365日のネタ・スピーチ例は、1年分(365日分)のネタと、朝礼などのスピーチの作例や作り方を、まとめたサイトです。 >> 使い方を読む

10月30日「宇宙戦争の日」


 10月30日は「宇宙戦争の日」です。1938年のこの日、アメリカ・CBCラジオでオーソン・ウェルズ演出のSFドラマ「宇宙戦争」が放送されました。
 演出として「火星人が攻めてきた」という臨時ニュースを流した所、本物のニュースと勘違いされて、120万人以上が大パニックになりました。


 宇宙戦争は新旧の映画で見ましたが、個人的には旧版の印象が強いです。

 ラジオ版の宇宙戦争は、「市民ケーン」のオーソン・ウェルズがプロデュースしているそうなので、一度体験してみたいものです。

 この番組が流された「マーキュリー劇場」は、聴取率が非常に低い不人気番組でした。
 その同じ時間に、全米の3人に1人が聞いている国民的人気を誇る番組があったのですが、たまたま不人気歌手が登場して、多くの人が局を変えた瞬間、火星人によるニュージャージー州襲撃のくだりが放送されました。
 ちょうど、ナチス・ドイツと欧米列強が緊張関係にあり、ヨーロッパで戦争が勃発するかもしれないという不安があったことから、火星人による襲撃を、ドイツ軍による攻撃と勘違いした人も多かったそうです。


 番組自体は、何度も「これはドラマである」と言っていたそうですが、社会情勢が、妙なリアリティをつけ加えてしまったのだと思います。

 この事件は、人間は見たいようにしか情報を見ないという、例なのかもしれません。事実をきちんと理解する。そうした思考をしたいものです。

スピーチ作例 10月30日1
文字数:613文字   想定時間:22
想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。

記念日・年中行事

  • たまごかけごはんの日(日本)
    2005年のこの日に島根県雲南市で開かれた「第1回日本たまごかけごはんシンポジウム」において制定。
  • 初恋の日(日本)
    島崎藤村ゆかりの宿である長野県小諸市の中棚荘が制定。1896年(明治29年)、島崎藤村が『文学界』46号に『こひぐさ』の一編として初恋の詩を発表。毎年、初恋をテーマとした「初恋はがき大賞」等のイベントがある。
  • 香りの記念日(日本)
    1992年のこの日、石川県七尾市で第7回国民文化祭「世界香りのフェアIN能登」が開催され、それを記念し制定される。

歴史

  • 1270年 - 第8回十字軍とチュニスの包囲が終了。
  • 1485年 - イングランド王ヘンリー7世が戴冠。
  • 1598年(慶長3年10月1日)- 慶長の役・泗川の戦い:島津義弘、泗川城で明・朝鮮軍を大破する。
  • 1863年 - 3月30日にギリシャ国王に選出されたゲオルギオス1世がアテネに到着。
  • 1864年 - 第二次シュレースヴィヒ=ホルシュタイン戦争が終結。
  • 1890年 - 「教育ニ関スル勅語」(教育勅語)発布。
  • 1905年(ユリウス暦10月17日)- ロシア第一革命: ロシア皇帝ニコライ2世が十月詔書に署名。
  • 1918年 - 第一次世界大戦: オスマン帝国が連合国に降伏。(ムドロス休戦協定)
  • 1922年 - 首相に指名されたムッソリーニがファシスト党員とともにローマに入城。
  • 1938年 - アメリカでオーソン・ウェルズ演出のラジオドラマ『宇宙戦争』が放送されるが、本物のニュースと勘違いされ、アメリカ中で120万人以上が大パニックに。
  • 1944年 - ホロコースト: アンネ・フランクと姉のマルゴット・フランクがアウシュヴィッツからベルゲン・ベルゼンへ移送される。
  • 1947年 - 国際貿易会議で23か国が「関税および貿易に関する一般協定」(GATT)に調印。
  • 1952年 - 第4次吉田茂内閣が成立。
  • 1961年 - ソ連がノヴァヤゼムリャ上空で、史上最大の水爆実験(ツァーリ・ボンバ)を実施。
  • 1962年 - 最高裁が吉田岩窟王事件の再審を決定。
  • 1973年 - ボスポラス海峡に架かるボスポラス橋が完成。
  • 1977年 - ハワイのアメリカ海兵隊員の宴会の席でトライアスロンが考案される。
  • 1978年 - 京王新線が開通。
  • 1987年 - NECホームエレクトロニクスが家庭用ゲーム機・PCエンジンを発売。
  • 1995年 - カナダ・ケベック州独立の是非を問う州民投票で、反対派が賛成派に辛勝(50.6%対49.4%)。
  • 1996年 - 柳川喜郎御嵩町長が襲われ、頭蓋骨骨折の重傷を負う。(御嵩町長襲撃事件)
  • 1999年 - 上信越自動車道が全線開通。
  • 2000年 - シドニーオリンピックで金メダルを獲得した高橋尚子に国民栄誉賞が贈られる。
  • 2000年 - 最後のMulticsマシンが停止される。
  • 2005年 - 第二次大戦中のドレスデン爆撃により崩壊した聖母教会が再建され、聖別が行われる。
  • 2013年 - ボストン・レッドソックスが1918年以来、95年ぶりに地元ボストンでワールドシリーズ優勝を決める。
  • 2017年 - バクー=トビリシ=カルス鉄道開通。

誕生日

  • 1218年(建保6年10月10日)- 仲恭天皇、第85代天皇(+ 1234年)
  • 1735年 - ジョン・アダムズ、第2代アメリカ合衆国大統領(+ 1826年)
  • 1741年 - アンゲリカ・カウフマン、画家(+ 1807年)
  • 1748年 - マーサ・ジェファーソン、アメリカ合衆国のファーストレディ(+ 1782年)
  • 1751年 - リチャード・ブリンズリー・シェリダン、劇作家、政治家(+ 1816年)
  • 1818年(文政1年10月1日)- 元田永孚、熊本藩士、儒学者(+ 1891年)
  • 1839年 - アルフレッド・シスレー、画家(+ 1899年)
  • 1840年 - ウィリアム・グラハム・サムナー、学者(+ 1910年)
  • 1849年(嘉永2年9月15日)- 高木兼寛、海軍軍人、医学者(+ 1920年)
  • 1861年 - アントワーヌ・ブールデル、彫刻家(+ 1929年)
  • 1862年 - フリードリヒ・マイネッケ、歴史家(+ 1954年)
  • 1867年 - エド・デラハンティ、メジャーリーガー(+ 1903年)
  • 1868年(明治元年9月15日)- 大森房吉、地震学者(+ 1923年)
  • 1871年 - ポール・ヴァレリー、詩人・批評家(+ 1945年)
  • 1874年 - 上田敏、翻訳家・詩人(+ 1916年)
  • 1887年 - ゲオルク・ハイム、詩人(+ 1912年)
  • 1893年 - ローラント・フライスラー、ナチス・ドイツ人民法廷長官(+ 1945年)
  • 1894年 - ピーター・ウォーロック、作曲家、音楽評論家(+ 1930年)
  • 1896年 - アントニーノ・ヴォットー、指揮者(+ 1985年)
  • 1898年 - ビル・テリー、メジャーリーガー(+ 1989年)
  • 1906年 - ジュゼッペ・ファリーナ、F1レーサー(+ 1966年)
  • 1906年 - 須藤克三、教育者、児童文学者(+ 1982年)
  • 1907年 - 平野謙、文芸評論家(+ 1978年)
  • 1908年 - ドミトリー・ウスチノフ、政治家(+ 1984年)
  • 1910年 - 第3代ロスチャイルド男爵ヴィクター・ロスチャイルド、銀行家、貴族院議員(+ 1990年)
  • 1913年 - 富士正晴、小説家、詩人(+ 1987年)
  • 1916年 - 戸田盛和、物理学者(+ 2010年)
  • 1921年 - 荻原賢次、漫画家(+ 1990年)
  • 1927年 - ジョン・マック、オーボエ奏者(+ 2006年)
  • 1927年 - ジョー・アドコック、メジャーリーガー(+ 1999年)
  • 1930年 - クリフォード・ブラウン、ジャズミュージシャン(+ 1956年)
  • 1931年 - ミルコ・ボボツォフ、チェス選手(+ 2000年)
  • 1932年 - ルイ・マル、映画監督(+ 1995年)
  • 1932年 - 小倉薫、プロ野球選手
  • 1934年 - フランス・ブリュッヘン、音楽家(+ 2014年)
  • 1935年 - マイケル・ウィナー、映画監督(+ 2013年)
  • 1935年 - アゴタ・クリストフ、作家(+ 2011年)
  • 1935年 - 滝内弥瑞生、元プロ野球選手
  • 1935年 - ジム・ペリー、メジャーリーガー
  • 1936年 - 川田孝子、元童謡歌手
  • 1937年 - 東海林さだお、漫画家、エッセイスト
  • 1937年 - クロード・ルルーシュ、映画監督
  • 1939年 - グレイス・スリック、ミュージシャン(ジェファーソン・エアプレイン)
  • 1939年 - リーランド・ハートウェル、生物学者
  • 1941年 - 山本小鉄、プロレスラー(+ 2010年)
  • 1945年 - 蜂谷薫、元毎日放送アナウンサー
  • 1946年 - 宝亀克寿、声優
  • 1947年 - ティモシー・シュミット、ミュージシャン(イーグルス)
  • 1947年 - 古屋哲美、プロ野球選手
  • 1948年 - 大川栄策、演歌歌手
  • 1950年 - 前田恵一、宇宙物理学者
  • 1950年 - 夏夕介、俳優(+ 2010年)
  • 1951年 - 金山仙吉、元プロ野球選手
  • 1955年 - 鳴海丈、作家、脚本家
  • 1955年 - 佐藤滋孝、プロ野球選手
  • 1956年 - 大平シロー、漫才師(+ 2012年)
  • 1957年 - ジャッキー佐藤、女子プロレスラー(+ 1999年)
  • 1957年 - 奥野敦子(イリア)、ミュージシャン(ジューシィ・フルーツ)
  • 1958年 - 畠山智之、アナウンサー
  • 1958年 - 石川光久、アニメーションプロデューサー
  • 1960年 - リー・タネル、元プロ野球選手
  • 1960年 - 丸山一仁、プロ野球選手
  • 1960年 - ディエゴ・マラドーナ、元サッカー選手、サッカー指導者
  • 1961年 - 長沢克泰、漫画家
  • 1961年 - 西島義則、競艇選手
  • 1962年 - 中馬賢治、元プロ野球選手
  • 1963年 - トッド・サンド、フィギュアスケート選手
  • 1964年 - 神取忍、プロレスラー
  • 1964年 - 呂明賜、元プロ野球選手
  • 1964年 - 日出郎、タレント、歌手
  • 1964年 - テレンス・リー、軍事評論家
  • 1965年 - 森友嵐士、ミュージシャン、シンガーソングライター(元T-BOLAN)
  • 1965年 - レッド吉田、お笑い芸人
  • 1967年 - 笹野みちる、ミュージシャン(元東京少年)
  • 1967年 - 小島弘務、元プロ野球選手
  • 1967年 - 桑田靖子、歌手、タレント
  • 1968年 - 清春、ミュージシャン(元黒夢、SADS)
  • 1970年 - 伊藤智仁、元プロ野球選手
  • 1970年 - 森たまき、女優
  • 1971年 - 川崎義文、元プロ野球選手
  • 1971年 - 金翰秀、元野球選手
  • 1971年 - 門倉貴史、エコノミスト
  • 1973年 - シルビア・コルソ、ニュースキャスター
  • 1973年 - 小松亮太、バンドネオン奏者
  • 1973年 - エッジ、プロレスラー
  • 1974年 - マーティン・ヘンリクソン、ミュージシャン
  • 1975年 - マルコ・スクータロ、元メジャーリーガー
  • 1975年 - ジャビット・バイラミ、K-1選手
  • 1976年 - 大橋マキ、アナウンサー
  • 1976年 - 桜木ジェイアール、バスケットボール選手
  • 1976年 - 三上亮、ヴァイオリニスト
  • 1978年 - ルイス・マトス、野球選手
  • 1978年 - 中冨伸一、オートバイレーサー
  • 1978年 - 小関英吾、オートバイレーサー
  • 1979年 - 仲間由紀恵、女優
  • 1979年 - 東風万智子(旧芸名:真中瞳)、女優
  • 1980年 - 鬼束ちひろ、シンガーソングライター
  • 1980年 - 杉内俊哉、プロ野球選手
  • 1980年 - チェ・ホンマン(崔洪万)、K-1選手、元シルム選手
  • 1980年 - 福田衣里子、衆議院議員
  • 1980年 - YUFUKO、ファッションモデル
  • 1980年 - クレイグ・アンダーソン、野球選手
  • 1981年 - 長手絢香、女優(元ココナッツ娘。)
  • 1981年 - 仙台エリ、声優、女優
  • 1981年 - 中沢健、作家、芸人
  • 1981年 - イヴァンカ・トランプ、ファッションモデル、実業家
  • 1982年 - ジョナサン・アルバラデホ、メジャーリーガー
  • 1982年 - アンダーソン・エルナンデス、プロ野球選手
  • 1984年 - シェーン・ロビンソン、メジャーリーガー
  • 1985年 - 澤野ひとみ、ファッションモデル
  • 1986年 - 相馬圭祐、俳優
  • 1987年 - 阿久津加菜、声優
  • 1987年 - 内山夕実、声優
  • 1989年 - ナスティア・リューキン、体操選手
  • 1990年 - 水谷駿、俳優、歌手、タレント
  • 1991年 - ベック、モデル、タレント
  • 1993年 - マーカス・マリオタ、アメリカンフットボール選手
  • 1995年 - 松井裕樹、プロ野球選手
  • 1995年 - 若井友希、声優、歌手、アイドル(i☆Ris)
  • 1995年 - 松田るか、女優
  • 1996年 - 大矢梨華子、歌手、アイドル(ベイビーレイズJAPAN)
  • 1996年 - 佐藤勝利、アイドル(Sexy Zone)
  • 1996年 - 譜久村聖、歌手、アイドル(モーニング娘。)
  • 1996年 - デビン・ブッカー、バスケットボール選手
  • 1997年 - 神宮寺勇太、King & Prince
  • 1998年 - 田村芽実、アイドル(アンジュルム)
  • 1998年 - 古橋舞悠、タレント、アイドル(元アイドリング!!!31号)
  • 1998年 - 池田美優、ファッションモデル
  • 2000年 - 橋本涼、 アイドル(HiHi Jets)
  • 生年不明 - 春野杏、声優
  • 生年不明 - 鈴木卓朗、声優
  • 生年不明 - 空見ゆき、声優
  • 生年不明 - 咲々木瞳、声優

忌日

  • 1522年 - ジャン・ムートン、作曲家(* 1459年?)
  • 1626年 - ヴィレブロルト・スネル、天文学者、数学者(* 1580年)
  • 1654年(承応3年9月20日)- 後光明天皇、第110代天皇(* 1633年)
  • 1664年(寛文4年9月12日)- 南部重直、第2代盛岡藩主(* 1606年)
  • 1732年 - ヴィットーリオ・アメデーオ2世、サルデーニャ王(* 1666年)
  • 1772年 - カール・イェルーザレム、法学者(* 1747年)
  • 1790年(寛政2年9月23日)- 柄井川柳、川柳の祖(* 1718年)
  • 1796年(寛政8年9月30日)- 牧野貞長、江戸幕府老中、京都所司代、笠間藩主(* 1733年)
  • 1816年 - フリードリヒ1世、ヴュルテンベルク王(* 1754年)
  • 1823年 - エドモンド・カートライト、実業家、発明家(* 1743年)
  • 1863年(文久3年9月18日)- 芹沢鴨、新選組筆頭局長(* 1827年)
  • 1863年(文久3年9月18日)- 平山五郎、新撰組副長助勤(* 1829年)
  • 1883年 - ローベルト・フォルクマン、作曲家(* 1815年)
  • 1903年 - 尾崎紅葉、小説家、俳人(* 1867年)
  • 1910年 - アンリ・デュナン、国際赤十字創始者(* 1828年)
  • 1912年 - ジェームズ・S・シャーマン、第27代アメリカ合衆国副大統領(* 1855年)
  • 1916年 - ピーター・ドッヅ・マコーミック、オーストラリアの国歌「アドヴァンス・オーストラリア・フェア」作者(* 1834年?)
  • 1923年 - アンドルー・ボナー・ロー、イギリス首相(* 1858年)
  • 1928年 - ロバート・ランシング、アメリカ合衆国国務長官(* 1864年)
  • 1930年 - 豊田佐吉、発明家、豊田自動織機創業者(* 1867年)
  • 1933年 - 平福百穂、日本画家(* 1877年)
  • 1941年 - 谷口尚真、第18代連合艦隊司令長官(* 1870年)
  • 1945年 - 堀口九萬一、外交官、随筆家(* 1865年)
  • 1953年 - カールマーン・イムレ、作曲家(* 1882年)
  • 1953年 - レオニード・クロイツァー、ピアニスト(* 1884年)
  • 1960年 - ジョージ・ボンハーグ、陸上競技選手(* 1882年)
  • 1961年 - ルイージ・エイナウディ、第2代イタリア大統領(* 1874年)
  • 1967年 - ジュリアン・デュヴィヴィエ、映画監督(* 1896年)
  • 1968年 - ラモン・ノヴァロ、俳優(* 1899年)
  • 1975年 - グスタフ・ヘルツ、物理学者(* 1887年)
  • 1977年 - 野尻抱影、随筆家、天文研究家(* 1885年)
  • 1979年 - ラケーレ・グイーディ、イタリア指導者ムッソリーニの妻(* 1890年)
  • 1981年 - 能見正比古、血液型性格分類の普及者(* 1925年)
  • 1984年 - 森有一、俳人、日本画家(* 1898年)
  • 1985年 - 北裏喜一郎、実業家(* 1911年)
  • 1985年 - 斎藤隆介、作家(* 1917年)
  • 1990年 - 石川恒太郎、歴史学者(* 1900年)
  • 1995年 - 上杉隆憲、米沢上杉家16代目当主、元東京都児童会館長(* 1917年)
  • 1995年 - 河北倫明、美術評論家(* 1914年)
  • 1997年 - サミュエル・フラー、映画監督(* 1911年)
  • 2000年 - 2代目神田山陽、講談師(* 1909年)
  • 2002年 - ジャム・マスター・ジェイ、ラッパー(* 1965年)
  • 2003年 - フランコ・ボニゾッリ、テノール歌手(* 1938年)
  • 2004年 - 南條範夫、小説家(* 1908年)
  • 2005年 - アル・ロペス、メジャーリーグベースボールの選手(* 1908年)
  • 2005年 - 葉室鐵夫、水泳選手(* 1917年)
  • 2006年 - 白川静、漢文学者(* 1910年)
  • 2006年 - 木下順二、劇作家(* 1914年)
  • 2006年 - クリフォード・ギアツ、文化人類学者(* 1926年)
  • 2007年 - ジョン・ウッドラフ、陸上競技選手(* 1915年)
  • 2007年 - ロバート・グーレ、歌手、俳優(* 1933年)
  • 2008年 - 上田耕一郎、元参議院議員、日本共産党副委員長(* 1927年)
  • 2010年 - 野沢那智、声優(* 1938年)
  • 2010年 - ハリー・ムリシュ、小説家(* 1927年)
  • 2012年 - 藤本義一、作家(* 1933年)
  • 2013年 - オレハマッテルゼ、競走馬(+ 2000年)

スピーチ作成 - テーマ「宇宙戦争の日」

自分が初めてテーマを知った/経験した時のエピソード。
テーマについて自分はどう思うか/思ったか。
言葉/行動/影響について自分はどう思うか。
今後自分はどうしたいと思うか。

スピーチ出力 - 10-30_宇宙戦争の日.txt

想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。
日付からスピーチを作る
10月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
11月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
12月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
1月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
2月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29
3月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
4月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
5月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
6月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
7月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
8月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
9月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30

参考になる本

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法
 会議・朝礼・電話でも、接客・商談・会合でも、面接・結婚式のスピーチでも、デート・合コン・保護者会でも。
 こんなふうに話せば「あがり」にさようなら! 予約半年待ち! 超人気講師が教える“緊張しないコツ。
¥ 1,210
超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48
 本書では、人前では話すことが苦手な人でもすぐ実行でき、たちまち効果を実感できる「あがらずに話せる正しい方法」を48個紹介しています。
 スピーチ・朝礼・会議・面接でドキドキしない!商談・プレゼン・営業が面白いほど成功する!人前で話すのが苦手な人でも大丈夫!あがらずに話せる超シンプルなテクニックを大公開!
¥ 1,296
朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100 話しベタなあなたに贈る
 他人の興味を引く「鉄板ネタ」さえ持っていれば、誰でも「人前で話すこと」が怖くなくなります。
 聞き手が具体的にイメージしやすいようにスポーツ選手や芸能人など、著名人のエピソードもたくさん織り込んだ「鉄板ネタ」を100個集めました。
¥ 1,620
恥をかかないスピーチ力
 新年度に自己紹介をしたり、結婚式やちょっとした集まりで人前で話したりする機会は意外と多い。そんな時に役立つ、スピーチやコメントのコツ、心構え。
 恥をかかないレベルから「なかなかうまいな」と思われるレベルまで、どうステップアップするか。
 「時間感覚」「身体感覚」の重要性、始まり方と終わり方、小ネタの集め方、シーン別のコツやNGポイントまで、人前で話す時にはこれさえあれば大丈夫!
¥ 702
心に届く話し方 65のルール
 本書は、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説した、話し方の基礎技術の本です。
 「本質的に内容が相手にきちんと伝わる」ことを目的とし、「そのための具体的かつ自然な音声表現のディテール」まで迫った本です。
¥ 1,361
カーネギー話し方入門 文庫版
 あのウォーレン・バフェットも受講したというデール・カーネギーの話し方講座のエッセンスをまとめた本。
 カーネギーといえば、大ベストセラーとなった『人を動かす』があまりに有名だが、本書の原著も100万部を突破したベストセラーとして、アメリカでは広く知られている。
¥ 650