365日のネタ・スピーチ例は、1年分(365日分)のネタと、朝礼などのスピーチの作例や作り方を、まとめたサイトです。 >> 使い方を読む

5月4日の情報

記念日・年中行事

  • みどりの日(日本、2007年 -)
  • ゴールデンウィーク(日本における連休日)内の1日
  • 国民の休日(日本、1986年 - 2006年、火 - 土曜日のみ)
  • 国際消防士の日(世界)
    消防士の守護聖人であるフロリアヌスの聖名祝日。
  • 独立宣言の日(ラトビア)
    1990年のこの日、ラトビアがソビエト連邦からの独立を宣言したことを記念。
  • カシンガの日(ナミビア)
    ナミビア独立戦争中の1978年のこの日、アンゴラ・カシンガの南西アフリカ人民機構(SWAPO)の難民キャンプを南アフリカ軍が攻撃し、600人以上が虐殺された(カシンガ虐殺)ことを記念。
  • 戦没者記念日(オランダ)
  • 青年の日(フィジー)
    5月5日の解放記念日の前日。第二次世界大戦の戦没者を想う日。
  • 1949年の五四運動にちなむ記念日。
    文藝節(中華民国)
    青年節(中華人民共和国)
  • スター・ウォーズの日(アメリカ合衆国)(日本)
    映画『スター・ウォーズ・シリーズ』を記念する日。劇中の台詞"May the Force be with you"(フォースと共に在れ)を"May 4th"にかけたもの。
  • ラムネの日(日本)
    1872年に、千葉勝五郎がラムネの製造販売の許可を初めて得て製造したことから。
  • 植物園の日(日本)
    日本植物園協会が2007年に制定。
  • 競艇の日(日本)
    下関競艇場が、競艇場のイメージアップと、競艇ファンの拡大を狙って制定。
  • ファミリーの日(日本)
    中華料理店チェーンの東天紅が、1985年に5月4日が休日(国民の休日)になると決定した時、それにふさわしい愛称を公募し制定した。
  • 名刺の日(日本)
    日本名刺研究会が制定。英語で5月はMay(メイ)、それに4を「シ」と読んで、名刺の日となった。

歴史

  • 585年(敏達天皇14年3月30日)- 仏教排斥を唱える物部守屋が仏像・寺院等を焼打ち。
  • 1471年 - 薔薇戦争: テュークスベリーの戦い
  • 1555年 - 『ミシェル・ノストラダムス師の予言集』の初版が刊行される。
  • 1584年(天正12年3月24日)- 島津家久、有馬晴信軍が龍造寺隆信軍に勝利。大将・隆信を始め龍造寺家の武将が多く討死する。(沖田畷の戦い)
  • 1675年 - イングランド国王チャールズ2世がグリニッジ天文台の建設を命じる。
  • 1780年 - 英エプソム競馬場で第1回ダービーステークス開催。
  • 1814年 - スペイン国王フェルナンド7世が、憲法を拒否し絶対君主制に戻すことを宣言。
  • 1856年(安政3年4月11日)- 江戸幕府が築地の講武所に軍艦操練所を設置。
  • 1871年 - アメリカでプロ野球リーグ・全米プロ野球選手協会(ナショナル・アソシエーション)の最初の試合が行われる。
  • 1881年 - 「小学校教則綱領」制定。
  • 1886年 - ヘイマーケット事件
  • 1894年 - 三国干渉: 日本が遼東半島の全面放棄の勧告を受諾。
  • 1904年 - ブンデスリーガのシャルケ04創設。
  • 1919年 - 第一次世界大戦後の山東半島権益問題で北京大学の学生が天安門広場に集結し反日デモ、全国に拡大。(五四運動)
  • 1919年 - 第1回全国中学校陸上競技選手権開催。
  • 1924年 - パリオリンピック開幕。
  • 1932年 - アル・カポネがアトランタ刑務所に収監される。
  • 1936年 - 阪神タイガースの藤井勇がランニングホームランを記録。日本プロ野球初の本塁打。
  • 1942年 - 第二次世界大戦・ニューギニアの戦い: 珊瑚海海戦が始まる。
  • 1946年 - GHQが、組閣寸前だった鳩山一郎の公職追放を発表。
  • 1949年 - イタリア・トリノ郊外でアリタリア航空機が墜落、ACトリノの選手18人を含む乗員・乗客31人が全員死亡。(スペルガの悲劇)
  • 1950年 - 「生活保護法」公布。
  • 1951年 - イランで「石油国有化法」成立。イギリス資本のアングロ・イラニアン石油会社(AIOC)を国有化。
  • 1957年 - 出羽海日本相撲協会理事長が国技館内で自殺未遂。
  • 1962年 - 「家庭用品品質表示法」公布。
  • 1966年 - 中国共産党中央政治局常務委員会拡大会議で「5・16通知」採択、中央文化革命小組が設置され文化大革命が開始される。
  • 1970年 - オハイオ州のケント大学でベトナム反戦デモの学生4人が州兵に射殺される。
  • 1974年 - 堀江謙一が小型ヨット「マーメイド3世号」での単独無寄港世界一周を終え大阪に帰港。世界で3人目。
  • 1974年 - 日本人女性登山隊がマナスルの登頂に成功。8000メートル峰の登頂は女性初。
  • 1976年 - 早池峰神楽など30件の郷土芸能が初の重要無形民俗文化財に指定される。
  • 1979年 - イギリスで保守党のマーガレット・サッチャーが首相に就任。
  • 1988年 - ペプコン大爆発
  • 1989年 - 金星探査機「マゼラン」を搭載したスペースシャトル「アトランティス」を打ち上げ。同日中にマゼランを射出。
  • 1990年 - ソ連崩壊: ソ連のラトビア共和国最高会議が「独立の回復に関する宣言」を採択。
  • 1997年 - 奈良県月ヶ瀬村女子中学生殺人事件が発生する。
  • 2011年 - 大阪ステーションシティグランドオープン。

誕生日

  • 1008年 - アンリ1世、フランス王(+ 1060年)
  • 1649年 - チャトラサール、北インド、ブンデールカンド地方の領主(+ 1731年)
  • 1654年(順治11年3月18日)- 康熙帝、第4代清皇帝(+ 1722年)
  • 1655年 - バルトロメオ・クリストフォリ、楽器製作者(+ 1731年)
  • 1677年 - フランソワーズ・マリー・ド・ブルボン、オルレアン公フィリップ2世の妻(+ 1749年)
  • 1718年 - ジャン=フィリップ・ロワ・ド・シェゾー、スイスの天文学者(+ 1751年)
  • 1733年 - ジャン=シャルル・ド・ボルダ、数学者、物理学者、政治学者(+ 1799年)
  • 1752年 - ジョン・ブルックス、アメリカ合衆国の政治家(+ 1825年)
  • 1770年 - フランソワ・ジェラール、画家(+ 1837年)
  • 1776年 - ヨハン・フリードリヒ・ヘルバルト、哲学者、教育学者(+ 1841年)
  • 1777年 - ルイ・テナール、化学者(+ 1857年)
  • 1796年 - ホーレス・マン、アメリカ合衆国の教育改革者で奴隷制度廃止論者。(+ 1859年)
  • 1806年(文化3年3月16日)- 藤田東湖、儒学者(+ 1855年)
  • 1808年 - アグスティン・フェルナンド・ムニョス、スペイン女王イサベル2世の母后マリア・クリスティーナ・デ・ボルボンの身分違いの再婚相手(+ 1873年)
  • 1810年 - アレクサンドル・ヴァレフスキ、フランス第二帝政の政治家、貴族。(+ 1868年)
  • 1815年 - デリーナ・フィルキンス、アメリカ合衆国在住の女性でスーパーセンテナリアン(+ 1928年)
  • 1825年 - トマス・ヘンリー・ハクスリー、生物学者(+ 1895年)
  • 1826年 - フレデリック・エドウィン・チャーチ、アメリカ合衆国の画家(+ 1900年)
  • 1827年 - ジョン・ハニング・スピーク、探検家(+ 1864年)
  • 1836年 - ウィリアム・ウィテーカー、イギリスの地質学者(+ 1925年)
  • 1846年 - エミール・ガレ、ガラス工芸家(+ 1904年)
  • 1847年 - ミレナ・ヴコティッチ、モンテネグロ王ニコラ1世の妃(+ [1923[年]])
  • 1851年 - トマス・デューイング、アメリカ合衆国の画家(+ 1938年)
  • 1852年 - アリス・プレザンス・リデル、『不思議の国のアリス』『鏡の国のアリス』の主人公のモデル(+ 1934年)
  • 1860年 - エミール・フォン・レズニチェク、作曲家(+ 1945年)
  • 1860年 - ハンス・G・F・グロス、ドイツの軍人で気球、飛行船の製作者(+ 1924年)
  • 1870年(明治3年4月4日)- 鳥居龍蔵、考古学者、人類学者、民俗学者(+ 1953年)
  • 1870年 - アレクサンドル・ベノワ、美術家、舞台デザイナー(+ 1960年)
  • 1873年 - ジョセフ・ド・グラス、カナダ出身のアメリカ合衆国の映画監督、脚本家、俳優、映画プロデューサー(+ 1940年)
  • 1874年 - ベルンハルト・ヘトガー、ドイツの彫刻家(+ 1949年)
  • 1875年 - 関屋貞三郎、日本の官僚(+ 1950年)
  • 1876年 - 近松秋江、小説家、評論家(+ 1944年)
  • 1880年 - ブルーノ・タウト、建築家(+ 1938年)
  • 1882年 - 堀切善兵衛、政治家、第26代衆議院議長(+ 1946年)
  • 1882年 - カレル・ドミン、チェコの植物学者、政治家(+ 1953年)
  • 1883年 - 汪兆銘、政治家(+ 1944年)
  • 1883年 - 佐々木邦、作家(+ 1964年)
  • 1883年 - 川村多実二、生物学者(+ 1964年)
  • 1883年 - ニコライ・マルコ、ソビエト連邦出身の指揮者(+ 1961年)
  • 1885年 - レオ・シロタ、ピアニスト(+ 1965年)
  • 1888年 - 小泉信三、経済学者(+ 1966年)
  • 1889年 - フランシス・スペルマン、アメリカ合衆国のカトリック教会のニューヨーク大司教であり、教皇ピウス12世の枢機卿(+ 1967年)
  • 1890年 - 鈴木惣太郎、野球人、創成期の日本プロ野球の指導者(+ 1982年)
  • 1891年 - フレデリック・ジャコビ、アメリカ合衆国の作曲家(+ 1952年)
  • 1892年 - 大村清一、政治家(+ 1968年)
  • 1895年 - コーネリウス・ヴァン・ティル、アメリカ合衆国の神学者(+ 1987年)
  • 1895年 - ルネ・マイエール、(+ 1972年)
  • 1897年 - 芹沢光治良、小説家(+ 1993年)
  • 1898年 - マリア・コルダ、ハンガリーの女優(+ 1976年)
  • 1899年 - 笹川良一、政治家、初代日本船舶振興会会長(+ 1995年)
  • 1899年 - 木村陽山、書道家、筆研究家(+ 1986年)
  • 1901年 - 富永太郎、日本の詩人、画家、翻訳家(+ 1925年)
  • 1902年 - 鏡岩善四郎、大相撲力士、粂川親方(+ 1954年)
  • 1903年 - ルーサー・アドラー、アメリカ合衆国の俳優(+ 1984年)
  • 1903年 - アンナ・フォン・ザクセン、最後のザクセン王フリードリヒ・アウグスト3世の末娘(+ 1976年)
  • 1904年 - ウム・クルスーム、歌手(+ 1975年)
  • 1904年 - ホアキン・ガルシア=モラト、スペイン内戦でのエース・パイロット(+ 1939年)
  • 1905年 - シェイベル・マーチャーシュ、ハンガリーの作曲家(+ 1960年)
  • 1907年 - 大江巳之助(4代目)、文楽人形師(+ 1997年)
  • 1907年 - ウォルター・ウォルシュ、アメリカ合衆国のオリンピックの元射撃選手。(+ 1997年)
  • 1911年 - 坂東好太郎、歌舞伎役者、俳優(+ 1981年)
  • 1911年 - 古谷倉之助、プロ野球選手(+ 1961年)
  • 1911年 - ニコル・ヴェドレス、フランスの著述家、映画監督、映画理論家(+ 1965年)
  • 1912年 - 岡村俊昭、プロ野球選手(+ 1996年)
  • 1913年 - 森繁久彌、俳優(+ 2009年)
  • 1913年 - エカテリニ(ギリシャ王女)、ギリシャ王 コンスタンティノス1世とその妃ソフィア・ティス・プロシアスの三女、第6子(+ 2007年)
  • 1913年 - ペリクレ・ファッツィーニ、イタリアの彫刻家(+ 1987年)
  • 1914年 - 前田山英五郎、大相撲第38代横綱、第4代高砂親方(+ 1971年)
  • 1914年 - 井筒俊彦、言語学者、イスラーム学者、哲学者(+ 1993年)
  • 1916年 - ジェイン・ジェイコブズ、作家、ジャーナリスト(+ 2006年)
  • 1917年 - ジークフリート・フライターク、ドイツ空軍のエース・パイロット(+ 2003年)
  • 1917年 - ニック・ホアキン、フィリピンの小説家、ジャーナリスト(+ 2004年)
  • 1918年 - 田中角栄、第64・65代内閣総理大臣(+ 1993年)
  • 1918年 - 唐沢隆三、俳人、作家(+ 2011年)
  • 1919年 - 沢田敏男、土木工学者(+ 2017年)
  • 1919年 - ドリー・ファンク・シニア、プロレスラー(+ 1973年)
  • 1920年 - 中谷信夫、プロ野球選手(+ 1992年)
  • 1922年 - アレックス・ランドルフ、アメリカ出身のボードゲームデザイナー、ライター(+ 2004年)
  • 1924年 - タチアナ・ニコラーエワ、ソ連のピアニスト・音楽教師(+ 1993年)
  • 1925年 - ブザーンスキー・イェネー、ハンガリー出身の元サッカー選手、サッカー指導者(+ 2015年)
  • 1926年 - ウンベルト・マセッティ、イタリア出身のオートバイレーサー(+ 2006年)
  • 1928年 - ホスニー・ムバーラク、エジプト第4代大統領
  • 1928年 - メイナード・ファーガソン、ジャズトランペット奏者(+ 2006年)
  • 1928年 - ヴォルフガング・フォン・トリップス、ドイツのレーサー(+ 1961年)
  • 1928年 - ラーシュ・グリン、スウェーデン出身のジャズのバリトン ・サックス奏者、ピアノ奏者(+ 1976年)
  • 1929年 - オードリー・ヘプバーン、女優(+ 1993年)
  • 1929年 - 仲谷昇、俳優(+ 2006年)
  • 1929年 - マヌエル・コントレラス、チリの軍人(+ 2015年)
  • 1929年 - ロナルド・ゴリアテ、 ブラジルの俳優 およびコメディアン(+ 2005年)
  • 1929年 - ヨハン・オットー・フォン・スプレッケルセン、デンマーク出身の建築家(+ 1987年)
  • 1930年 - キャサリン・ジャクソン、ジャクソン5の母
  • 1930年 - ロバータ・ピータース、アメリカ出身のソプラノ歌手(+ 2017年)
  • 1931年 - ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー、指揮者
  • 1932年 - 樋口恵子、評論家
  • 1932年 - 青山浩、プロ野球選手
  • 1935年 - ガボール・ソモライ、化学者
  • 1935年 - ジョゼ・ルアンディーノ・ヴィエイラ、アンゴラの小説家
  • 1937年 - ロン・カーター、ジャズベーシスト
  • 1937年 - ディック・デイル、ギタリスト
  • 1937年 - 小沢遼子、評論家
  • 1937年 - 富永格郎、プロ野球選手
  • 1938年 - カルロス・モンシバイス、メキシコの現代の作家であり、評論家
  • 1939年 - アモス・オズ、作家、ジャーナリスト
  • 1939年 - ポール・グリーソン、アメリカ合衆国の俳優(+ 2006年)
  • 1940年 - ロビン・クック(作家)、アメリカ合衆国の作家
  • 1942年 - 永淵洋三、プロ野球選手
  • 1942年 - 淺瀬川健次、元大相撲力士
  • 1943年 - ゲオルギ・アスパルホフ、ブルガリア、ソフィア出身の元同国代表サッカー選手
  • 1944年 - 阪口慶三、高校野球指導者
  • 1944年 - ルシー・テイラー、アメリカ合衆国出身の女優
  • 1944年 - モニカ・ブライプトロイ、オーストリア出身の女優、脚本家(+ 2009年)
  • 1946年 - 青山和子、歌手
  • 1946年 - 玄武満、元大相撲力士、タレント
  • 1946年 - ジョン・ワトソン、F1ドライバー
  • 1946年 - ジョン・バーナード、イギリス・イングランド(ロンドン)出身のレーシングカーデザイナー
  • 1947年 - 林千代作、プロ野球選手
  • 1947年 - リチャード・ジェンキンス、俳優
  • 1947年 - シーダ・スコチポル、社会学者、政治学者
  • 1948年 - 若獅子茂憲、元大相撲力士
  • 1948年 - ジョージ・トゥポウ5世、トンガ国王(+ 2012年)
  • 1949年 - グレアム・スウィフト、イギリスの小説家
  • 1951年 - 近藤房之助、歌手
  • 1951年 - 佐藤忠志、教育評論家
  • 1951年 - ジャッキー・ジャクソン、歌手
  • 1951年 - 播竜山孝晴、大相撲力士、年寄待乳山
  • 1951年 - ミック・マーズ、ギタリスト(モトリー・クルー)
  • 1951年 - ロルフ・デ・ヒーア、オーストラリアで活躍する映画監督、脚本家
  • 1952年 - ジェイコブ・ミラー、レゲエシンガー(+ 1980年)
  • 1952年 - アントニー・ハミルトン、オーストラリアの俳優(+ 1995年)
  • 1952年 - 唐国強、中華人民共和国出身の男優
  • 1953年 - 江原正士、俳優、声優
  • 1953年 - オリータ・アダムス、[アメリカ合衆国]]のソウル、ジャズ、ゴスペルシンガー、ピアニスト
  • 1954年 - クリストファー・W・A・スピルマン、思想史研究者
  • 1956年 - ウルリケ・マイフェルト、陸上競技選手
  • 1956年 - 火坂雅志、小説家(+ 2015年)
  • 1956年 - 大慈彌功、プロ野球選手
  • 1956年 - デイヴィッド・グターソン、アメリカ合衆国の作家、詩人、ジャーナリスト、エッセイスト
  • 1958年 - キース・ヘリング、アーティスト(+ 1990年)
  • 1958年 - 高元勝彦、プロ野球選手
  • 1959年 - 西口裕治、プロ野球選手
  • 1959年 - ランディ・トラヴィス、アメリカ合衆国のカントリー・ミュージック歌手、作曲家、俳優
  • 1960年 - ヴェルナー・ファイマン、オーストリアの政治家 (+ 2016年)
  • 1961年 - ルイス・エレラ、コロンビア出身の元自転車競技選手
  • 1962年 - 川村一明、プロ野球選手
  • 1962年 - 片山耕、俳優、音楽家(+ 2000年)
  • 1962年 - 田中圭一、漫画家
  • 1964年 - ロッコ・シフレディ、イタリア・オルトーナ出身の元ポルノ男優兼俳優
  • 1965年 - 杉田あきひろ、歌手(『おかあさんといっしょ』9代目うたのおにいさん)
  • 1966年 - 白鳥浩徳、プロ野球選手
  • 1967年 - 矢島晶子、声優
  • 1967年 - 山野和明、プロ野球選手
  • 1967年 - 笠原竜司、俳優、声優
  • 1968年 - 菊池桃子、女優、タレント
  • 1969年 - 小池田マヤ、漫画家
  • 1970年 - やまだひさし、ラジオDJ
  • 1970年 - 星野おさむ、プロ野球選手
  • 1970年 - ウィル・アーネット、カナダ生まれの俳優・声優
  • 1970年 - ドーン・ステーリー、アメリカ合衆国出身の女子バスケットボール選手、指導者
  • 1971年 - 後藤利幸、プロ野球選手
  • 1971年 - ジョー・ボロウスキー、アメリカ合衆国出身の元プロ野球選手(投手)
  • 1972年 - マイク・ダーント、ミュージシャン(グリーン・デイ)
  • 1973年 - たむらけんじ、お笑いタレント
  • 1973年 - 谷口功一、プロ野球選手
  • 1973年 - 西芳弘、プロ野球選手
  • 1973年 - ギジェルモ・バロスケロット、アルゼンチン出身のサッカー選手、サッカー指導者
  • 1974年 - ミゲル・カイロ、ベネズエラ出身の元プロ野球選手(内野手)
  • 1974年 - トニー・マッコイ、イギリス、北アイルランド出身の元騎手
  • 1975年 - 竹田敏浩、SASUKEオールスターズ
  • 1975年 - チャン・フン、大韓民国の映画監督
  • 1976年 - ANZA、女優
  • 1976年 - ベン・グリーブ、野球選手
  • 1976年 - 波戸康広、サッカー選手
  • 1976年 - ジェイソン・マイケルズ、野球選手
  • 1977年 - 竹内康晃、お笑いタレント(ハロ)
  • 1977年 - マリアーノ・ペルニア、アルゼンチン出身の元サッカー選手
  • 1978年 - 小野大輔、声優
  • 1978年 - イゴール・ビシュチャン、ユーゴスラビア(現クロアチア)のサッカー選手
  • 1979年 - ランス・バス、アメリカ合衆国生まれの歌手、俳優
  • 1979年 - ダニー・バード、イギリス出身のドラムンベースDJ、プロデューサー、ミュージシャン
  • 1980年 - 大黒将志、サッカー選手
  • 1980年 - 光永亮太、歌手
  • 1980年 - 濱本りか、アナウンサー
  • 1981年 - マシュー・デイヴィス、フィギュアスケート選手
  • 1981年 - エリック・ジェンバ=ジェンバ、カメルーン・ドゥアラ出身の同国代表サッカー選手
  • 1981年 - ペ英洙、韓国プロ野球のハンファ・イーグルスに所属するプロ野球選手
  • 1981年 - 李禹ミン、韓国出身のプロ野球選手(外野手)
  • 1982年 - 星孝典、プロ野球選手
  • 1982年 - 茅森早香、女流プロ雀士
  • 1983年 - 安部真弘、漫画家
  • 1983年 - 下敷領悠太、プロ野球選手
  • 1983年 - 木更津与兵衛、野球選手、俳優
  • 1983年 - 知念芽衣、フリーアナウンサー
  • 1983年 - ルベン・オリベーラ、ウルグアイ・モンテビデオ出身で同国代表のサッカー選手
  • 1984年 - サラ・マイアー、フィギュアスケート選手
  • 1984年 - ブレント・ウェリントン、アメリカ合衆国のプロレスラー
  • 1984年 - ケビン・スローイー、アメリカ合衆国出身のプロ野球選手(投手)
  • 1985年 - 飛留間恵、タレント
  • 1985年 - 坂井遼太郎、プロ野球審判員
  • 1985年 - フェルナンド・ルイス・ローザ、ブラジル出身のサッカー選手
  • 1986年 - 江頭ゆい、タレント
  • 1986年 - ジョージ・ヒル、アメリカ合衆国のバスケットボール選手
  • 1987年 - 黒田としえ、グラビアアイドル
  • 1987年 - セスク・ファブレガス、サッカー選手
  • 1987年 - ホルヘ・ロレンソ、モーターサイクルレーサー
  • 1987年 - アニェザ・シャヒニ、アルバニアの歌手
  • 1988年 - 稲生美紀、グラビアアイドル
  • 1988年 - クリスチャン・バーグマン、メジャーリーガー
  • 1988年 - デヴィッド・グレイ、サッカー選手
  • 1988年 - 宮田愛、ミュージカル俳優
  • 1988年 - ラジャ・ナインゴラン、ベルギー出身のサッカー選手
  • 1988年 - カイル・シングラー、アメリカ合衆国出身のプロバスケットボール選手
  • 1989年 - 星羅、ファッションモデル
  • 1989年 - ジェイク・レマーマン、野球選手
  • 1989年 - ジュルタ・ダニエル、ハンガリー・ブダペスト出身の競泳選手
  • 1989年 - ヘンナ・リンドホルム、フィンランド出身の女性元フィギュアスケート(アイスダンス)選手
  • 1989年 - ローリー・マキロイ、
  • 1990年 - ローリー・マキロイ、イギリス出身のプロゴルファー
  • 1990年 - 高橋まみ、グラビアアイドル
  • 1990年 - 護あさな、グラビアアイドル
  • 1991年 - 浜田由梨、グラビアアイドル
  • 1991年 - ウベル・パス、プロ野球選手
  • 1992年 - 近内里緒、タレント
  • 1992年 - イヴァナ・レイトマエロヴァ、フィギュアスケート選手
  • 1992年 - ビクター・オラディポ、アメリカ合衆国出身のバスケットボール選手
  • 1993年 - ハッサン・タフティアン、陸上競技選手
  • 1994年 - 伊藤沙莉、女優
  • 1994年 - 阿炎政虎、大相撲力士
  • 1994年 - 真砂勇介、プロ野球選手
  • 1996年 - 中川あゆみ、歌手
  • 1996年 - 内藤もゆの、子役
  • 1999年 - イ・スヒョン、韓国出身の女性歌手
  • 2004年 - 谷花音、子役
  • 非公表 - 段文凝、タレント
  • 1999年 - タニノギムレット、競走馬
  • 2003年 - アロンダイト、競走馬

忌日

  • 1003年 - ヘルマン2世、コンラート1世の子
  • 1351年(観応2年/正平6年4月8日)- 赤松範資、守護大名
  • 1406年 - コルッチョ・サルターティ、ルネサンス期イタリアの政治家、人文主義者(ヒューマニスト)(* 1331年)
  • 1471年 - エドムンド・ボーフォート、サマセット公(* 1438年?)
  • 1471年 - エドワード・オブ・ウェストミンスター、イングランド王太子(* 1453年)
  • 1506年 - フサイン・バイカラ、ティムール朝の君主(* 1438年)
  • 1519年 - ロレンツォ2世・デ・メディチ、ウルビーノ公(* 1492年)
  • 1527年(大永7年4月4日)- 肖柏、連歌師、歌人(* 1443年)
  • 1531年(享禄4年4月18日)- 吉川国経、国人領主(* 1443年)
  • 1556年 - ルカ・ギーニ、イタリアの医師、植物学者(* 1490年)
  • 1574年(天正2年4月14日)- 朝倉景鏡、戦国武将(* 1525年)
  • 1584年(天正12年3月24日)- 龍造寺隆信、肥前国の戦国大名(* 1529年)
  • 1584年(天正12年3月24日)- 百武賢兼、戦国武将(* 1538年)
  • 1584年(天正12年3月24日)- 成松信勝、戦国武将(* 1540年?)
  • 1584年(天正12年3月24日)- 江里口信常、戦国武将(* 1548年?)
  • 1584年(天正12年3月24日)- 円城寺信胤、戦国武将
  • 1584年(天正12年3月24日)- 木下昌直、戦国武将
  • 1604年 - クラウディオ・メールロ、作曲家(* 1533年)
  • 1605年 - ウリッセ・アルドロヴァンディ、イタリアの博物学者(* 1522年)
  • 1611年(慶長16年3月22日)- 本多康重、岡崎藩主(* 1554年)
  • 1641年(寛永18年3月25日)- 大友親家、戦国武将(* 1561年)
  • 1651年(慶安4年3月15日)- 水野勝成、福山藩初代藩主(* 1565年)
  • 1662年(寛文2年3月16日)- 松平信綱、江戸幕府老中(* 1596年)
  • 1677年 - アイザック・バロー、数学者(* 1630年)
  • 1721年 - ニコラ・デマレ、フランス財政総監(* 1648年)
  • 1727年 - ルイ・アルマン2世(コンティ公)(* 1696年)
  • 1730年(享保15年3月18日)- 鍋島吉茂、第4代佐賀藩主(* 1664年)
  • 1790年 - マシュー・ティルマン、アメリカ独立戦争時の指導者、(* 1718年)
  • 1799年 - ティープー・スルタン、マイソール王(* 1750年)
  • 1816年 - サミュエル・デクスター、アメリカ合衆国財務長官、陸軍長官(* 1761年)
  • 1826年 - エリザヴェータ・アレクセーエヴナ、ロシア皇帝アレクサンドル1世の皇后(* 1779年)
  • 1858年 - エメ・ボンプラン、探検家(* 1773年)
  • 1879年 - ウィリアム・フルード、イギリスの技術者、水力学者および船舶工学者(* 1810年)
  • 1884年 - マリア・アンナ・フォン・サヴォイエン、オーストリア皇帝フェルディナント1世の皇后(* 1803年)
  • 1891年 - チャールズ・プラット、実業家(* 1830年)
  • 1892年 - 奈良専二、農業指導者(老農)(* 1822年)
  • 1898年 - ウィリアム・ヘンリー・トレスコット、政治家(* 1822年)
  • 1907年 - 鳳凰馬五郎、大相撲の力士(* 1866年)
  • 1913年 - 武石浩玻、飛行機操縦士(* 1884年)
  • 1919年 - 井戸泰、医学者(* 1881年)
  • 1919年 - ミラン・シュテファーニク、スロバキアの軍人、政治家、天文学者(* 1880年)
  • 1921年 - アルフレート・フリート、オーストリアの法学者、平和主義者、ジャーナリスト(* 1864年)
  • 1924年 - イーディス・ネズビット、児童文学作家(* 1858年)
  • 1928年 - 松村任三、植物学者(* 1856年)
  • 1938年 - 嘉納治五郎、講道館柔道創始者(* 1860年)
  • 1938年 - カール・フォン・オシエツキー、ジャーナリスト、平和運動家(* 1889年)
  • 1943年 - ジョルジュ・アンドレ、陸上競技選手(* 1889年)
  • 1945年 - フェードア・フォン・ボック、ドイツ陸軍の元帥(* 1880年)
  • 1945年 - 壺井重治、野球選手(* 1921年)
  • 1949年 - ヴァレンティーノ・マッツォーラ、サッカー選手(* 1919年)
  • 1952年 - ユーリー・ビリビン、地質学者(* 1901年)
  • 1953年 - ロバート・ファーディナンド・ワーグナー、アメリカ合衆国上院議員(* 1877年)
  • 1953年 - 蜂須賀正氏、鳥類学者(* 1903年)
  • 1955年 - ジョルジェ・エネスク、作曲家、ヴァイオリニスト(* 1881年)
  • 1961年 - モーリス・メルロー=ポンティ、思想家(* 1908年)
  • 1964年 - アンドレ・ルフェーブル、フランスのカーデザイナー(* 1894年)
  • 1966年 - アメデエ・オザンファン、画家(* 1886年)
  • 1970年 - 佐川直行、プロ野球スカウト(* 1914年)
  • 1972年 - エドワード・カルビン・ケンダル、化学者(* 1886年)
  • 1972年 - 鈴木朱雀、画家(* 1891年)
  • 1980年 - ヨシップ・ブロズ・チトー、ユーゴスラビア大統領(* 1892年)
  • 1980年 - 志村立美、画家(* 1907年)
  • 1983年 - 寺山修司、劇作家、詩人、作家(* 1935年)
  • 1983年 - ニーノ・サンツォーニョ、イタリアの指揮者(* 1911年)
  • 1984年 - 永野重雄、実業家(* 1900年)
  • 1984年 - ダイアナ・ドース、イギリスの女優(* 1931年)
  • 1986年 - 前田久吉、実業家、政治家(* 1893年)
  • 1987年 - 森正、指揮者、フルート奏者(* 1921年)
  • 1987年 - ポール・バターフィールド、アメリカ合衆国のブルース歌手・ハーモニカ奏者(* 1942年)
  • 1991年 - ムハンマド・アブドゥルワッハーブ、エジプトの作曲家、歌手(* 1902年)
  • 1994年 - 悠玄亭玉介、幇間芸人(* 1907年)
  • 1995年 - ルイス・クラスナー、ヴァイオリニスト(* 1903年)
  • 1995年 - 野添ひとみ、女優(* 1937年)
  • 1996年 - 2代目桂小南、落語家(* 1920年)
  • 1998年 - 丹下キヨ子、歌手、女優(* 1920年)
  • 1999年 - 長洲一二、神奈川県知事(* 1919年)
  • 1999年 - 村上実、プロ野球監督(* 1906年)
  • 2002年 - シャーリー・ラッセル、衣裳デザイナー(* 1935年)
  • 2004年 - デイヴィッド・ライマー、ジェンダー問題の提起者(* 1965年)
  • 2004年 - 新治伸治、プロ野球選手(* 1941年)
  • 2004年 - トルステン・ヘーゲルストランド、地理学者(* 1916年)
  • 2006年 - 川崎真弘、作曲家(* 1949年)
  • 2006年 - 吉行理恵、詩人、小説家(* 1939年)
  • 2006年 - 関嘉彦、思想史家(* 1912年)
  • 2007年 - 阿知波信介、俳優(* 1940年)
  • 2008年 - コリン・アルバート・マードック、ニュージーランドの薬剤師・獣医師であり、多数の医療器具を発明した発明家(* 1929年)
  • 2009年 - ドム・デルイーズ、アメリカ合衆国生まれの俳優・声優・コメディアン(* 1933年)
  • 2010年 - 長洲忠彦、作曲家(* 生年不明)
  • 2012年 - ラシディ・イエキニ、ナイジェリア出身の元同国代表の元サッカー選手(* 1963年)
  • 2013年 - クリスチャン・ド・デューブ、細胞生物学者・生化学者(* 1917年)
  • 2014年 - エレナ・バルタチャ、イギリスの女子テニス選手(* 1983年)
  • 2015年 - DEV LARGE、ヒップホップミュージシャン(* 1969年)
  • 2016年 - ジャン=バティスト・バガザ、政治家(* 1946年)
  • 2017年 - ウィリアム・ボーモル、経済学者(* 1922年)
  • 2000年 - ハイセイコー、競走馬(* 1970年)

引用・参考URL

このページの引用・参考URL。
日付からスピーチを作る
10月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
11月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
12月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
1月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
2月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29
3月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
4月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
5月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
6月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
7月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
8月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
9月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30

参考になる本

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法
 会議・朝礼・電話でも、接客・商談・会合でも、面接・結婚式のスピーチでも、デート・合コン・保護者会でも。
 こんなふうに話せば「あがり」にさようなら! 予約半年待ち! 超人気講師が教える“緊張しないコツ。
¥ 1,210
超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48
 本書では、人前では話すことが苦手な人でもすぐ実行でき、たちまち効果を実感できる「あがらずに話せる正しい方法」を48個紹介しています。
 スピーチ・朝礼・会議・面接でドキドキしない!商談・プレゼン・営業が面白いほど成功する!人前で話すのが苦手な人でも大丈夫!あがらずに話せる超シンプルなテクニックを大公開!
¥ 1,296
朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100 話しベタなあなたに贈る
 他人の興味を引く「鉄板ネタ」さえ持っていれば、誰でも「人前で話すこと」が怖くなくなります。
 聞き手が具体的にイメージしやすいようにスポーツ選手や芸能人など、著名人のエピソードもたくさん織り込んだ「鉄板ネタ」を100個集めました。
¥ 1,620
恥をかかないスピーチ力
 新年度に自己紹介をしたり、結婚式やちょっとした集まりで人前で話したりする機会は意外と多い。そんな時に役立つ、スピーチやコメントのコツ、心構え。
 恥をかかないレベルから「なかなかうまいな」と思われるレベルまで、どうステップアップするか。
 「時間感覚」「身体感覚」の重要性、始まり方と終わり方、小ネタの集め方、シーン別のコツやNGポイントまで、人前で話す時にはこれさえあれば大丈夫!
¥ 702
心に届く話し方 65のルール
 本書は、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説した、話し方の基礎技術の本です。
 「本質的に内容が相手にきちんと伝わる」ことを目的とし、「そのための具体的かつ自然な音声表現のディテール」まで迫った本です。
¥ 1,361
カーネギー話し方入門 文庫版
 あのウォーレン・バフェットも受講したというデール・カーネギーの話し方講座のエッセンスをまとめた本。
 カーネギーといえば、大ベストセラーとなった『人を動かす』があまりに有名だが、本書の原著も100万部を突破したベストセラーとして、アメリカでは広く知られている。
¥ 650