365日のネタ・スピーチ例は、1年分(365日分)のネタと、朝礼などのスピーチの作例や作り方を、まとめたサイトです。 >> 使い方を読む

4月14日の情報

記念日・年中行事

  • 東南アジア・南アジアの正月
    東南アジア・南アジアの多くの国では4月14日を新年の始まりの日としている。本来は太陽が白羊宮に入る日で、グレゴリオ暦上の日付は年により異なるが、現在は多くの国で4月14日に固定されている。
  • オレンジデー(日本)
  • パートナーデー(日本)
    佐賀県佐賀市が1998年に制定。男女が共に参画する社会を目指す日。
  • 椅子の日(日本)
    大阪の家具販売会社「オフィスレット」が2006年に「4 1 4」(よい いす)の頃に合わせて制定。
  • 柔道整復の日(日本)
    1970年のこの日に柔道整復師法が公布されたことから、NPO法人・全国柔整鍼灸協会が制定。柔道整復を東洋医学に基づく医療として広く認識してもらうことが目的。
  • ブラックデー(韓国)
    バレンタインデー・ホワイトデーのどちらでも何ももらえず恋人ができなかった者同士が黒い服を着て集まり、チャジャン麺(麺に黒いあんをかけた料理)やコーヒーなど黒い物を飲食する日。
  • 青年の日(アンゴラ)
  • 春の高山祭(日本高山市)
    岐阜県高山市で行われる日枝神社の例祭。日本三大美祭の一つに数えられる。
  • エジプトの聖マリアの記憶(正教会)
    正教会で第二の聖人とも言われるエジプトの聖マリアを記憶する。修正ユリウス暦使用教会では4月1日。カトリック教会では4月3日。
  • SOSの日(タイタニック号の日)
    1912年のこの日、豪華客船タイタニック号がニューファンドランド島沖で氷山に衝突。
    この時に発せられたSOS信号が世界で初めてのSOS信号という誤った説が広まったことから(正しくは1909年6月10日スラボニア号が世界初)

歴史

  • 69年 - 四皇帝の年: 第1次ベドリアクムの戦い。ウィテッリウスがオトを破り帝位に就く。
  • 969年(安和2年3月25日)- 安和の変。源満仲の密告により源高明が皇太子・守平親王(後の円融天皇)廃立陰謀のかどで大宰権帥に左遷される。これにより藤原氏政権が確立する。
  • 1205年 - 第4回十字軍: ハドリアノポリスの戦い。ラテン帝国軍がブルガリア帝国軍に大敗し、皇帝ボードゥアン1世が捕虜となる。
  • 1293年(永仁元年3月7日)- 鎌倉幕府が、蒙古再来に備え九州の裁判と軍事指揮を行う鎮西探題を博多に設置。
  • 1471年 - 薔薇戦争: バーネットの戦い
  • 1603年(慶長8年3月3日)- 日本橋が開通。
  • 1670年(寛文10年2月25日)- 箱根用水の全長1,200メートルの隧道が貫通。
  • 1828年 - ノア・ウェブスターが『アメリカ英語辞典』初版を出版。
  • 1849年 - コシュート・ラヨシュがハンガリーのオーストリアからの独立を宣言し、執政官に就任。
  • 1865年 - アメリカ合衆国大統領エイブラハム・リンカーンがワシントンのフォード劇場で狙撃される。翌日死亡。(リンカーン大統領暗殺事件)
  • 1879年 - 横浜 - 新橋の鉄道に日本人運転士が初めて乗務。翌年11月から全列車に乗務。
  • 1890年 - 汎米連合(米州機構の前身の一つ)が発足。
  • 1912年 - 豪華客船タイタニック号がニューファンドランド島沖で氷山に衝突。翌日未明に沈没。死者1,513人。
  • 1921年 - 軌道法公布。
  • 1922年 - アイルランド共和軍が、フォー・コーツ(アイルランド最高法廷)を襲撃。アイルランド内戦のきっかけに。
  • 1929年 - 第1回モナコグランプリ開催。
  • 1929年 - 大阪鉄道(現・近鉄南大阪線)上ノ太子駅で 大鉄電車三重衝突事故発生。
  • 1931年 - スペイン国王アルフォンソ13世が退位、王政が廃止され、スペイン第二共和政が成立。
  • 1931年 - 日本で濱口雄幸首相が前年11月に狙撃されたことが元で病状が悪化し、濱口内閣が総辞職。若槻禮次郎が第28代内閣総理大臣に就任し、第2次若槻内閣が発足。
  • 1939年 - ジョン・スタインベックの小説『怒りの葡萄』が発刊。
  • 1947年 - 私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律(独占禁止法)公布。
  • 1949年 - プロ野球の試合中に監督が相手選手を殴打。(三原ポカリ事件)
  • 1950年 - 横須賀市で京急バスのトレーラーバスが走行中に炎上。車両の構造から運転手が火災に気付くのが遅れ、17人焼死。
  • 1955年 - 日本初のテレビクイズ番組とされる『私の秘密』がNHKで放送開始。
  • 1963年 - 「海苔漁民の救世主」キャスリーン・メアリー・ドリュー=ベーカーの功績を永遠に称えるため、有明海を一望できる住吉公園に、海苔漁民の手により記念碑が建立。以後、毎年4月14日、県内外の海苔養殖関係者が集まり「ドゥルー祭」が開催。
  • 1969年 - 本郷兄弟決闘殺人事件
  • 1979年 - 埼玉県所沢市に西武球場が開場。
  • 1981年 - 東京大学宇宙研究所を文部省宇宙科学研究所に改組。
  • 1986年 - バングラデシュ・ゴパルゴンジで史上最大の1キログラムの雹が落下。92人が死亡。
  • 1988年 - ナポリ事件。ナポリの米軍クラブで車爆弾が爆発、22人死亡。
  • 1999年 - 光市母子殺害事件
  • 2003年 - 国際ヒトゲノム計画によってヒトゲノム解読の全作業を完了。
  • 2005年 - オレゴン州の最高裁判所が、マルトノマ郡が発行した男性同士の結婚許可証を無効と決定。
  • 2006年 - ライブドア事件: 東京証券取引所がライブドアを上場廃止。
  • 2008年 - アメリカ合衆国大手航空会社デルタ航空が、ノースウェスト航空の買収による合併合意を発表。
  • 2009年 - 平戸市舘浦漁協所属の巻き網漁船第11大栄丸が転覆沈没。行方不明者12名。
  • 2009年 - ジョージ・ハリスンがハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに名を刻まれる。
  • 2010年 - アイスランドのエイヤフィヤトラヨークトル火山が噴火。
  • 2010年 - 中国のチベット州自治区でMw6.9の青海地震が発生。少なくとも2,698名が死亡し、10万名以上が家屋を失った。
  • 2012年 - 新東名高速道路の御殿場JCT - 浜松いなさJCT間(約162km)が開通。日本の高速道路の新規開通距離としては過去最長。
  • 2016年 - 日本時間21時26分に熊本地震の前震が発生、 熊本・益城町で震度7。死者50人。

誕生日

  • 1578年 - フェリペ3世、スペイン国王(+ 1621年)
  • 1629年 - クリスティアーン・ホイヘンス、物理学者、天文学者(+ 1695年)
  • 1738年 - ウィリアム・キャヴェンディッシュ=ベンティンク 、イギリス首相(+ 1809年)
  • 1741年(寛保元年2月29日)- 桃園天皇、第116代天皇(+ 1762年)
  • 1824年(文政7年3月15日)- 徳川慶勝、第14・17代尾張藩主(+ 1883年)
  • 1833年(天保4年2月25日)- 大鳥圭介、軍学者、技術者、外交官(+ 1911年)
  • 1838年(天保9年3月20日)- 楠本正隆、政治家(+ 1902年)
  • 1852年(嘉永5年閏2月25日)- 児玉源太郎、軍人(+ 1906年)
  • 1862年 - ピョートル・ストルイピン、政治家(+ 1911年)
  • 1861年 - ジョン・カーティー、電子工学者(+ 1932年)
  • 1865年(元治2年2月17日)- 呉秀三、医学者、精神科医(+ 1932年)
  • 1866年 - アン・サリヴァン、ヘレン・ケラーの家庭教師(+ 1936年)
  • 1868年 - ペーター・ベーレンス、建築家、デザイナー(+ 1940年)
  • 1882年 - モーリッツ・シュリック、哲学者(+ 1936年)
  • 1884年 - 十河信二、第4代国鉄総裁(+ 1981年)
  • 1889年 - アーノルド・J・トインビー、歴史学者(+ 1975年)
  • 1890年 - 岡田資、軍人(+ 1949年)
  • 1891年 - ビームラーオ・アンベードカル、思想家、政治家(+ 1956年)
  • 1891年 - 高倉輝(タカクラ・テル)、劇作家、小説家、政治家(+ 1986年)
  • 1892年 - ゴードン・チャイルド、考古学者(+ 1957年)
  • 1895年 - 相良守峯、ドイツ文学者(+ 1989年)
  • 1897年 - 富田木歩、俳人(+ 1923年)
  • 1897年 - エドガルド・ドナート、タンゴ音楽家(+ 1963年)
  • 1899年 - 黒田寿男、政治家(+ 1986年)
  • 1900年 - 中村芝鶴(2代目)、歌舞伎役者(+ 1981年)
  • 1902年 - 高橋貞次、刀匠(+ 1968年)
  • 1904年 - ジョン・ギールグッド、俳優(+ 2000年)
  • 1907年 - フランソワ・デュヴァリエ、ハイチ大統領(+ 1971年)
  • 1909年 - 依田義賢、脚本家(+ 1991年)
  • 1910年 - 大和球士、野球評論家(+ 1992年)
  • 1912年 - 古島敏雄、歴史学者(+ 1995年)
  • 1912年 - ロベール・ドアノー、写真家(+ 1994年)
  • 1913年 - 中村喜春、芸者、随筆家(+ 2004年)
  • 1913年 - ジャン・フルネ、指揮者(+ 2008年)
  • 1914年 - 林屋辰三郎、歴史学者(+ 1998年)
  • 1917年 - マービン・ミラー、MLB選手会会長(+ 2012年)
  • 1918年 - 神田隆、俳優(+ 1986年)
  • 1918年 - 周汝昌、文学研究者・詩人(+ 2012年)
  • 1921年 - 長井勝一、漫画編集者、『ガロ』発刊者(+ 1996年)
  • 1921年 - トーマス・シェリング、経済学者、政治学者(+ 2016年)
  • 1923年 - ジョン・ホルト、教育者(+ 1985年)
  • 1923年 - 出羽湊秀一、大相撲力士、年寄藤島(+ 1979年)
  • 1925年 - ロッド・スタイガー、俳優(+ 2002年)
  • 1925年 - ジーン・アモンズ、ジャズサクソフォーン奏者(+ 1974年)
  • 1926年 - 宮井勝成、アマチュア野球指導者
  • 1927年 - アラン・マクダイアミッド、化学者(+ 2007年)
  • 1930年 - 辻村真人、声優
  • 1933年 - 松岡文雄、声優
  • 1933年 - 清水宏員、プロ野球選手
  • 1934年 - ロレッタ・リン、カントリー歌手
  • 1934年 - フレドリック・ジェイムソン、思想家、文学研究者
  • 1934年 - マーティ・キーオ、メジャーリーガー
  • 1941年 - ピート・ローズ、メジャーリーガー
  • 1941年 - ジュリー・クリスティ、女優
  • 1941年 - 横尾和子、元最高裁判所裁判官
  • 1942年 - ワレリー・ブルメル、陸上競技選手(+ 2003年)
  • 1944年 - 西崎崇子、ヴァイオリニスト
  • 1944年 - 宮川泰夫、アナウンサー
  • 1945年 - リッチー・ブラックモア、ギタリスト(ディープ・パープル、レインボー)
  • 1947年 - 弥永和子、声優(+ 2014年)
  • 1947年 - 倉田晃、プロ野球選手
  • 1948年 - 木村裕一、絵本作家
  • 1949年 - 吉岡悟、プロ野球選手
  • 1949年 - 中津川博郷、政治家
  • 1950年 - 松崎哲久(湯川裕光)、政治家、作家
  • 1950年 - 乱一世、タレント
  • 1950年 - エステルハージ・ペーテル、小説家(+ 2016年)
  • 1951年 - ジュリアン・ロイド・ウェバー、チェリスト
  • 1953年 - エリック・ツァン(曾志偉)、俳優、映画監督
  • 1953年 - 根建忍、プロ野球選手
  • 1954年 - 大友克洋、漫画家
  • 1954年 - ブルース・スターリング、SF作家
  • 1956年 - バーバラ・ボニー、ソプラノ歌手
  • 1957年 - ミハイル・プレトニョフ、ピアニスト、指揮者
  • 1957年 - 葉千栄、ジャーナリスト
  • 1958年 - 桜田淳子、歌手
  • 1959年 - 市川笑也(2代目)、歌舞伎役者
  • 1961年 - ロバート・カーライル、俳優
  • 1962年 - サクラマコト(前田真人)、ミュージシャン
  • 1962年 - 島田信行、格闘技トレーナー
  • 1963年 - 今井美樹、歌手
  • 1963年 - 松本豊、プロ野球選手
  • 1963年 - 樫木裕実、ボディメイクトレーナー
  • 1964年 - 山崎たくみ、声優
  • 1965年 - まつもとゆきひろ、プログラミング言語Ruby設計者
  • 1966年 - グレッグ・マダックス、メジャーリーガー
  • 1966年 - ボイ・ロドリゲス、プロ野球選手
  • 1966年 - デビッド・ジャスティス、メジャーリーガー
  • 1967年 - 一條裕子、漫画家
  • 1967年 - 渡辺道明、漫画家
  • 1967年 - 土佐信道、アーティスト
  • 1967年 - 原口哲也、プロ野球選手
  • 1968年 - 小沢健二、ミュージシャン
  • 1968年 - 長谷部裕、プロ野球選手
  • 1968年 - アンソニー・マイケル・ホール、俳優
  • 1968年 - 満園英二、ミュージシャン(THE SLUT BANKS)
  • 1969年 - 清原亜希、モデル
  • 1969年 - ビセンテ・ガリバルド、元マイナーリーガー
  • 1969年 - 八木政義、プロ野球選手
  • 1969年 - ブラッド・オースマス、メジャーリーガー
  • 1970年 - 工藤静香、歌手
  • 1970年 - Mummy-D(坂間大介)、ラッパー
  • 1970年 - 神野純一、プロ野球選手
  • 1972年 - 奥野史子、シンクロナイズドスイミング選手
  • 1972年 - 片岡身江、女優、声優
  • 1973年 - エイドリアン・ブロディ、俳優
  • 1973年 - ロベルト・アジャラ、元サッカー選手
  • 1974年 - 植松寿絵、プロレスラー
  • 1974年 - 江原淳史、元俳優
  • 1975年 - アンデウソン・シウバ、総合格闘家
  • 1975年 - ヴェロニカ・ゼマノヴァ、モデル
  • 1976年 - 小泉享亮、ミュージシャン
  • 1976年 - 森木俊介、お笑い芸人(ラフ・コントロール)
  • 1976年 - クリスチャン・アルヴェスタム、ミュージシャン
  • 1976年 - カイル・ファーンズワース、元メジャーリーガー
  • 1977年 - 上坂太一郎、プロ野球選手
  • 1977年 - 波当根弓彦、プロゴルファー
  • 1977年 - 山里亮太、お笑い芸人(南海キャンディーズ)
  • 1977年 - 安達しほり、お笑いタレント(ザ・アンモナイト)
  • 1977年 - サラ・ミシェル・ゲラー、女優
  • 1977年 - クリスティアーノ・ザネッティ、サッカー選手
  • 1978年 - 村治佳織、クラシックギター奏者
  • 1979年 - シドニー・デヨング、元野球選手
  • 1980年 - 相沢まき、タレント
  • 1980年 - 伊藤歩、女優
  • 1981年 - 岩舘学、プロ野球選手
  • 1981年 - 小泉進次郎、政治家
  • 1982年 - 神戸蘭子、ファッションモデル
  • 1982年 - 西村美樹、陸上競技選手
  • 1982年 - 安田直樹、スピードスケート選手
  • 1982年 - ジョシュ・ホワイトセル、プロ野球選手
  • 1983年 - タチアナ・チュバエワ、フィギュアスケート選手
  • 1984年 - 日馬富士公平、大相撲力士
  • 1984年 - クリス・ラルー、プロ野球選手
  • 1985年 - 小島昌也、プロ野球選手(+ 2011年)
  • 1986年 - 杏、女優、ファッションモデル
  • 1988年 - 大島嵩弘、サッカー選手
  • 1988年 - 林龍之介、ミュージシャン
  • 1988年 - 前野貴徳、サッカー選手
  • 1988年 - 吉田明世、TBSアナウンサー
  • 1989年 - Candy、歌手
  • 1989年 - 関口将平、野球選手
  • 1990年 - 熊崎愛、野球選手
  • 1993年 - ブランドン・フィネガン、メジャーリーガー
  • 1996年 - アビゲイル・ブレスリン、女優
  • 1996年 - 松本裕樹、プロ野球選手
  • 1999年 - 加藤美優、卓球選手
  • 2000年 - 平野美宇、卓球選手
  • 2000年 - ソーズビー航洋(ソーズビーキャメロン航洋)、タレント
  • 生年不明 - 長谷川明子、声優
  • 生年不明 - 大塚雅彦、アニメ監督
  • 生年不明 - 田沢智、声優
  • 1977年 - キョウエイプロミス、競走馬(+ 2003年)

忌日

  • 923年(延喜23年3月21日)- 保明親王、平安時代の皇族(* 903年)
  • 967年(康保4年3月2日)- 敦実親王、平安時代の皇族(* 893年)
  • 1132年 - ムスチスラフ1世、キエフ大公(* 1076年)
  • 1471年 - リチャード・ネヴィル、第16代ウォリック伯(* 1428年)
  • 1471年 - ジョン・ネヴィル、初代モンターギュ侯(* 1431年)
  • 1578年 - ジェームズ・ヘップバーン、スコットランド女王メアリーの王配(* 1535年)
  • 1682年 - アヴァクーム、司祭(* 1620年?)
  • 1711年 - ルイ、フランス王ルイ14世の長男(* 1661年)
  • 1759年 - ジョージ・フレデリック・ヘンデル、作曲家(* 1685年)
  • 1764年(宝暦14年3月14日)- 池田宗政、第4代岡山藩主(* 1727年)
  • 1765年(明和2年2月25日)- 徳川宗将、第7代紀州藩主(* 1720年)
  • 1807年 - イェレミアス・リヒター、化学者(* 1762年)
  • 1820年 - レヴィ・リンカーン、第4代アメリカ合衆国司法長官(* 1749年)
  • 1823年(文政6年3月4日)- 立原翠軒、水戸藩士(* 1744年)
  • 1843年 - ヨーゼフ・ランナー、作曲家、ヴァイオリニスト(* 1801年)
  • 1859年 - ジョージ・ビブ、第17代アメリカ合衆国財務長官(* 1776年)
  • 1861年(文久元年3月5日)- 歌川国芳、浮世絵師(* 1798年)
  • 1895年 - ジェームズ・デーナ、地質学者、鉱物学者(* 1813年)
  • 1910年 - ミハイル・ヴルーベリ、画家(* 1856年)
  • 1911年 - アディ・ジョス、メジャーリーグのプロ野球選手(* 1880年)
  • 1917年 - ルドヴィコ・ザメンホフ、眼科医、エスペラント創案者(* 1859年)
  • 1922年 - 2代目立花家千橘、音曲師(* 1873年)
  • 1922年 - キャップ・アンソン、メジャーリーガー(* 1852年)
  • 1924年 - ルイス・サリヴァン、建築家(* 1856年)
  • 1925年 - 平田東助、第19代農商務大臣、第26代内務大臣、内大臣(* 1849年)
  • 1925年 - ジョン・シンガー・サージェント、画家(* 1856年)
  • 1930年 - ウラジーミル・マヤコフスキー、詩人(* 1893年)
  • 1935年 - エミー・ネーター、数学者(* 1882年)
  • 1937年 - ネッド・ハンロン、メジャーリーガー(* 1857年)
  • 1938年 - ギリス・グラフストローム、フィギュアスケート選手(* 1893年)
  • 1943年 - ヤーコフ・ジュガシヴィリ、ヨシフ・スターリン(ソビエト連邦指導者)の長男(* 1908年)
  • 1958年 - 佐藤市郎、軍人(* 1889年)
  • 1963年 - 野村胡堂、小説家(* 1882年)
  • 1964年 - レイチェル・カーソン、生物学者(* 1907年)
  • 1969年 - ロベルト・フィルポ、タンゴのピアニスト、作曲家、指揮者(* 1884年)
  • 1975年 - フレドリック・マーチ、俳優(* 1897年)
  • 1978年 - ジョー・ゴードン、メジャーリーガー(* 1915年)
  • 1980年 - ジャンニ・ロダーリ、児童文学作家(* 1920年)
  • 1981年 - クリスティアン・ダーントン、作曲家(* 1905年)
  • 1981年 - イヴァン・ガラミアン、ヴァイオリニスト(* 1903年)
  • 1986年 - シモーヌ・ド・ボーヴォワール、哲学者(* 1908年)
  • 1994年 - 利根山光人、画家(* 1921年)
  • 1996年 - 高鐵山孝之進、大相撲力士(* 1942年)
  • 1996年 - 綱淵謙錠、小説家、随筆家(* 1924年)
  • 1997年 - ジャムビィン・バトムンフ、政治家(* 1926年)
  • 2000年 - フィル・カッツ、プログラマ(* 1962年)
  • 2001年 - 三波春夫、歌手(* 1923年)
  • 2001年 - 勅使河原宏、華道家、映画監督(* 1927年)
  • 2002年 - マルク・エルムレル、指揮者(* 1932年)
  • 2004年 - 桂喜丸、落語家(* 1956年)
  • 2006年 - 古川俊一、行政学者(* 1948年)
  • 2007年 - 柴山薫、漫画家(* 1964年)
  • 2008年 - 森中千香良、プロ野球選手・解説者(* 1939年)
  • 2009年 - 上坂冬子、ノンフィクション作家(* 1930年)
  • 2009年 - ドミトリー・クリュコフ、実業家(* 1960年)
  • 2012年 - 荒木しげる、俳優(* 1949年)
  • 2012年 - ピエルマリオ・モロジーニ、サッカー選手(* 1986年)
  • 2013年 - 下条進一郎、政治家(* 1920年)
  • 2013年 - 三國連太郎、俳優、映画監督(* 1923年)
  • 2013年 - コリン・デイヴィス、指揮者(* 1927年)
  • 2013年 - 式守伊之助、立行司(* 1936年)
  • 2015年 - パーシー・スレッジ、歌手(* 1941年)
  • 2015年 - 小島功、漫画家(* 1928年)

引用・参考URL

このページの引用・参考URL。
日付からスピーチを作る
12月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
1月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
2月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29
3月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
4月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
5月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
6月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
7月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
8月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
9月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
10月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
11月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30

参考になる本

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法
 会議・朝礼・電話でも、接客・商談・会合でも、面接・結婚式のスピーチでも、デート・合コン・保護者会でも。
 こんなふうに話せば「あがり」にさようなら! 予約半年待ち! 超人気講師が教える“緊張しないコツ。
¥ 1,210
超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48
 本書では、人前では話すことが苦手な人でもすぐ実行でき、たちまち効果を実感できる「あがらずに話せる正しい方法」を48個紹介しています。
 スピーチ・朝礼・会議・面接でドキドキしない!商談・プレゼン・営業が面白いほど成功する!人前で話すのが苦手な人でも大丈夫!あがらずに話せる超シンプルなテクニックを大公開!
¥ 1,296
朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100 話しベタなあなたに贈る
 他人の興味を引く「鉄板ネタ」さえ持っていれば、誰でも「人前で話すこと」が怖くなくなります。
 聞き手が具体的にイメージしやすいようにスポーツ選手や芸能人など、著名人のエピソードもたくさん織り込んだ「鉄板ネタ」を100個集めました。
¥ 1,620
恥をかかないスピーチ力
 新年度に自己紹介をしたり、結婚式やちょっとした集まりで人前で話したりする機会は意外と多い。そんな時に役立つ、スピーチやコメントのコツ、心構え。
 恥をかかないレベルから「なかなかうまいな」と思われるレベルまで、どうステップアップするか。
 「時間感覚」「身体感覚」の重要性、始まり方と終わり方、小ネタの集め方、シーン別のコツやNGポイントまで、人前で話す時にはこれさえあれば大丈夫!
¥ 702
心に届く話し方 65のルール
 本書は、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説した、話し方の基礎技術の本です。
 「本質的に内容が相手にきちんと伝わる」ことを目的とし、「そのための具体的かつ自然な音声表現のディテール」まで迫った本です。
¥ 1,361
カーネギー話し方入門 文庫版
 あのウォーレン・バフェットも受講したというデール・カーネギーの話し方講座のエッセンスをまとめた本。
 カーネギーといえば、大ベストセラーとなった『人を動かす』があまりに有名だが、本書の原著も100万部を突破したベストセラーとして、アメリカでは広く知られている。
¥ 650