスの日」です。
 1958年に、アメリカのパトリシア・ベイ・ハロスキが、会社を経営していた父のために、経営者と部下の関係を円滑にする日として提唱しました。そして、アメリカ商業会議所に登録されました。この日は、彼女の父親の誕生日だったそうです。
 アメリカではこの日に、ボスを昼食に招待したりプレゼントを贈ったりして、日頃の労をねぎらいます。


 上司と部下の関係がよい職場が、どれぐらいあるのかは疑問です。

 私が知っている職場は、それほど上司と部下が親密なものではありませんでした。

 ボスの日を行う職場では、尊敬と感謝の気持ちをこめて、従業員が上司たちにプレゼントやカード、花、食べ物などを贈ります。

 そうしたやり取りがあるのは、よほど上司が親しまれている職場なのだと思います。あるいは、日頃から上司がきちんとした配慮を、部下に示せているのだと思います。

 しかし、何よりも大切なのは、仕事ができて、部下にとっても有益なことだと思います。無能で、部下にとって害になる上司は、ボスの日とは無縁のはずですから。

スピーチ作例 10月16日1
文字数:470文字   想定時間:134
想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。

引用・参考URL

このページの引用・参考URL。

記念日・年中行事

  • ボスの日
    1958年に、アメリカのパトリシア・ベイ・ハロスキ(Patricia Bays Haroski)が、会社を経営していた父のために、経営者と部下の関係を円滑にする日として提唱し、アメリカ商業会議所に登録されたことが始まり。
    アメリカではこの日に、ボスを昼食に招待したりプレゼントを贈ったりして日頃の労をねぎらう。
    日本でも1988年からデパート業界が実施している。
  • 世界食料デー(World Food Day、国際デーの一つ)
    1945年10月16日に国際連合食糧農業機関(FAO)が設立されたことを記念して、1981年に制定。
    発展途上国などでの食糧不足や栄養失調、飢餓について考える日。
  • 世界脊椎デー(World Spine Day)
    国際連合とWHOの呼びかけで開始された運動器の10年(Bone and Joint Decade)により10月16日に制定。
    世界脊椎デーは、世界中で運動器障害(筋骨格系疾患)をはじめとした脊椎疾患への理解と予防を呼びかける日。
    運動器の10年の世界活動週間として10月12日から20日まで、10月12日の世界関節炎デー(World Arthritis Day)、10月16日の世界脊椎デー(World Spine Day)、10月17日の世界外傷デー(World Trauma Day)、10月19日の世界小児運動器デー(World Pediatric Bone and Joint Day)、10月20日の世界骨粗鬆症デー(World Osteoporosis Day)が制定。

歴史

  • 1384年 - ヤドヴィガがポーランド王に即位。
  • 1590年 - イタリアの貴族・作曲家のカルロ・ジェズアルドが、妻とその愛人ファブリツィオ・カラーファの密会の現場をおさえ、2人を惨殺。
  • 1793年 - フランス革命: ルイ16世妃マリー・アントワネットが断頭台で処刑される。
  • 1813年 - ナポレオン戦争: ライプツィヒの戦いが始まる。
  • 1843年 - ウィリアム・ローワン・ハミルトンが四元数の概念を発見する。
  • 1846年 - ウィリアム・T・G・モートンがマサチューセッツ総合病院で世界で初めてエーテル麻酔を使用した手術を行う。
  • 1859年 - ジョン・ブラウンのハーパーズ・フェリー襲撃。暴力的奴隷制度廃止運動家のジョン・ブラウンがハーパーズ・フェリーの連邦政府武器庫を襲撃して、奴隷反乱を企てる。
  • 1886年 - 49回目の挑戦の末、岩手県釜石にて洋式高炉での出銑に成功。釜石鉱山田中製鉄所が設立され、日本の近代製鉄が始まる。
  • 1905年 - クロード・ドビュッシーの交響詩『海』が初演。
  • 1906年 - ケペニックの大尉事件(ヴィルヘルム・フォークト)
  • 1916年 - マーガレット・サンガーがニューヨーク州において、産児制限を指導する診療所を開業。
  • 1923年 - ウォルト・ディズニー・カンパニー創立。
  • 1941年 - 外交交渉継続の是非をめぐる近衛文麿首相と東条英機陸相の対立により、第3次近衛内閣が総辞職。
  • 1943年 - 戸塚球場で学徒出陣壮行早慶戦が行なわれる。
  • 1945年 - 国際連合食糧農業機関(FAO)が設立される。
  • 1945年 - 李承晩がアメリカから帰国し、南朝鮮の独立建国運動の指導者となる。
  • 1945年 - ソ連が北朝鮮の行政権を北朝鮮指導者に移管。
  • 1946年 - ニュルンベルク裁判で死刑判決を受けたリッベントロップ元外相ら10名の被告への刑が執行される。
  • 1951年 - パキスタン首相リアクァット・アリ・カーンが暗殺される。
  • 1952年 - 昭和天皇・皇后が戦後初めて靖国神社に参拝。
  • 1956年 - パンアメリカン航空006便不時着水事故。
  • 1964年 - 中華人民共和国がタクラマカン砂漠で初の原爆実験に成功し、世界5番目の核保有国となる。(596 (核実験))
  • 1973年 - ベトナム和平への功績が認められ、ヘンリー・キッシンジャーとレ・ドゥク・トのノーベル平和賞受賞が決定。(トは辞退する)
  • 1978年 - ポーランド人のカロル・ウォイティワ枢機卿がローマ教皇に選出される。(ヨハネ・パウロ2世として、10月22日に就任)
  • 1981年 - 北炭夕張新炭鉱ガス突出事故。北炭夕張新炭鉱でガス突出・坑内火災事故。死者93人。
  • 1985年 - 阪神タイガースが21年ぶりにリーグ優勝。狂喜したファンらがカーネル・サンダース像を道頓堀川に投げ込む。
  • 1986年 - ラインホルト・メスナーが、史上初の8000メートル峰全14座完全登頂を達成。
  • 1991年 - アメリカ合衆国テキサス州キリーンのレストラン・ルビーズで銃乱射事件が発生。(ルビーズ銃乱射事件)
  • 1998年 - スペインの要請により元チリ大統領アウグスト・ピノチェトがイギリスで逮捕される。
  • 1998年 - 埼玉医科大学が性同一性障害の女性患者(性自認は男性)に対する性別適合手術を実施。
  • 2004年 - 名鉄空港線の常滑駅 - 中部国際空港駅間が空港関係者限定で開業。
  • 2004年 - 茨城県常陸大宮市が市制施行。
  • 2013年 - 平成25年台風第26号により、伊豆大島で大規模な土砂災害が発生。
  • 2017年 - マラウィの戦い: フィリピン政府、ISIL系過激派組織「アブ・サヤフ」指導者のイスニロン・ハピロンと、同じく「マウテ」指導者マウテ兄弟の兄オマルを殺害したと発表。
  • 2017年 - マルタでムスカット同国首相の妻や閣僚の不正を追求していたジャーナリスト、ダフネ・カルーアナ・ガリジアが車に仕込まれた爆弾により殺害される。

誕生日

  • 1351年 - ジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティ、ミラノ公(+ 1402年)
  • 1430年 - ジェームズ2世、スコットランド王(+ 1460年)
  • 1535年(天文4年9月20日)- 丹羽長秀、武将、織田氏の家臣(+ 1585年)
  • 1663年 - プリンツ・オイゲン、オーストリアの軍人、貴族(+ 1736年)
  • 1758年 - ノア・ウェブスター、辞書編纂者(+ 1843年)
  • 1799年(寛政11年9月18日)- 田中久重、発明家、田中製作所(現・東芝)創業者(+ 1881年)
  • 1801年(享和元年9月9日)- 徳川斉順、第11代紀州藩主(+ 1846年)
  • 1806年 - ウィリアム・フェッセンデン、政治家(+ 1869年)
  • 1814年 - ハンス・ブルノ・ガイニッツ、地質学者、古生物学者(+ 1900年)
  • 1821年 - フランツ・ドップラー、作曲家(+ 1883年)
  • 1827年 - アルノルト・ベックリン、画家(+ 1901年)
  • 1838年(天保9年8月28日)- 長与専斎、医学者、官僚(+ 1902年)
  • 1841年(天保12年9月2日)- 伊藤博文、初代・5・7・10代内閣総理大臣(+ 1年)
  • 1854年 - オスカー・ワイルド、詩人、作家、劇作家(+ 1900年)
  • 1856年(安政3年9月18日)- 田中舘愛橘、地球物理学者(+ 1952年)
  • 1867年 - アンリ・ドルレアン、探検家(+ 1901年)
  • 1871年 - アドルフ・ビアラン、チェリスト、作曲家(+ 1916年)
  • 1885年 - ドランド・ピエトリ、陸上競技選手(+ 1942年)
  • 1886年 - ボリス・エイヘンバウム、文芸学者(+ 1959年)
  • 1888年 - ユージン・オニール、劇作家(+ 1953年)
  • 1889年 - 斎藤素巌、彫刻家(+ 1974年)
  • 1890年 - ポール・ストランド、写真家(+ 1976年)
  • 1900年 - グース・ゴスリン、メジャーリーガー(+ 1971年)
  • 1906年 - ディーノ・ブッツァーティ、小説家(+ 1972年)
  • 1908年 - エンヴェル・ホッジャ、アルバニアの元首相(+ 1985年)
  • 1909年 - 二階堂進、政治家(+ 2000年)
  • 1914年 - ザーヒル・シャー、元アフガニスタン国王(+ 2007年)
  • 1914年 - 森谷良平、元プロ野球選手(+ 1992年)
  • 1923年 - 早川幸男、宇宙物理学者(+ 1992年)
  • 1923年 - リンダ・ダーネル、女優(+ 1965年)
  • 1925年 - アンジェラ・ランズベリー、女優
  • 1927年 - ギュンター・グラス、作家(+ 2015年)
  • 1929年 - フェルナンダ・モンテネグロ、女優
  • 1929年 - アンジェイ・ムンク、映画監督(+ 1961年)
  • 1930年 - 小松定男、政治家(+ 2004年)
  • 1931年 - ヴァレリー・クリモフ、ヴァイオリニスト
  • 1931年 - チャールズ・コルソン、キリスト教右派指導者(+ 2012年)
  • 1932年 - 伊藤隆、歴史学者
  • 1932年 - 田宮榮一、元警視庁捜査一課長、テレビ解説者(+ 2018年)
  • 1933年 - 大山のぶ代、声優、女優
  • 1935年 - 西五十六、元プロ野球選手
  • 1936年 - アンドレイ・チカチーロ、シリアルキラー(+ 1995年)
  • 1940年 - デイブ・ディバッシャー、バスケットボール選手(+ 2003年)
  • 1941年 - ティム・マッカーバー、メジャーリーガー
  • 1941年 - 県真澄、プロ野球選手
  • 1943年 - 広野功、元プロ野球選手
  • 1944年 - エリザベス・ロフタス、認知心理学者
  • 1944年 - 金城真吉、アマチュアボクシング指導者
  • 1945年 - 相馬宏男、アナウンサー
  • 1946年 - 馬飼野俊一、作曲家、編曲家
  • 1947年 - 宮迫千鶴、画家、エッセイスト(+ 2008年)
  • 1948年 - レオ・マゾーニー、メジャーリーグ指導者
  • 1948年 - 池尻勉、元プロ野球選手
  • 1949年 - 松田一輝、漫画家
  • 1950年 - 大島康徳、元プロ野球選手、野球評論家
  • 1950年 - 若一光司、作家、画家、コメンテーター
  • 1951年 - 阿川泰子、ジャズシンガー、元女優
  • 1952年 - 金城基泰、元プロ野球選手
  • 1952年 - 成毛厚子、漫画家
  • 1953年 - パウロ・ロベルト・ファルカン、サッカー選手、元日本代表監督
  • 1954年 - コリンナ・ハルフォーフ、女優
  • 1956年 - マリン・オールソップ、指揮者
  • 1957年 - 永山勝、元プロ野球選手
  • 1958年 - ティム・ロビンス、俳優、映画監督
  • 1958年 - 大岡玲、作家
  • 1958年 - 津末英明、元プロ野球選手
  • 1959年 - 小森まなみ、声優
  • 1959年 - 林寛子、タレント
  • 1959年 - エリッキ=スヴェン・トゥール、作曲家
  • 1959年 - ケビン・マクレイノルズ、メジャーリーガー
  • 1959年 - ブライアン・ハーパー、メジャーリーガー
  • 1960年 - ボブ・モールド、ミュージシャン
  • 1961年 - 風間八宏、サッカー指導者、元プロサッカー選手(元日本代表)
  • 1961年 - マルク・レヴィ、小説家
  • 1962年 - フリー、ミュージシャン(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)
  • 1962年 - ディミトリー・ホロストフスキー、バリトン歌手
  • 1962年 - マヌート・ボル、バスケットボール選手(+ 2010年)
  • 1963年 - 瀬藤正則、歌手
  • 1963年 - 仁比聡平、弁護士
  • 1963年 - 伊藤さやか、タレント
  • 1963年 - 佐藤文男、元プロ野球選手
  • 1966年 - アマラオ、元サッカー選手
  • 1966年 - シュテファン・ロイター、サッカー選手
  • 1967年 - 松野太紀、声優
  • 1968年 - 藤井将雄、元プロ野球選手(+ 2000年)
  • 1969年 - 大田垣晴子、イラストレーター、エッセイスト
  • 1969年 - 土屋久美子、女優
  • 1969年 - 大森隆男、プロレスラー
  • 1970年 - 藤田和之、プロレスラー、総合格闘家
  • 1970年 - メーメット・ショル、サッカー選手
  • 1971年 - 岡田祥嗣、騎手
  • 1972年 - 後藤麻衣、女優
  • 1972年 - トーマス・リンドバーグ、ヘヴィメタルミュージシャン、ボーカリスト(アット・ザ・ゲイツ等)
  • 1973年 - 奥村幸司、野球選手
  • 1973年 - トーマス・ミューレ、サッカー選手
  • 1974年 - 中野栄一、元プロ野球選手
  • 1974年 - ポール・カリヤ、アイスホッケー選手
  • 1975年 - HARCO、ミュージシャン
  • 1975年 - 中山光久、元プロ野球選手
  • 1976年 - Yammy、歌手
  • 1976年 - 末吉里花、フリーアナウンサー
  • 1977年 - 石川亜沙美、女優、ファッションモデル
  • 1977年 - ジョン・ヘダー、俳優
  • 1977年 - 西尾健治、ミュージカル俳優
  • 1978年 - 渡邉卓哉、フジテレビ元アナウンサー
  • 1979年 - 義山望、TVQ九州放送アナウンサー
  • 1979年 - カルロス・ムニョス、元マイナーリーガー
  • 1980年 - 中山恵、俳優、ファッションモデル
  • 1980年 - スー・バード、バスケットボール選手
  • 1981年 - トモ、奇術師、読者モデル
  • 1981年 - 真中潤、歌手
  • 1982年 - 松谷秀幸、元プロ野球選手
  • 1982年 - パトリシア・ホール、陸上競技選手
  • 1982年 - クリスティアン・リベーロス、サッカー選手
  • 1983年 - 山本太作、ミュージシャン(AJISAI)
  • 1983年 - 奈月はな(森原みさと)、グラビアアイドル
  • 1983年 - フィリップ・コールシュライバー、テニス選手
  • 1983年 - ケニー・オメガ、プロレスラー
  • 1984年 - 徳澤直子、ファッションモデル
  • 1984年 - 優木紗和、元タレント
  • 1984年 - メリッサ・ローレン、ポルノ女優
  • 1985年 - 沼田由花、タレント
  • 1985年 - ケーシー・ストーナー、オートバイレーサー
  • 1986年 - 岩永徹也、薬剤師、ファッションモデル、タレント、俳優
  • 1986年 - インナ、歌手
  • 1987年 - 川端慎吾、プロ野球選手
  • 1990年 - 高畠華澄、アイドル
  • 1990年 - 佐藤亜美菜、元AKB48
  • 1990年 - 守屋宏紀、テニス選手
  • 1990年 - 桑野晃輔、俳優、声優
  • 1991年 - 瀧本美織、タレント
  • 1991年 - 小川大貴、サッカー選手
  • 1992年 - 足立梨花、女優、タレント
  • 1992年 - ブライス・ハーパー、メジャーリーガー
  • 1993年 - キャロリン・ガルシア、テニス選手
  • 1994年 - 鬼頭明里、声優
  • 1995年 - 後藤郁、アイドル(元アイドリング!!!25号)
  • 1995年 - 天木じゅん、グラビアアイドル
  • 1996年 - 田村響華、声優
  • 1997年 - 大坂なおみ、テニス選手
  • 1997年 - 中川可菜、女優、モデル
  • 生年不明 - べっかんこう、ゲームクリエイター、イラストレーター
  • 生年不明 - 八戸優、声優

忌日

  • 1027年(万寿4年9月14日)- 藤原妍子、三条天皇の中宮(* 994年)
  • 1355年 - ルドヴィーコ、シチリア王(* 1337年)
  • 1504年(永正元年9月9日)- 最上義淳、出羽国の戦国大名
  • 1537年 - フランソワーズ・ド・フォワ、フランス王フランソワ1世の愛妾(* 1495年)
  • 1553年 - ルーカス・クラナッハ、画家(* 1472年)
  • 1555年(弘治元年10月1日)- 陶晴賢、戦国武将(* 1521年)
  • 1591年 - グレゴリウス14世、第229代ローマ教皇(* 1535年)
  • 1615年(元和元年8月24日)- 島井宗室、商人(* 1539年)
  • 1621年 - ヤン・ピーテルスゾーン・スウェーリンク、作曲家(* 1562年)
  • 1632年(寛永9年9月3日)- 浅野長晟、初代広島藩主(* 1586年)
  • 1680年 - ライモンド・モンテクッコリ、オーストリア軍司令官(* 1609年)
  • 1682年(天和2年9月16日)- 山崎闇斎、儒者、神道家(* 1619年)
  • 1750年 - シルヴィウス・レオポルト・ヴァイス、作曲家(* 1687年)
  • 1791年 - グリゴリー・ポチョムキン、ロシア帝国陸軍首席大将、クリミア総督(* 1739年)
  • 1793年 - マリー・アントワネット、フランス国王ルイ16世王妃(* 1755年)
  • 1796年 - ヴィットーリオ・アメデーオ3世、サルデーニャ王(* 1726年)
  • 1810年 - ナフマン・ブラツラフ、ユダヤ教ブレスラフ派開祖(* 1772年)
  • 1832年(天保3年9月23日)- 頼山陽、儒学者、文人(* 1780年)
  • 1874年 - ツヴィ・カリシャー、タルムード学者、シオニズム運動家(* 1795年)
  • 1893年 - パトリス・ド・マクマオン、フランス第三共和政第2代大統領(* 1808年)
  • 1898年 - ジュール=ウジェーヌ・ルヌヴー、画家(* 1819年)
  • 1908年 - 高島嘉右衛門、実業家、易断家(* 1832年)
  • 1914年 - 矢頭良一、発明家(* 1878年)
  • 1925年 - クリスチャン・クローグ、画家(* 1852年)
  • 1930年 - 岩崎俊弥、旭硝子創業者(* 1881年)
  • 1938年 - 野間清治、講談社創業者(* 1878年)
  • 1943年 - 柳原愛子、大正天皇生母(* 1859年)
  • 1944年 - 小金井良精、人類学者、解剖学者(* 1859年)
  • 1946年 - ヴィルヘルム・フリック、ナチス・ドイツ内相、ベーメン・メーレン保護領総督(* 1877年)
  • 1946年 - ヴィルヘルム・カイテル、ナチス・ドイツ国防軍最高司令部総長(* 1882年)
  • 1946年 - ユリウス・シュトライヒャー、シュテュルマー紙の編集者(* 1885年)
  • 1946年 - アルフレート・ヨードル、ナチス・ドイツ国防軍最高司令部作戦部長(* 1890年)
  • 1946年 - アルトゥル・ザイス=インクヴァルト、オーストリア・ナチスの指導者(* 1892年)
  • 1946年 - アルフレート・ローゼンベルク、ナチス・ドイツの人種理論家、東部占領地域相(* 1893年)
  • 1946年 - ヨアヒム・フォン・リッベントロップ、ナチス・ドイツ外相(* 1893年)
  • 1946年 - フリッツ・ザウケル、ナチス・ドイツ労働相(* 1894年)
  • 1946年 - ハンス・フランク、ナチス・ドイツポーランド総督(* 1900年)
  • 1946年 - エルンスト・カルテンブルンナー、ナチス・ドイツ国家保安本部長官(* 1903年)
  • 1954年 - ラルフ・ベナツキー、作曲家(* 1884年)
  • 1956年 - ジュール・リメ、国際サッカー連盟会長(* 1873年)
  • 1959年 - ジョージ・C・マーシャル、マーシャル・プランを提唱したアメリカの政治家、軍人(* 1880年)
  • 1962年 - ガストン・バシュラール、哲学者(* 1884年)
  • 1963年 - 宮原清、実業家、日本社会人野球協会初代会長(* 1882年)
  • 1967年 - 富田常雄、小説家(* 1904年)
  • 1970年 - 坂田昌一、物理学者(* 1911年)
  • 1980年 - 山本麟一、俳優(* 1927年)
  • 1981年 - モーシェ・ダヤン、イスラエルの軍人、国防相、外相(* 1915年)
  • 1982年 - ヤコヴ・ゴトヴァツ、作曲家(* 1895年)
  • 1982年 - マリオ・デル=モナコ、テノール歌手(* 1915年)
  • 1983年 - 河野謙三、第11・12代参議院議長(* 1901年)
  • 1986年 - アルテュール・グリュミオー、ヴァイオリニスト(* 1921年)
  • 1989年 - コーネル・ワイルド、俳優(* 1915年)
  • 1989年 - 二出川延明、元プロ野球選手、審判(* 1901年)
  • 1989年 - 相良守峯、ドイツ文学者(* 1895年)
  • 1990年 - ホルヘ・ボレット、ピアニスト(* 1914年)
  • 1990年 - アート・ブレイキー、ジャズドラマー(* 1919年)
  • 1992年 - 福沢一郎、洋画家(* 1898年)
  • 1994年 - 井上孝雄、俳優(* 1935年)
  • 1997年 - ジェームズ・ミッチェナー、小説家(* 1907年)
  • 1998年 - ジョン・ポステル、コンピュータ科学者(* 1943年)
  • 2003年 - スチュ・ハート、プロレスラー(* 1915年)
  • 2004年 - 川又一英、小説家・美術研究家(* 1944年)
  • 2005年 - バリントン・ムーア、社会学者(* 1913年)
  • 2006年 - バレンティン・パニアグア、ペルー元大統領(* 1936年)
  • 2007年 - デボラ・カー、女優(* 1921年)
  • 2007年 - トシェ・プロエスキ、歌手(* 1981年)
  • 2011年 - 有川博、俳優、声優(* 1940年)
  • 2011年 - ダン・ウェルドン、レーシングドライバー(* 1978年)
  • 2014年 - ティム・ハウザー、歌手、マンハッタン・トランスファーメンバー(* 1941年)
  • 2014年 - 惣司ろう、漫画家
  • 2016年 - たかしまあきひこ、作曲家(* 1943年)
  • 2017年 - ダフネ・カルーアナ・ガリジア、ジャーナリスト(* 1964年)
  • 1983年 - ケルソ、競走馬(* 1957年)

スピーチ作成 - テーマ「ボスの日」

自分が初めてテーマを知った/経験した時のエピソード。
テーマについて自分はどう思うか/思ったか。
言葉/行動/影響について自分はどう思うか。
今後自分はどうしたいと思うか。

スピーチ出力 - 10-16_ボスの日.txt

想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。
日付からスピーチを作る
10月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
11月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
12月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
1月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
2月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29
3月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
4月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
5月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
6月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
7月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
8月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
9月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30

参考になる本

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法
 会議・朝礼・電話でも、接客・商談・会合でも、面接・結婚式のスピーチでも、デート・合コン・保護者会でも。
 こんなふうに話せば「あがり」にさようなら! 予約半年待ち! 超人気講師が教える“緊張しないコツ。
¥ 1,210
超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48
 本書では、人前では話すことが苦手な人でもすぐ実行でき、たちまち効果を実感できる「あがらずに話せる正しい方法」を48個紹介しています。
 スピーチ・朝礼・会議・面接でドキドキしない!商談・プレゼン・営業が面白いほど成功する!人前で話すのが苦手な人でも大丈夫!あがらずに話せる超シンプルなテクニックを大公開!
¥ 1,296
朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100 話しベタなあなたに贈る
 他人の興味を引く「鉄板ネタ」さえ持っていれば、誰でも「人前で話すこと」が怖くなくなります。
 聞き手が具体的にイメージしやすいようにスポーツ選手や芸能人など、著名人のエピソードもたくさん織り込んだ「鉄板ネタ」を100個集めました。
¥ 1,620
恥をかかないスピーチ力
 新年度に自己紹介をしたり、結婚式やちょっとした集まりで人前で話したりする機会は意外と多い。そんな時に役立つ、スピーチやコメントのコツ、心構え。
 恥をかかないレベルから「なかなかうまいな」と思われるレベルまで、どうステップアップするか。
 「時間感覚」「身体感覚」の重要性、始まり方と終わり方、小ネタの集め方、シーン別のコツやNGポイントまで、人前で話す時にはこれさえあれば大丈夫!
¥ 702
心に届く話し方 65のルール
 本書は、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説した、話し方の基礎技術の本です。
 「本質的に内容が相手にきちんと伝わる」ことを目的とし、「そのための具体的かつ自然な音声表現のディテール」まで迫った本です。
¥ 1,361
カーネギー話し方入門 文庫版
 あのウォーレン・バフェットも受講したというデール・カーネギーの話し方講座のエッセンスをまとめた本。
 カーネギーといえば、大ベストセラーとなった『人を動かす』があまりに有名だが、本書の原著も100万部を突破したベストセラーとして、アメリカでは広く知られている。
¥ 650