365日のネタ・スピーチ例は、1年分(365日分)のネタと、朝礼などのスピーチの作例や作り方を、まとめたサイトです。 >> 使い方を読む

4月27日の情報

記念日・年中行事

  • 王の日(オランダ)
    ウィレム=アレクサンダー国王の誕生日。
  • 自由の日(南アフリカ共和国)
    1994年のこの日に、南アフリカで初の全人種が参加する総選挙が行われたことを記念。
  • 占領に対する反乱の日(スロベニア)
    1941年のこの日に、枢軸国陣営の3か国に分割統治されていたスロベニアで、「スロベニア人民解放戦線」が設立されたことを記念。
  • 独立記念日(シエラレオネ)
    1961年のこの日、シエラレオネのイギリスからの独立が宣言された。
  • 独立記念日(トーゴ)
    1960年のこの日、トーゴがフランスから独立した。
  • 世界生命の日
    1991年4月25日から4月27日まで東京で開かれた国際生命尊重会議で制定。胎児の人権宣言が宣言された最終日を記念日とした。
  • 婦人警官の日/婦人警官記念日(日本)
    1946年のこの日に、戦後はじめて警視庁に採用された婦人警官62人が初勤務をしたことから。
  • 哲学の日(日本)
    紀元前399年4月27日に、ソクラテスが毒杯をあおって刑死したことに由来。ソクラテスの妻クサンティッペが悪妻と言われていることから「悪妻の日」ともされている。
  • ロープデー(日本)
    「よい(4)つ(2)な(7)」(良い綱)の語呂合わせ。

歴史

  • 紀元前399年 - ソクラテスが青年を惑わした罪で刑死。
  • 1586年 - 土星において水星の太陽面通過と金星の太陽面通過が同時に起こる。太陽系で前回起こった惑星の同時太陽面通過。次回は2865年12月29日に海王星で発生する。
  • 1777年 - アメリカ独立戦争: リッジフィールドの戦い行われる。
  • 1810年 - ベートーヴェンが「エリーゼのために」を作曲。
  • 1865年 - アメリカの貨客船「サルタナ」で、航行中にボイラーが爆発し火災が発生。1,450人以上が死亡。
  • 1897年 - 帝国図書館官制が公布され、上野の東京図書館を帝国図書館とする。
  • 1905年 - リエージュ万国博覧会(1905年)が開催される。
  • 1908年 - 第4回夏季オリンピック、ロンドン大会開催、10月29日まで。
  • 1909年 - メフメト5世がオスマン帝国スルタンに即位。
  • 1911年(宣統3年3月29日)- 黄花崗起義。中国同盟会の黄興が広州で反清武装蜂起。
  • 1917年 - 京都 - 東京512kmで「東海道五十三次関東関西対抗駅伝競走」を開催。初めて「駅伝」の名称が使われる。
  • 1940年 - ナチス親衛隊指導者ハインリヒ・ヒムラーがアウシュヴィッツ強制収容所の建設命令を発令。
  • 1941年 - 第二次世界大戦・ギリシャの戦い: ナチス・ドイツがアテネを占領。
  • 1945年 - 第二次世界大戦: ベニート・ムッソリーニがパルチザンに捕縛され、翌日銃殺される。
  • 1946年 - 東京警視庁で初めて採用された婦人警官62人が初勤務。
  • 1948年 - 衆議院不当財産取引委員会で昭和電工への復金融資をめぐる贈収賄が問題化、昭電疑獄に発展。
  • 1948年 - 庭坂事件。福島県庭坂村の国鉄奥羽本線で列車が脱線。乗務員3人死亡。
  • 1952年 - ソビエト社会主義共和国連邦より、戦略爆撃機・Tu-16が進空。
  • 1959年 - 中華人民共和国で毛沢東が国家主席を辞任、後任に劉少奇。
  • 1960年 - 大韓民国で李承晩大統領が、退陣を求めるデモの激化を受け辞任。許政首相が大統領代行に。
  • 1960年 - トーゴがフランスから独立。
  • 1961年 - シエラレオネがイギリスから独立。
  • 1962年 - 日本プロレス神戸大会での6人タッグマッチで、フレッド・ブラッシーがグレート東郷に噛みついて大流血させた。テレビ視聴者の複数の老人が残忍さのあまりショック死し、日本テレビのプロデューサーが国会に呼び出された。
  • 1967年 - モントリオール万国博覧会が開幕。10月27日まで。
  • 1971年 - 大韓民国大統領選挙で朴正煕が三選。
  • 1978年 - アフガニスタンでクーデター。翌日、ムハンマド・ダーウード大統領が殺害される。
  • 1980年 - コロンビアのドミニカ共和国大使館占拠事件で最後の人質18人が解放される。犯行グループの4月19日運動はキューバに出国。事件発生から61日で無血決着。
  • 1990年 - ボーイング727の日本国内での就航が、全日空山形 - 羽田便を最後に終了。
  • 1991年 - 嵯峨野観光鉄道嵯峨野観光線トロッコ嵯峨駅 - トロッコ亀岡駅間が開業。
  • 1994年 - 南アフリカ共和国で初めてとなる全人種参加の総選挙。ネルソン・マンデラ率いるアフリカ民族会議が第一党となり、マンデラを次期大統領に選出。
  • 1996年 - 東葉高速鉄道東葉高速線西船橋駅 - 東葉勝田台駅間が開業。
  • 1997年 - 英領香港の青馬大橋が開通。
  • 2004年 - ニューヨークのワールドトレードセンター跡地で1 ワールドトレードセンターが着工。
  • 2005年 - シリアによるレバノンからの軍隊の完全撤退実施。
  • 2005年 - トゥールーズでエアバスA380が初飛行。
  • 2007年 - 新丸の内ビルディング(新丸ビル)が東京都千代田区丸の内に開業。
  • 2008年 - ベンガル湾にサイクロン・ナルギスが発生。ミャンマーを中心に甚大な被害。
  • 2010年 - 日本で刑事訴訟法改正法が公布・施行。殺人罪・強盗殺人罪の公訴時効廃止など。
  • 2017年 - アメリカのホノルル国際空港が同地出身のダニエル・イノウエにちなみ、ダニエル・K・イノウエ国際空港に改名。
  • 2018年 - 韓国の文在寅大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は、板門店の韓国側の施設「平和の家」で2018年南北首脳会談を行った。そして、朝鮮半島の「完全な非核化」を盛り込んだ板門店宣言を発表した。

誕生日

  • 1701年 - カルロ・エマヌエーレ3世、サルデーニャ王(+ 1773年)
  • 1733年 - ヨーゼフ・ゴットリープ・ケールロイター、植物学者(+ 1806年)
  • 1759年 - メアリ・ウルストンクラフト、社会思想家、フェミニズム先駆者(+ 1797年)
  • 1767年 - アンドレーアス・ロンベルク、ヴァイオリニスト(+ 1821年)
  • 1791年 - サミュエル・モールス、発明家(+ 1872年)
  • 1806年 - マリア・クリスティーナ・デ・ボルボン、スペイン王妃(+ 1878年)
  • 1812年 - フリードリッヒ・フォン・フロトー、作曲家(+ 1883年)
  • 1815年(文化12年3月18日)- 松平斉斎、第9代松江藩主(+ 1863年)
  • 1820年 - ハーバート・スペンサー、社会学者、哲学者(+ 1903年)
  • 1822年 - ユリシーズ・S・グラント、第18代アメリカ合衆国大統領(+ 1885年)
  • 1840年 - エドワード・ウィンパー、登山家、木版画家(+ 1911年)
  • 1848年 - オットー1世、バイエルン王(+ 1916年)
  • 1848年(道光28年3月24日)- 黄遵憲、中国清朝末期の詩人、外交官、政治思想家(+ 1905年)
  • 1854年(嘉永7年4月1日)- 長谷場純孝、政治家、第22代文部大臣(+ 1914年)
  • 1856年(咸豊6年3月23日)- 同治帝、第10代清皇帝(+ 1875年)
  • 1857年 - テオドール・キッテルセン、画家、芸術家(+ 1914年)
  • 1864年 - ジェフリー・ホール=セイ、フィギュアスケート選手(+ 1940年)
  • 1868年(慶応4年4月5日)- 内田魯庵、小説家(+ 1929年)
  • 1876年 - 堀江帰一、経済学者(+ 1927年)
  • 1878年 - フランク・ゴッチ、プロレスラー(+ 1917年)
  • 1879年 - トーマス・ビーチャム、指揮者(+ 1961年)
  • 1880年 - 守山恒太郎、野球選手(+ 1912年)
  • 1892年 - 鷲尾雨工、小説家(+ 1951年)
  • 1893年 - ドラジャ・ミハイロヴィッチ、軍人(+ 1946年)
  • 1894年 - 柳田泉、近代文学研究者、翻訳家(+ 1969年)
  • 1894年 - ニコラス・スロニムスキー、作曲家、指揮者、音楽評論家(+ 1995年)
  • 1896年 - ウォーレス・カロザース、化学者(+ 1937年)
  • 1896年 - ロジャース・ホーンスビー、メジャーリーガー(+ 1963年)
  • 1898年 - 福井康順、仏教学者、東洋学者(+ 1991年)
  • 1901年 - 龍胆寺雄、作家、サボテン研究家(+ 1992年)
  • 1903年 - フランク・ベルナップ・ロング、小説家(+ 1994年)
  • 1904年 - セシル・デイ=ルイス、作家、詩人(+ 1972年)
  • 1908年 - 寺田竹雄、洋画家(+ 1993年)
  • 1910年(宣統2年3月18日)- 蒋経国、第6期・7期中華民国総統(+ 1988年)
  • 1913年 - フィリップ・アベルソン、物理学者(+ 2004年)
  • 1916年 - 宮崎要、プロ野球選手(+ 1965年)
  • 1916年 - 中馬辰猪、政治家(+ 2010年)
  • 1916年 - イーノス・スローター、メジャーリーガー(+ 2002年)
  • 1917年 - イオ・ミン・ペイ、建築家
  • 1920年 - グィード・カンテッリ、指揮者(+ 1956年)
  • 1921年 - ヨアヒム・ブレンデル、ドイツ空軍のエース・パイロット(+1974年)
  • 1922年 - 竹野栄、児童文学作家、教育者
  • 1926年 - 増田通二、経営者、パルコ創業者(+ 2007年)
  • 1929年 - 越智通雄、政治家
  • 1929年 - 遠藤登、政治家(+ 2011年)
  • 1931年 - 矢田稔、声優
  • 1931年 - イーゴリ・オイストラフ、ヴァイオリニスト
  • 1932年 - 矢野絢也、政治家、政治評論家
  • 1932年 - 高井有一、小説家(+ 2016年)
  • 1932年 - 小林完吾、アナウンサー
  • 1932年 - アヌーク・エーメ、女優
  • 1933年 - 天野祐吉、コラムニスト(+ 2013年)
  • 1935年 - テオ・アンゲロプロス、映画監督(+ 2012年)
  • 1935年 - 森田斌、プロ野球選手(+ 2011年)
  • 1936年 - 近藤晴彦、プロ野球選手
  • 1937年 - サンディ・デニス、女優(+ 1992年)
  • 1939年 - ヘイミッシュ・ミルン、ピアニスト
  • 1942年 - 藤井貞和、詩人
  • 1943年 - ジョージ秋山、漫画家
  • 1943年 - 大塚勝久、実業家
  • 1944年 - マイク真木、歌手、俳優
  • 1945年 - 小山勝二、宇宙物理学者
  • 1947年 - 柴俊夫、俳優
  • 1947年 - ピート・ハム、ミュージシャン、「バッドフィンガー」のリーダー(+ 1975年)
  • 1948年 - 米山哲夫、プロ野球選手
  • 1948年 - ヨーゼフ・ヒッケルスベルガー、サッカー選手、指導者
  • 1949年 - 藤原喜明、プロレスラー
  • 1949年 - 西岡三四郎、プロ野球選手
  • 1950年 - 水谷則博、プロ野球選手(+ 2001年)
  • 1951年 - 御厨貴、政治学者
  • 1951年 - エース・フレーリー、ギタリスト、(元キッス)
  • 1951年 - 但田裕介、プロ野球選手
  • 1952年 - ジョージ・ガービン、バスケットボール選手
  • 1952年 - アリ・バタネン、ラリードライバー
  • 1952年 - 松岡高信、プロ野球選手
  • 1955年 - エリック・シュミット、コンピュータ技術者、実業家
  • 1957年 - ウィリー・アップショー、プロ野球選手
  • 1958年 - 酒井哲哉、政治学者
  • 1959年 - シーナ・イーストン、歌手
  • 1959年 - アンドリュー・ファイアー、遺伝学者
  • 1959年 - ルイ・ロルティ、ピアニスト
  • 1961年 - モアナ・ポッツィ、ポルノ女優(+ 1994年)
  • 1963年 - 加藤雅也、俳優
  • 1963年 - 宮根誠司、アナウンサー
  • 1963年 - 吉村禎章、プロ野球選手
  • 1964年 - 関岡香、アナウンサー
  • 1965年 - 西原久美子、声優
  • 1965年 - ボブ・マクドナルド、プロ野球選手
  • 1966年 - 入江喜和、漫画家
  • 1966年 - 冨樫義博、漫画家
  • 1966年 - 垣根涼介、小説家
  • 1966年 - エリック・ヒルマン、プロ野球選手
  • 1966年 - 島袋浩、AV男優
  • 1967年 - ヴィレム=アレクサンダー、オランダ国王
  • 1968年 - 横山武志、俳優、作曲家
  • 1968年 - 松野明美、マラソン選手、政治家、タレント
  • 1968年 - 荒川哲男、プロ野球選手
  • 1969年 - 立山律子、ディスクジョッキー
  • 1969年 - ダーシー・バッセル、バレエダンサー
  • 1970年 - 小川祥志、プロ野球選手
  • 1972年 - 陳衛星、卓球選手
  • 1973年 - 井上恵、射撃選手
  • 1973年 - 谷合正明、政治家
  • 1974年 - フランク・カタラノット、メジャーリーガー
  • 1974年 - Tama、ベーシスト(元ポルノグラフィティ)
  • 1974年 - ジョニー・デバイン、プロレスラー
  • 1974年 - 馬場典子、アナウンサー(日本テレビ)
  • 1974年 - 原千晶、女優、アロマインストラクター
  • 1975年 - 船木和喜、スキージャンプ選手
  • 1975年 - ペドロ・フェリス、メジャーリーガー
  • 1975年 - クリス・カーペンター、メジャーリーガー
  • 1976年 - 岸田繁、ミュージシャン(くるり)
  • 1976年 - 村上涼子、AV女優
  • 1977年 - 高橋和幸、プロ野球選手
  • 1977年 - 尾形貴弘、お笑い芸人(パンサー)
  • 1978年 - 鈴木尚広、プロ野球選手
  • 1978年 - ノブ・ハヤシ、キックボクサー
  • 1978年 - 間下このみ、女優
  • 1978年 - 望月久代、声優
  • 1978年 - サミ・ヒンカ、ヘヴィメタルミュージシャン
  • 1979年 - クリスチャン・ベロア、プロ野球選手
  • 1979年 - 根本正勝、俳優、歌手、声優
  • 1981年 - 池田昇平、サッカー選手
  • 1981年 - 唐汭序、卓球選手
  • 1981年 - キンバリー・ナバーロ、フィギュアスケート選手
  • 1982年 - マルク・ラマッキア、野球選手
  • 1982年 - 田原豊、サッカー選手
  • 1982年 - 楊原京子、女優、タレント
  • 1983年 - 門田こむぎ、歌手、タレント
  • 1984年 - パトリック・スタンプ、歌手(フォール・アウト・ボーイ)、プロデューサー
  • 1985年 - 長谷部瞳、女優、タレント
  • 1985年 - 曽根由希江、歌手、DJ
  • 1986年 - ディナラ・サフィナ、テニス選手
  • 1986年 - 平田裕一郎、俳優
  • 1987年 - 鈴木杏、女優
  • 1987年 - 宇賀地強、陸上競技選手
  • 1987年 - ウィリアム・モーズリー、俳優
  • 1987年 - 船江恒平、将棋棋士
  • 1987年 - 吉田利一、プロ野球選手
  • 1987年 - 海平和、アナウンサー
  • 1987年 - 増田里絵、野球選手
  • 1988年 - 北野洸貴、プロ野球選手
  • 1988年 - ホセ・フェルナンデス、野球選手
  • 1989年 - 築地保奈美、女子バレーボール選手(東レ)
  • 1990年 - アーロン・ブルックス、メジャーリーガー
  • 1990年 - 春輝、ファッションモデル
  • 1990年 - アレハンドロ・セゴビア、プロ野球選手
  • 1991年 - ジェイ・ハードウェイ、DJ、音楽プロデューサー
  • 1992年 - 曽田茉莉江、美少女クラブ31
  • 1993年 - 石川慎吾、プロ野球選手
  • 1994年 - コーリー・シーガー、メジャーリーガー
  • 1994年 - 澤田圭佑、プロ野球選手
  • 1999年 - 南乃彩希、ファッションモデル、女優
  • 生年不明 - 足立友、声優
  • 生年不明 - 中井将貴、声優
  • 1979年 - バンブーアトラス、競走馬(+ 2003年)
  • 1980年 - ニホンピロウイナー、競走馬(+ 2005年)
  • 2002年 - フジノウェーブ、競走馬(+ 2013年)

忌日

  • 紀元前399年 - ソクラテス、哲学者(* 紀元前469年頃)
  • 700年(文武天皇4年4月4日)- 明日香皇女、皇族
  • 1404年 - フィリップ2世、ブルゴーニュ公(* 1342年)
  • 1521年 - フェルディナンド・マゼラン、航海者(* 1480年頃)
  • 1599年(慶長4年閏3月3日)- 前田利家、武将、五大老(* 1539年)
  • 1605年 - レオ11世、第232代ローマ教皇(* 1535年)
  • 1656年 - ヤン・ファン・ホーイェン、画家(* 1595年)
  • 1656年 - ヘラルト・ファン・ホントホルスト、画家(* 1592年)
  • 1694年 - ヨハン・ゲオルク4世、ザクセン選帝侯(* 1668年)
  • 1702年 - ジャン・バール、フランス海軍の軍人、私掠船船長(* 1651年)
  • 1794年 - ウィリアム・ジョーンズ、言語学者、裁判官(* 1746年)
  • 1813年 - ゼブロン・パイク、軍人、探検家(* 1779年)
  • 1868年(慶応4年4月5日)- 徳川慶篤、第10代水戸藩主、徳川慶喜の兄(* 1832年)
  • 1882年 - ラルフ・ワルド・エマーソン、哲学者、詩人(* 1803年)
  • 1906年 - 木村荘平、実業家(* 1841年)
  • 1915年 - アレクサンドル・スクリャービン、作曲家(* 1872年)
  • 1919年 - 前島密、官僚、政治家(* 1835年)
  • 1935年 - 腰本寿、野球選手(* 1894年)
  • 1936年 - カール・ピアソン、統計学者(* 1857年)
  • 1937年 - 島薗順次郎、医師(* 1877年)
  • 1937年 - アントニオ・グラムシ、マルクス主義思想家(* 1891年)
  • 1938年 - エドムント・フッサール、数学者、思想家(* 1859年)
  • 1942年 - ハインリヒ・ブルガー、フィギュアスケート選手(* 1881年)
  • 1962年 - 根岸寛一、映画プロデューサー(* 1894年)
  • 1965年 - 世耕弘一、政治家(* 1893年)
  • 1965年 - エドワード・R・マロー、ジャーナリスト(* 1908年)
  • 1966年 - 二木謙三、医学者(* 1873年)
  • 1971年 - 西村栄一、政治家(* 1904年)
  • 1972年 - クワメ・エンクルマ、ガーナ初代大統領(* 1909年)
  • 1972年 - 小枩山貞造、大相撲力士(* 1913年)
  • 1973年 - 吉田富三、医学者(* 1903年)
  • 1977年 - スコット・ブラッドリー、作曲家(* 1891年)
  • 1977年 - 長沼弘毅、官僚、文芸評論家(* 1906年)
  • 1983年 - 山口長男、洋画家(* 1902年)
  • 1984年 - 浅井甚兵衛、仏教指導者(* 1904年)
  • 1989年 - 松下幸之助、実業家、パナソニック創業者(* 1894年)
  • 1992年 - オリヴィエ・メシアン、作曲家、オルガニスト(* 1908年)
  • 1999年 - 賀緑汀、作曲家(* 1903年)
  • 2002年 - ジョージ・アレック・エフィンジャー、SF作家(* 1947年)
  • 2005年 - 大社義規、実業家、日本ハム創業者、日本ハム球団初代オーナー(* 1915年)
  • 2005年 - 福井敏雄、気象解説者、タレント(* 1921年)
  • 2006年 - 米川良夫、翻訳家(* 1931年)
  • 2007年 - ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ、チェリスト、指揮者(* 1927年)
  • 2009年 - エドウィン・マクレラン、日本文学研究者、イェール大学名誉教授(* 1925年)
  • 2009年 - ミロスラヴ・フィリップ、チェス選手(* 1928年)
  • 2010年 - 北林谷栄、女優、声優(* 1911年)
  • 2013年 - 佐野洋、小説家(* 1928年)
  • 2013年 - アニマル・レスリー、元プロ野球選手(* 1958年)
  • 2014年 - 市村緑郎、彫刻家(* 1936年)
  • 2014年 - 神戸一郎、歌手、俳優(* 1938年)
  • 2015年 - アレクサンダー・リッチ、生物学者、生物物理学者(* 1924年)
  • 2017年 - 佐田の山晋松、大相撲第50代横綱(* 1938年)
  • 2018年 - 朝丘雪路、女優(* 1935年)

引用・参考URL

このページの引用・参考URL。
日付からスピーチを作る
10月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
11月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
12月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
1月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
2月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29
3月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
4月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
5月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
6月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
7月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
8月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
9月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30

参考になる本

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法
 会議・朝礼・電話でも、接客・商談・会合でも、面接・結婚式のスピーチでも、デート・合コン・保護者会でも。
 こんなふうに話せば「あがり」にさようなら! 予約半年待ち! 超人気講師が教える“緊張しないコツ。
¥ 1,210
超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48
 本書では、人前では話すことが苦手な人でもすぐ実行でき、たちまち効果を実感できる「あがらずに話せる正しい方法」を48個紹介しています。
 スピーチ・朝礼・会議・面接でドキドキしない!商談・プレゼン・営業が面白いほど成功する!人前で話すのが苦手な人でも大丈夫!あがらずに話せる超シンプルなテクニックを大公開!
¥ 1,296
朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100 話しベタなあなたに贈る
 他人の興味を引く「鉄板ネタ」さえ持っていれば、誰でも「人前で話すこと」が怖くなくなります。
 聞き手が具体的にイメージしやすいようにスポーツ選手や芸能人など、著名人のエピソードもたくさん織り込んだ「鉄板ネタ」を100個集めました。
¥ 1,620
恥をかかないスピーチ力
 新年度に自己紹介をしたり、結婚式やちょっとした集まりで人前で話したりする機会は意外と多い。そんな時に役立つ、スピーチやコメントのコツ、心構え。
 恥をかかないレベルから「なかなかうまいな」と思われるレベルまで、どうステップアップするか。
 「時間感覚」「身体感覚」の重要性、始まり方と終わり方、小ネタの集め方、シーン別のコツやNGポイントまで、人前で話す時にはこれさえあれば大丈夫!
¥ 702
心に届く話し方 65のルール
 本書は、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説した、話し方の基礎技術の本です。
 「本質的に内容が相手にきちんと伝わる」ことを目的とし、「そのための具体的かつ自然な音声表現のディテール」まで迫った本です。
¥ 1,361
カーネギー話し方入門 文庫版
 あのウォーレン・バフェットも受講したというデール・カーネギーの話し方講座のエッセンスをまとめた本。
 カーネギーといえば、大ベストセラーとなった『人を動かす』があまりに有名だが、本書の原著も100万部を突破したベストセラーとして、アメリカでは広く知られている。
¥ 650