365日のネタ・スピーチ例は、1年分(365日分)のネタと、朝礼などのスピーチの作例や作り方を、まとめたサイトです。 >> 使い方を読む

12月7日「クリスマスツリーの日」


 12月7日は「クリスマスツリーの日」です。1886年のこの日に、横浜で外国人船員のために、クリスマスツリーが飾られたことに由来しています。

 クリスマスツリーは、子供の頃にはよく飾っていました。子供時代は、クリスマスが、本当にわくわくしたものでした。しかし、大学生になる頃には、それほど楽しいものではなくなりました。

 子供の頃は、家族と祝う祭りであり、サンタのプレゼントの日だったのですが、大人になると、恋人たちの日になったのが原因だと思います。

 クリスマスツリーは、常緑の針葉樹の、主に幼木が用いられます。アメリカでは、年間数千万本もの生木のツリーが流通しており、最も生産本数が多いオレゴン州だけでも700万本を超えます。
 これら商業目的で生産されるツリーのほとんどは、規模が大きいため、森林ではなく農地で生産されています。そのため、クリスマスツリーの利用自体が環境破壊とされることは少ないですが、クリスマス後に一度に大量に発生するツリーのゴミは問題視されることがあります。


 こうしたイベントで、大量に同じものが消費されるのは、どの国や地域でも存在する文化です。その中でも、クリスマスツリーは、かなり巨大な部類だと思います。

 こうした大量消費のピークがあるものには、必ず廃棄の問題が付きまといます。アメリカのクリスマスツリーでは、鉢植えで使用して農場へ戻すリユースや、リサイクルを行う取り組みが見られるそうです。そうした廃棄の問題の解決も、ビジネスに繋がるのではないかと思います。

スピーチ作例 12月7日1
文字数:652文字   想定時間:210
想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。

その他の情報

 クリスマスツリーの起源は、キリストとはおよそ無関係で、原型は北欧に住んでいた古代ゲルマン民族の「ユール」という冬至の祭で使われていた樫の木だとされています。
 冬でも葉を枯らさずにいる樫は生命の象徴とされていました。
 クリスマスツリーは、エデンの園の中央部にあった「知恵の樹」の象徴とされています。「創世記」によると、人間はエデンの園に生る全ての樹の実は食べても良いが、知恵(善悪の知識)の樹の実だけは、食べることを禁じられていました。
 創世記に出てくる生命の樹と知恵の樹の説話は、スコットランドの社会人類学者ジェームズ・フレイザーが命名した「バナナ型神話」の変形とされています。
 「バナナ型神話」では、神が人間に対して石とバナナを示し、どちらかを1つを選ぶように命じます。石は不老不死の象徴で、バナナは脆く腐りやすい体の象徴で、人間は死ぬようになります。

記念日・年中行事

  • 大雪(中国 1984年–2023年、 日本 1988年–2027年、他)
    二十四節気の1つ。太陽の黄経が255度の時で、雪が激しく降り始めるころ。
  • 国際民間航空デー
    国際デーの1つ。1944年のこの日にICAOの設立を定めた「国際民間航空条約」の署名が行われたことを記念。1992年の国際民間航空機関(ICAO)総会で制定し、1994年から実施。
  • National Pearl Harbor Remembrance Day(アメリカ合衆国)
    太平洋戦争開戦の日(日本における12月8日に相当)。合衆国連邦議会が1994年に指定。
  • 神戸開港記念日(日本)
    慶応3年12月7日(新暦1868年1月1日)に神戸港が外国船の停泊地として開港したことに由来し、神戸市が制定。
  • クリスマスツリーの日(日本)
    1886年12月7日に、横浜で外国人船員のためにクリスマスツリーが飾られたことに由来している。

歴史

  • 紀元前43年 - キケロが暗殺される。
  • 771年(宝亀2年10月27日)- 東山道の武蔵国を東海道に編入。
  • 1732年 - ロンドン・コヴェント・ガーデンのロイヤル・オペラ・ハウスが開場。
  • 1787年 - デラウェア州がアメリカ合衆国憲法を批准した第1の州になる。
  • 1798年 - スイスの教育者・ヨハン・ハインリヒ・ペスタロッチが孤児院を開設。
  • 1800年(寛政12年10月21日)- 伊能忠敬が日本地図の作成を開始。
  • 1835年 - ドイツ初の鉄道、バイエルン王国(ニュルンベルク - フュルト間)で開業
  • 1857年(安政4年10月21日)- ハリス駐日アメリカ総領事が江戸城に登城、江戸幕府13代将軍徳川家定に謁見。
  • 1867年 - 天満屋事件。陸奥湯之助及び中井庄五郎らが三浦休太郎を暗殺するために討ち入り。
  • 1917年 - 第一次世界大戦: アメリカがオーストリア=ハンガリー帝国に宣戦布告。
  • 1917年 - 野田醤油(現:キッコーマン)設立。
  • 1941年 - 第二次世界大戦: 真珠湾攻撃。(米国時間)
  • 1944年 - 昭和東南海地震。
  • 1948年 - 昭和電工事件: 芦田均前首相を逮捕。
  • 1949年 - 国共内戦: 蒋介石が中華民国の首都機能を台湾・台北に移す。
  • 1950年 - 池田勇人蔵相が米価問題についての答弁で「貧乏人は麦を食え」と発言し問題化。
  • 1952年 - 鹿地事件: 1年前から行方不明になっていた作家・鹿地亘が東京の自宅に戻り、アメリカの諜報機関・キャノン機関に拉致監禁されていたと語る。
  • 1954年 - 第5次吉田内閣が総辞職。
  • 1955年 - 長崎市とアメリカ合衆国セントポール市の都市提携成立。日本初の姉妹都市。
  • 1958年 - 東京タワー公開開始。営業開始は12月23日。
  • 1961年 - 秋田県秋田市でニセ千円札事件(チ-37号事件)発生。
  • 1965年 - 東西教会の分裂: ローマ教皇とコンスタンディヌーポリ総主教が911年にわたる相互の破門を解消。
  • 1969年 - 福岡県の国鉄幸袋線がこの日の運転限りで廃止。
  • 1972年 - 7度目かつ最後の有人月宇宙船「アポロ17号」が打ち上げ。
  • 1975年 - インドネシアが東ティモールに侵攻。
  • 1988年 - アルメニア地震発生。
  • 1988年 - 長崎市の本島等市長が市議会で、天皇に戦争責任があると発言。
  • 1995年 - アメリカの木星探査機「ガリレオ」が木星軌道に投入。
  • 1997年 - 介護保険法公布。
  • 1999年 - オウム真理教規制を目的とした団体規制法が公布。27日施行。
  • 1999年 - 年金改正法成立。
  • 1999年 - アメリカレコード協会(RIAA)が、ファイル共有サービスNapsterに対し著作権を侵害しているとして提訴。
  • 2001年 - 文化芸術振興基本法施行。
  • 2002年 - 「K-1 WORLD GP 2002 決勝戦」が主催者発表で観客動員74,500人を記録し、東京ドームにおける最多観客動員記録を作る。
  • 2004年 - ハーミド・カルザイがアフガニスタン大統領に就任。
  • 2006年 - 任天堂の据え置き型ゲーム機、Wiiが豪州で発売開始。
  • 2007年 - ヘーベイ・スピリット号原油流出事故
  • 2012年 - 三陸沖地震が発生し、死傷、建物の一部損壊などの被害が出たほか、津波も観測された。東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)の余震とされている。
  • 2015年 - 日本の金星探査機「あかつき」が金星の周回軌道に投入される。

誕生日

  • 1561年(永禄4年11月1日)- 吉川広家、周防国岩国領の初代領主(+ 1625年)
  • 1592年(文禄元年/万暦20年11月4日)- 隠元隆琦、禅僧、日本黄檗宗の開祖(+ 1673年)
  • 1598年 - ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ、彫刻家、画家、建築家(+ 1680年)
  • 1773年(安政2年10月24日)- 徳川治紀、常陸国水戸藩の第7代藩主(+ 1816年)
  • 1805年 - ロベール・ウーダン、マジシャン(+ 1871年)
  • 1823年 - レオポルト・クロネッカー、数学者(+ 1891年)
  • 1847年 - ディーコン・ホワイト、メジャーリーガー(+ 1939年)
  • 1849年(嘉永2年10月23日)- 西園寺公望、第12・14代内閣総理大臣(+ 1940年)
  • 1863年 - ピエトロ・マスカーニ、作曲家、指揮者(+ 1945年)
  • 1872年 - ヨハン・ホイジンガ、歴史家(+ 1945年)
  • 1878年 - 与謝野晶子、作家、歌人、女性解放思想家、フェミニスト(+ 1942年)
  • 1888年 - 草鹿任一、海軍中将(+ 1972年)
  • 1889年 - ガブリエル・マルセル、劇作家、哲学者(+ 1973年)
  • 1905年 - 矢数道明、医師、医史学者(+ 2002年)
  • 1906年 - 松井潤子、女優(+ 1989年)
  • 1907年 - エドウィン・アラン・ライトナー、外交官(+ 1990年)
  • 1912年 - 舟越保武、彫刻家(+ 2002年)
  • 1915年 - イーライ・ウォラック、俳優(+ 2014年)
  • 1920年 - ヴァルター・ノヴォトニー、ドイツ空軍のエース・パイロット(+ 1944年)
  • 1926年 - イングリッド・チューリン、女優(+ 2004年)
  • 1926年 - 7代式守錦之助、大相撲行司(+ 1995年)
  • 1928年 - ノーム・チョムスキー、哲学者・言語学者
  • 1930年 - 明石一、声優、ナレーター
  • 1930年 - 俵萌子、評論家(+ 2008年)
  • 1931年 - ジェームズ・グローガン、フィギュアスケート選手(+ 2000年)
  • 1940年 - 園田光慶、漫画家(+ 1997年)
  • 1941年 - 清水聖義、群馬県太田市長
  • 1942年 - アレックス・ジョンソン、プロ野球選手(+ 2015年)
  • 1946年 - 前田正、郵政政務次官経験者(+ 2013年)
  • 1947年 - ジョニー・ベンチ、元メジャーリーガー
  • 1948年 - 森下洋子、バレリーナ
  • 1949年 - さだやす圭、漫画家
  • 1949年 - トム・ウェイツ、ミュージシャン、俳優
  • 1950年 - 岡千秋、作曲家、演歌歌手
  • 1951年 - ポール・デード、元プロ野球選手
  • 1953年 - 水谷新太郎、元プロ野球選手
  • 1954年 - 元木泰雄、京都大学教授、日本中世史
  • 1954年 - 古舘伊知郎、フリーアナウンサー、キャスター
  • 1956年 - 鳳凰倶往、元大相撲力士
  • 1957年 - 森博嗣、推理作家
  • 1958年 - 篠宮愼一、元プロ野球審判
  • 1959年 - すぎ恵美子、漫画家(+ 2007年)
  • 1961年 - 滝本晃司、ミュージシャン(元たま)
  • 1963年 - 角田美喜、ミュージシャン(SHOW-YA)
  • 1963年 - 寺田克也、イラストレーター
  • 1963年 - シェーン・マック、元プロ野球選手
  • 1963年 - 平塚利男、発明家
  • 1964年 - 菊地英昭、ギタリスト(THE YELLOW MONKEY)
  • 1965年 - 尾美としのり、俳優
  • 1965年 - 香川照之、俳優
  • 1965年 - 植田至紀、政治家
  • 1966年 - 伊藤かずえ、女優
  • 1966年 - 河奈さつき、フリーアナウンサー
  • 1966年 - 川越透、元プロ野球選手
  • 1967年 - ティノ・マルティネス、元メジャーリーガー
  • 1968年 - 山中さわお、歌手(the pillows)
  • 1970年 - 筒井はじめ、芸術家
  • 1971年 - 林泰文、俳優
  • 1973年 - ホーキング青山、お笑いタレント
  • 1973年 - 高木大成、元プロ野球選手
  • 1974年 - いしだ壱成、俳優
  • 1975年 - 長田悠幸、漫画家
  • 1975年 - 鈴木拓、お笑いタレント(ドランクドラゴン)
  • 1975年 - 松尾諭、俳優
  • 1975年 - 倉垣翼、プロレスラー
  • 1976年 - 石井秀仁、ミュージシャン(cali≠gari、Goatbed)
  • 1978年 - 佐藤康恵、モデル、女優
  • 1979年 - 市川寛子、テレビ朝日アナウンサー
  • 1979年 - 大出佐智子、ラジオパーソナリティ
  • 1979年 - 藤谷文子、女優、作家
  • 1979年 - ライアン・テリオ、メジャーリーガー
  • 1980年 - 佐藤友哉、作家
  • 1980年 - ジョン・テリー、サッカー選手
  • 1981年 - 松藤裕子、タレント
  • 1981年 - 深野琴美、舞台女優、モデル
  • 1981年 - 文倉十、イラストレーター
  • 1982年 - 比嘉幹貴、プロ野球選手
  • 1983年 - 宮本笑里、ヴァイオリニスト
  • 1984年 - ロバート・クビサ、F1レーサー
  • 1984年 - リュドミラ・ネリディナ、フィギュアスケート選手
  • 1984年 - 龔柯允(カレン・コン)、歌手
  • 1985年 - ジョナサン・グッド、プロレスラー
  • 1986年 - 青松敬鎔、プロ野球選手
  • 1987年 - アーロン・カーター、歌手、俳優
  • 1988年 - エミリー・ブラウニング、女優
  • 1990年 - ダビド・ゴフィン、テニス選手
  • 1990年 - ヤシエル・プイグ、メジャーリーガー
  • 1990年 - アレクサンドル・メンコフ、陸上競技選手
  • 1990年 - ウルシュラ・ラドワンスカ、テニス選手
  • 1991年 - 桜田通、俳優
  • 1991年 - ソニア・ラフエンテ、フィギュアスケート選手
  • 1993年 - 永尾亜子、フジテレビアナウンサー
  • 1994年 - 羽生結弦、フィギュアスケート選手
  • 1995年 - 藤咲彩音、アイドル(でんぱ組.inc)
  • 2000年 - 前田旺志郎(まえだまえだ)、子役
  • 2003年 - カタリナ=アマリア・ファン・オラニエ=ナッサウ、オランダ皇太女

忌日

  • 紀元前43年 - マルクス・トゥリウス・キケロー、古代ローマの政治家(* 紀元前106年)
  • 742年(天平14年11月2日)- 大野東人、奈良時代の武人
  • 847年(承和14年10月26日)- 有智子内親王、平安時代の皇族、漢詩人(* 807年)
  • 948年(天暦2年10月29日)- 源公忠、平安時代の公卿、歌人(* 889年)
  • 983年 - オットー2世、神聖ローマ皇帝(* 955年)
  • 1111年(天永2年11月5日)- 大江匡房、平安時代の公卿(* 1041年)
  • 1279年 - ボレスワフ5世、ピャスト朝ポーランド王(* 1226年)
  • 1383年 - ヴェンツェル1世、初代ルクセンブルク公(* 1337年)
  • 1562年 - アドリアン・ヴィラールト、作曲家(* 1490年頃)
  • 1634年(寛永11年10月17日)- 内藤政長、磐城平藩主(* 1568年)
  • 1635年(寛永12年10月28日)- 神屋宗湛、博多の豪商(* 1551年)
  • 1682年(天和2年11月9日)- 井上真改、刀工(* 1630年)
  • 1709年 - メインデルト・ホッベマ、画家(* 1638年)
  • 1726年(享保11年11月14日)- 榊原政邦、姫路藩主(* 1675年)
  • 1815年 - ミシェル・ネイ、ナポレオン戦争期のフランス軍元帥(* 1769年)
  • 1869年(明治2年11月5日)- 大村益次郎、日本陸軍の創設者として有名な兵学者(* 1824年)
  • 1894年 - フェルディナン・ド・レセップス、スエズ運河の開発者として知られる外交官、実業家(* 1805年)
  • 1902年 - 佐野常民、元老院議官、日本赤十字社創設者(* 1823年)
  • 1912年 - ジョージ・ハワード・ダーウィン、天文学者、数学者(* 1845年)
  • 1917年 - レオン・ミンクス、作曲家(* 1826年)
  • 1931年 - 杉田日布、日蓮宗の僧(* 1856年)
  • 1936年 - ジャン・メルモーズ、パイロット(* 1901年)
  • 1944年 - 井上哲次郎、哲学者(* 1856年)
  • 1946年 - 川上貞奴、女優(* 1871年)
  • 1947年 - ニコラス・バトラー、哲学者、コロンビア大学総長(* 1862年)
  • 1952年 - フォレスト・モールトン、天文学者(* 1872年)
  • 1954年 - 江亢虎、中華民国汪兆銘政権時代の政治家(* 1883年)
  • 1955年 - マンフレッド・ブコフツァー、音楽学者(* 1910年)
  • 1959年 - 久邇朝融、日本の皇族、香淳皇后の兄(* 1901年)
  • 1960年 - ワルター・ノダック、化学者(* 1893年)
  • 1960年 - クララ・ハスキル、ピアニスト(* 1895年)
  • 1969年 - フランク・オドール、メジャーリーグベースボール選手(* 1897年)
  • 1971年 - 牧田與一郎、実業家、三菱重工業社長(* 1903年)
  • 1972年 - クラウス・プリングスハイム、指揮者(* 1883年)
  • 1973年 - 川俣清音、日本社会党衆議院議員(* 1899年)
  • 1975年 - ソーントン・ワイルダー、劇作家、小説家(* 1897年)
  • 1975年 - 塚原俊郎、政治家(* 1910年)
  • 1975年 - ベアトリクス・ローラン、フィギュアスケート選手(* 1900年)
  • 1976年 - 久保田収、歴史学者(* 1910年)
  • 1977年 - 金丸重嶺、写真家(* 1900年)
  • 1979年 - セシリア・ペイン=ガポーシュキン、天文学者(* 1900年)
  • 1979年 - 松岡洋子、評論家、翻訳家(* 1916年)
  • 1979年 - 中村敏行、プロ野球選手(* 1936年)
  • 1982年 - 早川崇、政治家(* 1916年)
  • 1984年 - 二代目 大川橋蔵、俳優(* 1929年)
  • 1985年 - ロバート・グレーヴス、詩人、小説家(* 1895年)
  • 1990年 - レイナルド・アレナス、小説家、詩人(* 1943年)
  • 1993年 - 森永勝也、プロ野球選手・監督(* 1934年)
  • 1996年 - 今川正彦、政治家、第23代京都市長(* 1911年)
  • 1998年 - マーティン・ロッドベル、生化学者(* 1925年)
  • 2001年 - 小松崎茂、画家、イラストレーター(* 1915年)
  • 2001年 - 木村睦男、自由民主党参議院議員(* 1913年)
  • 2004年 - フレデリック・フェネル、指揮者(* 1914年)
  • 2004年 - 勝鹿北星、漫画原作者(* 1946年)
  • 2005年 - 阿部未喜男、政治家(* 1919年)
  • 2005年 - 中川嘉美、政治家(* 1933年)
  • 2006年 - ジーン・カークパトリック、アメリカ合衆国国連大使(* 1926年)
  • 2007年 - 上柳克郎、法学者(* 1922年)
  • 2007年 - フアド・ハッサン、インドネシア教育文化相(* 1929年)
  • 2011年 - 松田トシ、歌手、声楽家(* 1915年)
  • 2012年 - 篠原三代平、経済学者(* 1919年)
  • 2013年 - すまけい、俳優(* 1935年)
  • 2016年 - グレッグ・レイク、ミュージシャン(* 1947年)

スピーチ作成 - テーマ「クリスマスツリーの日」

自分が初めてテーマを知った/経験した時のエピソード。
テーマについて自分はどう思うか/思ったか。
言葉/行動/影響について自分はどう思うか。
今後自分はどうしたいと思うか。

スピーチ出力 - 12-07_クリスマスツリーの日.txt

想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。
日付からスピーチを作る
10月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
11月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
12月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
1月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
2月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29
3月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
4月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
5月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
6月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
7月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
8月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
9月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30

参考になる本

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法
 会議・朝礼・電話でも、接客・商談・会合でも、面接・結婚式のスピーチでも、デート・合コン・保護者会でも。
 こんなふうに話せば「あがり」にさようなら! 予約半年待ち! 超人気講師が教える“緊張しないコツ。
¥ 1,210
超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48
 本書では、人前では話すことが苦手な人でもすぐ実行でき、たちまち効果を実感できる「あがらずに話せる正しい方法」を48個紹介しています。
 スピーチ・朝礼・会議・面接でドキドキしない!商談・プレゼン・営業が面白いほど成功する!人前で話すのが苦手な人でも大丈夫!あがらずに話せる超シンプルなテクニックを大公開!
¥ 1,296
朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100 話しベタなあなたに贈る
 他人の興味を引く「鉄板ネタ」さえ持っていれば、誰でも「人前で話すこと」が怖くなくなります。
 聞き手が具体的にイメージしやすいようにスポーツ選手や芸能人など、著名人のエピソードもたくさん織り込んだ「鉄板ネタ」を100個集めました。
¥ 1,620
恥をかかないスピーチ力
 新年度に自己紹介をしたり、結婚式やちょっとした集まりで人前で話したりする機会は意外と多い。そんな時に役立つ、スピーチやコメントのコツ、心構え。
 恥をかかないレベルから「なかなかうまいな」と思われるレベルまで、どうステップアップするか。
 「時間感覚」「身体感覚」の重要性、始まり方と終わり方、小ネタの集め方、シーン別のコツやNGポイントまで、人前で話す時にはこれさえあれば大丈夫!
¥ 702
心に届く話し方 65のルール
 本書は、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説した、話し方の基礎技術の本です。
 「本質的に内容が相手にきちんと伝わる」ことを目的とし、「そのための具体的かつ自然な音声表現のディテール」まで迫った本です。
¥ 1,361
カーネギー話し方入門 文庫版
 あのウォーレン・バフェットも受講したというデール・カーネギーの話し方講座のエッセンスをまとめた本。
 カーネギーといえば、大ベストセラーとなった『人を動かす』があまりに有名だが、本書の原著も100万部を突破したベストセラーとして、アメリカでは広く知られている。
¥ 650