365日のネタ・スピーチ例は、1年分(365日分)のネタと、朝礼などのスピーチの作例や作り方を、まとめたサイトです。 >> 使い方を読む

6月15日「暑中見舞いの日」


 6月15日は「暑中見舞いの日」です。1950年のこの日、郵政省が初めて「暑中見舞用郵便葉書」を発売したためです。

 私の場合、暑中見舞い的なものを書いて出したのは、学生時代が最後だと思います。その頃は、手紙やFAXを多く書いていました。まだネットが普及していなかったからです。

 ネットを使い始めて、自分は手紙から離れたなと思います。

 「暑中見舞用郵便葉書」は、1986年より「くじ」付きとなり、愛称「かもめ~る」が付けられました。
 正式名称は「夏のおたより郵便葉書」で、「かもめ~る」の伸ばす音は、長音符(ー)では無く波ダッシュ(〜)が正式となっています。 毎年6月初旬に発行されており、くじの抽せんは9月上旬に行われます。
 2009年からは、指定した配達地域すべてに「かもめ〜る」を配達する、「特定期間引受配達地域指定郵便」、愛称「かもめタウン」のサービスが開始されました。時候の挨拶とともにダイレクトメールを送れるということで、法人に人気が出ているそうです。


 人に声を掛けるタイミングというのは、実はなかなかなく、特に用がなければ声を掛けなかったりします。そうしたことを考えると、時候の挨拶を絡めるというのは、よい方法だと思います。

 義務になってしまうと面倒な時候の挨拶ですが、上手い具合に利用していければなと思います。

スピーチ作例 6月15日1
文字数:574文字   想定時間:154
想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。

その他の情報

 暑中見舞いは、暑中に知人などへ安否を尋ねるために、家を訪問したり、手紙を出すことです。また、その手紙や贈り物そのものを指すこともあります。本来は、1年で最も暑い時期に相手の健康を気遣う趣旨のものですが、現在は単なる社交辞令となっています。
 立秋以降に、人を見舞うことや手紙を出すこと、または、その手紙や贈り物のことは、残暑見舞いといいます。
 配達地域指定郵便物(タウンメール)は、宛先を指定せず、ある特定の地域全体の各戸を対象に、郵便物を配達する、郵便サービスの1つです。
 郵便配達を利用したポスティングサービスで、差出は、直接配達郵便局に差し出す必要があります。配達には数日の期間がかかりますが、一般の郵便よりも安い料金で配達しています。
 配達地域指定郵便物(タウンメール)は、顧客リストがなくても、企業などがDMを送付できることが強みです。宣伝目的以外の使用としては、松下電器産業(現パナソニック)が、石油温風器の回収告知のために、新聞への折込チラシとともに、このサービスを利用して、全国各家庭・各事業所に葉書を配達したことがあります。

記念日・年中行事

  • 国家救済の日(アゼルバイジャン)
    1993年のこの日、ヘイダル・アリエフが最高会議議長に選出されたことを記念。
  • 信用金庫の日(日本)
    全国信用金庫協会が制定。1951年のこの日に信用金庫法が公布されたことを記念。
  • 暑中見舞いの日(日本)
    1950年のこの日、郵政省が初めて「暑中見舞用郵便葉書」を発売した。
  • オウムとインコの日(日本)
    鳥類を飼養する人たちへの啓蒙活動などを行う団体「TSUBASA」が制定。「オウム(06)インコ(15)」の語呂合せ。
  • 米百俵デー(日本)
    新潟県長岡市が1996年に制定。1870年のこの日(旧暦・グレゴリオ暦では7月13日)、長岡藩へ支藩三根山藩から贈られた米百俵の代金で「国漢学校」が開校したことを記念。
  • 千葉県民の日(日本 千葉県)
    千葉県が1984年に制定。1873年のこの日、印旛県と木更津県が合併して千葉県が誕生したことを記念。
  • 栃木県民の日(日本 栃木県)
    栃木県が1986年に制定。1873年のこの日、栃木県と宇都宮県が合併して栃木県がほぼ現在の県域となったことを記念。
  • 北海道神宮例大祭(日本 札幌市)

歴史

  • 745年(天平17年5月11日)- 聖武天皇が都を難波京から平城京に戻す。
  • 1189年(文治5年閏4月30日)- 衣川合戦。源義経追捕の宣旨により藤原泰衡が衣川館を襲う。源義経は自害。
  • 1215年 - イングランド王ジョンが、自身の権限を限定するマグナ・カルタを認める。
  • 1389年 - コソボの戦い。セルビア・ボスニアなどバルカン半島の諸侯軍がオスマン帝国に敗北。
  • 1520年 - ローマ教皇レオ10世が大勅書『エクスルゲ・ドミネ』を発布し、マルティン・ルターに対し自説を撤回しなければ破門すると警告。
  • 1586年(天正14年4月28日)- 豊臣秀吉の妹・朝日姫が徳川家康に嫁ぐ。
  • 1667年 - フランスの医師ジャン=バティスト・ドニーが、世界初の人間の間での輸血を行う。
  • 1752年 - ベンジャミン・フランクリンが、凧を用いた実験で雷が電気であることを証明する。
  • 1775年 - アメリカ独立戦争: ジョージ・ワシントンが大陸軍の総司令官に任命される。7月3日に就任。
  • 1776年 - デラウェア植民地がイギリスとペンシルベニア植民地の支配からの離別を宣言。
  • 1804年 - ニューハンプシャー州がアメリカ合衆国憲法修正第12条に批准し、承認に必要な13州の批准が集まる。
  • 1827年(文政10年5月21日)- 頼山陽が元老中・松平定信に『日本外史』22巻を献呈。
  • 1836年 - アーカンソー準州が州に昇格して、アメリカ合衆国26番目の州・アーカンソー州となる。
  • 1844年 - チャールズ・グッドイヤーがゴムの強化のための加硫についての特許を取得。
  • 1846年 - オレゴン条約が締結され、オレゴン国境紛争が終結する。
  • 1859年 - サンフアン諸島国境紛争: オレゴン条約のあいまいさに起因する、ブタ戦争のきっかけとなるブタの射殺事件が起こる。
  • 1862年(文久2年5月18日)- 蕃書調所を一橋門外に移し洋書調所と改称。
  • 1864年 - 南北戦争: リッチモンド・ピータースバーグ方面作戦が始まる。
  • 1864年 - アーリントン国立墓地が開園する。
  • 1866年 - プロイセン王国がオーストリア帝国に宣戦布告。普墺戦争が開戦。
  • 1888年 - ドイツ皇帝・プロイセン王フリードリヒ3世が死去し、長男のヴィルヘルム2世がドイツ皇帝・プロイセン王に即位。
  • 1896年 - 明治三陸地震(M8)が発生。大津波により甚大な被害。死者22,000 - 27,000人。日本最大の津波被害。
  • 1904年 - 日露戦争: 常陸丸事件が起こる。
  • 1904年 - ニューヨークの遊覧船ジェネラル・スローカムがイースト川で火災。1,031人が死亡。
  • 1907年 - 第2回万国平和会議が開催される。韓国がハーグに密使を送る。(ハーグ密使事件)
  • 1909年 - イングランド・オーストラリア・南アフリカの代表がローズ・クリケット・グラウンドで会談し、国際クリケット評議会を設立。
  • 1911年 - ニューヨーク州でザ・コンピューター・タビュレーティング・レコーディング・カンパニー(C-T-R、後のIBM)が設立。
  • 1911年 - 喜界島地震発生、12名が犠牲となる。
  • 1912年 - 新橋 - 下関間に日本初の特別急行列車の運転が開始。
  • 1919年 - ジョン・オールコックとアーサー・ブラウンが初の大西洋横断飛行に成功。
  • 1934年 - グレート・スモーキー山脈国立公園が発足する。
  • 1937年 - 世界第9位の高峰ナンガ・パルバット登頂に挑戦中のカール・ウィーン率いるドイツ隊が、雪崩により16人のメンバーを失う。8000メートル峰で発生した史上最悪の被害。
  • 1944年 - 第二次世界大戦: アメリカ合衆国軍がサイパン島への上陸を開始し、サイパンの戦いが始まる。
  • 1948年 - 中国湖北省で『人民日報』創刊。
  • 1950年 - 郵政省が初めて暑中見舞用郵便葉書を発売。
  • 1951年 - 信用金庫法公布・施行。
  • 1952年 - メキシコの考古学者アルベルト・ルスがユカタン半島・パレンケの「碑文の神殿」で石室墳墓を発見。
  • 1954年 - 欧州サッカー連盟(UEFA)がスイス・バーゼルで発足。
  • 1956年 - 棟方志功がヴェネツィア・ビエンナーレ版画部門でグランプリを受賞。
  • 1960年 - 安保闘争: 新安保条約批准阻止の第2次実力行使で全学連7,000人が国会議事堂に突入を図り警官隊と衝突。東大生樺美智子が死亡。
  • 1963年 - 坂本九の「上を向いて歩こう(SUKIYAKI)」がアメリカのヒットチャートビルボードの週間ランキングで1位を獲得。
  • 1968年 - 東大紛争・東大安田講堂事件: 東京大学医学部学生自治会が登録医制度に反対して安田講堂を占拠しストに突入。翌年1月に解除。
  • 1968年 - 文化庁が発足。
  • 1978年 - ヨルダン国王フセイン1世がアメリカ人のリサ・ナジーブ・ハラビーと結婚。4人目の妃となる。
  • 1981年 - パリ人肉事件の実行犯の日本人留学生が逮捕される。
  • 1983年 - 名人戦で谷川浩司が加藤一二三に勝利し、史上最年少名人が誕生。
  • 1984年 - CMに登場して日本で大人気となっていたエリマキトカゲが初来日。
  • 1985年 - スタジオジブリ設立。
  • 1985年 - 国際青年年記念 ALL TOGETHER NOW開催。
  • 1992年 - PKO国会: PKO協力法が成立。
  • 1994年 - 西日本旅客鉄道関西空港線・南海電気鉄道空港線が関西国際空港の従業員輸送のため先行開業。
  • 1994年 - イスラエルとバチカン市国が国交を樹立。
  • 1996年 - IRA暫定派がイギリス・マンチェスターで車爆弾を爆破。212人が負傷。
  • 1999年 - 第1延坪海戦。黄海の北方限界線に侵犯した北朝鮮艦艇と韓国艦艇とが銃撃戦。
  • 2001年 - 中華人民共和国・ロシア・カザフスタン・キルギス・タジキスタン・ウズベキスタンの6か国により上海協力機構(SCO)が発足。
  • 2003年 - ウィキペディア日本語版が10000ページ達成。
  • 2005年 - 野茂英雄が日米通算200勝を達成。
  • 2007年 - ひまわり5号による観測が困難になった2003年から2005年まで代わりに観測を行ったアメリカの気象衛星GOES9号が運用終了。
  • 2012年 - オウム真理教事件: 高橋克也が東京都大田区西蒲田の漫画喫茶で身柄を確保され、逮捕。オウム真理教事件における指名手配被疑者の全員が検挙される。
  • 2012年 - 改正臓器移植法施行後初めて6歳未満の男児が脳死と判定され、臓器移植手術が行われる。
  • 2016年 - マイアミ・マーリンズ外野手のイチローが、日米通算安打数4257安打とし、生涯職業野球一軍安打数新記録を達成。
  • 1873年 - 印旛県と木更津県が統合され千葉県が成立する。
  • 1873年 - 宇都宮県と栃木県の統合により今日の栃木県の県域がほぼ確定する。
  • 1950年 - 兵庫県加古川市が市制施行。

誕生日

  • 1330年 - エドワード黒太子、イングランド王エドワード3世の世子(+ 1376年)
  • 1594年 - ニコラ・プッサン、画家(+ 1665年)
  • 1623年 - コルネリス・デ・ウィット、政治家(+ 1672年)
  • 1670年(寛文10年4月28日)- 伊藤東涯、儒学者(+ 1736年)
  • 1747年(延享4年5月8日)- 高山彦九郎、尊皇思想家(+ 1793年)
  • 1754年 - ファン・ホセ・デ・エルヤル、化学者、鉱物学者(+ 1796年)
  • 1763年(宝暦13年5月5日)- 小林一茶、俳人(+ 1828年)
  • 1763年 - フランツ・ダンツィ、チェロ奏者、指揮者、作曲家(+ 1826年)
  • 1767年 - レイチェル・ジャクソン、アンドリュー・ジャクソン夫人(+ 1828年)
  • 1833年(天保4年4月28日)- 岸田吟香、ジャーナリスト、実業家(+ 1905年)
  • 1843年 - エドヴァルド・グリーグ、作曲家(+ 1907年)
  • 1850年(嘉永3年5月6日)- 大浦兼武、政治家(+ 1918年)
  • 1859年(安政6年5月15日)- 青山胤通、医学者(+ 1917年)
  • 1861年 - エルネスティーネ・シューマン=ハインク、アルト歌手(+ 1936年)
  • 1864年 - ギィ・ロパルツ、作曲家(+ 1955年)
  • 1867年 - コンスタンチン・バリモント、詩人、翻訳家(+ 1942年)
  • 1871年(明治4年4月28日)- 河井荃廬、篆刻家(+ 1945年)
  • 1879年 - 小野葉桜、歌人(+ 1942年)
  • 1879年 - アンリ・ワロン、フランスの心理学者(+ 1962年)
  • 1880年 - 永野修身、海軍大臣、連合艦隊司令長官、軍令部総長(+ 1947年)
  • 1881年 - 井上正夫、俳優(+ 1950年)
  • 1886年 - 山崎猛、政治家(+ 1957年)
  • 1890年 - 宇都宮新八郎、大相撲の力士(+ 1952年)
  • 1891年 - 古畑種基、法医学者(+ 1975年)
  • 1891年 - 山本卯太郎、橋梁技術者(+ 1934年)
  • 1902年 - エリク・H・エリクソン、心理学者(+ 1994年)
  • 1903年 - 岡田桑三(山内光)、俳優、映画プロデューサー(+ 1983年)
  • 1908年 - サム・ジアンカーナ、マフィア(+ 1975年)
  • 1911年 - ウィルバート・オードリー、『汽車のえほん』作者(+ 1997年)
  • 1913年 - 小篠綾子、ファッションデザイナー(+ 2006年)
  • 1914年 - ユーリ・アンドロポフ、ソビエト連邦の指導者(+ 1984年)
  • 1914年 - ソール・スタインバーグ、漫画家、イラストレーター(+ 1999年)
  • 1915年 - 山本夏彦、随筆家(+ 2002年)
  • 1915年 - トーマス・ハックル・ウェーラー、ウイルス学者(+ 2008年)
  • 1916年 - ハーバート・サイモン、経済学者(+ 2001年)
  • 1916年 - オラシオ・サルガン、タンゴ音楽家(+ 2016年)
  • 1917年 - ジョン・フェン、化学者(+ 2010年)
  • 1918年 - フランソワ・トンバルバイ、初代チャド大統領(+ 1975年)
  • 1919年 - 川口敬次郎、プロ野球選手(+ 1991年)
  • 1920年 - ジミー・ツトム・ミリキタニ、画家(+ 2012年)
  • 1920年 - アルベルト・ソルディ、俳優、映画監督(+ 2003年)
  • 1921年 - エロル・ガーナー、ジャズピアニスト(+ 1977年)
  • 1922年 - ジャッキー・バイアード、ジャズピアニスト(+ 1999年)
  • 1924年 - エゼル・ヴァイツマン、軍人、政治家(+ 2005年)
  • 1926年 - 萱野茂、アイヌ文化研究者、政治家(+ 2006年)
  • 1927年 - ジョージ川口、ドラム奏者(+ 2003年)
  • 1928年 - 金田龍之介、俳優(+ 2009年)
  • 1928年 - 原田孝一、プロ野球選手
  • 1928年 - イレネウス・アイブル=アイベスフェルト、動物行動学者
  • 1929年 - 藤山寛美、喜劇俳優(+ 1990年)
  • 1930年 - 平山郁夫、日本画家(+ 2009年)
  • 1930年 - マゴメダリ・マゴメードフ、政治家
  • 1932年 - マリオ・クオモ、第56代ニューヨーク州知事(+ 2015年)
  • 1932年 - 稲垣人司、高校野球指導者(+ 2000年)
  • 1935年 - 横手文雄、政治家
  • 1937年 - 伊東四朗、コメディアン、俳優、タレント、司会者
  • 1937年 - カール・ライスター、クラリネット奏者
  • 1940年 - シルヴァーナ・ガンドルフィ、児童文学作家
  • 1940年 - 羽根章悦、アニメーター
  • 1940年 - 黒田能弘、プロ野球選手
  • 1941年 - ハリー・ニルソン、ソングライター、歌手(+ 1994年)
  • 1942年 - 舞原俊憲、天文学者
  • 1943年 - ジョニー・アリディ、歌手、俳優
  • 1945年 - 寺本勇、プロ野球選手(+ 1980年)
  • 1946年 - ブリジット・フォッセー、女優
  • 1948年 - 大倉正丈、アニメソング歌手(元こおろぎ'73)
  • 1948年 - 斉藤清六、タレント
  • 1949年 - ダスティ・ベイカー、プロ野球選手、監督
  • 1949年 - サイモン・キャロウ、俳優
  • 1950年 - 細川たかし、歌手
  • 1950年 - ラクシュミー・ミッタル、実業家
  • 1950年 - 村上義則、プロ野球選手
  • 1951年 - 八重樫幸雄、プロ野球選手
  • 1951年 - 垣野多鶴、野球選手
  • 1951年 - 岩崎清隆、プロ野球選手
  • 1952年 - 柏原純一、プロ野球選手
  • 1952年 - 高木孝治、プロ野球選手
  • 1953年 - 習近平、中国共産党中央委員会総書記
  • 1954年 - ジェームズ・ベルーシ、俳優
  • 1955年 - 大島保彦、翻訳家、哲学者、予備校講師
  • 1956年 - 横山宏、イラストレーター
  • 1956年 - ランス・パリッシュ、メジャーリーガー
  • 1957年 - めるへんめーかー、漫画家、イラストレーター
  • 1957年 - 大野治夫、気象予報士
  • 1957年 - 俵英三、フラメンコギタリスト
  • 1958年 - ウェイド・ボッグス、プロ野球選手
  • 1959年 - 遊人、漫画家
  • 1960年 - 金田進、プロ野球選手
  • 1960年 - 永江孝子、政治家
  • 1961年 - 岩崎良美、歌手、女優
  • 1961年 - 江川ほーじん、ミュージシャン(元爆風スランプ)
  • 1961年 - 春やすこ、漫才師、女優
  • 1961年 - スコット・ノートン、プロレスラー
  • 1961年 - 田鎖博美、プロ野球選手
  • 1963年 - ラッシャー板前、お笑い芸人
  • 1963年 - ヘレン・ハント、女優
  • 1964年 - ミカエル・ラウドルップ、元サッカー選手・指導者
  • 1964年 - コートニー・コックス、女優
  • 1964年 - ゾマホン・ルフィン、タレント
  • 1965年 - 誰なんだ吉武、ピン芸人
  • 1966年 - うたたねひろゆき、漫画家、イラストレーター
  • 1967年 - うえだゆうじ、声優
  • 1967年 - 大林素子、タレント、バレーボール選手
  • 1967年 - おかざき真里、漫画家
  • 1969年 - アイス・キューブ、ラッパー、俳優
  • 1969年 - 安彦麻理絵、漫画家
  • 1969年 - オリバー・カーン、元サッカー選手
  • 1969年 - セドリック・ピオリーン、テニス選手
  • 1969年 - 村山聖、将棋棋士(+ 1998年)
  • 1970年 - 太田剣、ジャズミュージシャン
  • 1970年 - 吉岡稔真、競輪選手、競輪解説者・評論家
  • 1971年 - フランチ・ペテク、地理学者
  • 1971年 - 林博康、プロ野球選手
  • 1972年 - アンディ・ペティット、元メジャーリーガー
  • 1972年 - ラミロ・メンドーサ、元メジャーリーガー
  • 1972年 - ジャスティン・レナード、プロゴルファー
  • 1974年 - 麻田華子、元タレント、歌手
  • 1974年 - アンドレイ・ウラシェンコ、フィギュアスケート選手
  • 1974年 - 栗山聡、プロ野球選手
  • 1974年 - 城平京、推理作家
  • 1974年 - 橋詰優子、朝日放送アナウンサー
  • 1974年 - 村井研次郎、ベーシスト
  • 1976年 - ぎぼりつこ、イラストレーター
  • 1976年 - 矢野英司、プロ野球選手
  • 1977年 - 深澤岳大、クイズ作家
  • 1977年 - 若兎馬裕三、大相撲力士
  • 1978年 - 佐々木匡哉、朝日放送ディレクター
  • 1978年 - 成瀬ちさと、イラストレーター
  • 1978年 - 歌藤達夫、プロ野球選手
  • 1979年 - 映美くらら、女優
  • 1979年 - 山田真介、プロ野球選手
  • 1979年 - ユリヤ・ネステレンコ、陸上競技選手
  • 1980年 - マイク・ザンビディス、キックボクサー
  • 1980年 - エリック・クラッツ、メジャーリーガー
  • 1980年 - チャンカワイ、お笑い芸人(Wエンジン)
  • 1981年 - 大島裕行、プロ野球選手
  • 1981年 - 風花、お笑いタレント(トリコロール)
  • 1981年 - ジョン・ペイントシル、サッカー選手
  • 1981年 - 久保田悠来、俳優
  • 1982年 - 桑原義行、プロ野球選手
  • 1982年 - クレイトン・ハミルトン、プロ野球選手
  • 1983年 - 武田光兵、元俳優
  • 1984年 - 美村里江、女優
  • 1984年 - 汐崎アイル、俳優、モデル
  • 1984年 - ティム・リンスカム、メジャーリーガー
  • 1984年 - クリフ・ペニントン、メジャーリーガー
  • 1985年 - マイク・ファイヤーズ、メジャーリーガー
  • 1985年 - 笹本玲奈、ミュージカル女優
  • 1986年 - 上田桃子、プロゴルファー
  • 1986年 - トレバー・プルーフ、メジャーリーガー
  • 1987年 - 野上亮磨、プロ野球選手
  • 1987年 - ジョシュ・リンドブロム、プロ野球選手
  • 1987年 - エドゥアルド・ヌニェス、メジャーリーガー
  • 1988年 - 石田未来、歌手、元女優
  • 1988年 - 平繁龍一、サッカー選手
  • 1989年 - 大江朝美、元AKB48
  • 1989年 - 今野杏南、グラビアアイドル、タレント
  • 1989年 - 東明大貴、プロ野球選手
  • 1989年 - 鎌田翔雅、サッカー選手
  • 1989年 - スティーブン・キャリエール、フィギュアスケート選手
  • 1990年 - miwa、シンガーソングライター
  • 1990年 - 南沢奈央、女優
  • 1991年 - 武田梨奈、女優
  • 1991年 - 長谷川潤、プロ野球選手
  • 1992年 - ダフネ・シパーズ、陸上競技選手
  • 1992年 - 中島彰吾、プロ野球選手
  • 1993年 - 栞菜、歌手(元℃-ute)
  • 1993年 - カロリーナ・マリン、バドミントン選手
  • 1994年 - 日高里菜、女優、声優
  • 1995年 - 田中恒成、プロボクサー
  • 1995年 - 田中樹、ジャニーズJr.(SixTONES)
  • 1997年 - 村山彩希、アイドル(AKB48)
  • 1998年 - 山崎颯一郎、プロ野球選手
  • 2002年 - 長崎美柚、卓球選手
  • 2006年 - 君野夢真、子役
  • 生年不明 - 神村ひな、声優

忌日

  • 923年 - ロベール1世、西フランク王(* 865年頃)
  • 991年 - テオファヌ、神聖ローマ皇帝オットー2世の皇后(* 960年)
  • 1136年(保延2年5月14日)- 藤原家忠、平安時代の公卿(* 1062年)
  • 1189年(文治5年閏4月30日)- 源義経(牛若丸)、武将(* 1159年)
  • 1073年(延久5年5月7日)- 後三条天皇、第71代天皇(* 1034年)
  • 1341年 - アンドロニコス3世パレオロゴス、東ローマ皇帝(* 1297年)
  • 1381年 - ワット・タイラー、ワット・タイラーの乱の指導者として知られる農夫
  • 1383年 - ヨハネス6世カンタクゼノス、東ローマ帝国皇帝(* 1295年)
  • 1467年 - フィリップ3世、ブルゴーニュ公(* 1396年)
  • 1579年(天正7年5月21日)- 久武親信、長宗我部氏の家臣
  • 1768年 - ジェームズ・ショート、天体望遠鏡製作者、天文学者、数学者(* 1710年)
  • 1772年 - ルイ=クロード・ダカン、作曲家(* 1694年)
  • 1849年 - ジェームズ・ポーク、第11代アメリカ合衆国大統領(* 1795年)
  • 1858年 - アリ・シェフェール、画家(* 1795年)
  • 1888年 - フリードリヒ3世、プロイセン王、ドイツ皇帝(* 1831年)
  • 1908年 - 川上眉山、小説家(* 1869年)
  • 1911年 - 大鳥圭介、幕臣、元老院議官、枢密顧問官(* 1833年)
  • 1915年 - コンスタンチン・コンスタンチノヴィチ、ロシアの皇族、劇作家(* 1858年)
  • 1917年 - クリスチャン・ビルケランド、物理学者(* 1867年)
  • 1928年 - 梅ヶ谷藤太郎(初代)、大相撲第15代横綱(* 1845年)
  • 1931年 - 平林初之輔、作家(* 1892年)
  • 1934年 - アルフレッド・ブリュノー、作曲家(* 1857年)
  • 1938年 - エルンスト・ルートヴィヒ・キルヒナー、画家(* 1880年)
  • 1959年 - カジミエシュ・バイン、エスペラント運動家(* 1872年)
  • 1959年 - 助川良平、政治家(* 1921年)
  • 1960年 - 樺美智子、日本の新左翼運動家(* 1937年)
  • 1962年 - アルフレッド・コルトー、ピアニスト、指揮者(* 1877年)
  • 1965年 - 大賀一郎、植物学者(* 1883年)
  • 1968年 - サム・クロフォード、メジャーリーグのプロ野球選手(* 1880年)
  • 1968年 - 3代目林家染丸、落語家(* 1906年)
  • 1968年 - ウェス・モンゴメリー、ジャズギタリスト(* 1923年)
  • 1971年 - ウェンデル・スタンリー、生化学者(* 1904年)
  • 1974年 - 窪川鶴次郎、文芸評論家(* 1903年)
  • 1982年 - 久松保夫、俳優、声優(* 1919年)
  • 1984年 - メレディス・ウィルソン、作曲家(* 1902年)
  • 1984年 - 山田潔、プロ野球選手(* 1921年)
  • 1984年 - 竹山道雄、評論家、ドイツ文学者(* 1903年)
  • 1984年 - 内田良平、俳優(* 1931年)
  • 1986年 - 松田権六、漆芸家(* 1896年)
  • 1989年 - ジュディ・ジョンソン、野球選手(* 1900年)
  • 1991年 - アーサー・ルイス、経済学者(* 1915年)
  • 1991年 - 虫明亜呂無、作家、評論家(* 1923年)
  • 1991年 - ハッピー・チャンドラー、MLBコミッショナー(* 1898年)
  • 1992年 - 今西錦司、生態学者、人類学者(* 1902年)
  • 1993年 - ジョン・コナリー、テキサス州知事、第61代アメリカ合衆国財務長官(* 1917年)
  • 1993年 - 沖克己、プロ野球選手・審判員(* 1918年)
  • 1993年 - ジェームス・ハント、F1レーサー(* 1947年)
  • 1995年 - ジョン・アタナソフ、アタナソフ&ベリー・コンピュータの開発者(* 1903年)
  • 1996年 - エラ・フィッツジェラルド、ジャズ歌手(* 1917年)
  • 1996年 - ディック・マードック、プロレスラー(* 1946年)
  • 2000年 - 松鶴家千代若、夫婦漫才コンビ(* 1908年)
  • 2002年 - 室田日出男、俳優(* 1937年)
  • 2003年 - ヒューム・クローニン、俳優(* 1911年)
  • 2003年 - 高山登久太郎、暴力団会津小鉄会第4代会長(* 1928年)
  • 2006年 - レーモン・ドゥヴォス、道化師(* 1922年)
  • 2007年 - 白鳥映雪、日本画家(* 1912年)
  • 2007年 - ウーゴ・コーロ、プロボクサー(* 1953年)
  • 2008年 - 岸由一郎、学芸員、交通史研究家(* 1972年)※死亡確認日。死亡は6月14日の可能性あり。
  • 2009年 - テッド・タナベ、リングアナウンサー兼レフェリー(* 1962年)
  • 2010年 - 河島正、漫画家、漫画原作者(* 1969年)
  • 2012年 - 伊藤エミ、ザ・ピーナッツのメンバー(* 1941年)
  • 2013年 - 14代目酒井田柿右衛門、陶芸家(* 1934年)
  • 2014年 - ダニエル・キイス、作家(* 1927年)
  • 2015年 - 切通猛、プロ野球選手(* 1944年)

スピーチ作成 - テーマ「暑中見舞いの日」

自分が初めてテーマを知った/経験した時のエピソード。
テーマについて自分はどう思うか/思ったか。
言葉/行動/影響について自分はどう思うか。
今後自分はどうしたいと思うか。

スピーチ出力 - 06-15_暑中見舞いの日.txt

想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。
日付からスピーチを作る
10月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
11月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
12月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
1月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
2月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29
3月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
4月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
5月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
6月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
7月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
8月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
9月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30

参考になる本

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法
 会議・朝礼・電話でも、接客・商談・会合でも、面接・結婚式のスピーチでも、デート・合コン・保護者会でも。
 こんなふうに話せば「あがり」にさようなら! 予約半年待ち! 超人気講師が教える“緊張しないコツ。
¥ 1,210
超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48
 本書では、人前では話すことが苦手な人でもすぐ実行でき、たちまち効果を実感できる「あがらずに話せる正しい方法」を48個紹介しています。
 スピーチ・朝礼・会議・面接でドキドキしない!商談・プレゼン・営業が面白いほど成功する!人前で話すのが苦手な人でも大丈夫!あがらずに話せる超シンプルなテクニックを大公開!
¥ 1,296
朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100 話しベタなあなたに贈る
 他人の興味を引く「鉄板ネタ」さえ持っていれば、誰でも「人前で話すこと」が怖くなくなります。
 聞き手が具体的にイメージしやすいようにスポーツ選手や芸能人など、著名人のエピソードもたくさん織り込んだ「鉄板ネタ」を100個集めました。
¥ 1,620
恥をかかないスピーチ力
 新年度に自己紹介をしたり、結婚式やちょっとした集まりで人前で話したりする機会は意外と多い。そんな時に役立つ、スピーチやコメントのコツ、心構え。
 恥をかかないレベルから「なかなかうまいな」と思われるレベルまで、どうステップアップするか。
 「時間感覚」「身体感覚」の重要性、始まり方と終わり方、小ネタの集め方、シーン別のコツやNGポイントまで、人前で話す時にはこれさえあれば大丈夫!
¥ 702
心に届く話し方 65のルール
 本書は、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説した、話し方の基礎技術の本です。
 「本質的に内容が相手にきちんと伝わる」ことを目的とし、「そのための具体的かつ自然な音声表現のディテール」まで迫った本です。
¥ 1,361
カーネギー話し方入門 文庫版
 あのウォーレン・バフェットも受講したというデール・カーネギーの話し方講座のエッセンスをまとめた本。
 カーネギーといえば、大ベストセラーとなった『人を動かす』があまりに有名だが、本書の原著も100万部を突破したベストセラーとして、アメリカでは広く知られている。
¥ 650