365日のネタ・スピーチ例は、1年分(365日分)のネタと、朝礼などのスピーチの作例や作り方を、まとめたサイトです。 >> 使い方を読む

6月18日「考古学出発の日」


 6月18日は「考古学出発の日」です。1877年のこの日、大森貝塚を発見・発掘したアメリカの動物学者エドワード・S・モースが、来日したことを記念して制定されました。

 考古学というと、物語の影響か、ロマン溢れるものという印象が非常に強いです。遥か昔の時代を、遺跡などを通して蘇らせる。そうしたイメージを持っています。

 出土品やその説明を見ると、とてもワクワクしますが、そこに至るには、地道で長い発掘作業が必要なのでしょう。

 モースは、汽車で横浜から新橋へ向かう途中、大森駅を過ぎてすぐの崖に、貝殻が堆積しているのを発見しました。これが、のちに彼によって日本初の発掘調査が行なわれる大森貝塚です。
 モースは、明治政府の許可を得た上、9月16日に発掘調査を行いました。彼は助手ら3人とともに土器、骨器、獣骨を発見し、9月29日にも訪れ、10月9日から本格的な発掘を行いました。
 大森貝塚は、1955年3月24日には、国の史跡に指定されました。モースらの発掘した貝殻、土器、土偶、石斧、石鏃、鹿・鯨の骨片、人骨片などの出土品は、東京大学に保管されており、1975年に全て国の重要文化財に指定されています。


 汽車から貝塚を発見したという話を知った時、貝塚というのは、そんなに簡単に見えるものなのかと驚きました。地面を掘っていたら見つかったのではなく、誰もが見える場所にある。それなのに、知識がある人しか気付かなかったというわけです。

 常日頃、当たり前と思って見ているものが、知識の裏付けがあると違ってみる。そうした視点を獲得するためにも、日々新しいことを学んでいくことが大切だと思います。

スピーチ作例 6月18日1
文字数:701文字   想定時間:220
想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。

その他の情報

 エドワード・S・モースは、アメリカの動物学者です。標本採集に来日し、請われて東京大学のお雇い教授を2年務め、大学の社会的・国際的姿勢の確立に尽力しました。モースは、日本に初めて、ダーウィンの進化論を体系的に紹介しました。
 彼は、進化論の観点から腕足動物を研究対象に選び、1877年、腕足動物の種類が多く生息する日本に渡りました。
 モースは、左右の手で別々の文章や絵を描くことができる両手両利きでした。両手で絵を描けるため、普通の人より早くスケッチを終えることができました。講演会でも、両手にチョークを持って黒板にスケッチを描き、それだけで聴衆の拍手喝采を浴びるほどでした。
 彼は、脳を献体するという遺言を残しており、それは両手両利きに脳が与える影響を研究してほしいという希望でした。
 大森貝塚に関する石碑は、品川区側の遺跡一帯に整備された大森貝塚遺跡庭園内と、大田区側の大森駅近くのNTTデータ大森山王ビル横の小道を線路側にはいったところとの2ヵ所にあります。前者は横書きで右から「大森貝塚」、 後者は縦書きで「大森貝墟」と書かれており、貝塚碑は1929年11月に、 貝墟碑は1930年に相次いで建てられました。
 モースが論文に発掘場所の詳細を書かなかったこと、貝塚発見の報告文書に所在地が大森村と記述されたことから、当初の発掘地点について長い間、品川区説と大田区説の2つが存在しました。
 しかし、その後1984年までの複数の調査により、東京府が大井村字鹿島谷(現在の品川区大井6丁目)の土地所有者に、調査の補償金50円を支払った文書が発見されたこと、貝塚碑周辺の再発掘で貝層が確認された一方、貝墟碑周辺では見つからなかったことから、現在ではモースが調査したのは品川区側であったことがわかっています。

引用・参考URL

このページの引用・参考URL。

記念日・年中行事

  • 自閉症プライドデー(世界)
  • モニク前王妃誕生日(カンボジア)
    シハモニ国王の母(シハヌーク前国王の妃)・ノロドム・モニニヤット(モニク妃)の誕生日。
  • 海外移住の日(日本)
    国際協力事業団が1966年に制定。1908年のこの日、本格的な海外移住の第一陣781人を乗せた笠戸丸が、ブラジルのサントス港に到着したことを記念。
  • 考古学出発の日(日本)
    1877年のこの日、大森貝塚を発見・発掘したアメリカの動物学者エドワード・S・モースが来日したことを記念。6月20日、モースが汽車で横浜から新橋へ向かう途中、大森駅を過ぎてすぐの崖に貝殻が堆積しているのを発見し、まもなく発掘調査が行われた。これが日本初の科学的な発掘調査で、日本の考古学の出発点となった。
  • おにぎりの日(日本)
    石川県鹿西町(現:中能登町)の竪穴式住居跡の遺跡から、日本最古のおにぎりの化石が発見されたことで、鹿西町が「おにぎりの里」としての町興しのために制定した。鹿西のろく(6)と、毎月18日の「米食の日」から6月18日が選ばれた。

歴史

  • 618年(義寧2年/武徳元年5月20日)- 李淵(高祖)が恭帝から帝位を禅譲されて皇帝に即位。隋が滅亡し唐を建国。
  • 1186年(文治2年5月29日)- 源頼朝が、治承・寿永の乱(源平合戦)で荒廃した社寺の復興を命じる。
  • 1429年 - 百年戦争: パテーの戦い。
  • 1597年(慶長2年5月4日)- 伏見城の天守が完成し豊臣秀吉・秀頼らが移る。
  • 1757年 - 七年戦争: コリンの戦い
  • 1767年 - イギリスのサミュエル・ウォリスがドルフィン号の航海でヨーロッパ人で初めてタヒチ島に到達。
  • 1779年 - サリバン遠征によりイロコイ族をニューヨークから殲滅する。
  • 1812年 - アメリカ合衆国がイギリスに宣戦布告し、米英戦争が勃発。
  • 1815年 - ナポレオン戦争: ワーテルローの戦い。ナポレオン軍が敗れ、百日天下が終了。
  • 1873年 - 婦人参政権運動家スーザン・B・アンソニーが大統領選挙で投票を試みた罪で100ドルの罰金刑に。
  • 1877年 - アメリカの動物学者エドワード・S・モースが来日。
  • 1881年 - ドイツ帝国・オーストリア=ハンガリー帝国・ロシア帝国の三帝協商(新三帝同盟)が成立。
  • 1887年 - ビスマルク体制: ドイツ帝国とロシア帝国が独露再保障条約を締結。
  • 1897年 - 京都帝国大学(現 京都大学)創設。
  • 1902年 - 万国郵便連合加盟二十五周年を記念して日本初の官製絵はがきが発売される。
  • 1908年 - 日本からの本格的な海外移住の第一陣781人を乗せた笠戸丸が、ブラジルのサントス港に到着。(海外移住の日)
  • 1908年 - フィリピン大学が設立。
  • 1928年 - ウィルマー・スタールズが操縦しアメリア・イアハートが乗った飛行機が大西洋横断飛行に成功。イアハートは女性初の大西洋横断飛行達成者となる。
  • 1940年 - イギリスに亡命したシャルル・ド・ゴールがラジオを通じてナチス・ドイツへの徹底抗戦を呼びかける。
  • 1940年 - イギリス首相ウィンストン・チャーチルが"This was their finest hour"の演説を行う。
  • 1945年 - イギリスのファシスト・ウィリアム・ジョイス(ホーホー卿)が大逆罪で告発される。
  • 1945年 - 第二次世界大戦・沖縄戦: ひめゆり学徒隊に解散命令。
  • 1946年 - 極東国際軍事裁判のアメリカ側主席検事ジョセフ・キーナンが、「天皇を戦争犯罪人として裁判しない」と言明。
  • 1951年 - モーターボート競走法公布。
  • 1952年 - 日暮里駅構内乗客転落事故。国鉄日暮里駅で跨線橋の羽目板が破れて乗客が落下したところに電車が進入し、8人が死亡。
  • 1953年 - エジプトで王制の廃止を宣言され、エジプト共和国が成立。
  • 1953年 - アメリカ空軍のC-124輸送機が東京都小平市に墜落、129名の死者を出す。
  • 1954年 - ピエール・マンデス=フランスがフランスの首相に就任。
  • 1959年 - 第2次岸信介改造内閣が発足。
  • 1965年 - ベトナム戦争: アメリカ合衆国が南ベトナムの南ベトナム解放民族戦線(ベトコン)のゲリラを攻撃するためにB-52爆撃機を使用する。
  • 1967年 - 山陽電鉄爆破事件。死者2人、重軽傷者29人を出す。
  • 1972年 - 英国欧州航空548便墜落事故
  • 1979年 - 第二次戦略兵器制限交渉(SALT II): アメリカとソ連により第二次戦略兵器制限条約が調印される。
  • 1983年 - STS-7でスペースシャトルチャレンジャーが打ち上げ。サリー・ライドが世界で3人目、アメリカ人では初の女性宇宙飛行士となる。
  • 1983年 - 李先念が中華人民共和国主席に就任。
  • 1985年 - 豊田商事会長の永野一男がマスコミが取り囲む自宅マンションで刺殺される。(豊田商事会長刺殺事件)
  • 1988年 - リクルート事件: 朝日新聞が神奈川県川崎市助役へのリクルートコスモス未公開株譲渡疑惑をスクープ。以後、大物政治家にも譲渡されていたことが相次いで発覚し、当時においての日本最大級の汚職事件へと発展する。
  • 1989年 - ビルマの軍事政権が同国の国号をミャンマーに改称。
  • 1996年 - ベンヤミン・ネタニヤフがイスラエル首相に就任。
  • 1996年 - 数学者セオドア・カジンスキーが、一連のユナボマー事件により・逮捕・起訴される。
  • 2006年 - カザフスタン初の人工衛星「KazSat」が打ち上げ。
  • 2018年 - 大阪府で震度6弱の地震。大阪府で震度6以上の地震は、1923年以降観測史上初めて。詳細は大阪府北部地震

誕生日

  • 1511年 - バルトロメオ・アンマナーティ、建築家(+ 1592年)
  • 1517年(永正14年5月29日)- 正親町天皇、第106代天皇(+ 1593年)
  • 1552年 - ガブリエッロ・キアブレーラ、詩人(+ 1637年)
  • 1666年(寛文6年5月16日)- 間部詮房、越後村上藩初代藩主、側用人(+ 1720年)
  • 1673年 - アントニオ・リテレス、作曲家(+ 1747年)
  • 1716年 - ジョゼフ=マリー・ヴィアン、画家(+ 1809年)
  • 1732年(享保17年5月26日)- 中井履軒、儒学者(+ 1817年)
  • 1799年 - ウィリアム・ラッセル、天文学者(+ 1880年)
  • 1812年 - イワン・ゴンチャロフ、作家(+ 1891年)
  • 1838年 - エドワード・モース、動物学者(+ 1925年)
  • 1845年 - シャルル・ルイ・アルフォンス・ラヴラン、病理学者(+ 1922年)
  • 1865年 - フリードリッヒ・ポッケルス、物理学者(+ 1913年)
  • 1868年 - ホルティ・ミクローシュ、軍人、摂政(+ 1957年)
  • 1869年 - ヤヒヤー・ムハンマド・ハミードゥッディーン、イエメンの国王(+ 1948年)
  • 1877年 - 島田俊雄、政治家、第36代衆議院議長(+ 1947年)
  • 1877年 - ジェームズ・モンゴメリー・フラッグ、画家、イラストレーター(+ 1960年)
  • 1882年 - ゲオルギ・ディミトロフ、ブルガリアの指導者(+ 1949年)
  • 1882年 - リカルト・ヨハンソン、フィギュアスケート選手(+ 1952年)
  • 1886年 - ジョージ・マロリー、登山家(+ 1924年)
  • 1886年 - デービッド・M・S・ワトソン、生物学者(+ 1973年)
  • 1887年 - 岩崎輝弥、実業家、鉄道ファン(+ 1956年)
  • 1887年 - 松本治一郎、政治家、実業家、解放運動家(+ 1966年)
  • 1888年 - 佐藤垢石、随筆家(+ 1956年)
  • 1891年 - アフマド・ビン=ヤフヤ・ハミードゥッディーン、イエメンの国王(+ 1962年)
  • 1901年 - アナスタシア・ニコラエヴナ、ロシア皇帝ニコライ2世の第4皇女(+ 1918年?)
  • 1903年 - レイモン・ラディゲ、小説家、詩人(+ 1923年)
  • 1903年 - ジャネット・マクドナルド、女優、歌手(+ 1965年)
  • 1905年 - エドゥアルド・トゥビン、作曲家、指揮者(+ 1982年)
  • 1906年 - 神崎武雄、小説家(+ 1944年)
  • 1913年 - 後藤正夫、政治家(+ 2000年)
  • 1918年 - ジェローム・カール、物理化学者(+ 2013年)
  • 1918年 - フランコ・モディリアーニ、経済学者(+ 2003年)
  • 1922年 - ドナルド・キーン、日本文学研究家
  • 1922年 - クロード・エルフェ、ピアニスト(+ 2004年)
  • 1923年 - ヘルマン・クレッバース、ヴァイオリニスト
  • 1924年 - 芦野宏、シャンソン歌手(+ 2012年)
  • 1924年 - 姫野好治、プロ野球選手
  • 1925年 - ジョニー・ピアソン、ピアニスト、作曲家(+ 2011年)
  • 1926年 - アラン・サンデージ、天文学者(+ 2010年)
  • 1929年 - ユルゲン・ハーバーマス、社会学者、哲学者
  • 1932年 - 小鹿番、俳優(+ 2004年)
  • 1932年 - ダドリー・ハーシュバック、化学者
  • 1932年 - ロン・ネッチアイ、プロ野球選手
  • 1934年 - 横山光輝、漫画家(+ 2004年)
  • 1934年 - 中村大成、元プロ野球選手(+ 2013年)
  • 1936年 - 大槻義彦、物理学者
  • 1936年 - デニス・ハルム、F1レーサー(+ 1992年)
  • 1938年 - マイケル・シェアード、俳優(+ 2005年)
  • 1938年 - 岡田彬、アマチュア野球指導者
  • 1938年 - 山崎正之、プロ野球選手(+ 1991年)
  • 1938年 - 中島淳一、プロ野球選手
  • 1939年 - ルー・ブロック、メジャーリーガー
  • 1941年 - 沢光幸夫、大相撲力士
  • 1941年 - 山本秀一、プロ野球選手
  • 1942年 - ポール・マッカートニー、ミュージシャン(ビートルズ)
  • 1942年 - タボ・ムベキ、南アフリカ共和国大統領
  • 1942年 - 辻恭彦、プロ野球選手
  • 1943年 - 福澤幸雄、レーサー(+ 1969年)
  • 1943年 - 竹野吉郎、プロ野球選手
  • 1944年 - 畠山麦、俳優(+ 1978年)
  • 1946年 - 大谷和夫、作曲家、編曲家(+ 2008年)
  • 1946年 - 中沢伸二、プロ野球選手
  • 1946年 - 後藤清、プロ野球選手
  • 1946年 - ファビオ・カペッロ、サッカー選手、指導者
  • 1946年 - ブルーザー・ブロディ、プロレスラー(+ 1988年)
  • 1947年 - 中西輝政、国際政治学者
  • 1948年 - 三田誠広、小説家
  • 1949年 - クリス・ヴァン・オールズバーグ、児童文学作家
  • 1949年 - レフ・カチンスキ、政治家(+ 2010年)
  • 1952年 - イザベラ・ロッセリーニ、女優
  • 1952年 - キャロル・ケイン、女優
  • 1953年 - ピーター・ドノホー、ピアニスト
  • 1953年 - ペマ・ギャルポ、政治学者
  • 1954年 - 野中ともよ、ジャーナリスト
  • 1955年 - 藤真利子、女優
  • 1956年 - ユ・ドングン、俳優
  • 1957年 - 野田稔、経営学者
  • 1961年 - 逆鉾昭廣、大相撲力士、井筒親方
  • 1961年 - アンドレス・ガララーガ、メジャーリーガー
  • 1962年 - タージン、お笑いタレント、ラジオパーソナリティ
  • 1962年 - 三沢光晴、プロレスラー(+ 2009年)
  • 1962年 - リサ・ランドール、物理学者
  • 1963年 - 吉住渉、漫画家
  • 1963年 - 竹下浩二、プロ野球選手
  • 1964年 - 楊逸、作家
  • 1965年 - 右田雅彦、プロ野球選手
  • 1966年 - サンディー・アロマー・ジュニア、メジャーリーガー
  • 1966年 - カート・ブラウニング、フィギュアスケート選手
  • 1967年 - 楠野一郎、放送作家、脚本家
  • 1967年 - ケン・アンドリュース、ミュージシャン、音楽プロデューサー
  • 1968年 - 後藤仁、日本画家(アジアの美人画)、絵本画家、金唐革紙製作技術保持者
  • 1968年 - 曽田正人、漫画家
  • 1970年 - 神尾純子、アナウンサー
  • 1970年 - 鈴村展弘、演出家
  • 1971年 - 仁平馨、プロ野球選手
  • 1972年 - 岡本貴也、劇作家、演出家、音楽家
  • 1973年 - 石川知裕、政治家
  • 1973年 - かかずゆみ、声優
  • 1973年 - 栗本法子、アナウンサー
  • 1973年 - ジュリー・ドパルデュー、女優
  • 1974年 - 細川直美、女優
  • 1974年 - 後藤輝基、お笑い芸人(フットボールアワー)
  • 1974年 - 大友進、プロ野球選手
  • 1974年 - 星野順治、プロ野球選手
  • 1974年 - 長江もみ、タレント
  • 1974年 - 雷人、マジシャン
  • 1974年 - 庄司大介、プロ野球選手
  • 1974年 - 大山妙子、バスケットボール選手
  • 1974年 - ヴィンチェンツォ・モンテッラ、サッカー選手、指導者
  • 1975年 - 江尻立真、漫画家
  • 1975年 - マリー・ジラン、女優
  • 1975年 - 秋鹿真人、アナウンサー
  • 1976年 - ジェレミー・パウエル、プロ野球選手
  • 1976年 - 藤井彰人、プロ野球選手
  • 1976年 - 久保竜彦、サッカー選手
  • 1976年 - 西澤明訓、サッカー選手
  • 1976年 - KREVA、歌手
  • 1976年 - 高山麻美、女優、タレント
  • 1976年 - 隆の鶴伸一、大相撲力士、鳴戸親方
  • 1977年 - 琉鵬正吉、大相撲力士
  • 1977年 - 柴田大知、騎手
  • 1977年 - 柴田未崎、騎手
  • 1978年 - 王励勤、卓球選手
  • 1979年 - 小林由美子、声優
  • 1979年 - 藤原通、プロ野球選手
  • 1979年 - 松田次生、レーシングドライバー
  • 1980年 - 黒乃奈々絵、漫画家
  • 1981年 - ゆりん、声優、タレント
  • 1981年 - 陳嘉樺、歌手(S.H.E)
  • 1982年 - 佐田樹理、バレーボール選手
  • 1982年 - マルコ・ボリエッロ、サッカー選手
  • 1983年 - 後藤理沙、アイドル
  • 1984年 - ケイティー・オーシャー、フィギュアスケート選手
  • 1984年 - フェルナンド・ロドリゲス、メジャーリーガー
  • 1985年 - クリス・コグラン、メジャーリーガー
  • 1986年 - リシャール・ガスケ、テニス選手
  • 1986年 - スティーブ・シシェック、メジャーリーガー
  • 1986年 - 西川周作、サッカー選手
  • 1987年 - ジェイソン・カストロ、メジャーリーガー
  • 1987年 - ジェレミー・ブライヒ、プロ野球選手
  • 1989年 - マット・ムーア、メジャーリーガー
  • 1989年 - ピエール=エメリク・オーバメヤン、サッカー選手
  • 1990年 - 谷村美月、女優
  • 1990年 - 安田裕希、野球選手
  • 1991年 - 岡本玲、モデル、女優
  • 1991年 - クセニア・クラシルニコワ、フィギュアスケート選手
  • 1992年 - 岡本拓也、サッカー選手
  • 1993年 - 中塚智実、アイドル
  • 1993年 - 松井さやか、ファッションモデル、タレント
  • 1994年 - 岩波拓也、サッカー選手
  • 1995年 - 松村北斗、ジャニーズJr.(SixTONES)
  • 1996年 - 阿部華也子、タレント、キャスター
  • 1996年 - 三吉彩花、ファッションモデル、女優
  • 1996年 - 幸山一大、プロ野球選手
  • 1996年 - アレン・ハリロヴィッチ、サッカー選手
  • 2001年 - 矢吹奈子、アイドル(HKT48、AKB48)
  • 生年不明 - 小沢和之、声優

忌日

  • 1234年(天福2年5月20日)- 仲恭天皇、日本の第85代天皇(* 1218年)
  • 1291年 - アルフォンソ3世、アラゴン王(* 1265年)
  • 1408年(太宗8年5月24日)- 李成桂(太宗)、初代李氏朝鮮王(* 1335年)
  • 1464年 - ロヒール・ファン・デル・ウェイデン、画家(* 1400年頃)
  • 1634年(寛永11年5月23日)- 豪姫、宇喜多秀家の正室(* 1574年)
  • 1672年(寛文12年5月23日)- 石川丈山、漢詩人、造園家、書家(* 1583年)
  • 1710年(宝永7年5月22日)- 河合曾良、俳諧師(* 1649年)
  • 1726年 - ミシェル=リシャール・ドラランド、フランスの作曲家(* 1657年)
  • 1741年 - フランソワ・プルフール・デュ・プチ、解剖学者、医者(* 1664年)
  • 1753年 - クロード・F・ジョフロア、フランスの化学者(* 1729年頃)
  • 1794年 - フランソワ・ビュゾー、フランス革命期のジロンド派指導者(* 1760年)
  • 1824年 - フェルディナンド3世、トスカーナ大公(* 1769年)
  • 1865年 - アントワーヌ・ヴィールツ、画家、彫刻家(* 1806年)
  • 1880年 - ジョン・サッター、カリフォルニアの開拓者(* 1803年)
  • 1902年 - サミュエル・バトラー、小説家(* 1835年)
  • 1905年 - ペール・テオドール・クレーベ、化学者、地質学者(* 1840年)
  • 1916年 - ヘルムート・ヨハン・ルートヴィヒ・フォン・モルトケ(小モルトケ)、ドイツ陸軍参謀総長(* 1848年)
  • 1916年 - マックス・インメルマン、ドイツのエース・パイロット(* 1890年)
  • 1922年 - ヤコブス・カプタイン、オランダの天文学者(* 1851年)
  • 1926年 - オルガ・コンスタンチノヴナ、ギリシャ王ゲオルギオス1世の妃(* 1851年)
  • 1928年 - ロアール・アムンセン、探検家(* 1872年)
  • 1931年 - 矢野龍渓、著作家(* 1851年)
  • 1934年 - 古在由直、農学者(* 1864年)
  • 1935年 - 瞿秋白、散文家、文学評論家、革命家(* 1899年)
  • 1936年 - マクシム・ゴーリキー、作家(* 1868年)
  • 1942年 - アーサー・プライヤー、トロンボーン奏者、バンドリーダー(* 1870年)
  • 1944年 - 高木正雄、野球選手(* 1916年)
  • 1953年 - 小室達、彫刻家(* 1899年)
  • 1955年 - 豊島与志雄、小説家、翻訳家(* 1890年)
  • 1959年 - エセル・バリモア、女優(* 1879年)
  • 1962年 - アレクセイ・アントーノフ、ソ連軍参謀総長(* 1896年)
  • 1964年 - ジョルジョ・モランディ、イタリアの画家(* 1890年)
  • 1971年 - パウル・カラー、スイスの化学者(* 1889年)
  • 1972年 - ミルトン・ヒューメイソン、アメリカの天文学者(* 1891年)
  • 1974年 - ゲオルギー・ジューコフ、ソ連邦元帥(* 1896年)
  • 1979年 - ロドルフォ・ウシグリ、劇作家、脚本家、小説家(* 1905年)
  • 1980年 - カジミェシュ・クラトフスキ、ポーランドの数学者(* 1896年)
  • 1980年 - テレンス・フィッシャー、イギリスの映画監督(* 1904年)
  • 1980年 - アンドレ・ルデュック、フランスの自転車競技選手(* 1904年)
  • 1982年 - クルト・ユルゲンス、ドイツの俳優(* 1915年)
  • 1982年 - ジューナ・バーンズ、アメリカの作家、詩人、脚本家(* 1892年)
  • 1982年 - ジョン・チーヴァー、アメリカの作家(* 1912年)
  • 1988年 - E・ホフマン・プライス、アメリカの小説家(* 1898年)
  • 1988年 - 楠瀬常猪、広島県知事(* 1899年)
  • 1988年 - 閑院純仁、日本の元皇族(* 1902年)
  • 1989年 - 風早八十二、法学者(* 1899年)
  • 1992年 - 斎藤邦吉、日本の厚生大臣(* 1909年)
  • 1992年 - ピーター・アレン、シンガーソングライター(* 1944年)
  • 1995年 - 香月熊雄、佐賀県知事(* 1916年)
  • 1999年 - 正田英三郎、実業家(* 1903年)
  • 2002年 - 山本直純、作曲家(* 1932年)
  • 2003年 - ラリー・ドビー、メジャーリーガー(* 1923年)
  • 2004年 - 杉浦幸雄、漫画家(* 1911年)
  • 2005年 - 松村達雄、俳優(* 1914年)
  • 2008年 - ターシャ・テューダー、絵本作家、挿絵画家(* 1915年)
  • 2008年 - 神戸みゆき、タレント(* 1984年)
  • 2009年 - ジョヴァンニ・アリギ、社会学者(* 1937年)
  • 2010年 - ジョゼ・サラマーゴ、ポルトガルの作家、ジャーナリスト(* 1922年)
  • 2010年 - マルセル・ビジャール、フランスの軍人(* 1916年)
  • 2014年 - ホレス・シルバー、ジャズピアニスト(* 1928年)
  • 2014年 - 摩利按世、声優(* 1946年)
  • 2015年 - たてかべ和也、声優(* 1934年)
  • 2016年 - 秋草直之、元富士通社長(* 1938年)

スピーチ作成 - テーマ「考古学出発の日」

自分が初めてテーマを知った/経験した時のエピソード。
テーマについて自分はどう思うか/思ったか。
言葉/行動/影響について自分はどう思うか。
今後自分はどうしたいと思うか。

スピーチ出力 - 06-18_考古学出発の日.txt

想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。
日付からスピーチを作る
12月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
1月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
2月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29
3月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
4月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
5月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
6月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
7月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
8月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
9月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
10月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
11月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30

参考になる本

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法
 会議・朝礼・電話でも、接客・商談・会合でも、面接・結婚式のスピーチでも、デート・合コン・保護者会でも。
 こんなふうに話せば「あがり」にさようなら! 予約半年待ち! 超人気講師が教える“緊張しないコツ。
¥ 1,210
超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48
 本書では、人前では話すことが苦手な人でもすぐ実行でき、たちまち効果を実感できる「あがらずに話せる正しい方法」を48個紹介しています。
 スピーチ・朝礼・会議・面接でドキドキしない!商談・プレゼン・営業が面白いほど成功する!人前で話すのが苦手な人でも大丈夫!あがらずに話せる超シンプルなテクニックを大公開!
¥ 1,296
朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100 話しベタなあなたに贈る
 他人の興味を引く「鉄板ネタ」さえ持っていれば、誰でも「人前で話すこと」が怖くなくなります。
 聞き手が具体的にイメージしやすいようにスポーツ選手や芸能人など、著名人のエピソードもたくさん織り込んだ「鉄板ネタ」を100個集めました。
¥ 1,620
恥をかかないスピーチ力
 新年度に自己紹介をしたり、結婚式やちょっとした集まりで人前で話したりする機会は意外と多い。そんな時に役立つ、スピーチやコメントのコツ、心構え。
 恥をかかないレベルから「なかなかうまいな」と思われるレベルまで、どうステップアップするか。
 「時間感覚」「身体感覚」の重要性、始まり方と終わり方、小ネタの集め方、シーン別のコツやNGポイントまで、人前で話す時にはこれさえあれば大丈夫!
¥ 702
心に届く話し方 65のルール
 本書は、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説した、話し方の基礎技術の本です。
 「本質的に内容が相手にきちんと伝わる」ことを目的とし、「そのための具体的かつ自然な音声表現のディテール」まで迫った本です。
¥ 1,361
カーネギー話し方入門 文庫版
 あのウォーレン・バフェットも受講したというデール・カーネギーの話し方講座のエッセンスをまとめた本。
 カーネギーといえば、大ベストセラーとなった『人を動かす』があまりに有名だが、本書の原著も100万部を突破したベストセラーとして、アメリカでは広く知られている。
¥ 650