365日のネタ・スピーチ例は、1年分(365日分)のネタと、朝礼などのスピーチの作例や作り方を、まとめたサイトです。 >> 使い方を読む

8月7日「鼻の日」


 8月7日は「鼻の日」です。「は(8)な(7)」の語呂合せで、日本耳鼻咽喉科学会が1961年に制定しました。

 私は子供の頃、副鼻腔炎だったので、鼻によい記憶はありません。すぐに詰まるし、息苦しいし、辛かったです。高校生まで苦しんでいたのですが、大学進学で熊本に行ったあと、空気がよいおかげか、すっかりとよくなりました。

 その時、空気は大切だと思いました。

 「はな」という言葉には、「はじまり」「先頭」などの意味もあります。漢字で「端(はし)」と書く「はな」と同語源です。
 「端」の「はな」には、「寝入り端(ばな)」「出端(ばな)」といった熟語があります。顔の「鼻」にも、元祖、始祖という意味の「鼻祖(びそ)」という言葉があります。


 人間の鼻は、それほど先頭という雰囲気はないですが、犬などの動物の鼻は、先頭という感じがします。誘導ミサイルのセンサー部分のように見えます。

 鼻には「はじまり」の意味もあるということで、鼻を見るたびに、新しいことを始めることを意識するとよいと思います。

スピーチ作例 8月7日1
文字数:452文字   想定時間:130
想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。

記念日・年中行事

  • 立秋(日本)※年により異なり、8月8日になることもある。
  • 月遅れ七夕(日本)
    本来は旧暦7月7日の行事であるが、北日本や九州などでは月遅れのこの日に行われる。
  • 独立記念日(コートジボワール)
    1960年のこの日、コートジボワールがフランスから独立した。
  • ボヤカ戦勝記念日(コロンビア)
    1819年のボヤカの戦いでの勝利を記念する祝日。この勝利によってコロンビアの独立が決定的となった。
  • 鼻の日(日本)
    「は(8)な(7)」の語呂合せで日本耳鼻咽喉科学会が1961年に制定。
  • バナナの日(日本)
    「バ(8)ナナ(7)」の語呂合せで日本バナナ輸入組合が制定。

歴史

  • 紀元前322年 - ラミア戦争: クランノンの戦い
  • 936年 - 東フランク王オットー1世(後の神聖ローマ皇帝)が戴冠式を挙行。
  • 1485年 - 薔薇戦争: ブルターニュに逃れていた後のイングランド王ヘンリー7世がミルフォードヘイブンに上陸。同伴していた傭兵たちからイングランドに粟粒熱がもたらされる。
  • 1576年(天正4年7月13日)- 第一次木津川口の戦い
  • 1615年(慶長20年閏6月13日)- 江戸幕府が一国一城令を発令。
  • 1714年(ユリウス暦7月27日)- 大北方戦争: ハンゲの海戦
  • 1721年(享保6年7月15日)- 大坂・竹本座で近松門左衛門の人形浄瑠璃『女殺油地獄』が初演。
  • 1789年 - アメリカ合衆国陸軍省が創設。
  • 1801年(享和元年6月28日)- 富山元十郎らが千島列島のウルップ島に「天地長久大日本属島」の標柱を立てる。
  • 1819年 - コロンビア独立戦争: ボヤカの戦い
  • 1821年(文政4年7月10日)- 伊能忠敬らによって作られた日本地図「大日本沿海輿地全図」が江戸幕府に献上される。
  • 1830年 - フランス7月革命の終結により、ルイ・フィリップがフランス国王に就任し、7月王政が成立。
  • 1940年 - 第二次世界大戦: ドイツがフランス領のアルザス=ロレーヌを編入。
  • 1942年 - 第二次世界大戦・ソロモン諸島の戦い: アメリカ軍がガダルカナル島に上陸。ガダルカナルの戦いが始まる。
  • 1943年 - 第二次世界大戦・独ソ戦: スモレンスクの戦いが始まる。
  • 1944年 - IBM製作による世界初の大規模自動デジタルコンピュータHarvard Mark Iがハーバード大学に到着。
  • 1945年 - 第二次世界大戦・日本本土空襲: 豊川海軍工廠が空襲され、女子挺身隊員・国民学校児童ら2477人が死亡。
  • 1945年 - 日本海軍が開発した日本初の国産ジェット機「橘花」が初飛行。
  • 1947年 - コンティキ号がペルー - ポリネシア8,300kmの筏による太平洋漂流実験に成功。
  • 1948年 - 本庄事件。埼玉県本庄町(現 本庄市)で、暴力団・警察・町議の癒着を報じた朝日新聞の記者が暴行を受ける。
  • 1953年 - 電気事業及び石炭鉱業における争議行為の方法の規制に関する法律(スト規制法)公布・施行。
  • 1955年 - 東京通信工業(現在のソニー)が世界初のトランジスタラジオを発売。
  • 1959年 - 中華人民共和国・インド両軍が国境で武力衝突。第一次中印国境紛争の発端となる。
  • 1959年 - アメリカの地球観測衛星エクスプローラー6号が打ち上げ。
  • 1960年 - コートジボワールがフランスから独立。
  • 1964年 - ベトナム戦争: トンキン湾事件を受けアメリカ上・下院が「トンキン湾決議」を採択しジョンソン大統領に戦時大権を付与、本格的な軍事介入が始まる。
  • 1971年 - 警視総監公舎爆破未遂事件。
  • 1971年 - アメリカの有人月宇宙船アポロ15号が地球に帰還。
  • 1976年 - アメリカの火星探査機バイキング2号が火星の軌道に投入。
  • 1977年 - 有珠山が32年ぶりに噴火。
  • 1982年 - 128年間刊行されてきた夕刊紙ワシントン・スターが廃刊。
  • 1983年 - ヘルシンキで第1回世界陸上競技選手権大会が開幕。8月14日まで。
  • 1985年 - 土井隆雄・毛利衛・内藤千秋の3名が日本人初の宇宙飛行士に選ばれる。
  • 1995年 - イエーテボリの世界陸上競技選手権大会・三段跳で、ジョナサン・エドワーズが史上初めて18メートルを超える18m29を記録。
  • 1998年 - ケニアの首都ナイロビ・タンザニアの首都ダルエスサラームでほぼ同時刻にアメリカ大使館爆破事件が起こる。
  • 1999年 - 第二次チェチェン紛争: ロシア連邦において、チェチェン独立派テロリストが停戦協定を破りダゲスタン共和国へ侵攻。第二次チェチェン紛争が勃発。
  • 2002年 - 東京・神奈川県境の多摩川でアゴヒゲアザラシを発見、多摩川にちなんで「タマちゃん」と名付けられ、連日ニュースで取上げられ話題となる。
  • 2003年 - 在イラク・ヨルダン大使館で爆弾テロが発生。警察官を含む17名が死亡。
  • 2004年 - 北京のサッカーアジアカップ決勝で日本が中国を破り3度目の優勝。試合終了後、中国人観客が反日騒動を起こし、日本の外務省が抗議。
  • 2006年 - 兵庫県丹波市の篠山層群より、白亜紀の恐竜であるティタノサウルスのほぼ全身の化石が発見され、後に丹波竜と命名される。
  • 2008年 - 南オセチア紛争勃発。
  • 2009年 - 台風8号が台湾に接近。翌8月8日にかけて土砂災害が各所で頻発し、小林村を中心に死者数百名を出す惨事となる。
  • 2016年 - イチローがアジア人初のMLB通算3000本安打(史上30人目)を達成。

誕生日

  • 317年 - コンスタンティウス2世、ローマ皇帝(+ 361年)
  • 1560年 - エリザベート・バートリ(バートリ・エルジェーベト)、ハンガリー王国貴族、吸血鬼伝説のモデル(+ 1614年)
  • 1622年(元和8年7月1日)- 松平頼重、高松藩主(+ 1695年)
  • 1742年 - ナサニエル・グリーン、軍人(+ 1786年)
  • 1751年 - ヴィルヘルミーネ、オラニエ公ウィレム5世の妃(+ 1820年)
  • 1779年 - カール・リッター、地理学者(+ 1859年)
  • 1802年 - ジェルマン・アンリ・ヘス、化学者(+ 1850年)
  • 1832年 - ユリウス・エプシュタイン、ピアニスト(+ 1926年)
  • 1841年 - アンドリュー・コンモン、天文学者(+ 1903年)
  • 1842年(天保13年7月2日)- 伊藤忠兵衛(初代)、実業家、伊藤忠商事・丸紅創業者(+ 1903年)
  • 1862年 - ヴィクトリア、スウェーデン王グスタフ5世の妃(+ 1930年)
  • 1867年 - エミール・ノルデ、画家(+ 1956年)
  • 1870年 - グスタフ・クルップ、実業家(+ 1950年)
  • 1876年 - マタ・ハリ、スパイ(+ 1917年)
  • 1877年 - ウルリッヒ・サルコウ、フィギュアスケート選手(+ 1949年)
  • 1878年 - 2代目野村徳七、実業家(+ 1945年)
  • 1885年 - 豊田貞次郎、海軍軍人(+ 1961年)
  • 1887年 - ビル・マケシュニー、メジャーリーガー(+ 1965年)
  • 1890年 - 川原田政太郎、工学者(+ 1983年)
  • 1891年 - 鳩彦王妃允子内親王、日本の皇族(+ 1933年)
  • 1896年 - 赤松要、経済学者(+ 1974年)
  • 1903年 - ラルフ・バンチ、政治学者(+ 1971年)
  • 1903年 - ルイス・リーキー、古人類学者(+ 1972年)
  • 1903年 - 諸井三郎、作曲家(+ 1977年)
  • 1904年 - 武見太郎、第11代日本医師会会長(+ 1983年)
  • 1904年 - 澤瀉久敬、哲学者(+ 1995年)
  • 1905年 - マックス・ロスタル、ヴァイオリニスト(+ 1991年)
  • 1911年 - ニコラス・レイ、映画監督(+ 1979年)
  • 1912年 - 北島正元、歴史学者(+ 1983年)
  • 1913年 - 北井正雄、プロ野球選手(+ 1937年)
  • 1917年 - チャールズ・シブリー、生物学者(+ 1998年)
  • 1920年 - 塚本邦雄、歌人(+ 2005年)
  • 1921年 - カレル・フサ、作曲家(+ 2016年)
  • 1921年 - 二瀬山勝語、大相撲の力士(+ 1975年)
  • 1923年 - 司馬遼太郎、小説家(+ 1996年)
  • 1923年 - 池田敏雄、コンピュータエンジニア(+ 1974年)
  • 1923年 - 小島勝治、プロ野球選手
  • 1925年 - フリアン・オルボーン、作曲家(+ 1991年)
  • 1927年 - 杉山光平、プロ野球選手
  • 1928年 - ジェームズ・ランディ、奇術師、疑似科学批判者
  • 1929年 - ドン・ラーセン、メジャーリーガー
  • 1931年 - 藤田元司、プロ野球選手、監督(+ 2006年)
  • 1932年 - アベベ・ビキラ、マラソン選手(+ 1973年)
  • 1932年 - ジャック・ブルーム、プロ野球選手
  • 1933年 - ジェリー・パーネル、SF作家(+ 2017年)
  • 1936年 - 増岡弘、声優
  • 1936年 - 杉山登志、CMディレクター(+ 1973年)
  • 1940年 - 荘則棟、卓球選手(+ 2013年)
  • 1942年 - マサ斎藤、プロレスラー、解説者、選手アドバイザー
  • 1942年 - 高池勝彦、弁護士
  • 1942年 - 平野眞一、工学者
  • 1942年 - B・J・トーマス、歌手
  • 1942年 - トビン・ベル、俳優
  • 1943年 - ヴァレリー・ニポムニシ、サッカー選手、サッカー指導者
  • 1943年 - 山本圭子、声優
  • 1943年 - アラン・コルノー、映画監督
  • 1944年 - 菅原孝、歌手
  • 1944年 - 佐久間俊直、『おかあさんといっしょ』2代目たいそうのおにいさん
  • 1944年 - ジョン・グローヴァー、俳優
  • 1946年 - ジョン・C・マザー、天体物理学者
  • 1947年 - 桂南喬、落語家
  • 1947年 - ソフィーヤ・ロタール、歌手
  • 1947年 - 伊藤正信、プロ野球選手
  • 1948年 - アンリ菅野、歌手(+ 2000年)
  • 1949年 - 堀田芳信、プロ野球選手
  • 1953年 - 小野次郎、政治家
  • 1953年 - 桑名正博、歌手(+ 2012年)
  • 1953年 - 新保博久、ミステリ評論家
  • 1954年 - 西銘恒三郎、政治家
  • 1954年 - 中井康之、プロ野球選手(+ 2014年)
  • 1955年 - ウラジーミル・ソローキン、小説家
  • 1956年 - 大谷千正、作曲家、音楽学者
  • 1957年 - 尾花高夫、プロ野球選手、コーチ
  • 1957年 - アレクサンドル・ディチャーチン、体操選手* 1958年 - 高橋俊昌、漫画雑誌編集者(+ 2003年)
  • 1958年 - ブルース・ディッキンソン、ミュージシャン
  • 1958年 - 池下ユミ、元女子プロレスラー
  • 1959年 - 内田春菊、漫画家、小説家、女優
  • 1960年 - デイヴィッド・ドゥカヴニー、映画俳優
  • 1962年 - 小林泰三、小説家
  • 1963年 - 平田広明、声優
  • 1963年 - 未知やすえ、お笑い芸人
  • 1964年 - ギュウゾウ、タレント
  • 1965年 - 佐藤真一、プロ野球選手、コーチ
  • 1965年 - ジョニー・スミス、プロレスラー
  • 1965年 - 大和武士、俳優
  • 1965年 - エリザベス・マンリー、フィギュアスケート選手
  • 1966年 - ジミー・ウェールズ、ウィキペディア創始者
  • 1966年 - クリスティン・ハーシュ、シンガーソングライター
  • 1967年 - シャーロット・ルイス、女優
  • 1967年 - エフゲニー・プラトフ、フィギュアスケート選手
  • 1967年 - 古賀道人、プロ野球選手
  • 1969年 - アレクセイ・スルタノフ、ピアニスト(+ 2005年)
  • 1970年 - グレッグ・パークル、プロ野球選手
  • 1970年 - 桜井聖、俳優
  • 1971年 - 上田燿司、声優
  • 1972年 - 千葉美加、歌手、俳優
  • 1975年 - シャーリーズ・セロン、女優
  • 1975年 - ハンス・マシソン、俳優
  • 1975年 - エドガー・レンテリア、メジャーリーガー
  • 1975年 - 石原英康、プロボクサー
  • 1978年 - 高橋信二、プロ野球選手
  • 1978年 - 呉建豪(ヴァネス・ウー)、歌手(F4)
  • 1979年 - 古賀誠史、サッカー選手
  • 1979年 - 笹田貴之、声優
  • 1980年 - 梶原雄太、お笑いタレント(キングコング)
  • 1980年 - 巻誠一郎、サッカー選手
  • 1981年 - 朝赤龍太郎、大相撲力士
  • 1982年 - ウーイェイよしたか、お笑いタレント(スマイル)
  • 1982年 - ヤナ・クロチコワ、競泳選手
  • 1983年 - アンドリー・グリフコ、自転車選手
  • 1984年 - 井上貴博、アナウンサー
  • 1985年 - カナヘイ、イラストレーター
  • 1985年 - 川口隼人、プロ野球選手
  • 1985年 - 川口寛人、プロ野球選手
  • 1986年 - 五十嵐隼士、俳優
  • 1986年 - ジョーダン・ダンクス、メジャーリーガー
  • 1986年 - 榎田大樹、プロ野球選手
  • 1986年 - マルコス・ベキオナチ、プロ野球選手
  • 1986年 - ヴァルテル・ビルサ、サッカー選手
  • 1987年 - シドニー・クロスビー、アイスホッケー選手
  • 1987年 - カーク・ニューエンハイス、メジャーリーガー
  • 1987年 - ライアン・ラバーンウェイ、メジャーリーガー
  • 1988年 - カイル・ボタ、野球選手
  • 1988年 - 常幸龍貴之、大相撲力士
  • 1989年 - 絹川愛、陸上競技選手
  • 1989年 - 平田璃香子、元SKE48
  • 1989年 - 並里成、プロバスケットボール選手
  • 1989年 - ハモン・ロペス、サッカー選手
  • 1989年 - トミー・ケインリー、メジャーリーガー
  • 1990年 - 山口このみ、タレント
  • 1991年 - 斉藤みやび、タレント
  • 1991年 - マイク・トラウト、メジャーリーガー
  • 1991年 - 阿座上洋平、声優
  • 1992年 - 土屋シオン、俳優
  • 1992年 - 斉藤夏海、ファッションモデル
  • 1992年 - 薮田和樹、プロ野球選手
  • 1993年 - 高畑岬、俳優、ジャニーズJr.、元B.I.Shadowのメンバー
  • 1994年 - 南要輔、プロ野球選手
  • 1994年 - 笠井崇正、プロ野球選手
  • 1996年 - テッサ・アレン、女優
  • 1996年 - リアム・ジェームズ、俳優
  • 1996年 - 藤吉優、プロ野球選手
  • 1998年 - 古賀優大、プロ野球選手
  • 2001年 - 大西流星、関西ジャニーズJr.
  • 生年不明 - ごあきうえ、ファッションデザイナー
  • 生年不明 - 富樫美鈴、声優
  • 生年不明 - 松岡恵美、歌手、モデル
  • 生年不明 - 水野十子、漫画家

忌日

  • 1106年 - ハインリヒ4世、神聖ローマ皇帝(* 1050年)
  • 1284年(弘安7年6月25日)- 足利家時、御家人(* 1260年)
  • 1336年(延元元年/建武3年6月30日)- 名和長年、武将
  • 1359年(正平14年/延文4年7月13日)- 武田信武、守護大名(* 1292年)
  • 1491年 - ジャック・バルビロー、作曲家(* 1455年)
  • 1560年 - アナスタシア・ロマノヴナ、モスクワ大公イヴァン4世(イヴァン雷帝)の妃
  • 1614年(慶長19年7月2日)- 奥平忠政、加納藩主(* 1580年)
  • 1622年(元和8年7月1日)- 支倉常長、仙台藩士(* 1571年)
  • 1636年(寛永13年7月7日)- 鳥居忠恒、山形藩主(* 1604年)
  • 1643年 - ヘンドリック・ブラウエル、オランダ東インド会社総督(* 1581年)
  • 1649年 - マリア・レオポルディーネ、神聖ローマ皇帝フェルディナント3世の妃(* 1632年)
  • 1652年 - ジョン・スミス、哲学者、神学者(* 1616年)
  • 1690年(元禄3年7月3日)- 慈山、僧(* 1637年)
  • 1762年(宝暦12年6月18日)- 酒井忠与、小浜藩主(* 1721年)
  • 1794年 - エトムント・アンゲラー、作曲家(* 1740年)
  • 1795年(寛政7年6月23日)- 黒田斉隆、第9代福岡藩主(* 1777年)
  • 1805年(文化2年7月13日)- 松平康乂、第6代津山藩主(* 1786年)
  • 1820年 - エリザ・ボナパルト、トスカーナ大公(* 1777年)
  • 1821年 - キャロライン、イギリス王ジョージ4世の妃(* 1768年)
  • 1848年 - イェンス・ベルセリウス、化学者(* 1779年)
  • 1893年 - アルフレード・カタラーニ、作曲家(* 1854年)
  • 1898年 - ジェームズ・ホール、地質学者、古生物学者(* 1811年)
  • 1904年 - 市川左團次(初代)、歌舞伎役者(* 1842年)
  • 1913年 - ダーヴィト・ポッパー、チェロ奏者・作曲家(* 1843年)
  • 1929年 - ヴィクター・L・バーガー、アメリカ合衆国下院議員(* 1860年)
  • 1937年 - 北井正雄、プロ野球選手(* 1913年)
  • 1938年 - コンスタンチン・スタニスラフスキー、俳優、演出家(* 1863年)
  • 1941年 - ラビンドラナート・タゴール、詩人(* 1861年)
  • 1944年 - 原嘉道、政治家(* 1867年)
  • 1944年 - アグスティン・バリオス、ギタリスト、作曲家(* 1885年)
  • 1958年 - 田中禎之助、プロボクサー(* 1903年)
  • 1959年 - ハインリヒ・メンデルスゾーン、実業家(* 1881年)
  • 1963年 - 大島みち子、書簡集『愛と死をみつめて』の登場人物(* 1942年)
  • 1964年 - 島善鄰、農学者(* 1889年)
  • 1969年 - ジョゼフ・コズマ、作曲家(* 1905年)
  • 1970年 - 内田吐夢、映画監督(* 1898年)
  • 1970年 - 加賀山之雄、第2代日本国有鉄道総裁(* 1902年)
  • 1972年 - アスパシア・マノス、ギリシャ王アレクサンドロス1世の妻(* 1896年)
  • 1974年 - 野平省三、騎手、調教師(* 1900年)
  • 1977年 - 村山長挙、朝日新聞社社長(* 1894年)
  • 1983年 - 鈴木安蔵、法学者(* 1904年)
  • 1985年 - セゲー・ガーボル、数学者(* 1895年)
  • 1985年 - カミール・シャムーン、レバノン大統領(* 1900年)
  • 1986年 - 長谷川四郎、政治家(* 1905年)
  • 1987年 - 岸信介、第56・57代内閣総理大臣(* 1896年)
  • 1989年 - 伊藤律、日本共産党政治局員(* 1913年)
  • 1992年 - 金内吉男、俳優、声優(* 1933年)
  • 1993年 - 福田篤泰、政治家(* 1906年)
  • 1996年 - 村上寅次、教育学者(* 1913年)
  • 1999年 - 宮川一夫、映画カメラマン(* 1908年)
  • 2005年 - ピーター・ジェニングス、ニュースキャスター(* 1938年)
  • 2006年 - 国田栄弥、俳優(* 1930年)
  • 2008年 - アンドレア・ピニンファリーナ、ピニンファリーナ社CEO(* 1957年)
  • 2009年 - 田川誠一、政治家(* 1918年)
  • 2011年 - ジョー山中、歌手(* 1946年)
  • 2017年 - 中島春雄、俳優(* 1929年)

スピーチ作成 - テーマ「鼻の日」

自分が初めてテーマを知った/経験した時のエピソード。
テーマについて自分はどう思うか/思ったか。
言葉/行動/影響について自分はどう思うか。
今後自分はどうしたいと思うか。

スピーチ出力 - 08-07_鼻の日.txt

想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。
日付からスピーチを作る
10月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
11月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
12月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
1月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
2月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29
3月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
4月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
5月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
6月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
7月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
8月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
9月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30

参考になる本

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法
 会議・朝礼・電話でも、接客・商談・会合でも、面接・結婚式のスピーチでも、デート・合コン・保護者会でも。
 こんなふうに話せば「あがり」にさようなら! 予約半年待ち! 超人気講師が教える“緊張しないコツ。
¥ 1,210
超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48
 本書では、人前では話すことが苦手な人でもすぐ実行でき、たちまち効果を実感できる「あがらずに話せる正しい方法」を48個紹介しています。
 スピーチ・朝礼・会議・面接でドキドキしない!商談・プレゼン・営業が面白いほど成功する!人前で話すのが苦手な人でも大丈夫!あがらずに話せる超シンプルなテクニックを大公開!
¥ 1,296
朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100 話しベタなあなたに贈る
 他人の興味を引く「鉄板ネタ」さえ持っていれば、誰でも「人前で話すこと」が怖くなくなります。
 聞き手が具体的にイメージしやすいようにスポーツ選手や芸能人など、著名人のエピソードもたくさん織り込んだ「鉄板ネタ」を100個集めました。
¥ 1,620
恥をかかないスピーチ力
 新年度に自己紹介をしたり、結婚式やちょっとした集まりで人前で話したりする機会は意外と多い。そんな時に役立つ、スピーチやコメントのコツ、心構え。
 恥をかかないレベルから「なかなかうまいな」と思われるレベルまで、どうステップアップするか。
 「時間感覚」「身体感覚」の重要性、始まり方と終わり方、小ネタの集め方、シーン別のコツやNGポイントまで、人前で話す時にはこれさえあれば大丈夫!
¥ 702
心に届く話し方 65のルール
 本書は、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説した、話し方の基礎技術の本です。
 「本質的に内容が相手にきちんと伝わる」ことを目的とし、「そのための具体的かつ自然な音声表現のディテール」まで迫った本です。
¥ 1,361
カーネギー話し方入門 文庫版
 あのウォーレン・バフェットも受講したというデール・カーネギーの話し方講座のエッセンスをまとめた本。
 カーネギーといえば、大ベストセラーとなった『人を動かす』があまりに有名だが、本書の原著も100万部を突破したベストセラーとして、アメリカでは広く知られている。
¥ 650