365日のネタ・スピーチ例は、1年分(365日分)のネタと、朝礼などのスピーチの作例や作り方を、まとめたサイトです。 >> 使い方を読む

7月2日「うどんの日」


 7月2日は「うどんの日」です。香川県生麺事業組合が制定しました。讃岐地方の農業を営む家庭では、半夏生(はんげしょう)の頃の田植えが終わった労をねぎらう為に、うどんを打って食べる風習があり、それにちなんだそうです。

 うどんについては、北九州の小倉駅の売店にある「かしわうどん」を、今でも帰省の度に食べています。地元ではソウルフードのようなところがあり、小倉駅で電車待ちをしている時に、よく食べます。

 そうした、それぞれの地方の人がよく食べる、B級グルメ的な食べ物は、色々あるのだと思います。

 うどん県として有名な香川県ですが、1世帯あたりのうどん年間消費金額は1万2000円を超えて、人口10万人あたりの店舗数も60件を超えて、日本一だそうです。
 香川県の観光協会では、2011年に、県名を「うどん県」に改名するという、架空の設定のサイトを開設して、全国的に話題になりました。現在でも、「香川県観光協会公式サイト - うどん県旅ネット」として、ネット上で情報発信を続けています。


 名前を付けてアピールするというのは、とても大切だと思います。言った者勝ちということもありますが、その名前を通して、相手がどういう存在なのかを認知してくれるからです。

 仕事でも、どう名乗るかは大切です。自分の強みは何なのか、何を売り込みたいのか、そうしたことを考えながら、相手との出会いに活かしていきたいです。

スピーチ作例 7月2日1
文字数:605文字   想定時間:21
想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。

その他の情報

 7月2日の「うどんの日」だけでなく、色々な麺の日があります。10月17日は「沖縄そばの日」です。10月26日は「きしめんの日」です。11月3日は「チャンポン麺の日」です。
 半夏生(はんげしょう)は雑節の1つで、半夏(烏柄杓(からすびしゃく))という薬草が生える頃です。また、ハンゲショウ(カタシログサ)という草の葉が、名前の通り半分白くなって化粧しているようになる頃とも言われています。様々な地方名があり、ハゲ、ハンデ、ハゲン、ハゲッショウなどと呼ばれます。
 半夏生は、七十二候の1つ「半夏生」(はんげしょうず)から作られた暦日です。かつては夏至から数えて11日目としていましたが、現在では天球上の黄経100度の点を太陽が通過する日となっており、毎年7月2日頃にあたります。
 この頃に降る雨を「半夏雨」(はんげあめ)と言い、大雨になることが多いです。地域によっては「半夏水」(はんげみず)とも言います。
 半夏生は、農家にとっては大事な節目の日で、この日までに「畑仕事を終える」「水稲の田植えを終える」目安で、この日から5日間は休みとする地方もあります。この日は天から毒気が降ると言われ、井戸に蓋をして毒気を防いだり、この日に採った野菜は食べてはいけないとされたりしました。
 うどんは、手軽な庶民食、米食の代用食として、また、祝い事に際して振る舞われる「ハレ」の食物として、古くから日本全国で食べられてきました。日本において、歴史的には蕎麦(蕎麦切り)よりうどんの方が古いとされています。
 2011年の10月11日に、県観光協会の特設サイトが開設されました。内容は、県名を「うどん県」に改名するという架空の設定のもと、県出身の俳優、要潤を副知事役に配するとともに、その他の県出身有名人を出演させた動画の閲覧を主とするものでした。

記念日・年中行事

  • 半夏生(日本 2010年・2011年・2013年)
    雑節の一つ。
  • ユネスコ加盟記念日(日本)
    1951年のこの日、日本が国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)に加盟したことを記念。
  • たわしの日(日本)
    1915年のこの日、西尾商店(現在の亀の子束子西尾商店)の西尾正左衛門が「亀の子束子」の特許を取得した。
  • うどんの日(日本)
    香川県生麺事業組合が制定。讃岐地方の農業を営む家庭では、半夏生のころの田植えが終わった労をねぎらう為に、うどんを打って食べる風習があり、それにちなんだことから。
  • 蛸の日(日本)
    蛸研究会が制定。関西地方では7月2日頃の半夏生に蛸を食べる人が多いことから。
  • 谷川岳の日(日本)
    群馬県みなかみ町が制定。1920年の7月1日からこの日にかけて、谷川岳連峰縦走を記念して制定。

歴史

  • 626年(武徳9年6月4日)- 唐の初代皇帝李淵の次男李世民が宮中に乱入、長兄の皇太子李建成と弟李元吉を暗殺、実権を掌握。(玄武門の変)
  • 1582年(天正10年6月13日)- 山崎の戦い。羽柴秀吉が明智光秀を破り、光秀は敗走中に雑兵に刺殺される。
  • 1644年 - イングランド内戦: マーストン・ムーアの戦い。クロムウェル率いる鉄騎隊がルパートの騎兵を潰走させて武名をあげる。
  • 1698年 - トーマス・セイヴァリが蒸気機関の特許を取得。
  • 1757年 - ニューカッスル公トマス・ペラム=ホールズがイギリスの6代首相に就任。
  • 1777年 - バーモント州がアメリカ合衆国で初めて奴隷制を廃止。
  • 1839年 - アミスタッド号事件。奴隷船に収容されていたアフリカ人奴隷53名がキューバ沖で反乱を起こし、船を乗っ取る。
  • 1860年(ユリウス暦6月20日)- ロシア帝国の輸送船「マンジュール号」が金角湾に到達、湾の北岸に砦の建設を開始、ウラジオストク開基の日とされる。
  • 1871年 - イタリア王国による教皇領の占領後初めて、イタリア国王ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世がローマに入城。首都をフィレンツェからローマに移す。
  • 1881年 - ガーフィールド大統領暗殺事件:チャールズ・J・ギトーがワシントンD.C.でジェームス・ガーフィールド大統領を銃撃し、重傷を負わせる。
  • 1883年 - 日本の官報が創刊される。
  • 1900年 - ドイツのフリードリッヒシャフェンで飛行船ツェッペリン号が初飛行。
  • 1929年 - 日本で、田中義一内閣が総辞職。同日、濱口雄幸が第27代内閣総理大臣に就任し、濱口内閣が発足。
  • 1931年 - 万宝山事件が起こる。
  • 1937年 - 世界一周飛行中の女性飛行士アメリア・イアハートが南太平洋で消息を絶つ。
  • 1941年 - 第二次世界大戦: 御前会議で対ソ戦準備・フランス領インドシナ侵攻に伴う対米英戦準備を明記した「情勢ノ推移ニ伴フ帝国国策要綱」を決定。
  • 1941年 - 第二次世界大戦: 大本営が関東軍特種演習を発動。
  • 1950年 - 金閣寺放火事件が起こる。
  • 1959年 - 大躍進政策: 廬山会議が始まる。
  • 1962年 - ウォルマート第1号店が米アーカンソー州ベントンビルで開店。
  • 1963年 - 日清食品が世界初の即席焼そば「日清焼そば」の発売を開始。
  • 1964年 - 公民権運動: リンドン・ジョンソン米大統領が公民権法に署名し、法律が施行。
  • 1966年 - フランスが核実験を初めてムルロア環礁で実施。
  • 1967年 - 初めてのガンマ線バーストであるGRB 670702がアメリカの核実験監視衛星ヴェラ3およびヴェラ4によって発見される。
  • 1968年 - 東大安田講堂事件: 学生が安田講堂を再びバリケード封鎖。
  • 1973年 - ジェームズ・シュレジンガーがアメリカ国防長官に就任。
  • 1976年 - 北ベトナムと南ベトナムが統一し、国名をベトナム社会主義共和国に改称。
  • 1977年 - 第1回鳥人間コンテスト選手権大会が開催される。
  • 1985年 - ハレー艦隊: 欧州宇宙機関(ESA)がハレー彗星探査機ジオットを打ち上げ。
  • 1990年 - メッカで巡礼者が将棋倒しになり1426人が死亡。
  • 1994年 - サッカーワールドカップ・アメリカ大会でオウンゴールをしたコロンビア代表選手アンドレス・エスコバルが射殺される。
  • 1995年 - 都営地下鉄浅草線・5000形車両がこの日の運用を最後に現役を引退する。
  • 1997年 - タイ政府がタイバーツの変動相場制を導入。これを契機としてアジア通貨危機が始まる。
  • 1998年 - 富士銀行行員顧客殺人事件。
  • 2000年 - ビセンテ・フォックス・ケサーダがメキシコの大統領に選出、66年にわたる制度的革命党政権から政権交代。
  • 2000年 - 小林雅英(当時・千葉ロッテマリーンズ)がプロ野球史上初の打者0人で勝利投手となる。
  • 2002年 - スティーヴ・フォセットが世界初の気球による単独世界一周飛行を達成。
  • 2004年 - ASEAN地域フォーラムにパキスタンの参加が認められる。
  • 2005年 - アフリカ救済のチャリティ・コンサート「Live 8」を幕張メッセなど世界10都市で公演。
  • 2008年 - コロンビアでゲリラに誘拐されていたフランス国籍の女性政治家イングリッド・ベタンクールが6年ぶりに救出される。
  • 2010年 - クリスティアン・ヴルフがドイツ大統領に就任。
  • 2016年 - オーストラリア下院議会選挙。保守連合(オーストラリア自由党、オーストラリア国民党)が勝利。
  • 2017年 - 東京都議会議員選挙で小池百合子東京都知事率いる地域政党都民ファーストの会が公認候補50人中49人が当選する大勝利を収め、都議会第一党となった。一方、これまで第一党だった自民党は、過去最低の23議席に終わり、大惨敗を喫した。

誕生日

  • 419年 - ウァレンティニアヌス3世、西ローマ皇帝(+ 455年)
  • 1698年 - フランチェスコ3世・デステ、モデナ公(+ 1780年)
  • 1714年 - クリストフ・ヴィリバルト・グルック、作曲家(+ 1787年)
  • 1750年 - フランソワ・ユーベル、博物学者(+ 1831年)
  • 1819年 - トーマス・アンダーソン、化学者(+ 1874年)
  • 1819年 - シャルル=ルイ・アノン、作曲家、ピアノ教師、オルガニスト(+ 1900年)
  • 1877年 - ヘルマン・ヘッセ、小説家(+ 1962年)
  • 1878年 - 三島海雲、実業家、カルピス創業者(+ 1974年)
  • 1891年 - 恩地孝四郎、版画家(+ 1955年)
  • 1894年 - ケルテース・アンドル、写真家(+ 1985年)
  • 1898年 - 岡鹿之助、洋画家(+ 1978年)
  • 1903年 - アレック・ダグラス=ヒューム、第66代イギリス首相(+ 1995年)
  • 1903年 - 三角寛、作家(+ 1971年)
  • 1904年 - ルネ・ラコステ、テニス選手(+ 1996年)
  • 1905年 - 石川達三、作家(+ 1985年)
  • 1906年 - ハンス・ベーテ、物理学者(+ 2005年)
  • 1910年 - 真藤恒、経営者(+ 2003年)
  • 1911年 - ディエゴ・ファッブリ、作家、脚本家(+ 1980年)
  • 1916年 - ハンス・ウルリッヒ・ルーデル、軍人(+ 1982年)
  • 1918年 - 堀文子、日本画家
  • 1920年 - 竹内均、地球物理学者(+ 2004年)
  • 1922年 - 藤原彰、歴史学者(+ 2003年)
  • 1923年 - 野崎泰一、プロ野球選手(+ 2009年)
  • 1929年 - イメルダ・マルコス、政治家、フィリピン第10代大統領夫人
  • 1930年 - ピーター・バーンサイド、プロ野球選手
  • 1937年 - オレグ・シェーニン、政治家(+ 2009年)
  • 1940年 - 浅丘ルリ子、女優
  • 1942年 - 大山泰彦、空手家
  • 1942年 - ビセンテ・フォックス・ケサーダ、第63代メキシコ大統領
  • 1946年 - リチャード・アクセル、科学者、医学博士
  • 1946年 - 田坂正明、プロ野球選手(+ 1993年)
  • 1947年 - 三原昌平、プロダクトデザイナー、大学教授
  • 1946年 - 西川きよし、お笑いタレント、政治家
  • 1950年 - 鍵谷康司、プロ野球選手
  • 1952年 - 小柳ルミ子、歌手
  • 1952年 - 永田哲也、プロ野球選手
  • 1953年 - 藤瀬史朗、プロ野球選手
  • 1953年 - トニー・アーマス・シニア、メジャーリーガー
  • 1954年 - 南沙織、歌手
  • 1954年 - タイロン橋本、シンガーソングライター、音楽プロデューサー
  • 1954年 - たつみや章、児童文学作家
  • 1955年 - スティーヴン・ウォルト、大学教授
  • 1958年 - ミルスワミー・アナドゥライ、宇宙工学者
  • 1959年 - 原口一博、政治家
  • 1960年 - 竹内薫、サイエンスライター
  • 1962年 - 韋晴光(偉関晴光)、卓球選手
  • 1964年 - 鴨志田穣、ジャーナリスト、カメラマン、エッセイスト(+ 2007年)
  • 1964年 - カンケ、ミュージシャン
  • 1964年 - ホセ・カンセコ、元メジャーリーガー
  • 1964年 - オジー・カンセコ、元メジャーリーガー
  • 1965年 - 水江慎一郎、ミュージシャン
  • 1967年 - アーサー・ビナード、詩人、俳人、随筆家、翻訳家
  • 1968年 - 夏田昌和、作曲家、指揮者
  • 1969年 - 亀山つとむ、プロ野球選手
  • 1969年 - 亀山忍、タレント、俳優
  • 1969年 - 田口壮、プロ野球選手
  • 1969年 - 山田勝彦、元プロ野球選手
  • 1970年 - ヤンシー・バトラー、女優
  • 1971年 - 大西崇之、元プロ野球選手
  • 1971年 - 高橋功一、プロ野球選手
  • 1972年 - ダレン・シャン、小説家
  • 1972年 - 伴義太郎、プロ野球選手
  • 1972年 - 皆本勝弘、サッカー選手
  • 1973年 - 小坂誠、プロ野球選手
  • 1974年 - 渋川清彦、俳優
  • 1974年 - 片石貴子、タレント、レースクイーン
  • 1974年 - ショーン・ケイシー、メジャーリーガー
  • 1976年 - 關穎、女優
  • 1976年 - 有村昆、ラジオパーソナリティ
  • 1978年 - 加藤康介、プロ野球選手
  • 1978年 - トゥット、サッカー選手
  • 1979年 - 三宅健、歌手、タレント(V6)
  • 1979年 - 相川みさお、グラビアアイドル
  • 1980年 - マシュー・ケント、野球選手
  • 1980年 - ナイジャー・モーガン、プロ野球選手
  • 1980年 - 有賀光一、ミュージカル俳優
  • 1982年 - 米田兼一郎、サッカー選手
  • 1983年 - ミシェル・ブランチ、シンガーソングライター
  • 1983年 - サミュエル・デドゥーノ、メジャーリーガー
  • 1984年 - 藤井リナ、モデル
  • 1984年 - ジョニー・ウィアー、フィギュアスケート選手
  • 1984年 - 持田あき、漫画家
  • 1984年 - 長島☆自演乙☆雄一郎、コスプレイヤー、キックボクサー
  • 1984年 - ウラディミール・バレンティン、野球選手
  • 1986年 - ブレット・セシル、メジャーリーガー
  • 1986年 - nangi、シンガーソングライター
  • 1986年 - リンジー・ローハン、女優
  • 1986年 - レイナルド・ロドリゲス、マイナーリーガー
  • 1986年 - レーン・トソニ、メジャーリーガー
  • 1987年 - 山内明日、女優
  • 1987年 - ルスラナ・コルシュノワ、モデル(+ 2008年)
  • 1987年 - エステバン・グラネロ、サッカー選手
  • 1988年 - 大抜亮祐、プロ野球選手
  • 1988年 - クリス・マレーロ、プロ野球選手
  • 1988年 - イ・チョンヨン、サッカー選手
  • 1988年 - 曽我部慶太、サッカー選手
  • 1988年 - 小泉麻耶、グラビアアイドル
  • 1989年 - アレックス・モーガン、サッカー選手
  • 1989年 - 太田徹郎、サッカー選手
  • 1990年 - 松本夏空、ファッションモデル、タレント
  • 1990年 - 新里亮、サッカー選手
  • 1993年 - 小川真奈、子役タレント、声優
  • 1993年 - 岸洋佑、歌手、俳優
  • 1995年 - 大野いと、ファッションモデル、女優
  • 1995年 - 金澤朋子、アイドル歌手(Juice=Juice)
  • 1997年 - 庄司芽生、歌手(東京女子流)
  • 1999年 - 高松渡、プロ野球選手
  • 2001年 - 丸山楓人、モデル
  • 2002年 - 北村燦來、子役
  • 2002年 - 尾澤ルナ、アイドル(SUPER☆GiRLS)
  • 生年不明 - 萩道彦、声優

忌日

  • 936年 - ハインリヒ1世、東フランク王(* 876年)
  • 1298年 - アドルフ、神聖ローマ皇帝(* 1250年)
  • 1504年 - シュテファン3世、モルドヴァ公(* 1437年頃)
  • 1566年 - ノストラダムス、医師、占星術師(* 1503年)
  • 1580年(天正8年5月21日)- 山名祐豊、但馬国の戦国大名(* 1511年)
  • 1582年(天正10年6月13日)- 明智光秀、戦国武将(* 1528年?)
  • 1591年 - ヴィンチェンツォ・ガリレイ、作曲家(* 1520年頃)
  • 1621年 - トーマス・ハリオット、数学者、天文学者(* 1560年頃)
  • 1700年(元禄13年5月16日)- 鍋島光茂、第2代佐賀藩主(* 1632年)
  • 1733年 - クリスティアン・ペツォールト、作曲家(* 1677年)
  • 1733年(享保18年5月21日)- 松平定英、第5代伊予松山藩主(* 1696年)
  • 1743年 - スペンサー・コンプトン(初代ウィルミントン伯)、イギリスの首相(* 1674年)
  • 1778年 - ジャン=ジャック・ルソー、哲学者、思想家(* 1712年)
  • 1786年(天明6年6月7日)- 中川淳庵、蘭方医、本草学者(* 1739年)
  • 1829年(文政12年6月2日)- 徳川重倫、第8代紀州藩主(* 1746年)
  • 1833年(天保4年5月15日)- 青木木米、絵師、陶工(* 1767年)
  • 1850年 - ロバート・ピール、イギリスの首相(* 1788年)
  • 1850年(嘉永3年5月23日)- 池田慶栄、第11代鳥取藩主(* 1834年)
  • 1903年 - エド・デラハンティ、メジャーリーグベースボール選手(* 1867年)
  • 1914年 - ジョゼフ・チェンバレン、イギリス植民地相(* 1836年)
  • 1915年 - ポルフィリオ・ディアス、第34・36代メキシコ大統領(* 1830年)
  • 1917年 - ウィリアム・ヘンリー・ムーディ、アメリカ合衆国司法長官(* 1853年)
  • 1923年 - 2世曽呂利新左衛門、落語家(* 1842年)
  • 1924年 - 松方正義、日本の第4代・6代内閣総理大臣(* 1835年)
  • 1924年 - ジェスロ・ティール、地質学者(* 1849年)
  • 1932年 - マヌエル2世、ポルトガル王(* 1889年)
  • 1934年 - エルンスト・レーム、ナチス突撃隊創始者(* 1887年)
  • 1935年 - ハンク・オーデイ、メジャーリーガー(* 1862年)
  • 1944年 - 山梨半造、日本の陸軍大臣(* 1864年)
  • 1945年 - 大阪圭吉、推理作家(* 1912年)
  • 1949年 - ゲオルギ・ディミトロフ、ブルガリアの指導者(* 1882年)
  • 1959年 - 深井史郎、作曲家(* 1907年)
  • 1961年 - アーネスト・ヘミングウェイ、作家(* 1899年)
  • 1969年 - 成瀬巳喜男、映画監督(* 1905年)
  • 1973年 - フェルディナント・シェルナー、ドイツ陸軍元帥(* 1892年)
  • 1973年 - チック・ヘイフィー、メジャーリーグベースボール選手(* 1903年)
  • 1973年 - ベティ・グレイブル、女優(* 1916年)
  • 1977年 - ウラジーミル・ナボコフ、作家(* 1899年)
  • 1988年 - 荻昌弘、映画評論家(* 1925年)
  • 1989年 - アンドレイ・グロムイコ、ソビエト連邦外相、最高会議幹部会議長(* 1909年)
  • 1989年 - フランクリン・J・シャフナー、映画監督(* 1920年)
  • 1991年 - リー・レミック、女優(* 1935年)
  • 1994年 - アンドレス・エスコバル、サッカー選手(* 1967年)
  • 1995年 - ズデニェク・コシュラー、指揮者(* 1928年)
  • 1997年 - ジェームズ・ステュアート、俳優(* 1908年)
  • 1999年 - マリオ・プーゾ、小説家、脚本家(* 1920年)
  • 2000年 - 青江三奈、歌手(* 1941年)
  • 2000年 - ジェームズ・グローガン、フィギュアスケート選手(* 1931年)
  • 2002年 - レイ・ブラウン、ジャズベーシスト(* 1926年)
  • 2002年 - アール・ブラウン、作曲家(* 1926年)
  • 2005年 - 古月、俳優(* 1937年)
  • 2006年 - 趙南哲、囲碁棋士(* 1923年)
  • 2006年 - 原田昇左右、政治家(* 1923年)
  • 2006年 - 七尾伶子、女優、声優(* 1925年)
  • 2007年 - 日比野丈夫、歴史学者(* 1914年)
  • 2007年 - ビヴァリー・シルズ、ソプラノ歌手(* 1929年)
  • 2013年 - ダグラス・エンゲルバート、マウス発明者(* 1925年)
  • 2013年 - 加賀八郎、ベーシスト(THE GOOD-BYEのメンバー)、(* 1958年)
  • 2015年 - 大竹省二、写真家(* 1920年)
  • 2015年 - 田邊誠、政治家(* 1922年)
  • 2016年 - エリ・ヴィーゼル、作家(* 1928年)
  • 1644年 - ボーイ、プードル犬(* 生年不詳)

スピーチ作成 - テーマ「うどんの日」

自分が初めてテーマを知った/経験した時のエピソード。
テーマについて自分はどう思うか/思ったか。
言葉/行動/影響について自分はどう思うか。
今後自分はどうしたいと思うか。

スピーチ出力 - 07-02_うどんの日.txt

想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。
日付からスピーチを作る
10月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
11月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
12月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
1月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
2月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29
3月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
4月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
5月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
6月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
7月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
8月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
9月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30

参考になる本

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法
 会議・朝礼・電話でも、接客・商談・会合でも、面接・結婚式のスピーチでも、デート・合コン・保護者会でも。
 こんなふうに話せば「あがり」にさようなら! 予約半年待ち! 超人気講師が教える“緊張しないコツ。
¥ 1,210
超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48
 本書では、人前では話すことが苦手な人でもすぐ実行でき、たちまち効果を実感できる「あがらずに話せる正しい方法」を48個紹介しています。
 スピーチ・朝礼・会議・面接でドキドキしない!商談・プレゼン・営業が面白いほど成功する!人前で話すのが苦手な人でも大丈夫!あがらずに話せる超シンプルなテクニックを大公開!
¥ 1,296
朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100 話しベタなあなたに贈る
 他人の興味を引く「鉄板ネタ」さえ持っていれば、誰でも「人前で話すこと」が怖くなくなります。
 聞き手が具体的にイメージしやすいようにスポーツ選手や芸能人など、著名人のエピソードもたくさん織り込んだ「鉄板ネタ」を100個集めました。
¥ 1,620
恥をかかないスピーチ力
 新年度に自己紹介をしたり、結婚式やちょっとした集まりで人前で話したりする機会は意外と多い。そんな時に役立つ、スピーチやコメントのコツ、心構え。
 恥をかかないレベルから「なかなかうまいな」と思われるレベルまで、どうステップアップするか。
 「時間感覚」「身体感覚」の重要性、始まり方と終わり方、小ネタの集め方、シーン別のコツやNGポイントまで、人前で話す時にはこれさえあれば大丈夫!
¥ 702
心に届く話し方 65のルール
 本書は、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説した、話し方の基礎技術の本です。
 「本質的に内容が相手にきちんと伝わる」ことを目的とし、「そのための具体的かつ自然な音声表現のディテール」まで迫った本です。
¥ 1,361
カーネギー話し方入門 文庫版
 あのウォーレン・バフェットも受講したというデール・カーネギーの話し方講座のエッセンスをまとめた本。
 カーネギーといえば、大ベストセラーとなった『人を動かす』があまりに有名だが、本書の原著も100万部を突破したベストセラーとして、アメリカでは広く知られている。
¥ 650