365日のネタ・スピーチ例は、1年分(365日分)のネタと、朝礼などのスピーチの作例や作り方を、まとめたサイトです。 >> 使い方を読む

7月14日「パリ祭」


 7月14日は、日本では「パリ祭(さい)」として知られています。1789年7月14日、バスティーユ牢獄襲撃によりフランス革命が勃発したことに由来しています。

 私は世代的に「フランスやパリ」と言うと、何となく高いブランドのイメージがあります。あるいは、おそ松くんのイヤミのイメージがあります。

 そうしたイメージを持っていたのですが、成人になって、フランス映画を見てからイメージが変わりました。「恋愛フリーダムな国」というものになりました。

 日本で知られている「パリ祭」という名前は、『巴里祭』と邦題が付けられた、ルネ・クレール監督・脚本、アナベラとジョルジュ・リゴーが主演した映画が、ヒットしたためです。原題はフランス語で「7月14日」になります。
 元々、本作を輸入して配給した東和商事内で、「パリまつり」の読みで付けられたそうです。社長の川喜多長政やその妻である川喜多かしこ、宣伝担当の筈見恒夫(はずみ つねお)たちが、試写を観て茶を飲みながら、感激を噛みしめあううち、自然に浮かんで決定した題名だったそうです。
 当時の観客も「パリまつり」と呼んでいたそうです。それが、いつのまにか「パリさい」の読みになり、そちらが定着しました。


 「7月14日」の原題のままだと、日本人には意味が分からないと思います。「パリ祭」というタイトルは、映画を上手く売り込む上で、よい仕事をした名前だと思います。

 分からない物を分からないまま届けるのではなく、分かる名前に置き換えて届ける。そうした配慮も、意思疎通を円滑にする上で、大切なのではないかと思います。

スピーチ作例 7月14日1
文字数:681文字   想定時間:216
想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。

その他の情報

 パリ祭(パリさい)は、フランスで7月14日に設けられている、フランス共和国の成立を祝う日です。1789年同日に発生しフランス革命の発端となったバスチーユ監獄襲撃および、この事件の一周年を記念して翌年1790年におこなわれた建国記念日が起源となっています。
 フランスでは正式には「Fête nationale française」(フェト・ナスィオナル・フランセーズ、フランス国民祭または国祭)です。
 バスティーユ襲撃は、1789年7月14日にフランス王国パリの民衆が同市にあるバスティーユ牢獄を襲撃した事件です。フランス革命のはじまりとされています。
 1790年7月14日におこなわれた一周年式典は、共和制政府によっておこなわれた大規模な国家式典でした。当時のフランスでは、この式典がフランス革命を締めくくるものとして受け止められていました。この日が建国記念日となっています。
 「パリ祭」は日本だけの呼び名で、「巴里祭」「パリ祭」は多くの「歳時記」の夏の季語になっています。

記念日・年中行事

  • フランス建国記念日・パリ祭(フランス)
    1789年7月14日のバスティーユ牢獄襲撃によるフランス革命勃発の日であるが、公式に建国記念日として祝われるのは翌1790年同日の連盟祭である。1880年から祝日となった。日本では「パリ祭」として知られる。
  • 共和国記念日(イラク)
    1958年のこの日、7月14日革命により王政が打倒され、共和国が樹立されたことを記念。
  • サン・フェルミン祭 最終日(スペインナバラ州、6日から)
    通称:牛追い祭り(エンシエロ)の日。
  • ペリー上陸記念日(日本)
    1853年7月14日(旧暦嘉永6年6月9日)、4隻の黒船艦隊で江戸湾の浦賀沖に現れたマシュー・ペリー提督が久里浜に上陸して将軍への親書を渡したことを記念。(黒船来航)
  • 廃藩置県の日(日本)
    明治4年旧暦7月14日(1871年8月29日)に廃藩置県の詔書が出されたことを記念。
  • ひまわりの日(日本)
    1977年のこの日、日本初の気象衛星ひまわりがアメリカのケネディ宇宙センターから打ち上げられた。
  • 求人広告の日(日本)
    1872年のこの日、『東京日日新聞』に日本初の求人広告が掲載された。
  • 内視鏡の日(日本)
    内視鏡医学研究振興財団が2006年に制定。「な(7)い(1)し(4)」の語呂合せ。
  • ゼラチンの日・ゼリーの日(日本)
    日本ゼラチン・コラーゲンペプチド工業組合が制定。ゼラチンがフランス料理によく使われることから、フランス革命の日をその記念日とした。また、ゼラチンがゼリーの主材料となることから同じ日を「ゼリーの日」としている。
  • しんぶん配達の日(日本)
    2013年に日本新聞販売協会が制定。なお、日本新聞協会が制定している「新聞配達の日・新聞少年の日」は新聞週間中(10月15日〜10月21日)の日曜日であり日付が異なる。

歴史

  • 756年(至徳元載/聖武元年6月13日)- 安史の乱: 安禄山らの蜂起により唐の皇帝玄宗が楊貴妃を伴って都落ち。
  • 794年(延暦13年6月13日)- 桓武天皇の命を受けた坂上田村麻呂が蝦夷征討に出発。
  • 1242年(仁治3年6月15日)- 北条泰時の死去に伴い、孫の北条経時が鎌倉幕府第4代執権に就任。
  • 1223年 - フランス国王フィリップ2世が死去。長男のルイ8世が国王に即位。
  • 1789年 - フランス革命: パリの民衆がバスティーユ牢獄を襲撃・占領、政治犯を解放。フランス革命の勃発。
  • 1790年 - フランスで連盟祭開催。ルイ16世が憲法への忠誠を誓う。現在の建国記念日(パリ祭)はバスティーユ襲撃ではなくこの連盟祭を記念している。
  • 1795年 - 「ラ・マルセイエーズ」がフランスの国歌となる。
  • 1804年 - 廃兵院にて、ナポレオン・ボナパルトが初のレジオンドヌール勲章授与を行う。
  • 1843年(天保14年6月17日)- 新潟が天領とされ新潟奉行が設置される。
  • 1853年(嘉永6年6月9日)- 黒船来航: 黒船を率いて来航した米国東インド艦隊司令長官マシュー・ペリーが久里浜に上陸。
  • 1853年 - ニューヨーク万国博覧会開幕、会期は翌年の11月1日まで。
  • 1865年 - マッターホルンがエドワード・ウィンパーらにより初登頂。
  • 1867年 - アルフレッド・ノーベルがダイナマイトを発表。
  • 1867年(慶応3年6月13日)- 浦上四番崩れ。長崎奉行がキリシタン68人を捕える。
  • 1879年(明治12年)- 日本で初めての伝染病予防の法令「海港虎列刺病(コレラ病)伝染予防規則」が公布される。のちの1961年に厚生省と日本検疫衛生協会が7月14日を検疫記念日とする。
  • 1881年 - ビリー・ザ・キッドが、友人でもあった保安官パット・ギャレットにより射殺される。
  • 1889年 - パリで第二インターナショナルが結成される。
  • 1899年 - アクレ州がボリビアからの独立を宣言。アクレ州とボリビアとの紛争はブラジルの介入を招き、アクレ州は1903年にブラジル領となる。
  • 1908年 - 日本で桂太郎が第13代内閣総理大臣に就任し、第2次桂内閣が発足。
  • 1909年 - テオバルト・フォン・ベートマン・ホルヴェークがドイツ帝国宰相に就任。
  • 1917年 - ゲオルク・ミヒャエリスがドイツ帝国宰相に就任。
  • 1920年 - 中華民国で北洋軍閥同士の戦争が起こる。(安直戦争)
  • 1933年 - 強制的同一化: ドイツでナチ党以外の政治政党が禁止される。
  • 1945年 - 第二次世界大戦・日本本土空襲: アメリカ海軍空母艦載機による北海道空襲。
  • 1948年 - イタリア共産党書記長パルミーロ・トリアッティが狙撃される。
  • 1958年 - 7月14日革命。イラクでアブドゥル・カリム・カースィム率いるアラブ民族主義者らによるクーデターが起き、王政が打倒され、共和国が樹立される。
  • 1958年 - 日本テレビにて日本初の国産テレビアニメである「もぐらのアバンチュール」が放送される。
  • 1959年 - 朝日新聞が熊本大学医学部の調査チームによる水俣病の有機水銀中毒原因説をスクープ。
  • 1960年 - 内閣総理大臣の岸信介が、池田勇人の自民党総裁就任祝賀会からの帰路、暴漢の襲撃を受け重傷を負う。
  • 1964年 - 東京都品川区勝島で、株式会社宝組のニトロセルロース蓄積倉庫から出火。爆発を伴う火災により倉庫の壁が崩れ、下敷きになった消防職員18人、消防団員1人が死亡。負傷158人の惨事が起きる。(品川勝島倉庫爆発火災)
  • 1965年 - アメリカの火星探査機マリナー4号が火星に最接近。史上初めて地球以外の惑星表面の撮影に成功。
  • 1967年 - タカラ(現:タカラトミー)が着せ替え人形「リカちゃん人形」を発売。
  • 1967年 - 「世界知的所有権機関(WIPO)を設立する条約」がストックホルムで調印。
  • 1968年 - プラハの春: ワルシャワ会談が行われる。
  • 1969年 - サッカー戦争: エルサルバドル軍がホンジュラスに侵攻。
  • 1969年 - アメリカ合衆国で500ドル以上の高額紙幣が流通停止となる。
  • 1970年 - 日本の呼称を「ニッポン」に統一することが閣議決定される。
  • 1971年 - パプアニューギニアでマグニチュード(Mw)8.3の地震により2人が死亡した。26日にもMw 8.0の大きな余震があった。
  • 1977年 - 日本初の気象衛星「ひまわり(初代)」が米フロリダ州のケネディ宇宙センターから打ち上げられる。
  • 1982年 - レフチェンコKGB少佐が米下院の秘密聴聞会で工作活動を暴露。(レフチェンコ事件)
  • 1985年 - 北海道の国鉄興浜南線がこの日限りで廃止。
  • 1992年 - ウィリアム・ジョリッツ・リン・ジョリッツ夫妻がUNIXライクOSである386BSD 0.1をリリース。オープンソースOSのさきがけとなる。
  • 1998年 - 趙治勲が本因坊戦10連覇を達成する。
  • 2005年 - 第7回ワールドゲームズがドイツのデュースブルクで開幕、会期は7月24日まで。
  • 2007年 - ロシアがヨーロッパ通常戦力条約に調印。
  • 2008年 - 東京スカイツリー起工式典が行われる。
  • 2015年 - 冥王星探査機「ニュー・ホライズンズ」が冥王星に最接近。
  • 2016年 - ニースでトラックテロ事件が起きる。

誕生日

  • 1454年 - アンジェロ・ポリツィアーノ、人文主義者(+ 1494年)
  • 1777年(安永6年6月10日)- 田能村竹田、南画家(+ 1835年)
  • 1810年(文化7年6月13日)- 徳川斉荘、田安家当主、尾張藩主(+ 1845年)
  • 1858年 - エメリン・パンクハースト、婦人参政権活動家(+ 1928年)
  • 1859年 - ヴィリー・ヘス、ヴァイオリニスト(+ 1939年)
  • 1862年 - グスタフ・クリムト、画家(+ 1918年)
  • 1864年 - エドゥアルト・エンゲルマン、フィギュアスケート選手、エンジニア(+ 1944年)
  • 1868年 - ガートルード・ベル、イギリスの女性情報員(+ 1926年)
  • 1888年 - 里見弴、小説家(+ 1983年)
  • 1890年 - オシップ・ザッキン、彫刻家、画家(+ 1967年)
  • 1891年 - ヴェルナー・リットベルガー、フィギュアスケート選手(+ 1975年)
  • 1898年 - ハッピー・チャンドラー、MLBコミッショナー(+ 1991年)
  • 1907年 - アナベラ、女優(+ 1996年)
  • 1910年 - ウィリアム・ハンナ、アニメーター、『トムとジェリー』の生みの親(+ 2001年)
  • 1912年 - ウディ・ガスリー、シンガーソングライター(+ 1967年)
  • 1913年 - ジェラルド・R・フォード、第38代アメリカ合衆国大統領(+ 2006年)
  • 1917年 - 田中実、プロ野球選手
  • 1918年 - イングマール・ベルイマン、映画監督、脚本家(+ 2007年)
  • 1918年 - ジェイ・フォレスター、計算機科学者
  • 1918年 - エグモント・ツール・リッペ=ヴァイセンフェルト、ドイツ空軍のエース・パイロット(+ 1944年)
  • 1923年 - 福田歓一、政治学者(+ 2007年)
  • 1926年 - ウォーリス・ディーステルマイヤー、フィギュアスケート選手(+ 1999年)
  • 1926年 - 水木かおる、作詞家(+ 1998年)
  • 1931年 - 伊上勝、脚本家(+ 1991年)
  • 1935年 - 根岸英一、化学者
  • 1936年 - 鵜狩道夫、プロ野球選手
  • 1937年 - 森喜朗、第85・86代内閣総理大臣
  • 1938年 - ウィリアム・H・T・ブッシュ、アメリカ合衆国の銀行家
  • 1944年 - 久米宏、アナウンサー、キャスター
  • 1945年 - 大澤孝征、弁護士
  • 1946年 - 藤井健、歌手
  • 1947年 - ダニー・ウォルトン、プロ野球選手(+ 2017年)
  • 1947年 - 島津ゆたか、歌手
  • 1947年 - スティーブ・ストーン、メジャーリーガー
  • 1951年 - ウィリー・ウィリアムス、元空手家
  • 1952年 - 水谷豊、俳優
  • 1952年 - 松崎泰治、プロ野球選手
  • 1953年 - 岡田克也、政治家
  • 1953年 - ドロテ、歌手、女優、テレビ司会者
  • 1954年 - あいはら友子、女優、株式研究家、画家
  • 1954年 - 旭堂南左衛門、講談師
  • 1955年 - 扇一平、文化放送アナウンサー
  • 1957年 - 外園正、プロ野球選手
  • 1961年 - 斉藤慶子、女優
  • 1962年 - 菅原正志、声優
  • 1963年 - 西川佳明、プロ野球選手
  • 1963年 - 宮澤ミシェル、サッカー選手、サッカー指導者・解説者
  • 1964年 - 椎名桔平、俳優
  • 1964年 - 新谷博、プロ野球選手
  • 1965年 - 松本孝美、モデル
  • 1966年 - 下長智子、卓球選手
  • 1966年 - タニヤ・ドネリー、シンガーソングライター
  • 1966年 - 平石和男、競艇選手
  • 1966年 - 藤咲あゆな、ジュニアノベル作家、アニメ脚本家
  • 1966年 - マシュー・フォックス、俳優
  • 1966年 - マット・ヒューム、総合格闘家
  • 1966年 - ラルフ・ウォルドマン、オートバイレーサー
  • 1967年 - 倉持陽一、ミュージシャン
  • 1967年 - 清水一哉、俳優
  • 1967年 - ロビン・ベンチュラ、プロ野球選手
  • 1967年 - 渡辺政仁、プロ野球選手
  • 1968年 - 佐藤弘道、タレント
  • 1968年 - デリック・メイ、プロ野球選手
  • 1968年 - 小島光顕、サッカー選手、指導者
  • 1969年 - 桜庭和志、総合格闘家
  • 1969年 - 吉倉拓児、実業家
  • 1970年 - ナタリヤ・ミシュクテノク、フィギュアスケート選手
  • 1972年 - 鈴木真仁、声優
  • 1972年 - 谷口けい、女性登山家(+ 2015年)
  • 1974年 - 羽生未来、女優(+ 2005年)
  • 1975年 - ティム・ハドソン、メジャーリーガー
  • 1975年 - 塚本洋、中日ドラゴンズトレーニングコーチ
  • 1976年 - 福本誠、プロ野球選手
  • 1977年 - ヴィクトリア、スウェーデン王太子
  • 1979年 - 本谷有希子、演出家
  • 1979年 - 辻俊哉、プロ野球選手
  • 1979年 - セルゲイ・イグナシェヴィッチ、サッカー選手
  • 1979年 - ロビン・ゾルコーヴィ、フィギュアスケート選手
  • 1980年 - 小山良男、プロ野球選手
  • 1980年 - クサノプチコン、ブレイクコアミュージシャン
  • 1981年 - YOMI、ミュージシャン(ナイトメアのボーカル)
  • 1981年 - 古谷拓哉、プロ野球選手
  • 1982年 - 三好ジェームス、アナウンサー
  • 1982年 - Mariko、チェリスト(Vanilla Mood)
  • 1982年 - エンリケ・ゴンザレス、プロ野球選手
  • 1983年 - 重原佐千子、フリーキャスター、電卓競技大会日本一
  • 1983年 - アレクサンドル・シュービン、フィギュアスケート選手
  • 1983年 - 琴弥山幸基、大相撲力士
  • 1984年 - サミール・ハンダノヴィッチ、サッカー選手
  • 1985年 - ハビエル・ドミンゲス、元マイナーリーガー
  • 1986年 - 熊谷ちか、グラビアアイドル
  • 1987年 - 山室公志郎、プロ野球選手
  • 1988年 - ジェームズ・ヴォーン、サッカー選手
  • 1988年 - 西田あい、歌手
  • 1988年 - リース・ウィリアムズ、サッカー選手
  • 1988年 - グラシエル・ジーン・タン、フィギュアスケート選手
  • 1989年 - メーガン・オスター、フィギュアスケート選手
  • 1989年 - 飛翔富士廣樹、大相撲力士
  • 1991年 - 魚住有希、LoVendoЯ、ロックバンド、ギターリスト
  • 1993年 - 中川義貴、元サッカー選手
  • 1993年 - 山本彩、アイドル(NMB48)
  • 1994年 - ルーカス・ジオリト、メジャーリーガー
  • 1995年 - 林愛夏、歌手・アイドル(ベイビーレイズ)
  • 1997年 - 垣田裕暉、 サッカー選手
  • 生年不明 - 夢眠ねむ、アイドル(でんぱ組.inc)
  • 2001年 - 久保史緒里、アイドル(乃木坂46)
  • 2003年 - 藤本哉汰、俳優

忌日

  • 664年 - カンタベリーのデウスデディトゥス、カンタベリー大司教
  • 809年(大同4年5月28日)- 大伴弟麻呂、公卿、史上初の征夷大将軍(* 731年?)
  • 1223年 - フィリップ2世、フランス王(* 1165年)
  • 1242年(仁治3年6月15日)- 北条泰時、第3代鎌倉幕府執権(* 1183年)
  • 1353年(正平8年/文和2年6月13日)- 佐々木秀綱、室町時代の武将
  • 1486年 - マーガレット、スコットランド王ジェームズ3世の妃(* 1456年)
  • 1638年(寛永15年6月3日)- 高松宮好仁親王、江戸時代の皇族(* 1603年)
  • 1704年 - ソフィア・アレクセーエヴナ、モスクワ大公国摂政(* 1657年)
  • 1711年 - ヨハン・ウィレム・フリーゾ、オラニエ公(* 1687年)
  • 1714年(正徳4年6月3日)- 瑤泉院、赤穂藩主浅野長矩の正室(* 1674年)
  • 1770年(明和7年6月22日)- 京極宮公仁親王、江戸時代の皇族(* 1733年)
  • 1775年(安永4年6月17日)- 黒田継高、第6代福岡藩主(* 1703年)
  • 1777年(安永6年6月10日)- 加藤美樹、国学者、歌人(* 1721年)
  • 1793年 - ジャック・カトリノー、ヴァンデの反乱の指導者(* 1759年)
  • 1794年 - ジャン・フレデリック・エデルマン、作曲家(* 1749年)
  • 1817年 - スタール夫人、評論家(* 1766年)
  • 1824年 - カメハメハ2世、ハワイ王(* 1797年)
  • 1827年 - オーギュスタン・ジャン・フレネル、物理学者(* 1788年)
  • 1879年 - ヨハン・カール・ローゼンクランツ、哲学者(* 1805年)
  • 1881年 - ビリー・ザ・キッド、西部開拓時代のガンマン、アウトロー(* 1859年)
  • 1904年 - ポール・クリューガー、トランスヴァール共和国大統領(* 1825年)
  • 1907年 - ウィリアム・パーキン、化学者(* 1838年)
  • 1910年 - マリウス・プティパ、バレエダンサー、振付師(* 1818年)
  • 1927年 - フリッツ・ホフマン、陸上競技選手(* 1871年)
  • 1933年 - レーモン・ルーセル、小説家、詩人(* 1877年)
  • 1939年 - アルフォンス・ミュシャ、グラフィックデザイナー(* 1860年)
  • 1950年 - 三淵忠彦、初代最高裁判所長官(* 1880年)
  • 1953年 - リヒャルト・フォン・ミーゼス、工学者(* 1883年)
  • 1954年 - ハシント・ベナベンテ、劇作家(* 1886年)
  • 1958年 - 吉阪俊蔵、内務官僚(* 1889年)
  • 1958年 - ファイサル2世、イラク王(* 1935年)
  • 1960年 - モーリス・ド・ブロイ、物理学者(* 1875年)
  • 1963年 - 宇井伯寿、曹洞宗の僧侶、仏教学者(* 1882年)
  • 1965年 - アドレー・スティーブンソン、イリノイ州知事・アメリカ合衆国国際連合大使(* 1900年)
  • 1969年 - 坂本繁二郎、画家(* 1882年)
  • 1969年 - 富永次郎、美術評論家(* 1909年)
  • 1972年 - 東門明、野球選手(* 1952年)
  • 1974年 - カール・スパーツ、アメリカ空軍大将(* 1891年)
  • 1974年 - 琴錦登、大相撲の力士(* 1922年)
  • 1977年 - 松山崇、美術監督(* 1908年)
  • 1978年 - マリヤ・グリンベルク、ピアニスト(* 1908年)
  • 1980年 - 南洋一郎、作家、冒険小説家(* 1893年)
  • 1986年 - レイモンド・ローウィ、インダストリアルデザイナー(* 1893年)
  • 1988年 - 末広恭雄、水産学者、随筆家(* 1904年)
  • 1990年 - 須田剋太、画家(* 1906年)
  • 1994年 - 岡原昌男、第8代最高裁判所長官(* 1909年)
  • 1994年 - 森部静武、ヴァイオリニスト(* 1906年)
  • 1996年 - ジェフ・クロスノフ、レーシングドライバー(* 1964年)
  • 1996年 - 君島一郎、服飾デザイナー(* 1929年)
  • 1998年 - グエン・ゴク・ロアン、南ベトナム警察庁長官(* 1931年)
  • 1999年 - 山花貞夫、第12代日本社会党委員長(* 1936年)
  • 2000年 - マーク・オリファント、物理学者(* 1901年)
  • 2000年 - 浜田輝男、実業家、北海道国際航空(現・AIRDO)創業者(* 1941年)
  • 2001年 - 石川利光、小説家(* 1914年)
  • 2002年 - ホアキン・バラゲール、ドミニカ共和国第39・45・49代大統領(* 1906年)
  • 2002年 - 三井理峯、政治運動家(* 1911年)
  • 2005年 - 大沢清、プロ野球選手(* 1916年)
  • 2005年 - シシリー・ソンダース、医師、作家(* 1918年)
  • 2007年 - 広沢直樹、公明党衆議院議員(* 1931年)
  • 2007年 - 谷川明美、アナウンサー(* 1966年)
  • 2007年 - 遠藤俊介、写真家(* 1977年)
  • 2008年 - 大野晋、国語学者、学習院大学名誉教授(* 1919年)
  • 2010年 - 水鳥鐵夫、声優(* 1938年)
  • 2013年 - 高橋伸夫、地理学者、筑波大学名誉教授(* 1939年)
  • 2014年 - 深田祐介、作家(* 1931年)
  • 2014年 - 古家武夫、プロ野球選手(* 1921年)
  • 2015年 - 堀場雅夫、実業家、堀場製作所創業者(* 1924年)
  • 2015年 - 高橋一三、元プロ野球選手(* 1946年)
  • 2015年 - 福田紀一、小説家、元大阪工業大学教授(* 1930年)
  • 2016年 - エステルハージ・ペーテル、小説家(* 1950年)

スピーチ作成 - テーマ「パリ祭」

自分が初めてテーマを知った/経験した時のエピソード。
テーマについて自分はどう思うか/思ったか。
言葉/行動/影響について自分はどう思うか。
今後自分はどうしたいと思うか。

スピーチ出力 - 07-14_パリ祭.txt

想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。
日付からスピーチを作る
12月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
1月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
2月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29
3月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
4月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
5月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
6月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
7月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
8月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
9月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
10月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
11月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30

参考になる本

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法
 会議・朝礼・電話でも、接客・商談・会合でも、面接・結婚式のスピーチでも、デート・合コン・保護者会でも。
 こんなふうに話せば「あがり」にさようなら! 予約半年待ち! 超人気講師が教える“緊張しないコツ。
¥ 1,210
超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48
 本書では、人前では話すことが苦手な人でもすぐ実行でき、たちまち効果を実感できる「あがらずに話せる正しい方法」を48個紹介しています。
 スピーチ・朝礼・会議・面接でドキドキしない!商談・プレゼン・営業が面白いほど成功する!人前で話すのが苦手な人でも大丈夫!あがらずに話せる超シンプルなテクニックを大公開!
¥ 1,296
朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100 話しベタなあなたに贈る
 他人の興味を引く「鉄板ネタ」さえ持っていれば、誰でも「人前で話すこと」が怖くなくなります。
 聞き手が具体的にイメージしやすいようにスポーツ選手や芸能人など、著名人のエピソードもたくさん織り込んだ「鉄板ネタ」を100個集めました。
¥ 1,620
恥をかかないスピーチ力
 新年度に自己紹介をしたり、結婚式やちょっとした集まりで人前で話したりする機会は意外と多い。そんな時に役立つ、スピーチやコメントのコツ、心構え。
 恥をかかないレベルから「なかなかうまいな」と思われるレベルまで、どうステップアップするか。
 「時間感覚」「身体感覚」の重要性、始まり方と終わり方、小ネタの集め方、シーン別のコツやNGポイントまで、人前で話す時にはこれさえあれば大丈夫!
¥ 702
心に届く話し方 65のルール
 本書は、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説した、話し方の基礎技術の本です。
 「本質的に内容が相手にきちんと伝わる」ことを目的とし、「そのための具体的かつ自然な音声表現のディテール」まで迫った本です。
¥ 1,361
カーネギー話し方入門 文庫版
 あのウォーレン・バフェットも受講したというデール・カーネギーの話し方講座のエッセンスをまとめた本。
 カーネギーといえば、大ベストセラーとなった『人を動かす』があまりに有名だが、本書の原著も100万部を突破したベストセラーとして、アメリカでは広く知られている。
¥ 650