365日のネタ・スピーチ例は、1年分(365日分)のネタと、朝礼などのスピーチの作例や作り方を、まとめたサイトです。 >> 使い方を読む

7月16日「駅弁記念日」


 7月16日は「駅弁記念日」です。日本最古の駅弁がどこの駅で発売されたのかについては諸説ありますが、1885年(明治18年)7月16日に、日本鉄道の嘱託を受けた旅館「白木屋」が、この日開業した日本鉄道宇都宮駅で、握り飯2個とたくあんを竹の皮に包んだものを発売したのが最初とされています。「駅弁記念日」は、このことにちなんでいます。

 駅弁は、横一直線のロングシートでは、さすがに食べることはできません。ボックスシートの車両でないと難しいです。

 過去の体験から、都心はロングシート、田舎はボックスシートという感じです。

 第2次大戦前、各所に駅弁業者が開業すると、軍部隊が鉄道で移動する際の食事にも、駅弁が利用されるようになりました。これは軍弁と呼ばれました。
 軍弁は、輸送計画の秘匿のため、発注がなされるのは直前で、駅弁業者は大変だったそうです。ただ、需要は大きく、駅弁の進歩・普及の背景ともなったそうです。この軍弁も、戦時中は食糧事情の悪化により、簡素なものとなっていきました。


 急な発注、短い締め切りというのは、現場に混乱を招きます。その分、価格が上乗せされていたり、総額が大きいなら取り組む価値がありますが、なかなかそうした案件ばかりではありません。

 そこに成長が見込めるのならば請けるべきでしょうが、そうでない場合は、可能な限り金額をつり上げるべきだと思います。

スピーチ作例 7月16日1
文字数:594文字   想定時間:158
想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。

その他の情報

 現在のような折詰に入った駅弁は、1890年(明治23年)に、姫路駅でまねき食品が発売したものが最初との説があります。この弁当の中身は、「たいの塩焼き、伊達巻き、焼きかまぼこ、だし巻き卵、大豆こんぶ煮付け、栗きんとん、ごぼう煮つけ、少し甘みをつけて炊いたゆり根、薄味で煮つけたふき、香の物は奈良漬と梅干し、黒ごまをふった白飯」とされています。
 また名古屋駅では、1886年(明治19年)5月1日の駅開業時から、服部商店(服部茂三郎)により、弁当の立ち売りを開始したとされています。
 駅弁大会の元祖は、1953年の高島屋大阪店とされています。全国的に有名になったのは、1966年に京王百貨店新宿店で開催された「第1回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会」です。全国各地の有名駅弁業者を新宿に集め、その当地でしか食べられない駅弁が一同に集うというこのイベントは、当時としては非常に斬新であり大盛況となりました。
 その後、駅弁大会は京王百貨店新宿店の1月恒例の一大イベントとして定着しています。駅弁が旅先での一介の食事から、全国的知名度を持つ名物へと認知されるきっかけともなったイベントでありました。
 特殊な装置のある弁当の例としては、1988年に神戸市の「淡路屋」が、化学メーカーと組んで開発した駅弁があります。この駅弁は、生石灰と水の反応熱を使用した加熱装置を組み込み、食べる前に紐を引いて加熱する仕組みになっています。

引用・参考URL

このページの引用・参考URL。

記念日・年中行事

  • 盆送り火(日本)
    盆の最終日。7月13日に迎えた祖先の霊を送り出す。焚いた送り火の煙に乗って帰るとされている。
  • 国土交通Day(日本、2000年 -)
  • 海の日(日本、2007年、2012年、2018年)
  • 駅弁記念日(日本)
    1885年のこの日に開業した日本鉄道の宇都宮駅で、日本初の駅弁が発売されたとされていたことにちなむ。この日とは別に4月10日が「駅弁の日」になっている。

歴史

  • 527年(継体天皇21年6月3日)- 近江毛野が軍を率いて新羅に攻められた任那の失地回復に向かう(磐井の乱の始まり)。
  • 622年 - ヒジュラ暦1年1月1日。この年内に、預言者ムハンマドはメッカからメディナに移住(ヒジュラ)したため、彼らの太陰暦でこの年の年初にあたるこの日がヒジュラ暦の始まる日になる。
  • 1054年 - 東西教会の分裂: カトリック教会の使節としてコンスタンディヌーポリを訪問していた枢機卿フンベルトが、正教会のコンスタンディヌーポリ総主教ミハイル1世とその同調者に対する破門状を聖堂の宝座に叩きつける。ミハイル1世もフンベルト一行を破門。(東西教会の相互破門)
  • 1212年 - レコンキスタ: アンダルシア州のナバス・デ・トロサで、イベリア半島のカトリック諸国と騎士修道会の連合軍がムワッヒド朝の軍を破る。(ナバス・デ・トロサの戦い)
  • 1224年(元仁元年6月28日)- 北条泰時が鎌倉幕府第3代執権に就任。
  • 1377年 - イングランド王リチャード2世が戴冠。
  • 1582年(天正10年6月27日)- 清洲会議が開かれ、羽柴秀吉が推す三法師(後の織田秀信)が織田信長の後継者に決まる。
  • 1661年 - ストックホルム銀行が、世界初の国家の承認を受けた紙幣を発行する。
  • 1683年(康熙22年6月22日)- 澎湖海戦が終結。清が鄭成功の鄭氏政権を破り、台湾を版図におさめる。
  • 1779年 - アメリカ独立戦争: ストーニーポイントの戦い
  • 1782年 - モーツァルト作曲の歌劇『後宮からの誘拐』がウィーンで初演される。
  • 1790年 - アメリカ合衆国の新しい首都としてコロンビア特別区(現 ワシントンD.C.)を設置する首都立地法が発効。
  • 1834年 - 第2代メルバーン子爵ウィリアム・ラムがイギリスの27代首相に就任。
  • 1861年 - 南北戦争: 北軍の35,000名の兵が第一次ブルランの戦いのためにワシントンを出発。
  • 1885年 - 日本鉄道・大宮駅 - 宇都宮駅(現在の東北本線)が開業。
  • 1894年 - 日英通商航海条約調印。初めて領事裁判権が撤廃されるが、関税自主権は回復されず。
  • 1898年 - 明治民法の家族法が制定され、日本の家族制度が夫婦別姓から夫婦同姓へはじめて移行した
  • 1909年 - イラン立憲革命: 革命を支持する国民軍が首都テヘランを占領、国王モハンマド・アリー・シャーはロシアへ亡命し、アフマド・シャーが即位。
  • 1917年(ユリウス暦7月3日)- ロシア革命: 七月事件。ロシア・ペトログラードでボリシェヴィキが武装デモ。7月18日(ユリウス暦7月7日)にロシア臨時政府により鎮圧。
  • 1920年 - 阪急神戸本線・阪急伊丹線開業。
  • 1935年 - オクラホマ州オクラホマシティに世界初のパーキングメーターを設置。
  • 1935年 - 林銑十郎陸相と永田鉄山軍務局長が教育総監・真崎甚三郎を罷免。
  • 1940年 - 陸軍の画策で畑俊六陸相が辞職し、後任の陸相を陸軍が推挙しなかったため、米内内閣が総辞職。
  • 1941年 - ニューヨーク・ヤンキースのジョー・ディマジオ選手が、メジャーリーグ記録となる56試合連続安打を達成。
  • 1941年 - 第2次近衛内閣が総辞職。
  • 1942年 - ホロコースト: ナチス・ドイツ占領下のフランスでユダヤ人13,000人が一斉に検挙される。(ヴェロドローム・ディヴェール大量検挙事件)
  • 1945年 - マンハッタン計画: アメリカ合衆国がニューメキシコ州アラモゴードにおいて、人類初の原子爆弾の実験に成功。(トリニティ実験)
  • 1948年 - キャセイ・パシフィック航空機ハイジャック事件。ハイジャック犯が機長・副機長を射殺した結果ハイジャック機が墜落、25名の死者を出す。
  • 1950年 - 1950 FIFAワールドカップの決勝リーグ第3戦がリオデジャネイロのマラカナン・スタジアムで行なわれ、ウルグアイがブラジルに2-1で逆転勝ちを決め2度目の優勝を果たす。(マラカナンの悲劇)
  • 1951年 - ナチス・ドイツのベルギー侵攻時に政府と袂を分かち単独降伏した選択への批判にさらされていたレオポルド3世がベルギー国王を退位し、長男のボードゥアン1世が即位。
  • 1951年 - J・D・サリンジャー作の小説『ライ麦畑でつかまえて』が発刊。
  • 1953年 - 伊東絹子がミス・ユニバースコンテストで3位入賞、「八頭身美人」が流行語に。
  • 1957年 - アメリカ海兵隊のジョン・ハーシェル・グレンがF8Uクルセイダー戦闘機により初の超音速によるアメリカ大陸横断を実施。3時間23分でロサンゼルスからニューヨークまでを飛行。
  • 1963年 - 名神高速道路の栗東 - 尼崎が開通。日本初の都市間高速道路(高速自動車国道)。
  • 1965年 - イタリアとフランスを結ぶモンブラントンネルの開通式。7月19日に一般への供用を開始。
  • 1969年 - 世界初の有人月宇宙船「アポロ11号」打ち上げ。
  • 1972年 - 大相撲名古屋場所で高見山大五郎が優勝(外国出身力士の幕内初優勝)。
  • 1979年 - イラク大統領アフマド・ハサン・アル=バクルが辞任を表明し、政権ナンバー2のサッダーム・フセインが大統領に就任。
  • 1981年 - マハティール・ビン・モハマドがマレーシアの首相に就任。以降2003年まで22年間在任。
  • 1987年 - 福島県のJR東日本・会津線が第三セクター鉄道・会津鉄道に転換。
  • 1989年 - 越前海岸崩落事故。福井県丹生郡越前町玉川の国道305号線で岩盤が崩落する事故で15人死亡。
  • 1990年 - バギオ大地震
  • 1993年 - 神奈川県横浜市に超高層ビルでは当時日本一の高さとなる横浜ランドマークタワーが開業。
  • 1994年 - この日から7月22日までの間、多数の破片に分裂したシューメーカー・レヴィ第9彗星が相次いで木星に衝突する。
  • 1994年 - 青森県青森市の三内丸山遺跡で巨大建造物の木柱や大量の土器が出土し、国内最大級の縄文期の集落跡と判明。
  • 1997年 - 臓器の移植に関する法律公布。
  • 1997年 - ダウ平均株価が8000ドルの大台に達する。
  • 1999年 - ジョン・F・ケネディの長男ジョン・フィッツジェラルド・ケネディ・ジュニアが操縦する小型飛行機がロングアイランド沖で墜落。乗っていた3人全員が死亡。
  • 1999年 - 上野駅と札幌駅を結ぶ夜行寝台特急「カシオペア」が運転開始。
  • 1999年 - 排気量50cc超のトライクは道路運送車両法上では側車付二輪車(サイドカー)になり、道路交通法上では普通自動車免許で運転できることが明確に規定される。
  • 2004年 - 性同一性障害特例法が施行。
  • 2007年 - 午前10時13分、マグニチュード6.8で最大震度6強の新潟県中越沖地震発生。柏崎市を中心に被害が発生。死者10人、重軽傷者1700人以上。

誕生日

  • 1486年 - アンドレア・デル・サルト、画家(+ 1530年)
  • 1723年 - ジョシュア・レノルズ、画家(+ 1792年)
  • 1746年 - ジュゼッペ・ピアッツィ、天文学者(+ 1826年)
  • 1773年 - ヨセフ・ユングマン、言語学者、詩人(+ 1847年)
  • 1816年 - アントワーヌ・マルモンテル、ピアニスト、教育者、著述家(+ 1898年)
  • 1827年(文政10年6月23日)- 小栗忠順、江戸幕府勘定奉行、万延元年遣米使節団監察(+ 1868年)
  • 1827年(文政10年6月23日)- 加納宗七、紀州藩の御用商人(+ 1887年)
  • 1858年 - ウジェーヌ・イザイ、指揮者、作曲家、ヴァイオリニスト(+ 1931年)
  • 1860年 - オットー・イェスペルセン、言語学者(+ 1943年)
  • 1863年 - ファニー・ブルームフィールド・ツァイスラー、ピアニスト(+ 1927年)
  • 1872年 - ロアール・アムンセン、探検家、南極に初到達(+ 1928年)
  • 1883年 - チャールズ・シーラー、画家、写真家(+ 1965年)
  • 1888年 - ジョー・ジャクソン、野球選手(+ 1951年)
  • 1896年 - トリグブ・リー、初代国連事務総長(+ 1968年)
  • 1900年 - 山田無文、禅僧(+ 1988年)
  • 1906年 - 市丸、芸者歌手(+ 1997年)
  • 1907年 - バーバラ・スタンウィック、女優(+ 1990年)
  • 1911年 - ジンジャー・ロジャース、女優(+ 1995年)
  • 1919年 - 崔圭夏、第10代大韓民国大統領(+ 2006年)
  • 1922年 - 朝倉摂、舞台美術家、画家(+ 2014年)
  • 1925年 - フランク・ジョーブ、整形外科医(+ 2014年)
  • 1926年 - アーウィン・ローズ、生物学者(+ 2015年)
  • 1936年 - 福田康夫、政治家、日本の第91代内閣総理大臣
  • 1936年 - 木之下晃、写真家(+ 2015年)
  • 1936年 - 伴野朗、小説家(+ 2004年)
  • 1937年 - 加茂さくら、女優
  • 1937年 - 西本道則、プロ野球選手
  • 1939年 - 鈴木良三、元サッカー選手
  • 1941年 - 村瀬広基、元プロ野球選手
  • 1942年 - マーガレット・スミス・コート、テニス選手
  • 1942年 - 磯部琇三、天文学者(+ 2006年)
  • 1942年 - 浮谷東次郎、レーサー(+ 1965年)
  • 1942年 - 山口富士雄、元プロ野球選手
  • 1943年 - 六代桂文枝、落語家、タレント
  • 1943年 - 石川鷹彦、ギタリスト、アレンジャー(元六文銭)
  • 1945年 - 林みのる、レーシングカーコンストラクター童夢代表
  • 1946年 - 古川登志夫、声優
  • 1948年 - ラーシュ・ラーゲルベック、元サッカー選手、サッカー指導者
  • 1948年 - ピンカス・ズーカーマン、ヴァイオリニスト
  • 1949年 - 松本隆、作詞家
  • 1950年 - 山本道子、女優
  • 1951年 - ロン・シェーバー、フィギュアスケート選手
  • 1952年 - 市村則紀、元プロ野球選手
  • 1957年 - 篠塚和典、元プロ野球選手、野球解説者
  • 1957年 - 安田あきえ、声優
  • 1958年 - 山本精一、ミュージシャン
  • 1959年 - 古手川祐子、女優
  • 1961年 - 高田博久、元プロ野球選手
  • 1961年 - 成田幸洋、元プロ野球選手
  • 1962年 - ウベ・ホーン、やり投選手
  • 1963年 - フィービー・ケイツ、女優
  • 1964年 - ミゲル・インドゥライン、自転車プロロードレース選手
  • 1964年 - 市村浩一郎、政治家
  • 1965年 - 片桐麻美、シンガーソングライター
  • 1966年 - 玉海力剛、大相撲力士
  • 1966年 - ブルー・デーモン・ジュニア、覆面プロレスラー
  • 1966年 - 渡辺玲子、ヴァイオリニスト
  • 1966年 - 松田和久、プロ野球選手
  • 1967年 - ウィル・フェレル、俳優、コメディアン
  • 1967年 - 大竹秀之、バレーボール選手
  • 1968年 - 西村秀嗣、元プロ野球選手
  • 1968年 - バリー・サンダース、元NFL選手
  • 1969年 - 戦闘竜、総合格闘家、元大相撲幕内力士
  • 1969年 - 上中吉成、元プロ野球選手
  • 1970年 - 柿沼康二、書家、アーティスト
  • 1971年 - 高橋裕、山口放送アナウンサー
  • 1971年 - エヴェリン・グロスマン、フィギュアスケート選手
  • 1972年 - 児嶋一哉、お笑いタレント(アンジャッシュ)
  • 1973年 - 袴田吉彦、俳優
  • 1973年 - 山田賢治、アナウンサー
  • 1974年 - 小米良啓太、芸人(吉本新喜劇)
  • 1974年 - 今井圭吾、元プロ野球選手
  • 1975年 - 井上貴朗、元プロ野球選手
  • 1975年 - 橋本大祐、プロ野球選手
  • 1976年 - 塚本まり子、大人AKB48
  • 1977年 - 長谷川昌幸、プロ野球選手
  • 1977年 - 新井峰秀、元プロ野球選手
  • 1978年 - 沢村玲子、女優
  • 1978年 - ひろせまい、女優
  • 1978年 - 平井直人、サッカー選手
  • 1979年 - 戸田康平、シンガーソングライター
  • 1979年 - 中村真衣、水泳選手
  • 1979年 - コタニキンヤ、歌手
  • 1980年 - 鹿島丈博、体操選手
  • 1981年 - 白乃波寿洋、元大相撲力士
  • 1981年 - ユッカ・コスキネン、ヘヴィメタル・ミュージシャン
  • 1982年 - 村田洋子、タレント
  • 1983年 - 白川峻、俳優
  • 1983年 - 藤村享平、映画監督
  • 1985年 - 尾上寛之、俳優
  • 1985年 - 若三藤成豊、元大相撲力士
  • 1985年 - 日笠陽子、声優
  • 1985年 - 藤東知夏、声優
  • 1985年 - デヤン・ヤコヴィッチ、サッカー選手
  • 1986年 - 植田健、俳優
  • 1986年 - 諸見里しのぶ、プロゴルファー
  • 1986年 - 宇野実彩子、歌手、AAAメンバー
  • 1987年 - Aya、歌手、ダンサー(Dream、E-girlsのメンバー)
  • 1987年 - 松田まどか、女優
  • 1987年 - ムサ・デンベレ、サッカー選手
  • 1988年 - 佐久間信子、タレント
  • 1988年 - 新川織部、サッカー選手
  • 1989年 - ガレス・ベイル、サッカー選手
  • 1990年 - ヨハン・ザルコ、オートバイレーサー
  • 1990年 - ダレノガレ明美、ファッションモデル、タレント
  • 1991年 - 松本翼、俳優
  • 1991年 - トミー・ジョゼフ、メジャーリーガー
  • 1991年 - アンドロス・タウンゼント、サッカー選手
  • 1992年 - ジョアン・ヤマザキ、タレント
  • 1992年 - 山田哲人、プロ野球選手
  • 1992年 - 八木かなえ、ウェイトリフティング選手
  • 1992年 - 進藤拓也、プロ野球選手
  • 1993年 - 松田利冴、声優
  • 1993年 - 宮之原健、野球選手
  • 1994年 - マーク・インデリカート、俳優
  • 1994年 - 清水くるみ、女優
  • 1994年 - 茜屋日海夏、声優、歌手
  • 1996年 - 藤井夏恋、歌手、ダンサー、ファッションモデル(Happiness、E-girlsメンバー)(JJ専属モデル)
  • 1996年 - 渡邉剣、俳優
  • 1998年 - 松野莉奈、女優、アイドル(私立恵比寿中学)(+ 2017年)
  • 1999年 - 小野寺晃良、俳優
  • 2001年 - 門脇功和、子役
  • 生年不詳 - 石川桃子、声優
  • 生年不明 - 黒猫、ヴォーカリスト(陰陽座)

忌日

  • 947年(天暦元年6月26日)- 藤原忠文、平安時代の公卿(* 873年)
  • 1225年(嘉禄元年6月10日)- 大江広元、初代鎌倉幕府政所別当(* 1148年)
  • 1312年(正和元年6月12日)- 北条宗宣、第11代鎌倉幕府執権(* 1259年)
  • 1324年(元亨4年6月25日)- 後宇多天皇、第91代天皇(* 1267年)
  • 1342年 - カーロイ1世、ハンガリー王(* 1288年)
  • 1388年(嘉慶2年6月13日)- 二条良基、公卿、歌人、菟玖波集撰者(* 1320年)
  • 1565年(永禄8年6月19日)- 伊達稙宗、陸奥国の戦国大名(* 1488年)
  • 1637年(寛永14年5月24日)- 松浦隆信、第3代平戸藩主(* 1592年)
  • 1663年 - ヴィルヘルム6世、ヘッセン=カッセル方伯(* 1629年)
  • 1664年 - アンドレアス・グリューフィウス、詩人、劇作家(* 1616年)
  • 1691年 - フランソワ=ミシェル・ル・テリエ、フランス陸相(* 1641年)
  • 1706年(宝永3年6月7日)- 山内豊房、第5代土佐藩主(* 1672年)
  • 1729年 - ヨハン・ダーフィト・ハイニヒェン、作曲家(* 1683年)
  • 1732年 - ウッズ・ロジャーズ、海賊・初代バハマ総督(* 1679年)
  • 1740年 - マリア・アンナ、スペイン王カルロス2世の妃(* 1667年)
  • 1763年 - ジャック・オトテール、作曲家(* 1674年)
  • 1782年 - ロヴィーサ・ウルリカ、スウェーデン王アドルフ・フレドリクの妃(* 1720年)
  • 1829年(文政12年6月16日)- 近藤重蔵、探検家(* 1771年)
  • 1872年(明治5年6月11日)- 長岡謙吉、元海援隊隊士(* 1834年)
  • 1873年 - 近衛忠房、江戸時代の公卿(* 1838年)
  • 1882年 - メアリー・トッド・リンカーン、第16代アメリカ合衆国大統領エイブラハム・リンカーンの夫人(* 1818年)
  • 1893年 - アントニオ・ギスランツォーニ、オペラ台本作家(* 1824年)
  • 1916年 - イリヤ・メチニコフ、微生物学者(* 1845年)
  • 1917年 - 桂文三(3代目)、落語家(* 1858年)
  • 1919年 - 板垣退助、明治維新の元勲、自由民権運動の指導者(* 1837年)
  • 1930年 - エクトール・リゴー、司祭、書誌研究家(* 1841年)
  • 1960年 - アルベルト・ケッセルリンク、ドイツ空軍の元帥(* 1881年)
  • 1962年 - テオドール・リット、教育学者、哲学者(* 1880年)
  • 1969年 - アンドレ・ルーチス、プロボクサー(* 1900年)
  • 1969年 - 井植歳男、実業家、三洋電機創業者(* 1902年)
  • 1973年 - 石井照久、法学者(* 1906年)
  • 1976年 - 山下登、元プロ野球選手(* 1934年)
  • 1978年 - 中島武市、政治家、実業家(* 1897年)
  • 1981年 - 四家文子、歌手(* 1906年)
  • 1983年 - セルゲイ・チャリバシビリ、高飛び込み選手(* 1962年)
  • 1985年 - 岩切章太郎、実業家、宮崎交通創業者(* 1893年)
  • 1985年 - ハインリヒ・ベル、小説家(* 1917年)
  • 1987年 - トニー谷、コメディアン(* 1917年)
  • 1988年 - 澤井健一、武道家、太気拳創始者(* 1903年)
  • 1989年 - ヘルベルト・フォン・カラヤン、指揮者(* 1908年)
  • 1993年 - 小川平二、元労働大臣、自治大臣、文部大臣(* 1910年)
  • 1994年 - ジュリアン・シュウィンガー、物理学者(* 1918年)
  • 1997年 - 近藤正雄、プロ野球選手(* 1922年)
  • 1998年 - 奥田敬和、元郵政大臣、自治大臣、運輸大臣(* 1927年)
  • 1999年 - アンドレ・マルティネ、言語学者(* 1908年)
  • 1999年 - 高柳先男、政治学者(* 1937年)
  • 1999年 - ジョン・フィッツジェラルド・ケネディ・ジュニア、雑誌編集長(* 1960年)
  • 1999年 - キャロリン・ベセット=ケネディ、ジョン・フィッツジェラルド・ケネディ・ジュニアの夫人(* 1966年)
  • 1999年 - 柳原尋美、アイドル(* 1979年)
  • 2000年 - ウィリアム・フート・ホワイト、社会学者(* 1914年)
  • 2000年 - 森下重好、元プロ野球選手(* 1920年)
  • 2001年 - テリー・ゴディ、プロレスラー(* 1961年)
  • 2002年 - ジョン・コック、情報工学者(* 1925年)
  • 2004年 - 平野龍一、法学者(* 1920年)
  • 2004年 - 中野孝次、ドイツ文学者、評論家(* 1925年)
  • 2004年 - 石川真澄、ジャーナリスト(* 1933年)
  • 2004年 - 天野守信、合唱指揮者(* 1938年)
  • 2005年 - 扇畑忠雄、歌人(* 1911年)
  • 2005年 - 馬渕健一、実業家、マブチモーター創業者(* 1922年)
  • 2005年 - 山田俊雄、国語学者(* 1922年)
  • 2005年 - ジョン・オストロム、古生物学者(* 1928年)
  • 2005年 - 李玖、李王家当主(* 1931年)
  • 2006年 - ボブ・オートン、プロレスラー(* 1929年)
  • 2012年 - ジョン・ロード、ミュージシャン(* 1941年)
  • 2014年 - ジョニー・ウィンター、ミュージシャン(* 1944年)
  • 2015年 - アルシデス・ギジャ、サッカー選手(* 1926年)
  • 2016年 - ネイト・サーモンド、バスケットボール選手(* 1941年)
  • 2016年 - 大場隆広、元プロ野球選手(* 1948年)
  • 2017年 - ジョージ・A・ロメロ、映画監督(* 1940年)
  • 2002年 - エルコンドルパサー、種牡馬(* 1995年)
  • 2008年 - カッタくん、日本初の人工孵化によって誕生したモモイロペリカン(* 1985年)

スピーチ作成 - テーマ「駅弁記念日」

自分が初めてテーマを知った/経験した時のエピソード。
テーマについて自分はどう思うか/思ったか。
言葉/行動/影響について自分はどう思うか。
今後自分はどうしたいと思うか。

スピーチ出力 - 07-16_駅弁記念日.txt

想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。
日付からスピーチを作る
12月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
1月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
2月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29
3月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
4月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
5月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
6月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
7月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
8月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
9月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
10月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
11月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30

参考になる本

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法
 会議・朝礼・電話でも、接客・商談・会合でも、面接・結婚式のスピーチでも、デート・合コン・保護者会でも。
 こんなふうに話せば「あがり」にさようなら! 予約半年待ち! 超人気講師が教える“緊張しないコツ。
¥ 1,210
超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48
 本書では、人前では話すことが苦手な人でもすぐ実行でき、たちまち効果を実感できる「あがらずに話せる正しい方法」を48個紹介しています。
 スピーチ・朝礼・会議・面接でドキドキしない!商談・プレゼン・営業が面白いほど成功する!人前で話すのが苦手な人でも大丈夫!あがらずに話せる超シンプルなテクニックを大公開!
¥ 1,296
朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100 話しベタなあなたに贈る
 他人の興味を引く「鉄板ネタ」さえ持っていれば、誰でも「人前で話すこと」が怖くなくなります。
 聞き手が具体的にイメージしやすいようにスポーツ選手や芸能人など、著名人のエピソードもたくさん織り込んだ「鉄板ネタ」を100個集めました。
¥ 1,620
恥をかかないスピーチ力
 新年度に自己紹介をしたり、結婚式やちょっとした集まりで人前で話したりする機会は意外と多い。そんな時に役立つ、スピーチやコメントのコツ、心構え。
 恥をかかないレベルから「なかなかうまいな」と思われるレベルまで、どうステップアップするか。
 「時間感覚」「身体感覚」の重要性、始まり方と終わり方、小ネタの集め方、シーン別のコツやNGポイントまで、人前で話す時にはこれさえあれば大丈夫!
¥ 702
心に届く話し方 65のルール
 本書は、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説した、話し方の基礎技術の本です。
 「本質的に内容が相手にきちんと伝わる」ことを目的とし、「そのための具体的かつ自然な音声表現のディテール」まで迫った本です。
¥ 1,361
カーネギー話し方入門 文庫版
 あのウォーレン・バフェットも受講したというデール・カーネギーの話し方講座のエッセンスをまとめた本。
 カーネギーといえば、大ベストセラーとなった『人を動かす』があまりに有名だが、本書の原著も100万部を突破したベストセラーとして、アメリカでは広く知られている。
¥ 650