365日のネタ・スピーチ例は、1年分(365日分)のネタと、朝礼などのスピーチの作例や作り方を、まとめたサイトです。 >> 使い方を読む

6月27日「メディア・リテラシーの日」


 6月27日は「メディア・リテラシーの日」です。1994年のこの日に発生した松本サリン事件で、事件現場近くに住む無実の男性が、マスコミにより犯人扱いされる報道被害がありました。そのことから、テレビ信州が制定しました。

 松本サリン事件のマスコミによる冤罪は、あとで情報を追いかけると、決めつけと見切り発車で、本当にひどいものだと思いました。

 この日は、「メディア・リテラシーの日」となっていますが、マスコミによる冤罪の日だと思います。

 メディアリテラシーは、「主体的に読み解く能力」と「メディアにアクセスし、活用する能力」「メディアを通じコミュニケーションする能力」の3要素による「複合的な能力」とされています。

 ネット時代になり、個人でもメディアを持つことができる時代になりました。誰もが、情報発信による冤罪を引き起こせる時代になったと、言い換えることができます。

 悪人を叩こうとしたら、無関係な人を叩いていた。そもそも、叩くこと自体が正しいのか。松本サリン事件を反面教師にして、自分自身の行動を律するべきだと思います。

スピーチ作例 6月27日1
文字数:470文字   想定時間:134
想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。

その他の情報

 「松本サリン事件」(まつもとサリンじけん)は、1994年の6月27日に、日本の長野県松本市で発生したテロ事件です。
 警察庁における事件の正式名称は「松本市内における毒物使用多数殺人事件」となっています。オウム真理教教徒らにより、神経ガスのサリンが散布されたもので、被害者は死者8人に及びました。
 毎日新聞では「松本サリン事件」を、「坂本堤弁護士一家殺害事件」「地下鉄サリン事件」と並んでオウム「3大事件」表現しています。
 「松本サリン事件」で長野県警察は、サリン被害者でもある第一通報者の河野義行を重要参考人とし、6月28日に家宅捜索を行い薬品類など二十数点を押収しました。警察側は河野宅からそれまでに押収した農薬からはサリン合成が不可能であることから、一部の農薬を家族が隠匿したとして執拗に捜査を続け、捜査方針の転換が遅れることとなりました。
 また、「不審なトラック」の目撃情報を黙殺し、事件発生直後、捜査員の一人が「裁判所官舎を狙ったものでは」と推測しましたが聞き入れられませんでした。
 マスコミは、一部の専門家が「農薬からサリンを合成することなど不可能」と指摘していたにもかかわらず、オウム真理教が真犯人であると判明するまでの半年以上もの間、警察発表を無批判に報じました。
 「国際連合教育科学文化機関」(ユネスコ)は、1982年に、メディア教育に関する宣言を発表しています。
 宣言は、テレビや新聞、雑誌、ラジオなどのメディアが生活に身近になった一方で、メディア教育が進んでいないことを危惧し、メディア教育の必要性を訴えたものです。
 ユネスコは2014年3月にも、メディア・情報リテラシーに関する行動計画・戦略を発表しています。

記念日・年中行事

  • 独立記念日(ジブチ)
    1977年のこの日、ジブチがフランスから独立した。
  • メディア・リテラシーの日(日本)
    テレビ信州が制定。1994年のこの日に発生した松本サリン事件で、事件現場近くに住む無実の男性がマスコミにより犯人扱いされる報道被害があったことから。
  • 日照権の日(日本)
    1972年のこの日、違法建築の隣家によって日照を奪われた問題で、最高裁が「日照権と通風権が法的に保護するのに値する」という初めての判決をしたことを記念。
  • 演説の日(日本)
    1874年のこの日、慶應義塾の三田演説館で日本初の演説会が行われたことを記念。
  • ちらし寿司の日(日本)
    株式会社あじかんが制定。岡山のちらし寿司「ばら寿司」が生まれるきっかけとなった備前岡山藩主・池田光政の命日。

歴史

  • 602年(推古天皇10年6月3日)- 来目皇子の病により新羅征討が中止。
  • 678年 - 聖アガトがローマ教皇に即位。
  • 1177年(治承元年6月3日)- 鹿ケ谷の陰謀で藤原成親・俊寛らが流罪になる。
  • 1333年(元弘3年/正慶2年5月15日 - 元弘の乱: 分倍河原の戦い。
  • 1743年 - オーストリア継承戦争: デッティンゲンの戦い。史上最後のイギリス国王が自ら戦闘に参加した戦い。
  • 1759年 - 七年戦争: ジェームズ・ウルフ率いるイギリス軍がヌーベルフランスの首府ケベックの包囲を開始。
  • 1787年(天明7年5月12日 - 天明の大飢饉: 天明の打ちこわし。大坂の庶民が米屋を襲撃。
  • 1841年(天保12年5月9日 - 幕命により江戸・徳丸原で砲術家・高島秋帆が洋式軍事演習を行う。
  • 1844年 - 末日聖徒イエス・キリスト教会創始者のジョセフ・スミス・ジュニアがイリノイ州カーセッジで暴徒との銃撃戦により死亡。
  • 1863年(文久3年5月12日 - 伊藤博文・井上馨ら長州藩士5人が英国留学のため密出国。
  • 1869年(明治2年5月18日)- 戊辰戦争: 箱館戦争終結。新政府軍と旧幕府軍との戦いが終わる。
  • 1871年(明治4年5月10日)- 新貨条例公布。貨幣の名称を「円・銭・厘」とし十進法を採用。旧1両を1円とする。
  • 1882年 - 「日本銀行条例」公布。
  • 1894年 - ジャン・カジミール=ペリエがフランス第三共和政の第5代大統領に就任。
  • 1898年 - ジョシュア・スローカムが史上初の単独世界一周を達成。
  • 1905年(ユリウス暦6月14日)- ロシアで戦艦ポチョムキンの水兵が蜂起する。
  • 1927年 - 東方会議開催(7月7日まで)。政府が中国関連の外交官・軍当局者らを東京に招集し、対中国政策についての方針を決定。
  • 1931年 - 中村大尉事件が起こる。
  • 1950年 - 朝鮮戦争: 保導連盟事件。国連安保理で北朝鮮弾劾決議案が可決される。
  • 1950年 - 朝鮮戦争: ハリー・S・トルーマン米大統領が議会の議決を経ずに北朝鮮に宣戦布告し、陸海軍に出動を命令。
  • 1961年 - 北ベトナムからの第4次集団引揚げ船上海丸が元軍人5名を乗せてハイフォンより門司港へ入港する。最後の集団引揚げが終焉する。
  • 1967年 - ロンドンのバークレー銀行に世界初のATMが設置。
  • 1968年 - チェコスロバキアで二千語宣言が公表される。
  • 1971年 - 第9回参議院議員通常選挙
  • 1974年 - アメリカ大統領リチャード・ニクソンがソ連を訪問。
  • 1976年 - テルアビブ発パリ行きのエールフランス機がハイジャックされ、ウガンダのエンテベ国際空港に強制着陸。7月3日のエンテベ空港奇襲作戦により人質を救出。
  • 1977年 - ジブチがフランスから独立。ハッサン・グレド・アプティドンが大統領に就任。
  • 1980年 - イタリア・シチリア島近海でイタビア航空機が墜落。
  • 1983年 - 練馬一家5人殺害事件。
  • 1985年 - 上野動物園のジャイアントパンダ・ホアンホアンが人工受精で第一子を出産。初初(チュチュ)と命名されるが、29日に母親の下敷きになって死亡。
  • 1990年 - スパイクタイヤ粉じんの発生の防止に関する法律が公布・施行。
  • 1991年 - ユーゴスラビア紛争: 2日前のスロベニアのユーゴスラビアからの独立宣言により、十日間戦争が勃発。
  • 1992年 - 朝日新聞夕刊で連載されていた4コマ漫画『ペエスケ』が、作者・園山俊二の病気療養によりこの日を最後に休載、そのまま打ち切りとなる。
  • 1994年 - 長野県松本市でサリンガスによる中毒事件、死者7人・重軽症者144人。(松本サリン事件)
  • 2001年 - 国際司法裁判所が1999年に米・アリゾナ州で行われたドイツ人の処刑は「裁判所の処刑延期判決を無視したものであり不当である」とする判決を下す。
  • 2005年 - 天皇と皇后が太平洋戦争の激戦地サイパン島を訪問。

誕生日

  • 1462年 - ルイ12世、フランス王(+ 1515年)
  • 1550年 - シャルル9世、フランス王(+ 1574年)
  • 1698年(元禄11年5月20日)- 宇野明霞、儒学者(+ 1745年)
  • 1806年 - オーガスタス・ド・モルガン、数学者(+ 1871年)
  • 1850年 - 小泉八雲、小説家(+ 1904年)
  • 1869年 - エマ・ゴールドマン、アナキスト、フェミニスト(+ 1940年)
  • 1869年 - ハンス・シュペーマン、発生生物学者(+ 1941年)
  • 1880年 - ヘレン・ケラー、教育家、社会福祉事業家(+ 1968年)
  • 1882年 - エドゥアルト・シュプランガー、哲学者、心理学者(+ 1963年)
  • 1888年 - ルイス・バーンスタイン・ネイミア、歴史学者(+ 1960年)
  • 1892年 - 木内克、彫刻家(+ 1977年)
  • 1914年 - 霧島昇、歌手(+ 1984年)
  • 1914年 - ウィリアム・フート・ホワイト、社会学者(+ 2000年)
  • 1918年 - 亀田敏夫、プロ野球選手(+ 不明)
  • 1919年 - 陳建民、料理人(+ 1990年)
  • 1921年 - 菊池徹、地質学者(+ 2006年)
  • 1923年 - 石風呂良一、プロ野球選手(+ 1985年)
  • 1925年 - 清村耕次、俳優(+ 1966年)
  • 1929年 - 伊佐千尋、ノンフィクション作家
  • 1929年 - 谷沢永一、書誌学者(+ 2011年)
  • 1930年 - ロス・ペロー、実業家、政治家
  • 1931年 - マルティヌス・フェルトマン、物理学者
  • 1934年 - ロバート・ローゼン、理論生物学者(+ 1998年)
  • 1934年 - 田代照勝、プロ野球選手(+ 2003年)
  • 1935年 - レオナルド熊、コメディアン(+ 1994年)
  • 1935年 - 荒井良雄、英米文学者、駒澤大学名誉教授(+ 2015年)
  • 1936年 - 横尾忠則、美術家
  • 1936年 - 川田幸夫、プロ野球選手(+ 2011年)
  • 1939年 - 長野祐也、政治家
  • 1939年 - 佐伯胖、認知心理学者
  • 1939年 - 内山和巳、プロ野球選手
  • 1940年 - オイゲン・キケロ、ピアニスト(+ 1997年)
  • 1941年 - 前島秀行、政治家(+ 2000年)
  • 1941年 - ジェイムズ・P・ホーガン、SF作家(+ 2010年)
  • 1942年 - ブルース・ジョンストン、ミュージシャン(ザ・ビーチ・ボーイズ)
  • 1942年 - フランク・ミルズ、ピアニスト、作曲家、編曲家、指揮者、音楽プロデューサー
  • 1943年 - 高橋勝、映画監督
  • 1943年 - 髙田齋、気象予報士
  • 1945年 - カトリーヌ・ラコスト、ゴルファー
  • 1947年 - ハンス・オフト、元サッカー選手、監督
  • 1949年 - ヴェラ・ウォン、ファッションデザイナー
  • 1950年 - 久保俊巳、プロ野球選手
  • 1951年 - メアリー・マッカリース、元アイルランド大統領
  • 1954年 - 藤井眞吾、ギタリスト、作曲家、指揮者
  • 1954年 - 松原正樹、ギタリスト、音楽プロデューサー(+ 2016年)
  • 1955年 - イザベル・アジャーニ、女優
  • 1956年 - 西本聖、元プロ野球選手、解説者
  • 1957年 - 矢萩渉、ギタリスト、音楽家(安全地帯)
  • 1958年 - 伊藤克信、俳優、タレント
  • 1959年 - ツートン青木、歌手、ものまねタレント
  • 1959年 - 大高洋夫、俳優
  • 1959年 - 鈴木伸良、プロ野球選手
  • 1961年 - 益荒雄広生、元大相撲力士
  • 1962年 - 佐藤達哉、心理学者
  • 1962年 - 梁朝偉、俳優、歌手
  • 1963年 - 徳永久志、政治家
  • 1963年 - 酒井勉、元プロ野球選手
  • 1965年 - 阪本成一、天文学者
  • 1966年 - 市原由美、声優
  • 1966年 - 立川談春、落語家
  • 1966年 - 嶋田章弘、元プロ野球選手
  • 1966年 - ジェフ・コーナイン、メジャーリーガー
  • 1967年 - 渡辺真理、フリーアナウンサー
  • 1967年 - 長野洋、元バスケットボール選手
  • 1967年 - 剣晃敏志、元大相撲力士(+ 1998年)
  • 1967年 - インガ・ババコワ、陸上競技選手
  • 1968年 - 国岡真由美、歌手
  • 1969年 - 片岡篤史、元プロ野球選手
  • 1969年 - ヴィクトール・ペトレンコ、フィギュアスケート選手
  • 1970年 - 能田達規、漫画家
  • 1971年 - 越智静香、女優、タレント
  • 1972年 - 六角慎司、俳優
  • 1972年 - 近堂かおり、元TBS954情報キャスター
  • 1972年 - 櫻井和明、山梨放送アナウンサー
  • 1973年 - 谷東、アニメーション監督、演出
  • 1973年 - 吉田敬、お笑いタレント(ブラックマヨネーズ)
  • 1973年 - 内藤輝彦、お笑いタレント(ポテト少年団)
  • 1973年 - 中塚武、歌手、音楽家
  • 1973年 - マイク・ハン、俳優
  • 1973年 - オルヴェ・エイケモ、ミュージシャン
  • 1974年 - kiyo、ミュージシャン
  • 1974年 - 佐藤一樹、元サッカー選手
  • 1974年 - 栃栄篤史、元大相撲力士
  • 1975年 - 藤枝成子、声優
  • 1975年 - 小岩井久美子、元フィギュアスケート選手
  • 1975年 - 西井隆詞、お笑いタレント
  • 1975年 - トビー・マグワイア、俳優
  • 1977年 - アンラッキー後藤、元お笑いタレント
  • 1977年 - ラウル・ゴンサレス、サッカー選手
  • 1978年 - 天川紗織、女優
  • 1978年 - 岩倉沙織、女優
  • 1978年 - オスカー・サラサー、プロ野球選手
  • 1978年 - 佐藤陽彦、元サッカー選手
  • 1978年 - 林晃平、元サッカー選手
  • 1979年 - 丸山ゴウ、ミュージシャン
  • 1979年 - 伊藤俊亮、バスケットボール選手
  • 1979年 - 肥田高志、元プロ野球選手
  • 1980年 - 優香、タレント
  • 1980年 - 天野陽子、テレビ新広島アナウンサー
  • 1980年 - 二川孝広、サッカー選手
  • 1980年 - 松永共広、レスリング選手
  • 1981年 - 宝満まどか、タレント
  • 1981年 - 山口敦子、グラビアアイドル
  • 1981年 - 白崎あゆみ、北陸放送アナウンサー
  • 1981年 - 秦賢二、サッカー選手
  • 1982年 - 柴木丈瑠、俳優
  • 1982年 - 菊地和正、プロ野球選手
  • 1982年 - 李漢宰、サッカー選手
  • 1982年 - 岸佳宏、ミュージカル俳優
  • 1983年 - ジム・ジョンソン、メジャーリーガー
  • 1983年 - 内林広高、元サッカー選手
  • 1984年 - 澤本華世子、女優
  • 1984年 - 小川友佳、フリーアナウンサー
  • 1984年 - クロエ・カーダシアン、ソーシャライト、起業家
  • 1985年 - 佐倉真衣、タレント
  • 1985年 - 小阪由佳、グラビアアイドル
  • 1985年 - 樋田かおり、中京テレビアナウンサー
  • 1985年 - トーマスサリー、アナウンサー
  • 1985年 - 大場翔太、プロ野球選手
  • 1985年 - 谷口博之、サッカー選手
  • 1985年 - スベトラーナ・クズネツォワ、テニス選手
  • 1985年 - ニコ・ロズベルグ、F1レーサー
  • 1986年 - 竹内綾乃、歌手、タレント
  • 1986年 - 大寺祐恵、元ファッションモデル、女優
  • 1986年 - 柚木涼太、漫画家
  • 1986年 - プシェミスワフ・ドマンスキー、フィギュアスケート選手
  • 1986年 - ラショーン・メリット、陸上競技選手
  • 1988年 - 久富慶子、テレビ朝日アナウンサー
  • 1988年 - 福島千里、陸上競技選手
  • 1988年 - 金泰橪、サッカー選手
  • 1989年 - 宮田由佳里、バレーボール選手
  • 1989年 - 冨森ジャスティン、俳優、モデル
  • 1989年 - マシュー・ルイス、俳優
  • 1991年 - 山崎はるか、声優
  • 1991年 - フリオ・テヘラン、メジャーリーガー
  • 1992年 - 本田翼、ファッションモデル
  • 1993年 - 野田昇吾、プロ野球選手
  • 1994年 - 若月佑美、アイドル(乃木坂46)
  • 1996年 - 矢口蒼依、女優
  • 1996年 - 本城雄太郎、元子役、声優
  • 1997年 - 長野佑紀、声優
  • 1998年 - 安本彩花、アイドル(私立恵比寿中学)
  • 1998年 - 竹俣紅、女流棋士、タレント
  • 1999年 - チャンドラー・リッグス、俳優
  • 2001年 - 蒼波純、女優、モデル
  • 2003年 - 張本智和、卓球選手
  • 生年不明 - 野中“まさ”雄一、作編曲家、ミュージシャン
  • 生年不明 - 内野恵理子、声優
  • 生年不明 - 岡村紀央美、声優
  • 生年不明 - 加藤優里、声優

忌日

  • 1458年 - アルフォンソ5世、アラゴン王(* 1396年)
  • 1574年 - ジョルジョ・ヴァザーリ、画家、建築家(* 1511年)
  • 1615年(元和元年6月2日)- 海北友松、絵師(* 1533年)
  • 1636年(寛永13年5月24日)- 伊達政宗、陸奥国の戦国大名、初代仙台藩主(* 1567年)
  • 1655年 - エレオノーラ・ゴンザーガ、神聖ローマ皇帝フェルディナント2世の皇后(* 1598年)
  • 1682年(天和2年5月22日)- 池田光政、初代岡山藩主(* 1609年)
  • 1794年 - ヴェンツェル・アントン・カウニッツ、ハプスブルク君主国宰相(* 1711年)
  • 1876年 - ハリエット・マーティノー、作家、社会学者(* 1802年)
  • 1831年 - ソフィ・ジェルマン、数学者(* 1776年)
  • 1839年(天保10年5月17日)- 小関三英、蘭学者(* 1787年)
  • 1844年 - ジョセフ・スミス・ジュニア、末日聖徒イエス・キリスト教会設立者(* 1805年)
  • 1865年(慶応元年5月5日)- 飯沼慾斎、本草学者(* 1783年)
  • 1876年 - クリスチャン・ゴットフリート・エーレンベルク、博物学者、科学者(* 1795年)
  • 1910年 - ギュスターヴ・エミール・ボアソナード、法学者(* 1825年)
  • 1921年 - ヒュー・ニコル、メジャーリーガー(* 1858年)
  • 1922年 - 東伏見宮依仁親王、日本の皇族(* 1867年)
  • 1930年 - 加茂川緋佐子、子役(* 1923年)
  • 1936年 - 鈴木三重吉、児童文学作家(* 1882年)
  • 1940年 - 呉建、内科学者、画家(* 1883年)
  • 1946年 - 松岡洋右、外交官、政治家(* 1880年)
  • 1954年 - マクシミリアン・フォン・ヴァイクス、軍人(* 1881年)
  • 1960年 - ロッティ・ドッド、テニス選手(* 1871年)
  • 1960年 - 久留島武彦、児童文学者(* 1874年)
  • 1962年 - 永利勇吉、プロ野球選手(* 1920年)
  • 1966年 - アーサー・ウェイリー、東洋学者(* 1889年)
  • 1967年 - 清瀬一郎、政治家、第49・50代衆議院議長(* 1884年)
  • 1970年 - ダニエル・キンゼイ、陸上競技選手(* 1902年)
  • 1989年 - アルフレッド・エイヤー、哲学者(* 1910年)
  • 1996年 - アルバート・R・ブロッコリ、映画プロデューサー(* 1909年)
  • 1999年 - ゲオルギオス・パパドプロス、ギリシャの指導者(* 1919年)
  • 1999年 - 水野良一、プロ野球選手(* 1917年)
  • 2001年 - トーベ・ヤンソン、児童文学作家(* 1914年)
  • 2001年 - ジャック・レモン、俳優(* 1925年)
  • 2002年 - ジョン・エントウィッスル、ミュージシャン(ザ・フー)(* 1944年)
  • 2004年 - 鈴木武、プロ野球選手(* 1932年)
  • 2005年 - 遠井吾郎、プロ野球選手(* 1939年)
  • 2005年 - ドミノ・ハーヴェイ、バウンティハンター(* 1969年)
  • 2008年 - 小口大八、和太鼓奏者(* 1924年)
  • 2008年 - レナード・ペナリオ、ピアニスト(* 1924年)
  • 2008年 - レイモン・ルフェーブル、イージーリスニングの音楽家(* 1929年)
  • 2011年 - セーラ・ロウエル、ファッションモデル、タレント(* 1960年)
  • 2012年 - 高村章子、声優(* 1922年)
  • 2014年 - 斎藤晴彦、俳優(* 1940年)
  • 2014年 - ボビー・ウーマック、シンガーソングライター、ギタリスト(* 1944年)
  • 2015年 - クリス・スクワイア、ミュージシャン(イエス)(* 1948年)
  • 2016年 - アルビン・トフラー、評論家、作家、未来学者(* 1928年)
  • 2017年 - 金原まさ子、俳人(* 1911年)
  • 2017年 - マイケル・ボンド、児童文学作家(* 1926年)

スピーチ作成 - テーマ「メディア・リテラシーの日」

自分が初めてテーマを知った/経験した時のエピソード。
テーマについて自分はどう思うか/思ったか。
言葉/行動/影響について自分はどう思うか。
今後自分はどうしたいと思うか。

スピーチ出力 - 06-27_メディア・リテラシーの日.txt

想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。
日付からスピーチを作る
10月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
11月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
12月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
1月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
2月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29
3月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
4月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
5月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
6月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
7月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
8月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
9月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30

参考になる本

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法
 会議・朝礼・電話でも、接客・商談・会合でも、面接・結婚式のスピーチでも、デート・合コン・保護者会でも。
 こんなふうに話せば「あがり」にさようなら! 予約半年待ち! 超人気講師が教える“緊張しないコツ。
¥ 1,210
超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48
 本書では、人前では話すことが苦手な人でもすぐ実行でき、たちまち効果を実感できる「あがらずに話せる正しい方法」を48個紹介しています。
 スピーチ・朝礼・会議・面接でドキドキしない!商談・プレゼン・営業が面白いほど成功する!人前で話すのが苦手な人でも大丈夫!あがらずに話せる超シンプルなテクニックを大公開!
¥ 1,296
朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100 話しベタなあなたに贈る
 他人の興味を引く「鉄板ネタ」さえ持っていれば、誰でも「人前で話すこと」が怖くなくなります。
 聞き手が具体的にイメージしやすいようにスポーツ選手や芸能人など、著名人のエピソードもたくさん織り込んだ「鉄板ネタ」を100個集めました。
¥ 1,620
恥をかかないスピーチ力
 新年度に自己紹介をしたり、結婚式やちょっとした集まりで人前で話したりする機会は意外と多い。そんな時に役立つ、スピーチやコメントのコツ、心構え。
 恥をかかないレベルから「なかなかうまいな」と思われるレベルまで、どうステップアップするか。
 「時間感覚」「身体感覚」の重要性、始まり方と終わり方、小ネタの集め方、シーン別のコツやNGポイントまで、人前で話す時にはこれさえあれば大丈夫!
¥ 702
心に届く話し方 65のルール
 本書は、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説した、話し方の基礎技術の本です。
 「本質的に内容が相手にきちんと伝わる」ことを目的とし、「そのための具体的かつ自然な音声表現のディテール」まで迫った本です。
¥ 1,361
カーネギー話し方入門 文庫版
 あのウォーレン・バフェットも受講したというデール・カーネギーの話し方講座のエッセンスをまとめた本。
 カーネギーといえば、大ベストセラーとなった『人を動かす』があまりに有名だが、本書の原著も100万部を突破したベストセラーとして、アメリカでは広く知られている。
¥ 650