365日のネタ・スピーチ例は、1年分(365日分)のネタと、朝礼などのスピーチの作例や作り方を、まとめたサイトです。 >> 使い方を読む

11月11日「鏡の日」


 11月11日は「鏡の日」です。11と11は左右対称であり、縦書きの漢字を左右反転しても同じになる鏡文字です。そうした理由から、全日本鏡連合会が制定しました。

 私が子供の頃、鏡を初めて不思議だと思ったのは、母の三面鏡を合わせ鏡にした時でした。

 とても幻想的な様子に、鏡を動かしながら、何度も覗き込んだことを記憶しています。

 鏡には大きく分けて、金属鏡とガラス鏡があります。金属鏡の方が古く、ガラス鏡が日本に来たのは、1549年のフランシスコ・ザビエルの渡来時です。
 日本で一般にガラス鏡が製造され始めたのは、1740年代から1800年代の間です。堺、大阪、江戸へと伝わり、ガラス板に水銀引きしたものを当時「鬢鏡(びんきょう)」と称しました。
 鬢鏡から、銀引き法による輸入板ガラス鏡へ移行したのは、1878年(明治10年)以降です。国産板ガラスの製造がスタートしたのは、1911年(明治43年)の旭硝子株式会社によります。
 その後、昭和初期には国産磨き板ガラスが生産されるようになり、これが鏡の素板として使用されるようになりました。


 私たちが何気なく使っている現代的なガラスも、完全な国産化には、長い時間がかかっています。

 普段、特に気に掛けていないような商品でも、その実現には様々な技術や設備が必要です。そうしたことに気を配り、過去の工夫を学んでいきたいと思います。

スピーチ作例 11月11日1
文字数:596文字   想定時間:159
想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。

記念日・年中行事

  • 聖マルティヌスの日
    聖マルティヌスの聖名祝日。西ヨーロッパでは収穫祭などの民俗行事が行われる。
  • 第一次世界大戦終結にちなんだ祝祭日
    1918年11月11日に第一次世界大戦が停戦したことを記念し、特にヨーロッパ各地でこの日が祝日や記念日になっている。
    戦没者追悼記念日(Remembrance Day)、ポピー・デー(Poppy Day)(イギリス・ カナダ)
    退役軍人の日(Veteran's Day)(アメリカ合衆国)
    休戦記念日(Jour de l'Armistice)(フランス・ ベルギー)
    独立記念日(Narodowe Święto Niepodległości)(ポーランド)
    第一次世界大戦の停戦により、ドイツとソビエト連邦から領土が割譲されてポーランドが再置されたことを記念。かつてはソ連がポーランド国民解放委員会を設立した(1944年)7月22日だったが、民主化後に変更された。
  • 独立記念日(アンゴラ)
    1975年のこの日、アンゴラがポルトガルからの独立を宣言した。
  • 光棍節(独身の日、 中国)
    独身者のための記念日。中華人民共和国では(特に男性の)独身者のことを「光棍」(つるつるの棒の意)といい、11月11日は棒が4本並んでいるように見えることから、1990年ごろから学生の間で祝われるようになった。
  • カート・ヴォネガットの日
    ヴォネガットの誕生日。ニューヨーク市が制定。
  • 豚まんの日
    「(11)」が豚の鼻に見える事から。
  • いただきますの日
    「いただきますの日」普及推進委員会が2011年に制定。「1111」が並んだ箸に見えることから。
  • 麺の日
    全国製麺協同組合連合会が1999年に制定。「1111」が麺の細長いイメージにつながることから。
  • ポッキー&プリッツの日
    江崎グリコが1999年(平成11年)11月11日に制定。「1111」が4本のポッキーあるいはプリッツに見えることに由来。以後、毎年キャンペーンを実施している。
  • きりたんぽの日
    秋田県鹿角市の「かづのきりたんぽ倶楽部」が制定。「1111」が、囲炉裏で焼いている4本のきりたんぽに見えることに由来。
  • もやしの日
    「1111」がもやしを4本並べたように見えることに由来。
  • 鮭の日
    新潟県村上市が1988年ごろに、またこれとは無関係に築地市場の北洋物産会も制定。いずれも、「鮭」という漢字が魚偏に「十一十一」と書くことに由来。
  • ピーナッツの日
    全国落花生協会が1985年に制定。ピーナッツは1つの殻に2粒の豆が双子のように同居している特徴があるので、ぞろ目の11に由来。
  • たくあんの日
    全国各地の漬物協同組合、製造業、卸売業などの団体で構成される全日本漬物協同組合連合会が制定。日本の漬物の代表格であるたくあんの需要拡大を図ることが目的。たくあん漬けは天日干しや塩漬けで水分を抜いた大根を漬けたもの。日付は11月11日という文字が、たくあん用の大根を並べて干してある様子に似ていることと、たくさんの「1=わん=あん」があることから。
  • 美しいまつ毛の日
    株式会社アルマードが2011年に制定。「1111」の数字をまつ毛になぞらえ、それが1年の中で最も多く並ぶ日付であることから。一生涯つき合う自分の地まつ毛も、美しく健康的に保つことが大切、というコンセプトを呼びかけるため。
  • 配線器具の日
    日本配線器具工業会が1999年に制定。コンセントの差込口の形状が「1111」に見えることに由来。また、「秋の火災予防週間」の期間中であり、電気利用の安全啓発も兼ねる。
  • 靴下の日(ペアーズデー・恋人たちの日)
    日本靴下協会が1993年に制定。靴下を2足並べた時の形が11 11に見えることに由来。1年に1度、同じ数字のペアが重なる日であることから、恋人同士(ペア)で靴下を贈り合おうと呼びかけるため。
  • 下駄の日
    伊豆長岡観光協会が制定。下駄の足跡が「11 11」に見えることに由来。
  • ライターの日
    日本喫煙具協会が制定。一般的な細長いライターを並べると「11 11」に見えることに由来。
  • 鏡の日
    全日本鏡連合会が2006年に制定。「11 11」や縦書きにした「十一 十一」が左右対称であることから。
  • 電池の日
    日本乾電池工業会(電池工業会)が1986年に制定。数字の部分を漢数字で書いた「十一十一」が「プラス・マイナス・プラス・マイナス」に見えることに由来。
  • チンアナゴの日
    すみだ水族館が2013年に制定。チンアナゴが砂の中から体を出している姿が数字の「1」に似ており、群れで暮らす習性があることから、一年間に最も「1」が集まる日付を選んだ。
  • サッカーの日
    ミズノの直営店・エスポートミズノが制定。サッカーが11人対11人で行うスポーツであることに由来。
  • ゆびリンガルの日
    アシーマが制定。業種別多言語相互会話ツール「ゆびリンガル」が指を使って会話をするツールであり、数字の「1」が指に似ていることに由来。
  • 折り紙の日
    日本折紙協会が制定。世界平和記念日であること(折り紙と千羽鶴の関係)と、1を4つ組み合わせると折紙の形である正方形になることに由来。
  • 煙突の日
    「1111」が、煙突が4本立っているように見えることに由来。
  • コピーライターの日
    宣伝会議が、コピーライター養成講座を開講して50周年になる2007年に制定。1111が鉛筆が並んだように見えることに由来。
  • 麻雀の日
    新日本プロ麻雀連盟が2012年に制定。100点、1000点、5000点、10000点の4本の点棒が並んだように見えることに由来。
  • 磁気の日
    磁気治療器「ピップエレキバン」のピップフジモトが1992年に制定。磁石のN極(+)とS極(-)を「十一」に見立てたことに由来。
  • 公共建築の日
    建物の基本的な構造を象徴する4本の「柱」をイメージし、数字の「1」が4つ並ぶ「11月11日」になりました。公共建築の代表格である国会議事堂の完成年月が昭和11年11月であることにも由来しています。行政、教育文化、福祉等様々な分野に係わる各種の公共建築は、地域の人々の生活に密接に関わりを持ち、地域の活性化や生活・文化水準の向上、街並み・景観の形成を図る上で重要な役割を果たしています。公共建築の果たすこのような役割を国民のみなさまに広く知っていただくため、また、国民生活によりいっそう密着した公共建築を目指すために「公共建築の日」及び「公共建築月間」が創設されました。11月11日は「公共建築の日」そして11月は「公共建築月間」です。
  • 介護の日
    厚生労働省が2008年7月27日に発表・制定。「いい日、いい日、毎日あったか介護ありがとう」というキャッチフレーズより「いい(11)日いい(11)日」の語呂合わせから。
  • チーズの日
    日本輸入チーズ普及協会とチーズ普及協議会が1992年に制定。日本史上、チーズの製造が確認される最古の記録が、700(文武天皇4)年10月に、全国に「酥(そ)」(現在のチーズに近い発酵食品)の製造を命じたというものであることに由来。10月を新暦に置き換えた11月として、さらに覚えやすい11日とした。
  • 宝石の日(ジュエリーデー)
    日本ジュエリー協会が制定。1909年のこの日、農商務省令第54号により宝石の重量の表示にカラットが採用されたことを記念。
  • 西陣の日
    西陣織工業組合ら13団体からなる「西陣の日」事業協議会が1969年に制定。応仁の乱終結後、全国各地に散らばっていた織手達が西軍の本陣のあったあたり(西陣)に住みついたことが西陣織の由来であることから、応仁の乱が終結した1477年(文明9年)11月11日を記念日とした。

歴史

  • 1215年 - 第4ラテラン公会議が始まる。
  • 1572年 - ティコ・ブラーエがカシオペヤ座の超新星SN 1572(ティコの星)を発見。
  • 1790年 - 神聖ローマ帝国皇帝レオポルト2世戴冠式
  • 1813年 - 米英戦争: クライスラー農園の戦い
  • 1855年(安政2年10月2日)- 安政江戸地震
  • 1881年 - 日本初の私鉄・日本鉄道に設立特許条約書が下付される。
  • 1889年 - ワシントン準州が州に昇格し、アメリカ合衆国42番目の州・ワシントン州となる。
  • 1918年 - 連合国とドイツ帝国が休戦協定に調印。第一次世界大戦が終結。
  • 1918年 - オーストリア皇帝カール1世が退位。700年余りに及ぶハプスブルク家のオーストリア支配が終わる。
  • 1918年 - ユゼフ・ピウスツキがワルシャワへ戻り軍の統帥権を掌握。ポーランド(ポーランド第二共和国)がロシア帝国から事実上独立。
  • 1920年 - アメリカ・アーリントン国立墓地に無名戦士の墓が作られる。
  • 1924年 - 寿屋(現在のサントリー)が京都・山崎に日本初のウイスキー蒸留所(山崎蒸溜所)を竣工。
  • 1926年 - アメリカ合衆国の国道66号線(ルート66)が創設。
  • 1937年 - 群馬県吾妻郡嬬恋村の小串硫黄鉱業所一帯で地滑りが発生、245人が死亡。
  • 1940年 - 第二次世界大戦: タラント空襲
  • 1942年 - 第二次世界大戦: 連合国の北アフリカ上陸(トーチ作戦)に対抗して、ドイツ軍がフランスの非占領地域に進駐。
  • 1944年 - 松代大本営が着工。
  • 1951年 - 日本で3番目の民間放送ラジオ局、朝日放送(ABC)開局。
  • 1955年 - 下中弥三郎・植村環・茅誠司・上代たの・平塚らいてう・前田多門・湯川秀樹の7人によって世界平和アピール七人委員会が結成される。
  • 1960年 - 南ベトナムで軍事クーデター未遂事件起こる。
  • 1965年 - ローデシアの白人政権がイギリスから一方的に独立を宣言。
  • 1966年 - アメリカでジェミニ計画の最後の宇宙船「ジェミニ12号」が打ち上げ。
  • 1967年 - 日本エスペラント協会会員の由比忠之進が、ベトナム戦争に反対する佐藤栄作首相宛の抗議書を携え、首相官邸近くで焼身自殺。
  • 1968年 - モルディブが2度目の共和制に移行。イブラヒム・ナシルが初代大統領に就任。
  • 1971年 - 川崎ローム斜面崩壊実験事故。国立防災科学センターなどが川崎市で行った防災実験でがけ崩れ、15人が死亡。
  • 1975年 - アンゴラがポルトガルからの独立を宣言。
  • 1983年 - 新宿西口のキャッツ・シアターにて劇団四季がキャッツの日本公演をスタート。これが後に日本初のロングラン公演ミュージカルとなる。
  • 1984年 - シンボリルドルフが菊花賞で勝利し、2年連続、日本競馬史上4頭目の三冠馬となる。また、無敗で中央競馬クラシック三冠を制したのは史上初。
  • 1984年 - 第3回世界女子柔道選手権大会で山口香が初優勝する。
  • 1985年 - ハレー艦隊: アメリカの彗星探査機「ICE」がジャコビニ・ツィナー彗星の探査を実施。世界初の彗星探査。
  • 1995年 - オウム真理教の麻原彰晃が著書でハルマゲドンが勃発すると予言していた日。日本各地で厳戒態勢が敷かれる。
  • 1995年 - 岐阜県神岡町(現 飛騨市)の神岡鉱山の地下に世界最大のニュートリノ観測装置スーパーカミオカンデが完成。
  • 2000年 - オーストリアケーブルカー火災事故。トンネル内の火災で155人が死亡。
  • 2015年 - 三菱航空機が開発したジェット旅客機MRJが初飛行。

誕生日

  • 1579年 - フランス・スナイデルス、画家(+ 1657年)
  • 1729年 - ルイ・アントワーヌ・ド・ブーガンヴィル、探検家、数学者、軍人(+ 1811年)
  • 1743年 - カール・ツンベルク、植物学者(+ 1828年)
  • 1744年 - アビゲイル・アダムズ、第2代アメリカ合衆国大統領ジョン・アダムズの妻(+ 1818年)
  • 1821年 - フョードル・ドストエフスキー、小説家、思想家(+ 1881年)
  • 1852年 - フランツ・コンラート・フォン・ヘッツェンドルフ、軍人(+ 1925年)
  • 1858年 - マリ・バシュキルツェフ、画家、彫刻家(+ 1884年)
  • 1862年 - エマニュエル・デュ・マルゲリー、地質学者、地球物理学者(+ 1953年)
  • 1863年 - ポール・シニャック、画家(+ 1935年)
  • 1864年 - アルフレート・フリート、法学者(+ 1921年)
  • 1866年 - アントワーヌ・メイエ、言語学者(+ 1936年)
  • 1868年 - エドゥアール・ヴュイヤール、画家(+ 1940年)
  • 1869年 - ガエタノ・ブレーシ、ウンベルト1世暗殺者(+ 1901年)
  • 1869年 - ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世、イタリア国王(+ 1947年)
  • 1870年 - 鈴木大拙、仏教学者(+ 1966年)
  • 1882年 - グスタフ6世アドルフ、スウェーデン王(+ 1973年)
  • 1882年 - 織田一磨、版画家(+ 1956年)
  • 1883年 - エルネスト・アンセルメ、指揮者(+ 1969年)
  • 1885年 - ジョージ・パットン、軍人(+ 1945年)
  • 1887年 - ローランド・ヤング、俳優(+ 1953年)
  • 1888年 - ヨハネス・イッテン、芸術家(+ 1967年)
  • 1889年 - 佐佐木茂索、小説家(+ 1966年)
  • 1891年 - ラビット・モランビル、メジャーリーガー(+ 1954年)
  • 1898年 - ルネ・クレール、映画監督(+ 1981年)
  • 1899年 - パット・オブライエン、俳優(+ 1983年)
  • 1899年 - 奥野信太郎、中国文学者、随筆家(+ 1968年)
  • 1899年 - パイ・トレイナー、メジャーリーガー(+ 1972年)
  • 1900年 - ハリナ・コノパッカ、円盤投げ選手(+ 1989年)
  • 1901年 - サム・スピーゲル、映画監督(+ 1985年)
  • 1901年 - マクダ・ゲッベルス、ナチス・ドイツの宣伝大臣の妻(+ 1945年)
  • 1904年 - J・H・C・ホワイトヘッド、数学者(+ 1960年)
  • 1904年 - アルジャー・ヒス、弁護士、スパイ(+ 1996年)
  • 1905年 - 藤田圭雄、児童文学者(+ 1999年)
  • 1908年 - 沢村貞子、女優(+ 1996年)
  • 1909年 - 小森和子、映画評論家(+ 2005年)
  • 1909年 - ロバート・ライアン、俳優(+ 1973年)
  • 1911年 - マルタ・ゲネンゲル、競泳選手(+ 1995年)
  • 1912年 - 佐々木猛、騎手、調教師
  • 1914年 - ハワード・ファスト、小説家(+ 2003年)
  • 1914年 - 楽以琴、エースパイロット(+ 1937年)
  • 1915年 - ウィリアム・プロクスマイアド、政治家(+ 2005年)
  • 1918年 - 鳩山威一郎、政治家(+ 1993年)
  • 1919年 - カッレ・パータロ、小説家(+ 2000年)
  • 1920年 - ヴァルター・クルピンスキー、ドイツ空軍のエース・パイロット(+ 2000年)
  • 1920年 - ロイ・ジェンキンス、政治家(+ 2003年)
  • 1921年 - 大西寛介、プロ野球選手(+ 1987年)
  • 1922年 - カート・ヴォネガット、小説家(+ 2007年)
  • 1923年 - 阿部桂一、脚本家(+ 1991年)
  • 1926年 - 片山明彦、俳優(+ 2014年)
  • 1928年 - カルロス・フエンテス、小説家(+ 2012年)
  • 1929年 - 清水貢、高校野球指導者(+ 2010年)
  • 1930年 - 常見忠、プロ野球選手、釣り師(+ 2011年)
  • 1930年 - 柴田英治、元プロ野球選手(+ 1999年)
  • 1932年 - 鵜飼勝美、元プロ野球選手
  • 1933年 - 辻村ジュサブロー、人形師
  • 1933年 - 中井光雄、競輪選手
  • 1933年 - 財部鳥子、詩人
  • 1933年 - 池田敬子、体操選手
  • 1933年 - 塚原仲晃、医学者(+ 1985年)
  • 1934年 - ナディーヌ・トランティニャン、映画監督
  • 1935年 - 朝崎郁恵、唄者
  • 1935年 - 佐川守一、プロ野球選手
  • 1939年 - 奥山かずお、児童文学作家(+ 2010年)
  • 1937年 - 養老孟司、解剖学者
  • 1940年 - バロン吉元、漫画家
  • 1941年 - 葛西治、アニメ監督
  • 1945年 - 佐々木憲昭、政治家
  • 1945年 - 宮谷一彦、漫画家
  • 1945年 - 横田順彌、SF作家、明治文化研究家
  • 1946年 - 秋葉敬三、プロ野球選手
  • 1949年 - 樹村みのり、漫画家
  • 1949年 - 河井昭司、プロ野球選手
  • 1950年 - 藤田康夫、野球選手
  • 1951年 - キム・ピーク、サヴァン症候群の患者(+ 2009年)
  • 1952年 - 吉幾三、演歌歌手
  • 1952年 - カマ・シウォール・カマンダ、詩人、作家、語り部
  • 1954年 - 徳山文宗、元プロ野球選手
  • 1955年 - ジグミ・シンゲ・ワンチュク、第4代ブータン国王
  • 1955年 - 山本喜代宏、政治家
  • 1956年 - 見岳章、ミュージシャン
  • 1957年 - 柿沼清史、ミュージシャン(スターダストレビュー)
  • 1958年 - ルス・カサール、歌手
  • 1958年 - 入不二基義、哲学研究者
  • 1958年 - 龍居由佳里、脚本家
  • 1959年 - 田中美佐子、女優
  • 1959年 - フランク・ランペン、プロ野球指導者
  • 1960年 - ダンプ松本、女子プロレスラー
  • 1962年 - 堤信子、アナウンサー、リポーター
  • 1962年 - デミ・ムーア、女優
  • 1964年 - 岩本千春、女優
  • 1964年 - 中西圭三、歌手
  • 1964年 - 曽根麻矢子、チェンバロ奏者
  • 1965年 - 飯村真一、アナウンサー
  • 1965年 - 永野椎菜、ミュージシャン(TWO-MIX)
  • 1965年 - オキサイド・パン、映画監督
  • 1966年 - 窪之内英策、漫画家
  • 1966年 - アリソン・ドゥーディ、女優
  • 1966年 - 旭純、ミュージシャン
  • 1969年 - 浜名千広、元プロ野球選手
  • 1969年 - 松井繁、競艇選手
  • 1969年 - 寺田貴信、ゲームクリエイター
  • 1969年 - 田中晶子、ヴァイオリニスト
  • 1970年 - 高田景子、アナウンサー
  • 1971年 - 櫛部静二、陸上競技選手、城西大学男子駅伝部監督
  • 1971年 - 首藤康之、バレエダンサー、俳優
  • 1971年 - レイ・オルドニェス、元メジャーリーガー
  • 1972年 - ダニエル・リオス、プロ野球選手
  • 1973年 - マギー審司、お笑いタレント
  • 1973年 - 山田みほ、声優
  • 1974年 - レオナルド・ディカプリオ、俳優
  • 1975年 - 大畑大介、ラグビー選手
  • 1975年 - 香坂ゆかり、AV女優、ストリッパー
  • 1975年 - 野中りえ、タレント
  • 1975年 - 宮内潤子、タレント
  • 1976年 - ジェイソン・グリーリ、メジャーリーガー
  • 1976年 - 水野輝昭、漫画家
  • 1977年 - マイク・バシック、メジャーリーガー
  • 1977年 - マニシェ、サッカー選手
  • 1979年 - バーバロ・カニザレス、プロ野球選手
  • 1980年 - ウィーリー・パーカー、アメリカンフットボール選手
  • 1980年 - 遠藤幸佑、ラグビー選手
  • 1981年 - ギヨーム・ド・リュクサンブール、ルクセンブルク大公世子
  • 1981年 - ナタリー・グレボヴァ、2005年度ミス・ユニバース
  • 1982年 - 東原亜希、タレント
  • 1983年 - 山口鉄也、プロ野球選手
  • 1983年 - 蒼井そら、タレント、女優
  • 1983年 - 鈴木達央、声優、歌手
  • 1983年 - 芦沢明、元プロ野球選手
  • 1983年 - フィリップ・ラーム、サッカー選手
  • 1983年 - マット・ガーザ、メジャーリーガー
  • 1984年 - 山下結穂、女優
  • 1985年 - 佐藤義朗、アナウンサー
  • 1986年 - マーク・サンチェス、NFL選手
  • 1986年 - さかいかな、声優
  • 1987年 - 手越祐也、NEWSメンバー
  • 1987年 - 愛星ゆうな、プロレスラー
  • 1988年 - 小松未可子、女優、声優
  • 1988年 - 谷ちあき、ファッションモデル
  • 1989年 - 田中れいな、歌手、LoVendoЯメンバー、元モーニング娘。メンバー
  • 1989年 - アダム・リッポン、フィギュアスケート選手
  • 1989年 - 小見川千明、女優、声優
  • 1989年 - ステファニー・ガードナー、フィギュアスケート選手
  • 1989年 - 藤澤亨明、プロ野球選手
  • 1990年 - 切陽什姐、陸上競技選手
  • 1990年 - ジョルジニオ・ワイナルドゥム、サッカー選手
  • 1991年 - 小野寺佳歩、カーリング選手
  • 1992年 - 糸原健斗、プロ野球選手
  • 1996年 - 菅なな子、アイドル、元SKE48メンバー
  • 1996年 - 佐倉ねね、AV女優
  • 1997年 - 青木陸、プロ野球選手
  • 1998年 - 黒崎レイナ、女優、ファッションモデル
  • 2002年 - 清水ひまわり、アイドル(マジカル・パンチライン)
  • 生年不詳 - コーヘー、ミュージシャン(ホイフェスタ)
  • 生年不詳 - Tiara、歌手
  • 生年不詳 - ミンカ・リー、ネットアイドル、DANCEROID1期メンバー
  • 生年不詳 - 三上小又、漫画家
  • 生年不詳 - 土屋トシヒデ、声優
  • 生年不明 - 早瀬俊行、声優

忌日

  • 397年 - トゥールのマルティヌス、キリスト教の聖人(* 316年頃)
  • 683年 - ヤズィード1世、ウマイヤ朝のカリフ(* 645年)
  • 1085年(応徳2年10月21日)- 橘為仲、歌人(* 1014年頃)
  • 1130年 - テレサ・デ・レオン、ポルトゥカーレ伯エンリケの妃(* 1080年)
  • 1238年(嘉禎4年10月4日)- 松殿師家、平安時代・鎌倉時代の公卿(* 1172年)
  • 1358年(正平13年/延文3年10月10日)- 新田義興、南朝方の武将(* 1331年)
  • 1510年 - ボフスラフ・ハシシュテインスキー=ロプコヴィツ、人文主義者(* 1460年?)
  • 1527年(永正14年10月28日)- 武田元繁、安芸国の戦国大名(* 1467年)
  • 1614年(慶長19年10月10日)- 奥平家昌、宇都宮藩主(* 1577年)
  • 1686年 - ルイ2世、コンデ公(* 1621年)
  • 1751年 - ジュリアン・オフレ・ド・ラ・メトリー、哲学者(* 1709年)
  • 1806年 - ヨーゼフ・ゴットリープ・ケールロイター、植物学者(* 1733年)
  • 1831年 - ナット・ターナー、アメリカ合衆国の奴隷反乱指導者(* 1800年)
  • 1855年(安政2年10月2日)- 戸田忠太夫、水戸藩家老(* 1804年)
  • 1855年(安政2年10月2日)- 藤田東湖、儒学者(* 1806年)
  • 1855年 - セーレン・キェルケゴール、哲学者(* 1813年)
  • 1861年 - ペドロ5世、ポルトガル王(* 1837年)
  • 1862年 - ジェイムズ・マディソン・ポーター、第18代アメリカ合衆国陸軍長官(* 1793年)
  • 1869年 - ロバート・ウォーカー、第18代アメリカ合衆国財務長官(* 1801年)
  • 1884年 - アルフレート・ブレーム、動物学者、作家(* 1829年)
  • 1892年 - 山田顕義、日本の初代司法大臣、日本大学創設者(* 1844年)
  • 1911年 - 川上音二郎、俳優、興行師(* 1864年)
  • 1912年 - ユゼフ・ヴィエニャフスキ、作曲家、ピアニスト(* 1837年)
  • 1917年 - リリウオカラニ、ハワイ王国最後の国王(* 1838年)
  • 1918年 - ジョージ・プライス、カナダ軍の二等兵、第一次世界大戦最後の戦死者(* 1892年)
  • 1931年 - 渋沢栄一、実業家(* 1840年)
  • 1934年 - 塚田清市、大日本帝国の陸軍軍人(* 1855年)
  • 1937年 - 瓜生外吉、日本海軍の大将(* 1857年)
  • 1938年 - メアリー・マローン、世界初のチフス菌の健康保菌者(* 1869年)
  • 1939年 - 村上華岳、日本画家(* 1888年)
  • 1939年 - ヤン・オプレタル、プラハの反ナチスデモで殺害されたカレル大生(* 1915年)
  • 1944年 - 松旭斎天勝、奇術師(* 1886年)
  • 1951年 - 臼田亞浪、俳人(* 1879年)
  • 1952年 - 2代目林家染丸、落語家(* 1867年)
  • 1953年 - 桜井小太郎、建築家(* 1870年)
  • 1958年 - アンドレ・バザン、映画評論家(* 1918年)
  • 1959年 - 久保田権四郎、発明家、クボタ創業者(* 1870年)
  • 1966年 - 加藤顕清、彫刻家(* 1894年)
  • 1968年 - ジャンヌ・ドゥメッシュー(ドゥメシュ)、オルガニスト、ピアニスト、作曲家(* 1921年)
  • 1969年 - 長谷川如是閑、ジャーナリスト・思想家(* 1875年)
  • 1970年 - 仲田定之助、美術評論家、美術家(* 1888年)
  • 1973年 - アルトゥーリ・ヴィルタネン、化学者(* 1895年)
  • 1976年 - アレクサンダー・カルダー、彫刻家、美術家(* 1898年)
  • 1979年 - ディミトリ・ティオムキン、作曲家(* 1895年)
  • 1981年 - 篠田弘作、日本の自治大臣(* 1899年)
  • 1983年 - アルノ・ババジャニアン、作曲家(* 1921年)
  • 1986年 - 平野威馬雄、詩人、フランス文学者(* 1900年)
  • 1987年 - 地崎宇三郎、日本の運輸大臣(* 1919年)
  • 1993年 - 赤城宗徳、日本の内閣官房長官、農林大臣(* 1904年)
  • 1993年 - 早崎治、写真家(* 1933年)
  • 1993年 - リサ・デリュー、ポルノ女優(* 1958年)
  • 1994年 - エリザベス・マコンキー、作曲家(* 1907年)
  • 1998年 - 淀川長治、映画評論家(* 1909年)
  • 1998年 - ジェラール・グリゼー、作曲家(* 1946年)
  • 1998年 - ケニー・カークランド、ジャズピアニスト(* 1955年)
  • 1998年 - 栗木孝幸、プロ野球選手(* 1929年)
  • 1999年 - メアリー・ケイ・バーグマン、声優(* 1961年)
  • 2001年 - 杉浦忠、プロ野球選手、監督(* 1935年)
  • 2002年 - 江上波夫、考古学者(* 1906年)
  • 2003年 - 山崎喜陽、雑誌『鉄道模型趣味』主筆(* 1921年)
  • 2003年 - 嶋俊介、声優(* 1932年)
  • 2004年 - ヤーセル・アラファート、パレスチナ解放機構議長(* 1929年)
  • 2004年 - 荻島真一、俳優(* 1946年)
  • 2004年 - 柳原義達、彫刻家(* 1910年)
  • 2005年 - ピーター・ドラッカー、経営学者(* 1909年)
  • 2006年 - 宇井純、公害・環境科学者(* 1932年)
  • 2006年 - ジャブ・クハニール、歌手(* 1957年)
  • 2006年 - 村田渚、お笑い芸人(鼻エンジン、フォークダンスDE成子坂)(* 1971年)
  • 2007年 - 林田悠紀夫、京都府知事、法務大臣(* 1915年)
  • 2007年 - 関本忠弘、日本電気会長(* 1926年)
  • 2007年 - 草薙幸二郎、俳優(* 1929年)
  • 2008年 - 加藤一郎、法学者(* 1922年)
  • 2012年 - 桜井センリ、クレイジーキャッツのメンバー、俳優(* 1924年)
  • 2016年 - ロバート・ヴォーン、俳優(* 1932年)
  • 2016年 - りりィ、シンガーソングライター、女優(* 1952年)

スピーチ作成 - テーマ「鏡の日」

自分が初めてテーマを知った/経験した時のエピソード。
テーマについて自分はどう思うか/思ったか。
言葉/行動/影響について自分はどう思うか。
今後自分はどうしたいと思うか。

スピーチ出力 - 11-11_鏡の日.txt

想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。
日付からスピーチを作る
12月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
1月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
2月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29
3月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
4月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
5月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
6月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
7月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
8月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
9月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
10月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
11月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30

参考になる本

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法
 会議・朝礼・電話でも、接客・商談・会合でも、面接・結婚式のスピーチでも、デート・合コン・保護者会でも。
 こんなふうに話せば「あがり」にさようなら! 予約半年待ち! 超人気講師が教える“緊張しないコツ。
¥ 1,210
超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48
 本書では、人前では話すことが苦手な人でもすぐ実行でき、たちまち効果を実感できる「あがらずに話せる正しい方法」を48個紹介しています。
 スピーチ・朝礼・会議・面接でドキドキしない!商談・プレゼン・営業が面白いほど成功する!人前で話すのが苦手な人でも大丈夫!あがらずに話せる超シンプルなテクニックを大公開!
¥ 1,296
朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100 話しベタなあなたに贈る
 他人の興味を引く「鉄板ネタ」さえ持っていれば、誰でも「人前で話すこと」が怖くなくなります。
 聞き手が具体的にイメージしやすいようにスポーツ選手や芸能人など、著名人のエピソードもたくさん織り込んだ「鉄板ネタ」を100個集めました。
¥ 1,620
恥をかかないスピーチ力
 新年度に自己紹介をしたり、結婚式やちょっとした集まりで人前で話したりする機会は意外と多い。そんな時に役立つ、スピーチやコメントのコツ、心構え。
 恥をかかないレベルから「なかなかうまいな」と思われるレベルまで、どうステップアップするか。
 「時間感覚」「身体感覚」の重要性、始まり方と終わり方、小ネタの集め方、シーン別のコツやNGポイントまで、人前で話す時にはこれさえあれば大丈夫!
¥ 702
心に届く話し方 65のルール
 本書は、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説した、話し方の基礎技術の本です。
 「本質的に内容が相手にきちんと伝わる」ことを目的とし、「そのための具体的かつ自然な音声表現のディテール」まで迫った本です。
¥ 1,361
カーネギー話し方入門 文庫版
 あのウォーレン・バフェットも受講したというデール・カーネギーの話し方講座のエッセンスをまとめた本。
 カーネギーといえば、大ベストセラーとなった『人を動かす』があまりに有名だが、本書の原著も100万部を突破したベストセラーとして、アメリカでは広く知られている。
¥ 650