365日のネタ・スピーチ例は、1年分(365日分)のネタと、朝礼などのスピーチの作例や作り方を、まとめたサイトです。 >> 使い方を読む

9月3日「ベッドの日」


 9月3日は「ベッドの日」です。日本ベッド工業会が制定しました。「グッ(9)スリ(3)」の語呂合せだそうです。

 ベッドは過去に何種類か利用しています。2番目に利用したのは、ロフトベッドでした。そのロフトベッドには柵がなく、ある日、起きた瞬間、空中にいて、1m半ほど落下して、死ぬかと思いました。

 ベッドは慣れないと、落ちるので危険です。

 ベッドは、奈良時代以前に中国より伝わりました。正倉院には聖武天皇のベッドが保存されており、かなり早い段階から上流階級の間で使用されていました。しかし平安時代に畳の出現とともに、居住空間の様式が変化して廃れてしまいました。

 万年床のものぐさ人間には、ベッドは便利です。しかし、部屋のかなりのスペースを占有するので、普段の生活には邪魔です。日本のように、居住スペースが狭い場所では、収納できる布団の方がよいのでしょう。

 生活様式や居住スペースなど、様々な要因で人の生活は変わります。新しいライフスタイルが出てくる時は、新しい商品が売れる大きな商機なのだと思います。

スピーチ作例 9月3日1
文字数:459文字   想定時間:131
想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。

引用・参考URL

このページの引用・参考URL。

記念日・年中行事

  • 共和国創立記念日(サンマリノ)
    301年のこの日に聖マリノが現在のサンマリノに当たる地に教会を建てサンマリノを創設したとされることを記念する祝日。
  • 対日勝戦日(中華民国)、抗日戦争勝利記念日(中華人民共和国)
    第二次世界大戦での日本に対する勝利を記念する日。多くの連合国では日本政府が降伏文書に調印した9月2日を記念日としているが、中華民国では国民党政府が翌9月3日から3日間を抗日戦争勝利記念の休暇としたことから9月3日を記念日としている。1949年に成立した中華人民共和国も同じく9月3日を抗日戦争勝利記念日と称している。
  • 軍人節(中華民国(台湾))
    抗日戦争勝利記念日が由来。台北市の忠烈祠で慰霊祭が行われる。
  • 独立記念日(カタール)
    1971年のこの日、カタールがイギリスから独立した。2006年まで祝日であったが、2007年以降は代わりに12月18日を建国記念日としている。
  • ホームラン記念日(日本)
    1977年のこの日、読売ジャイアンツの王貞治が後楽園球場で通算756本目のホームランを打ち、アメリカ大リーグのハンク・アーロンが持っていた記録を抜いて世界新記録を更新したことに由来。これを受けて政府は、2日後の9月5日に王に初の国民栄誉賞を贈った。
  • ベッドの日(日本)
    日本ベッド工業会が制定。「グッ(9)スリ(3)」の語呂合せ。
  • しんくみの日(日本)
    東京都信用組合協会が「くみ愛の日」として制定。「く(9)み(3)あい」(組合)の語呂合せ。

歴史

  • 紀元前36年 - シチリア戦争: ナウロクス沖の海戦
  • 301年 - サンマリノが成立。現存する中では世界最古の共和国。
  • 1260年 - アイン・ジャールートの戦い。マムルーク朝軍がモンゴル帝国軍を破り、モンゴルの西進を阻止。
  • 1603年(慶長8年7月28日)- 徳川家康の孫で7歳の千姫が、11歳の豊臣秀頼に輿入れ。
  • 1783年 - アメリカ独立戦争の講和条約であるパリ条約が調印される。独立戦争は終結し、イギリスはアメリカ合衆国の独立を承認。
  • 1791年 - フランス革命: 憲法制定国民議会が1791年憲法を制定。
  • 1856年(安政3年8月5日)- タウンゼント・ハリスが下田の玉泉寺に初の駐日アメリカ領事館を設置。
  • 1868年(慶応4年7月17日)- 東京奠都: 江戸ヲ称シテ東京ト為スノ詔書が発せられる。
  • 1870年 - 普仏戦争: メス攻囲戦が始まる。
  • 1933年 - がソビエト連邦の最高峰「スターリン峰」(現 イスモイル・ソモニ峰)に初登頂。
  • 1936年 - 北海事件。
  • 1939年 - 第二次世界大戦: 英仏、対独宣戦布告。
  • 1941年 - アウシュヴィッツ強制収容所のガス室で初めて大量処刑が行われる。
  • 1944年 - ホロコースト: アンネ・フランクがアウシュヴィッツ強制収容所へ移送される。
  • 1945年 - 新聞記者ウィルフレッド・バーチェットが原爆が投下された広島市を取材し、「No more Hiroshima」と打電して惨状を世界に訴える。
  • 1945年 - 中国で、前日の対日終戦調印の翌日のこの日から3日間が抗日戦勝記念の休暇とされる。(対日戦勝記念日)
  • 1945年 - 重慶の「民主科学座談会」で、日本の投降の日である戦争勝利を記念して「九三学社」と改名した。
  • 1945年 - フィリピン防衛戦を行っていた山下奉文大将が降伏文書に調印。
  • 1948年 - 婦人運動家奥むめおの呼びかけにより東京・新宿で「不良マッチ退治の主婦の大会」開催。主婦連合会結成のきっかけとなる。
  • 1950年 - ジェーン台風が上陸し、近畿地方を中心に大被害をもたらす。
  • 1951年 - アメリカの対外放送ボイス・オブ・アメリカが日本短波放送を再開。
  • 1966年 - 荒舩清十郎運輸相が自身の選挙区内の深谷駅に急行を停車させるよう国鉄に指示していたことが発覚。これが元で10月に辞任。
  • 1966年 - 子供を車にぶつけさせ慰謝料を詐取していた当たり屋夫婦が逮捕。後に大島渚が『少年』のタイトルで映画化。
  • 1967年 - スウェーデンで自動車の対面交通が左側通行から右側通行に変更される。(ダゲン・H)
  • 1971年 - カタールがイギリスから独立。
  • 1976年 - アメリカの火星探査機「バイキング2号」のランダーが火星表面に着陸。
  • 1977年 - 王貞治が通算756号ホームランを達成し、ハンク・アーロンの記録を抜いて世界最高記録に。
  • 1980年 - 中華人民共和国で投獄され、日本では消息不明となっていた元日本共産党幹部・伊藤律が29年ぶりに帰国。
  • 1981年 - 女子差別撤廃条約が発効。
  • 1984年 - 東京国立近代美術館フィルムセンターの収蔵庫で火災が起き、保存していた映画フィルム330作品が焼失。
  • 1987年 - ブルンジでピエール・ブヨヤ少佐がクーデター。ジャン=バティスト・バガザ大統領を追放し、自ら大統領に就任。
  • 1989年 - 東京・渋谷に日本初の大型の複合文化施設Bunkamuraが開業。
  • 1989年 - ヴァリグ・ブラジル航空254便墜落事故。死者13名。
  • 1989年 - クバーナ航空9646便墜落事故も発生。死者150名。
  • 1993年 - 台風13号が鹿児島県薩摩半島に上陸。死者48名。
  • 1994年 - 中ソ対立: ロシアと中華人民共和国がお互い相手国を核兵器の標的から外すことに合意。
  • 1995年 - JR北海道深名線がこの日限りで廃止。
  • 1996年 - 8月に亡くなった俳優・渥美清に国民栄誉賞を授与。
  • 2001年 - フラディケ・デ・メネゼスがサントメ・プリンシペ大統領に就任。
  • 2004年 - ロシアの北オセチア共和国で起きたベスラン学校占拠事件で、テロリストに占拠された学校に治安部隊が突入。1000人以上の死傷者を出す。
  • 2007年 - 大丸と松坂屋ホールディングスが経営統合し、J.フロント リテイリングが発足。
  • 2015年 - 中華人民共和国で、中国人民抗日戦争・世界反ファシズム戦争勝利70周年記念式典が実施された。
  • 2017年 - 朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)が6回目の核実験を強行した。

誕生日

  • 1034年(長元7年7月18日)- 後三条天皇、日本の第71代天皇(+ 1073年)
  • 1499年 - ディアーヌ・ド・ポワチエ、フランス王アンリ2世の愛妾(+ 1566年)
  • 1568年 - アドリアーノ・バンキエリ、作曲家(+ 1634年)
  • 1695年 - ピエトロ・ロカテッリ、作曲家(+ 1764年)
  • 1724年 - ガイ・カールトン、アメリカ独立戦争期のイギリス軍指揮官、カナダ総督(+ 1808年)
  • 1728年(享保13年7月29日)- 徳川宗翰、水戸藩主(+ 1766年)
  • 1728年 - マシュー・ボールトン、実業家(+ 1809年)
  • 1780年 - ハインリッヒ・シューマッハ、天文学者(+ 1850年)
  • 1781年 - ウジェーヌ・ド・ボアルネ、イタリア副王(+ 1824年)
  • 1810年 - フェルディナン・フィリップ、フランスの王族(+ 1842年)
  • 1814年 - ジェームス・ジョセフ・シルベスター、数学者(+ 1897年)
  • 1843年(天保14年8月10日)- 大井憲太郎、自由民権運動家(+ 1922年)
  • 1851年 - オルガ、ギリシャ王ゲオルギオス1世の妃(+ 1926年)
  • 1856年 - ルイス・サリヴァン、建築家(+ 1924年)
  • 1869年 - フリッツ・プレーグル、化学者(+ 1930年)
  • 1875年 - フェルディナント・ポルシェ、自動車設計者(+ 1951年)
  • 1877年 - ジョージ・ストーン、メジャーリーガー(+ 1945年)
  • 1896年 - 桂米團治(4代目)、落語家(+ 1951年)
  • 1899年 - フランク・マクファーレン・バーネット、医学者(+ 1985年)
  • 1900年 - 6代目三遊亭圓生、落語家(+ 1979年)
  • 1900年 - モーリス・ドッブ、経済学者(+ 1976年)
  • 1900年 - ウルホ・ケッコネン、フィンランド大統領(+ 1986年)
  • 1901年 - エドゥアルト・ファン・ベイヌム、指揮者(+ 1959年)
  • 1905年 - カール・デイヴィッド・アンダーソン、物理学者(+ 1991年)
  • 1910年 - モーリス・パポン、フランスの対独協力者(+ 2007年)
  • 1910年 - 名取洋之助、写真家(+ 1962年)
  • 1912年 - 寺内一隆、プロ野球選手(+ 戦死)
  • 1913年 - 家永三郎、歴史家(+ 2002年)
  • 1913年 - アラン・ラッド、俳優(+ 1964年)
  • 1921年 - サーストン・ダート、音楽学者(+ 1971年)
  • 1921年 - 鈴木美嶺、野球選手、アマチュア野球審判、アマチュア野球公式記録員(+ 1991年)
  • 1922年 - サリー・テリー、歌手(+ 1996年)
  • 1924年 - 榎原好、プロ野球選手(+ 1998年)
  • 1925年 - ハンク・トンプソン、ミュージシャン(+ 2007年)
  • 1926年 - イレーネ・パパス、女優
  • 1928年 - ガストン・トルン、欧州委員会委員長(+ 2007年)
  • 1929年 - 成田亨、デザイナー、彫刻家(+ 2002年)
  • 1930年 - 澤地久枝、ノンフィクション作家
  • 1931年 - 小林恭治、俳優、声優(+ 2007年)
  • 1934年 - フレディ・キング、ブルースギタリスト(+ 1976年)
  • 1934年 - 長部日出雄、小説家、評論家
  • 1934年 - 米田佐代子、ノンフィクション作家
  • 1935年 - 千葉英二、プロ野球選手(+ 1992年)
  • 1935年 - イリナ・イオネスコ、写真家
  • 1935年 - 森乃福郎、上方噺家(+ 1998年)
  • 1936年 - 楳図かずお、漫画家
  • 1937年 - 土居章助、プロ野球選手
  • 1938年 - 野依良治、化学者
  • 1939年 - 古賀英彦、プロ野球選手、コーチ、監督
  • 1940年 - エドゥアルド・ガレアーノ、ジャーナリスト(+ 2015年)
  • 1941年 - セルゲイ・ドヴラートフ、小説家(+ 1990年)
  • 1942年 - 林裕章、吉本興業会長(+ 2005年)
  • 1942年 - 宮原秀明、プロ野球選手(+ 1994年)
  • 1942年 - アル・ジャーディン、ミュージシャン(ザ・ビーチ・ボーイズ)
  • 1942年 - マイケル・ホイ、喜劇役者、映画監督
  • 1943年 - 門岡信行、プロ野球選手(+ 没年不詳)
  • 1945年 - 重信房子、日本赤軍
  • 1945年 - 清俊彦、元プロ野球選手
  • 1950年 - 佐々木幸男、シンガーソングライター
  • 1950年 - 問矢福雄、プロ野球選手
  • 1952年 - ジョニー大倉、ミュージシャン、俳優(+ 2014年)
  • 1954年 - 島田誠、元プロ野球選手
  • 1955年 - 田中由郎、元プロ野球選手
  • 1956年 - 塩塚博、作曲家
  • 1957年 - 平川洋幸、プロ野球選手
  • 1958年 - 覚田修、ミュージシャン
  • 1960年 - 野田聖子、政治家
  • 1962年 - 榊原聡一郎、元プロ野球選手
  • 1965年 - チャーリー・シーン、俳優
  • 1965年 - 中田久美、バレーボール選手
  • 1965年 - 水野雄仁、プロ野球選手
  • 1966年 - 渡辺歩、アニメーション監督
  • 1967年 - ダロン・アシモグル、経済学者
  • 1967年 - 野呂エイシロウ、放送作家
  • 1968年 - 西條彰仁、写真家
  • 1968年 - 徳永耕治、野球選手
  • 1969年 - 吉田秀彦、柔道選手、格闘家
  • 1969年 - 杉山直樹、元プロ野球選手
  • 1969年 - 鶴田真理子、モデル
  • 1969年 - 中山雅行、プロ野球選手
  • 1970年 - 吉田豪、プロインタビュアー、プロ書評家
  • 1972年 - 坂詰貴之、俳優、声優
  • 1976年 - 富川悠太、アナウンサー
  • 1977年 - ファン・パブロ・アンヘル、サッカー選手
  • 1977年 - オロフ・メルベリ、サッカー選手
  • 1977年 - 佐久間一行、お笑いタレント
  • 1979年 - ジュリオ・セーザル、サッカー選手
  • 1979年 - 田村裕、お笑いタレント(麒麟)
  • 1979年 - 辻岡正人、映画監督、俳優
  • 1980年 - ジェイ・マクキャスリン、ミュージシャン
  • 1980年 - 近藤英恵、アナウンサー
  • 1980年 - 江草仁貴、プロ野球選手
  • 1980年 - ジェニー・フィンチ、ソフトボール選手
  • 1980年 - 大塚まえ、グラビアアイドル
  • 1981年 - いしづかあつこ、アニメーション監督
  • 1981年 - 廣田嘉明、野球選手
  • 1982年 - 名取香り、歌手
  • 1982年 - 藤村歩、声優
  • 1982年 - 世戸さおり、声優
  • 1982年 - サラ・バーク、女子スノーボーダー(+ 2012年)
  • 1982年 - 小松崎大地、野球選手
  • 1983年 - 岸田メル、イラストレーター
  • 1983年 - 栗山巧、プロ野球選手
  • 1983年 - 天野めぐみ、女優、タレント
  • 1985年 - 柏木貴代、アイドル、タレント
  • 1985年 - 梶裕貴、声優
  • 1985年 - リカルジーニョ、フットサル選手
  • 1986年 - 今井沙那恵、ミュージシャン
  • 1986年 - ショーン・ホワイト、スノーボーダー
  • 1986年 - スティーブ・ブラウン、野球選手
  • 1986年 - 安部建輝、プロ野球選手
  • 1987年 - Erie、ボーカル、パフォーマー、DJ(Dream、E-girlsメンバー)
  • 1987年 - 周嘉賢、フィギュアスケート選手
  • 1987年 - ドモニク・ブラウン、メジャーリーガー
  • 1988年 - ジェローム・ボアテング、サッカー選手
  • 1989年 - チャン・ヒョンスン、歌手
  • 1990年 - 水沢アリー、タレント
  • 1991年 - 小川龍也、プロ野球選手
  • 1991年 - ギルツ・イェーカブソンス、フィギュアスケート選手
  • 1991年 - 木村敦、俳優
  • 1992年 - 染谷将太、俳優
  • 1992年 - 石津幸恵、テニス選手
  • 1993年 - 釜元豪、プロ野球選手
  • 1993年 - 伊東幸敏、サッカー選手
  • 1993年 - 桐原真奈、アイドル
  • 1993年 - 小池里奈、女優
  • 1993年 - 松本梨奈、アイドル(SKE48)
  • 1993年 - 池岡亮介、俳優
  • 1994年 - 川村愛美、女優
  • 1996年 - セーラ、ファッションモデル、タレント
  • 1998年 - 大森美優、アイドル(AKB48)
  • 2000年 - 浅倉樹々、アイドル(つばきファクトリー)
  • 生年不明 - 岩泉まい、声優
  • 生年不明 - 岡田佐知恵、声優

忌日

  • 719年(養老3年閏7月15日)- 忌部子人、飛鳥時代の廷臣
  • 931年(承平元年7月19日)- 宇多天皇、日本の第59代天皇(* 867年)
  • 943年(天慶6年7月26日)- 元良親王、平安時代の皇族、歌人(* 890年)
  • 1099年(承徳3年8月16日)- 藤原通俊、平安時代の公卿、歌人(* 1047年)
  • 1329年(元徳元年8月10日)- 日秀(下野房)、法華宗の僧
  • 1368年(正平23年/応安元年7月21日)- 新田義宗、南北朝時代の武将(* 1331年)
  • 1402年 - ジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティ、ミラノ公(* 1351年)
  • 1467年 - エレオノーレ、神聖ローマ皇帝フリードリヒ3世の皇后(* 1436年)
  • 1552年(天文21年8月15日)- 長尾房長、戦国武将(* 1503年)
  • 1620年(元和6年8月7日)- 田中忠政、柳河藩主(* 1585年)
  • 1634年 - エドワード・コーク、法律家(* 1552年)
  • 1658年 - オリバー・クロムウェル、イングランド護国卿(* 1599年)
  • 1714年 - ピエトロ・アントニオ・フィオッコ、作曲家(* 1654年)
  • 1725年(享保10年7月27日)- 本庄道章、高富藩主(* 1683年)
  • 1792年 - ランバル公妃マリー・ルイーズ、マリー・アントワネットの女官長(* 1749年)
  • 1818年(文政元年8月3日)- 水野忠鼎、江戸幕府奏者番、唐津藩主(* 1744年)
  • 1862年(文久2年8月10日)- 本因坊秀策、囲碁棋士(* 1829年)
  • 1875年 - 本木昌造、江戸幕府の通詞(* 1824年)
  • 1877年 - アドルフ・ティエール、フランス大統領(* 1797年)
  • 1883年 - イワン・ツルゲーネフ、小説家(* 1818年)
  • 1903年 - 津田真道、啓蒙思想家、大成会衆議院議員、貴族院議員(* 1829年)
  • 1914年 - アルベリク・マニャール、作曲家(* 1865年)
  • 1919年 - ヴィクトル・ホルツ、教育者(* 1848年)
  • 1931年 - フランツ・シャルク、指揮者(* 1863年)
  • 1939年 - エドワード・ウェスターマーク、哲学者、社会学者(* 1862年)
  • 1944年 - フランティシェク・ドルドラ、作曲家、ヴァイオリニスト(* 1868年)
  • 1946年 - モーリツ・ローゼンタール、ピアニスト(* 1862年)
  • 1946年 - パウル・リンケ、作曲家(* 1866年)
  • 1948年 - エドヴァルド・ベネシュ、チェコスロバキア大統領(* 1884年)
  • 1948年 - 岡村博、数学者(* 1905年)
  • 1949年 - 黒正巌、経済学者(* 1895年)
  • 1950年 - トライアン・ヴイア、発明家(* 1872年)
  • 1953年 - 折口信夫、民俗学者(* 1887年)
  • 1953年 - ジャック・フィースター、メジャーリーガー(* 1878年)
  • 1964年 - ヨーゼフ・マルクス、作曲家(* 1882年)
  • 1970年 - ヴィンス・ロンバルディ、アメリカンフットボールコーチ(* 1913年)
  • 1979年 - 6代目三遊亭圓生、落語家(* 1900年)
  • 1980年 - 藤田宗一、プロ野球選手・監督(* 1914年)
  • 1982年 - フレデリック・ダネイ、小説家(* 1905年)
  • 1983年 - ピエロ・スラッファ、経済学者(* 1898年)
  • 1985年 - ジョー・ジョーンズ、ジャズドラマー(* 1911年)
  • 1987年 - モートン・フェルドマン、作曲家(* 1926年)
  • 1988年 - フェリト・メレン、トルコ首相(* 1906年)
  • 1989年 - ガエターノ・シレア、サッカー選手(* 1953年)
  • 1991年 - フランク・キャプラ、映画監督(* 1897年)
  • 1993年 - 若瀬川泰二、大相撲の力士(* 1920年)
  • 1996年 - オグ・マンディーノ、小説家、自己啓発書作家(* 1923年)
  • 1998年 - 椎橋重、俳優、声優(* 1948年)
  • 2000年 - 青木義朗、俳優(* 1929年)
  • 2002年 - 熱田公、歴史学者(* 1931年)
  • 2004年 - 島田ばく、児童文学者(* 1923年)
  • 2005年 - ウィリアム・レンキスト、アメリカ合衆国最高裁判所首席裁判官(* 1924年)
  • 2006年 - エヴァ・クナルダール、ピアニスト(* 1927年)
  • 2007年 - 三谷邦明、国文学者(* 1941年)
  • 2007年 - 吉野正三郎、法学者(* 1951年)
  • 2008年 - 初代富山清琴、地歌、箏曲師(* 1913年)
  • 2008年 - 児玉利一、プロ野球選手(* 1919年)
  • 2012年 - 文鮮明、韓国人の宗教家、世界基督教統一神霊協会(統一教会)の創立者(* 1920年)
  • 2014年 - タワン・ダッチャニー、画家(* 1939年)
  • 2017年 - ウォルター・ベッカー、ミュージシャン(スティーリー・ダン)(* 1950年)

スピーチ作成 - テーマ「ベッドの日」

自分が初めてテーマを知った/経験した時のエピソード。
テーマについて自分はどう思うか/思ったか。
言葉/行動/影響について自分はどう思うか。
今後自分はどうしたいと思うか。

スピーチ出力 - 09-03_ベッドの日.txt

想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。
日付からスピーチを作る
10月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
11月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
12月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
1月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
2月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29
3月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
4月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
5月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
6月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
7月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
8月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
9月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30

参考になる本

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法
 会議・朝礼・電話でも、接客・商談・会合でも、面接・結婚式のスピーチでも、デート・合コン・保護者会でも。
 こんなふうに話せば「あがり」にさようなら! 予約半年待ち! 超人気講師が教える“緊張しないコツ。
¥ 1,210
超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48
 本書では、人前では話すことが苦手な人でもすぐ実行でき、たちまち効果を実感できる「あがらずに話せる正しい方法」を48個紹介しています。
 スピーチ・朝礼・会議・面接でドキドキしない!商談・プレゼン・営業が面白いほど成功する!人前で話すのが苦手な人でも大丈夫!あがらずに話せる超シンプルなテクニックを大公開!
¥ 1,296
朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100 話しベタなあなたに贈る
 他人の興味を引く「鉄板ネタ」さえ持っていれば、誰でも「人前で話すこと」が怖くなくなります。
 聞き手が具体的にイメージしやすいようにスポーツ選手や芸能人など、著名人のエピソードもたくさん織り込んだ「鉄板ネタ」を100個集めました。
¥ 1,620
恥をかかないスピーチ力
 新年度に自己紹介をしたり、結婚式やちょっとした集まりで人前で話したりする機会は意外と多い。そんな時に役立つ、スピーチやコメントのコツ、心構え。
 恥をかかないレベルから「なかなかうまいな」と思われるレベルまで、どうステップアップするか。
 「時間感覚」「身体感覚」の重要性、始まり方と終わり方、小ネタの集め方、シーン別のコツやNGポイントまで、人前で話す時にはこれさえあれば大丈夫!
¥ 702
心に届く話し方 65のルール
 本書は、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説した、話し方の基礎技術の本です。
 「本質的に内容が相手にきちんと伝わる」ことを目的とし、「そのための具体的かつ自然な音声表現のディテール」まで迫った本です。
¥ 1,361
カーネギー話し方入門 文庫版
 あのウォーレン・バフェットも受講したというデール・カーネギーの話し方講座のエッセンスをまとめた本。
 カーネギーといえば、大ベストセラーとなった『人を動かす』があまりに有名だが、本書の原著も100万部を突破したベストセラーとして、アメリカでは広く知られている。
¥ 650