365日のネタ・スピーチ例は、1年分(365日分)のネタと、朝礼などのスピーチの作例や作り方を、まとめたサイトです。 >> 使い方を読む

12月6日「ラジオアイソトープの日」


 12月6日は「ラジオアイソトープの日」です。この日は、ラジオアイソトープ(放射性同位元素)の製造にも使われるサイクロトロンを開発した仁科芳雄博士の1890年の誕生日です。
 アイソトープ(同位元素)は、陽子の個数が同じで、中性子の個数が異なる原子同士のことを指します。その中でも、外部から力を加えられることなく、ひとりでに放射線を出して他の種類の原子核に変わるものを、ラジオアイソトープ(放射性同位体)と呼びます。


 私はラジオアイソトープを利用した検査や治療を受けたことがありません。放射性医薬品を用いて、臓器の血流や機能を調べたり、甲状腺に吸収されやすいヨウ素の放射性同位体を利用して癌治療をしたり、様々な用いられ方をしています。

 原子のレベルで物事を考える医療なわけで、100年、200年前の人類では考えつかない、魔法のような方法だと思います。

 日本の現代物理学の父と呼ばれる仁科芳雄は、理化学研究所に日本第1号、世界では第2号のサイクロトロンを建設して、原子核・素粒子研究の基礎を築きました。また、ラジオアイソトープを医学、生物学など幅広い分野へ応用するための先駆的な研究を指導しました。
 理研の仁科研究室には、彼を慕い、朝永振一郎や湯川秀樹など多くの研究者が集いました。
 第二次世界大戦中、陸軍は、仁科研究室に核兵器の研究を委託し、海軍も仁科と原子爆弾製造について検討しました。しかし、「原爆製造の可能性はあるが当時の戦争に使用されるほど早くは開発不能であろう」と結論づけました。
 その後、1945年夏に広島、長崎に投下された爆弾を直感で原子爆弾と判断し、仁科は現地の調査に出かけました。そして、その時の衝撃を、青空文庫にも収録されている「原子力の管理」という文章に残しています。


 放射能を持った物質の話では、原子爆弾や被爆の話が必ず付いて回ります。強い力を持つ物ほど、その使い方を誤れば大きな被害を招きます。

 そうした間違いに至らないために、一人一人が正しい知識を学び、意識を向け続けなければならないのだと思います。

スピーチ作例 12月6日1
文字数:877文字   想定時間:255
想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。

その他の情報

 ラジオアイソトープは、自然界に存在するもの約70種類のほか、原子炉や加速器(サイクロトロンなど)などで人工的に作られるものを含めると、非常に多く、約2600種類存在します。
 現在、放射性医薬品として使用されている主なラジオアイソトープは、99mTc(テクネチウム99m)、123I(ヨウ素123)、201Tl(タリウム201)、67Ga(ガリウム67)、131I(ヨウ素131)、133Xe(キセノン133)、18F(フッ素18)などです。
 RI検査は、患者にラジオアイソトープで標識した、つまり目印をつけた「放射性医薬品」を投与することから始まります。しばらくして、投与された放射性医薬品が目的とする臓器や組織に集まったところを、ガンマ線を検出するガンマカメラで体外から撮影します。
 撮影には、ガンマカメラが体の周りを回転しながら写す断層撮影法が広く用いられていて、この装置を「SPECT」(スペクト)と呼びます。最近では、ポジトロン(陽電子)を放出するラジオアイソトープを用いた高性能の断層撮影法が普及しています。この装置は「PET」(ペット)と呼ばれています。
 X線とラジオアイソトープは、ともに医療の現場でよく使用されますが、大きく異なっています。
 X線は放射線の一種です。X線の本体は電磁波で、目に見えることはありません。
 ラジオアイソトープは元素、すなわち化学物質です。 固体や液体として目で見ることが出来ます。ラジオアイソトープが一般の元素と決定的に異なる点は、自然に放射線を出すことです。
 X線は胸部X線撮影装置などのX線発生装置が作る放射線そのもので、ラジオアイソトープは放射性医薬品などの化学物質のことです。

記念日・年中行事

  • 独立記念日(フィンランド)
    1917年のこの日、フィンランドがロシア帝国から独立した。
  • 憲法記念日(スペイン)
    1978年のこの日、スペインで現行のスペイン1978年憲法が成立した。
  • ミラの聖ニコラウスの祝日
    子供・結婚前の若い女性・商人・質屋・薬剤師・ロシアの守護聖人である聖ニコラウスの聖名祝日。いくつかの国では前日の12月5日が重要な祭日となる(たとえばオランダのシンタクラースの日)。
  • 姉の日(日本)
    姉妹型・兄弟型研究の第一人者、畑田国男が6月6日の「兄の日」、9月6日の「妹の日」に次いで提唱した日。この日が祝日である聖ニコラウスにまつわる三姉妹伝説がその日付の由来になっている。
  • 音の日(日本)
    日本オーディオ協会が1994年に制定。1877年のこの日、トーマス・エジソンが自身が発明した蓄音機で音を録音・再生することに成功したことを記念。

歴史

  • 1240年 - モンゴルのルーシ侵攻: バトゥ率いるモンゴル軍によりキエフが陥落し、キエフ大公国が滅亡。
  • 1768年 - 『ブリタニカ百科事典』第1版が発行。
  • 1865年 - 公式に奴隷制を廃止するアメリカ合衆国憲法修正第13条が27州の批准により成立。
  • 1877年 - トーマス・エジソンが、自身が発明した蓄音機で初めて人の声を録音する。
  • 1877年 - 『ワシントン・ポスト』が創刊。
  • 1914年 - 山田耕筰作曲「勝鬨と平和」初演(日本人が作曲した最初の交響曲)。
  • 1917年 - フィンランドがロシアからの独立を宣言。
  • 1917年 - ハリファックス大爆発
  • 1921年 - 英愛条約締結。大英帝国内の自治国としてアイルランド自由国の建国が決定。
  • 1922年 - 英愛条約に基づきアイルランド自由国が建国。
  • 1918年 - 大学令・高等学校令公布。単科大学・私立公立の大学・高校を認可。
  • 1927年 - 『労農』が創刊、労農派が誕生。
  • 1932年 - 日豊本線が全通。
  • 1940年 - 各省・軍の情報部門を統合して内閣情報局を設置。
  • 1941年 - 第二次世界大戦・冬戦争: イギリスがフィンランドに宣戦布告。
  • 1950年 - 朝鮮戦争: 中国人民志願軍39軍の116師(師長:汪洋)と朝鮮人民軍1軍団(軍団長:李権武)が平壌を占領する。
  • 1951年 - 国際柔道連盟結成。
  • 1956年 - メルボルンオリンピック: メルボルンの流血戦
  • 1957年 - アメリカ初の人工衛星「ヴァンガードTV3」を打ち上げようとするが、打ち上げ直後に発射台で爆発。
  • 1969年 - 大阪市営地下鉄堺筋線 天神橋筋六丁目駅 - 動物園前駅間が開業。またこの時既存の大阪市営地下鉄線(1号線 - 5号線)に愛称が付けられる。
  • 1978年 - スペインで現行のスペイン1978年憲法が成立。(スペインの憲法記念日)
  • 1979年 - 崔圭夏が第10代韓国大統領に就任。
  • 1982年 - 東京地裁が「コンピュータのプログラムは著作物に該当」という初の判断。
  • 1984年 - 三笠宮家の第三男子・憲仁親王と鳥取久子の結婚の儀。同日、高円宮家を創設。
  • 1985年 - 新日本プロレス両国国技館大会にUWFの前田日明、藤原喜明、木戸修、高田伸彦、山崎一夫が乗り込み宣戦布告する。
  • 1988年 - リクルート事件: 参議院で江副浩正リクルート前会長の証人喚問。宮澤喜一蔵相の証言との食い違いが判明し、9日に宮澤が蔵相を辞任。
  • 1989年 - モントリオール理工科大学虐殺事件
  • 1992年 - ヒンドゥー教原理主義者によりインド・アヨーディヤーのモスク・バーブリー・マスジドが完全に破壊。
  • 1992年 - 新東京国際空港(現在の成田国際空港)第2旅客ターミナルビルの供用開始。第1旅客ターミナルビル北ウイング、第1及び第2サテライトが閉鎖。
  • 1998年 - ウゴ・チャベスがベネズエラ大統領に選出。
  • 2005年 - 韓国海上警察が日本の海上保安庁に対し、日本領海の捜査権の譲渡を要求するが、海上保安庁は「主権侵害にあたる」としてこれを拒否。
  • 2008年 - ギリシャ・アテネで15歳の少年が警察官に射殺される。抗議行動がギリシャ全土に広まり、一部が暴動化。(2008年ギリシャの暴動)
  • 2008年 - マウイ島ハレアカラ山頂にて、地球近傍天体観測プロジェクト・パンスターズが活動開始。
  • 2015年 - 仙台市地下鉄東西線(八木山動物公園〜荒井)が開業。
  • 2017年 - 日本放送協会の受信料徴収をめぐる最高裁判決が行われ、合憲と判断される。

誕生日

  • 1421年 - ヘンリー6世、イングランド国王(+ 1471年)
  • 1778年 - ジョセフ・ルイ・ゲイ=リュサック、化学者、物理学者(+ 1850年)
  • 1823年 - フリードリヒ・マックス・ミュラー、東洋学者(+ 1900年)
  • 1829年(文政12年11月11日)- 由利公正、政治家(+ 1909年)
  • 1848年(嘉永元年11月11日)- 川上操六、陸軍軍人(+ 1899年)
  • 1856年 - ハンス・モーリッシュ、植物学者(+ 1937年)
  • 1878年 - 安藤幸、ヴァイオリニスト(+ 1963年)
  • 1890年 - 仁科芳雄、物理学者(+ 1951年)
  • 1899年 - ジョッコ・コンラン、メジャーリーグ審判(+ 1989年)
  • 1903年 - トニー・ラゼリ、メジャーリーガー(+ 1946年)
  • 1919年 - ギデオン・クライン、作曲家(+ 1945年)
  • 1919年 - ポール・ド・マン、文学理論家(+ 1983年)
  • 1920年 - ジョージ・ポーター、化学者(+ 2002年)
  • 1924年 - 鶴田浩二、俳優(+ 1987年)
  • 1925年 - 東久邇成子、日本の皇族(+ 1961年)
  • 1927年 - 宮沢昭、ジャズテナーサクソフォーン奏者(+ 2000年)
  • 1929年 - ニコラウス・アーノンクール、指揮者(+ 2016年)
  • 1930年 - キダ・タロー、作曲家
  • 1933年 - ヘンリク・ミコワイ・グレツキ、作曲家(+ 2010年)
  • 1933年 - 宍戸錠、俳優
  • 1933年 - 鎮西清高、地質学者
  • 1934年 - ニック・ボックウィンクル、プロレスラー(+ 2015年)
  • 1934年 - 荻孝雄、プロ野球選手(+ 2014年)
  • 1935年 - 木原正二郎、声優
  • 1937年 - レジナルド・ゴリッジ、地理学者(+ 2009年)
  • 1938年 - 浅田満、ハンナン会長
  • 1940年 - 露木茂、ニュースキャスター、アナウンサー
  • 1941年 - ブルース・ナウマン、現代美術家
  • 1942年 - ペーター・ハントケ、作家
  • 1942年 - 斎藤功、地理学者(+ 2014年)
  • 1943年 - 車だん吉、タレント
  • 1943年 - 星由里子、女優(+ 2018年)
  • 1947年 - 冨松彰、宇宙物理学者
  • 1948年 - ケケ・ロズベルグ、F1レーサー
  • 1948年 - 菅義偉、衆議院議員
  • 1949年 - 三田純義、工学者
  • 1950年 - 久石譲、作曲家
  • 1950年 - ウーベ・カゲルマン、フィギュアスケート選手
  • 1950年 - 松屋健治、プロ野球選手
  • 1951年 - ダニエル・アドニ、ピアニスト
  • 1952年 - 佐藤史生、漫画家(+ 2010年)
  • 1953年 - 車田正美、漫画家
  • 1953年 - 山下雄三、歌手
  • 1954年 - アンドレイ・ミネンコフ、フィギュアスケート選手
  • 1956年 - 雷門ケン坊、声優
  • 1956年 - 末松義規、衆議院議員
  • 1956年 - ランディ・ローズ、ギタリスト(+ 1982年)
  • 1956年 - 若狭勝、政治家、検事
  • 1957年 - 立石充男、元プロ野球選手
  • 1957年 - スティーブ・ベドローシアン、メジャーリーガー
  • 1958年 - 守村大、漫画家
  • 1959年 - 吉良知彦、ミュージシャン(ZABADAK)(+ 2016年)
  • 1959年 - 岩田聡、任天堂第4代社長(+ 2015年)
  • 1959年 - ラリー・シーツ、元プロ野球選手
  • 1960年 - 勝谷誠彦、コラムニスト、写真家
  • 1960年 - 琴椿克之、元大相撲力士、年寄白玉
  • 1962年 - 安藤大将、競艇選手
  • 1964年 - 林家たい平、落語家
  • 1965年 - ホイラー・グレイシー、柔術家
  • 1965年 - 水島努、アニメーション監督
  • 1965年 - 古川元久、政治家
  • 1965年 - 若松俊秀、俳優
  • 1966年 - 中尾秀正、調教師
  • 1967年 - 遠藤遼一、ミュージシャン(ENDS、元SOFT BALLET)
  • 1968年 - 矢野燿大、プロ野球選手
  • 1971年 - アダム・ハイズデュ、元プロ野球選手
  • 1971年 - 影木栄貴、漫画家
  • 1971年 - ホセ・コントレラス、メジャーリーガー
  • 1971年 - ホアン・レイ、俳優、監督
  • 1972年 - リック・ショート、元プロ野球選手
  • 1972年 - 武藤幸司、野球選手
  • 1974年 - 宮田仁、元野球選手
  • 1975年 - 朝見優香、女優
  • 1975年 - 笠原健治、実業家(ミクシィ創業者)
  • 1976年 - 満仲由紀子、声優
  • 1977年 - 市川海老蔵11世、歌舞伎俳優
  • 1978年 - ミドリカワ書房、歌手
  • 1978年 - エメルソン、サッカー選手
  • 1979年 - 橋本義隆、プロ野球選手
  • 1979年 - 森直史、トラスパレンテオーナー
  • 1979年 - アレックス・ムンブル、バスケットボール選手
  • 1979年 - ティム・ケーヒル、サッカー選手
  • 1980年 - 保田圭、アイドル(元モーニング娘。)
  • 1980年 - 金森正晃、映画監督
  • 1981年 - 辻隼、陸上競技選手
  • 1981年 - 牛田成樹、プロ野球選手
  • 1981年 - 佐藤賢、プロ野球選手
  • 1981年 - 管家修一、野球選手
  • 1982年 - アルベルト・コンタドール、自転車競技ロードレース選手
  • 1982年 - エレク・アティッラ、フィギュアスケート選手
  • 1983年 - ティファニー・タン、女優
  • 1984年 - 宇佐美友紀、アイドル(元AKB48)
  • 1984年 - 岡田晃、陸上競技選手
  • 1984年 - 長野久義、野球選手
  • 1986年 - 冨岡真理央、女優
  • 1986年 - 梅本由紀、野球選手
  • 1987年 - 西平せれな、シンガーソングライター、パーカッショニスト、杜氏
  • 1988年 - 石井琴里、アイドル
  • 1988年 - 島﨑信長、声優
  • 1989年 - 榊原徹士、俳優(元新撰組リアン)
  • 1990年 - 林遣都、俳優
  • 1991年 - ココ・バンダウェイ、テニス選手
  • 1993年 - 高野祐衣、歌手、アイドル(NMB48)
  • 1994年 - 栗原類、ファッションモデル
  • 1996年 - ステファニー・スコット、女優、歌手
  • 1997年 - 原嵩、プロ野球選手
  • 1998年 - アンゲリーナ・クチヴァルスカ、フィギュアスケート選手
  • 生年不明 - 高橋直純、ミュージシャン、声優
  • 生年不明 - 海保えりか、声優
  • 生年不明 - 大原さやか、声優
  • 生年不明 - 高見まこ、漫画家

忌日

  • 350年ごろ - ミラのニコラオス(聖ニコラウス)、キリスト教の聖人、サンタクロースのモデル(* 270年ごろ)
  • 735年(天平7年11月14日)- 舎人親王、奈良時代の皇族、淳仁天皇の父(* 676年)
  • 805年(延暦24年11月12日)- 壱志濃王、皇族(* 733年)
  • 1185年 - アフォンソ1世、ブルゴーニュ王朝初代ポルトガル王(* 1109年)
  • 1311年(応長元年10月26日)- 北条貞時、鎌倉幕府第9代執権(* 1272年)
  • 1352年 - クレメンス6世、第198代ローマ教皇(* 1291年)
  • 1562年 - ヤン・ファン・スコーレル、画家(* 1495年)
  • 1613年 - アントン・プレトリウス、牧師(* 1560年)
  • 1672年 - ヤン2世、ポーランド王(* 1609年)
  • 1679年(延宝7年11月4日)- 伊達宗勝、初代一関藩主(* 1621年)
  • 1779年 - ジャン・シメオン・シャルダン、画家(* 1699年)
  • 1779年(安永8年10月29日)- 後桃園天皇、日本の第118代天皇(* 1758年)
  • 1841年(天保12年10月24日)- 島津斉宣、第9代薩摩藩主(* 1774年)
  • 1882年 - ルイ・ブラン、政治家(* 1811年)
  • 1887年 - 島津久光、薩摩藩の指導者(* 1817年)
  • 1889年 - ジェファーソン・デイヴィス、アメリカ南部連邦の大統領(* 1808年)
  • 1892年 - ヴェルナー・フォン・ジーメンス、電気技術者(* 1816年)
  • 1893年 - ルドルフ・ウォルフ、天文学者(* 1816年)
  • 1910年 - 重野安繹、歴史学者(* 1827年)
  • 1920年 - ロザリア・ロンバルド、ミイラ保存された少女(* 1918年)
  • 1922年 - 宮崎滔天、革命家(* 1871年)
  • 1925年 - リヒャルト・アイレンベルク、作曲家(* 1848年)
  • 1942年 - エイモス・ルーシー、メジャーリーガー(* 1871年)
  • 1946年 - マクシミリアン・シテインベルク、作曲家(* 1883年)
  • 1947年 - 醍醐忠重、軍人(* 1891年)
  • 1949年 - レッドベリー、ブルースギタリスト(* 1888年)
  • 1954年 - ルシアン・テニエール、言語学者(* 1954年)
  • 1955年 - ホーナス・ワグナー、メジャーリーグベースボール選手(* 1874年)
  • 1955年 - ジョージ・プラット・ラインス、写真家(* 1907年)
  • 1956年 - ビームラーオ・アンベードカル、政治家、思想家(* 1891年)
  • 1957年 - ロベール・エスノー=ペルトリ、飛行機設計者(* 1881年)
  • 1959年 - 筒井敬三、元プロ野球選手(* 1925年)
  • 1961年 - フランツ・ファノン、思想家(* 1925年)
  • 1975年 - 正木ひろし、弁護士(* 1896年)
  • 1985年 - バーリー・グライムス、メジャーリーグベースボール選手(* 1893年)
  • 1988年 - ロイ・オービソン、歌手(* 1936年)
  • 1989年 - ジョン・ペイン、俳優(* 1912年)
  • 1990年 - トゥンク・アブドゥル・ラーマン、マレーシア初代首相(* 1903年)
  • 1991年 - リチャード・ストーン、経済学者(* 1913年)
  • 1991年 - 小林恒夫、映画監督(* 1911年)
  • 1991年 - 服部受弘、元プロ野球選手(* 1920年)
  • 1998年 - セザール・バルダッチーニ、彫刻家(* 1921年)
  • 1998年 - 山下耕作、映画監督(* 1930年)
  • 2003年 - ハンス・ホッター、バスバリトン歌手(* 1909年)
  • 2006年 - 阿部文男、政治家(* 1922年)
  • 2008年 - 遠藤実、作曲家(* 1932年)
  • 2012年 - 佐藤允、俳優(* 1934年)
  • 2014年 - ラルフ・ベア、発明家(* 1922年)
  • 2015年 - 平良とみ、女優(* 1928年)
  • 2015年 - フランツル・ラング、ヨーデル歌手(* 1930年)
  • 2017年 - 海老一染之助、曲芸師(* 1934年)

スピーチ作成 - テーマ「ラジオアイソトープの日」

自分が初めてテーマを知った/経験した時のエピソード。
テーマについて自分はどう思うか/思ったか。
言葉/行動/影響について自分はどう思うか。
今後自分はどうしたいと思うか。

スピーチ出力 - 12-06_ラジオアイソトープの日.txt

想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。
日付からスピーチを作る
12月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
1月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
2月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29
3月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
4月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
5月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
6月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
7月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
8月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
9月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
10月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
11月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30

参考になる本

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法
 会議・朝礼・電話でも、接客・商談・会合でも、面接・結婚式のスピーチでも、デート・合コン・保護者会でも。
 こんなふうに話せば「あがり」にさようなら! 予約半年待ち! 超人気講師が教える“緊張しないコツ。
¥ 1,210
超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48
 本書では、人前では話すことが苦手な人でもすぐ実行でき、たちまち効果を実感できる「あがらずに話せる正しい方法」を48個紹介しています。
 スピーチ・朝礼・会議・面接でドキドキしない!商談・プレゼン・営業が面白いほど成功する!人前で話すのが苦手な人でも大丈夫!あがらずに話せる超シンプルなテクニックを大公開!
¥ 1,296
朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100 話しベタなあなたに贈る
 他人の興味を引く「鉄板ネタ」さえ持っていれば、誰でも「人前で話すこと」が怖くなくなります。
 聞き手が具体的にイメージしやすいようにスポーツ選手や芸能人など、著名人のエピソードもたくさん織り込んだ「鉄板ネタ」を100個集めました。
¥ 1,620
恥をかかないスピーチ力
 新年度に自己紹介をしたり、結婚式やちょっとした集まりで人前で話したりする機会は意外と多い。そんな時に役立つ、スピーチやコメントのコツ、心構え。
 恥をかかないレベルから「なかなかうまいな」と思われるレベルまで、どうステップアップするか。
 「時間感覚」「身体感覚」の重要性、始まり方と終わり方、小ネタの集め方、シーン別のコツやNGポイントまで、人前で話す時にはこれさえあれば大丈夫!
¥ 702
心に届く話し方 65のルール
 本書は、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説した、話し方の基礎技術の本です。
 「本質的に内容が相手にきちんと伝わる」ことを目的とし、「そのための具体的かつ自然な音声表現のディテール」まで迫った本です。
¥ 1,361
カーネギー話し方入門 文庫版
 あのウォーレン・バフェットも受講したというデール・カーネギーの話し方講座のエッセンスをまとめた本。
 カーネギーといえば、大ベストセラーとなった『人を動かす』があまりに有名だが、本書の原著も100万部を突破したベストセラーとして、アメリカでは広く知られている。
¥ 650