365日のネタ・スピーチ例は、1年分(365日分)のネタと、朝礼などのスピーチの作例や作り方を、まとめたサイトです。 >> 使い方を読む

11月9日「119番の日」


 11月9日は「119番の日」です。消防の緊急通報用電話番号が119番であることから、消防庁が1987年に制定しました。
 また、この日から11月15日までの1週間は、秋の全国火災予防運動が行われます。


 私は幸いなことに、まだ消防車を呼ぶ場面には出くわしていません。

 冷静に電話を掛けたいとは思いますが、そうした場面ではきっと焦り、上手く住所を伝えられなかったりするのだと思います。

 日本では、1917年(大正6年)に、電話による火災報知が制度化されました。当時は交換手に「火事」と言えば、そのまま消防につながりました。
 1926年(大正15年)に、ダイヤル式が導入され、112番が緊急通報用に定められました。当時一般的だったダイヤル式の電話では、一番早くダイヤルできるのが「1」でその次が「2」だったためです。
 しかし、かけ間違いが多発したため、翌年に、地域番号として使われていなかった「9」を使用して、119番に改められました。


 ダイヤルの掛け間違えと同様に、ボタンやキーの押し間違えは、起きるものだと思います。危険なショートカットが、よく使うショートカットの隣にあると、大惨事になります。

 こうした時、ミスを防ぐために、素早くシステムの方を改めることは重要だと思います。緊急通報用電話番号のように、間違えを適切に改めたいものです。

スピーチ作例 11月9日1
文字数:580文字   想定時間:156
想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。

記念日・年中行事

  • ウクライナ語の日(ウクライナ)
  • 独立記念日(カンボジア)
    1953年のこの日、カンボジアがフランスから独立した。
  • ムハンマド・イクバール誕生日(パキスタン)
    詩人・哲学者で、1930年に初めてインドにおけるイスラム国家樹立を主張したムハンマド・イクバールの1877年の誕生日を記念。
  • 発明家の日(ドイツ・ オーストリア・ スイス)
    オーストリア出身の女優で発明家のヘディ・ラマーの1914年の誕生日を記念。
  • 運命の日(ドイツ)
    ドイツの20世紀史上、重大事件がしばしば起きた特異日としての11月9日。特異日#政治史
  • 換気の日(日本)
    日本電機工業会が1987年に制定。「いい(11)く(9)うき」(いい空気)の語呂合せ。
  • 119番の日(日本)
    消防庁が1987年に制定。消防の緊急通報用電話番号が119番であることから。また、この日から11月15日までの1週間は秋の全国火災予防運動が行われる。
  • 太陽暦採用記念日(日本)
    明治5年11月9日(旧暦)に、それまでの太陰太陽暦をやめて太陽暦を採用するという布告が行われたことに由来。

歴史

  • 1180年(治承4年10月20日)- 治承・寿永の乱: 富士川の戦い
  • 1494年 - メディチ家がフィレンツェから追放される。
  • 1799年(フランス革命暦ブリュメール18日)- フランス革命: ブリュメールのクーデタ。ナポレオンが軍事クーデターを起こし総裁政府を倒す。フランス革命が終焉。
  • 1867年(慶応3年10月14日)- 徳川慶喜が二条城で大政奉還を宣言。
  • 1888年 - 切り裂きジャックが売春婦のメアリー・ジェイン・ケリーを殺害。確実に切り裂きジャックの犯行とされる最後の事件。
  • 1907年 - 世界最大のダイヤモンド原石「カリナン」がイギリス国王エドワード7世に贈られる。
  • 1918年 - ドイツ革命: 皇帝ヴィルヘルム2世がオランダに亡命。社会民主党のフィリップ・シャイデマンが共和政の樹立を宣言。
  • 1923年 - ミュンヘン一揆が鎮圧。
  • 1925年 - ナチス親衛隊(SS)が発足。
  • 1935年 - 上海で中山水兵射殺事件。
  • 1935年 - アメリカ産業別労働組合会議(CIO)設立。
  • 1938年 - 水晶の夜(クリスタルナハト)。この日の夜から翌日未明にかけてドイツ各地でユダヤ人に対する襲撃が行われる。
  • 1945年 - 旧立憲政友会を中心に日本自由党を結成。
  • 1953年 - カンボジアがフランスから独立。
  • 1960年 - フォード・モーターの社長に、初めてフォード家以外の人物であるロバート・マクナマラが就任。
  • 1962年 - 廖承志と高碕達之助が「日中長期総合貿易に関する覚書」(LT貿易覚書)に調印。
  • 1963年 - 鶴見事故。横浜市鶴見区の東海道貨物線で貨物列車が脱線。東海道線上下線の旅客列車の多重衝突事故を引き起こし、死者161人。
  • 1963年 - 三井三池三川炭鉱炭じん爆発。死者458人。
  • 1964年 - 池田勇人首相が病気により辞任。第1次佐藤榮作内閣が発足し池田内閣の全閣僚を再任。
  • 1965年 - 1965年北アメリカ大停電
  • 1967年 - NASAのサターンVロケットの初の発射実験として無人宇宙機「アポロ4号」が打ち上げ。
  • 1967年 - 武満徹作曲の『ノヴェンバー・ステップス』がニューヨークで初演。
  • 1967年 - 米軍が押収していた原爆記録映画が22年ぶりに日本に返還。
  • 1974年 - 東京湾でLPG・石油タンカー「第十雄洋丸」が衝突炎上事故を起こす。(第十雄洋丸事件)
  • 1985年 - 22歳のガルリ・カスパロフがアナトリー・カルポフを破り、史上最年少のチェスの世界チャンピオンとなる。
  • 1987年 - 東京ドーム建設のため、後楽園球場の解体を開始。
  • 1989年 - ベルリンの壁崩壊: 東西ドイツの国境検問所で市民の通行が自由化。
  • 1989年 - 鄧小平が、最後のポストである中国共産党中央軍事委員会主席から引退。
  • 1994年 - ドイツ・ダルムシュタットの重イオン研究所で110番原子ダームスタチウムが発見される。
  • 2004年 - Firefox 1.0リリース。
  • 2005年 - 欧州宇宙機関(ESA)の金星探査機「ビーナス・エクスプレス」が打ち上げ。

誕生日

  • 1731年 - ベンジャミン・バネカー、天文学者(+ 1806年)
  • 1818年 - イワン・ツルゲーネフ、小説家(+ 1883年)
  • 1834年(天保5年10月9日)- 近藤勇、新撰組局長(+ 1868年)
  • 1841年 - エドワード7世、イギリス王(+ 1910年)
  • 1864年 - ポール・セリュジエ、画家(+ 1927年)
  • 1876年 - 野口英世、細菌学者(+ 1928年)
  • 1877年 - ムハンマド・イクバール、詩人、哲学者、政治家(+ 1938年)
  • 1883年 - 伊勢ノ濱慶太郎、大相撲の力士(+ 1928年)
  • 1883年 - チャールズ・デムス、画家(+ 1935年)
  • 1922年 - 若葉山貞雄、力士(+ 2001年)
  • 1922年 - 高村章子、声優(+ 2012年)
  • 1930年 - イヴァン・モラヴェッツ、ピアニスト(+ 2015年)
  • 1931年 - 白石一郎、作家(+ 2004年)
  • 1931年 - 山内久司、朝日放送テレビプロデューサー(+ 2014年)
  • 1931年 - ホワイティ・ハーゾグ、メジャーリーガー、監督
  • 1933年 - 高見澤宏、ダークダックスのトップ・テナー(+ 2011年)
  • 1934年 - カール・セーガン、天文学者、作家(+ 1996年)
  • 1934年 - 花村えい子、漫画家、芸術家
  • 1934年 - ロナルド・ハーウッド、脚本家
  • 1934年 - 杉尾富美雄、プロ野球選手(+ 2002年)
  • 1935年 - ボブ・ギブソン、元メジャーリーガー
  • 1936年 - ミハイル・タリ、第10代チェスの公式世界チャンピオン(+ 1992年)
  • 1936年 - マリー・トラヴァース、ミュージシャン(ピーター・ポール&マリー)(+ 2009年)
  • 1937年 - 牧野宏、プロ野球選手(+ 1994年)
  • 1939年 - 佐川満男、俳優
  • 1939年 - アラン・ジレッティ、フィギュアスケート選手
  • 1940年 - 正司敏江、漫才師
  • 1945年 - 後原富、プロ野球選手、高校野球指導者
  • 1947年 - ルイス・フェリペ・スコラーリ、元サッカー選手、サッカー指導者
  • 1948年 - 門野利治、プロ野球選手
  • 1950年 - 梅沢富美男、俳優
  • 1952年 - ジャック・W・ショスタク、生物学者
  • 1952年 - ジム・リグルマン、メジャーリーグ監督
  • 1954年 - 亀山助清、声優(+ 2013年)
  • 1955年 - 遥くらら、女優
  • 1955年 - 平田恒雄、元プロ野球選手(+ 2016年)
  • 1957年 - 宮本尊義、プロ野球選手
  • 1959年 - 長島哲郎、プロ野球選手
  • 1960年 - 石田えり、女優
  • 1961年 - 坂本佳一、野球選手
  • 1962年 - 高倉あつこ、漫画家
  • 1962年 - ディオン・ジェームズ、元プロ野球選手
  • 1962年 - 世耕弘成、政治家
  • 1965年 - 旭里憲治、元大相撲力士、年寄中川
  • 1967年 - 森山佳郎、元サッカー選手、サッカー指導者
  • 1969年 - 小嶋敬二、競輪選手、自転車競技選手
  • 1970年 - クリス・ジェリコ、プロレスラー
  • 1971年 - デビッド・デュバル、プロゴルファー
  • 1971年 - ジョナサン・ナナリー、元プロ野球選手
  • 1972年 - 進藤尚美、声優
  • 1973年 - ニック・ラシェイ、歌手
  • 1973年 - 上田浩二郎、お笑い芸人(Hi-Hi)
  • 1974年 - アレッサンドロ・デル・ピエロ、サッカー選手
  • 1974年 - 加瀬亮、俳優
  • 1974年 - TOSHI-LOW、ミュージシャン、BRAHMAN
  • 1976年 - 栃東大裕、元大関
  • 1978年 - ジェイソン・スタンリッジ、プロ野球選手
  • 1979年 - 庄田隆弘、プロ野球選手
  • 1979年 - アダム・ダン、メジャーリーガー
  • 1979年 - 三宅梢子、タレント
  • 1979年 - 福田恵悟、お笑い芸人(LLR)
  • 1980年 - 鬼崎智史、野球選手
  • 1981年 - 田淵裕章、フジテレビアナウンサー
  • 1981年 - 大口兼悟、俳優
  • 1982年 - アンディ・サワー、シュートボクサー
  • 1982年 - 山田雅人、ミュージシャン(シュノーケル)
  • 1982年 - エミリー・ヌッシーア、フィギュアスケート選手
  • 1982年 - 志村亜貴子、野球選手
  • 1982年 - 菊池こころ、声優
  • 1983年 - 宮島咲良、モデル、フリーアナウンサー、タレント、歌手
  • 1983年 - YU、男性歌手
  • 1983年 - トニー・バーネット、メジャーリーガー
  • 1984年 - えなりかずき、タレント
  • 1984年 - 尾崎世界観、歌手(クリープハイプ)
  • 1984年 - 城田純、デザイナー、モデル、歌手
  • 1984年 - ジョエル・ズマヤ、メジャーリーガー
  • 1984年 - SE7EN、歌手
  • 1984年 - ク・ヘソン、女優
  • 1984年 - デルタ・グッドレム、シンガー・ソングライター、ピアニスト、女優
  • 1985年 - 大島洋平、プロ野球選手
  • 1986年 - いしいすぐる、俳優
  • 1986年 - アンドリュー・キャッシュナー、メジャーリーガー
  • 1987年 - 村田綾、女優、アイドル
  • 1987年 - 林明寛、俳優
  • 1988年 - 草場恵、グラビアアイドル
  • 1988年 - 伊藤将大、サッカー選手
  • 1989年 - 宇田川ひとみ、グラビアアイドル
  • 1990年 - ノサ・イギエボー、サッカー選手
  • 1991年 - 碧みさき、アイドル(JK21)
  • 1991年 - 宮田麻里乃、ミス日本グランプリ
  • 1992年 - グレッグ・バード、メジャーリーガー
  • 1992年 - 大坂谷啓生、プロ野球選手
  • 1992年 - 酒井宣福、サッカー選手
  • 1993年 - 江原美優、女優、ファッションモデル
  • 1996年 - モモ、アイドル(TWICE)
  • 1997年 - 野元空、アイドル(フェアリーズ)
  • 1998年 - 佐藤麗奈、タレント、アイドル(マジカル・パンチライン)
  • 1998年 - 鈴木理子、女優
  • 2003年 - 長尾しおり、アイドル(SUPER☆GiRLS)
  • 生年不明 - 坂本一、声優
  • 生年不明 - 植村友美、声優
  • 生年不明 - 笠原あきら、声優

忌日

  • 959年 - コンスタンティノス7世、東ローマ皇帝(* 905年?)
  • 1187年(淳熙14年10月8日)- 高宗、中国南宋初代皇帝(* 1108年)
  • 1388年(元中5年/嘉慶2年10月2日)- 春屋妙葩、僧(* 1311年)
  • 1504年 - フェデリーコ1世、ナポリ王(* 1452年)
  • 1550年(天文19年10月1日)- 横田高松、戦国武将
  • 1573年(天正元年10月15日)- 島津勝久、薩摩国の戦国大名(* 1503年)
  • 1613年(慶長18年9月27日)- 大久保忠佐、戦国武将、沼津藩主(* 1537年)
  • 1630年(寛永7年10月5日)- 藤堂高虎、初代津藩主(* 1556年)
  • 1641年 - 枢機卿フェルナンド、スペイン領ネーデルラント総督(* 1609年)
  • 1677年 - アールト・ファン・デル・ネール、画家(* 1603年頃)
  • 1699年 - オルタンス・マンチーニ、イングランド王チャールズ2世の愛妾(* 1646年)
  • 1724年(享保9年9月24日)- 西川如見、天文学者(* 1648年)
  • 1766年 - ウニコ・ヴィルヘルム・ファン・ヴァッセナール、作曲家(* 1692年)
  • 1769年(明和6年10月12日)- 青木昆陽、蘭学者(* 1698年)
  • 1773年(安永2年9月25日)- 吉益東洞、漢方医(* 1702年)
  • 1778年 - ジョヴァンニ・バッティスタ・ピラネージ、版画家、建築家(* 1720年)
  • 1856年 - ジョン・ミドルトン・クレイトン、アメリカ合衆国国務長官(* 1796年)
  • 1873年 - スティーヴン・マロリー、アメリカ連合国海軍長官(* 1813年)
  • 1892年 - ジョージ・スペンサー=チャーチル(第8代マールバラ公)、イギリスの貴族(* 1844年)
  • 1909年 - ウィリアム・フリス、画家(* 1819年)
  • 1910年 - 大塚楠緒子、歌人(* 1875年)
  • 1917年 - マッジ・サイアーズ、フィギュアスケート選手(* 1881年)
  • 1918年 - ギヨーム・アポリネール、詩人(* 1880年)
  • 1924年 - ヘンリー・カボット・ロッジ、アメリカ合衆国上院議員(* 1850年)
  • 1927年 - 南条文雄、仏教学者(* 1849年)
  • 1929年 - 斎藤秀三郎、英語学者(* 1866年)
  • 1930年 - 浅野総一郎、実業家、浅野財閥創業者(* 1848年)
  • 1932年 - ナジェージダ・アリルーエワ、ソビエト連邦指導者スターリンの妻(* 1901年)
  • 1937年 - ラムゼイ・マクドナルド、イギリス首相(* 1866年)
  • 1938年 - ヴァシーリー・ブリュヘル、ソ連邦元帥(* 1889年)
  • 1940年 - ネヴィル・チェンバレン、第60代イギリス首相(* 1869年)
  • 1944年 - フランク・マーシャル、チェスプレーヤー(* 1877年)
  • 1944年 - ラドノーティ・ミクローシュ、詩人(* 1909年)
  • 1951年 - シグマンド・ロンバーグ、作曲家(* 1887年)
  • 1952年 - ハイム・ヴァイツマン、初代イスラエル大統領(* 1874年)
  • 1953年 - アブドゥルアズィーズ・イブン=サウード、初代サウジアラビア国王(* 1880年)
  • 1953年 - ディラン・トーマス、詩人(* 1914年)
  • 1959年 - 竹脇昌作、アナウンサー(* 1910年)
  • 1961年 - 正田貞一郎、実業家、日清製粉創業者(* 1870年)
  • 1963年 - 勝沼精蔵、医学者(* 1886年)
  • 1963年 - 三枝博音、哲学者(* 1892年)
  • 1966年 - 小沢治三郎、第31代連合艦隊司令長官(* 1886年)
  • 1970年 - シャルル・ド・ゴール、フランス大統領(* 1890年)
  • 1970年 - 川島正次郎、元自由民主党幹事長・副総裁、専修大学学長(* 1890年)
  • 1976年 - ゴットフリート・フォン・クラム、テニス選手(* 1909年)
  • 1976年 - ロジーナ・レヴィーン、ピアニスト、ピアノ教師(* 1880年)
  • 1980年 - 白井喬二、小説家(* 1889年)
  • 1981年 - 山川武範、プロ野球選手(* 1922年)
  • 1981年 - フランク・マリナ、航空技師、画家(* 1912年)
  • 1987年 - ヴラディーミル・ルジャク、バリトン(* 1912年)
  • 1988年 - 茅誠司、物理学者、小さな親切運動提唱者(* 1898年)
  • 1988年 - ジョン・N・ミッチェル、元アメリカ合衆国司法長官(* 1913年)
  • 1991年 - イヴ・モンタン、俳優、シャンソン歌手(* 1921年)
  • 1995年 - ルイ・マル、映画監督(* 1932年)
  • 1998年 - 若生忠男、プロ野球選手(* 1936年)
  • 1999年 - 八木義徳、小説家(* 1911年)
  • 2000年 - 東千代之介、俳優(* 1926年)
  • 2000年 - 茶川一郎、俳優(* 1927年)
  • 2001年 - ジョヴァンニ・レオーネ、第6代イタリア大統領(* 1908年)
  • 2001年 - 千葉耕市、声優、音響監督(* 1931年)
  • 2004年 - アイリス・チャン、ジャーナリスト(* 1968年)
  • 2005年 - コチェリル・ラーマン・ナラヤナン、第10代インド大統領(* 1921年)
  • 2006年 - マルクス・ヴォルフ、旧東ドイツの対外諜報総局長(* 1923年)
  • 2007年 - 天城一、小説家、数学者(* 1919年)
  • 2008年 - 佐田武夫、実業家(* 1925年)
  • 2008年 - 前田竹千代、コメディアン(チャンバラトリオ)(* 1952年)
  • 2011年 - 黒沢良、声優、俳優(* 1930年)
  • 2013年 - 三木谷良一、経済学者(* 1929年)
  • 2015年 - トミー・ハンソン、プロ野球選手(* 1986年)
  • 2016年 - 石黒修、元プロテニス選手(* 1936年)

スピーチ作成 - テーマ「119番の日」

自分が初めてテーマを知った/経験した時のエピソード。
テーマについて自分はどう思うか/思ったか。
言葉/行動/影響について自分はどう思うか。
今後自分はどうしたいと思うか。

スピーチ出力 - 11-09_119番の日.txt

想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。
日付からスピーチを作る
12月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
1月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
2月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29
3月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
4月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
5月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
6月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
7月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
8月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
9月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
10月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
11月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30

参考になる本

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法
 会議・朝礼・電話でも、接客・商談・会合でも、面接・結婚式のスピーチでも、デート・合コン・保護者会でも。
 こんなふうに話せば「あがり」にさようなら! 予約半年待ち! 超人気講師が教える“緊張しないコツ。
¥ 1,210
超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48
 本書では、人前では話すことが苦手な人でもすぐ実行でき、たちまち効果を実感できる「あがらずに話せる正しい方法」を48個紹介しています。
 スピーチ・朝礼・会議・面接でドキドキしない!商談・プレゼン・営業が面白いほど成功する!人前で話すのが苦手な人でも大丈夫!あがらずに話せる超シンプルなテクニックを大公開!
¥ 1,296
朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100 話しベタなあなたに贈る
 他人の興味を引く「鉄板ネタ」さえ持っていれば、誰でも「人前で話すこと」が怖くなくなります。
 聞き手が具体的にイメージしやすいようにスポーツ選手や芸能人など、著名人のエピソードもたくさん織り込んだ「鉄板ネタ」を100個集めました。
¥ 1,620
恥をかかないスピーチ力
 新年度に自己紹介をしたり、結婚式やちょっとした集まりで人前で話したりする機会は意外と多い。そんな時に役立つ、スピーチやコメントのコツ、心構え。
 恥をかかないレベルから「なかなかうまいな」と思われるレベルまで、どうステップアップするか。
 「時間感覚」「身体感覚」の重要性、始まり方と終わり方、小ネタの集め方、シーン別のコツやNGポイントまで、人前で話す時にはこれさえあれば大丈夫!
¥ 702
心に届く話し方 65のルール
 本書は、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説した、話し方の基礎技術の本です。
 「本質的に内容が相手にきちんと伝わる」ことを目的とし、「そのための具体的かつ自然な音声表現のディテール」まで迫った本です。
¥ 1,361
カーネギー話し方入門 文庫版
 あのウォーレン・バフェットも受講したというデール・カーネギーの話し方講座のエッセンスをまとめた本。
 カーネギーといえば、大ベストセラーとなった『人を動かす』があまりに有名だが、本書の原著も100万部を突破したベストセラーとして、アメリカでは広く知られている。
¥ 650