365日のネタ・スピーチ例は、1年分(365日分)のネタと、朝礼などのスピーチの作例や作り方を、まとめたサイトです。 >> 使い方を読む

6月9日「我が家のカギを見直すロックの日」


 6月9日は「我が家のカギを見直すロックの日」です。ロック(69)の語呂合わせで、日本ロックセキュリティ協同組合が制定しました。

 私の場合、鍵の閉め忘れを防ぐために、部屋を出る際は、必ずノブを回して、ロックが掛かっているか確認します。

 確認は大切で、時折、鍵を掛け忘れているのに気付いて、施錠し直します。人間は、流れで行動を覚えているので、違うことをしたり、考えたりすると、手順が抜けることがあります。確認は大切です。

 ロックは日本語では錠前になります。日本では江戸時代に仕事が激減した刀鍛冶によって、和錠と呼ばれる豪華な装飾と防犯性を備えた、独特な錠前が作られました。
 和錠は開錠の仕組みその物は当時の一般的な板バネ式でした。しかし、複数の鍵を使わないと開かない物や、鍵穴を複雑なからくりで隠した物、そのからくりを解くと音が出る仕掛けになっている物など、趣向を凝らした作りになっていました。


 江戸時代は商業が発達した時期です。そうした時期には、蔵や金庫など、鍵と錠前の必要性が高まります。そうした意味でも、和錠の発達の需要があったのでしょう。

 経済的に上向いている時期は、富が集約されるのでセキュリティは重要になります。上手くいっている時こそ、足をすくわれないように気を付ける。セキュリティ意識を高くして、仕事をしていきたいと思います。

スピーチ作例 6月9日1
文字数:580文字   想定時間:156
想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。

その他の情報

 錠前(じょうまえ)とこれを開く鍵を製作する者を錠前師、また各種錠前の機構を理解した上で、これに対応する鍵を用いずに器具等で開錠するための専門技能を持つ職能者を鍵師(かぎし)と称します。
 錠前師および鍵師は、ほとんどの国では専門の養成過程を持つ学校(専門学校・工業系大学など)ないしは、錠前メーカーにおける職業研修を受けた上でなるものとされています。
 日本の場合は、各錠前メーカーの他、日本鍵師協会で専門技能者の養成が成されており、技能保持者向けに検定試験(資格試験)が実施されています。
 また日本では「錠前師」「鍵師」の両語は、日本鍵師協会の登録商標とされています。
 最初の錠前がどこで発明されたかは定かではありませんが、エジプト、ギリシア、ローマなどで、それぞれ独自に発達したと見られています。木製の錠前と鍵は4000年前のアッシリアで使われていました。また、紀元前250年ごろに使われていたものと見られる木製のピン錠と木製の鍵が、エジプトで発見されています。
 著名な錠前師の1人に、ジェームズ・サージェントがいます。彼は1857年に、番号を変更可能なダイヤル錠について初めて記述しました。このダイヤル錠は、金庫でよく使われるようになり、アメリカ合衆国財務省もこれを採用しました。

記念日・年中行事

  • アブドゥッラー国王即位記念日(ヨルダン)
    1999年のこの日のヨルダン現国王アブドゥッラー2世の戴冠を記念。
  • 英雄の日(ウガンダ)
  • 鉄路節(中華民国)
    1887年(光緒13年)のこの日、台北の大稲埕で台湾初となる鉄道の起工が宣言されたことを記念し、1891年(光緒17年)10月20日の鉄道開業のときに制定された記念日。日本の鉄道の日(10月14日)と同様に、現在は定期運転のない蒸気機関車の復活運転や、車両基地の一般公開などが開催される。
  • ロックの日(日本)
    「ロ(6)ック(9)」の語呂合わせ。
  • ロックウールの日(日本)
    日本ロックウール工業会が1992年に制定。「ロ(6)ック(9)」の語呂合わせ。
  • 我が家のカギを見直すロックの日(日本)
    日本ロックセキュリティ協同組合が制定。「ロ(6)ック(9)」の語呂合わせ。
  • つボイノリオ記念日(日本)
    CBCラジオ「つボイノリオの聞けば聞くほど」にて「69」が「おめでたい数字」とされており、6月9日が放送日と重なる場合は盛大に祝う事から、番組内でリスナーが勝手に制定した。
    番組25周年の企画で日本記念日協会に申請し、2018年6月8日に正式に認定される。

歴史

  • 53年 - 後にローマ皇帝となるネロがオクタウィアと結婚。
  • 62年 - ローマ皇帝ネロの最初の妻だったオクタウィアが自殺させられる。
  • 68年 - ローマ皇帝ネロが自殺する。
  • 1281年(弘安4年5月21日)- 元寇: 壱岐・対馬に高麗の兵船が襲来。弘安の役の始まり。
  • 1310年 - シエナ大聖堂で、ルネサンス初期を代表する絵画であるドゥッチョ・ディ・ブオニンセーニャの壁画『マエスタ』が公開される。
  • 1534年 - 探検家ジャック・カルティエが、ヨーロッパ人として初めてセントローレンス川に到達。
  • 1648年(慶安元年4月18日)- 天海による日本初の木活字による経典『大蔵経(寛永寺版)』が完成。
  • 1667年 - 第二次英蘭戦争: オランダ艦隊によるメッドウェイ襲撃が始まる。
  • 1796年(寛政8年5月4日)- 油屋騒動
  • 1815年 - ウィーン会議が終了。ウィーン議定書を締結し、ナポレオン戦争後のヨーロッパの新しい国際秩序ウィーン体制が始まる。
  • 1863年 - 南北戦争: ブランディ・ステーションの戦い
  • 1865年(慶応元年5月16日)- 第二次長州征討: 将軍徳川家茂が江戸を出発。
  • 1877年 - 立志社の片岡健吉らが国会開設の建白書を提出するが不受理。
  • 1885年 - 清仏戦争: 清とフランスが停戦協定を締結。1884年の天津停戦協定に定められたコーチシナ・トンキンのフランスによる植民地化を容認。
  • 1887年 - 東京浜町の待合の女将・花井お梅が使用人・八杉峰三郎を刺殺。流行歌「明治一代女」などのモデルとなる。
  • 1887年(光緒13年)- 台湾の鉄道: 台北で、台湾初の鉄道の起工が宣言される。(台湾の「鉄路節」の由来のうちの一つ)
  • 1898年 - 「展拓香港界址專條」締結。イギリスが、香港の新界の99年間の租借権を獲得。7月1日に発効。
  • 1915年 - ウィリアム・ジェニングス・ブライアンがアメリカ合衆国国務長官を辞任。ドイツによる客船ルシタニア号撃沈の際の対独方針について、ウッドロウ・ウィルソン大統領と見解を異にしたため。
  • 1923年 - ブルガリアで軍事クーデター。
  • 1928年 - チャールズ・キングスフォード・スミスがアメリカからオーストラリアまでの太平洋横断飛行に成功。
  • 1934年 - ドナルドダックがアニメーション映画『かしこいメンドリ』で初登場。
  • 1938年 - 日中戦争: 黄河決壊事件
  • 1944年 - 第二次世界大戦・継続戦争: ソ連がフィンランドへの再攻勢を開始。
  • 1945年 - 第二次世界大戦・日本本土空襲: 熱田空襲。従業員や動員学徒1,045人が死亡。
  • 1946年 - ラーマ8世の崩御により、弟のラーマ9世がタイ国王に即位。
  • 1950年 - 信越本線・熊ノ平駅で土砂崩れ。死者50人。
  • 1952年 - 日本国とインドとの間の平和条約調印。
  • 1957年 - 世界12番目の高峰ブロード・ピークにマーカス・シュマック率いるオーストリア登山隊が初登頂。
  • 1959年 - 米海軍の原子力潜水艦「ジョージ・ワシントン」が進水。
  • 1967年 - 第三次中東戦争: イスラエルがシリアのゴラン高原を占拠。
  • 1973年 - アメリカの競走馬セクレタリアトがアメリカクラシック三冠を達成。
  • 1974年 - ポルトガルとソビエト連邦が国交を結ぶ。
  • 1975年 - フィリピンが中華人民共和国と国交を結び中華民国と断交する。
  • 1993年 - 皇太子徳仁親王と小和田雅子の結婚の儀。
  • 1995年 - 衆議院で歴史を教訓に平和への決意を新たにする決議(戦後50年決議)を採択。
  • 2002年 - サッカー日本代表が、FIFAワールドカップで1-0でロシアに勝ち、ワールドカップ初勝利。
  • 2005年 - 日韓歴史共同研究で歴史教科書を研究対象に加える方向で調整に入る。
  • 2006年 - FIFAワールドカップがドイツで開幕。

誕生日

  • 1526年(大永6年4月29日)- 松平広忠、武将、徳川家康の父(+ 1549年)
  • 1661年 - フョードル3世、モスクワ大公(+ 1682年)
  • 1672年 - ピョートル1世、モスクワ大公(+ 1725年)
  • 1781年 - ジョージ・スチーブンソン、技術者(+ 1848年)
  • 1812年 - ヨハン・ゴットフリート・ガレ、天文学者(+ 1910年)
  • 1829年 - ガエターノ・ブラーガ、作曲家、チェリスト(+ 1907年)
  • 1843年(天保14年5月12日)- 伊東祐亨、日清戦争時の連合艦隊司令長官(+ 1914年)
  • 1850年 - ヴィルヘルム・ルー、発生学者(+ 1924年)
  • 1865年 - カール・ニールセン、作曲家(+ 1931年)
  • 1865年 - アルベリク・マニャール、作曲家(+ 1914年)
  • 1878年 - 日野熊蔵、軍人、パイロット(+ 1946年)
  • 1886年 - 山田耕筰、作曲家(+ 1965年)
  • 1898年 - ルイジ・ファジオーリ、レーシングドライバー(+ 1952年)
  • 1906年 - 陸定一、政治家(+ 1996年)
  • 1911年 - フランク・マコーミック、メジャーリーガー(+ 1982年)
  • 1913年 - 倉本信護、プロ野球選手(+ 1983年)
  • 1915年 - レス・ポール、ギタリスト、レスポール開発者(+ 2009年)
  • 1916年 - 長谷川治、プロ野球選手(+ 1993年)
  • 1917年 - エリック・ホブズボーム、歴史家(+ 2012年)
  • 1923年 - スーザン・ストレンジ、国際政治経済学者(+ 1998年)
  • 1923年 - 田英夫、参議院議員(+ 2009年)
  • 1925年 - キース・ローマー、小説家(+ 1993年)
  • 1925年 - ジミー・ニューベリー、プロ野球選手
  • 1926年 - ハッピー・ロックフェラー、アメリカ合衆国のセカンドレディ(+ 2015年)
  • 1930年 - 相沢進、プロ野球選手(+ 2006年)
  • 1936年 - 柳田邦男、ノンフィクション作家
  • 1937年 - 吹田俊明、プロ野球選手
  • 1938年 - 竹下光郎、プロ野球選手
  • 1938年 - 徳武定祐、プロ野球選手
  • 1939年 - イレアナ・コトルバシュ、ソプラノ歌手
  • 1939年 - 内田忠男、国際ジャーナリスト
  • 1941年 - ジョン・ロード、ミュージシャン(+ 2012年)
  • 1943年 - ジョー・ホールドマン、小説家
  • 1945年 - 青木雄二、漫画家、評論家(+ 2003年)
  • 1945年 - 飯島忠義、政治家
  • 1946年 - 高橋一三、プロ野球選手(+ 2015年)
  • 1948年 - 野村啓司、フリーアナウンサー
  • 1948年 - 成田昇、プロ野球選手
  • 1949年 - 石井輝比古、プロ野球選手
  • 1950年 - かしわ哲、歌手(『おかあさんといっしょ』5代目うたのおにいさん)
  • 1951年 - 渋谷陽一、音楽評論家
  • 1951年 - 堂上照、プロ野球選手
  • 1951年 - デーブ・パーカー、メジャーリーガー
  • 1953年 - 柏葉幸子、児童文学作家
  • 1955年 - 安達和平、舞台俳優
  • 1956年 - パトリシア・コーンウェル、推理作家
  • 1958年 - くさか里樹、漫画家
  • 1959年 - 中塚昌尚、プロ野球選手(+ 没年不詳)
  • 1960年 - 小池晃、政治家
  • 1961年 - 紫堂恭子、漫画家
  • 1961年 - マイケル・J・フォックス、俳優
  • 1961年 - アーロン・ソーキン、劇作家、脚本家、テレビプロデューサー
  • 1962年 - 佐藤洋、プロ野球選手
  • 1963年 - ジョニー・デップ、俳優
  • 1963年 - 片平保彦、プロ野球選手
  • 1964年 - 薬師丸ひろ子、女優
  • 1964年 - 高田誠、プロ野球選手
  • 1968年 - ティワワット・パッタラクンワニット、漫画家、イラストレーター
  • 1972年 - 半場友恵、声優
  • 1972年 - 有川浩、作家
  • 1973年 - 岡本克道、プロ野球選手
  • 1973年 - 藤山竜仁、サッカー選手
  • 1974年 - サモス、ミュージシャン
  • 1974年 - 李大振、野球選手
  • 1975年 - 渋谷琴乃、女優
  • 1975年 - 中島啓貴、ミュージシャン
  • 1975年 - 石川直、パーカッショニスト
  • 1975年 - 原泰久、漫画家
  • 1976年 - 内田恭子、アナウンサー
  • 1976年 - 十文字友和、大相撲力士
  • 1978年 - ミロスラフ・クローゼ、サッカー選手
  • 1978年 - マシュー・ベラミー、ミュージシャン
  • 1979年 - 国仲涼子、女優
  • 1979年 - 半澤孝平、詩人
  • 1979年 - RUKA、ミュージシャン(ナイトメア)
  • 1980年 - 植田佳奈、声優
  • 1980年 - 加藤真由、タレント
  • 1980年 - 熊切あさ美、タレント、グラビアアイドル
  • 1980年 - 三枝夕夏、歌手
  • 1980年 - 安田剛士、漫画家
  • 1980年 - 田中マルシオ敬三、野球選手
  • 1981年 - 麗、ミュージシャン(the GazettE)
  • 1981年 - 周渝民(ヴィック・チョウ)、歌手(アイドルグループF4)
  • 1981年 - アキラ・レイン、モデル
  • 1981年 - ナタリー・ポートマン、女優
  • 1982年 - 大久保嘉人、サッカー選手
  • 1982年 - 栗城史多、登山家(+ 2018年)
  • 1982年 - 藤巻忠俊、漫画家
  • 1983年 - 宮崎将、俳優
  • 1983年 - 張洹三、プロ野球選手
  • 1984年 - ユリエスキ・グリエル、メジャーリーガー
  • 1984年 - ヴェスレイ・スナイデル、サッカー選手
  • 1984年 - クリスティーナ・バイアー、フィギュアスケート選手
  • 1986年 - 前田俊介、サッカー選手
  • 1986年 - ヤディエル・ペドロソ、野球選手(+ 2013年)
  • 1987年 - 水野祐希、プロ野球選手
  • 1987年 - 山岸愛梨、気象キャスター
  • 1988年 - 若林舞衣子、プロゴルファー
  • 1989年 - 水谷隼、卓球選手
  • 1990年 - 大田泰示、プロ野球選手
  • 1991年 - 船曳健太、ジャニーズJr.
  • 1991年 - 西崎あや、女優
  • 1991年 - 葉月あや、グラビアアイドル
  • 1991年 - 田口千晶、タレント、女優
  • 1992年 - ヤニック・アニエル、競泳選手
  • 1992年 - 玉木碧、タレント、キャスター
  • 1992年 - 前川恭兵、プロ野球選手
  • 1993年 - ダニエラ・チャクラン(Danielle Chuchran)、女優
  • 1993年 - 松田功己、ジャグラー
  • 1993年 - 栗咲寛子、タレント、女優
  • 1993年 - 西崎莉麻、女優、タレント
  • 1995年 - 横田慎太郎、プロ野球選手
  • 1997年 - 並木瑠璃、歌手、女優
  • 1998年 - 木下春奈、アイドル(NMB48)
  • 生年不明 - 大野佐和、声優
  • 生年不明 - 樺山ミナミ、声優

忌日

  • 68年 - ネロ、ローマ皇帝(* 37年)
  • 373年 - シリアのエフレム、カトリック教会・正教会の聖人(* 306年頃)
  • 597年 - コルンバ、カトリック教会・正教会・聖公会・ルーテル教会の聖人(* 521年)
  • 1200年(正治2年4月26日)- 安達盛長、鎌倉幕府の御家人(* 1135年)
  • 1348年 - アンブロージョ・ロレンツェッティ、画家(* 1290年頃)
  • 1407年(応永14年5月4日)- 島津伊久、南北朝時代の武将(* 1347年)
  • 1493年(明応2年閏4月25日)- 畠山政長、畠山氏の養子(* 1442年)
  • 1572年 - ジャンヌ・ダルブレ、ナバラ王国女王(* 1528年)
  • 1656年 - トマス・トムキンズ、作曲家(* 1572年)
  • 1717年 - ギュイヨン夫人、神秘家(* 1648年)
  • 1760年(宝暦10年4月26日)- 大岡忠光、江戸幕府側用人(* 1709年)
  • 1820年 - ヴィルヘルミーネ、オラニエ公ウィレム5世の妃(* 1751年)
  • 1837年(天保8年5月7日)- 徳川斉位、第5代一橋徳川家当主(* 1818年)
  • 1843年(天保14年5月12日)- 小笠原忠固、第6代小倉藩主(* 1770年)
  • 1863年 - ドースト・ムハンマド・ハーン、アフガニスタン王(* 1793年)
  • 1870年 - チャールズ・ディケンズ、小説家(* 1812年)
  • 1878年 - バルテルミー・シャルル・ジョゼフ・デュモルティエ、政治家、植物学者(* 1797年)
  • 1892年 - 月岡芳年、浮世絵師(* 1839年)
  • 1897年 - アルヴァン・グラハム・クラーク、望遠鏡技術者(* 1832年)
  • 1897年 - パーヴェル・パプスト、ピアニスト、作曲家(* 1854年)
  • 1921年 - ジャネット・ジェローム、ウィンストン・チャーチルの母(* 1854年)
  • 1922年 - ウィリアム・ゴーランド、冶金・化学技術者、考古学者(* 1842年)
  • 1923年 - ヘレナ、イギリスの王族(* 1846年)
  • 1923年 - 有島武郎、小説家(* 1878年)
  • 1923年 - 波多野秋子、『婦人公論』記者(* 1894年)
  • 1931年 - ウィリアム・デニング、天文学者(* 1848年)
  • 1944年 - 光延東洋、日本海軍の少将(* 1897年)
  • 1946年 - ラーマ8世、チャクリー王朝8代目の王(* 1925年)
  • 1950年 - 出羽ヶ嶽文治郎、大相撲の力士(* 1902年)
  • 1951年 - アドルフ・ブッシュ、ヴァイオリニスト(* 1891年)
  • 1959年 - アドルフ・ヴィンダウス、化学者(* 1876年)
  • 1961年 - 知里真志保、言語学者(* 1909年)
  • 1964年 - ルイス・グルーエンバーグ、作曲家、ピアニスト(* 1884年)
  • 1965年 - 中澤不二雄、野球解説者、パシフィック・リーグ会長(* 1892年)
  • 1967年 - 山下太郎、実業家(* 1889年)
  • 1972年 - 徳岡神泉、日本画家(* 1896年)
  • 1974年 - ミゲル・アンヘル・アストゥリアス、小説家(* 1899年)
  • 1975年 - 松丸東魚、篆刻家(* 1901年)
  • 1976年 - 久板栄二郎、劇作家、脚本家(* 1898年)
  • 1977年 - 小西得郎、プロ野球監督・解説者(* 1896年)
  • 1977年 - ヘルマン・ホイヴェルス、教育者、宗教家、劇作家(* 1890年)
  • 1979年 - 荒正人、文芸評論家(* 1913年)
  • 1984年 - 吉田精一、国文学者(* 1908年)
  • 1985年 - 川口松太郎、小説家(* 1899年)
  • 1987年 - モニク・アース、ピアニスト(* 1909年)
  • 1989年 - ジョージ・ウェルズ・ビードル、遺伝学者(* 1903年)
  • 1991年 - クラウディオ・アラウ、ピアニスト(* 1903年)
  • 1992年 - 椋尾篁、アニメーション美術監督(* 1938年)
  • 1994年 - ヤン・ティンバーゲン、経済学者(* 1903年)
  • 1995年 - フランク・チャックスフィールド、イージーリスニング作曲家、指揮者(* 1914年)
  • 1995年 - ソイロ・ベルサイエス、プロ野球選手(* 1939年)
  • 1998年 - 円子宏、プロ野球選手(* 1933年)
  • 2000年 - ジョージ・シーガル、彫刻家(* 1924年)
  • 2003年 - ロンブ・カトー、通訳者(* 1909年)
  • 2004年 - 滝口康彦、小説家(* 1924年)
  • 2005年 - 塚本邦雄、作家(* 1920年)
  • 2007年 - 関口清治、プロ野球選手(* 1925年)
  • 2008年 - アルジス・バドリス、SF作家(* 1931年)
  • 2008年 - 石川隆彦、柔道家(* 1917年)
  • 2008年 - 木下強三、プロ野球選手(* 1936年)
  • 2008年 - 向井寛、映画監督(* 1937年)
  • 2011年 - 川上とも子、声優(* 1970年)
  • 2013年 - イアン・バンクス(イアン・M・バンクス)、作家(* 1954年)
  • 2014年 - ボブ・ウェルチ、メジャーリーガー(* 1956年)
  • 2015年 - ペドロ・セロロ、政治家(* 1960年)

スピーチ作成 - テーマ「我が家のカギを見直すロックの日」

自分が初めてテーマを知った/経験した時のエピソード。
テーマについて自分はどう思うか/思ったか。
言葉/行動/影響について自分はどう思うか。
今後自分はどうしたいと思うか。

スピーチ出力 - 06-09_我が家のカギを見直すロックの日.txt

想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。
日付からスピーチを作る
10月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
11月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
12月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
1月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
2月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29
3月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
4月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
5月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
6月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
7月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
8月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
9月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30

参考になる本

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法
 会議・朝礼・電話でも、接客・商談・会合でも、面接・結婚式のスピーチでも、デート・合コン・保護者会でも。
 こんなふうに話せば「あがり」にさようなら! 予約半年待ち! 超人気講師が教える“緊張しないコツ。
¥ 1,210
超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48
 本書では、人前では話すことが苦手な人でもすぐ実行でき、たちまち効果を実感できる「あがらずに話せる正しい方法」を48個紹介しています。
 スピーチ・朝礼・会議・面接でドキドキしない!商談・プレゼン・営業が面白いほど成功する!人前で話すのが苦手な人でも大丈夫!あがらずに話せる超シンプルなテクニックを大公開!
¥ 1,296
朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100 話しベタなあなたに贈る
 他人の興味を引く「鉄板ネタ」さえ持っていれば、誰でも「人前で話すこと」が怖くなくなります。
 聞き手が具体的にイメージしやすいようにスポーツ選手や芸能人など、著名人のエピソードもたくさん織り込んだ「鉄板ネタ」を100個集めました。
¥ 1,620
恥をかかないスピーチ力
 新年度に自己紹介をしたり、結婚式やちょっとした集まりで人前で話したりする機会は意外と多い。そんな時に役立つ、スピーチやコメントのコツ、心構え。
 恥をかかないレベルから「なかなかうまいな」と思われるレベルまで、どうステップアップするか。
 「時間感覚」「身体感覚」の重要性、始まり方と終わり方、小ネタの集め方、シーン別のコツやNGポイントまで、人前で話す時にはこれさえあれば大丈夫!
¥ 702
心に届く話し方 65のルール
 本書は、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説した、話し方の基礎技術の本です。
 「本質的に内容が相手にきちんと伝わる」ことを目的とし、「そのための具体的かつ自然な音声表現のディテール」まで迫った本です。
¥ 1,361
カーネギー話し方入門 文庫版
 あのウォーレン・バフェットも受講したというデール・カーネギーの話し方講座のエッセンスをまとめた本。
 カーネギーといえば、大ベストセラーとなった『人を動かす』があまりに有名だが、本書の原著も100万部を突破したベストセラーとして、アメリカでは広く知られている。
¥ 650