365日のネタ・スピーチ例は、1年分(365日分)のネタと、朝礼などのスピーチの作例や作り方を、まとめたサイトです。 >> 使い方を読む

7月18日「光化学スモッグの日」


 7月18日は「光化学(こうかがく)スモッグの日」です。1970年のこの日、東京都杉並区の東京立正中学校・高等学校で、体育授業中の生徒が突然目の痛みや頭痛等を訴えて倒れ、43人が病院へ運ばれました。
 東京都公害研究所は、これが光化学スモッグによるものと推定し、日本初の光化学スモッグ発生となりました。


 光化学スモッグという言葉は、日本がまだ公害真っ盛りだった頃の印象が強いです。昭和の怪獣映画には、公害が敵として形を取ったものも多かったです。

 そうした映画やテレビを見ながら、子供だった自分は、公害とは悪いものだなということを学んでいきました。

 光化学スモッグが初めて発生したのは1940年代のアメリカ カリフォルニア州のロサンゼルスだとされています。
 ロサンゼルスでは、人口が1920年から1940年にかけて3倍、1940年から1958年にかけて2倍と急速に増加しました。そして、産業の拡大や自動車の増加が大気汚染を深刻化させました。
 当時知られていた大気汚染は、主に石炭の燃焼が原因で、冬の朝を中心に発生する「黒いスモッグ」でした。しかし、ロサンゼルスのスモッグは、夏の昼間を中心に発生していて白色だったため「白いスモッグ」と呼ばれました。
 後の研究により、自動車の排出ガスなど石油類の燃焼が原因で、日光を受けてオゾンを生成するメカニズムだと分かりました。


 それぞれの時代で、急に成長したものは、人間社会や環境に、深刻な歪みを発生させます。

 現代も、情報技術を中心に、新しい技術が急速に普及している時期です。気付かないところで歪みが蓄積して、深刻な問題を発生させるかもしれません。そうした変化に気を付け、必要なら対策をする必要があると思います。

スピーチ作例 7月18日1
文字数:738文字   想定時間:227
想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。

その他の情報

 光化学スモッグは、オゾンやアルデヒドなどからなる気体成分の光化学オキシダントと、硝酸塩や硫酸塩などからなる固体成分の微粒子が混合した、光化学オキシダントを主成分とするスモッグです。周囲の見通しが低下して、健康に影響をおよぼすことがある、大気汚染の一種です。
 工場や自動車の排気ガスなどに含まれる窒素酸化物や炭化水素(揮発性有機化合物)が、日光に含まれる紫外線により光化学反応を起こして変質して、オゾンなどが発生します。夏の熱い日の昼間に多く、特に日差しが強く風の弱い日に発生しやすいです。
 1970年の初報告以来、日本国内では光化学スモッグが多数報告されるようになりました。
 光化学スモッグ注意報などの発表延べ日数は、1973年に300日を超えてピークに達しています。その後減少し、1984年には100日以下となりました。しかし、再び増加して1980年代後半以降は100-200日前後を推移し、2000年と2007年には200日を超えています。
 光化学オキシダントの濃度も、2006年から2010年の5年間で環境基準を達成している地点は0.2~0%とほとんどなく、2012年の環境白書でも「依然として低い水準」とされています。
 2000年前後から、対馬などの離島や西日本、日本海側などでは、光化学オキシダントの高濃度事例が発生して、問題となっています。これは、主に中国から越境輸送された汚染物質が、影響したと推定されています。
 光化学オキシダントの諸成分によって、目や喉、皮膚などに刺激症状が引き起こされます。これらの症状を、光化学スモッグ障害と呼びます。
 主な症状は以下の通りです。目がチカチカする、異物感、流涙、痛み。喉の痛み、咳。皮膚の発赤。
 また、重症例は以下の通りです。めまい・頭痛・発熱。呼吸が苦しい、呼吸困難。嘔吐。意識障害。
 光化学スモッグ注意報や警報が発令された場合、また症状を感じた場合は、窓やカーテンを閉め外出を控えること、運動を行っている場合は中止して屋内に入ることが対策になります。
 気管支喘息の罹患者や既往者、乳幼児、高齢者、病弱な方は、健康な成人よりも影響を受けやすい可能性があり、注意を要します。
 目や喉、皮膚などに光化学スモッグ障害の症状が現れた場合、軽症であれば、洗眼やうがいをしたり、皮膚を洗い流したりすることで対処可能です。息苦しさを感じるときや洗顔・うがいをしても症状が良くならないときは、内科を受診することが推奨されます。
 日本では、高濃度の光化学オキシダントが観測・予測される場合、各都道府県が「光化学スモッグ注意報」「光化学スモッグ警報」などを発表します。
 これらは光化学スモッグの危険度を示すもので、大気汚染防止法に基づき、「光化学スモッグ注意報」「光化学スモッグ重大緊急時警報」が発令されます。
 また、各都道府県が独自の判断に基づき、「光化学スモッグ予報」「光化学スモッグ警報」を出すこともあります。

引用・参考URL

このページの引用・参考URL。

記念日・年中行事

  • ネルソン・マンデラ・デー(世界)
    ネルソン・マンデラを賛える国際的な記念日。ネルソン・マンデラの誕生日。
  • 憲法記念日(ウルグアイ)
    1830年のこの日、ウルグアイの最初の憲法が採択された。
  • 光化学スモッグの日(日本)
    1970年のこの日、東京都杉並区の東京立正中学校・高等学校で体育授業中の生徒が突然目の痛みや頭痛等を訴えて倒れ、43人が病院へ運ばれた。東京都公害研究所は、これが光化学スモッグによるものと推定し、日本初の光化学スモッグ発生となった。
  • 海の日(日本、2005年、2011年、2016年)

歴史

  • 紀元前390年 - ローマ・ガリア戦争: アッリアの戦い(伝承による日付)
  • 64年 - ローマ大火起こる。
  • 660年(顕慶5年6月6日)- 百済が唐・新羅連合軍(唐・新羅の同盟)により滅ぼされる。
  • 993年(正暦4年6月26日)- 903年に歿した菅原道真に左大臣と正一位を追贈。
  • 1419年(応永26年/世宗元年6月26日)- 応永の外寇。朝鮮が、対馬に来襲。
  • 1624年(寛永元年6月3日)- 秋田藩の佐竹義宣がキリシタン33人を処刑する。
  • 1545年 - 第4次イタリア戦争: ソレントの海戦
  • 1862年 - アルプス山脈のダン・ブランシュに初登頂。
  • 1864年(元治元年6月15日)- 工事中の五稜郭で江戸幕府の箱館奉行所としての業務を開始。
  • 1866年(慶応2年6月7日)- 幕府艦隊が周防大島を砲撃、第二次長州征伐が始まる。
  • 1870年 - 第1バチカン公会議でローマ教皇首位説・教皇不可謬説に関する教義憲章『パストル・エテルヌス』が採択。
  • 1871年 - 文部省創設。
  • 1872年 - イギリスで秘密投票法が制定。
  • 1911年 - 第二次モロッコ事件: 英仏が軍事協定締結。
  • 1915年 - 第一次世界大戦: 第二次イゾンツォの戦いが始まる。
  • 1917年 - ロシア革命: ペトログラードのボルシェヴィキの蜂起が鎮圧される。レーニンはフィンランドへ逃れる。
  • 1925年 - アドルフ・ヒトラーの『我が闘争』上巻が刊行。
  • 1929年 - 阪和電鉄(現在の阪和線)が天王寺-和泉府中間で開業。
  • 1936年 - 二・二六事件により2月27日に出された東京市の戒厳令を解除。
  • 1941年 - 松岡洋右外相を更迭し、第3次近衛文麿内閣が成立。
  • 1944年 - サイパン失陥の責任を問われて東條英機内閣が総辞職。
  • 1950年 - GHQが、日本共産党機関誌『アカハタ』の無期限停刊を指令。
  • 1955年 - 冷戦: ジュネーヴで英・米・仏・ソ4か国による東西首脳会談。冷戦の「雪どけ」ムードが高まる。
  • 1966年 - アメリカで有人宇宙船「ジェミニ10号」打ち上げ。
  • 1968年 - カリフォルニア州サンタクララでインテル社が創業。
  • 1969年 - チャパキディック事件。エドワード・ケネディ上院議員が飲酒運転で事故を起こすがその場から逃げ出し、同乗者を死亡させる。
  • 1970年 - 東京都杉並区で日本初の光化学スモッグ公害。
  • 1976年 - モントリオールオリンピックの体操競技でルーマニアのナディア・コマネチが史上初の10点満点。
  • 1977年 - ベトナムが国際連合に加盟。
  • 1982年 - グアテマラ内戦: プラン・デ・サンチェスの虐殺。グアテマラ・バハ・ベラパス県のプラン・デ・サンチェスで国軍と自警団(PAC)が村人268人を虐殺。
  • 1984年 - サン・イシドロ・マクドナルド銃乱射事件: カリフォルニア州サンディエゴのファーストフード店でジェイムズ・オリヴァー・ヒューバティが銃を乱射、21人を射殺し19人を負傷させた。ヒューバティは警察官に射殺された。
  • 1988年 - イラン政府がイラン・イラク戦争の即時停戦を求めた国連安保理決議を受諾。
  • 1993年 - 第40回衆議院議員総選挙。新党が躍進して自民党・社会党が大敗し、55年体制が崩壊。
  • 1996年 - 宮崎空港線開業。
  • 1998年 - 大館能代空港開港。
  • 2004年 - 福井県北部から岐阜県で平成16年7月福井豪雨が発生。
  • 2005年 - インドのマンモーハン・シン首相とアメリカのジョージ・W・ブッシュ大統領が米印原子力協力に合意。
  • 2011年 - 最後のサティ、広島サティが閉店。
  • 2014年 - 日本の最高裁判所が「永住外国人は生活保護法の適用対象ではない」という判断を示した。
  • 2015年 - 京都縦貫自動車道が全線開通。

誕生日

  • 1635年 - ロバート・フック、物理学者(+ 1703年)
  • 1670年 - ジョヴァンニ・バッティスタ・ボノンチーニ、作曲家、チェリスト(+ 1747年)
  • 1720年 - ギルバート・ホワイト、博物学者(+ 1793年)
  • 1769年(明和6年6月15日)- 佐藤信淵、思想家、経世家(+ 1850年)
  • 1797年 - イマヌエル・ヘルマン・フィヒテ、神学者、思想家(+ 1879年)
  • 1811年 - サッカレー、小説家(+ 1863年)
  • 1844年(天保15年6月4日)- 尾上菊五郎(5代目)、歌舞伎役者(+ 1903年)
  • 1853年 - ヘンドリック・ローレンツ、物理学者(+ 1928年)
  • 1871年 - ジャコモ・バッラ、画家(+ 1958年)
  • 1887年 - ヴィドクン・クヴィスリング、政治家、軍人(+ 1945年)
  • 1889年 - 木戸幸一、政治家(+ 1977年)
  • 1900年 - ナタリー・サロート、小説家、劇作家(+ 1999年)
  • 1901年 - 日野草城、俳人(+ 1956年)
  • 1906年 - シドニー・ダーリントン、電子工学研究者(+ 1997年)
  • 1909年 - アンドレイ・グロムイコ、ソビエト連邦外相、最高会議幹部会議長(+ 1989年)
  • 1916年 - 坂田道太、第64代衆議院議長(+ 2004年)
  • 1918年 - ネルソン・マンデラ、第11代南アフリカ共和国大統領(+ 2013年)
  • 1921年 - 桑名重治、元プロ野球選手
  • 1921年 - ジョン・ハーシェル・グレン、軍人、宇宙飛行士、政治家(+ 2016年)
  • 1922年 - トマス・クーン、哲学者(+ 1996年)
  • 1922年 - 牛山善政、実業家(+ 2000年)
  • 1923年 - 森嶋通夫、経済学者(+ 2004年)
  • 1924年 - 草柳大蔵、評論家、ノンフィクション作家(+ 2002年)
  • 1925年 - 能見正比古、文筆家(+ 1981年)
  • 1926年 - ジョシュア・フィッシュマン、社会言語学者(+ 2015年)
  • 1927年 - クルト・マズア、指揮者(+ 2015年)
  • 1929年 - ディック・バトン、フィギュアスケート選手
  • 1929年 - セケイラ・コスタ、ピアニスト、音楽教師
  • 1933年 - シド・ミード、工業デザイナー
  • 1935年 - 宅和本司、元プロ野球選手
  • 1935年 - テンリー・オルブライト、フィギュアスケート選手
  • 1935年 - 中村大成、プロ野球選手(+ 2013年)
  • 1935年 - 吉岡史郎、プロ野球選手
  • 1937年 - 高井研一郎、漫画家(+ 2016年)
  • 1937年 - かすや昌宏、絵本作家
  • 1940年 - ジョー・トーリ、元メジャーリーガー
  • 1943年 - 岡村晃、プロ野球選手
  • 1944年 - 又市征治、政治家
  • 1946年 - 高石かつ枝、歌手
  • 1948年 - 三浦正規、プロ野球選手
  • 1950年 - リチャード・ブランソン、実業家、ヴァージン・グループ創設者
  • 1951年 - 末田正雄、アナウンサー
  • 1952年 - 白井貴子、元バレーボール選手
  • 1952年 - 才田修、プロ野球選手
  • 1955年 - 天満敦子、ヴァイオリニスト
  • 1955年 - 森谷昭、プロ野球選手
  • 1957年 - クリス・スミス、プロ野球選手
  • 1958年 - 久保寺雄二、元プロ野球選手(+ 1985年)
  • 1960年 - 佐藤純一、元プロ野球選手
  • 1960年 - 大石直弘、プロ野球選手
  • 1961年 - 松原のぶえ、演歌歌手
  • 1961年 - 中西保志、歌手
  • 1961年 - 彩恵津子、歌手
  • 1961年 - アラン・パーデュー、元サッカー選手、サッカー指導者
  • 1962年 - 浜田麻里、シンガーソングライター
  • 1962年 - 森野熊八、料理人、タレント
  • 1962年 - ジャック・アイアンズ、ミュージシャン
  • 1963年 - 板尾創路、お笑いタレント
  • 1963年 - 和田隆志、政治家
  • 1963年 - マイク・グリーンウェル、元プロ野球選手
  • 1963年 - 黃相武、放送記者
  • 1964年 - 大沼ひろみ、アナウンサー
  • 1965年 - エヴァ・イオネスコ、モデル、女優
  • 1965年 - 桂文春、落語家
  • 1966年 - カトリン・ナイムケ、砲丸投競技選手
  • 1966年 - ダン・オブライエン、十種競技選手
  • 1966年 - 井上ヨシマサ、作曲家
  • 1967年 - アマル・オシム、サッカー監督
  • 1967年 - ヴィン・ディーゼル、俳優
  • 1968年 - 鈴木淳、ベーシスト
  • 1968年 - 西村龍次、プロ野球選手、野球解説者
  • 1968年 - ローランド・アローホ、元メジャーリーガー
  • 1969年 - ザ・グレート・サスケ、プロレスラー、岩手県議会議員
  • 1971年 - 種田仁、元プロ野球選手
  • 1971年 - 水谷麻里、元女性歌手
  • 1972年 - 大石昌義、プロ野球選手
  • 1974年 - 大倉孝二、俳優
  • 1975年 - トリー・ハンター、元メジャーリーガー
  • 1976年 - 千葉真子、スポーツコメンテーター
  • 1976年 - 山元保美、野球選手
  • 1976年 - 田中宏和、プロ野球選手
  • 1977年 - グレン・ウィリアムス、メジャーリーガー
  • 1978年 - 吉村涼、女優
  • 1979年 - ヤスカ・ラーチカイネン、ミュージシャン
  • 1980年 - 広末涼子、女優
  • 1980年 - 竹村洋平、漫画家
  • 1980年 - クリスティン・ベル、女優
  • 1981年 - 水谷智佳、プロボクサー
  • 1983年 - 柴原央明、騎手
  • 1984年 - 松岡正海、騎手
  • 1984年 - 宮本賢、プロ野球選手
  • 1984年 - マイケル・コリンズ、マイナーリーグ指導者、元マイナーリーガー
  • 1984年 - 高平慎士、陸上選手
  • 1985年 - 明瀬山光彦、大相撲力士
  • 1985年 - ラミロ・ペーニャ、プロ野球選手
  • 1986年 - 青山直晃、プロサッカー選手
  • 1986年 - カルフィン・ヨン・ア・ピン、プロサッカー選手
  • 1986年 - ナタリア・ミハイロワ、フィギュアスケート選手
  • 1987年 - 柴田亮輔、プロ野球選手
  • 1987年 - 真道ゴー、プロボクサー
  • 1988年 - ブレット・ニコラス、メジャーリーガー
  • 1989年 - ドミトリー・ソロビエフ、フィギュアスケートアイスダンス選手
  • 1989年 - デレク・ディートリック、プロ野球選手
  • 1991年 - 山本美月、ファッションモデル、女優
  • 1993年 - 石川恋、モデル
  • 1993年 - 片岡沙耶、女優
  • 1994年 - 日向滉一、俳優
  • 1995年 - 隋文静、フィギュアスケート選手
  • 1995年 - 石田健人マルク、アマチュア野球選手
  • 1996年 - 加藤ジーナ、ファッションモデル、タレント
  • 1996年 - 夏川椎菜、声優
  • 2001年 - 川鍋朱里、ファッションモデル
  • 生年不明 - 齋藤小浪、声優
  • 生年不明 - 朝倉崇、声優

忌日

  • 707年(慶雲4年6月15日)- 文武天皇、日本の第42代天皇(* 683年)
  • 1100年 - ゴドフロワ・ド・ブイヨン、第1回十字軍の指導者、下ロートリンゲン公(* 1060年頃)
  • 1591年 - ヤコブス・ガルス、作曲家(* 1550年)
  • 1608年 - ヨアヒム・フリードリヒ、ブランデンブルク選帝侯(* 1546年)
  • 1610年 - ミケランジェロ・メリージ(カラヴァッジオ)、画家(* 1573年)
  • 1639年 - ベルンハルト・フォン・ザクセン=ヴァイマル、三十年戦争期の将軍、傭兵隊長(* 1604年)
  • 1650年 - クリストフ・シャイナー、天文学者(* 1575年?)
  • 1721年 - アントワーヌ・ヴァトー、画家(* 1684年)
  • 1792年 - ジョン・ポール・ジョーンズ、アメリカ海軍の提督(* 1747年)
  • 1817年 - ジェーン・オースティン、小説家(* 1775年)
  • 1872年 - ベニート・フアレス、メキシコ大統領(* 1806年)
  • 1887年 - ロバート・マーサー・タリアフェロー・ハンター - 第2代アメリカ連合国国務長官、第18代アメリカ合衆国下院議長(* 1809年)
  • 1892年 - トーマス・クック、実業家、トーマス・クック・グループ創業者(* 1808年)
  • 1899年 - ホレイショ・アルジャー、小説家(* 1832年)
  • 1902年 - 西郷従道、政治家、軍人(* 1843年)
  • 1949年 - ヴィーチェスラフ・ノヴァーク、作曲家(* 1870年)
  • 1962年 - 大河内伝次郎、俳優(* 1898年)
  • 1968年 - コルネイユ・ハイマンス、生理学者(* 1892年)
  • 1973年 - 三島雅夫、俳優(* 1906年)
  • 1973年 - ジャック・ホーキンス、俳優(* 1910年)
  • 1981年 - 北条浩、創価学会第4代会長(* 1923年)
  • 1982年 - ローマン・ヤーコブソン、言語学者(* 1896年)
  • 1988年 - ニコ、歌手、女優、ファッションモデル(* 1938年)
  • 1989年 - レベッカ・シェイファー、女優(* 1967年)
  • 1990年 - 尹潽善、大韓民国第4代大統領(* 1897年)
  • 1995年 - 笹川良一、右翼活動家、日本船舶振興会創設者(* 1899年)
  • 1995年 - ファビオ・カサルテッリ、自転車選手(* 1970年)
  • 2002年 - 戸川京子、女優(* 1964年)
  • 2004年 - ジョン・D・クラウス、オハイオ州立大学教授、天文学者、8JKビーム・アンテナ考案者(* 1910年)
  • 2005年 - ウィリアム・ウェストモーランド、アメリカ陸軍の参謀総長(* 1914年)
  • 2006年 - 牧野直隆、第4代日本高等学校野球連盟会長(* 1910年)
  • 2007年 - 宮本顕治、元日本共産党中央委員会議長(* 1908年)
  • 2009年 - 山田豊三郎、政治家、第21代大津市長(* 1927年)
  • 2010年 - 砂押邦信、元プロ野球監督(* 1922年)
  • 2016年 - 古内一成、脚本家(* 1956年)
  • 2017年 - 日野原重明、医師(* 1911年)

スピーチ作成 - テーマ「光化学スモッグの日」

自分が初めてテーマを知った/経験した時のエピソード。
テーマについて自分はどう思うか/思ったか。
言葉/行動/影響について自分はどう思うか。
今後自分はどうしたいと思うか。

スピーチ出力 - 07-18_光化学スモッグの日.txt

想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。
日付からスピーチを作る
10月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
11月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
12月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
1月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
2月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29
3月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
4月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
5月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
6月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
7月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
8月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
9月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30

参考になる本

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法
 会議・朝礼・電話でも、接客・商談・会合でも、面接・結婚式のスピーチでも、デート・合コン・保護者会でも。
 こんなふうに話せば「あがり」にさようなら! 予約半年待ち! 超人気講師が教える“緊張しないコツ。
¥ 1,210
超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48
 本書では、人前では話すことが苦手な人でもすぐ実行でき、たちまち効果を実感できる「あがらずに話せる正しい方法」を48個紹介しています。
 スピーチ・朝礼・会議・面接でドキドキしない!商談・プレゼン・営業が面白いほど成功する!人前で話すのが苦手な人でも大丈夫!あがらずに話せる超シンプルなテクニックを大公開!
¥ 1,296
朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100 話しベタなあなたに贈る
 他人の興味を引く「鉄板ネタ」さえ持っていれば、誰でも「人前で話すこと」が怖くなくなります。
 聞き手が具体的にイメージしやすいようにスポーツ選手や芸能人など、著名人のエピソードもたくさん織り込んだ「鉄板ネタ」を100個集めました。
¥ 1,620
恥をかかないスピーチ力
 新年度に自己紹介をしたり、結婚式やちょっとした集まりで人前で話したりする機会は意外と多い。そんな時に役立つ、スピーチやコメントのコツ、心構え。
 恥をかかないレベルから「なかなかうまいな」と思われるレベルまで、どうステップアップするか。
 「時間感覚」「身体感覚」の重要性、始まり方と終わり方、小ネタの集め方、シーン別のコツやNGポイントまで、人前で話す時にはこれさえあれば大丈夫!
¥ 702
心に届く話し方 65のルール
 本書は、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説した、話し方の基礎技術の本です。
 「本質的に内容が相手にきちんと伝わる」ことを目的とし、「そのための具体的かつ自然な音声表現のディテール」まで迫った本です。
¥ 1,361
カーネギー話し方入門 文庫版
 あのウォーレン・バフェットも受講したというデール・カーネギーの話し方講座のエッセンスをまとめた本。
 カーネギーといえば、大ベストセラーとなった『人を動かす』があまりに有名だが、本書の原著も100万部を突破したベストセラーとして、アメリカでは広く知られている。
¥ 650