365日のネタ・スピーチ例は、1年分(365日分)のネタと、朝礼などのスピーチの作例や作り方を、まとめたサイトです。 >> 使い方を読む

10月28日「おだしの日」


 10月28日は「おだしの日」です。おだしの素材となる、鰹節の製法「燻乾カビ付け製法」を考案した、和歌山県の漁民、2代目角屋甚太郎が、1707年のこの日に発生した宝永地震で亡くなったことから、株式会社太鼓亭が2016年に制定しました。

 鰹節は、冷や奴が好きなので、よく利用します。そのため、おだしとしてよりは、薬味的な利用が多いです。

 現代的な鰹節は、プラスチックの袋に入っているので、手軽に利用できてよいです。

 鰹と日本人の関わりは古いです。縄文時代前期にはすでに食べられていた形跡があります。5世紀頃には干しカツオが作られていました。
 現在の鰹節の始まりは江戸時代になります。この時期、土佐の甚太郎は、燻乾法を考案しました。これは熊野節として人気を呼び、土佐藩は藩を挙げて熊野節の製法を導入しました。
 この方法は、土佐藩の秘伝とされましたが、のちに、安房や伊豆、薩摩に伝えられて、それぞれの地で名産品となりました。


 秘伝などと言って隠している情報は、いずれ公知のものになり、周囲に広がります。一時的には、隠すことも重要でしょうが、公開されても大丈夫なように、質とブランド力を上げておく必要があると思います。

 誰かが思いつくことは、他の誰かも思いつく。そう覚悟しておいた方がよいと思います。

スピーチ作例 10月28日1
文字数:558文字   想定時間:151
想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。

引用・参考URL

このページの引用・参考URL。

記念日・年中行事

  • 独立記念日(チェコ)・チェコスロバキア国家独立記念日(スロバキア)
    1918年のこの日、チェコスロバキアがオーストリア=ハンガリー帝国からの独立を宣言した。
  • 参戦記念日/”No”の記念日(ギリシャ)
    1940年のこの日、ギリシャが第二次世界大戦に参戦した。
  • 速記記念日(日本)
    1882年10月28日、田鎖綱紀が東京・日本橋で自ら考案した速記法「日本傍聴筆記法」の第1回講習会を開催したことにちなみ、1888年の講習会の7周年記念会で制定。
    現在は日本速記協会が中心となり、速記への関心を啓発するための催しなどを行っている。
  • ABCの日(日本)
    1952年10月28日、社団法人日本ABC協会の前身・ABC懇談会が発足した日を記念し、同協会が1989年に制定。
  • 群馬県民の日(日本群馬県)
    明治4年10月28日(グレゴリオ暦1871年12月10日)に廃藩置県により「群馬県」の名称が初めて使われたことを記念し、群馬県が1985年に制定。この日の群馬県は休日扱いになる。
  • 岐阜県地震防災の日(日本岐阜県)
    1891年のこの日に発生した濃尾地震にちなみ、岐阜県が2005年に制定。
  • おだしの日(日本)
    おだしの素材となる、鰹節の製法「燻乾カビ付け製法」を考案した和歌山県日高郡印南町の漁民、2代目角屋甚太郎が、1707年のこの日に発生した宝永地震で亡くなったことから、株式会社太鼓亭が2016年に制定。

歴史

  • 306年 - マクセンティウスがローマ皇帝就任を宣言。
  • 312年 - ミルウィウス橋の戦い。コンスタンティヌス1世がマクセンティウスを破り、西ローマ帝国の単独皇帝になる
  • 1538年 - 新大陸初の大学・聖トマス・アキナス大学が創立。
  • 1628年 - ユグノーの反乱: ラ・ロシェル包囲戦が終結。
  • 1707年(宝永4年10月4日)- 宝永地震。東海道・紀伊半島・四国に被害がおよび、2万人以上が死亡。
  • 1776年 - アメリカ独立戦争: ホワイト・プレインズの戦い
  • 1848年 - スペイン初の鉄道がバルセロナ - マタローに開通。
  • 1876年 - 萩の乱
  • 1882年 - 田鎖式速記の考案者・田鎖綱紀が東京で日本初の速記講習会を開催。
  • 1886年 - ニューヨークの自由の女神像の除幕式が行われる。
  • 1888年 - 伊予鉄道・松山(現在の松山市)- 三津が開業。日本初の軽便鉄道。
  • 1891年 - マグニチュード8.0の濃尾地震が発生。死者7273名。
  • 1893年(ユリウス暦10月16日)- サンクトペテルブルクでチャイコフスキーの『交響曲第6番』が作曲者の指揮により初演。
  • 1908年 - ドイツ皇帝ヴィルヘルム2世と英軍大佐エドワード・ワートリーの対談がデイリー・テレグラフ紙に掲載、問題化。(デイリー・テレグラフ事件)
  • 1918年 - チェコスロバキアがオーストリア=ハンガリー帝国からの独立を宣言。
  • 1919年 - アメリカ議会でボルステッド法(国家禁酒法)が成立。
  • 1922年 - ベニート・ムッソリーニ率いる黒シャツ隊がローマ進軍を開始。
  • 1940年 - 第二次世界大戦: イタリアがアルバニア経由でギリシャに侵攻。ギリシャ・イタリア戦争が勃発。(ギリシャの参戦記念日)
  • 1942年 - アメリカ合衆国にアラスカ・ハイウェイが全通。
  • 1943年 - フィラデルフィア計画: 護衛駆逐艦「エルドリッジ」を用いたステルス化実験が行われたとされる。(都市伝説)
  • 1951年 - 日本人が参加する初のプロレスの試合・力道山対ボビー・ブランズ戦が行われる。
  • 1952年 - 日本テレビ放送網設立。
  • 1956年 - 戦中に解体された通天閣が再建。
  • 1962年 - キューバ危機: ソビエト連邦指導者ニキータ・フルシチョフがキューバからのミサイル撤去を発表。
  • 1965年 - 第2バチカン公会議でキリスト教以外の諸宗教に関する教会の態度についての宣言(ノストラ・エターテ)を発表。
  • 1971年 - イギリスが国産ロケットブラック・アローにより人工衛星「プロスペロ」を打ち上げ。
  • 1972年 - エアバスA300型機が初飛行。
  • 1972年 - 中華人民共和国から日本に贈られたパンダ「カンカン」と「ランラン」が上野動物園に到着。
  • 1979年 - これまで噴火の記録がなかった御嶽山で水蒸気爆発
  • 1981年 - ロッキード事件裁判で榎本敏夫・田中角栄首相秘書官の前夫人が証言。直後の「ハチの一刺し」発言が流行語に。
  • 1982年 - スペイン総選挙で社会労働党が圧勝し、38年ぶりの革新政権が成立。
  • 1984年 - 天皇賞でミスターシービーが優勝し、中央競馬史上初の四冠馬となる。
  • 1990年 - テレビアニメ『ちびまる子ちゃん』の視聴率が39.9%を記録し、視聴率調査の方式が現在の形に移行されてからの歴代テレビアニメ番組の1位になる。
  • 1993年 - ドーハの悲劇。1994 FIFAワールドカップアジア最終予選で、サッカー日本代表はロスタイムでイラクに得点され、引き分けたためW杯出場を逃す。
  • 1995年 - バクー地下鉄で火災が発生。289人が死亡する惨事となった。
  • 2007年 - アルゼンチン前大統領ネストル・キルチネルの妻クリスティーナ・フェルナンデス・デ・キルチネルが大統領選挙で当選。
  • 2008年 - 日経平均株価が取引中にバブル崩壊後の最安値6994円90銭を記録。
  • 2009年 - コンステレーション計画: NASAが使い捨て型ロケット「アレスI」試験機を打ち上げ。

誕生日

  • 1335年(忠粛王4年10月11日)- 李成桂、李氏朝鮮創始者(+ 1408年)
  • 1751年 - ドミトリー・ボルトニャンスキー、作曲家(+ 1825年)
  • 1752年(英祖28年9月22日)- 正祖、李氏朝鮮第22代国王(+ 1800年)
  • 1837年(天保8年9月29日)- 徳川慶喜、江戸幕府最後の将軍(第15代)(+ 1913年)
  • 1828年 - ジェイコブ・ドルソン・コックス、第10代アメリカ合衆国内務長官(+ 1900年)
  • 1844年 - モージズ・イジーキエル、彫刻家(+ 1917年)
  • 1846年 - オーギュスト・エスコフィエ、料理人、フランス料理の祖(+ 1935年)
  • 1849年(嘉永2年9月13日)- 富松正安、自由民権運動家(+ 1886年)
  • 1854年 - ジャン=マリー・ギュイヨー、哲学者、詩人(+ 1888年)
  • 1860年 - フーゴー・プロイス、法学者(+ 1925年)
  • 1864年(元治元年9月28日)- 横河民輔、建築家、実業家、横河グループ創業者(+ 1945年)
  • 1867年 - ハンス・ドリーシュ、生物学者、自然哲学者(+ 1941年)
  • 1868年 - フレデリック・ランチェスター、自動車工学、航空工学技術者(+ 1946年)
  • 1902年 - エルザ・ランチェスター、女優(+ 1986年)
  • 1907年 - 黒田健吾、元プロ野球選手(+ 1979年)
  • 1909年 - ジョーゼフ・ギンゴールド、ヴァイオリニスト(+ 1995年)
  • 1909年 - フランシス・ベーコン、画家(+ 1992年)
  • 1910年 - 保坂誠、実業家(+ 1996年)
  • 1911年 - 陳省身、数学者、教育家、中国科学院外国人院士(+ 2004年)
  • 1921年 - 東富士欽壹、大相撲第40代横綱(+ 1973年)
  • 1923年 - 今西祐行、児童文学作家(+ 2004年)
  • 1926年 - ボウイ・キューン、MLBコミッショナー(+ 2007年)
  • 1927年 - クレオ・レーン、ミュージカル女優
  • 1927年 - 大樋長左衛門、陶芸家
  • 1930年 - バーニー・エクレストン、SLECホールディングスCEO、FOM会長
  • 1932年 - 斎藤文男、九州大学名誉教授
  • 1933年 - ガリンシャ、元サッカー選手(+ 1983年)
  • 1937年 - マーシャン・ホフ、技術者、工学者
  • 1939年 - 矢口高雄、漫画家
  • 1941年 - 平岡龍人、教育者
  • 1941年 - 浜田晃、俳優
  • 1943年 - 大嶽秀夫、政治学者
  • 1944年 - 蟹江敬三、俳優(+ 2014年)
  • 1946年 - 竹内洋、プロ野球選手(+ 2001年)
  • 1947年 - 清水義範、小説家
  • 1951年 - 立花ハジメ、アーティスト
  • 1951年 - 江藤潤、俳優
  • 1952年 - 小林晋哉、元プロ野球選手
  • 1952年 - 小池真理子、小説家
  • 1953年 - 斉藤暁、俳優
  • 1953年 - 内田善美、漫画家
  • 1954年 - ゲーリー・レーシッチ、元プロ野球選手
  • 1955年 - ビル・ゲイツ、マイクロソフト創設者
  • 1956年 - マフムード・アフマディーネジャード、第6代イラン大統領
  • 1957年 - スティーヴン・モリス、ミュージシャン(ジョイ・ディヴィジョン、ニュー・オーダー)
  • 1959年 - 増田俊郎、作曲家
  • 1960年 - 福田己津央、アニメーション監督、演出家
  • 1961年 - 和田加奈子、歌手
  • 1961年 - ボブ・メルビン、プロ野球指導者、元メジャーリーガー
  • 1963年 - さとう輝、漫画家
  • 1964年 - 琴富士孝也、元大相撲力士
  • 1965年 - 吉田都、バレリーナ
  • 1966年 - 久保田洋司、ミュージシャン、作詞家
  • 1966年 - 清水武仁、ギタリスト(元JOE-ERK、MAJESTY、HΛL)
  • 1967年 - ジュリア・ロバーツ、女優
  • 1968年 - 尾崎魔弓、女子プロレスラー
  • 1969年 - 大道典嘉、元プロ野球選手
  • 1969年 - 肥塚良彦、作曲家
  • 1969年 - 高尾正紀、空手家
  • 1972年 - 琴乃峰篤実、大相撲力士
  • 1973年 - アルヴィン・バーク・ジュニア、プロレスラー
  • 1975年 - 石田直佳、気象予報士
  • 1977年 - 陳金鋒、野球選手
  • 1977年 - 吉原じゅんぺい、放送作家
  • 1978年 - グェンドリン・クリスティー 、女優
  • 1979年 - ボビー・クレイマー、プロ野球選手
  • 1980年 - Tama、歌手、元Hysteric Blue
  • 1981年 - 戒、ミュージシャン(the GazettE)
  • 1981年 - 田中一徳、プロ野球選手
  • 1981年 - 伊藤あい、グラビアアイドル
  • 1981年 - ミラン・バロシュ、サッカー選手
  • 1982年 - 倉木麻衣、歌手
  • 1982年 - 福井裕佳梨、声優、グラビアアイドル
  • 1982年 - 押本健彦、プロ野球選手
  • 1982年 - アンソニー・レルー、プロ野球選手
  • 1983年 - 野呂佳代、歌手、タレント(元SDN48)
  • 1983年 - エスマイリン・カリダ、プロ野球選手
  • 1983年 - ニーコ、ファッションモデル、声優
  • 1984年 - オバフェミ・マルティンス、サッカー選手
  • 1985年 - 須永英輝、プロ野球選手
  • 1985年 - 椿原慶子、アナウンサー
  • 1985年 - 舩岳美希、フリーアナウンサー、タレント
  • 1986年 - スザンヌ、タレント
  • 1986年 - 原将明、俳優
  • 1986年 - 豊崎愛生、声優
  • 1986年 - ジョシュ・トーリー、メジャーリーガー
  • 1987年 - フェリックス・ドゥブロン、メジャーリーガー
  • 1987年 - ケイシー・ローレンス、メジャーリーガー
  • 1988年 - 菜々緒、モデル、レースクイーン
  • 1988年 - 益田詩歩、野球選手
  • 1991年 - 安斉雄虎、プロ野球選手
  • 1993年 - 稲川英里、声優
  • 1994年 - 辻沙絵、陸上選手
  • 1998年 - ノーラン・グールド、俳優
  • 1999年 - 吉川愛、女優
  • 2000年 - 中山莉子 女優
  • 生年不明 - 石原朋典、声優

忌日

  • 312年 - マクセンティウス、西ローマ帝国皇帝(* 278年頃)
  • 686年(朱鳥元年10月3日)- 大津皇子、天武天皇の皇子(* 663年)
  • 686年(朱鳥元年10月3日)- 山辺皇女、大津皇子の妃(* 663年?)
  • 1225年(嘉禄元年9月25日)- 慈円、天台宗の僧、歴史家、歌人(* 1155年)
  • 1412年 - マルグレーテ1世、ノルウェー王ホーコン6世の妃、事実上のデンマーク女王(* 1353年)
  • 1562年(永禄5年10月1日)- 種子島時次、戦国武将(* 1556年)
  • 1594年(文禄3年9月15日)- 大久保忠世、戦国武将(* 1532年)
  • 1627年 - ジャハーンギール、ムガル帝国第4代皇帝(* 1569年)
  • 1704年 - ジョン・ロック、哲学者、社会契約論者(* 1632年)
  • 1708年 - ジョージ、イギリス女王アンの王配(* 1653年)
  • 1740年 - アンナ、ロマノフ朝第4代ロシア皇帝(* 1693年)
  • 1755年 - ジョゼフ・ボダン・ド・ボワモルティエ、作曲家(* 1689年)
  • 1760年(宝暦10年9月20日)- 島津継豊、第5代薩摩藩主(* 1702年)
  • 1768年 - ミシェル・ブラヴェ、フルート奏者、作曲家(* 1700年)
  • 1818年 - アビゲイル・アダムズ、第2代アメリカ合衆国大統領ジョン・アダムズの妻(* 1744年)
  • 1852年(嘉永5年9月16日)- 島田虎之助、剣術家(* 1814年)
  • 1857年 - ルイ=ウジェーヌ・カヴェニャック、フランスの行政長官(* 1802年)
  • 1883年 - エフィム・プチャーチン、軍人(* 1803年)
  • 1895年 - 北白川宮能久親王、日本の皇族(* 1847年)
  • 1899年 - オットマール・マーゲンターラー、発明家(* 1854年)
  • 1900年 - フリードリヒ・マックス・ミュラー、東洋学者(* 1823年)
  • 1901年 - パウル・レー、哲学者、医師(* 1849年)
  • 1929年 - ベルンハルト・フォン・ビューロー、第4代ドイツ国首相(* 1849年)
  • 1937年 - ユゼフ・ドヴブル=ムシニツキ、ポーランド軍総司令官(* 1867年)
  • 1945年 - 中島今朝吾、大日本帝国陸軍の中将(* 1881年)
  • 1946年 - 浮田和民、思想家、政治学者(* 1860年)
  • 1952年 - ビリー・ヒューズ、第7代オーストラリア首相(* 1862年)
  • 1953年 - 大澤壽人、作曲家(* 1907年)
  • 1957年 - エルンスト・グレフェンベルグ、産婦人科医師、医学者(* 1881年)
  • 1959年 - カミロ・シエンフェゴス、キューバ革命の指導者(* 1932年)
  • 1962年 - 正宗白鳥、小説家(* 1879年)
  • 1964年 - レジナルド・ブライス、日本文化研究者(* 1898年)
  • 1970年 - 沢田教一、写真家(* 1936年)
  • 1975年 - 上原専禄、歴史学者(* 1899年)
  • 1980年 - 小林中、実業家(* 1899年)
  • 1981年 - 芥川比呂志、俳優、演出家(* 1920年)
  • 1983年 - ポール・スウィングス、天文学者(* 1906年)
  • 1987年 - アンドレ・マッソン、画家(* 1896年)
  • 1989年 - カテブ・ヤシーン、作家(* 1929年)
  • 1990年 - 鹿内信隆、実業家、フジサンケイグループ初代会長(* 1911年)
  • 1990年 - 長谷川信、日本の法務大臣(* 1918年)
  • 1998年 - テッド・ヒューズ、詩人、児童文学者(* 1930年)
  • 2003年 - 松尾孝、実業家、カルビー創業者(* 1912年)
  • 2004年 - ジミー・マクラーニン、プロボクサー(* 1907年)
  • 2005年 - 三笑亭夢楽、落語家(* 1925年)
  • 2005年 - リチャード・スモーリー、物理学者、化学者(* 1943年)
  • 2006年 - レッド・アワーバック、バスケットボール指導者(* 1917年)
  • 2006年 - ティナ・オーモン、女優(* 1946年)
  • 2006年 - トレバー・バービック、プロボクサー(* 1954年)
  • 2007年 - 藤波孝生、政治家(* 1932年)
  • 2008年 - 朴成哲、朝鮮民主主義人民共和国の外務大臣、首相(* 1913年)
  • 2008年 - 谷口清超、宗教家、生長の家総裁(* 1919年)
  • 2009年 - テイラー・ミッチェル、シンガーソングライター(* 1990年)
  • 2013年 - 川上哲治、プロ野球選手、監督(* 1920年)
  • 2013年 - 小林彰太郎、自動車評論家、雑誌「カーグラフィック」初代編集長(* 1929年)
  • 2013年 - 前田正、政治家、郵政政務次官(* 1946年)
  • 2013年 - 西川長夫、文学者、社会学者(* 1934年)
  • 2017年 - マヌエル・サンチス・マルティネス、元サッカー選手(* 1938年)

スピーチ作成 - テーマ「おだしの日」

自分が初めてテーマを知った/経験した時のエピソード。
テーマについて自分はどう思うか/思ったか。
言葉/行動/影響について自分はどう思うか。
今後自分はどうしたいと思うか。

スピーチ出力 - 10-28_おだしの日.txt

想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。
日付からスピーチを作る
10月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
11月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
12月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
1月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
2月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29
3月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
4月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
5月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
6月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
7月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
8月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
9月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30

参考になる本

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法
 会議・朝礼・電話でも、接客・商談・会合でも、面接・結婚式のスピーチでも、デート・合コン・保護者会でも。
 こんなふうに話せば「あがり」にさようなら! 予約半年待ち! 超人気講師が教える“緊張しないコツ。
¥ 1,210
超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48
 本書では、人前では話すことが苦手な人でもすぐ実行でき、たちまち効果を実感できる「あがらずに話せる正しい方法」を48個紹介しています。
 スピーチ・朝礼・会議・面接でドキドキしない!商談・プレゼン・営業が面白いほど成功する!人前で話すのが苦手な人でも大丈夫!あがらずに話せる超シンプルなテクニックを大公開!
¥ 1,296
朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100 話しベタなあなたに贈る
 他人の興味を引く「鉄板ネタ」さえ持っていれば、誰でも「人前で話すこと」が怖くなくなります。
 聞き手が具体的にイメージしやすいようにスポーツ選手や芸能人など、著名人のエピソードもたくさん織り込んだ「鉄板ネタ」を100個集めました。
¥ 1,620
恥をかかないスピーチ力
 新年度に自己紹介をしたり、結婚式やちょっとした集まりで人前で話したりする機会は意外と多い。そんな時に役立つ、スピーチやコメントのコツ、心構え。
 恥をかかないレベルから「なかなかうまいな」と思われるレベルまで、どうステップアップするか。
 「時間感覚」「身体感覚」の重要性、始まり方と終わり方、小ネタの集め方、シーン別のコツやNGポイントまで、人前で話す時にはこれさえあれば大丈夫!
¥ 702
心に届く話し方 65のルール
 本書は、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説した、話し方の基礎技術の本です。
 「本質的に内容が相手にきちんと伝わる」ことを目的とし、「そのための具体的かつ自然な音声表現のディテール」まで迫った本です。
¥ 1,361
カーネギー話し方入門 文庫版
 あのウォーレン・バフェットも受講したというデール・カーネギーの話し方講座のエッセンスをまとめた本。
 カーネギーといえば、大ベストセラーとなった『人を動かす』があまりに有名だが、本書の原著も100万部を突破したベストセラーとして、アメリカでは広く知られている。
¥ 650