365日のネタ・スピーチ例は、1年分(365日分)のネタと、朝礼などのスピーチの作例や作り方を、まとめたサイトです。 >> 使い方を読む

10月23日「電信電話記念日」


 10月23日は「電信電話記念日」です。1869年(明治2年)のこの日に、東京 、横浜間で、日本最初の公衆電信線の架線工事が始まったことに由来しています。
 電気通信省(後の日本電信電話公社、現NTT)が、1950年に制定しました。


 現在、電話は使いますが、電信はほとんど使うことがありません。わずかに残っているのは、結婚式や葬式の時の電報だと思います。

 こうした時の電報は高いなと思います。しかし、あと十年もすれば、なくなる文化かもしれません。

 日本の電報の取り扱いは、1870年に始まりました。これは、明治政府最初のインフラ事業でした。
 これ以降、郵便(1871年)、鉄道(1872年)、ガス(1872年)、電気(1878年)、水道(1887年)と、次々とインフラ事業が開始されました。


 電報や郵便といった、情報系が先行しているのが興味深いです。国を動かすには、情報と交通を抑えなければなりません。古くから大国は、通信網と軍隊を移動させる手段を、きちんと作って管理してきました。

 情報伝達は、きちんとできているのか。仕事の上でも、そうした点に注意していきたいと思います。

スピーチ作例 10月23日1
文字数:498文字   想定時間:139
想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。

記念日・年中行事

  • 霜降(日本、2009年・2010年・2012年)
    二十四節気の1つ。太陽の黄経が210度の時で、露が冷気によって霜となって降り始めるころ。
  • 1956年革命、および共和国宣言の記念日(ナショナルデー)(ハンガリー)
    1956年のこの日に始まったハンガリー動乱(1956年革命)、および、1989年のこの日の社会主義の人民共和国から共和国への体制変革を記念。
  • チュラーロンコーン大王記念日(タイ)
    タイ国王ラーマ5世(チュラーロンコーン)が1910年に亡くなった日。
  • 電信電話記念日(日本)
    明治2年9月19日(1869年10月23日)に東京 - 横浜間で日本最初の公衆電信線の架線工事が始まったことに由来。電気通信省(後の日本電信電話公社、現NTT)が1950年に制定。
  • 津軽弁の日(日本)
    津軽弁による方言詩を確立した詩人・高木恭造の1987年の命日。「津軽弁の日やるべし会」が1988年に制定。
  • モルの日、化学の日
    1モルは6.02×10個(アボガドロ定数)の粒子からなる物質の物質量と定義されていることから、この数字を6:02 10/23に当てはめ、主として北米の化学者たちが「モル」を記念する日(午前6時2分から午後6時2分まで)として祝っている。同じ理由により、日本化学会、化学工学会、新化学技術推進協会、日本化学工業協会の4団体はこの日を「化学の日」、10月23日を含む月曜から日曜までの一週間を「化学週間」と制定した。

歴史

  • 紀元前42年 - ローマ内戦: フィリッピの戦い
  • 424年 - ウァレンティニアヌス3世が西ローマ帝国の副帝(カエサル)になる。
  • 425年 - ウァレンティニアヌス3世が西ローマ帝国の正帝(アウグストゥス)になる。
  • 1086年 - レコンキスタ: サグラハスの戦い
  • 1157年 - グラーテ・ヘーゼの戦い
  • 1614年 - 大坂冬の陣に向かうため、江戸幕府将軍徳川秀忠(徳川家康の嫡男)が江戸城を出発した。
  • 1623年 - イングランド内戦: エッジヒルの戦い
  • 1688年(貞享5年/元禄元年9月30日)- 東山天皇の代始のため、元号が貞享から元禄に改元。
  • 1739年 - ジェンキンスの耳の戦争が始まる。
  • 1864年 - 南北戦争: ウェストポートの戦い
  • 1868年(慶応4年/明治元年9月8日)- 明治天皇の代始のため、元号が慶応から明治に改元。
  • 1868年(慶応4年/明治元年9月8日)- 一世一元の詔。
  • 1870年 - 普仏戦争: メス攻囲戦が終結。
  • 1873年 - 明治六年政変。朝鮮使節派遣の中止が決定し、征韓論派が敗れる。西郷隆盛が当日、板垣退助らが翌日に参議の辞表を提出。
  • 1923年 - ブレーマー航空機製造(現在のフォッケウルフ)が設立。
  • 1926年 - ソ連共産党中央委員会がトロツキーを政治局から追放。スターリンが主導権を握る。
  • 1940年 - 第二次世界大戦: ナチス・ドイツ総統ヒトラーとスペイン総統フランコが西仏国境アンダイで会談。ヒトラーはスペインに枢軸国側での参戦を要求するがフランコは拒否。
  • 1942年 - 第二次世界大戦・北アフリカ戦線: 第二次エル・アラメイン会戦が始まる。
  • 1944年 - 第二次世界大戦・フィリピンの戦い: レイテ沖海戦が始まる。
  • 1945年 - 初の国際連合総会がニューヨークの劇場で開催。
  • 1945年 - 第一次読売争議が始まる。
  • 1954年 - パリ協定調印。西ドイツの主権回復、NATOへの加盟、再軍備などを承認。
  • 1956年 - ハンガリー動乱: ハンガリーの首都ブダペストでソ連軍の撤退などを求める20万人のデモ隊が治安警察と衝突。
  • 1956年 - フランス保護領ザールで住民投票が行われ、西ドイツ復帰支持が多数を占める。
  • 1964年 - 東京オリンピック女子バレーボールで日本がソ連を下し金メダルを獲得。
  • 1972年 - ベトナム戦争: ラインバッカー作戦が終結。
  • 1973年 - 第一次オイルショック: エクソンとシェルが原油価格の30%引き上げを通告。
  • 1980年 - ソ連のアレクセイ・コスイギンソビエト連閣僚会議議長(首相)が病気のため辞任。後任にニコライ・チーホノフが就任。
  • 1981年 - 北炭夕張新炭鉱ガス突出事故で、59名の安否不明者を取り残したまま坑内への注水作業を開始する。
  • 1981年 - 写真週刊誌『フォーカス』が創刊される。
  • 1983年 - レバノン内戦: ベイルートで駐留米海兵隊司令部と仏軍本部が爆破され、309人が死亡。
  • 1989年 - ハンガリー暫定大統領スーレシュ・マーチャーシュが、国号をハンガリー人民共和国からハンガリー共和国に変更することを宣言。
  • 1991年 - 秋篠宮文仁親王の第一女子の眞子内親王が誕生、今上天皇の初孫となる。
  • 1992年 - 今上天皇が中華人民共和国を訪問。史上初めて天皇が中国の地を踏む。
  • 1996年 - ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世が「ダーウィンの進化論はカトリックの教えと矛盾しない」と表明。
  • 2001年 - アップルが、携帯音楽プレーヤー・iPodを発表。
  • 2002年 - モスクワ劇場占拠事件: ロシア連邦の首都モスクワで、チェチェン独立派のテロリストが劇場を占拠。
  • 2004年 - 新潟県中越地震発生。
  • 2005年 - ディープインパクトが菊花賞で勝利し、ナリタブライアン以来11年ぶり、日本競馬史上6頭目の三冠馬となる。また、無敗で中央競馬クラシック三冠を制したのはシンボリルドルフ以来21年ぶり史上2頭目。
  • 2011年 - トルコ東部地震: トルコ東部で、M7.2の地震が発生。
  • 2011年 - リビアで国民評議会が全土解放を宣言。42年に及んだカダフィ独裁政権が事実上の崩壊。
  • 2015年 - ピュイスガン交通事故: フランス・ボルドー北東部のピュイスガンにて発生したバスと大型トラックの衝突事故。
  • 2016年 - 宇都宮市連続爆発事件: 栃木県宇都宮市の宇都宮城址公園で2度爆発が発生。死者1名、負傷者3名。
  • 2017年 - マラウィの戦い: フィリピン政府が戦闘終結宣言。

誕生日

  • 1507年(永正4年9月18日)- 曲直瀬正盛(道三)、戦国時代の医師(+ 1594年)
  • 1766年 - エマニュエル・ド・グルーシー、フランスの軍人、元帥(+ 1847年)
  • 1801年 - アルベルト・ロルツィング、作曲家(+ 1851年)
  • 1805年 - アーダルベルト・シュティフター、画家、小説家(+ 1868年)
  • 1832年 - ウィリアム・ハルバート、ナショナルリーグ会長(+ 1882年)
  • 1835年 - アドレー・E・スティーブンソン、第23代アメリカ合衆国副大統領(+ 1914年)
  • 1848年(嘉永元年9月27日)- 外山正一、教育家、文学者(+ 1900年)
  • 1861年 - ジェイムズ・ガスコイン=セシル(第4代ソールズベリー侯爵)、政治家、貴族(+ 1947年)
  • 1893年 - ガンモ・マルクス、喜劇俳優、マルクス兄弟の四男(+ 1977年)
  • 1894年 - 福原麟太郎、英文学者、随筆家(+ 1981年)
  • 1909年 - ゼリグ・ハリス、言語学者(+ 1992年)
  • 1920年 - ジャンニ・ロダーリ、児童文学作家(+ 1980年)
  • 1927年 - 鈴木瑞穂、俳優、声優
  • 1928年 - 三佳令二、作詞家(+ 2009年)
  • 1930年 - 丸山詠二、声優(+ 2015年)
  • 1931年 - ウィリアム・パトリック・クラーク、第44代アメリカ合衆国内務長官(+ 2013年)
  • 1931年 - ジャニー喜多川、ジャニーズ事務所社長
  • 1931年 - ジム・バニング、メジャーリーガー(+ 2017年)
  • 1932年 - 森田実、政治評論家
  • 1932年 - 渡辺美佐子、女優
  • 1935年 - チチ・ロドリゲス、ゴルファー
  • 1936年 - 芹沢博文、将棋棋士(+ 1987年)
  • 1940年 - ペレ、元サッカー選手
  • 1940年 - ベイビー・ジェーン・ホルツァー、モデル、アンディ・ウォーホルの初代アイドル
  • 1941年 - 浦上靖夫、音響監督(+ 2014年)
  • 1942年 - 酒井あきよし、脚本家
  • 1942年 - マイケル・クライトン、小説家、SF作家(+ 2008年)
  • 1942年 - 尾藤公、高校野球指導者(+ 2011年)
  • 1944年 - 七三太朗、漫画原作者
  • 1944年 - 五十嵐忠行、官僚
  • 1945年 - 直嶋正行、政治家
  • 1946年 - 岸ユキ、女優、タレント
  • 1949年 - 大野真澄、ガロの元メンバー
  • 1951年 - 竹中昭、プロ野球選手
  • 1952年 - ますむらひろし、漫画家
  • 1954年 - 栗木京子、歌人
  • 1954年 - アン・リー、映画監督
  • 1955年 - 坂口良子、女優(+ 2013年)
  • 1955年 - 篠田節子、小説家
  • 1956年 - 渡辺真知子、歌手
  • 1956年 - ダイアン・リーヴス、ジャズシンガー
  • 1957年 - 島田洋一、政治学者
  • 1958年 - おおつぼマキ、漫画家
  • 1958年 - 神津カンナ、随筆家
  • 1959年 - ジョージ・ヒンショー、元プロ野球選手
  • 1959年 - アル・ヤンコビック、歌手
  • 1960年 - ウェイン・レイニー、モーターサイクル・レーサー
  • 1960年 - 三沢またろう、パーカッショニスト
  • 1960年 - ランディ・パウシュ、計算機科学者
  • 1961年 - 粂井高雄、発明家
  • 1961年 - 小柳昌法、ミュージシャン(元LINDBERG)
  • 1961年 - アンドニ・スビサレータ、元サッカー選手
  • 1963年 - 射手園眞一、野球選手
  • 1964年 - 下村努、コンピュータセキュリティ専門家
  • 1965年 - アル・ライター、元メジャーリーガー
  • 1965年 - 河合薫、気象予報士
  • 1965年 - ブライアン・ロウサム、バスケットボール選手、同指導者
  • 1965年 - マイケル・オブライエン、元競泳選手、ロサンゼルスオリンピック金メダリスト
  • 1966年 - アレッサンドロ・ザナルディ、レーシングドライバー
  • 1966年 - 石橋守、JRA騎手
  • 1967年 - オマール・リナレス、元野球選手
  • 1967年 - 片岡とも、ゲームシナリオライター
  • 1967年 - 安食雄二、パティシエ、サーファー
  • 1968年 - 佐々木重樹、プロ野球選手
  • 1969年 - 楠瀬志保、元スピードスケート選手
  • 1971年 - 矢部浩之、ナインティナイン
  • 1971年 - 柳沢鉉、プロ野球選手
  • 1972年 - 伊東敏恵、NHKアナウンサー
  • 1972年 - エドゥアルド・パレ、野球選手
  • 1973年 - 清水隆行、元・プロ野球選手、野球解説者
  • 1973年 - 志村貴子、漫画家
  • 1973年 - はしのえみ、タレント
  • 1973年 - 上村洋行、騎手
  • 1974年 - サンデル・ヴェステルフェルト、元サッカー選手
  • 1975年 - 松井稼頭央、メジャーリーガー
  • 1975年 - 小原正子、クワバタオハラ
  • 1975年 - 小林高鹿、俳優
  • 1975年 - 椎名軽穂、漫画家
  • 1977年 - 斉藤まりあ、元日本テレビアナウンサー
  • 1977年 - 長嶋智彦、ダーリンハニー
  • 1977年 - ハビエル・カステリャーノ、騎手
  • 1978年 - 佐竹健太、プロ野球選手
  • 1978年 - ジョン・ラッキー、メジャーリーガー
  • 1978年 - 王楠、卓球選手
  • 1980年 - 今井茂雄、俳優、演出家、脚本家、構成作家
  • 1980年 - 房野史典、お笑いタレント(ブロードキャスト)
  • 1980年 - 希良梨、女優
  • 1981年 - 桃乃ララ、ストリッパー
  • 1981年 - 中村摂、タレント
  • 1981年 - ベン・フランシスコ、メジャーリーガー
  • 1982年 - 田中彰、プロ野球選手
  • 1982年 - 守屋周、東北放送アナウンサー
  • 1982年 - ビアンカ・バイ、女優
  • 1982年 - 内匠靖明、俳優、声優
  • 1983年 - 磯山さやか、タレント、グラビアアイドル
  • 1985年 - 宇佐美なな、歌手(MUH〜)
  • 1985年 - 浦野一美、タレント(元AKB48)
  • 1985年 - 桑水流裕策、ラグビー選手
  • 1986年 - 佐藤美耶、女子バレーボール選手
  • 1987年 - 沢井美優、女優、グラビアアイドル
  • 1987年 - 渡辺直美、お笑いタレント
  • 1987年 - ロルフ・ピルヴ、ヘヴィメタル・ミュージシャン
  • 1987年 - カイル・ギブソン、メジャーリーガー
  • 1988年 - 北村明子、フィギュアスケート選手
  • 1988年 - ニア・アリ、陸上競技選手
  • 1989年 - 松岡里枝、モデル
  • 1989年 - アニシャ・キルディアプキナ、陸上競技選手
  • 1990年 - chay、シンガーソングライター
  • 1991年 - 眞子内親王、皇族、秋篠宮家の長女
  • 1992年 - 安達大、俳優、タレント
  • 1992年 - 南貴樹、プロ野球選手
  • 1992年 - アルバロ・モラタ、サッカー選手
  • 1993年 - 小林愛香、歌手、声優
  • 1994年 - 紺野栞、グラビアアイドル
  • 1994年 - 村松智子、女子サッカー選手
  • 1994年 - リョウガ、超特急メインダンサー
  • 1996年 - 小野郁、プロ野球選手
  • 1997年 - 北村海斗、モデル
  • 1999年 - 小林由依、アイドル(欅坂46)
  • 2003年 - 井本彩花、女優、モデル
  • 非公開 - マオ、ミュージシャン(シド)
  • 生年不明 - 陣谷遥、声優
  • 生年不明 - 八須賀孝蔵、声優
  • 生年不明 - 平良亜弓、声優

忌日

  • 紀元前42年 - ブルータス、古代ローマの政治家(* 紀元前85年)
  • 930年(延長8年9月29日)- 醍醐天皇、第60代天皇(* 885年)
  • 949年(天暦3年9月29日)- 陽成天皇、第57代天皇(* 869年)
  • 1600年(慶長5年9月17日)- 石田正継、戦国武将
  • 1652年(承応元年9月21日)- 別木庄左衛門、牢人
  • 1685年(貞享2年9月26日)- 山鹿素行、兵学者、儒学者(* 1622年)
  • 1705年(宝永2年9月6日)- 松平吉透、第4代松江藩主(* 1668年)
  • 1711年(正徳元年9月12日)- 松平吉品、第3・5代福井藩主(* 1640年)
  • 1833年(天保4年9月11日)- 本居大平、国学者(* 1756年)
  • 1834年 - ファトフ・アリー・シャー、ガージャール朝のシャー(* 1772年)
  • 1848年(弘化5年9月27日)- 中川五郎治、日本における種痘の祖(* 1768年)
  • 1869年 - ダービー伯爵エドワード・スミス=スタンリー、イギリスの首相(* 1799年)
  • 1872年 - テオフィル・ゴーティエ、詩人、小説家(* 1811年)
  • 1874年 - アーブラハム・ガイガー、ラビ、ユダヤ教改革派の指導者(* 1810年)
  • 1876年 - 細川韶邦、第11代熊本藩主(* 1835年)
  • 1884年 - 佐竹義堯、第12代久保田藩主(* 1825年)
  • 1888年 - 三島通庸、警視総監、内務官僚(* 1835年)
  • 1896年 - コロンバス・デラノ、第11代アメリカ合衆国内務長官(* 1809年)
  • 1910年 - ラーマ5世、シャム・チャクリー王朝第5代国王(* 1853年)
  • 1917年 - ウジェーヌ・グラッセ、装飾芸術家(* 1845年)
  • 1921年 - ジョン・ボイド・ダンロップ、発明家、ダンロップ創業者(* 1840年)
  • 1935年 - チャールズ・デムス、画家(* 1883年)
  • 1943年 - 若嶌權四郎、大相撲第21代横綱(* 1876年)
  • 1944年 - チャールズ・バークラ、物理学者(* 1877年)
  • 1944年 - 山本英雄、野球選手(* 1921年)
  • 1946年 - アーネスト・トンプソン・シートン、博物学者(* 1860年)
  • 1950年 - アル・ジョルソン、俳優(* 1886年)
  • 1951年 - 桂米團治(4代目)、落語家(* 1896年)
  • 1970年 - 華頂博信、日本の皇族、華族、海軍中佐(* 1905年)
  • 1978年 - 千島喜久男、生物学者(* 1899年)
  • 1984年 - オスカー・ウェルナー、俳優(* 1922年)
  • 1986年 - エドワード・アダルバート・ドイジー、生化学者(* 1893年)
  • 1986年 - 吉村仁、厚生省事務次官(* 1930年)
  • 1987年 - 高木恭造、津軽弁詩人(* 1903年)
  • 1988年 - 朝潮太郎(3代)、大相撲第46代横綱(* 1929年)
  • 1988年 - 玉ノ海梅吉、大相撲の力士・元関脇(* 1912年)
  • 1994年 - ピグモン勝田、お笑いタレント(* 1965年)
  • 1998年 - 中田勇次郎、漢文学者(* 1905年)
  • 1998年 - 久保喬、児童文学作家(* 1906年)
  • 2001年 - ジョシュ・カービィ、イラストレーター(* 1928年)
  • 2002年 - 山本夏彦、随筆家(* 1915年)
  • 2003年 - 宋美齢、中華民国総統蒋介石の妻(* 1897年)
  • 2005年 - 劉進慶、経済学者(* 1931年)
  • 2005年 - 水野知昭、比較神話学者(* 1949年)
  • 2007年 - 林梧桐、実業家(* 1918年)
  • 2007年 - 晴乃ピーチク、漫才師(* 1925年)
  • 2011年 - マルコ・シモンチェリ、オートバイレーサー(* 1987年)
  • 2016年 - 日比英一 、アナウンサー(* 1934年)
  • 2016年 - 羽黒岩智一、大相撲の力士・元小結(* 1946年)

スピーチ作成 - テーマ「電信電話記念日」

自分が初めてテーマを知った/経験した時のエピソード。
テーマについて自分はどう思うか/思ったか。
言葉/行動/影響について自分はどう思うか。
今後自分はどうしたいと思うか。

スピーチ出力 - 10-23_電信電話記念日.txt

想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。
日付からスピーチを作る
12月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
1月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
2月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29
3月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
4月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
5月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
6月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
7月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
8月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
9月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
10月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
11月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30

参考になる本

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法
 会議・朝礼・電話でも、接客・商談・会合でも、面接・結婚式のスピーチでも、デート・合コン・保護者会でも。
 こんなふうに話せば「あがり」にさようなら! 予約半年待ち! 超人気講師が教える“緊張しないコツ。
¥ 1,210
超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48
 本書では、人前では話すことが苦手な人でもすぐ実行でき、たちまち効果を実感できる「あがらずに話せる正しい方法」を48個紹介しています。
 スピーチ・朝礼・会議・面接でドキドキしない!商談・プレゼン・営業が面白いほど成功する!人前で話すのが苦手な人でも大丈夫!あがらずに話せる超シンプルなテクニックを大公開!
¥ 1,296
朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100 話しベタなあなたに贈る
 他人の興味を引く「鉄板ネタ」さえ持っていれば、誰でも「人前で話すこと」が怖くなくなります。
 聞き手が具体的にイメージしやすいようにスポーツ選手や芸能人など、著名人のエピソードもたくさん織り込んだ「鉄板ネタ」を100個集めました。
¥ 1,620
恥をかかないスピーチ力
 新年度に自己紹介をしたり、結婚式やちょっとした集まりで人前で話したりする機会は意外と多い。そんな時に役立つ、スピーチやコメントのコツ、心構え。
 恥をかかないレベルから「なかなかうまいな」と思われるレベルまで、どうステップアップするか。
 「時間感覚」「身体感覚」の重要性、始まり方と終わり方、小ネタの集め方、シーン別のコツやNGポイントまで、人前で話す時にはこれさえあれば大丈夫!
¥ 702
心に届く話し方 65のルール
 本書は、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説した、話し方の基礎技術の本です。
 「本質的に内容が相手にきちんと伝わる」ことを目的とし、「そのための具体的かつ自然な音声表現のディテール」まで迫った本です。
¥ 1,361
カーネギー話し方入門 文庫版
 あのウォーレン・バフェットも受講したというデール・カーネギーの話し方講座のエッセンスをまとめた本。
 カーネギーといえば、大ベストセラーとなった『人を動かす』があまりに有名だが、本書の原著も100万部を突破したベストセラーとして、アメリカでは広く知られている。
¥ 650