365日のネタ・スピーチ例は、1年分(365日分)のネタと、朝礼などのスピーチの作例や作り方を、まとめたサイトです。 >> 使い方を読む

9月22日「世界サイの日」


 9月22日は「世界サイの日」です。2010年に、動物のサイの現状を理解して保護することを目的として、WWF(世界自然保護基金)南アフリカが提唱しました。日本では、2013年から取り入れています。

 私のサイに対するイメージは、ともかくパワーがすごいというイメージです。

 マンガやゲームで出てくるのならば、攻撃力と防御力が異様に高いキャラクターです。

 サイには「シロサイ」「クロサイ」「インドサイ」「ジャワサイ」「スマトラサイ」の5種類が現存します。しかし、その全ての種類が、現在絶滅の危機に瀕しています。
 サイのツノが、「ガンに効く」「滋養強壮剤になる」などの迷信のもと、漢方薬として金よりも高い値段で取り引きされています。
 ちなみにサイのツノは、髪の毛や皮膚と同じ成分です。


 サイだけでなく、アルビノの人が殺害されるような迷信もあります。迷信というのは厄介なものです。それによって、無駄な行動や、迷惑な行動が行われ続けることで、社会に余分なコストが掛かってきます。

 社会に教育を行き渡らせて、徐々に迷信を取り除いていく。教育の役割は、そうした意味でも大切だと思います。

スピーチ作例 9月22日1
文字数:497文字   想定時間:139
想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。

記念日・年中行事

  • 秋分(2012年から2044年までの閏年)
  • 秋の社日(日本、このころ)※秋分に最も近い戊の日
  • OneWebDay
    「オンライン生活」を祝う記念日。元ICANN理事スーザン・クロフォードの提唱で2006年に第1回が行われ、Second Life上で記念式典が行われた。
  • カーフリーデー
  • 国際ビーチクリーンアップデー
    アメリカ・サンフランシスコに本部のある海洋自然保護センターが1985年から実施。この日に近い週末に、世界各地で一斉に海岸のごみを拾い集め、その数量・種類等を調べることによって、海洋のゴミの発生元や、地球環境への影響を調査している。
  • 世界サイの日
  • 独立記念日(ブルガリア)
    1903年のこの日、ブルガリアがオスマン帝国からの独立を宣言した。
  • 独立記念日(マリ)
    マリ共和国は1960年6月に隣国のセネガルとともにマリ連邦としてフランスから独立したが、同年8月にセネガルがマリ連邦から離脱したため、この日改めてマリ連邦から離脱し、それまでのスーダン共和国からマリ共和国に改称した。
  • 秋分の日(日本、この日が秋分の場合)
  • 国民の休日(日本)※敬老の日が9月21日で、秋分の日が9月23日の場合
    2009年にこの巡りとなり、この年は9月19日から23日にかけて5連休となる(土曜日も休みと考えた場合)。そのため5月のゴールデンウィーク(黄金週間)にならってシルバーウィーク(銀週間)という俗称がある。

歴史

  • 1236年 - 北方十字軍: 太陽の戦い。リトアニアがリヴォニア帯剣騎士団を破る。
  • 1579年(天正7年9月2日)- 有岡城の戦い: 荒木村重が配下を残し、有岡城を脱出。
  • 1761年 - イングランド王ジョージ3世とシャーロット王妃の戴冠式
  • 1792年(フランス革命暦I年ヴァンデミール1日)- フランス革命: フランス革命暦の起点とされる日。使用開始は1793年11月24日。
  • 1830年 - 大コロンビアからベネズエラが独立。
  • 1862年 - エイブラハム・リンカーン米大統領が奴隷解放宣言第1部を発表。
  • 1869年 - リヒャルト・ワーグナーのオペラ『ラインの黄金』がミュンヘン宮廷歌劇場で初演。
  • 1887年 - 石井十次が日本初の孤児院「孤児教育会」(後の岡山孤児院)を岡山市内に創設。
  • 1888年 - ナショナルジオグラフィック協会が雑誌『The National Geographic Magazine』(現在の『National Geographic』)を創刊。
  • 1908年 - ブルガリアがオスマン帝国からの独立を宣言。
  • 1944年 - 第二次世界大戦: フィンランドが日本との国交を断絶。
  • 1945年 - アメリカ合衆国が降伏後における米国の初期の対日方針(初期対日方針)を発表、アメリカ単独による占領を規定。
  • 1945年 - 武蔵野鉄道が(旧)西武鉄道と食糧増産を吸収合併して西武農業鉄道(現 西武鉄道)に改称。
  • 1946年 - 坂町駅でヤミ米を押収しようとした警察官を在日中国人・朝鮮人が集団で襲撃。(坂町事件)
  • 1950年 - 日本大学に勤務していた運転手の少年が給料を強奪し、愛人と逃走するも2日後に逮捕。(日大ギャング事件、オー・ミステーク事件)
  • 1955年 - 冷戦: 西ドイツのコンラート・アデナウアー首相が外交方針「ハルシュタイン原則」を表明。
  • 1960年 - 8月にマリ連邦からセネガルが離脱したのに伴い、スーダン共和国(旧 フランス領スーダン)がマリ共和国に改称。
  • 1968年 - エジプトでアスワン・ハイ・ダム建設に伴うアブ・シンベル神殿の移転工事が完了。
  • 1970年 - トゥンク・アブドゥル・ラーマンがマレーシア首相を辞任。後任にアブドゥル・ラザクが就任。
  • 1975年 - 大韓民国で民兵組織「民防衛隊」が発足。
  • 1979年 - ヴェラ事件。アメリカの核実験監視衛星「ヴェラ」が、南アフリカ共和国近海の洋上での核実験類似の大爆発を観測。
  • 1980年 - イラク空軍のMiG-21がテヘランなどの空港を爆撃して侵攻を開始、イラン・イラク戦争が本格化。
  • 1982年 - 三越事件: 三越取締役会議で岡田茂代表取締役社長を解任。岡田が発した「なぜだ!」が流行語になる。
  • 1984年 - 日本国有鉄道東北本線厨川駅でゆうづる1号と自動車の衝突事故発生。終着青森駅には2時間30分の遅れで到着。
  • 1985年 - G5でドル高是正のためのプラザ合意が成立。円が為替相場で急騰。
  • 1986年 - 安中公害訴訟の和解が成立。東邦亜鉛が住民に4億5000万円を賠償。
  • 1987年 - 昭和天皇が開腹手術を受ける。天皇の開腹手術は史上初。病名は「慢性膵臓炎」と発表。
  • 1989年 - 大相撲秋場所で千代の富士が通算965勝を挙げ、最多勝記録を樹立。
  • 1997年 - ロックバンド「X JAPAN」が解散表明。
  • 2003年 - 小泉再改造内閣が発足。
  • 2006年 - ドイツの磁気浮上式鉄道(トランスラピッド)エムスランド実験線で、試運転の列車が工事車両と衝突。作業員と列車に乗車していた見学客23名が死亡。
  • 2006年 - アメリカ海軍に配備されていた戦闘機:F-14(トムキャット)が全機退役。
  • 2012年 - JR只見線においてタブレット閉塞による運行が終了し、JRのすべての路線からタブレット閉塞による運行保安システムが消滅。
  • 2016年 - 日本のプロバスケットボールリーグ・Bリーグが開幕。

誕生日

  • 1428年(宣徳3年8月13日)- 景泰帝、第7代明皇帝(+ 1457年)
  • 1515年 - アン・オブ・クレーヴズ、イングランド王ヘンリー8世妃(+ 1557年)
  • 1593年 - マテウス・メーリアン、版画家、製図家(+ 1650年)
  • 1601年 - アンヌ・ドートリッシュ、フランス王ルイ13世妃(+ 1666年)
  • 1725年 - ジョゼフ・デュプレシ、画家(+ 1802年)
  • 1741年 - ペーター・ジーモン・パラス、動物学者、植物学者(+ 1811年)
  • 1765年 - パオロ・ルフィニ、数学者(+ 1822年)
  • 1791年 - マイケル・ファラデー、物理学者、化学者(+ 1867年)
  • 1809年(文化6年8月13日)- 横井小楠、儒学者、熊本藩士(+ 1869年)
  • 1829年 - 嗣徳帝、ベトナム阮朝第4代皇帝(+ 1883年)
  • 1829年 - ウィリアム・ワース・ベルナップ、第30代アメリカ合衆国陸軍長官(+ 1890年)
  • 1869年 - アーサー・プライヤー、トロンボーン奏者、バンドリーダー(+ 1942年)
  • 1875年 - ミカロユス・チュルリョーニス、画家、作曲家(+ 1911年)
  • 1878年 - 吉田茂、政治家、内閣総理大臣、外務大臣ほか(+ 1967年)
  • 1878年 - 牧野省三、映画監督(+ 1929年)
  • 1882年 - ヴィルヘルム・カイテル、ドイツ陸軍軍人、国防軍最高司令部総長(+ 1946年)
  • 1895年 - ポール・ムニ、俳優(+ 1967年)
  • 1900年 - ポール・エメット、化学工学者(+ 1985年)
  • 1904年 - ジョゼフ・ヴァラキ、マフィア(+ 1971年)
  • 1905年 - オイゲン・ゼンガー、航空エンジニア(+ 1964年)
  • 1907年 - モーリス・ブランショ、作家、評論家(+ 2003年)
  • 1908年 - 松山崇、美術監督(+ 1977年)
  • 1909年 - デイヴィッド・リースマン、社会学者(+ 2002年)
  • 1910年 - 宮崎秀吉、世界最高齢の陸上選手
  • 1913年 - 平塚八兵衛、警視庁刑事(+ 1979年)
  • 1918年 - ヘンリク・シェリング、ヴァイオリニスト、作曲家(+ 1988年)
  • 1919年 - 星田次郎、元プロ野球選手(+ 1960年)
  • 1920年 - ウィリアム・ライカー、政治学者(+ 1993年)
  • 1921年 - 宮澤弘、政治家、法務大臣、広島県知事ほか(+ 2012年)
  • 1922年 - 楊振寧、物理学者
  • 1923年 - 小林章良、元プロ野球選手(+ 2002年)
  • 1925年 - 榎並達郎、プロ野球選手
  • 1927年 - トミー・ラソーダ、元メジャーリーガー
  • 1930年 - 前田祐吉、元慶應義塾大学野球部監督(+ 2016年)
  • 1931年 - 貞永方久、映画監督(+ 2011年)
  • 1931年 - 神谷定男、プロ野球選手(+ 2016年)
  • 1932年 - 末松安晴、情報工学者
  • 1932年 - ケン・アスプロモンテ、元プロ野球選手
  • 1933年 - 鈴木隆、元プロ野球選手
  • 1933年 - 萩原弥惣治、政治家、前橋市長
  • 1935年 - 岡田眞澄、俳優(+ 2006年)
  • 1936年 - 西川潤、経済学者
  • 1939年 - 田部井淳子、女流登山家(+ 2016年)
  • 1940年 - アンナ・カリーナ、女優
  • 1942年 - 阪本時彦、アナウンサー、『ラジオの達人』パーソナリティ
  • 1945年 - 猪木武徳、経済学者
  • 1947年 - 谷沢健一、元プロ野球選手、野球解説者
  • 1950年 - 本多敏行、アニメーター、エクラアニマル社長
  • 1950年 - 佐藤敬次、プロ野球選手
  • 1951年 - 志垣太郎、俳優
  • 1951年 - 藤沢和雄、調教師
  • 1951年 - デイヴィッド・カヴァデール、ミュージシャン
  • 1953年 - セゴレーヌ・ロワイヤル、政治家、環境大臣、家庭担当大臣ほか
  • 1953年 - トマシュ・ボイトビッチ、バレーボール選手
  • 1953年 - 神農清治、プロ野球選手
  • 1956年 - 石毛宏典、関西独立リーグ最高顧問、プロ野球選手、監督
  • 1956年 - 鈴木雅之、歌手
  • 1958年 - アンドレア・ボチェッリ、テノール歌手
  • 1958年 - 松村あゆみ、テレビプロデューサー、テレビ演出家、脚本家
  • 1958年 - ジョーン・ジェット、シンガー・ソングライター、女優
  • 1959年 - 石井竜也、歌手
  • 1959年 - 11代式守勘太夫、大相撲行司
  • 1960年 - 秋里和国、漫画家
  • 1960年 - 樋渡真司、俳優
  • 1961年 - ボニー・ハント、声優、女優
  • 1961年 - 田嶋要、政治家
  • 1961年 - ビンス・コールマン、メジャーリーガー
  • 1962年 - ふせえり 、女優
  • 1964年 - 細井治、声優
  • 1965年 - 橋本潮、歌手
  • 1965年 - ルビー・モレノ、女優
  • 1965年 - 樋口真嗣、映画監督
  • 1965年 - 吉川弘幸、元プロ野球選手
  • 1967年 - 緒形直人、俳優
  • 1967年 - 平井信行、気象予報士
  • 1967年 - スペル・デルフィン、プロレスラー、大阪プロレス創始者
  • 1967年 - 後藤健二、ジャーナリスト(+ 2015年)
  • 1968年 - 矢野武、アナウンサー
  • 1969年 - 渡辺真美、歌手
  • 1969年 - ジェフ・バリー、元プロ野球選手
  • 1970年 - 伊藤隆、元キックボクサー
  • 1970年 - マイク・マシーニー、メジャーリーガー
  • 1970年 - エマニュエル・プティ、元サッカー選手、タレント
  • 1971年 - 徳永暁人、ミュージシャン(doa)
  • 1971年 - 酒井弘樹、元プロ野球選手
  • 1973年 - 大澤幹朗、フリーアナウンサー
  • 1973年 - 趙宏博、元フィギュアスケート選手
  • 1973年 - ボブ・サップ、格闘家
  • 1974年 - 橿渕聡、元プロ野球選手
  • 1975年 - 永井みゆき、演歌歌手
  • 1976年 - ロナウド、サッカー選手
  • 1976年 - Sascha、ラジオDJ、タレント
  • 1977年 - WADA、ミュージシャン(アルファ)
  • 1977年 - 角田ともみ、女優、モデル
  • 1978年 - ハリー・キューウェル、サッカー選手
  • 1978年 - 中谷勇介、サッカー選手
  • 1978年 - 五味隆典、格闘家
  • 1979年 - 竹内めぐみ、歌手、詩人
  • 1980年 - ジェームス・ブラック、フィギュアスケート選手
  • 1980年 - 片山瞳、ファッションモデル、女優
  • 1981年 - アレクセイ・ラミレス、野球選手
  • 1981年 - 苫米地鉄人、元プロ野球選手
  • 1981年 - 山瀬功治、サッカー選手
  • 1981年 - 渋谷すばる、関ジャニ∞
  • 1982年 - 北島康介、競泳選手
  • 1982年 - マンディ・チアン、歌手、女優
  • 1982年 - マールテン・ステケレンブルフ、サッカー選手
  • 1982年 - 竹内良太、声優
  • 1983年 - 今井絵理子、歌手(SPEED)
  • 1983年 - 藤本怜央、車いすバスケットボール選手
  • 1984年 - チアゴ・シウヴァ、サッカー選手
  • 1984年 - 新城幸也、自転車競技選手
  • 1984年 - テレサ・フー、歌手、女優
  • 1985年 - 成田童夢、元スノーボード選手
  • 1986年 - 美波、モデル、女優
  • 1986年 - 矢作紗友里、声優
  • 1986年 - セルゲイ・ドブリン、フィギュアスケート選手
  • 1986年 - 朴顯俊、元プロ野球選手
  • 1986年 - クリス・シュウィンデン、プロ野球選手
  • 1987年 - トム・フェルトン、俳優
  • 1987年 - 滝沢ななえ、バレーボール選手
  • 1988年 - マイリン・ハウシュ、フィギュアスケート選手
  • 1989年 - ザビーネ・リシキ、テニス選手
  • 1989年 - 足立祐一、プロ野球選手
  • 1990年 - マーヴィン・トラン、フィギュアスケート選手
  • 1990年 - 植田真梨恵、シンガーソングライター
  • 1991年 - 草薙和輝、テレビ朝日アナウンサー
  • 1993年 - 豊山亮太、大相撲力士
  • 1994年 - カルロス・コレア、メジャーリーガー
  • 1994年 - ジニョン、GOT7
  • 1995年 - ナヨン、アイドル(TWICE)
  • 1995年 - 山岡泰輔、プロ野球選手
  • 1997年 - 宮近海斗、ジャニーズJr.(Travis Japan)
  • 2001年 - 高橋ひかる、モデル、女優
  • 生年不明 - 佐藤芳洋、声優
  • 生年不明 - 島田友樹、声優
  • 生年不明 - 大下菜摘、声優
  • 生年不明 - 西谷亮、声優
  • 生年不明 - 石塚堅、声優
  • 2000年 - 北登、DASH村に住む柴犬(+ 2017年)

忌日

  • 1253年(建長5年8月28日)- 道元、曹洞宗の開祖(* 1200年)
  • 1286年(弘安9年9月3日)- 無学祖元、臨済宗の僧(* 1226年)
  • 1358年(正平13年/延文3年8月19日)- 洞院実世、南朝の公卿(* 1308年)
  • 1369年 - グイード・ゴンザーガ、マントヴァの僭主(* 1290年)
  • 1482年 - フィリベルト1世、サヴォイア公(* 1465年)
  • 1520年 - セリム1世、第9代オスマン帝国スルタン(* 1465年)
  • 1554年 - フランシスコ・バスケス・デ・コロナド、探検家(* 1510年)
  • 1591年(天正19年8月5日)- 豊臣鶴松、豊臣秀吉の長男(* 1589年)
  • 1703年 - ヴィンチェンツォ・ヴィヴィアーニ、数学者、科学者(* 1622年)
  • 1714年(正徳4年8月14日)- 秋元喬知、川越藩主、江戸幕府老中(* 1649年)
  • 1748年(寛延元年8月30日)- 木下俊能、日出藩主(* 1725年)
  • 1774年 - クレメンス14世、第249代ローマ教皇(* 1705年)
  • 1776年 - ネイサン・ヘイル、大陸軍軍人、諜報員(* 1755年)
  • 1788年(天明8年8月23日)- 鳥山石燕、浮世絵師(* 1712年)
  • 1829年(文政12年8月25日)- 松平頼儀、第8代高松藩主(* 1775年)
  • 1830年(文政13年8月6日)- 松平忠功、桑名藩主(* 1756年)
  • 1850年 - ヨハン・ハインリヒ・フォン・チューネン、経済学者(* 1783年)
  • 1857年 - ダニエーレ・マニン、ヴェネト共和国大統領、民族主義運動指導者(* 1804年)
  • 1863年(文久3年8月10日)- 佐伯又三郎、新選組副長助勤
  • 1863年(文久3年8月10日)- 佐々木愛次郎、新選組隊士(* 1845年)
  • 1882年 - シャカ・ズールー、ズールー王国初代国王(* 1787年)
  • 1911年 - オスカル・ケルネル、農学者(* 1851年)
  • 1939年 - ヴェルナー・フォン・フリッチュ、ドイツ陸軍軍人(* 1880年)
  • 1949年 - サム・ウッド、映画監督(* 1883年)
  • 1949年 - 金正淑、北朝鮮国家主席金日成夫人(* 1917年)
  • 1950年 - 藤原咲平、気象学者(* 1884年)
  • 1950年 - ラルフ・ローレンス・カー、弁護士、コロラド州知事(* 1887年)
  • 1956年 - フレデリック・ソディ、化学者(* 1877年)
  • 1957年 - 豊田副武、海軍軍人・第29-30代連合艦隊司令長官、第19代軍令部総長(* 1885年)
  • 1959年 - ヨーゼフ・マティアス・ハウアー、作曲家(* 1883年)
  • 1960年 - メラニー・クライン、精神分析家(* 1882年)
  • 1961年 - マリオン・デイヴィス、女優(* 1879年)
  • 1964年 - 佐々木邦、小説家(* 1883年)
  • 1965年 - ビズ・マッキー、メジャーリーガー(* 1897年)
  • 1967年 - ハラルト・クヴァント、実業家、J・ゲッベルスの養子(* 1921年)
  • 1969年 - ベルント・ショルツ、作曲家(* 1911年)
  • 1972年 - 田部重治、登山家(* 1884年)
  • 1976年 - 亀田忠、元プロ野球選手(* 1912年)
  • 1980年 - 河上徹太郎、文芸評論家(* 1902年)
  • 1981年 - 河原崎長十郎(4代目)、歌舞伎役者(* 1902年)
  • 1982年 - デイヴィッド・ドゥビンスキー、労働運動指導者(* 1892年)
  • 1982年 - 佐分利信、俳優(* 1909年)
  • 1986年 - 坪井誠太郎、地質学者、鉱物学者(* 1893年)
  • 1989年 - アーヴィング・バーリン、作曲家、作詞家(* 1888年)
  • 1989年 - 岡崎嘉平太、実業家(* 1897年)
  • 1989年 - 前川春雄、第24代日本銀行総裁(* 1911年)
  • 1991年 - 日影丈吉、小説家、翻訳家(* 1908年)
  • 1993年 - モーリス・アブラヴァネル、指揮者(* 1903年)
  • 1996年 - ドロシー・ラムーア、女優(* 1914年)
  • 1996年 - 笑福亭松鶴(7代目)、落語家(* 1952年)
  • 1997年 - 横井庄一、陸軍伍長(* 1915年)
  • 1997年 - マナブ間部、画家(* 1924年)
  • 1998年 - 李學仁、映画監督、作家、漫画原作者(* 1945年)
  • 1999年 - 淡谷のり子、歌手(* 1907年)
  • 1999年 - ジョージ・C・スコット、俳優(* 1927年)
  • 1999年 - 久高友雄、サッカー選手(* 1963年)
  • 2000年 - 坂井三郎、海軍軍人(エース・パイロット)、経営者(* 1916年)
  • 2001年 - アイザック・スターン、ヴァイオリニスト(* 1920年)
  • 2003年 - 鷲見四郎、ヴァイオリニスト(* 1913年)
  • 2005年 - 有川貞昌、特撮監督(* 1925年)
  • 2005年 - レバンダー・ジョンソン、プロボクサー(* 1969年)
  • 2006年 - 小山宙丸、哲学者(* 1927年)
  • 2007年 - マルセル・マルソー、パントマイムアーティスト(* 1923年)
  • 2008年 - 木下龍太郎、作詞家(* 1938年)
  • 2008年 - トーマス・デルフライン、動物園飼育係(* 1963年)
  • 2010年 - ブリジット・オコナー、劇作家、脚本家(* 1961年)
  • 2010年 - エディ・フィッシャー、歌手(* 1928年)
  • 2012年 - 荻島秀夫、プロ野球選手(* 1924年)
  • 2015年 - ヨギ・ベラ、メジャーリーガー、監督(* 1925年)
  • 2015年 - 岸朝子、料理記者、食生活ジャーナリスト(* 1923年)

スピーチ作成 - テーマ「世界サイの日」

自分が初めてテーマを知った/経験した時のエピソード。
テーマについて自分はどう思うか/思ったか。
言葉/行動/影響について自分はどう思うか。
今後自分はどうしたいと思うか。

スピーチ出力 - 09-22_世界サイの日.txt

想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。
日付からスピーチを作る
12月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
1月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
2月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29
3月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
4月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
5月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
6月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
7月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
8月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
9月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
10月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
11月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30

参考になる本

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法
 会議・朝礼・電話でも、接客・商談・会合でも、面接・結婚式のスピーチでも、デート・合コン・保護者会でも。
 こんなふうに話せば「あがり」にさようなら! 予約半年待ち! 超人気講師が教える“緊張しないコツ。
¥ 1,210
超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48
 本書では、人前では話すことが苦手な人でもすぐ実行でき、たちまち効果を実感できる「あがらずに話せる正しい方法」を48個紹介しています。
 スピーチ・朝礼・会議・面接でドキドキしない!商談・プレゼン・営業が面白いほど成功する!人前で話すのが苦手な人でも大丈夫!あがらずに話せる超シンプルなテクニックを大公開!
¥ 1,296
朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100 話しベタなあなたに贈る
 他人の興味を引く「鉄板ネタ」さえ持っていれば、誰でも「人前で話すこと」が怖くなくなります。
 聞き手が具体的にイメージしやすいようにスポーツ選手や芸能人など、著名人のエピソードもたくさん織り込んだ「鉄板ネタ」を100個集めました。
¥ 1,620
恥をかかないスピーチ力
 新年度に自己紹介をしたり、結婚式やちょっとした集まりで人前で話したりする機会は意外と多い。そんな時に役立つ、スピーチやコメントのコツ、心構え。
 恥をかかないレベルから「なかなかうまいな」と思われるレベルまで、どうステップアップするか。
 「時間感覚」「身体感覚」の重要性、始まり方と終わり方、小ネタの集め方、シーン別のコツやNGポイントまで、人前で話す時にはこれさえあれば大丈夫!
¥ 702
心に届く話し方 65のルール
 本書は、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説した、話し方の基礎技術の本です。
 「本質的に内容が相手にきちんと伝わる」ことを目的とし、「そのための具体的かつ自然な音声表現のディテール」まで迫った本です。
¥ 1,361
カーネギー話し方入門 文庫版
 あのウォーレン・バフェットも受講したというデール・カーネギーの話し方講座のエッセンスをまとめた本。
 カーネギーといえば、大ベストセラーとなった『人を動かす』があまりに有名だが、本書の原著も100万部を突破したベストセラーとして、アメリカでは広く知られている。
¥ 650