365日のネタ・スピーチ例は、1年分(365日分)のネタと、朝礼などのスピーチの作例や作り方を、まとめたサイトです。 >> 使い方を読む

7月7日「七夕」


 7月7日は、五節句の一つ「七夕」です。五節句は、1月7日の七草の節句、3月3日の桃の節句、5月5日の菖蒲の節句、7月7日の七夕、9月9日の菊の節句です。

 七夕は、小学校でも短冊に願いを書いたりして、身近なものでした。また、七夕のアニメも学校で見た記憶があります。商店街でも竹を飾っていました。

 七夕は、子供が触れるイベントとしては、かなり身近なものだと思います。

 七夕では全国的に、短冊に願い事を書き、葉竹に飾ることが行われています。短冊などを笹に飾る風習は、夏越の大祓に設置される茅の輪の両脇の笹竹にちなみ、江戸時代から始まったもので、日本以外では見られません。
 日本では、元々、サトイモの葉の露で墨をすると習字が上達すると言われ、7枚の梶(カジ)の葉に歌を書いてたむける風習がありました。藤原俊成の歌には「たなばたの とわたるふねの 梶の葉に いくあきかきつ 露のたまづさ」とあります。
 時代が下り、江戸時代になり、庶民に七夕が広まった際に、五行説にちなんだ五色の短冊に、願いを書いて飾るようになりました。


 願いは言葉にすることで実現するとも言われます。頭の中で考えるだけでなく、明確な目標にするからでしょう。

 よく、一年の計は元旦にありと言いますが、七夕の短冊など、折に触れて、願いを言葉にするのも大切だと思います。

スピーチ作例 7月7日1
文字数:574文字   想定時間:154
想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。

その他の情報

 日本の「たなばた」は、元来、中国での行事であった七夕が奈良時代に伝わり、元からあった日本の棚機津女(たなばたつめ)の伝説と合わさって生まれたとされています。
 「たなばた」の語源とされているものには、「古事記」でアメノワカヒコが死に、アヂスキタカヒコネが来た折に詠まれた歌にある「淤登多那婆多」(弟棚機)、または「日本書紀」葦原中国平定の1書第1にある「乙登多奈婆多」、あるいは、お盆の精霊棚とその幡から棚幡などがあります。
 また、「萬葉集」に「織女之 今夜相奈婆 如常 明日乎阻而 年者将長」(たなばたの 今夜あひなば つねのごと 明日をへだてて 年は長けむ」など、七夕にまつわる歌が存在しています。
 そのほか、牽牛織女の二星がそれぞれ耕作および蚕織をつかさどるため、それらにちなんだ種物(たなつもの)・機物(はたつもの)という語が「たなばた」の由来とする江戸期の文献もあります。
 中国では、7月7日に七針に糸を通すという乞巧奠(きこうでん、きっこうでん 他)の風習がありました。乞巧奠は、乞巧祭会(きっこうさいえ)または単に乞巧とも言い、7月7日の夜、織女に対して手芸上達を願う祭です。乞巧とは、器用になることを願うという意味です。女性たちは、細やかなこころと器用な手先を得て、良縁が得られるように祈りました。
 唐の玄宗のときに盛んに行われたこの行事が日本に伝わり、宮中や貴族の家で行われました。宮中では、清涼殿の東の庭に敷いたむしろの上に机を4脚並べて果物などを供え、ヒサギの葉1枚に金銀の針をそれぞれ7本刺して、五色の糸をより合わせたもので針のあなを貫きました。
 一晩中香をたき灯明を捧げて、天皇は庭の倚子に出御して、牽牛と織女が合うことを祈りました。
 織姫星(織女星)は、こと座の1等星ベガです。夏彦星(彦星、牽牛星)は、わし座の1等星アルタイルです。

記念日・年中行事

  • 七夕(日本)
    五節句の一つ。
  • 小暑(日本 2010年・2011年・2012年・2013年)
    二十四節気の1つ。太陽の黄経が105度の時で、梅雨明けが近づき、暑さが本格的になるころ。
  • 独立記念日(ソロモン諸島)
    1978年のこの日、ソロモン諸島がイギリスから独立した。
  • サバ・サバ(タンザニア)
    1954年のこの日に、長らく同国の政権与党となっているタンザニア革命党の前身のタンガニーカ・アフリカ民族同盟(TANU)が結成されたことを記念。「サバ」はスワヒリ語で7のことである。当初は農業国タンザニアの農民を賛える祝日であったが、現在は商業・産業振興の祝日となっており、この日を中心に旧首都のダルエスサラームで国際貿易博覧会が開かれる。
  • ゆかたの日(日本)
    日本ゆかた連合会が1981年に「制定」。乞巧奠(きっこうてん)の慣習と織女祭による。
  • 川の日(日本)
    建設省(現在の国土交通省)が近代河川制度100周年にあたる1996年に制定。七夕伝説の天の川のイメージがあり、7月は河川愛護月間であることから。
  • 竹・たけのこの日(日本)
    全日本竹産業連合会が1986年に「制定」。日本缶詰協会等の産物関係者の話し合いの席上で「かぐや姫が竹の中から生まれた日は7月7日ではないか」という話になり、この日に決定された。
  • 乾麺デー(日本)
    全国乾麺協同組合連合会が1982年に「制定」。七夕の日に素麺を天の川にみたてて食べる風習があったことから。
  • ギフトの日(日本)
    全日本ギフト用品協会が1987年に「制定」。七夕は牽牛と織女が年に一度出会う日ということから。
  • 香りの日(日本)
    全国化粧品小売協同組合連合会中部ブロックが1991年に「制定」。七夕にちなみ、「化粧品を買ってプレゼントしよう」と販売促進のために提唱された。
  • 冷やし中華の日(日本)
    この日が二十四節気の小暑となることが多く、夏らしい暑さが始るころであることから。
  • エンゲージメントデー(日本)
    エンゲージメント・プロジェクトが2012年に「制定」。七夕にちなみ、「一年に一度、大切な人との結びつきを思い出し、あらためて伝え、願い、それを重ねていく日」とした。
  • 糸魚川・七夕は笹ずしの日(日本)
    笹の節句七夕にちなみ、笹ずしに代表される糸魚川の郷土料理に親しんでもらおうと登録された記念日。(新潟県糸魚川市)
  • 世界遺産の日(和歌山県)
    2005年3月に制定された「世界遺産条例」で定められた記念日。2004年のこの日、紀伊山地の霊場と参詣道が世界遺産に登録された。
  • ドリカムの日(日本)
    2016年に日本記念日協会により認定される。所属事務所の設立日、ベストアルバム発売日、楽曲「7月7日、晴れ」など、7月7日に縁があるため。

歴史

  • 1333年(元弘3年/正慶2年5月25日)- 持明院統の光厳天皇が京都に復帰した後醍醐天皇によって廃位される。
  • 1456年 - ルーアンにて25年前のジャンヌ・ダルクの処刑裁判の判決破棄を宣言。
  • 1541年(天文10年6月14日)- 武田晴信(後の信玄)が父・信虎を甲斐から追放。
  • 1777年 - アメリカ独立戦争: ハバードトンの戦い
  • 1798年 - 擬似戦争: フランスの私掠船によるアメリカ商船への攻撃を受け、アメリカ議会がフランスとの条約を破棄。実質的な戦争の開戦。
  • 1807年 - ナポレオン戦争: フランスとロシアがティルジットの和約を締結。
  • 1884年 - 華族令制定、華族は公・侯・伯・子・男の五段階の爵位にランク付けられ特権階級として規定された。
  • 1884年 - 岩崎弥太郎が工部省長崎造船局の払下げを受け、長崎造船所として造船事業を始める。現在の三菱重工業。
  • 1892年 - フィリピンでアンドレス・ボニファシオらがスペインからの独立運動組織カティプナンを結成。
  • 1898年 - ハワイのアメリカ合衆国への併合、ハワイ準州の設立を定めたニューランズ決議が発効。
  • 1919年 - カルピス販売開始。
  • 1937年 - 盧溝橋事件。日中戦争(支那事変)の発端に。
  • 1940年 - 日本で奢侈品等製造販売制限規則(七・七禁令)施行。
  • 1941年 - 第二次世界大戦: アイスランドにアメリカ軍が駐留。
  • 1944年 - 第二次世界大戦・サイパンの戦い: サイパン島の日本軍守備隊が玉砕。
  • 1945年 - 日本海軍のロケット戦闘機秋水が初飛行するが、燃料タンクの問題によって墜落し、パイロットが死亡する。
  • 1946年 - アメリカ陸軍の試作偵察機XF-11が初飛行で墜落し、操縦していたハワード・ヒューズが大怪我を負う。
  • 1952年 - 大須事件。名古屋市中区大須でデモ隊と警官隊が衝突。121人を逮捕。
  • 1956年 - 世界第13位の高峰ガッシャーブルムII峰がフリッツ・モラベックにより初登頂。
  • 1959年 - しし座α星レグルスの金星による食が発生。
  • 1968年 - 第8回参議院議員通常選挙。石原慎太郎・青島幸男・横山ノックら多くのタレント議員が誕生。
  • 1969年 - カナダで公用語法が成立。英語・フランス語双方が公用語に規定される。
  • 1970年 - 韓国で京釜高速道路が全線開通。
  • 1970年 - 日本初のファミリーレストラン・すかいらーく国立店が開店。
  • 1971年 - 大阪市で佐治敬三らが関西公共広告機構(現・ACジャパン)を設立。
  • 1972年 - 田中角榮が54歳の史上最年少(当時)で内閣総理大臣に就任。第1次田中角榮内閣発足。
  • 1974年 - 第10回参議院議員通常選挙。一部地域を除き即日開票され、結果は保革伯仲の構図となった。投票率は73.2%。
  • 1974年 - 台風8号に刺激された梅雨前線が日本各地に集中豪雨をもたらした。(七夕豪雨)
  • 1974年 - サッカーワールドカップ・西ドイツ大会で開催国の西ドイツが優勝する。
  • 1977年 - 広島高裁、「加藤老事件」の加藤新一被告に無罪判決。
  • 1978年 - ソロモン諸島がイギリスより独立。
  • 1979年 - 都ホテル東京が東京都港区白金台に開業。
  • 1983年 - 冷戦: 11歳のアメリカ人サマンサ・スミスがユーリ・アンドロポフに招待され「アメリカ史上最年少の親善大使」としてソ連を訪問。
  • 1985年 - 西ドイツのボリス・ベッカーが大会史上最年少の17歳7カ月でウィンブルドン選手権男子シングルス優勝。
  • 1988年 - ソビエト連邦が火星探査機フォボス1号を打ち上げる。
  • 1991年 - ユーゴスラビア紛争・十日間戦争: ユーゴスラビアとスロベニアが停戦に合意し、ユーゴスラビア軍がスロベニアから撤退。
  • 1993年 - この年から始まったJリーグで鹿島アントラーズが浦和レッズを降し前期優勝を決める。
  • 1996年 - 太田市パチンコ店女児連れ去り事件。
  • 1998年 - 作曲家の吉田正に国民栄誉賞が贈られる。
  • 1998年 - 千葉ロッテマリーンズが日本プロ野球新となる17連敗を記録。
  • 2001年 - 神戸市営地下鉄海岸線の三宮・花時計前駅 - 新長田駅間が開業。
  • 2003年 - 能登空港開港。
  • 2005年 - ロンドン同時爆破事件
  • 2005年 - 愛知県清須市が市制施行。
  • 2006年 - 30年近く所在不明となっていた岡本太郎作の壁画『明日の神話』が汐留で公開される。
  • 2014年 - 世界初大学を跨ぐ若手限定の同窓会「七大学若手会」設立
  • 2015年 - 気象衛星ひまわり8号が、正式運用を開始する。
  • 2017年 - 核兵器禁止条約が採択される。

誕生日

  • 1794年(寛政6年6月11日)- 井伊直亮、第14代彦根藩主(+ 1850年)
  • 1816年 - ルドルフ・ウォルフ、天文学者(+ 1893年)
  • 1833年 - フェリシアン・ロップス、画家、版画家(+ 1898年)
  • 1843年 - ヒューゴ・サルムソン、画家(+ 1894年)
  • 1860年 - グスタフ・マーラー、作曲家(+ 1911年)
  • 1860年(万延元年5月19日)- 三宅雪嶺、哲学者、評論家(+ 1945年)
  • 1887年 - マルク・シャガール、画家(+ 1985年)
  • 1891年 - 栗林忠道、軍人(+ 1945年)
  • 1895年 - 南条徳男、弁護士、政治家(+ 1974年)
  • 1899年 - ジョージ・キューカー、映画監督(+ 1983年)
  • 1901年 - 円谷英二、特撮監督(+ 1970年)
  • 1901年 - ヴィットリオ・デ・シーカ、映画監督、俳優(+ 1974年)
  • 1904年 - 高木東六、作曲家(+ 2006年)
  • 1906年 - サチェル・ペイジ、メジャーリーガー(+ 1982年)
  • 1907年 - ロバート・A・ハインライン、SF作家(+ 1988年)
  • 1910年 - 松本白鸚、歌舞伎役者(+ 1982年)
  • 1918年 - 近江俊郎、歌手(+ 1992年)
  • 1918年 - 芦原義信、建築家(+ 2003年)
  • 1920年 - 松林宗恵、映画監督(+ 2009年)
  • 1921年 - パウル=ハインリヒ・デーネ、ドイツ空軍のエース・パイロット(+ 1945年)
  • 1922年 - ピエール・カルダン、ファッションデザイナー
  • 1926年 - ダフマヌ・エル・ハラチ、アルジェリアのシャアビ歌手、作曲家(+ 1980年)
  • 1928年 - ユリス・ハルトマニス、計算機科学研究者
  • 1928年 - 森禮子、小説家・劇作家(+ 2014年)
  • 1929年 - 乙骨淑子、児童文学作家(+ 1980年)
  • 1930年 - ハンク・モブレー、サクソフォーン奏者(+ 1986年)
  • 1931年 - デイヴィッド・エディングス、ファンタジー小説家(+ 2009年)
  • 1931年 - 芳野嶺元志、大相撲力士(+ 2012年)
  • 1931年 - 小川英雄、プロ野球選手(+ 没年不詳)
  • 1932年 - ジョー・ザヴィヌル、フュージョンシンセサイザー奏者(+ 2007年)
  • 1936年 - ジョー・シフェール、レーシングドライバー(+ 1971年)
  • 1937年 - 塩野七生、小説家
  • 1937年 - ジョヴァンニ・アリギ、社会学者(+ 2009年)
  • 1938年 - 中島孝夫、官僚
  • 1938年 - 星山晋徳、プロ野球選手
  • 1938年 - 木村軍治、プロ野球選手
  • 1940年 - リンゴ・スター、ミュージシャン
  • 1940年 - 鈴木悳夫、プロ野球選手(+ 2007年)
  • 1940年 - クニ河内、ミュージシャン
  • 1943年 - 西村宏、プロ野球選手
  • 1944年 - 木俣達彦、プロ野球選手
  • 1945年 - 池澤夏樹、小説家
  • 1945年 - 山本泰、アマチュア野球指導者
  • 1945年 - 鴇田忠夫、プロ野球選手
  • 1946年 - 葉祥明、絵本作家
  • 1947年 - ギャネンドラ・ビール・ビクラム・シャハ、ネパール国王
  • 1947年 - 浜口政信、プロ野球選手
  • 1948年 - 西村眞悟、政治家
  • 1948年 - ホルヘ・ダルト、ピアニスト(+ 1987年)
  • 1948年 - 流敏晴、プロ野球選手(+ 2016年)
  • 1949年 - 上田正樹、歌手
  • 1949年 - 山本孝史、政治家
  • 1950年 - 百武裕司、アマチュア天文家(+ 2002年)
  • 1951年 - ミンキー・ヤス(岩崎康雄)、タレント、アナウンサー
  • 1951年 - 西井哲夫、プロ野球選手
  • 1952年 - マイク・ウィーバー、プロボクサー
  • 1952年 - 山本拓、政治家
  • 1952年 - ヴァーツラフ・フデチェク、ヴァイオリニスト
  • 1953年 - 研ナオコ、タレント、歌手
  • 1955年 - レン・バーカー、メジャーリーガー
  • 1956年 - 大川隆法、宗教家、幸福の科学グループ創始者兼総裁
  • 1957年 - ダン・グラッデン、プロ野球選手
  • 1958年 - 大西靖人、元空手道選手、政治家(+ 2003年)
  • 1959年 - アレッサンドロ・ナニーニ、F1ドライバー
  • 1959年 - 嬉野雅道、『水曜どうでしょう』カメラ担当ディレクター
  • 1960年 - 横山剣、クレイジーケンバンドのボーカル
  • 1960年 - 王様、歌手
  • 1962年 - ナンシー関、版画家、コラムニスト(+ 2002年)
  • 1962年 - 藤井康雄、プロ野球選手
  • 1963年 - 小川勝也、政治家
  • 1964年 - 堤真一、俳優
  • 1964年 - 佐藤竜雄、アニメ監督
  • 1964年 - 藤島康介、漫画家、イラストレーター
  • 1964年 - 高山瑞穂、漫画家
  • 1964年 - 清水雅治、プロ野球選手
  • 1965年 - 郭建成、プロ野球選手
  • 1965年 - 金子恵美、政治家
  • 1965年 - 西初恵、女優
  • 1965年 - 東哲也、プロ野球選手
  • 1966年 - 青山知可子、女優
  • 1966年 - 三木圭恵、政治家
  • 1967年 - 西山秀二、プロ野球選手
  • 1968年 - チャック・ノブロック、メジャーリーガー
  • 1968年 - ジョージャ・フォックス、女優
  • 1970年 - エリック・ツァベル、自転車プロロードレース選手
  • 1972年 - 伊藤祐樹、野球選手
  • 1972年 - 朴晟佑、漫画家
  • 1972年 - 星奈々、ものまねタレント
  • 1972年 - 万永貴司、プロ野球選手
  • 1973年 - 大石真弘、NHKアナウンサー
  • 1973年 - 高屋奈月、漫画家
  • 1975年 - 高橋光信、プロ野球選手
  • 1975年 - ナシル、歌手
  • 1977年 - アンディ・グリーン、プロ野球選手
  • 1977年 - 園部好徳、声優
  • 1978年 - MISIA、歌手
  • 1978年 - 雷陣明、プロレスラー
  • 1978年 - 片岡明日香、女優
  • 1980年 - 石本沙織、フジテレビアナウンサー
  • 1980年 - 国府田ひとみ、ストリッパー
  • 1980年 - ミシェル・クワン、フィギュアスケート選手
  • 1980年 - 安藤正彦、バスケットボール選手
  • 1980年 - ジョン・バック、元プロ野球選手
  • 1981年 - 滝沢沙織、タレント
  • 1981年 - 塀内久雄、プロ野球選手
  • 1981年 - シニスター・ゲイツ、ギタリスト
  • 1982年 - 酒鬼薔薇聖斗、神戸連続児童殺傷事件の犯人
  • 1982年 - 黒澤優、元女優、松岡充(SOPHIAのヴォーカル)の妻
  • 1983年 - 名久井麻利、東北放送アナウンサー
  • 1983年 - ルーク・モンツ、プロ野球選手、ボストン・レッドソックス傘下
  • 1983年 - デュマス・ガルシア、プロ野球選手
  • 1984年 - 原田夏希、女優
  • 1984年 - 伊藤陽佑、俳優
  • 1984年 - 坂口智隆、プロ野球選手
  • 1984年 - 野本圭、プロ野球選手
  • 1984年 - 永島さや佳、アイドル芸人
  • 1984年 - アルフレッド・フィガロ、プロ野球選手
  • 1984年 - アルベルト・アクィラーニ、サッカー選手
  • 1985年 - 松田かりな、グラビアアイドル
  • 1985年 - ヌットサラ・トムコム、バレーボール選手
  • 1985年 - レイソン・セプティモ、プロ野球選手
  • 1986年 - 坪井俊樹、プロ野球選手
  • 1987年 - 石川沙織、グラビアアイドル
  • 1987年 - 平高奈菜、ボートレーサー
  • 1987年 - 鶴岡賢二郎、プロ野球選手
  • 1987年 - 渡部博文、サッカー選手
  • 1989年 - クリス・リード、フィギュアスケートアイスダンス選手
  • 1989年 - 菜乃花、グラビアアイドル
  • 1990年 - 藤田恵名、シンガーソングラドル
  • 1991年 - 天風浩一、大相撲力士
  • 1992年 - 中井ゆかり、グラビアアイドル
  • 1992年 - 石原英秀、俳優
  • 1993年 - 吉田夕梨花、カーリング選手(LS北見)
  • 1994年 - 伊藤夏帆、ファッションモデル
  • 1995年 - 土肥星也、プロ野球選手
  • 1997年 - 愛名ミラ、女優
  • 1997年 - 生田衣梨奈、モーニング娘。のメンバー
  • 1999年 - 川村文乃、アンジュルムのメンバー
  • 2000年 - 谷井優貴、タレント
  • 2001年 - 八木莉可子、モデル
  • 生年不明 - 或十せねか、漫画家
  • 生年不明 - 池田亜希子、声優
  • 生年不明 - 和泉なゆ花、声優
  • 生年不明 - 須田勝也、声優

忌日

  • 1307年 - エドワード1世、イングランド王(* 1239年)
  • 1582年(天正10年6月18日)- 阿閉貞征、織田氏の家臣(* 1528年)
  • 1588年(天正16年閏5月14日)- 佐々成政、武将(* 1536年)
  • 1742年(寛保2年6月6日)- 早野巴人、俳人(* 1676年)
  • 1747年(延享4年5月30日)- 太宰春台、儒学者(* 1680年)
  • 1770年(明和7年6月15日)- 鈴木春信、浮世絵師(* 1725年)
  • 1816年 - リチャード・ブリンズリー・シェリダン、劇作家、政治家(* 1751年)
  • 1898年 - ニコライ・ヤロシェンコ、画家(* 1846年)
  • 1901年 - ヨハンナ・シュピリ、作家(* 1827年)
  • 1922年 - カハル・ブルハ、アイルランドの民族主義活動家(* 1874年)
  • 1929年 - ヴィクトール・パリモフ、画家(* 1888年)
  • 1930年 - アーサー・コナン・ドイル、小説家(* 1859年)
  • 1939年 - ディーコン・ホワイト、メジャーリーガー(* 1847年)
  • 1953年 - 阪東妻三郎、映画俳優(* 1901年)
  • 1956年 - ゴットフリート・ベン、詩人(* 1886年)
  • 1957年 - 小石清、写真家(* 1908年)
  • 1964年 - リリアン・コープランド、陸上競技選手(* 1904年)
  • 1965年 - モシェ・シャレット、イスラエル首相(* 1894年)
  • 1973年 - マックス・ホルクハイマー、哲学者、社会学者(* 1895年)
  • 1973年 - ヴェロニカ・レイク、女優(* 1919年)
  • 1976年 - グスタフ・ハイネマン、ドイツ連邦大統領(* 1899年)
  • 1982年 - 坪田譲治、児童文学作家(* 1890年)
  • 1983年 - ハーマン・カーン、未来学者(* 1922年)
  • 1993年 - 高山岩男、哲学者(* 1905年)
  • 1997年 - 奥むめお、婦人運動家、政治家(* 1895年)
  • 1999年 - 光瀬龍、SF作家(* 1928年)
  • 2000年 - 田中瑤子、ピアニスト(* 1932年)
  • 2001年 - 本山剛、銀行家(* 1931年)
  • 2003年 - 鈴木富子、声優(* 1956年)
  • 2004年 - 高畠通敏、政治学者(* 1933年)
  • 2006年 - 野本礼三、声優(* 1930年)
  • 2009年 - 勝野七奈美、元歌手(* 1979年)
  • 2011年 - ディック・ウィリアムズ、メジャーリーガー(* 1929年)
  • 2012年 - 遠藤太津朗、俳優(* 1928年)
  • 2014年 - アルフレッド・ディ・ステファノ、元サッカー選手(* 1926年)
  • 2014年 - エドゥアルド・シェワルナゼ、元ソ連外相・前グルジア大統領(* 1928年)
  • 2014年 - 安部俊幸、ギタリスト・元チューリップメンバー(* 1950年)
  • 2016年 - 永六輔、タレント、随筆家、放送作家、作詞家(* 1933年)
  • 1975年 - ラフィアン、競走馬(* 1972年)

スピーチ作成 - テーマ「七夕」

自分が初めてテーマを知った/経験した時のエピソード。
テーマについて自分はどう思うか/思ったか。
言葉/行動/影響について自分はどう思うか。
今後自分はどうしたいと思うか。

スピーチ出力 - 07-07_七夕.txt

想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。
日付からスピーチを作る
12月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
1月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
2月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29
3月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
4月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
5月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
6月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
7月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
8月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
9月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
10月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
11月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30

参考になる本

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法
 会議・朝礼・電話でも、接客・商談・会合でも、面接・結婚式のスピーチでも、デート・合コン・保護者会でも。
 こんなふうに話せば「あがり」にさようなら! 予約半年待ち! 超人気講師が教える“緊張しないコツ。
¥ 1,210
超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48
 本書では、人前では話すことが苦手な人でもすぐ実行でき、たちまち効果を実感できる「あがらずに話せる正しい方法」を48個紹介しています。
 スピーチ・朝礼・会議・面接でドキドキしない!商談・プレゼン・営業が面白いほど成功する!人前で話すのが苦手な人でも大丈夫!あがらずに話せる超シンプルなテクニックを大公開!
¥ 1,296
朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100 話しベタなあなたに贈る
 他人の興味を引く「鉄板ネタ」さえ持っていれば、誰でも「人前で話すこと」が怖くなくなります。
 聞き手が具体的にイメージしやすいようにスポーツ選手や芸能人など、著名人のエピソードもたくさん織り込んだ「鉄板ネタ」を100個集めました。
¥ 1,620
恥をかかないスピーチ力
 新年度に自己紹介をしたり、結婚式やちょっとした集まりで人前で話したりする機会は意外と多い。そんな時に役立つ、スピーチやコメントのコツ、心構え。
 恥をかかないレベルから「なかなかうまいな」と思われるレベルまで、どうステップアップするか。
 「時間感覚」「身体感覚」の重要性、始まり方と終わり方、小ネタの集め方、シーン別のコツやNGポイントまで、人前で話す時にはこれさえあれば大丈夫!
¥ 702
心に届く話し方 65のルール
 本書は、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説した、話し方の基礎技術の本です。
 「本質的に内容が相手にきちんと伝わる」ことを目的とし、「そのための具体的かつ自然な音声表現のディテール」まで迫った本です。
¥ 1,361
カーネギー話し方入門 文庫版
 あのウォーレン・バフェットも受講したというデール・カーネギーの話し方講座のエッセンスをまとめた本。
 カーネギーといえば、大ベストセラーとなった『人を動かす』があまりに有名だが、本書の原著も100万部を突破したベストセラーとして、アメリカでは広く知られている。
¥ 650