365日のネタ・スピーチ例は、1年分(365日分)のネタと、朝礼などのスピーチの作例や作り方を、まとめたサイトです。 >> 使い方を読む

3月20日の情報

記念日・年中行事

  • 春分(日本 2008年・2009年・2012年・2013年・2016年・2017年)
    二十四節気の1つ。太陽の黄経が0度(春分点)のときで、昼夜の長さがほぼ同じになるころ。
  • イラン・中央アジアの正月(ノウルーズ)
    中央アジアの多くの国では3月21日を新年の始まりの日としている。
    ノウルーズ(イラン 2008年・2012年・2016年)
    イラン暦の元日。春分と同日。
  • 国際フランコフォニーの日(フランコフォニー国際機関)
  • 独立記念日(チュニジア)
    1956年のこの日、チュニジアがフランスから独立した。
  • 電卓の日(日本)
    1974年のこの日、電卓の生産量が世界一になったことに由来。日本事務機械工業会(現:JBMIA)が制定。
  • LPレコードの日(日本)
    1951年のこの日、日本コロムビアから日本で初めてLPレコードが発売されたことに由来。

歴史

  • 235年 - マクシミヌス・トラクスがローマ皇帝に即位。
  • 1184年(元暦元年2月7日)- 一ノ谷の戦い。源義経らが「鵯越(ひよどりごえ)の奇襲」により平氏に圧勝。
  • 1602年 - オランダが東インド会社を設立。
  • 1703年(元禄16年2月4日)- 赤穂浪士が預かりの大名屋敷で切腹する。
  • 1754年(宝暦4年2月27日)- 宝暦治水事件: 薩摩藩による木曽三川の治水事業が始まる。
  • 1815年 - エルバ島を脱出したナポレオンが軍勢を伴ってパリに入城。百日天下が始まる。
  • 1848年 - ドイツにおける1848年革命。バイエルン国王ルートヴィヒ1世が息子のマクシミリアン2世に譲位する。
  • 1852年 - ハリエット・ビーチャー・ストウの『アンクル・トムの小屋』が刊行。
  • 1882年 - 上野動物園が開園。
  • 1883年 - 工業所有権の保護に関するパリ条約調印。
  • 1883年 - 高田事件。新潟県高田・頸城地方の自由党員20名を、反乱謀議の嫌疑で逮捕。
  • 1890年 - ドイツ帝国皇帝ヴィルヘルム2世が首相オットー・フォン・ビスマルクを解任。
  • 1906年 - 上野公園内に帝国図書館の新館庁舎(現 国際子ども図書館)が竣工し移転。
  • 1913年 - 国民党のリーダー・宋教仁が袁世凱の放った刺客により銃撃される。3月22日に死亡。
  • 1914年 - コネチカット州ニューヘイブンで第1回全米フィギュアスケート選手権が開催。
  • 1926年 - 蒋介石が反共クーデターを起こす。(中山艦事件)
  • 1933年 - ダッハウ強制収容所の設置を発表。
  • 1951年 - 日本生活協同組合連合会設立。
  • 1952年 - アメリカ議会が日本国との平和条約を批准。
  • 1956年 - チュニジアがフランスから独立。
  • 1964年 - 欧州宇宙機関(ESA)の前身の欧州宇宙研究機構が発足。
  • 1969年 - ジョン・レノンとオノ・ヨーコが結婚。
  • 1972年 - 御殿場市で富士山大量遭難事故が発生。
  • 1981年 - 神戸市でポートピア'81が開幕。
  • 1985年 - 広島自動車道が全線開通。
  • 1988年 - JR西日本瀬戸大橋線(岡山駅 - 児島駅)が部分開業。
  • 1990年 - 大阪市営地下鉄鶴見緑地線(現・長堀鶴見緑地線)京橋駅 - 鶴見緑地駅間が開業。
  • 1995年 - 地下鉄サリン事件。13人が死亡、5,510人が重軽傷。
  • 1996年 - 大阪近郊の民鉄・地下鉄5社局で共通カード乗車券システム「スルッとKANSAI」の使用開始。
  • 2003年 - イラク戦争勃発。
  • 2005年 - 福岡県西方沖地震発生。
  • 2006年 - 第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で日本代表チームが優勝(現地時間)。
  • 2006年 - 新ICパスポート導入。パスポートへの旧姓併記の基準が緩和。
  • 2009年 - 阪神電鉄阪神なんば線 西九条駅 - 大阪難波駅間が開業。同時に近畿日本鉄道難波線・奈良線と相互乗り入れ開始。また尼崎駅 - 西九条間の区間は西大阪線から阪神なんば線に改称。
  • 2010年 - 第二京阪道路が全線開通。
  • 1951年 - 山梨県富士吉田市が市制施行。
  • 1954年 - 福島県原町市、茨城県龍ケ崎市が市制施行。
  • 2005年 - 福岡県うきは市が市制施行。
  • 2006年 - 千葉県南房総市、愛知県北名古屋市、兵庫県加東市、佐賀県神埼市が市制施行。福岡県甘木市ほか2町が合併して朝倉市、鹿児島県名瀬市ほか2町村が合併して奄美市が発足。

誕生日

  • 紀元前43年 - オウィディウス、詩人(+ 17年)
  • 203年 - ヘリオガバルス、ローマ帝国セウェルス朝皇帝(+ 222年)
  • 1142年 - マルカム4世、スコットランド王(+ 1165年)
  • 1737年 - ラーマ1世、タイ・チャクリー王朝の初代国王(+ 1809年)
  • 1741年 - ジャン=アントワーヌ・ウードン、彫刻家(+ 1828年)
  • 1770年 - フリードリヒ・ヘルダーリン、詩人(+ 1843年)
  • 1811年 - ナポレオン2世、フランス皇帝(+ 1832年)
  • 1828年 - ヘンリック・イプセン、劇作家(+ 1906年)
  • 1828年(文政11年2月5日)- 高橋由一、洋画家(+ 1894年)
  • 1836年 - エドワード・ポインター、画家、デザイナー(+ 1919年)
  • 1838年 - フェルディナント・ツィルケル、地質学者(+ 1912年)
  • 1843年 - アントン・ヨハネス・ゲールツ、薬学者(+ 1883年)
  • 1859年(安政6年2月16日)- 藤沢幾之輔、衆議院議長(+ 1940年)
  • 1863年 - エルネスト・ナザレー、ピアニスト、作曲家(+ 1934年)
  • 1866年(慶応2年2月4日)- 西郷四郎、柔道家(+ 1922年)
  • 1870年 - パウル・フォン・レットウ=フォルベック、軍人(+ 1964年)
  • 1871年 - ジョー・マクギニティ、メジャーリーガー(+ 1929年)
  • 1875年 - 曽我量深、真宗大谷派僧侶、仏教思想家(+ 1971年)
  • 1878年 - 牧野英一、法学者(+ 1970年)
  • 1879年 - モード・メンテン、生化学者(+ 1960年)
  • 1882年 - ルネ・コティ、フランス大統領(+ 1962年)
  • 1884年 - 近藤浩一路、日本画家(+ 1962年)
  • 1887年 - ハルトフ・ハンバーガー、プロ野球選手(+ 1924年)
  • 1890年 - ベニャミーノ・ジーリ、テノール歌手(+ 1957年)
  • 1891年 - エドマンド・グールディング、映画監督(+ 1959年)
  • 1892年 - 市川正一、共産主義者(+ 1945年)
  • 1897年 - 荒木俊馬、天文学者(+ 1978年)
  • 1897年 - 重政誠之、政治家(+ 1981年)
  • 1900年 - 太田光二、政治家(+ 1973年)
  • 1901年 - マックス・エーワ、第5代チェスの世界チャンピオン(+ 1981年)
  • 1901年 - 島田謹二、比較文学者、英文学者(+ 1993年)
  • 1904年 - バラス・スキナー、心理学者(+ 1990年)
  • 1904年 - ウォルター・エルサッサー、物理学者(+ 1991年)
  • 1907年 - 出羽湊利吉、大相撲力士(+ 1964年)
  • 1907年 - 山下実、プロ野球選手(+ 1995年)
  • 1908年 - マイケル・レッドグレイヴ、俳優(+ 1985年)
  • 1911年 - 斎藤喜博、教育者(+ 1981年)
  • 1911年 - アルフォンソ・ガルシア・ロブレス、政治家、外交官(+ 1991年)
  • 1915年 - スヴャトスラフ・リヒテル、ピアニスト(+ 1997年)
  • 1917年 - イガエル・ヤディン、軍人、政治家、考古学者(+ 1984年)
  • 1917年 - ヴェラ・リン、歌手
  • 1918年 - ベルント・アロイス・ツィンマーマン、作曲家(+ 1970年)
  • 1918年 - 伊藤庄七、プロ野球選手(+ 1999年)
  • 1919年 - 木下貞一、プロ野球選手(+ 2007年)
  • 1919年 - ゲルハルト・バルクホルン、ドイツ空軍のエース・パイロット(+ 1983年)
  • 1920年 - 樋笠一夫、プロ野球選手(+ 2007年)
  • 1924年 - 桜井センリ、コメディアン、俳優(+ 2012年)
  • 1925年 - 梅原猛、哲学者
  • 1925年 - 工藤幸雄、ロシア・ポーランド文学者(+ 2008年)
  • 1925年 - 月丘千秋、女優
  • 1926年 - 安野光雅、画家、絵本作家
  • 1928年 - 野平祐二、騎手、調教師(+ 2001年)
  • 1928年 - 渡辺茂男、児童文学者、翻訳家(+ 2006年)
  • 1929年 - 高橋和枝、声優(+ 1999年)
  • 1932年 - 萩山教嚴、政治家(+ 2015年)
  • 1933年 - 雪代敬子、女優
  • 1933年 - 渡邊守章、フランス文学者、演出家
  • 1933年 - ジョージ・アルトマン、元プロ野球選手(元阪神タイガース)
  • 1936年 - 蒲池猛夫、射撃選手(+ 2014年)
  • 1936年 - リー・ペリー、レゲエミュージシャン
  • 1937年 - 雪村いづみ、歌手
  • 1937年 - ロイス・ローリー、児童文学作家
  • 1938年 - セルゲイ・ノヴィコフ、数学者
  • 1939年 - ブライアン・マルルーニー、政治家
  • 1940年 - 片岡義男、小説家
  • 1941年 - 君原健二、マラソン選手
  • 1941年 - 山本要、政治家
  • 1942年 - 上岡龍太郎、元タレント、漫才師
  • 1943年 - 二井関成、山口県知事
  • 1944年 - ボビー・テーラー、プロ野球選手
  • 1944年 - エルヴィン・ネーアー、生物学者
  • 1945年 - パット・ライリー、バスケットボール選手、監督
  • 1946年 - 神谷郁代、ピアニスト
  • 1946年 - 倉田保昭、俳優
  • 1947年 - 景山民夫、小説家(+ 1998年)
  • 1947年 - 小杉健治、小説家
  • 1947年 - 大悟法久志、高校野球指導者(+ 2011年)
  • 1948年 - ボビー・オア、アイスホッケー選手
  • 1949年 - 新藤恵美、女優
  • 1949年 - 中道善博、競艇選手、競艇解説者、評論家
  • 1949年 - マーシャ・ボール、ピアニスト、シンガー
  • 1949年 - 高泉秀輝、プロ野球選手
  • 1949年 - 佐々木茂、プロ野球選手
  • 1950年 - 畑中純、漫画家(+ 2012年)
  • 1950年 - 三上寛、シンガーソングライター、俳優
  • 1950年 - カール・パーマー、ドラマー
  • 1950年 - ウィリアム・ハート、俳優
  • 1951年 - 今泉敏郎、作曲家(+ 2008年)
  • 1951年 - 鎌田東二、哲学者、宗教学者
  • 1955年 - 竹内まりや、シンガーソングライター
  • 1955年 - 塚越孝、アナウンサー(+ 2012年)
  • 1955年 - 筒井良紀、プロ野球選手
  • 1956年 - 竹中直人、俳優、映画監督
  • 1957年 - スパイク・リー、映画監督
  • 1958年 - ホリー・ハンター、女優
  • 1958年 - 石井啓一、政治家
  • 1958年 - 井上茂徳、競輪選手、競輪解説者、評論家
  • 1959年 - 大原まり子、SF作家
  • 1960年 - マイク・ヤング、プロ野球選手
  • 1961年 - 矢作芳人、調教師
  • 1962年 - 郭泰源、プロ野球選手
  • 1962年 - 金蓮花、小説家
  • 1962年 - スティーヴン・ソマーズ、映画監督、脚本家
  • 1963年 - 渡邉貢、ベーシスト(PERSONZ)
  • 1963年 - 渡洋史、俳優
  • 1964年 - 真柴あずき、脚本家、演出家
  • 1964年 - 村山大値、レフェリー
  • 1964年 - 川島智太郎、政治家、空手家
  • 1965年 - 川田妙子、声優
  • 1966年 - 神山健治、アニメ監督、演出家
  • 1966年 - 宇津木えり、ファッションデザイナー
  • 1967年 - 馬場俊英、シンガーソングライター
  • 1967年 - 木城ゆきと、漫画家
  • 1970年 - 松谷彼哉、声優
  • 1970年 - 麻生祥一郎、ミュージシャン(ドラマー)
  • 1971年 - 太田真一郎、声優
  • 1972年 - アレクサンダー・カプラノス、ミュージシャン(フランツ・フェルディナンド)
  • 1972年 - 曽我部直樹、プロ野球選手
  • 1973年 - 大石恵、タレント
  • 1973年 - ジェーン・マーチ、女優
  • 1973年 - ユーリス・ラザグリアエフ、フィギュアスケート選手
  • 1974年 - 柳原愛子、歌手
  • 1974年 - カルステン・ラメロウ、サッカー選手
  • 1975年 - 浅川悠、声優
  • 1976年 - 美咲留衣、AV女優
  • 1976年 - 三宅綾子、ダンサー
  • 1976年 - チェスター・ベニントン、ミュージシャン(LINKIN PARK)(+ 2017年)
  • 1978年 - 引地洋輔、歌手(RAG FAIR)
  • 1978年 - 奥華子、シンガーソングライター
  • 1978年 - 太田敦士、プロ野球選手
  • 1978年 - 鈴木慎吾、サッカー選手
  • 1979年 - 阿部慎之助、プロ野球選手
  • 1980年 - 田上秀則、プロ野球選手
  • 1980年 - アレクサンダー・コブリン、ピアニスト
  • 1981年 - みほ、お笑いタレント(チェリー☆パイ)
  • 1981年 - 衣川篤史、プロ野球選手
  • 1981年 - 高崧、フィギュアスケート選手
  • 1982年 - トマシュ・クシュチャク、サッカー選手
  • 1982年 - ジョゼ・モレイラ、サッカー選手
  • 1983年 - 水落朋大、プロ野球審判員
  • 1983年 - 川島永嗣、サッカー選手
  • 1983年 - 藤原さくら、グラビアアイドル
  • 1984年 - 野村佑香、女優
  • 1984年 - フェルナンド・トーレス、サッカー選手
  • 1984年 - 後藤淳平、お笑いタレント(ジャルジャル)
  • 1985年 - 山口智史、ミュージシャン(RADWIMPS)
  • 1985年 - 岸本梓、タレント、DJ
  • 1985年 - 水嶋友香、タレント、グラビアアイドル
  • 1985年 - 方丹、フィギュアスケート選手
  • 1986年 - 宮咲志帆、AV女優
  • 1987年 - 遠藤雄弥、俳優(D-BOYS)
  • 1987年 - ジョー、サッカー選手
  • 1988年 - ディエゴ・バストス・リベイロ、サッカー選手
  • 1989年 - 井上正大、俳優
  • 1990年 - 今井仁美、音楽ユニット・f-windyのメンバー
  • 1992年 - 二見宏志、サッカー選手
  • 1995年 - エフゲーニヤ・コスイギナ、フィギュアスケート選手
  • 生年不明 - みやま零、イラストレーター
  • 生年不明 - 小林直樹、声優
  • 生年不明 - 岩崎春奈、声優
  • 2001年 - キングカメハメハ、競走馬、種牡馬
  • 2003年 - スーパーホーネット、競走馬、種牡馬
  • 2007年 - ペルーサ、競走馬

忌日

  • 1181年(治承5年閏2月4日)- 平清盛、武将、太政大臣(* 1118年)
  • 1184年(元暦元年2月7日)- 平敦盛、武将、「敦盛」のモデル(* 1169年)
  • 1184年(元暦元年2月7日)- 平忠度、武将(* 1144年)
  • 1393年 - ネポムクのヨハネ、カトリック教会の聖人(* 1340年頃)
  • 1413年 - ヘンリー4世、イングランド王(* 1367年)
  • 1568年 - アルブレヒト、ドイツ騎士団総長、プロイセン公(* 1490年)
  • 1619年 - マティアス、神聖ローマ皇帝(* 1557年)
  • 1687年 - ロベール=カブリエ・ド・ラ・サール、探検家(* 1643年)
  • 1703年(元禄16年2月4日)- 大石良雄、播磨国赤穂藩藩士、赤穂藩家老(* 1659年)
  • 1703年 - 吉田兼亮、赤穂藩士、足軽頭、郡奉行(* 1641年)
  • 1703年 - 原元辰、赤穂藩士、足軽頭(* 1648年)
  • 1703年 - 片岡高房、赤穂藩士、内証側用人兼小姓頭(* 1667年)
  • 1703年 - 間瀬正明、赤穂藩士、大目附(* 1641年)
  • 1703年 - 小野寺秀和、赤穂藩士、京都留守居(* 1643年)
  • 1703年 - 間光延、赤穂藩士、馬廻勝手方吟味役、山奉行(* 1635年)
  • 1703年 - 礒貝正久、赤穂藩士、物頭並側用人(* 1679年)
  • 1703年 - 堀部金丸、赤穂藩士、江戸留守居役(* 1627年)
  • 1703年 - 近松行重、赤穂藩士、馬廻(* 1670年)
  • 1703年 - 富森正因、赤穂藩士、馬廻兼使番(* 1670年)
  • 1703年 - 潮田高教、赤穂藩士、国絵図奉行兼郡奉行(* 1669年)
  • 1703年 - 早水満尭、赤穂藩士、馬廻(* 1664年)
  • 1703年 - 赤埴重賢、赤穂藩士、馬廻(* 1669年)
  • 1703年 - 奥田重盛、赤穂藩士、江戸詰武具奉行(* 1647年)
  • 1703年 - 矢田助武、赤穂藩士、江戸詰武具奉行(* 1675年)
  • 1703年 - 大石信清、赤穂藩士、馬廻(* 1677年)
  • 1703年 - 大石良金、赤穂藩士、大石良雄の子(* 1688年)
  • 1703年 - 堀部武庸、赤穂藩士、江戸常詰馬廻(* 1670年)
  • 1703年 - 中村正辰、赤穂藩士、祐筆役(* 1656年)
  • 1703年 - 菅谷政利、赤穂藩士、馬廻兼郡代(* 1660年)
  • 1703年 - 不破正種、赤穂藩士、馬廻、浜辺奉行、普請奉行(* 1670年)
  • 1703年 - 千馬光忠、赤穂藩士、馬廻兼宗門改役(* 1653年)
  • 1703年 - 木村貞行、赤穂藩士、馬廻役、国絵図奉行(* 1658年)
  • 1703年 - 岡野包秀、赤穂藩士(* 1680年)
  • 1703年 - 貝賀友信、赤穂藩士、中小姓兼蔵奉行(* 1650年)
  • 1703年 - 大高忠雄、赤穂藩士、膳番元方、腰物方、金奉行(* 1672年)
  • 1703年 - 岡島常樹、赤穂藩士、札座勘定奉行(* 1666年)
  • 1703年 - 吉田兼貞、赤穂藩士、蔵奉行(* 1675年)
  • 1703年 - 武林隆重、赤穂藩士、馬廻、中小姓(* 1672年)
  • 1703年 - 倉橋武幸、赤穂藩士、扶持奉行兼中小姓(* 1670年)
  • 1703年 - 間光風、赤穂浪士(* 1680年)
  • 1703年 - 村松秀直、赤穂藩士、江戸常詰扶持方奉行(* 1642年)
  • 1703年 - 杉野次房、赤穂藩士、札座横目(* 1676年)
  • 1703年 - 勝田武尭、赤穂藩士、中小姓、札座横目(* 1680年)
  • 1703年 - 前原宗房、赤穂藩士、中小姓、扶持方奉行(* 1664年)
  • 1703年 - 小野寺秀富、赤穂藩士(* 1676年)
  • 1703年 - 間光興、赤穂藩士(* 1678年)
  • 1703年 - 奥田行高、赤穂藩士、加東郡勘定方(* 1678年)
  • 1703年 - 矢頭教兼、赤穂藩士(* 1686年)
  • 1703年 - 村松高直、赤穂藩士(* 1677年)
  • 1703年 - 間瀬正辰、赤穂藩士(* 1681年)
  • 1703年 - 茅野常成、赤穂藩士、横目(徒士目附)(* 1667年)
  • 1703年 - 横川宗利、赤穂藩士、徒士横目、焔硝蔵奉行(* 1667年)
  • 1703年 - 三村包常、赤穂藩士、台所役、酒奉行(* 1667年)
  • 1703年 - 神崎則休、赤穂藩士、足軽徒士目付、郡目附(* 1666年)
  • 1730年 - アドリエンヌ・ルクヴルール、女優(* 1692年)
  • 1799年(寛政11年2月15日)- 市村羽左衛門(10代目)、歌舞伎役者(* 1748年)
  • 1829年(文政12年2月16日)- 高橋景保、天文学者(* 1785年)
  • 1844年 - ピーター・ビューエル・ポーター、第12代アメリカ合衆国陸軍長官(* 1773年)
  • 1857年 - アルマン・デュフレノア、地質学者、鉱物学者(* 1792年)
  • 1865年(元治2年2月23日)- 山南敬助、新選組副長(* 1833年)
  • 1865年(元治2年2月23日)- 藤田小四郎、水戸藩士、天狗党首領格(* 1842年)
  • 1874年 - ハンス・クリスチャン・ロンビ、作曲家(* 1810年)
  • 1878年 - ユリウス・ロベルト・フォン・マイヤー、物理学者(* 1814年)
  • 1880年 - 神戸の長吉、侠客(* 1814年)
  • 1894年 - ラヨシュ・コッシュート、ハンガリー独立の指導者(* 1802年)
  • 1895年 - チャールズ・ワグナー、電気工学研究者
  • 1898年 - イヴァン・シーシキン、画家(* 1832年)
  • 1919年 - 高木徳子、舞踏家(* 1891年)
  • 1924年 - フェルナン・コルモン、画家(* 1845年)
  • 1927年 - 楠瀬幸彦、陸軍大臣(* 1858年)
  • 1934年 - エンマ・フォン・ヴァルデック=ピルモント、オランダ王ヴィレム3世の妃(* 1858年)
  • 1935年 - 速水御舟、日本画家(* 1894年)
  • 1936年 - 能久親王妃富子、日本の皇族(* 1862年)
  • 1938年 - アレクサンドル・マリノフ、ブルガリア首相(* 1867年)
  • 1940年 - 桂三八、落語家(* 1877年)
  • 1943年 - 森下博、実業家、森下仁丹 創業者(* 1869年)
  • 1962年 - チャールズ・ミルズ、社会学者(* 1916年)
  • 1963年 - 柳さく子、女優(* 1902年)
  • 1975年 - 中川善之助、法学者(* 1897年)
  • 1976年 - 細川ちか子、女優(* 1905年)
  • 1977年 - 正田建次郎、数学者(* 1902年)
  • 1982年 - 加藤明、バレーボール選手(* 1933年)
  • 1982年 - マリエッタ・シャギニャン、作家、社会運動家(* 1888年)
  • 1984年 - スタン・コベレスキ、メジャーリーグベースボール選手(* 1889年)
  • 1985年 - 稲川誠一、歴史学者(* 1926年)
  • 1989年 - 五島昇、実業家(* 1916年)
  • 1990年 - レフ・ヤシン、元サッカー選手(* 1929年)
  • 1990年 - 第3代ロスチャイルド男爵ヴィクター・ロスチャイルド、銀行家、貴族院議員(* 1910年)
  • 1992年 - ジョルジュ・ドルリュー、作曲家(* 1925年)
  • 1993年 - ポリカプ・クッシュ、物理学者(* 1911年)
  • 1995年 - 花山信勝、仏教学者(* 1898年)
  • 1995年 - 三原順、漫画家(* 1952年)
  • 1997年 - トニー・ゼール、プロボクサー(* 1913年)
  • 1997年 - カルロ・ファッシ、フィギュアスケート選手(* 1929年)
  • 1998年 - 須賀敦子、随筆家(* 1929年)
  • 1998年 - 愛野興一郎、実業家、政治家、元衆議院議員、元経済企画庁長官(* 1928年)
  • 1999年 - 鎌田典三郎、教育者、西六郷少年少女合唱団創設者(* 1928年)
  • 2001年 - 水谷準、小説家(* 1904年)
  • 2001年 - 小山田健一、プロ野球選手(* 1950年)
  • 2004年 - ユリアナ、オランダ女王(* 1909年)
  • 2004年 - いかりや長介、俳優、コメディアン、ザ・ドリフターズリーダー(* 1931年)
  • 2007年 - 鴨志田穣、エッセイスト、ジャーナリスト、写真家(* 1964年)
  • 2008年 - 小沢重雄、俳優、声優(* 1926年)
  • 2008年 - 砂田弘、児童文学作家(* 1933年)
  • 2008年 - 草森紳一、評論家(* 1938年)
  • 2009年 - 伊藤計劃、SF作家(* 1974年)
  • 2010年 - ロビン・ミルナー、計算機科学者(* 1934年)
  • 2014年 - 井口洋夫、化学者(* 1927年)
  • 2015年 - 今江祥智、児童文学作家(* 1932年)
  • 2017年 - デイヴィッド・ロックフェラー、銀行家、実業家、ロックフェラー家当主(* 1915年)
  • 1969年 - スージー、チンパンジー(* 1948年頃)
  • 1987年 - タウザー、世界一ネズミを捕った猫(* 1963年)

引用・参考URL

このページの引用・参考URL。
日付からスピーチを作る
12月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
1月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
2月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29
3月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
4月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
5月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
6月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
7月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
8月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
9月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
10月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
11月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30

参考になる本

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法
 会議・朝礼・電話でも、接客・商談・会合でも、面接・結婚式のスピーチでも、デート・合コン・保護者会でも。
 こんなふうに話せば「あがり」にさようなら! 予約半年待ち! 超人気講師が教える“緊張しないコツ。
¥ 1,210
超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48
 本書では、人前では話すことが苦手な人でもすぐ実行でき、たちまち効果を実感できる「あがらずに話せる正しい方法」を48個紹介しています。
 スピーチ・朝礼・会議・面接でドキドキしない!商談・プレゼン・営業が面白いほど成功する!人前で話すのが苦手な人でも大丈夫!あがらずに話せる超シンプルなテクニックを大公開!
¥ 1,296
朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100 話しベタなあなたに贈る
 他人の興味を引く「鉄板ネタ」さえ持っていれば、誰でも「人前で話すこと」が怖くなくなります。
 聞き手が具体的にイメージしやすいようにスポーツ選手や芸能人など、著名人のエピソードもたくさん織り込んだ「鉄板ネタ」を100個集めました。
¥ 1,620
恥をかかないスピーチ力
 新年度に自己紹介をしたり、結婚式やちょっとした集まりで人前で話したりする機会は意外と多い。そんな時に役立つ、スピーチやコメントのコツ、心構え。
 恥をかかないレベルから「なかなかうまいな」と思われるレベルまで、どうステップアップするか。
 「時間感覚」「身体感覚」の重要性、始まり方と終わり方、小ネタの集め方、シーン別のコツやNGポイントまで、人前で話す時にはこれさえあれば大丈夫!
¥ 702
心に届く話し方 65のルール
 本書は、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説した、話し方の基礎技術の本です。
 「本質的に内容が相手にきちんと伝わる」ことを目的とし、「そのための具体的かつ自然な音声表現のディテール」まで迫った本です。
¥ 1,361
カーネギー話し方入門 文庫版
 あのウォーレン・バフェットも受講したというデール・カーネギーの話し方講座のエッセンスをまとめた本。
 カーネギーといえば、大ベストセラーとなった『人を動かす』があまりに有名だが、本書の原著も100万部を突破したベストセラーとして、アメリカでは広く知られている。
¥ 650