365日のネタ・スピーチ例は、1年分(365日分)のネタと、朝礼などのスピーチの作例や作り方を、まとめたサイトです。 >> 使い方を読む

12月15日「年賀郵便特別扱い開始」


 12月15日は「年賀郵便特別扱い開始」の日です。12月15日から12月25日までの間に年賀状を投函すると、翌年の1月1日に配達されます。
 日本では多く取り交わされる年賀状ですが、欧米などでは、クリスマス・カードやグリーティングカードで「クリスマスと新年のあいさつ」を済ませてしまうので、在外日本人を除き、年賀状の文化はありません。


 私は子供の頃、プリントゴッコという印刷道具を使い、よく年賀状を出していました。絵を描いて、インクで印刷できるという装置で、なかなか楽しかった記憶が残っています。

 しかし最近は、ほとんど年賀状を出さなくなっています。ネットで常時繋がっているので、わざわざ年賀状で挨拶をするという習慣がなくなってきたからです。

 日本では、1873年に郵便はがきを発行するようになり、1887年頃には年賀状が国民に定着しました。しかし、膨大な年賀状は、郵便物全体の遅延を招き、到着が遅れることがしばしば発生していました。しかも、年末は商売上の締めにも当たり、郵便の遅延が経済的障害となりかねない状況となっていました。
 そこで1899年に対策として、指定された郵便局での年賀郵便の特別取扱が始まりました。年末の一定時期に、指定された郵便局に持ち込めば、「1月1日」の消印で元日以降に配達するという仕組みになりました。
 なお年賀状は本来、元日に書いて投函するものでしたが、この特別取扱をきっかけに、年末に投函して元日に配達するようになりました。


 トラブルが発生した時に、システムを変更してトラブルの原因を解消することはとても大切です。

 問題を解決する際に、人員を投入するのではなく、システムの変更で改善できないか。そうした視点は大切にしたいと思います。

スピーチ作例 12月15日1
文字数:743文字   想定時間:228
想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。

その他の情報

 お年玉付郵便はがきの発行枚数は、2003年用の44億5936万枚がピークで、2008年用の41億3684万枚を最後に減少し続けています。
 2003年は、国民1人あたり、34.9枚が出されており、この数字がピークとなっています。
 日本には、奈良時代から年始のあいさつをする行事があり、平安時代には貴族や公家にもその風習が広まり、あいさつが行えないような遠方などの人へ、年始回りに代わるものとして文書による年始あいさつが行われるようになりました。
 近世には武家社会において文書による年始あいさつが一般化したほか、非武家社会においても口頭の代用として簡易書簡を用いることが年始あいさつに限らず一般的になりました。
 そして、公的郵便手段である飛脚や、使用人を使った私的手段により、年始あいさつの文書が運ばれるようになりました。
 明治維新後の1871年、郵便制度が確立しましたが、年賀状は書状で送るところがほとんどで、数は決して多くはありませんでした。
 1873年に郵便はがきを発行するようになると、年始のあいさつを簡潔に安価で書き送れるということで、葉書で年賀状を送る習慣が急速に広まっていきました。
 1887年頃になると年賀状を出すことが、国民の間に年末年始の行事の1つとして定着しました。その結果、年末年始にかけて郵便局には、多くの人々が出した年賀状が集中し、郵便取扱量が何十倍にもなってしまいました。
 年々取扱量が増えていくとともに、私製ハガキの取扱量も増えていったため、1935年に私製ハガキの貼付用として、年賀切手の発行が始まりました。
 しかし、時勢の悪化により、1938年に年賀切手の発行が中止されました。そして、太平洋戦争が勃発した直後の1941年12月24に日、年賀郵便特別取り扱いが廃止されました。
 終戦後の1948年、特別取扱と年賀切手の発行が再開されました。この年から年賀切手の図柄が、干支にちなんだ郷土玩具のものになっています。
 1949年、お年玉付郵便はがき(年賀はがき)が初めて発行され、大きな話題を呼び大ヒットしました。これは、官製はがきとしては初めての年賀はがきでした。これを機に、年賀状の取扱量は急激に伸びていきました。

引用・参考URL

このページの引用・参考URL。

記念日・年中行事

  • ザメンホフの日
    エスペラントの考案者であるルドヴィコ・ザメンホフの誕生日を祝う日。
  • 権利章典の日(アメリカ合衆国)
    1791年のこの日、 アメリカ合衆国憲法の初の修正条項である権利章典が発効した。
  • 王国記念日(Koninkrijksdag)(オランダ)
    1954年のこの日、オランダ王国憲章が制定された。
  • 年賀郵便特別扱い開始(日本)
    12月15日から12月25日までの間に年賀状を投函すると、翌年の1月1日に配達される。
  • 観光バス記念日(日本)
    1925年のこの日、 東京乗合自動車により日本初の定期観光バスである「ユーランバス」の運行が開始された。

歴史

  • 208年(建安13年11月20日)- 赤壁の戦い。孫権・劉備連合軍が曹操の船団を打ち破る。
  • 1549年(天文18年11月27日)- 竹千代(のちの徳川家康)が今川義元の人質として駿府へ出立する。
  • 1557年(弘治3年11月25日)- 毛利元就が息子へ14箇条の遺訓(三子教訓状)を記す。(のちの「三矢の訓え」のモデルとされた)
  • 1576年(天正4年11月25日)- 三瀬の変。織田信長・信雄父子が北畠具教・長野具藤など北畠一族を暗殺する。
  • 1791年 - アメリカ合衆国憲法の初の修正条項である権利章典が発効。
  • 1812年 - シモン・ボリバルがコロンビアのカルタヘナ・デ・インディアスでスペインへの徹底抗戦を誓うカルタヘナ宣言を発表。
  • 1840年 - ナポレオンの遺骸がセントヘレナからフランスに返還され、アンヴァリッドに安置される。
  • 1864年 - 南北戦争: ナッシュビルの戦い
  • 1872年(明治5年11月15日)- 太政官布告第342号で神武天皇即位紀元制定。
  • 1889年 - 『史学雑誌』創刊。
  • 1889年 - 愛媛県松山市が市制施行。
  • 1893年 - アントニン・ドヴォルザークの「交響曲第9番」が出版される。
  • 1901年 - 官営鉄道(後の日本国有鉄道)が東海道本線の急行2往復に食堂車の連結を始める。
  • 1902年 - 篠ノ井線が全通。
  • 1906年 - 年賀郵便の取り扱いを日本各地で開始。
  • 1914年 - 福岡の方城炭鉱でガス爆発事故。死者687人。
  • 1925年 - 東京乗合自動車が「ユーランバス」の走行を開始。日本初の定期観光バス。
  • 1937年 - 第1次人民戦線事件。鈴木茂三郎・向坂逸郎ら日本共産党と人民戦線の結成を企てた容疑で検挙される。(反戦派に対する弾圧事件)
  • 1937年 - スペイン内戦: テルエルの戦いはじまる。
  • 1939年 - アトランタで映画『風と共に去りぬ』が初公開される。
  • 1944年 - ヨーロッパへ慰問演奏に飛び立ったミュージシャンのグレン・ミラーが乗った飛行機が行方不明に。12月18日に戦死と発表。
  • 1945年 - GHQが神道指令を発令、神道と国家が分離され国家神道が廃止される。
  • 1948年 - 岳南鉄道が設立される。
  • 1949年 - プロ野球再編問題: セントラル野球連盟(セ・リーグ)結成。
  • 1950年 - 宮城県古川市が市制施行。
  • 1954年 - C62形蒸気機関車が最高速度129km/hを記録。
  • 1959年 - ラジオ山陰(現・山陰放送)テレビジョン放送開局。
  • 1961年 - イスラエル特別法廷が、ナチスのユダヤ人虐殺の責任者だったアドルフ・アイヒマンに対し死刑判決。
  • 1962年 - 札幌テレビ放送のラジオ部門(STVラジオ、後に札幌テレビ放送から分社)開局。
  • 1963年 - 12月8日に暴力団に腹部を刺された力道山が死去。
  • 1965年 - アメリカの宇宙船・ジェミニ6-A号と7号が初のランデブー飛行に成功。
  • 1970年 - 南営号沈没事故起こる。
  • 1972年 - 極東放送(現・エフエム沖縄)開局。
  • 1976年 - サモアが国際連合に加盟。
  • 1977年 - 宇宙開発事業団が実験用通信衛星「さくら」を打上げ。
  • 1978年 - 米大統領ジミー・カーターが、アメリカ合衆国が中華人民共和国を承認し、中華民国と断交することを表明。
  • 1980年 - 大阪高速鉄道(大阪モノレール)設立。
  • 1989年 - 国連総会で自由権規約の第2選択議定書(死刑廃止条約)が採択される。
  • 1994年 - パラオが国連に加盟。
  • 1994年 - 清水寺・平等院などの「古都京都の文化財」が世界遺産に登録される。
  • 1994年 - 日本で、住民票の「嫡出子・非嫡出子」の表記を「子」に統一。
  • 1995年 - 東南アジア非核兵器地帯条約(バンコク条約)調印。
  • 1999年 - 都営地下鉄12号線の路線名称を「大江戸線」に決定。
  • 2000年 - チェルノブイリ原子力発電所で最後まで稼働していた3号炉を停止。
  • 2009年 - ボーイング787が初飛行。
  • 2010年 - 絶滅したとされていた魚「クニマス」の再発見が確認される。
  • 2011年 - イラクに駐留していたアメリカ軍が解散し、2003年から続いていたイラク戦争が終結。
  • 2014年 - オーストラリアのシドニー中心部のカフェでイスラム教聖職者を自称する男が人質を取って立てこもり、16日午前2時15分頃に警官隊が突入。人質2人と犯人が死亡。

誕生日

  • 37年 - ネロ、ローマ皇帝(+ 68年)
  • 1242年(仁治3年11月22日)- 宗尊親王、鎌倉幕府第6代将軍、初の皇族将軍(+ 1274年)
  • 1537年(天文6年11月13日)- 足利義昭、室町幕府第16代将軍(+ 1597年)
  • 1584年 - ジョン・セルデン、歴史家、中東学者、政治家(+ 1654年)
  • 1732年 - カール・ゴットハルト・ラングハンス、建築家(+ 1808年)
  • 1802年 - ボーヤイ・ヤーノシュ、数学者(+ 1860年)
  • 1824年(文政7年10月25日)- 河田小龍、日本画家、土佐藩士(+ 1898年)
  • 1827年 - ジョゼフ・アレヴィ、言語学者、東洋学者(+ 1917年)
  • 1832年 - ギュスターヴ・エッフェル、建築家(+ 1923年)
  • 1841年(天保12年11月3日)- 田中正造、政治家(+ 1913年)
  • 1852年 - アンリ・ベクレル、物理学者(+ 1908年)
  • 1859年 - ルドヴィコ・ザメンホフ、眼科医、エスペラント創案者(+ 1917年)
  • 1860年 - ニールス・フィンセン、内科医、科学者(+ 1904年)
  • 1874年 - 上司小剣、小説家(+ 1947年)
  • 1878年 - ハンス・カロッサ、詩人、小説家、開業医(+ 1956年)
  • 1879年 - 梁瀬長太郎、ヤナセ創業者(+ 1956年)
  • 1885年 - 山中峯太郎、陸軍軍人、小説家(+ 1966年)
  • 1886年 - 19代式守伊之助、元大相撲行司(+ 1966年)
  • 1887年 - 宮沢胤勇、政治家(+ 1966年)
  • 1888年 - マクスウェル・アンダーソン、作家(+ 1959年)
  • 1892年 - ジャン・ポール・ゲティ、実業家(+ 1976年)
  • 1893年 - 成田為三、作曲家(+ 1945年)
  • 1897年 - 嘉村礒多、小説家(+ 1933年)
  • 1899年 - ハロルド・エイブラハムス、陸上選手(+ 1978年)
  • 1903年 - 玉錦三右エ門、大相撲第32代横綱(+ 1938年)
  • 1907年 - オスカー・ニーマイヤー、建築家(+ 2012年)
  • 1909年 - 三木忠直、鉄道技術研究所技術者(+ 2005年)
  • 1910年 - ジョン・ハモンド、音楽プロデューサー(+ 1987年)
  • 1911年 - スタン・ケントン、ピアニスト(+ 1979年)
  • 1912年 - レイ・イームズ、デザイナー、チャールズ・イームズの妻(+ 1988年)
  • 1913年 - 伊東正義、政治家(+ 1994年)
  • 1916年 - モーリス・ウィルキンス、生物物理学者(+ 2004年)
  • 1918年 - いわさきちひろ、画家(+ 1974年)
  • 1920年 - 嶋清一、元野球選手(+ 1945年)
  • 1920年 - 平林栄治、元プロ野球選手(+ 1940年代)
  • 1922年 - 大下弘、元プロ野球選手、監督(+ 1979年)
  • 1922年 - 大島武、プロ野球選手(+ 2008年)
  • 1923年 - フリーマン・ダイソン、理論物理学者
  • 1927年 - 佐伯孚治、映画監督
  • 1928年 - フリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサー、芸術家、画家、建築家(+ 2000年)
  • 1928年 - イダ・ヘンデル、ヴァイオリニスト
  • 1928年 - 28代木村庄之助、元大相撲行司(+ 2010年)
  • 1929年 - バリー・ハリス、ジャズピアノ奏者
  • 1930年 - ピーター・ホップカーク、ジャーナリスト、作家
  • 1931年 - 谷川俊太郎、詩人
  • 1932年 - エドナ・オブライエン、小説家
  • 1934年 - 菊田幸一、刑事法学者
  • 1934年 - カーティス・フラー、ジャズトロンボーン奏者
  • 1934年 - 大仲清治、プロ野球選手、俳優、スーツアクター(+ 没年不明)
  • 1936年 - エディ・パルミエリ、音楽家
  • 1936年 - 桑原たけし、声優
  • 1936年 - 矢野義明、作曲家
  • 1937年 - 横沢彪、テレビプロデューサー(+ 2011年)
  • 1939年 - クライン孝子、作家、評論家
  • 1940年 - 細川俊之、俳優(+ 2011年)
  • 1940年 - 北見マキ、マジシャン
  • 1942年 - 出門英、歌手(ヒデとロザンナ)(+ 1990年)
  • 1944年 - ジム・リーランド、メジャーリーグ監督
  • 1945年 - 笠井紀美子 、歌手
  • 1946年 - アート・ハウ、メジャーリーガー
  • 1947年 - 立松和平、作家(+ 2010年)
  • 1949年 - ドン・ジョンソン、俳優、監督
  • 1952年 - カサンドラ・ハリス、女優(+ 1991年)
  • 1952年 - 大西忠、プロ野球選手
  • 1952年 - 小見幸隆、サッカー選手、指導者
  • 1953年 - シャライ・アンドラーシュ、フィギュアスケート選手
  • 1955年 - ポール・シムノン、ミュージシャン
  • 1957年 - チョー、俳優、声優
  • 1958年 - 桜井弘明、アニメーション監督
  • 1958年 - 篠井英介、俳優
  • 1958年 - 高橋がなり、AV監督、ソフト・オン・デマンド代表取締役
  • 1960年 - ダニー馬場、歌手
  • 1960年 - 金山晃士、プロ野球選手
  • 1961年 - 青山勝、俳優、声優
  • 1962年 - 松尾スズキ、俳優、演出家
  • 1962年 - 小栗克裕、作曲家
  • 1963年 - ヘレン・スレイター、女優
  • 1964年 - 高橋克典、俳優
  • 1964年 - 冨田勇、プロ野球選手
  • 1966年 - チョコボール向井、AV男優
  • 1967年 - 亀井希生、アナウンサー
  • 1967年 - 茂木欣一、ミュージシャン(東京スカパラダイスオーケストラ)
  • 1970年 - ランフランコ・デットーリ、騎手
  • 1970年 - 敷島勝盛、元大相撲力士、年寄浦風
  • 1970年 - リック・ヘリング、メジャーリーガー
  • 1971年 - 茂森あゆみ、歌手、『おかあさんといっしょ』17代目うたのおねえさん
  • 1971年 - 北桜英敏、元大相撲力士、年寄式守秀五郎
  • 1972年 - スチュアート・タウンゼント、俳優
  • 1973年 - スルヤ・ボナリー、フィギュアスケート選手
  • 1975年 - 池澤春菜、声優
  • 1976年 - 佐々木みき、女子バレーボール選手
  • 1977年 - 木村啓介、俳優
  • 1977年 - 花柳廸彦太、日本舞踊家
  • 1977年 - 里中まりあ、AV女優(+ 1999年)
  • 1979年 - アダム・ブロディ、俳優
  • 1981年 - 成瀬美穂、AV女優、ストリッパー
  • 1981年 - ロマン・パヴリュチェンコ、サッカー選手
  • 1982年 - 山野ゆり、ファッションモデル、タレント
  • 1982年 - ボルハ・ガルシア、レーサー
  • 1982年 - チャーリー・コックス、俳優
  • 1982年 - みなもと悠、漫画家
  • 1983年 - 矢貫俊之、プロ野球選手
  • 1983年 - 深田あき、女優
  • 1983年 - レネ・ゴーゲン、プロレスラー
  • 1983年 - 星風芳宏、大相撲力士
  • 1984年 - コール・ガーナー、野球選手
  • 1984年 - マルティン・シュクルテル、サッカー選手
  • 1984年 - 馬場良馬、俳優
  • 1984年 - ロニー・ラドク、ミュージシャン、シンガーソングライター
  • 1985年 - ジィ・アーヴィ、シンガー・ソングライター
  • 1985年 - カシム・ブルハン、サッカー選手
  • 1986年 - スネジャナ・オノプカ、モデル
  • 1986年 - ケイロル・ナバス、サッカー選手
  • 1987年 - 柏木陽介、サッカー選手
  • 1988年 - ダース・ローマシュ匡、元プロ野球選手
  • 1988年 - ライアン・プレスリー、メジャーリーガー
  • 1988年 - スティーヴン・エンゾンジ、サッカー選手
  • 1989年 - 平田薫、グラビアアイドル、女優
  • 1989年 - 村中知、声優
  • 1990年 - トレバー・ヒルデンバーガー、メジャーリーガー
  • 1991年 - ジェヒュー・ゴードン、陸上競技選手
  • 1991年 - コナー・デイリー、レースカードライバー
  • 1991年 - 下垣真香、アイドル
  • 1992年 - 大奄美元規、大相撲力士
  • 1993年 - 新木優子、ファッションモデル、女優
  • 1993年 - 亀井有馬、俳優
  • 1994年 - 金山亜莉紗、野球選手
  • 1995年 - 桐生祥秀、陸上競技選手
  • 1997年 - 伊藤萌々香、アイドル(Fairies)
  • 1997年 - 小西彩乃、歌手(東京女子流)
  • 1998年 - チャンドラー・カンタベリー、俳優
  • 1998年 - 小山内花凜、モデル(Le Lien)
  • 生年不明 - 相馬幸人、声優
  • 生年不明 - たさきこうじ、声優

忌日

  • 1010年(寛弘7年11月7日)- 為平親王、平安時代の皇族(* 952年)
  • 1263年 - ホーコン4世、ノルウェー王(* 1204年)
  • 1576年(天正4年11月25日)- 北畠具教、伊勢国国司、戦国大名(* 1528年)
  • 1709年(宝永6年11月15日)- 松平綱近、第3代松江藩主(* 1659年)
  • 1854年 - カメハメハ3世、ハワイ王国第3代国王(* 1813年)
  • 1857年 - ジョージ・ケイリー、航空エンジニア(* 1773年)
  • 1858年(安政5年11月11日)- 徳大寺実堅、江戸時代後期の公卿(* 1791年)
  • 1869年(明治2年11月13日)- 森常吉、桑名藩士、新選組隊士(* 1826年)
  • 1885年 - ロバート・トゥームズ、初代アメリカ連合国国務長官(* 1810年)
  • 1885年 - フェルナンド2世、ポルトガル王(* 1819年)
  • 1890年 - シッティング・ブル、ラコタ族酋長(* 1831年頃)
  • 1938年 - ヴァレリー・チカロフ、飛行士(* 1904年)
  • 1943年 - ファッツ・ウォーラー、ジャズピアニスト(* 1904年)
  • 1944年 - グレン・ミラー、バンド指揮者(* 1904年)
  • 1947年 - アーサー・マッケン、小説家(* 1863年)
  • 1953年 - エド・バロー、メジャーリーグ監督(* 1868年)
  • 1958年 - ヴォルフガング・パウリ、物理学者(* 1900年)
  • 1960年 - ヴェラ・クルーゾー、女優(* 1913年)
  • 1961年 - ダミー・ホイ、メジャーリーガー(* 1862年)
  • 1962年 - 木田金次郎、画家(* 1893年)
  • 1962年 - チャールズ・ロートン、俳優(* 1899年)
  • 1962年 - アディラ・ファキーリ、ヴァイオリニスト(* 1889年)
  • 1963年 - 力道山、プロレスラー(* 1924年)
  • 1963年 - 4代目(自称9代目)鈴々舎馬風、落語家(* 1904年)
  • 1966年 - ウォルト・ディズニー、映画監督(* 1901年)
  • 1968年 - ジェス・ウィラード、プロボクサー(* 1881年)
  • 1974年 - アナトール・リトヴァク、映画監督(* 1902年)
  • 1975年 - 井上成美、元日本海軍の大将(* 1889年)
  • 1976年 - グレゴワール・カイバンダ、政治家(* 1924年)
  • 1979年 - 山本栄一郎、元プロ野球選手(* 1902年)
  • 1984年 - ジャン・ピアース、テノール歌手(* 1904年)
  • 1986年 - セルジュ・リファール、バレエの舞踏家、振付師(* 1905年)
  • 1988年 - 山口青邨、俳人(* 1892年)
  • 1988年 - 野田岩次郎、実業家(* 1897年)
  • 1991年 - ヴァシリ・ザイツェフ、ソ連軍の狙撃兵(* 1915年)
  • 1994年 - 松園尚巳、実業家(* 1922年)
  • 1997年 - 関寛治、国際関係論研究家(* 1927年)
  • 2000年 - ミスターシービー、競走馬(* 1980年)
  • 2002年 - ディック・スチュアート、元プロ野球選手(* 1932年)
  • 2004年 - 蒋方良、蒋経国元総統夫人(* 1916年)
  • 2005年 - 仰木彬、プロ野球選手、プロ野球監督(* 1935年)
  • 2006年 - 有馬元治、政治家(* 1920年)
  • 2007年 - 井上忠行、プロ野球選手、プロ野球審判員(* 1935年)
  • 2007年 - 島野育夫、野球選手、監督(* 1944年)
  • 2007年 - ハイアン・グレイシー、総合格闘家(* 1974年)
  • 2010年 - ボブ・フェラー、メジャーリーガー(* 1918年)
  • 2013年 - ジョーン・フォンテイン、女優(* 1917年)
  • 2014年 - 生方恵一、アナウンサー(* 1933年)
  • 2016年 - 伊藤強、音楽評論家(* 1935年)
  • 2017年 - 島田満、脚本家(* 1959年)

スピーチ作成 - テーマ「年賀郵便特別扱い開始」

自分が初めてテーマを知った/経験した時のエピソード。
テーマについて自分はどう思うか/思ったか。
言葉/行動/影響について自分はどう思うか。
今後自分はどうしたいと思うか。

スピーチ出力 - 12-15_年賀郵便特別扱い開始.txt

想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。
日付からスピーチを作る
10月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
11月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
12月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
1月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
2月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29
3月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
4月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
5月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
6月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
7月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
8月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
9月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30

参考になる本

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法
 会議・朝礼・電話でも、接客・商談・会合でも、面接・結婚式のスピーチでも、デート・合コン・保護者会でも。
 こんなふうに話せば「あがり」にさようなら! 予約半年待ち! 超人気講師が教える“緊張しないコツ。
¥ 1,210
超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48
 本書では、人前では話すことが苦手な人でもすぐ実行でき、たちまち効果を実感できる「あがらずに話せる正しい方法」を48個紹介しています。
 スピーチ・朝礼・会議・面接でドキドキしない!商談・プレゼン・営業が面白いほど成功する!人前で話すのが苦手な人でも大丈夫!あがらずに話せる超シンプルなテクニックを大公開!
¥ 1,296
朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100 話しベタなあなたに贈る
 他人の興味を引く「鉄板ネタ」さえ持っていれば、誰でも「人前で話すこと」が怖くなくなります。
 聞き手が具体的にイメージしやすいようにスポーツ選手や芸能人など、著名人のエピソードもたくさん織り込んだ「鉄板ネタ」を100個集めました。
¥ 1,620
恥をかかないスピーチ力
 新年度に自己紹介をしたり、結婚式やちょっとした集まりで人前で話したりする機会は意外と多い。そんな時に役立つ、スピーチやコメントのコツ、心構え。
 恥をかかないレベルから「なかなかうまいな」と思われるレベルまで、どうステップアップするか。
 「時間感覚」「身体感覚」の重要性、始まり方と終わり方、小ネタの集め方、シーン別のコツやNGポイントまで、人前で話す時にはこれさえあれば大丈夫!
¥ 702
心に届く話し方 65のルール
 本書は、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説した、話し方の基礎技術の本です。
 「本質的に内容が相手にきちんと伝わる」ことを目的とし、「そのための具体的かつ自然な音声表現のディテール」まで迫った本です。
¥ 1,361
カーネギー話し方入門 文庫版
 あのウォーレン・バフェットも受講したというデール・カーネギーの話し方講座のエッセンスをまとめた本。
 カーネギーといえば、大ベストセラーとなった『人を動かす』があまりに有名だが、本書の原著も100万部を突破したベストセラーとして、アメリカでは広く知られている。
¥ 650