365日のネタ・スピーチ例は、1年分(365日分)のネタと、朝礼などのスピーチの作例や作り方を、まとめたサイトです。 >> 使い方を読む

7月17日「東京の日」


 7月17日は「東京の日」です。慶応4年旧暦7月17日、明治天皇の詔勅により「江戸」が「東京」に改称されたことを記念したものです。

 私は司馬遼太郎の小説が好きだったために、江戸と東京が切り替わる前後の話をよく読んでいました。

 その上で1番印象的だったのは、革命が起きたのに、ほぼ無血開城で首都がそのまま維持されたことでした。

 江戸を東京と改称する構想は、江戸時代後期の経世家である佐藤信淵(のぶひろ)が、1823年(文政6年)に著した「混同秘策」にあります。この書に影響を受けて大久保利通が、江戸を東京と改称することを建言しました。
 「江戸」が「東京」に改称された時、「江戸ヲ称シテ東京ト為スノ詔書」において、東京という名称が決まりました。しかし、読み方については法令がありませんでした。
 「とうきやう」が正規に使われましたが、明治20年代前半頃は漢音読みの習慣も残っていたため「とうけい」の読みも少なくなかったそうです。
 のちに、第1期国定国語教科書で「東京」の振り仮名が「トーキョー」と表記され、混在はなくなりました。


 こうした言葉の変遷は、その時代の空気を非常に強く反映しています。同じ文字でも文化的背景によって、「とうきやう」以外に「とうけい」と読む人が多くいたわけですから。

 現代でも、言葉の観察は大切です。新しい言葉や読みから、その時代の世相を読み取る。そうして、上手く時代の空気を感じ取っていきたいと思います。

スピーチ作例 7月17日1
文字数:625文字   想定時間:25
想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。

その他の情報

 東京の前身となる江戸は、太田道灌築城の江戸城に徳川家康が入り、家康による新たな構想に基づいて構築された都市です。
 徳川家康が築いた江戸城のまわりには、巨大な外堀および内堀が渦巻状(「の」の字状)に作られました。また、南北・東西に水路が張り巡らされ、東京湾や利根川にまで通じる水路が整備されました。そのため、各地から江戸への水運が可能になり、江戸内の物流にも用いられました。
 東京都は、府県制時代の東京府の性格も有しています。そのため東京都は、日本の47都道府県の一つでもあります。東京府の行政区域を受け継いだため、多摩地域や伊豆諸島・小笠原諸島までの広大な海域・島嶼(とうしょ)が含まれています。
 府県制から都制へ移行した1943年まで、東京府には東京市・八王子市・立川市の3市がありました。しかし、都制施行とともに、東京市が23区へ解体されたため、東京都下の市は、八王子市と立川市の2市に減りました。
 その後、新憲法施行に伴い、地方自治法が施行され、東京都三多摩地区には2市以外にも多くの市が誕生しました。
 東京圏は、東京都区部を中心とする都市圏です。法令上は、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県および茨城県の都県域のうち、東京都区部および、これと社会的経済的に一体である「多極分散型国土形成促進法施行令」第6条で定める広域を指します。
 また、国土交通省では、東京圏を埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県と定義しています。東京圏の人口は、3000万人を超えており、人口は、2位のジャカルタ(2400万人程度)と大きく差をつけています。

引用・参考URL

このページの引用・参考URL。

記念日・年中行事

  • 国際司法の日(世界)
    1998年のこの日、国際刑事裁判所の設立に関する国際連合全権外交使節会議において国際刑事裁判所ローマ規程が採択されたことを記念。
  • 海の日(日本、2006年・2017年)※日付不定、7月の第3月曜日
  • 制憲節(韓国)
    1948年7月17日に、大韓民国憲法が制定されたことに由来。この日に憲法が制定されたのは、朝鮮王朝の建国日が7月17日だったためであると言われている。
  • 独立宣言記念日(スロバキア)
    1992年のこの日にチェコスロバキアのスロバキア国民議会(現・スロバキア共和国国民議会)がスロバキア共和国の国家主権宣言を採択したことを記念。
  • 国王誕生日(レソト)
    レソト国王レツィエ3世の誕生日。
  • 祇園祭 山鉾巡行(日本 京都市)
    1966年から2013年はこの日にまとめて行われていたが、2014年より、前祭(さきのまつり)をこの日に行っている(後祭(あとのまつり)は7月24日)。
  • あじさい忌(日本)
    俳優・石原裕次郎の1987年の忌日。「あじさい忌」の名称は、石原が生前アジサイの花が好きだったことにちなむ。
  • 東京の日(日本)
    慶応4年旧暦7月17日(1868年9月3日)、明治天皇の詔勅により「江戸」が「東亰(とうけい)」に改称されたことを記念。
  • 理学療法の日(日本)
    1966年のこの日に日本理学療法士協会が結成されたことを記念して、同会が制定。
  • 漫画の日
    1841年のこの日、イギリスで風刺漫画週刊誌『パンチ』が発刊されたことを記念。そのほか漫画の日には11月3日(手塚治虫の誕生日を祝して2002年に日本漫画家協会と出版社5社が提唱)とするもの、2月9日(手塚治虫の死没日を記念すべく古書店まんだらけが提唱)とするものがある。

歴史

  • 180年 - 北アフリカのスキッリウムでキリスト教徒20人が殉教。
  • 587年(用明天皇2年6月7日)- 蘇我馬子が穴穂部皇子を暗殺。
  • 645年(大化元年6月19日)- 日本初の元号「大化」が制定される。(『日本書紀』による)
  • 1333年(元弘3年/正慶2年6月5日)- 配流されていた隠岐島から脱出した後醍醐天皇が京に到着。
  • 1402年(建文4年6月17日)- 靖難の変で勝利した燕王朱棣(永楽帝)が明の皇帝に即位。
  • 1429年 - フランス王シャルル7世がランスで戴冠。
  • 1453年 - 百年戦争: 最後の戦いに当たるカスティヨンの戦いの結果、フランスが勝利。
  • 1488年(長享2年6月9日)- 加賀一向一揆で、加賀国の守護の富樫政親が殺害される。
  • 1589年(天正17年6月5日)- 摺上原の戦いが行われる。
  • 1620年(元和6年6月18日)- 徳川秀忠の五女・和子が後水尾天皇の女御として入内。
  • 1717年 - テムズ川でのイギリス国王ジョージ1世の舟遊びで、ヘンデルの『水上の音楽』が初演。
  • 1791年 - フランス革命: シャン・ド・マルスの虐殺が起こる。
  • 1841年 - イギリスで風刺漫画雑誌『パンチ』が創刊。
  • 1853年(嘉永6年6月12日)- 黒船来航:ペリー率いるアメリカ艦隊が江戸幕府からの国書回答猶予要請を受けて浦賀を出港。
  • 1868年(明治元年5月28日)- 沼津兵学校創立。
  • 1880年 - 旧刑法と治罪法(刑事訴訟法の前身)が制定される。
  • 1899年 - アメリカウェスタン・エレクトリックとの合弁で日本電気(NEC)設立。日本初の合弁事業。
  • 1916年 - 牧田らく・黒田チカの2人が東北帝国大学理科大学を卒業。日本女性初の学士号を得る。
  • 1917年 - ジョージ5世の命で英王室の家名がサクス=コバーグ=ゴータからウィンザーに改称、ウィンザー朝が始まる。
  • 1918年(ユリウス暦7月4日)- ロシア革命: ロシア・エカテリンブルクのイパチェフ館に監禁されていた元ロシア皇帝ニコライ2世とその家族らがボリシェヴィキにより銃殺される(ロマノフ家の処刑)。
  • 1924年 - 日本棋院創立。
  • 1936年 - スペイン内戦が勃発。
  • 1937年 - 日中戦争: 廬山会談。中国国民党の蒋介石と中国共産党の周恩来が会談し、抗日決戦で合意。
  • 1938年 - ダグラス・コリガンが無着陸大西洋横断飛行に出発。政府の許可を受けずに行った飛行であったが、本人は「方向を間違えただけ(wrong way)」と主張し、"Wrong Way" Corriganとして知られるようになる。
  • 1944年 - ポートシカゴの惨事が起こる。
  • 1945年 - 第二次世界大戦: ポツダム会談。英首相ウインストン・チャーチル、米大統領ハリー・S・トルーマン、ソ連共産党書記長ヨシフ・スターリンがドイツのポツダムで会談し、戦後処理と日本の降伏条件について話し合う。
  • 1945年 - 第二次世界大戦・日本本土空襲: 沼津大空襲
  • 1948年 - 大韓民国憲法(第一共和国憲法)制定。
  • 1953年 - 南紀豪雨: 翌18日にかけて紀州大水害が発生。死者615人、行方不明者431人。
  • 1955年 - アメリカのカリフォルニア州アナハイムにディズニーランドがオープン。
  • 1956年 - 「もはや戦後ではない」の文言が記された『経済白書』が発表され、経済面での戦後は終わったと宣言。
  • 1966年 - 『ウルトラマン』の放送がTBS系各局で開始。
  • 1968年 - イラクで7月17日革命が起きる。
  • 1970年 - 家永教科書裁判第二次訴訟の第一審で東京地裁が、教科書検定は検閲に当たり違憲であるとして、原告全面勝訴の判決を出す。
  • 1971年 - 日本プロ野球のオールスターゲーム第1戦(西宮)で、全セ先発の江夏豊(阪神)が9者連続奪三振(江夏のオールスター9連続奪三振)を達成、最終的に全セは継投によるノーヒットノーランも達成した。
  • 1971年 - 今井通子がグランド・ジョラス北壁に登頂。女性初のアルプス三大北壁登頂を達成。
  • 1973年 - アフガニスタン国王ザーヒル・シャーが病気療養のためイタリアに滞在中、従兄弟のムハンマド・ダーウード元首相がクーデターを起こし、国王を廃位。ザーヒル・シャーはそのままイタリアに亡命。
  • 1975年 - ひめゆりの塔を参拝した皇太子明仁親王(当時)と美智子皇太子妃(当時)に、左翼過激派が火炎瓶を投げる事件発生(ひめゆりの塔事件)。
  • 1975年 - アポロ・ソユーズテスト計画: アメリカの宇宙船アポロ18号とソ連の宇宙船ソユーズ19号が地球を周回する軌道上でドッキングに成功する。
  • 1976年 - 第21回夏季オリンピック、モントリオールオリンピック大会開催。8月1日まで。
  • 1976年 - インドネシアが東ティモールを併合。
  • 1977年 - 人気絶頂中のアイドルグループキャンディーズが日比谷野外音楽堂でのコンサート中に突然の解散宣言。「普通の女の子に戻りたい」が流行語になる。
  • 1979年 - ニカラグアのサンディニスタ民族解放戦線が武装蜂起。19日にアナスタシオ・ソモサ・デバイレ大統領がフロリダの別荘に亡命。
  • 1980年 - 鈴木善幸が70代内閣総理大臣に就任し、鈴木善幸内閣が成立。
  • 1981年 - ハイアットリージェンシー歩道橋落下事故。アメリカミズーリ州カンザスシティのホテルで空中通路が落下し、144人が死亡。
  • 1982年 - 郷ひろみが「哀愁のカサブランカ」をリリース、自分の歌に順位を付けられないとベストテン番組と賞レース出演を辞退する。
  • 1989年 - アメリカ空軍のステルス戦略爆撃機B-2が初飛行。
  • 1996年 - ポルトガル語諸国共同体結成。
  • 1996年 - トランスワールド航空800便墜落事故が起こる。
  • 1998年 - パプアニューギニア地震
  • 1997年 - ソニーがメモリースティックを発表。
  • 1998年 - 国際刑事裁判所の設立に関する国際連合全権外交使節会議において国際刑事裁判所ローマ規程が採択。(国際司法の日)
  • 2005年 - 北海道の知床半島(知床)がユネスコの世界遺産に登録される。
  • 2007年 - 日本が国際刑事裁判所ローマ規程に批准。規定により10月1日に105カ国目の締約国となる。
  • 2007年 - TAM航空3054便オーバーラン事故が起こる。
  • 2010年 - 京成電鉄、京成成田空港線(成田スカイアクセス)(印旛日本医大駅~空港第2ビル駅間)が開通、スカイライナー2代目AE形、同線経由に変更の上運用開始。
  • 2011年 - 2011 FIFA女子ワールドカップで、日本代表(なでしこJAPAN)が初優勝。
  • 2014年 - マレーシア航空17便が墜落する。
  • 2015年 - 前年の事故で意識不明に陥っていたレーシングドライバー、ジュール・ビアンキが死亡。
  • 2016年 - ル・コルビュジエの建築作品-近代建築運動への顕著な貢献-」第40回世界遺産委員会で登録が承認される。

誕生日

  • 1698年 - ピエール・ルイ・モーペルテュイ、数学者(+ 1759年)
  • 1796年 - ジャン=バティスト・カミーユ・コロー、画家(+ 1875年)
  • 1797年 - ポール・ドラローシュ、画家(+ 1856年)
  • 1827年 - フレデリック・エイベル、化学者(+ 1902年)
  • 1846年(弘化3年閏5月24日)- 徳川家茂、江戸幕府第14代将軍(+ 1866年)
  • 1871年 - リオネル・ファイニンガー、画家(+ 1956年)
  • 1888年 - 近藤兵太郎、高校野球指導者(+ 1966年)
  • 1897年 - マックス・クノール、物理学者(+ 1969年)
  • 1899年 - ジェームズ・キャグニー、俳優(+ 1986年)
  • 1901年 - ジョージ・フィリップ・ウェルズ、動物学者(+ 1985年)
  • 1903年 - 水島あやめ、脚本家、児童文学作家(+ 1990年)
  • 1903年 - 江戸英雄、実業家、三井不動産社長(+ 1997年)
  • 1903年 - 竹山道雄、評論家、ドイツ文学者(+ 1984年)
  • 1905年 - エドガー・スノー、ジャーナリスト(+ 1972年)
  • 1910年 - 大橋棣、元プロ野球選手(+ 2004年)
  • 1912年 - 灰山元治、元プロ野球選手(+ 1987年)
  • 1917年 - ドミトリ・ベリャーエフ、遺伝学者(+ 1985年)
  • 1917年 - ルー・ブードロー、メジャーリーガー(+ 2001年)
  • 1918年 - 堀田善衛、小説家(+ 1998年)
  • 1920年 - フアン・アントニオ・サマランチ、IOC第7代会長(+ 2010年)
  • 1922年 - 丹波哲郎、俳優(+ 2006年)
  • 1926年 - 小沢重雄、俳優、声優(+ 2008年)
  • 1927年 - ジャン・カサドシュ、ピアニスト(+ 1972年)
  • 1928年 - 森浩一、考古学者(+ 2013年)
  • 1929年 - 工藤栄一、映画監督(+ 2000年)
  • 1931年 - 木下秀雄、俳優、声優(+ 2014年)
  • 1932年 - 青島幸男、タレント、政治家、東京都知事(+ 2006年)
  • 1932年 - 石堂淑朗、脚本家、評論家(+ 2011年)
  • 1933年 - 淡路恵子、女優(+ 2014年)
  • 1934年 - 田所善治郎、元プロ野球選手
  • 1934年 - 東実、プロ野球選手
  • 1935年 - 石井智、アナウンサー(+ 1995年)
  • 1935年 - ドナルド・サザーランド、俳優
  • 1935年 - 矢追純一、ディレクター、テレビタレント
  • 1940年 - C・W・ニコル、作家
  • 1940年 - 植野浩史、プロ野球選手
  • 1940年 - 黒崎武、プロ野球選手
  • 1941年 - 高木守道、元プロ野球選手
  • 1941年 - 三浦布美子、女優、歌手、舞踊家
  • 1943年 - 藤田恒美、アナウンサー
  • 1943年 - 峰岸徹、俳優(+ 2008年)
  • 1944年 - カルロス・アウベルト、元サッカー選手、サッカー指導者(+ 2016年)
  • 1945年 - アフリク・シモーネ、歌手
  • 1948年 - たかお鷹、俳優、声優
  • 1948年 - 篠原孝、政治家
  • 1950年 - 新井良夫、元プロ野球選手
  • 1951年 - 三林京子、女優
  • 1952年 - デビッド・ハッセルホフ、俳優
  • 1952年 - ニコレット・ラーソン、歌手(+ 1997年)
  • 1953年 - 鈴木順、アナウンサー
  • 1953年 - 大野徹也、オペラ歌手、テノール
  • 1954年 - アンゲラ・メルケル、ドイツ首相
  • 1954年 - 佐々木正洋、アナウンサー
  • 1956年 - 中村秀昭、アナウンサー
  • 1957年 - 大竹しのぶ、女優
  • 1957年 - 中野英明、プロ野球選手
  • 1958年 - ウォン・カーウァイ、映画監督
  • 1959年 - 河合じゅんじ、漫画家
  • 1959年 - 杉山清貴、歌手
  • 1960年 - 木原実、気象予報士、舞台俳優
  • 1960年 - 村岡耕一、元プロ野球選手
  • 1960年 - 野中万寿夫、ミュージカル俳優
  • 1963年 - ピコ太郎、シンガーソングライター
  • 1963年 - マッチ・ニッカネン、元スキージャンプ選手
  • 1964年 - 神坂一 、小説家
  • 1964年 - 長江健次、俳優、タレント
  • 1967年 - 李昊星、元プロ野球選手(+ 2008年)
  • 1967年 - 大家敏志、政治家
  • 1967年 - 清宮克幸、元ラグビー選手
  • 1969年 - 北村一輝、俳優
  • 1970年 - 宅間孝行、俳優
  • 1971年 - 山田喜久夫、元プロ野球選手
  • 1971年 - 田中律子、タレント
  • 1971年 - アレクサンダー大塚、プロレスラー
  • 1972年 - ヤープ・スタム、元サッカー選手
  • 1973年 - 古坂大魔王、タレント、ミュージシャン(NO BOTTOM!)
  • 1973年 - 岸川雄二、元プロ野球選手
  • 1974年 - 牧野塁、プロ野球選手
  • 1974年 - クラウディオ・ロペス、元サッカー選手
  • 1976年 - トシ、お笑い芸人(タカアンドトシ)
  • 1978年 - ヒカルド・アローナ、柔術世界王者
  • 1978年 - ブラント・アスト、野球選手
  • 1979年 - 奥村武博、プロ野球選手、公認会計士
  • 1980年 - 池永大輔、野球選手
  • 1981年 - 井上あさひ、アナウンサー
  • 1982年 - 筑川利希也、野球選手
  • 1983年 - スティーブ・デラバー、メジャーリーガー
  • 1984年 - あさみ、歌手(カントリー娘。)
  • 1985年 - 鈴木葉月、グラビアアイドル、女優
  • 1986年 - 柴田講平、プロ野球選手
  • 1986年 - MEME、歌手(ケラケラ)
  • 1986年 - 山口賢貴、俳優
  • 1987年 - 橋田紘緒、タレント
  • 1987年 - レオネル・カンポス、メジャーリーガー
  • 1987年 - 笹沼明広、プロ野球選手
  • 1987年 - ヤン・チャロウズ、レーシングドライバー
  • 1988年 - 浅田舞、モデル、フィギュアスケート選手
  • 1988年 - 姫ちゃん、キャバクラ嬢、お笑い芸人
  • 1988年 - 郭躍、卓球選手
  • 1989年 - 山根万理奈、シンガーソングライター
  • 1989年 - 藤岡貴裕、プロ野球選手
  • 1990年 - 中野菜摘、野球選手
  • 1991年 - 中世古麻衣、モデル、グラビアアイドル
  • 1991年 - 陽川尚将、プロ野球選手
  • 1992年 - 梅本まどか、タレント、アイドル(SKE48)
  • 1992年 - 橋本ちなみ、声優
  • 1992年 - ビリー・ラード、女優
  • 1993年 - 桜井ひかり、女優
  • 1993年 - 大川藍、アイドル、ファッションモデル、タレント(アイドリング!!!20号)
  • 1993年 - 松田颯水、声優
  • 1996年 - 泉はる、女性ファッションモデル、タレント
  • 1996年 - 北野日奈子、アイドル(乃木坂46)
  • 1998年 - 澤田汐音、モデル(Le Lien)
  • 2001年 - 井上玲音、アイドル(こぶしファクトリー)
  • 2001年 - 齋藤茉日、ファッションモデル
  • 2002年 - 豊田留妃、女性ファッションモデル
  • 生年不明 - 岩崎愛、声優
  • 生年不明 - 植竹香菜、声優

忌日

  • 587年(用明天皇2年6月7日)- 穴穂部皇子、飛鳥時代の皇族
  • 924年 - エドワード長兄王、イングランド王(* 870年代)
  • 1453年 - ジョン・タルボット、イングランド貴族・軍人(* 1384年/1390年)
  • 1566年 - バルトロメ・デ・ラス・カサス、カトリック教会の司祭(* 1484年)
  • 1588年 - ミマール・スィナン、建築家(* 1489年)
  • 1762年 - ピョートル3世、ロシア皇帝(* 1728年)
  • 1766年 - ジュゼッペ・カスティリオーネ、宣教師(* 1688年)
  • 1790年 - アダム・スミス、経済学者(* 1723年)
  • 1793年 - シャルロット・コルデー、ジャン=ポール・マラーを暗殺した人物(* 1768年)
  • 1845年 - 第2代グレイ伯爵チャールズ・グレイ、イギリスの首相(* 1764年)
  • 1871年 - カール・タウジヒ、ピアニスト(* 1841年)
  • 1881年 - ジム・ブリッジャー、罠猟師、探検家(* 1804年)
  • 1894年 - ヨーゼフ・ヒルトル、医学者(* 1810年)
  • 1894年 - ルコント・ド・リール、詩人(* 1818年)
  • 1903年 - ジェームズ・マクニール・ホイッスラー、画家(* 1834年)
  • 1907年 - エクトール・アンリ・マロ、小説家(* 1830年)
  • 1912年 - アンリ・ポアンカレ、数学者(* 1854年)
  • 1918年 - ニコライ2世、ロシア皇帝(* 1868年)
  • 1918年 - アレクサンドラ、ロシア皇帝ニコライ2世の皇后(* 1872年)
  • 1918年 - オリガ、ロシア皇帝ニコライ2世の長女(* 1895年)
  • 1918年 - タチアナ、ロシア皇帝ニコライ2世の次女(* 1897年)
  • 1918年 - マリア、ロシア皇帝ニコライ2世の三女(* 1899年)
  • 1918年 - アナスタシア、ロシア皇帝ニコライ2世の四女(* 1901年)
  • 1918年 - アレクセイ、ロシア皇帝ニコライ2世の長男(* 1904年)
  • 1918年 - アレクセイ・トルップ、ニコライ2世一家のフットマン(* 1856年)
  • 1918年 - エフゲニー・ボトキン、ニコライ2世一家の主治医(* 1865年)
  • 1918年 - イヴァン・ハリトーノフ、ニコライ2世一家の料理人(* 1870年)
  • 1918年 - アンナ・デミドヴァ、アレクサンドラ皇后専属のメイド(* 1878年)
  • 1927年 - ルイーゼ・アドルファ・ル・ボー、作曲家、ピアニスト(* 1850年)
  • 1928年 - ジョヴァンニ・ジョリッティ、イタリア首相(* 1842年)
  • 1935年 - ジョージ・ウィリアム・ラッセル、詩人(* 1867年)
  • 1935年 - 聶耳、作曲家(* 1911年)
  • 1942年 - レオニード・セドネフ、イパチェフ館の囚人(* 1903年)
  • 1943年 - ヴォルフ・エッテル、ドイツ空軍のエース・パイロット(* 1921年)
  • 1944年 - ウィリアム・ジェイムズ・サイディズ、数学者(* 1898年)
  • 1945年 - エルンスト・ブッシュ、ドイツ陸軍の元帥(* 1885年)
  • 1946年 - ドラジャ・ミハイロヴィッチ、チェトニックの指導者(* 1893年)
  • 1959年 - ビリー・ホリデイ、ジャズ歌手(* 1915年)
  • 1961年 - タイ・カッブ、元メジャーリーガー(* 1886年)
  • 1961年 - エド・ロイルバック、メジャーリーガー(* 1882年)
  • 1967年 - ジョン・コルトレーン、ジャズサキソフォン奏者(* 1926年)
  • 1969年 - 市川雷蔵、映画俳優(* 1931年)
  • 1974年 - ディジー・ディーン、メジャーリーグベースボール選手(* 1910年)
  • 1975年 - ドナルド・ギリース、数学者、計算機科学者(* 1928年)
  • 1977年 - マルクジンスキ、ピアニスト(* 1914年)
  • 1981年 - 水原秋桜子、俳人(* 1892年)
  • 1987年 - 石原裕次郎、俳優(* 1934年)
  • 1988年 - ブルーザー・ブロディ、プロレスラー(* 1946年)
  • 1994年 - 塩田剛三、武道家、養神館合気道開祖(* 1915年)
  • 1994年 - ジャン・ボロトラ、テニス選手(* 1898年)
  • 1995年 - ファン・マヌエル・ファンジオ、元F1ドライバー(* 1911年)
  • 2001年 - キャサリン・グレアム、実業家(* 1917年)
  • 2003年 - ロザリン・テューレック、ピアニスト(* 1914年)
  • 2004年 - 鈴木義司、漫画家(* 1928年)
  • 2005年 - ジェラルディン・フィッツジェラルド、女優(* 1913年)
  • 2005年 - エドワード・ヒース、イギリス首相(* 1916年)
  • 2006年 - ミッキー・スピレイン、小説家(* 1918年)
  • 2010年 - 石井好子、シャンソン歌手、ジャズシンガー、エッセイスト(* 1922年)
  • 2011年 - 森孝慈、元サッカー選手、サッカー監督(* 1943年)
  • 2011年 - TAIJI、ミュージシャン(* 1966年)
  • 2012年 - 小島秀哉、俳優(* 1934年)
  • 2014年 - 松岡雅俊、元プロ野球選手(* 1932年)
  • 2015年 - ジュール・ビアンキ、F1ドライバー(* 1989年)

スピーチ作成 - テーマ「東京の日」

自分が初めてテーマを知った/経験した時のエピソード。
テーマについて自分はどう思うか/思ったか。
言葉/行動/影響について自分はどう思うか。
今後自分はどうしたいと思うか。

スピーチ出力 - 07-17_東京の日.txt

想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。
日付からスピーチを作る
10月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
11月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
12月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
1月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
2月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29
3月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
4月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
5月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
6月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
7月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
8月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
9月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30

参考になる本

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法
 会議・朝礼・電話でも、接客・商談・会合でも、面接・結婚式のスピーチでも、デート・合コン・保護者会でも。
 こんなふうに話せば「あがり」にさようなら! 予約半年待ち! 超人気講師が教える“緊張しないコツ。
¥ 1,210
超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48
 本書では、人前では話すことが苦手な人でもすぐ実行でき、たちまち効果を実感できる「あがらずに話せる正しい方法」を48個紹介しています。
 スピーチ・朝礼・会議・面接でドキドキしない!商談・プレゼン・営業が面白いほど成功する!人前で話すのが苦手な人でも大丈夫!あがらずに話せる超シンプルなテクニックを大公開!
¥ 1,296
朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100 話しベタなあなたに贈る
 他人の興味を引く「鉄板ネタ」さえ持っていれば、誰でも「人前で話すこと」が怖くなくなります。
 聞き手が具体的にイメージしやすいようにスポーツ選手や芸能人など、著名人のエピソードもたくさん織り込んだ「鉄板ネタ」を100個集めました。
¥ 1,620
恥をかかないスピーチ力
 新年度に自己紹介をしたり、結婚式やちょっとした集まりで人前で話したりする機会は意外と多い。そんな時に役立つ、スピーチやコメントのコツ、心構え。
 恥をかかないレベルから「なかなかうまいな」と思われるレベルまで、どうステップアップするか。
 「時間感覚」「身体感覚」の重要性、始まり方と終わり方、小ネタの集め方、シーン別のコツやNGポイントまで、人前で話す時にはこれさえあれば大丈夫!
¥ 702
心に届く話し方 65のルール
 本書は、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説した、話し方の基礎技術の本です。
 「本質的に内容が相手にきちんと伝わる」ことを目的とし、「そのための具体的かつ自然な音声表現のディテール」まで迫った本です。
¥ 1,361
カーネギー話し方入門 文庫版
 あのウォーレン・バフェットも受講したというデール・カーネギーの話し方講座のエッセンスをまとめた本。
 カーネギーといえば、大ベストセラーとなった『人を動かす』があまりに有名だが、本書の原著も100万部を突破したベストセラーとして、アメリカでは広く知られている。
¥ 650