365日のネタ・スピーチ例は、1年分(365日分)のネタと、朝礼などのスピーチの作例や作り方を、まとめたサイトです。 >> 使い方を読む

9月9日「救急の日」


 9月9日は「救急の日」です。「きゅう(9)きゅう(9)」の語呂合せから、厚生省、現厚生労働省と消防庁が、1982年に制定した啓発日です。

 救急車は、よく町中で見かけます。消防車と救急車がサイレンを鳴らしながら走るところには、よく出くわします。

 よくよく考えてみると、これだけの頻度で、火事や急病人が発生しているのかと驚かされます。

 救急車の利用について、近年では軽傷の利用が50%近くに達して、問題化しています。そのため、悪質な利用者や、救急車の必要が無い軽症患者に対して、救急車の有料化の是非についても議論されています。

 そうした影響か、本当に救急車が必要な人が呼んだ際に、物凄い嫌みを言われたり、邪険に扱われたりする話をポツポツと聞きます。おそらく、悪質な利用者のせいで、救急隊員が疲弊しているのだと思います。

 悪意の利用者がいれば、社会全体のコストが増大する。そうした問題を、どうやれば防げるか、価値観がより多様化していくであろうこれらかの社会での、課題だと思います。

スピーチ作例 9月9日1
文字数:448文字   想定時間:129
想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。

記念日・年中行事

  • 片貝まつり(日本)
    毎年9月9日・9月10日に行われる新潟県小千谷市片貝町にある浅原神社の秋季例大祭の俗称。
    世界最大級の大きさである日本で最初に「正三尺玉」や「正四尺玉」(ギネスブックにも掲載されている)を打ち上げたことで有名であり、日本で唯一の「真昼の正三尺玉」も打ち揚げられ大玉が打ち上げられることで各方面に知られている。
  • 重陽の節句・菊の節句(日本・ 中国)
    陽の数である奇数の極である9が2つ重なることから重陽と呼ばれ、たいへんめでたい日とされる。菊の花を飾ったり酒を飲んだりして祝った。
  • ホロコーストと人種的暴力による犠牲者の日(スロバキア)
  • 共和国創建記念日(北朝鮮)
    1948年のこの日、ソビエト連邦の占領統治が終了し、朝鮮民主主義人民共和国が成立した。
  • 独立記念日(タジキスタン)
    1991年のこの日、タジキスタンがソビエト連邦から独立した。
  • カリフォルニア州制施行記念日(アメリカ合衆国、カリフォルニア州)
    1850年のこの日、1850年協定によりカリフォルニアが合衆国31番目の州となったことを記念する州の祝日。
  • 救急の日(日本)
    「きゅう(9)きゅう(9)」の語呂合せから、厚生省(現厚生労働省)と消防庁が1982年に制定した啓発日。救急業務や救急医療について一般の理解と認識を深め、救急医療関係者の士気を高める日。
  • 世界占いの日(日本)
    日本占術協会が1999年に制定。この日が「重陽の節句」であること、ノストラダムスの終末の予言の日が1999年9月9日とされていたこと、制定した1999年9月9日の数字を全部合計すると46で、46の2つの数を足せば「完成」を意味する10になること、明治4年9月9日に時間の数え方を西洋式に改めたこと、この日が「救急の日」で占いは運命の救急であるとのことから。
  • 栗きんとんの日(日本)
    栗きんとん発祥の地とされる岐阜県中津川市が制定。

歴史

  • 587年(崇峻天皇元年8月2日)- 第32代天皇・崇峻天皇が即位。
  • 701年(大宝元年8月3日)- 大宝律令が完成。
  • 999年(長保元年7月27日)- 長保元年令が発令される。
  • 1513年 - カンブレー同盟戦争: フロドゥンの戦い。スコットランド王ジェームズ4世がノーフォーク公に敗れ戦死。
  • 1543年 - 生後9か月のスコットランド女王メアリーが戴冠。
  • 1547年(天文16年7月24日)- 小田井原の戦いがはじまる。
  • 1615年(元和元年7月17日)- 江戸幕府が禁中並公家諸法度を発布する。
  • 1720年(享保5年8月7日)- 江戸幕府が江戸町火消を「いろは47組」に再編成。
  • 1739年 - ストーノ暴動。アメリカ・サウスカロライナ植民地の黒人奴隷集団がストーノで武器を奪ってフロリダに向けて出発し、道中で白人を殺害。
  • 1791年 - ポトマック川北岸に建設されたアメリカ合衆国の首都がワシントン大統領に敬意を表してワシントン市と命名される。
  • 1850年 - 1850年妥協: テキサス州が領有を主張する土地を手放す代わりに1000万ドルを受け取る。
  • 1850年 - 1850年妥協: カリフォルニアが州に昇格して、アメリカ合衆国31番目の州・カリフォルニア州となる。
  • 1850年 - 1850年妥協: ユタ準州が成立する。
  • 1884年 - エリック・サティが処女作品『アレグロ』を完成させる。
  • 1886年 - スイスのベルンで文学的及び美術的著作物の保護に関するベルヌ条約に署名。
  • 1892年 - エドワード・エマーソン・バーナードが木星の衛星アマルテアを発見する。
  • 1922年 - 希土戦争: トルコ軍がギリシャのイズミルを占領。
  • 1923年 - ムスタファ・ケマルが共和人民党を創設。
  • 1926年 - アメリカのテレビネットワークNBCが設立。
  • 1927年 - 秋収起義起こる。
  • 1939年 - ポーランド侵攻: 第2次ビドゴシチ住民殺害事件が起こる。
  • 1939年 - ポーランド侵攻: ブズラの戦いはじまる。
  • 1942年 - 第二次世界大戦: アメリカ本土空襲。日本軍がオレゴン州の森林部に2個の焼夷弾を投下し森林部を延焼。
  • 1944年 - 第二次世界大戦: ブルガリアでクーデターが起こり枢軸国から離脱する。
  • 1945年 - 日中戦争: 中国大陸の支那派遣軍総司令官岡村寧次大将が南京で降伏文書に署名し無条件降伏。日中戦争が終結。
  • 1948年 - ソ連による朝鮮の占領が終了し、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)が成立。
  • 1949年 - カナディアン航空機爆破事件が起こる。
  • 1950年 - 鳴尾事件が起こる。
  • 1956年 - エルヴィス・プレスリーがエド・サリヴァン・ショーに初出演し、視聴率82.6%を記録する。
  • 1961年 - アメリカ海軍のミサイル巡洋艦「ロングビーチ」が竣工する。
  • 1964年 - 池田勇人首相が喉頭癌の治療のため国立がんセンターに入院。10月25日に退陣を表明。
  • 1965年 - アメリカ合衆国住宅都市開発省設立。
  • 1965年 - ドイツ連邦軍へのレオパルト1戦車の配備がはじまる。
  • 1971年 - アッティカ刑務所暴動が発生する。
  • 1975年 - 宇宙開発事業団初の人工衛星・技術試験衛星「きく1号」を打上げ。
  • 1977年 - 北京の天安門広場に毛主席紀念堂が竣工する。
  • 1982年 - 長沼ナイキ訴訟で、最高裁が原告住民の上告を棄却。
  • 1987年 - 首都高速川口線・江北JCT - 川口JCT、東北自動車道・川口JCT - 浦和ICが開通。東北自動車道が全線開通し、青森から八代までの約2000kmが高速道路でつながる。
  • 1991年 - タジキスタンがソビエト連邦から独立。
  • 1993年 - パレスチナ解放機構(PLO)がイスラエル国を公式に承認。翌日、イスラエルもPLOを承認。
  • 1996年 - 柴又女子大生放火殺人事件発生。
  • 1997年 - 北朝鮮で金日成の生年1912年を紀元とする主体暦の使用を開始。
  • 2001年 - アフガニスタン・北部同盟の指導者アフメッド・シャー・マスードが暗殺される。
  • 2001年 - 2001年9月9日問題。コンピュータ内部で使用している1970年1月1日0時からの経過秒数(UNIX時間)が10桁になり、一部のシステムで障害が出る。
  • 2004年 - 愛知豊明母子4人殺人放火事件発生。
  • 2007年 - スカンジナビア航空1209便胴体着陸事故が起こる。
  • 2009年 - アエロメヒコ航空576便ハイジャック事件が起こる。
  • 2016年 - 北朝鮮が核実験を強行。
  • 2017年 - 桐生祥秀が日本選手で初めて100m走の10秒の壁を破る9秒98を記録。

誕生日

  • 214年 - アウレリアヌス、ローマ皇帝(+ 275年)
  • 384年 - ホノリウス、西ローマ皇帝(+ 423年)
  • 1466年(文正元年7月30日)- 足利義稙(義材)、室町幕府第10代将軍(+ 1523年)
  • 1585年 - リシュリュー、フランス宰相(+ 1642年)
  • 1618年 - ジョアン・セレロールス、作曲家、ベネディクト会修道士(+ 1676年)
  • 1737年 - ルイージ・ガルヴァーニ、医学者、物理学者(+ 1798年)
  • 1751年(寛延4年7月20日)- 上杉鷹山、大名、米沢藩第9代藩主(+ 1822年)
  • 1778年 - クレメンス・ブレンターノ、小説家、詩人(+ 1842年)
  • 1828年 - レフ・トルストイ、小説家(+ 1910年)
  • 1854年(嘉永7年閏7月17日)- 山川健次郎、教育者(+ 1931年)
  • 1857年 - アブナー・ダルリンプル、メジャーリーガー(+ 1939年)
  • 1866年 - ロジャー・フライ、画家、芸術批評家(+ 1934年)
  • 1877年 - フランク・チャンス、メジャーリーガー(+ 1924年)
  • 1878年 - セルヒオ・オスメニャ、第4代フィリピン大統領(+ 1961年)
  • 1878年 - 酒井田柿右衛門〈12代目〉、陶芸家(+ 1963年)
  • 1886年 - ドッツ・ミラー、メジャーリーガー(+ 1923年)
  • 1890年 - カーネル・サンダース、ケンタッキーフライドチキン創業者(+ 1980年)
  • 1898年 - フランキー・フリッシュ、メジャーリーガー(+ 1973年)
  • 1899年 - ウェイト・ホイト、メジャーリーガー(+ 1984年)
  • 1902年 - 坪井忠二、地球物理学者(+ 1982年)
  • 1909年 - 雍仁親王妃勢津子、日本の皇族(+ 1995年)
  • 1911年 - 吉村公三郎、映画監督(+ 2000年)
  • 1914年 - 金子裕、元プロ野球選手(+ 没年不明)
  • 1915年 - 塩田剛三、武道家、養神館合気道開祖(+ 1994年)
  • 1917年 - 比留木虎雄、元プロ野球選手
  • 1917年 - 釣常雄、元プロ野球選手(+ 1996年)
  • 1918年 - 高橋圭三、アナウンサー、司会者(+ 2002年)
  • 1922年 - 森雅功、プロ野球選手(+ 没年不詳)
  • 1923年 - 岩河三郎、作曲家(+ 2013年)
  • 1924年 - 永井陽之助、政治学者(+ 2008年)
  • 1924年 - 荻島秀夫、プロ野球選手(+ 2012年)
  • 1924年 - 渡辺一衛、プロ野球選手
  • 1927年 - エルビン・ジョーンズ、ジャズドラマー(+ 2004年)
  • 1928年 - ソル・ルウィット、美術家(+ 2007年)
  • 1932年 - 小室直樹、政治学者、社会学者(+ 2010年)
  • 1934年 - 小中陽太郎、作家、評論家
  • 1935年 - 平井道子、女優、声優(+ 1984年)
  • 1935年 - 兼田敏、作曲家(+ 2002年)
  • 1935年 - 小川滋夫、プロ野球選手
  • 1936年 - 村上陽一郎、科学史家、科学哲学者、東京大学名誉教授、 国際基督教大学教授
  • 1941年 - 結城哲也、俳優、元チャンバラトリオ
  • 1941年 - 安田祥子、声楽家、童謡歌手
  • 1941年 - オーティス・レディング、ソウル・ミュージシャン(+ 1967年)
  • 1945年 - 福岡政行、政治学者
  • 1946年 - 谷隼人、俳優
  • 1947年 - 弘兼憲史、漫画家
  • 1947年 - 本田明彦、実業家
  • 1947年 - 道浦母都子、歌人
  • 1948年 - ミハイル・ドンスコイ、計算機科学者(+ 2009年)
  • 1949年 - ジェイムズ・バーンズ、作曲家
  • 1949年 - ジョン・カリー、フィギュアスケート選手(+ 1994年)
  • 1949年 - スシロ・バンバン・ユドヨノ、第6代インドネシア共和国大統領
  • 1951年 - 太田秀和、埼玉西武ライオンズ球団副社長・前社長兼オーナー代行
  • 1951年 - 岡持和彦、プロ野球選手
  • 1955年 - 倉本昌弘、プロゴルファー
  • 1956年 - 村上之宏、元プロ野球選手
  • 1956年 - 和田源二、NHKアナウンサー
  • 1957年 - ピエール=ローラン・エマール、ピアニスト
  • 1958年 - 長江英和、俳優
  • 1959年 - 宮本賢治、元プロ野球選手
  • 1959年 - JOJO広重、非常階段
  • 1960年 - 梅原克文、小説家
  • 1960年 - ヒュー・グラント、俳優
  • 1960年 - アルビン・デービス、メジャーリーガー
  • 1961年 - 斧アツシ、声優
  • 1962年 - 黒岩よしひろ、漫画家(+ 2018年)
  • 1962年 - 小林俊行、数学者
  • 1962年 - 高杢禎彦、俳優、タレント、(元チェッカーズ)
  • 1964年 - 柴山薫、漫画家(+ 2007年)
  • 1965年 - 有賀さつき、フリーアナウンサー(+ 2018年)
  • 1965年 - 林哲雄、プロ野球選手
  • 1966年 - アダム・サンドラー、俳優
  • 1966年 - トミー・ゲレロ、スケートボーダー、ミュージシャン
  • 1967年 - 有賀照人、漫画家
  • 1967年 - 小森哲也、元プロ野球選手
  • 1967年 - 樋口一紀、元プロ野球選手
  • 1968年 - 山本志保、NHKアナウンサー
  • 1969年 - 野林大樹、元プロ野球選手
  • 1970年 - 中山祐一朗、俳優
  • 1970年 - サシャ・ピート、音楽プロデューサー、ギタリスト
  • 1970年 - ダン・ミセリ、プロ野球選手
  • 1971年 - TAKUYA、元JUDY AND MARY
  • 1971年 - ロビンソン・チェコ、元プロ野球選手
  • 1972年 - 重松朋、声優
  • 1972年 - マイク・ハンプトン、メジャーリーガー
  • 1973年 - 石井一久、プロ野球選手
  • 1974年 - 葛西純、プロレスラー
  • 1975年 - SILVA、シンガーソングライター
  • 1975年 - ショーン・ニコルス、俳優、タレント
  • 1975年 - 清水章夫、プロ野球選手
  • 1975年 - 萩原多賀彦、元プロ野球選手
  • 1975年 - ドロタ・シュデク、フィギュアスケート選手
  • 1976年 - 松風雅也、俳優、声優
  • 1976年 - 牧島有希、声優
  • 1977年 - 坪倉由幸、お笑いタレント(我が家)
  • 1977年 - 堤下敦、お笑いタレント(インパルス)
  • 1977年 - アンディ・アティング、野球選手
  • 1978年 - 和田三四郎、俳優
  • 1980年 - 酒井若菜、タレント
  • 1981年 - 李承浩、プロ野球選手
  • 1981年 - 川島亮、プロ野球選手
  • 1982年 - 大塚愛、シンガーソングライター
  • 1983年 - キム・ジョンファ、女優
  • 1983年 - 金城大和、俳優
  • 1983年 - アレックス・ロメロ、メジャーリーガー
  • 1983年 - カイル・デイビーズ、プロ野球選手
  • 1984年 - 菊地正法、プロ野球選手
  • 1984年 - 谷桃子、グラビアアイドル、タレント
  • 1984年 - ブレット・ピル、プロ野球選手
  • 1984年 - 山木正博、野球選手
  • 1984年 - ブラッド・グザン、サッカー選手
  • 1985年 - 田代さやか、グラビアアイドル
  • 1985年 - J・R・スミス、プロバスケットボール選手
  • 1985年 - 篠宮沙絵子、声優
  • 1985年 - 山中浩史、プロ野球選手
  • 1985年 - ルカ・モドリッチ、サッカー選手
  • 1986年 - 小澤絵理菜、グラビアアイドル
  • 1986年 - クルト・スミス、プロ野球選手
  • 1986年 - マイケル・ボウデン、メジャーリーガー
  • 1987年 - 井端珠里、女優
  • 1987年 - ユージ、ファッションモデル
  • 1987年 - クエンティン・デクーバ、野球選手
  • 1987年 - アレクサンドル・ソング、サッカー選手
  • 1988年 - 加隈亜衣、声優
  • 1988年 - 中村静香、女優
  • 1988年 - ミリアン・サムソン、フィギュアスケート選手
  • 1988年 - 下野佐和子、プロレスラー
  • 1988年 - ウィル・ミドルブルックス、メジャーリーガー
  • 1989年 - アンソニー・ラナウド、メジャーリーガー
  • 1990年 - 石崎剛、プロ野球選手
  • 1991年 - オスカル、サッカー選手
  • 1992年 - 宮城夏実、女性ファッションモデル
  • 1992年 - 渡辺はるか、声優
  • 1992年 - 山崎福也、プロ野球選手
  • 1994年 - 豊川雄太、サッカー選手
  • 1995年 - 三田麻央、アイドル(NMB48)
  • 1996年 - 秋元瑠海、アイドル(callme)
  • 1996年 - 荒井健太郎、俳優、タレント
  • 1997年 - 日向ななみ、女優
  • 1997年 - 宮前杏実、女優、アイドル(SKE48)
  • 1997年 - 渡辺健史、プロ野球選手
  • 1999年 - 会沢紗弥、声優、歌手
  • 生年不詳 - 高橋花林、声優
  • 生年不明 - 亜波智子、声優
  • 生年不明 - 佐々木啓夫、声優
  • 生年不明 - 佳穂成美、声優

忌日

  • 1000年 - オーラヴ1世、ノルウェー王(* 960年代)
  • 1087年 - ウィリアム征服王、イングランドのノルマン朝の開祖(* 1027年)
  • 1289年(正応2年8月23日)- 一遍、僧、時宗開祖(* 1239年)
  • 1487年(成化23年8月22日)- 成化帝、明の第9代皇帝(* 1447年)
  • 1513年 - ジェームズ4世、スコットランド王(* 1473年)
  • 1569年 - ピーテル・ブリューゲル、画家(* 1525年頃)
  • 1596年 - アンナ、ポーランド女王(* 1523年)
  • 1606年 - レオンハルト・レヒナー、作曲家(* 1553年)
  • 1612年(慶長17年8月14日)- 中川秀成、戦国武将、岡藩主(* 1570年)
  • 1691年(元禄4年8月17日)- 熊沢蕃山、陽明学者(* 1619年)
  • 1693年(元禄6年8月10日)- 井原西鶴、浮世草子・人形浄瑠璃作家(* 1642年)
  • 1741年(寛保元年7月30日)- 色部安長、米沢藩江戸家老(* 1664年)
  • 1806年 - ウィリアム・パターソン、アメリカ合衆国憲法署名者(* 1745年)
  • 1851年 - トーマス・ホプキンズ・ギャローデット、教育者(* 1787年)
  • 1898年 - ステファヌ・マラルメ、詩人(* 1842年)
  • 1901年 - アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック、画家(* 1864年)
  • 1915年 - アルバート・スポルディング、元メジャーリーガー・スポルディング創業者(* 1850年)
  • 1928年 - アーバン・ショッカー、メジャーリーガー(* 1890年)
  • 1931年 - ルヨ・ブレンターノ、経済学者(* 1844年)
  • 1941年 - ハンス・シュペーマン、発生学者(* 1869年)
  • 1947年 - ヴィクトール・オルタ、建築家(* 1861年)
  • 1960年 - ユッシ・ビョルリング、テノール歌手(* 1911年)
  • 1973年 - セルゲイ・トゥマーンスキー、航空エンジニア(* 1901年)
  • 1976年 - 毛沢東、政治家、軍人、思想家、中国共産党初代主席、中華人民共和国初代国家主席(* 1893年)
  • 1977年 - ケネス・オドネル、アメリカ合衆国大統領ジョン・F・ケネディの補佐官(* 1924年)
  • 1981年 - ジャック・ラカン、精神科医、精神分析家(* 1901年)
  • 1983年 - ルイス・モンティ、サッカー選手(* 1901年)
  • 1984年 - ユルマズ・ギュネイ、映画監督(* 1937年)
  • 1985年 - アントニーノ・ヴォットー、指揮者(* 1896年)
  • 1985年 - ポール・フローリー、化学者(* 1910年)
  • 1986年 - マグダ・タリアフェロ、ピアニスト(* 1893年)
  • 1987年 - グンナル・デ・フルメリー、作曲家(* 1908年)
  • 1990年 - サミュエル・ドウ、リベリア大統領(* 1951年)
  • 1994年 - パトリック・オニール、俳優(* 1927年)
  • 1995年 - 高木彬光、推理作家(* 1920年)
  • 1996年 - ロバート・ニスベット、社会学者、歴史家(* 1913年)
  • 1996年 - ビル・モンロー、音楽家、ブルーグラスの父(* 1911年)
  • 1997年 - バージェス・メレディス、俳優(* 1908年)
  • 1997年 - リッチー・アシュバーン、元メジャーリーガー(* 1927年)
  • 1999年 - キャットフィッシュ・ハンター、元メジャーリーガー(* 1946年)
  • 1999年 - 広瀬宰、元プロ野球選手(* 1947年)
  • 2001年 - アフマド・シャー・マスード、アフガニスタンの軍事指導者(* 1953年?)
  • 2001年 - 相米慎二、映画監督(* 1948年)
  • 2003年 - エドワード・テラー、核物理学者(* 1908年)
  • 2004年 - アーニー・ボール、実業家、ギタリスト(* 1930年)
  • 2004年 - 大橋棣、プロ野球選手(* 1910年)
  • 2004年 - 青木正一、プロ野球選手(* 1917年)
  • 2005年 - ジュリアーノ・ボンファンテ、言語学者(* 1904年)
  • 2006年 - アルカジー・ヴォリスキー、ロシア産業企業家同盟会長(* 1932年)
  • 2007年 - 大平山濤、書家(* 1916年)
  • 2008年 - 草柳文恵、ニュースキャスター、随筆家(* 1954年)
  • 2008年 - 日野てる子、歌手(* 1945年)
  • 2010年 - ベント・ラーセン、チェスプレーヤー(* 1935年)
  • 2011年 - 久万俊二郎、実業家、阪神電気鉄道元会長、阪神タイガース元オーナー(* 1921年)
  • 2011年 - 高井真理子、元アナウンサー(日本放送協会)、NPO法人代表者(* 1968年)
  • 2013年 - 亀井三郎、声優(* 1938年)

スピーチ作成 - テーマ「救急の日」

自分が初めてテーマを知った/経験した時のエピソード。
テーマについて自分はどう思うか/思ったか。
言葉/行動/影響について自分はどう思うか。
今後自分はどうしたいと思うか。

スピーチ出力 - 09-09_救急の日.txt

想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。
日付からスピーチを作る
10月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
11月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
12月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
1月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
2月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29
3月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
4月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
5月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
6月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
7月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
8月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
9月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30

参考になる本

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法
 会議・朝礼・電話でも、接客・商談・会合でも、面接・結婚式のスピーチでも、デート・合コン・保護者会でも。
 こんなふうに話せば「あがり」にさようなら! 予約半年待ち! 超人気講師が教える“緊張しないコツ。
¥ 1,210
超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48
 本書では、人前では話すことが苦手な人でもすぐ実行でき、たちまち効果を実感できる「あがらずに話せる正しい方法」を48個紹介しています。
 スピーチ・朝礼・会議・面接でドキドキしない!商談・プレゼン・営業が面白いほど成功する!人前で話すのが苦手な人でも大丈夫!あがらずに話せる超シンプルなテクニックを大公開!
¥ 1,296
朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100 話しベタなあなたに贈る
 他人の興味を引く「鉄板ネタ」さえ持っていれば、誰でも「人前で話すこと」が怖くなくなります。
 聞き手が具体的にイメージしやすいようにスポーツ選手や芸能人など、著名人のエピソードもたくさん織り込んだ「鉄板ネタ」を100個集めました。
¥ 1,620
恥をかかないスピーチ力
 新年度に自己紹介をしたり、結婚式やちょっとした集まりで人前で話したりする機会は意外と多い。そんな時に役立つ、スピーチやコメントのコツ、心構え。
 恥をかかないレベルから「なかなかうまいな」と思われるレベルまで、どうステップアップするか。
 「時間感覚」「身体感覚」の重要性、始まり方と終わり方、小ネタの集め方、シーン別のコツやNGポイントまで、人前で話す時にはこれさえあれば大丈夫!
¥ 702
心に届く話し方 65のルール
 本書は、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説した、話し方の基礎技術の本です。
 「本質的に内容が相手にきちんと伝わる」ことを目的とし、「そのための具体的かつ自然な音声表現のディテール」まで迫った本です。
¥ 1,361
カーネギー話し方入門 文庫版
 あのウォーレン・バフェットも受講したというデール・カーネギーの話し方講座のエッセンスをまとめた本。
 カーネギーといえば、大ベストセラーとなった『人を動かす』があまりに有名だが、本書の原著も100万部を突破したベストセラーとして、アメリカでは広く知られている。
¥ 650