365日のネタ・スピーチ例は、1年分(365日分)のネタと、朝礼などのスピーチの作例や作り方を、まとめたサイトです。 >> 使い方を読む

5月9日の情報

記念日・年中行事

  • ヨーロッパ・デー(欧州連合)
    1950年5月9日、ロベール・シューマンが欧州石炭鉄鋼共同体設立構想「シューマン宣言」を発表したことによる。1985年にミラノで開かれた欧州理事会で制定。
  • 対独戦勝記念日(アゼルバイジャン・ ベラルーシ・ ボスニア・ヘルツェゴビナ・ イスラエル・ カザフスタン・ キルギス・ モルドバ・ ロシア・ セルビア・ タジキスタン・ トルクメニスタン・ ウズベキスタン)
    1945年5月8日、ベルリンでドイツが第二次世界大戦の降伏文書に調印したことを記念してヨーロッパ諸国では5月8日が戦勝記念日であるが、モスクワ夏時間では5月9日未明のことであったため、ソ連を構成していた諸国やソ連の影響下にあった東欧の一部の国などでは5月9日が記念日になっている。
  • 国恥記念日(中華民国)
    1915年5月9日、中華民国が日本の対華21カ条要求を最後通牒で受諾した。
  • 独立記念日(ルーマニア)
    1877年のこの日、ルーマニアがオスマン帝国からの独立を宣言したことを記念。
  • アイスクリームの日(日本)
    社団法人日本アイスクリーム協会が1965年に制定。その前年の1964年のこの日に東京アイスクリーム協会が記念事業を行い、諸施設へアイスクリームをプレゼントしたことから、翌年から「アイスクリームの日」として、各種のイベントを実施するようになった。
    これ以前より、1869年に町田房蔵が横浜の馬車道通りに開いた「氷水屋」で日本初のアイスクリーム「あいすくりん」が製造・販売された日を記念した「アイスクリームデー」の名称で、PRを兼ねて社会奉仕が行われていたが、実際には旧暦6月(新暦7月)にあたるとする説がある。
  • メイクの日(日本)
    Japan Make-up Artist Network(JMAN)が制定。メイ(May)ク(9)の語呂合わせから。
  • 黒板の日(日本)
    全国黒板工業連盟が2000年7月に制定。「こ(5)く(9)ばん」の語呂合せと、明治初頭にアメリカから黒板が初めて輸入されたのがこの時期と言われていることから。
  • 呼吸の日(日本)
    NPO日本呼吸器障害者情報センターが制定。「こ(5)きゅう(9)」の語呂合せ。
  • ゴクゴクの日(日本)
    おいしい飲み物をゴクゴク(5959)飲み、かつ、水資源に恵まれない地域でも水をゴクゴク飲めるよう水環境について考えようという日。
  • 奄美黒糖焼酎の日(日本)
    奄美大島酒造協同組合が2007年5月に制定。東京農業大学の小泉武夫教授の提案で、「こ(5)く(9)とう(10)」の語呂合せで、翌5月10日と共に定められた。
  • 悟空の日(日本)
    劇場アニメ『ドラゴンボールZ 復活の「F」』の舞台挨拶にて、2015年5月9日から日本記念日協会によって認定されたと発表された。
  • 合格の日(日本)
    福岡県太宰府市の一蘭太宰府参道店で「合格ラーメン」を提供していることから、入学や資格試験などを受ける受験生を応援するために、天然とんこつラーメン専門店の株式会社一蘭が制定し、日本記念日協会から認定された。日付は、「ごうかく」の語呂合わせ。

歴史

  • 1450年 - ティムール朝君主アブドゥッラティーフが暗殺される。
  • 1742年(寛保2年4月6日)- 江戸幕府の成文法「公事方御定書」が完成。
  • 1846年 - 米墨戦争: レサカ・デ・ラ・パルマの戦い
  • 1876年 - 上野公園の開園式。日本初の公園に指定。
  • 1877年 - ルーマニアがオスマン帝国からの独立を宣言。
  • 1883年 - 日本の県として富山県、佐賀県、宮崎県が再置される。
  • 1901年 - オーストラリア・メルボルンで初の国会(オーストラリア連邦議会)が開かれる。
  • 1911年 - 清が幹線鉄道国有化令を発布する。
  • 1915年 - 中華民国の袁世凱政権が日本の対華21カ条要求を受諾する。
  • 1926年 - リチャード・バードが航空機により初めて北極点上空に到達。
  • 1926年 - 東京・銀座の松屋デパートで日本初の飛び降り自殺。
  • 1932年 - 坂田山心中事件が発覚。
  • 1936年 - 第二次エチオピア戦争: イタリアが東アフリカの3つの植民地をあわせてイタリア領東アフリカを樹立し、その皇帝にイタリア国王ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世が就任。
  • 1945年 - 第二次世界大戦・プラハの戦い: 赤軍がプラハを占領。
  • 1946年 - ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世の退位によりウンベルト2世がイタリア王に即位。
  • 1948年 - 日比谷公会堂で「母の日大会」開催。以降、日本でも5月第2日曜日が母の日となる。
  • 1949年 - モナコ大公ルイ2世が死去。孫のレーニエ3世が即位。
  • 1950年 - フランス外相ロベール・シューマンが、フランスと西ドイツの石炭・鉄鋼産業の共同管理を提唱。(シューマン宣言)
  • 1950年 - L・ロン・ハバードの『ダイアネティックス』が刊行。
  • 1954年 - 翌10日にかけてメイストームが発生し、犠牲者361名。
  • 1955年 - 西ドイツが北大西洋条約機構(NATO)に加盟。
  • 1956年 - 今西壽雄ら日本登山隊がヒマラヤ山脈のマナスルに世界初登頂。
  • 1964年 - 全米ヒットチャートでルイ・アームストロングの「ハロー・ドーリー!」が1位になり、2月1日から続いていたビートルズの連続1位の記録を14週でストップさせる。
  • 1965年 - ソ連の月探査機「ルナ5号」が打ち上げ。
  • 1974年 - 伊豆半島沖地震
  • 1977年 - 芝山町長宅前臨時派出所襲撃事件
  • 1983年 - ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世が、ガリレオ・ガリレイに対する宗教裁判の誤りを認める。
  • 1988年 - キャンベラにオーストラリア国会議事堂が竣工。
  • 1988年 - 事実婚夫婦、住民票続柄記載差別訴訟を起こす。
  • 1994年 - ネルソン・マンデラが南アフリカ共和国の大統領に当選。
  • 1994年 - オウム真理教による滝本弁護士サリン襲撃事件が起こる。
  • 1996年 - 日生球場での最後のプロ野球公式戦の試合終了後、試合に負けたダイエー選手のバスにファンが生卵を投げつける。(通称「生卵事件」)
  • 2003年 - 宇宙科学研究所が工学実験探査機「はやぶさ」(MUSES-C)を打ち上げ。
  • 2004年 - ロシア・チェチェン共和国の大統領アフマド・カディロフがチェチェン独立派により暗殺される。
  • 2006年 - 東南アジア諸国連合(ASEAN)がマレーシアのクアラルンプールで初の国防相会議を開催。
  • 2006年 - エストニアが欧州憲法を批准。
  • 2009年 - 2009年新型インフルエンザの世界的流行: カナダから帰国した大阪府の高校生2人と教諭1人が国内初の新型インフルエンザに感染していたことが明らかになる。
  • 2009年 - 森光子主演の舞台、自身の誕生日に放浪記が公演2,000回を達成。
  • 2018年 - イランの核開発問題: トランプ大統領、2016年にイランと6ヶ国が締結した核合意からの離脱を発表。
  • 2018年 - 任天堂の無料アプリmiitomoがiOS、アンドロイド上で終了。

誕生日

  • 1147年(久安3年4月8日)- 源頼朝、鎌倉幕府初代将軍(+ 1199年)
  • 1740年 - ジョヴァンニ・パイジエッロ、作曲家(+ 1816年)
  • 1746年 - ガスパール・モンジュ、数学者(+ 1818年)
  • 1773年 - ジャン=シャルル=レオナール・シモンド・ド・シスモンディ、経済学者(+ 1842年)
  • 1780年 - ウィリアム・デュアン、第11代アメリカ合衆国財務長官(+ 1865年)
  • 1800年 - ジョン・ブラウン、奴隷制度廃止運動家(+ 1859年)
  • 1837年(天保8年4月5日)- 入江九一、長州藩士(+ 1864年)
  • 1849年(嘉永2年4月17日)- 昭憲皇太后、明治天皇の皇后(+ 1914年)
  • 1849年 - ヴィトリド・ツェラスキー、天文学者(+ 1925年)
  • 1855年 - フランソワ・ポンポン、彫刻家(+ 1933年)
  • 1857年 - ルイージ・イッリカ、オペラ台本作家(+ 1919年)
  • 1860年 - ジェームス・マシュー・バリー、作家(+ 1937年)
  • 1873年 - ハワード・カーター、考古学者、ツタンカーメン王墓発見(+ 1939年)
  • 1883年 - ホセ・オルテガ・イ・ガセット、哲学者(+ 1955年)
  • 1884年 - 高橋誠一郎、経済学者(+ 1982年)
  • 1886年 - 東雲衑藏、大相撲力士(+ 1949年)
  • 1886年 - 北村徳太郎、運輸大臣、大蔵大臣(+ 1968年)
  • 1889年(光緒15年4月10日)- 張群、政治家、軍人(+ 1990年)
  • 1892年 - ツィタ・フォン・ブルボン=パルマ、オーストリア=ハンガリー帝国皇帝カール1世の皇后(+ 1989年)
  • 1897年 - 細井和喜蔵、小説家(+ 1925年)
  • 1901年 - 足利惇氏、インド学者(+ 1983年)
  • 1904年 - 武田麟太郎、小説家(+ 1946年)
  • 1904年 - グレゴリー・ベイトソン、社会学者、言語学者、人類学者(+ 1980年)
  • 1905年 - リリ・デ・アルバレス、テニス選手(+ 1998年)
  • 1906年 - 金子鴎亭、書家(+ 2001年)
  • 1907年 - バルドゥール・フォン・シーラッハ、ヒトラー・ユーゲントの指導者(+ 1974年)
  • 1912年 - 伊藤友司、真如苑第2代苑主(+ 1967年)
  • 1914年 - カルロ・マリア・ジュリーニ、指揮者(+ 2005年)
  • 1918年 - 桑島甫、プロ野球選手(+ 1944年)
  • 1920年 - リチャード・アダムス、ファンタジー作家(+ 2016年)
  • 1920年 - 森光子、女優(+ 2012年)
  • 1921年 - モートン・カプラン、国際関係論研究者
  • 1921年 - 村松長太郎、プロ野球選手(+ 1944年)
  • 1922年 - 江藤晴康、プロ野球選手(+ 2016年)
  • 1924年 - ブラート・オクジャワ、シンガーソングライター(+ 1997年)
  • 1924年 - 田村元、第66代衆議院議長(+ 2014年)
  • 1925年 - 林巳奈夫、考古学者(+ 2006年)
  • 1926年 - 伊谷純一郎、生態学者、人類学者、霊長類学者(+ 2001年)
  • 1927年 - 斎藤美和、女優(+ 2012年)
  • 1927年 - マンフレート・アイゲン、生物物理学者
  • 1928年 - バーバラ・アン・スコット、フィギュアスケート選手(+ 2012年)
  • 1930年 - 宇野功芳、音楽評論家(+ 2016年)
  • 1931年 - 芳賀徹、比較文学者
  • 1932年 - 大崎三男、プロ野球選手
  • 1933年 - 泡坂妻夫、推理作家(+ 2009年)
  • 1936年 - グレンダ・ジャクソン、女優、政治家
  • 1936年 - アルバート・フィニー、俳優
  • 1936年 - 石崎正勝、プロ野球選手
  • 1937年 - 栗塚旭、俳優
  • 1937年 - 松岡直也、ミュージシャン(+ 2014年)
  • 1937年 - ホセ・ラファエル・モネオ、建築家
  • 1940年 - ジェームズ・L・ブルックス、映画監督
  • 1942年 - ジョン・アシュクロフト、第79代アメリカ合衆国司法長官
  • 1945年 - ユップ・ハインケス、サッカー選手、指導者
  • 1946年 - キャンディス・バーゲン、女優
  • 1947年 - 岩崎良夫、プロ野球選手
  • 1949年 - ビリー・ジョエル、歌手
  • 1949年 - イブライム・バレ・マイナサラ、軍人、政治家(+ 1999年)
  • 1950年 - アンゲリーカ・ブック、フィギュアスケート選手
  • 1953年 - デイヴィッド・ベノワ、ジャズ・フュージョンピアニスト
  • 1955年 - アンネ・ゾフィー・フォン・オッター、メゾソプラノ歌手
  • 1955年 - 掛布雅之、プロ野球選手、野球解説者
  • 1955年 - 藤田学、プロ野球選手
  • 1957年 - 魚戸おさむ、漫画家
  • 1957年 - スティーブ・ハモンド、プロ野球選手
  • 1958年 - 永江朗、著作家
  • 1958年 - ダグ・ローマン、プロ野球選手
  • 1959年 - 片山さつき、政治家
  • 1959年 - 仁村薫、プロ野球選手
  • 1960年 - トニー・グウィン、メジャーリーガー(+ 2014年)
  • 1961年 - 子守康範、ラジオパーソナリティ、フリーアナウンサー
  • 1962年 - デイヴ・ガーン、ミュージシャン(デペッシュ・モード)
  • 1964年 - ケビン・サンダーソン、テクノミュージシャン
  • 1964年 - 鶴見済、著作家
  • 1964年 - 滝里美、演歌歌手
  • 1965年 - スティーブ・アイザーマン、アイスホッケー選手
  • 1965年 - 内海敏彦、俳優、声優
  • 1966年 - モーリー、パーソナリティ
  • 1967年 - 岡野剛、漫画家
  • 1968年 - 原田雅彦、スキージャンプ選手
  • 1968年 - マリー・ジョゼ・ペレク、陸上競技選手
  • 1968年 - 前田憲作、キックボクサー
  • 1969年 - デジ・ウィルソン、プロ野球選手
  • 1969年 - 水沢英樹、プロ野球選手
  • 1969年 - ウーゴ・マラドーナ、サッカー選手
  • 1970年 - 伊央里直加、女優
  • 1970年 - ゴーストフェイス、ラッパー
  • 1971年 - 東浩紀、思想家、文芸評論家
  • 1971年 - 杉本尚文、プロ野球選手
  • 1971年 - マグニチュード岸和田、プロレスラー
  • 1972年 - 小高恵美、女優
  • 1972年 - ダニエラ・シリバシュ、体操競技選手
  • 1972年 - 若木民喜、漫画家
  • 1974年 - 窪田将治、映画監督、映像クリエーター
  • 1975年 - エミル・ウィングステッド、オリエンテーリング選手
  • 1975年 - 長塚圭史、劇作家、演出家、俳優
  • 1976年 - 英智、プロ野球選手
  • 1977年 - 的場直樹、プロ野球選手
  • 1977年 - マレク・ヤンクロフスキ、サッカー選手
  • 1977年 - 安藤裕子、シンガーソングライター
  • 1978年 - 大橋卓弥、歌手(スキマスイッチ)
  • 1978年 - ナカヤマシンペイ、ドラマー(ストレイテナー)
  • 1978年 - アーロン・ハラング、メジャーリーガー
  • 1978年 - レアンドロ・クフレ、サッカー選手
  • 1979年 - ブランドン・ウェブ、メジャーリーガー
  • 1979年 - ロザリオ・ドーソン、女優
  • 1979年 - 小林桂、ジャズボーカリスト
  • 1980年 - 新垣渚、プロ野球選手
  • 1980年 - 西紀寛、サッカー選手
  • 1980年 - あかぎあい、タレント
  • 1980年 - アンジェラ・ニコディノフ、フィギュアスケート選手
  • 1980年 - グラント・ハケット、水泳選手
  • 1981年 - ビル・マーフィー、メジャーリーガー
  • 1981年 - 森崎和幸、サッカー選手
  • 1981年 - 森崎浩司、サッカー選手
  • 1981年 - 白井鉄也、お笑いタレント(チーモンチョーチュウ)
  • 1981年 - 横山裕、アイドル、関ジャニ∞
  • 1982年 - ヴィクトリア・シリアホワ、フィギュアスケート選手
  • 1982年 - トミドコロ、お笑いタレント
  • 1982年 - マーク・ダースマ、野球選手
  • 1983年 - 滝善充、ギタリスト(9mm Parabellum Bullet)
  • 1983年 - 松田龍平、俳優
  • 1983年 - 大高忍、漫画家
  • 1983年 - ジレ・ミュラー、テニス選手
  • 1984年 - 平原綾香、歌手
  • 1984年 - 村山慈明、将棋棋士
  • 1984年 - プリンス・フィルダー、メジャーリーガー
  • 1984年 - チェイス・ヘッドリー、メジャーリーガー
  • 1985年 - 桜井まり、グラビアアイドル、ヌードモデル、女優
  • 1985年 - 市川友也、プロ野球選手
  • 1985年 - 能登原将、野球選手
  • 1986年 - 朝比奈えり、タレント
  • 1986年 - 谷口紗耶香、タレント
  • 1986年 - 白石乃梨、シンガーソングライター
  • 1987年 - 藤森哲也、将棋棋士
  • 1988年 - 徳永えり、タレント
  • 1988年 - 雅千夏、タレント、歌手
  • 1988年 - 大木文香、アナウンサー
  • 1988年 - 伊奈龍哉、プロ野球選手
  • 1988年 - 近藤好美、声優、モデル
  • 1989年 - 山崎正貴、プロ野球選手
  • 1991年 - オズワルド・アルシア、メジャーリーガー
  • 1991年 - 原口元気、サッカー選手
  • 1993年 - 山田涼介、アイドル(Hey! Say! JUMP)
  • 1995年 - 溝口琢矢、俳優
  • 1996年 - 木野双葉、声優
  • 1997年 - 石飛恵里花、声優、ピュアリーモンスター
  • 1998年 - 今井達也、プロ野球選手
  • 1999年 - 大橋のぞみ、元子役
  • 2004年 - 奥森皐月、女優、モデル
  • 生年不明 - 歩河みぃな、声優
  • 生年不明 - 石原舞、声優
  • 生年不明 - 小池謙一、声優
  • 生年不明 - 押山沙織、声優

忌日

  • 1315年 - ユーグ5世、ブルゴーニュ公(* 1282年)
  • 1586年 - ルイス・デ・モラレス、画家(* 1510年?)
  • 1688年 - フリードリヒ・ヴィルヘルム、ブランデンブルク選帝侯(* 1620年)
  • 1707年 - ディートリヒ・ブクステフーデ、作曲家(* 1637年頃)
  • 1745年 - トマソ・アントニオ・ヴィターリ、ヴァイオリニスト、作曲家(* 1663年)
  • 1805年 - フリードリヒ・フォン・シラー、詩人、劇作家、歴史学者、思想家(* 1759年)
  • 1850年 - ジョセフ・ルイ・ゲイ=リュサック、化学者、物理学者(* 1778年)
  • 1898年 - 澤太郎左衛門、蝦夷共和国開拓奉行(* 1834年)
  • 1903年 - ポール・ゴーギャン、画家(* 1848年)
  • 1915年 - アンソニー・ワイルディング、テニス選手(* 1883年)
  • 1920年 - 岩野泡鳴、小説家(* 1873年)
  • 1931年 - アルバート・マイケルソン、物理学者(* 1852年)
  • 1949年 - ルイ2世、モナコ大公(* 1870年)
  • 1957年 - エツィオ・ピンツァ、バス歌手(* 1892年)
  • 1958年 - 及川古志郎、日本の海軍大臣、軍令部総長(* 1883年)
  • 1959年 - 梁田貞、作曲家(* 1885年)
  • 1976年 - ウルリケ・マインホフ、ドイツ赤軍の活動家(* 1934年)
  • 1977年 - 大塚金之助、経済学者、歌人(* 1892年)
  • 1978年 - アルド・モーロ、イタリア首相(* 1916年)
  • 1978年 - ジョージ・マチューナス、現代美術家(* 1931年)
  • 1979年 - 石田和外、第5代最高裁判所長官(* 1903年)
  • 1985年 - エドモンド・オブライエン、俳優(* 1915年)
  • 1985年 - 若山セツ子、女優(* 1929年)
  • 1985年 - 加藤昌利、プロ野球選手(* 1935年)
  • 1985年 - スベア・ノーレン、フィギュアスケート選手(* 1895年)
  • 1986年 - 廖文毅、台湾共和国臨時政府大統領(* 1910年)
  • 1986年 - テンジン・ノルゲイ、シェルパ(* 1914年)
  • 1989年 - 城卓矢、歌手(* 1935年)
  • 1994年 - 八幡野平八郎、大相撲力士(* 1917年)
  • 1997年 - マルコ・フェレーリ、映画監督(* 1928年)
  • 1997年 - 可愛かずみ、タレント(* 1964年)
  • 1998年 - 宮路年雄、実業家、城南電機創業者(* 1928年)
  • 2004年 - アフマド・カディロフ、チェチェン共和国大統領(* 1951年)
  • 2006年 - イェジー・フィツォフスキ、詩人(* 1924年)
  • 2007年 - 石井政雄、第17代統合幕僚会議議長(* 1931年)
  • 2008年 - 松岡阜、彫刻家(* 1923年)
  • 2011年 - 川喜多雄二、俳優、歯科医師(* 1923年)
  • 2014年 - 西田司、政治家(* 1928年)
  • 2016年 - 秋本祐作、元プロ野球選手(* 1935年)

引用・参考URL

このページの引用・参考URL。
日付からスピーチを作る
12月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
1月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
2月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29
3月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
4月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
5月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
6月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
7月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
8月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
9月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
10月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
11月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30

参考になる本

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法
 会議・朝礼・電話でも、接客・商談・会合でも、面接・結婚式のスピーチでも、デート・合コン・保護者会でも。
 こんなふうに話せば「あがり」にさようなら! 予約半年待ち! 超人気講師が教える“緊張しないコツ。
¥ 1,210
超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48
 本書では、人前では話すことが苦手な人でもすぐ実行でき、たちまち効果を実感できる「あがらずに話せる正しい方法」を48個紹介しています。
 スピーチ・朝礼・会議・面接でドキドキしない!商談・プレゼン・営業が面白いほど成功する!人前で話すのが苦手な人でも大丈夫!あがらずに話せる超シンプルなテクニックを大公開!
¥ 1,296
朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100 話しベタなあなたに贈る
 他人の興味を引く「鉄板ネタ」さえ持っていれば、誰でも「人前で話すこと」が怖くなくなります。
 聞き手が具体的にイメージしやすいようにスポーツ選手や芸能人など、著名人のエピソードもたくさん織り込んだ「鉄板ネタ」を100個集めました。
¥ 1,620
恥をかかないスピーチ力
 新年度に自己紹介をしたり、結婚式やちょっとした集まりで人前で話したりする機会は意外と多い。そんな時に役立つ、スピーチやコメントのコツ、心構え。
 恥をかかないレベルから「なかなかうまいな」と思われるレベルまで、どうステップアップするか。
 「時間感覚」「身体感覚」の重要性、始まり方と終わり方、小ネタの集め方、シーン別のコツやNGポイントまで、人前で話す時にはこれさえあれば大丈夫!
¥ 702
心に届く話し方 65のルール
 本書は、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説した、話し方の基礎技術の本です。
 「本質的に内容が相手にきちんと伝わる」ことを目的とし、「そのための具体的かつ自然な音声表現のディテール」まで迫った本です。
¥ 1,361
カーネギー話し方入門 文庫版
 あのウォーレン・バフェットも受講したというデール・カーネギーの話し方講座のエッセンスをまとめた本。
 カーネギーといえば、大ベストセラーとなった『人を動かす』があまりに有名だが、本書の原著も100万部を突破したベストセラーとして、アメリカでは広く知られている。
¥ 650