365日のネタ・スピーチ例は、1年分(365日分)のネタと、朝礼などのスピーチの作例や作り方を、まとめたサイトです。 >> 使い方を読む

9月8日「国際識字デー」


 9月8日は「国際識字デー」です。1965年のこの日、イランのテヘランで開かれた世界文相会議で、イラン国王モハンマド・レザー・パフラヴィーが、軍事費の一部を識字教育にまわす提唱をしたことを記念して、ユネスコが制定しました。

 私は今、文字を読めて、現在や過去の文献を自由に利用することができますが、もし字が読めなければそうしたことはできません。

 現代社会では、文字と映像が、最も知識を集約してくれる方法です。そのため、そのうちの一つが利用できないとなると、物事を考える能力は、著しく制限されることになります。

 識字についてですが、世界中で5人に1人は読み書きができません。そして、そのうち3分の2は女性です。
 およそ7億7600万人の成人には、最低限の識字スキルすらないそうです。


 識字スキルがないということは、ハードディスクや通信機能がないコンピューターを使っているようなものです。そうしたコンピューターで仕事をするのは、とても大変です。

 社会全体の生産力を維持するためにも、国をあげて、そして世界をあげて、読み書きの能力を向上させていく必要があると思います。

スピーチ作例 9月8日1
文字数:491文字   想定時間:138
想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。

引用・参考URL

このページの引用・参考URL。

記念日・年中行事

  • 白露(日本では2007年・2008年・2010年)※日付不定
    二十四節気の一つ。
  • 国際識字デー(International Literacy Day)
    1965年のこの日、イランのテヘランで開かれた世界文相会議でイラン国王モハンマド・レザー・パフラヴィーが軍事費の一部を識字教育にまわす提唱をしたことを記念して、ユネスコが制定。国際デーの一つ。
  • 勝利の日(マルタ)
    1565年のこの日のマルタ包囲戦での勝利、および、1943年のこの日のイタリアの降伏を記念する祝日。
  • 国家の日/メリチェイの神の母の日(アンドラ)
    1873年に聖母マリアがアンドラの守護聖人となり、1921年よりその記念日9月8日を国家の祝日とした。
  • 防衛の日・パキスタン海軍の日(パキスタン)
    1971年の第二次印パ戦争に因む。9月6日は空軍の日、9月7日は陸軍の日。
  • 独立記念日(マケドニア)
    1991年のこの日、マケドニアがユーゴスラビアから独立。
  • 聖母マリア誕生の祝日(キリスト教)
  • 菊の被綿(日本)
    重陽の前日である9月8日の夜に菊の花を真綿で覆って夜露と香りを写し取り、翌朝にその綿で体や顔を拭う日本独自の風習。

歴史

  • 1180年(治承4年8月17日)- 源頼朝が伊豆国で挙兵する。
  • 1380年 - クリコヴォの戦い。ルーシがタタールに初めて勝利。
  • 1449年(正統14年)- 土木の変。明領に侵攻したオイラトのエセンを明の皇帝英宗が自ら迎え討つが大敗し、英宗が捕虜となる。
  • 1504年 - ミケランジェロ作の「ダビデ像」の公開がはじまる。
  • 1565年 - マルタ包囲戦: オスマン帝国軍がマルタ島からの撤退を開始。
  • 1600年(慶長5年8月1日)- 伏見城の戦いが終結。伏見城が落城。
  • 1831年 - イギリス王ウィリアム4世が戴冠。
  • 1888年 - イングランドのフットボールリーグが発足する。
  • 1900年 - ハリケーン・ガルベストンがテキサス州の州都ガルベストンに上陸。高潮により市街が壊滅し、6000人以上が死亡。
  • 1904年 - 屯田兵廃止
  • 1907年 - 北海道の狩勝トンネルが完成し、旭川から釧路までが鉄道(現 根室本線)でつながる。
  • 1910年 - 山田猪三郎が製作した初の国産飛行船「山田式1号飛行船」が初飛行。
  • 1923年 - ホンダポイント遭難事件。アメリカ海軍の駆逐艦7隻が位置測定の誤りにより座礁。23人が死亡。
  • 1926年 - ドイツが国際連盟に加盟。
  • 1930年 - 3M社がセロハンテープの販売を開始。
  • 1934年 - モロ・キャッスル号火災事故発生。
  • 1941年 - 第二次世界大戦・独ソ戦: レニングラード包囲戦が始まる。
  • 1943年 - 第二次世界大戦: イタリアが連合国への無条件降伏を受諾し講和を結ぶ。
  • 1944年 - 第二次世界大戦: ドイツがロンドンへの初のV2ロケットによる攻撃を行う。
  • 1944年 - 第二次世界大戦: 米第1軍第7軍団第3機甲師団がリエージュを解放する。
  • 1945年 - 東京でアメリカ占領軍の進駐式が行われ、ジープで東京に進駐を開始。
  • 1945年 - 第二次世界大戦・ブーゲンビル島の戦い: ブーゲンビル島タロキナで日本軍第17軍司令官神田正種陸軍中将と第八艦隊司令長官鮫島具重海軍中将が米英豪新軍への降伏文書に署名。[1]
  • 1945年 - 第二次世界大戦・ミンダナオ島の戦い: 日本軍陸軍第30師団長両角業作陸軍中将がマライバライで米第31歩兵師団に対する降伏文書に署名する。出典
  • 1945年 - 第二次世界大戦・ボルネオの戦い: 日本海軍第二南遣艦隊第22特別根拠地隊司令官鎌田道章海軍中将がバリクパパン沖の豪フリゲートバーデキン上で豪第7師団に対する降伏文書に署名する。[2]
  • 1945年 - 第二次世界大戦: クサイ島の日本軍陸軍第31軍南洋第2支隊長原田義和陸軍中将が米第96.15.1任務隊に対する降伏文書に駆逐艦ハイマン上で署名する。(コスラエ州解放記念日)
  • 1946年 - ブルガリアで国民投票により王制の廃止が決定。
  • 1951年 - サンフランシスコ平和条約・日米安全保障条約調印。
  • 1954年 - 東南アジア条約機構(SEATO)が発足。
  • 1966年 - 米NBCがスタートレックシリーズの放映を開始。
  • 1969年 - オーストラリアのテニス選手ロッド・レーバーが全米オープンで優勝。史上初となる生涯2度目の年間グランドスラムを達成。
  • 1971年 - 林彪事件: 中国共産党の林彪副主席による毛沢東暗殺計画が失敗。13日、飛行機で逃亡中に墜落死。
  • 1971年 - ワシントンD.C.に総合文化施設ジョン・F・ケネディ・センターが竣工。
  • 1974年 - ウォーターゲート事件: ジェラルド・フォード米大統領がニクソン前大統領に対する恩赦を決定。
  • 1982年 - ボーイング767型機が運用開始。
  • 1986年 - 土井たか子が日本社会党の委員長に就任。日本の主要政党では初の女性党首に。
  • 1986年 - 「日韓併合は韓国にも責任」発言で中曽根康弘首相が藤尾正行文相を罷免。
  • 1990年 - プロ野球セ・リーグで巨人が2リーグ分裂後史上最短のリーグ優勝。
  • 1991年 - マケドニア共和国がユーゴスラビアから独立。
  • 1993年 - 中国の王軍霞が北京の中華人民共和国全国運動会女子10000メートル競走で29分31秒78を記録。女子10000メートルで史上初めて30分を切る。
  • 1998年 - メジャーリーグベースボールのマーク・マグワイアが1961年のロジャー・マリス以来37年ぶりに本塁打年間最多記録を更新(→1998年のMLBシーズン最多本塁打記録対決)。
  • 1999年 - 池袋通り魔殺人事件発生。
  • 2003年 - 南米のアルゼンチン・ブエノスアイレスで開かれたIOC理事会で2020年の夏季オリンピックとパラリンピックの開催地が東京に決まった。
  • 2004年 - 2年間にわたり太陽風に含まれる粒子を採取していたアメリカの探査機「ジェネシス」が地球に帰還し、サンプル回収カプセルを再突入させる。
  • 2008年 - 大相撲力士大麻問題: 露鵬・白露山に大麻吸引の陽性反応が出た問題で、北の湖日本相撲協会理事長が辞任。両力士は解雇処分。
  • 2017年 - 中華民国(台湾)で、頼清徳が就任宣誓を行い、新内閣が発足。

誕生日

  • B.C.30年頃 - 聖母マリア、イエス・キリストの母(没年不詳)※伝承による日付、修正ユリウス暦採用教会のみ
  • 685年(垂拱元年8月5日)- 玄宗、第6代唐皇帝(+ 762年)
  • 828年 - アリー・ハーディー、第10代イマーム(+ 868年)
  • 1157年 - リチャード1世(獅子心王)、イングランド王(+ 1199年)
  • 1474年 - ルドヴィーコ・アリオスト、詩人(+ 1533年)
  • 1503年(文亀3年8月18日)- 島津勝久、戦国武将(+ 1573年)
  • 1588年 - マラン・メルセンヌ、数学者(+ 1648年)
  • 1633年 - フェルディナント4世、ローマ王(+ 1654年)
  • 1680年(延宝8年8月16日)- 京極宮文仁親王、江戸時代の皇族(+ 1711年)
  • 1702年(元禄15年8月17日)- 池田継政、第3代岡山藩主(+ 1776年)
  • 1749年 - ランバル公妃マリー・ルイーズ、マリー・アントワネットの女官長(+ 1792年)
  • 1750年(寛延3年8月8日)- 谷風梶之助(2代目)、大相撲力士、横綱(+ 1795年)
  • 1769年 - 鏡岩濱之助、大相撲力士(+ 1829年)
  • 1783年 - ニコライ・フレデリク・セヴェリン・グルントヴィ、作家、詩人(+ 1872年)
  • 1804年 - エドゥアルト・メーリケ、詩人(+ 1875年)
  • 1815年 - アレクサンダー・ラムジー、第34代アメリカ合衆国陸軍長官(+ 1903年)
  • 1815年 - ジュゼッピーナ・ストレッポーニ、ソプラノ歌手(+ 1897年)
  • 1828年 - ジョシュア・チェンバレン、軍人(+ 1914年)
  • 1830年 - フレデリック・ミストラル、詩人(+ 1914年)
  • 1836年 - 高崎正風、志士、歌人、作詞家(+ 1912年)
  • 1837年 - 早矢仕有的、丸善創業者(+ 1901年)
  • 1841年 - アントニン・ドヴォルザーク、作曲家(+ 1904年)
  • 1848年 - ヴィクトル・マイヤー、化学者(+ 1897年)
  • 1854年 - ハインリヒ・クロイツ、天文学者(+ 1907年)
  • 1856年 - ヨハネス・ヴィルジング、天文学者(+ 1943年)
  • 1863年 - W・W・ジェイコブズ、小説家(+ 1943年)
  • 1864年 - ヤーコプ・フォン・ユクスキュル、生物学者(+ 1944年)
  • 1864年 - レオナルド・ホブハウス、社会学者、政治学者、倫理学者、ジャーナリスト(+ 1929年)
  • 1867年 - アレクサンドル・パルヴス、政治活動家(+ 1924年)
  • 1873年 - アルフレッド・ジャリ、小説家、劇作家(+ 1907年)
  • 1881年 - ハリー・ヒルマン、陸上選手(+ 1945年)
  • 1881年 - 井戸泰、医学者(+ 1919年)
  • 1882年 - 阿武天風、小説家(+ 1928年)
  • 1884年 - 松山省三、画家、実業家(+ 1970年)
  • 1892年 - ハインリッヒス・スクーヤ、藻類学者、植物学者(+ 1972年)
  • 1893年 - 坪井誠太郎、地質学者(+ 1986年)
  • 1897年 - イェフィム・ゴリシェフ、画家、作曲家(+ 1970年)
  • 1903年 - 田村孝之介、画家(+ 1986年)
  • 1906年 - ロッテル・エミーリア、フィギュアスケート選手(+ 2003年)
  • 1907年 - フィリップ・フィッシャー、投資家(+ 2004年)
  • 1907年 - バック・レナード、野球選手(+ 1997年)
  • 1908年 - 十朱久雄、俳優(+ 1985年)
  • 1910年 - ジャン=ルイ・バロー、俳優(+ 1994年)
  • 1911年 - ヴォルフガング・シュペーテ、ドイツ空軍のエース・パイロット(+ 1997年)
  • 1912年 - 亀田忠、元プロ野球選手(+ 1976年)
  • 1918年 - 井上親一郎、元プロ野球選手
  • 1919年 - マリア・ラスニック、画家(+ 2014年)
  • 1922年 - エクトル・ロセット、チェス選手(+ 2009年)
  • 1925年 - 堺左千夫、俳優(+ 1998年)
  • 1925年 - ピーター・セラーズ、俳優(+ 1980年)
  • 1928年 - 五十嵐喜芳、声楽家(+ 2011年)
  • 1929年 - クリストフ・フォン・ドホナーニ、指揮者
  • 1930年 - ジャネット・アルウェッグ、フィギュアスケート選手
  • 1930年 - グエン・カオ・キ、政治家(+ 2011年)
  • 1931年 - 川口節子、女優
  • 1932年 - 杉浦康平、グラフィックデザイナー
  • 1933年 - マイケル・フレイン、小説家、劇作家、翻訳家
  • 1934年 - 二宮政昭、プロ野球選手
  • 1935年 - 東郷幸、プロ野球選手
  • 1935年 - 今井康夫、プロ野球選手
  • 1936年 - 宗近晴見、俳優、声優
  • 1936年 - 浦田直治、元プロ野球選手
  • 1936年 - 小西秀朗、元プロ野球選手
  • 1937年 - ヴィルナ・リージ、女優
  • 1937年 - 小西秀朗、プロ野球選手
  • 1938年 - 井上俊、社会学者
  • 1938年 - 堀江謙一、ヨット冒険家
  • 1938年 - 佐藤道輔、高校野球指導者(+ 2009年)
  • 1941年 - 山口英夫、将棋棋士
  • 1941年 - 大倉修吾、ラジオパーソナリティ(+ 2016年)
  • 1941年 - バーニー・サンダース、政治家
  • 1943年 - 大熊忠義、プロ野球選手、野球解説者
  • 1943年 - 林省之介、政治家
  • 1943年 - 大塚弥寿男、元プロ野球選手(+ 2008年)
  • 1944年 - 下須崎詔一、プロ野球選手
  • 1947年 - ワレリー・アファナシエフ、ピアニスト
  • 1948年 - 米良明久(ザ・グレート・カブキ)、プロレスラー
  • 1949年 - 青江ひとみ、作詞家
  • 1949年 - 原田明、化学者
  • 1949年 - 坂本義雄、プロ野球選手
  • 1949年 - 岩佐基治、プロ野球選手
  • 1950年 - 龍田直樹、声優
  • 1950年 - 長谷川勉、元プロ野球選手
  • 1950年 - 小林浩二、プロ野球選手
  • 1951年 - 木之元亮、俳優
  • 1952年 - 土師孝也、俳優、声優
  • 1952年 - 桂ひな太郎、落語家
  • 1953年 - 福井謙二、フジテレビアナウンサー
  • 1953年 - パスカル・グレゴリー、俳優
  • 1953年 - 内田健二、サンライズ代表取締役社長
  • 1954年 - マイケル・シャーマー、懐疑主義者
  • 1956年 - マーク・フォーリー、政治家
  • 1956年 - ステファン・ヨハンソン、F1ドライバー
  • 1956年 - モーリス・チークス、バスケットボール選手
  • 1957年 - のなかみのる、漫画家
  • 1957年 - 真咲よう子、演歌歌手
  • 1958年 - 宮本充、声優
  • 1959年 - 島津冴子、声優
  • 1960年 - 鈴木亜久里、レーサー
  • 1960年 - 高橋巨典、テレビ宮崎アナウンサー
  • 1960年 - 紺野美沙子、女優、エッセイスト
  • 1960年 - 月本裕、作家(+ 2008年)
  • 1960年 - 松井常松、ミュージシャン(元BOØWYのベーシスト)
  • 1960年 - エイミー・マン、シンガーソングライター
  • 1961年 - 浜岡浩幸、プロ野球選手
  • 1962年 - トーマス・クレッチマン、俳優
  • 1962年 - 高山郁夫、元プロ野球選手
  • 1963年 - 松本人志、お笑い芸人(ダウンタウン)
  • 1963年 - 李寧、体操選手
  • 1963年 - 渡辺伸治、元プロ野球選手
  • 1964年 - スコット・レビー、プロレスラー
  • 1964年 - ブラッド・シルバーリング、映画監督
  • 1965年 - 勝崎耕世、スポーツ指導者
  • 1965年 - 山下貴司、政治家、弁護士
  • 1966年 - シャーリー・クランプ、歌手
  • 1966年 - キャローラ、歌手
  • 1966年 - 田中ユタカ、漫画家
  • 1967年 - 高橋しん、漫画家
  • 1967年 - 横田久則、元プロ野球選手
  • 1967年 - 山田真実、プロ野球選手
  • 1968年 - 近藤真市、元プロ野球選手、コーチ
  • 1968年 - 吉田太、元プロ野球選手
  • 1968年 - レイ・ウイルソン、ミュージシャン
  • 1969年 - 中西哲生、元サッカー選手、スポーツジャーナリスト
  • 1969年 - ガリー・スピード、サッカー選手、指導者(+ 2011年)
  • 1970年 - ラトレル・スプリーウェル、バスケットボール選手
  • 1970年 - 市場孝之、元プロ野球選手
  • 1970年 - 清水貴博、元俳優
  • 1970年 - くまいもとこ、声優、ナレーター
  • 1970年 - ニーコ・ケース、シンガーソングライター
  • 1971年 - ヘンリー・トーマス、俳優
  • 1971年 - マーティン・フリーマン、俳優
  • 1971年 - デヴィッド・アークエット、俳優
  • 1972年 - 大石まどか、歌手
  • 1972年 - 関智一、声優
  • 1973年 - 是空とおる、漫画家
  • 1973年 - ボブ・ウォルコット、元プロ野球選手
  • 1973年 - 市原圭、元プロ野球選手
  • 1974年 - こぶしのぶゆき、声優
  • 1975年 - 伊東絵実、声優
  • 1975年 - エレーナ・リホフツェワ、テニス選手
  • 1975年 - 末次由紀、漫画家
  • 1975年 - 李乙容、サッカー選手
  • 1976年 - 秋本祐希、女優
  • 1976年 - チャン・シャルケン、テニス選手
  • 1977年 - 石黒正数、漫画家
  • 1977年 - クリストル・ブストス、ソフトボール選手
  • 1977年 - 真田アサミ、声優
  • 1977年 - 広沢タダシ、ミュージシャン
  • 1978年 - ギル・メッシュ、メジャーリーガー
  • 1979年 - SONOMI、歌手(くレーベル)
  • 1979年 - ヒオルビス・ドゥベルヘル、野球選手
  • 1979年 - ピンク、歌手
  • 1980年 - ムブイレニ・ムラウジ、陸上競技選手(+ 2014年)
  • 1980年 - 山口一郎、ミュージシャン(サカナクション)
  • 1981年 - モアテン・ガムスト・ペデルセン、サッカー選手
  • 1981年 - 茂庭照幸、サッカー選手
  • 1981年 - 高松大樹、サッカー選手
  • 1981年 - ジョナサン・テイラー・トーマス、俳優
  • 1981年 - 花咲ゆき美、演歌歌手
  • 1982年 - 前田和哉、サッカー選手
  • 1982年 - さわやか五郎、お笑い芸人(上々軍団)
  • 1983年 - 西村弥、プロ野球選手
  • 1983年 - 片山奨典、サッカー選手
  • 1983年 - ディエゴ・ベナリオ、サッカー選手
  • 1983年 - ウィル・ブレイロック、バスケットボール選手
  • 1983年 - ヒューマン中村、お笑い芸人
  • 1983年 - ニック・ハンドリー、メジャーリーガー
  • 1984年 - 阿部健太、プロ野球選手
  • 1984年 - 酒本憲幸、サッカー選手
  • 1984年 - ビタリー・ペトロフ、レーシングドライバー
  • 1985年 - デニス・ファン、フィギュアスケート選手
  • 1985年 - 関めぐみ、女優
  • 1985年 - 小椋祥平、サッカー選手
  • 1985年 - 新里智将、バスケットボール選手
  • 1985年 - 藤川ありさ、グラビアアイドル
  • 1985年 - 光村龍哉、ミュージシャン(NICO Touches the Walls)
  • 1986年 - ジョアン・モウティーニョ、サッカー選手
  • 1986年 - 後藤圭太、サッカー選手
  • 1987年 - 本仮屋ユイカ、女優
  • 1987年 - ガブリエル・ドニゼッチ・サンターナ、サッカー選手
  • 1987年 - ブレンダ・マルティネス、陸上競技選手
  • 1987年 - 君嶋麻耶、ファッションモデル、俳優
  • 1988年 - ケイトリン・ヒル、YouTubeユーザー
  • 1988年 - 中田唯、ファッションモデル
  • 1988年 - 金藤理絵、競泳選手
  • 1988年 - ゆーびーむ☆、お笑いタレント
  • 1988年 - チャンス・ラフィン、メジャーリーガー
  • 1989年 - 松山傑、野球選手
  • 1989年 - アヴィーチー、DJ(+ 2018年)
  • 1989年 - 山形由希、グラビアアイドル
  • 1989年 - 濱田祐太郎、漫談家
  • 1990年 - 仲村瑠璃亜、女優
  • 1990年 - 英里子、モデル
  • 1991年 - CHiYO、歌手
  • 1991年 - 下沖勇樹、プロ野球選手
  • 1992年 - 池田咲紀子、サッカー選手
  • 1992年 - ダン・アルタビラ、メジャーリーガー
  • 1992年 - 川内鴻輝、陸上選手
  • 1993年 - 藤田慶和、ラグビー選手
  • 1994年 - 和氣あず未、声優
  • 1995年 - 渡辺友裕、声優、俳優
  • 1995年 - 古川侑利、プロ野球選手
  • 1995年 - 川辺駿、サッカー選手
  • 1996年 - 唯月ふうか、歌手、女優、アイドル、タレント
  • 1996年 - 高木美佑、声優
  • 1998年 - 杉岡大暉、サッカー選手
  • 生年不明 - 電脳少女はーちゃん。、ディスクジョッキー
  • 生年不明 - 門脇舞以、声優

忌日

  • 780年 - レオーン4世、東ローマ皇帝(* 750年)
  • 1134年 - アルフォンソ1世、アラゴン・ナバラ王(* 1073年もしくは1074年)
  • 1425年 - カルロス3世、ナバラ王(* 1361年)
  • 1519年(永正16年8月15日)- 北条早雲、戦国大名(* 1573年)
  • 1600年(慶長5年8月1日)- 鳥居元忠、戦国武将(* 1539年)
  • 1613年 - カルロ・ジェズアルド、作曲家(* 1566年?)
  • 1627年 - フアン・サンチェス・コターン、画家(* 1560年)
  • 1645年 - フランシスコ・デ・ケベード、詩人(* 1580年)
  • 1675年 - アマーリエ、オランダ総督フレデリック・ヘンドリックの妃(* 1602年)
  • 1754年(宝暦4年7月18日)- 芳沢あやめ(2代目)、歌舞伎役者(* 1702年)
  • 1864年 - ヨハネス・フォン・ガイセル、ケルン大司教、枢機卿(* 1796年)
  • 1812年 - シャルル・アンドレ・メルダ、フランス革命・第一帝政期の軍人(* 1770年)
  • 1814年 - マリア・カロリーナ・ダズブルゴ、両シチリア王フェルディナンド1世の妃(* 1752年)
  • 1829年(文政12年8月11日)- 鏡岩濱之助、大相撲の力士・元小結(* 1769年)
  • 1869年 - ウィリアム・フェッセンデン、第26代アメリカ合衆国財務長官(* 1806年)
  • 1881年 - フレデリック・ファン・オラニエ=ナッサウ、オランダの王族(* 1797年)
  • 1882年 - ジョゼフ・リウヴィル、数学者(* 1809年)
  • 1893年 - ルーク・ショート、西部開拓時代のガンマン(* 1854年)
  • 1894年 - ヘルマン・フォン・ヘルムホルツ、生理学者、物理学者(* 1821年)
  • 1894年 - フィリップ、パリ伯(* 1838年)
  • 1902年 - 長與專齋、医学者(* 1838年)
  • 1914年 - ピョートル・ネステロフ、ロシア帝国のパイロット(* 1887年)
  • 1922年 - レオン・ボナ、画家(* 1833年)
  • 1924年 - 奥繁三郎、第12・14代衆議院議長(* 1861年)
  • 1926年 - トーマス・栗原、映画監督(* 1885年)
  • 1933年 - ファイサル1世、イラク王(* 1883年)
  • 1935年 - 床次竹二郎、逓信大臣、鉄道大臣、内務大臣(* 1867年)
  • 1944年 - 枝正義郎、映画監督(* 1888年)
  • 1945年 - 川島義之、陸軍大臣(* 1878年)
  • 1945年 - 高松静男、野球選手(* 1895年)
  • 1947年 - 2代目桃川若燕、講談師(* 1873年)
  • 1949年 - リヒャルト・シュトラウス、作曲家(* 1864年)
  • 1953年 - フレデリック・ヴィンソン、第53代アメリカ合衆国財務長官(* 1890年)
  • 1954年 - カーティス・ウィルバー、第43代アメリカ合衆国海軍長官(* 1867年)
  • 1954年 - アンドレ・ドラン、画家(* 1880年)
  • 1956年 - オスカル・カウフマン、建築家(* 1873年)
  • 1964年 - 中沢弘光、画家(* 1874年)
  • 1965年 - ヘルマン・シュタウディンガー、化学者(* 1881年)
  • 1965年 - ドロシー・ダンドリッジ、女優(* 1922年)
  • 1967年 - 岩崎彦弥太、実業家(* 1895年)
  • 1970年 - 藤井深造、実業家(* 1893年)
  • 1974年 - ヴォルフガング・ヴィントガッセン、テノール歌手(* 1914年)
  • 1978年 - パンチョ・ヴラディゲロフ、作曲家(* 1899年)
  • 1978年 - リカルド・サモラ、サッカー選手(* 1901年)
  • 1979年 - ジーン・セバーグ、女優(* 1938年)
  • 1980年 - ウィラード・リビー、化学者(* 1908年)
  • 1981年 - 湯川秀樹、物理学者(* 1907年)
  • 1985年 - ジョン・フランクリン・エンダース、医学者(* 1897年)
  • 1989年 - ポール・ワイス、生物学者(* 1898年)
  • 1991年 - アレックス・ノース、作曲家(* 1910年)
  • 1994年 - 東野英治郎、俳優(* 1907年)
  • 1999年 - 村沢牧、政治家(* 1924年)
  • 2000年 - 晴乃パーチク、漫才師(* 1926年)
  • 2003年 - レニ・リーフェンシュタール、映画監督、写真家(* 1902年)
  • 2004年 - 水上勉、作家(* 1919年)
  • 2004年 - 秋吉契里、シンガーソングライター
  • 2008年 - エヴァン・タナー、総合格闘家(* 1971年)
  • 2014年 - マグダ・オリヴェロ、ソプラノ歌手(* 1910年)
  • 2017年 - ジェリー・パーネル、SF作家(* 1933年)
  • 2017年 - 中嶋聡彦、俳優、声優、音響監督(* 1962年)

スピーチ作成 - テーマ「国際識字デー」

自分が初めてテーマを知った/経験した時のエピソード。
テーマについて自分はどう思うか/思ったか。
言葉/行動/影響について自分はどう思うか。
今後自分はどうしたいと思うか。

スピーチ出力 - 09-08_国際識字デー.txt

想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。
日付からスピーチを作る
12月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
1月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
2月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29
3月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
4月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
5月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
6月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
7月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
8月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
9月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
10月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
11月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30

参考になる本

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法
 会議・朝礼・電話でも、接客・商談・会合でも、面接・結婚式のスピーチでも、デート・合コン・保護者会でも。
 こんなふうに話せば「あがり」にさようなら! 予約半年待ち! 超人気講師が教える“緊張しないコツ。
¥ 1,210
超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48
 本書では、人前では話すことが苦手な人でもすぐ実行でき、たちまち効果を実感できる「あがらずに話せる正しい方法」を48個紹介しています。
 スピーチ・朝礼・会議・面接でドキドキしない!商談・プレゼン・営業が面白いほど成功する!人前で話すのが苦手な人でも大丈夫!あがらずに話せる超シンプルなテクニックを大公開!
¥ 1,296
朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100 話しベタなあなたに贈る
 他人の興味を引く「鉄板ネタ」さえ持っていれば、誰でも「人前で話すこと」が怖くなくなります。
 聞き手が具体的にイメージしやすいようにスポーツ選手や芸能人など、著名人のエピソードもたくさん織り込んだ「鉄板ネタ」を100個集めました。
¥ 1,620
恥をかかないスピーチ力
 新年度に自己紹介をしたり、結婚式やちょっとした集まりで人前で話したりする機会は意外と多い。そんな時に役立つ、スピーチやコメントのコツ、心構え。
 恥をかかないレベルから「なかなかうまいな」と思われるレベルまで、どうステップアップするか。
 「時間感覚」「身体感覚」の重要性、始まり方と終わり方、小ネタの集め方、シーン別のコツやNGポイントまで、人前で話す時にはこれさえあれば大丈夫!
¥ 702
心に届く話し方 65のルール
 本書は、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説した、話し方の基礎技術の本です。
 「本質的に内容が相手にきちんと伝わる」ことを目的とし、「そのための具体的かつ自然な音声表現のディテール」まで迫った本です。
¥ 1,361
カーネギー話し方入門 文庫版
 あのウォーレン・バフェットも受講したというデール・カーネギーの話し方講座のエッセンスをまとめた本。
 カーネギーといえば、大ベストセラーとなった『人を動かす』があまりに有名だが、本書の原著も100万部を突破したベストセラーとして、アメリカでは広く知られている。
¥ 650