365日のネタ・スピーチ例は、1年分(365日分)のネタと、朝礼などのスピーチの作例や作り方を、まとめたサイトです。 >> 使い方を読む

8月27日「男はつらいよの日」


 8月27日は「男はつらいよの日」です。1969年8月27日に『男はつらいよ』シリーズの第1作が公開されたことに由来しています。

 「男はつらいよ」と言えば香具師(やし)ですが、子供の頃、お祭りで商店街に来ていた、十徳ナイフ売りの口上がよくて、十徳ナイフを買った経験があります。

 そのナイフは、けっこうお気に入りで、学生時代の間、ずっと利用していました。

 『男はつらいよ』は、最初、東映「ヤクザ映画」のパロディとして企画されました。全48作あり、第3作、第4作を除く46作を山田洋次が監督しています。第5作で山田洋次が再び監督し、シリーズを完結させる予定でしたが、あまりのヒットに続編の製作が決定したそうです。

 パロディとして企画された映画が、国民的なヒット作になったわけです。スタートがどうであれ、きっちりと作った結果、人々はその映画を愛したわけです。

 切っ掛けがどうであれ、自分の仕事によって人々を引きつける。そうした仕事ができればよいなと思います。

スピーチ作例 8月27日1
文字数:436文字   想定時間:127
想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。

引用・参考URL

このページの引用・参考URL。

記念日・年中行事

  • 独立記念日(モルドバ)
    1991年のこの日、モルドバがソビエト連邦から独立。
  • リンドン・ベインズ・ジョンソンの日(アメリカ合衆国 テキサス州)
    テキサス州出身の第36代アメリカ合衆国大統領リンドン・ジョンソンの1908年の誕生日を記念した州の祝日。
  • 男はつらいよの日(日本)
    1969年8月27日に『男はつらいよ』シリーズの第1作が公開されたことに由来。

歴史

  • 紀元前479年 - ペルシャ戦争: プラタイアの戦い。
  • 1232年(貞永元年8月10日)- 北条泰時が御成敗式目を制定。
  • 1335年(建武2年8月9日)- 足利尊氏が北条時行を討つための征東将軍に任ぜられ、鎌倉へ出発。
  • 1597年(慶長2年7月15日)- 慶長の役・漆川梁海戦: 日本水軍が朝鮮水軍を撃滅する。
  • 1758年(宝暦8年7月24日)- 宝暦事件。神道学者・竹内式部が公家に尊皇思想を教えたために逮捕される。
  • 1776年 - アメリカ独立戦争: ロングアイランドの戦いの本格的な戦闘が始まる。
  • 1791年 - 神聖ローマ皇帝レオポルト2世とプロイセン王フリードリヒ・ヴィルヘルム2世がピルニッツ宣言を発する。
  • 1883年 - オランダ領東インド(現インドネシア)のクラカタウ島が大噴火。島の2/3がこの時に消失したばかりか火砕流や津波が周辺海域にまで及び、36,417名の死者を出す。
  • 1889年 - 東武鉄道初の路線・久喜 - 北千住(現 伊勢崎線)が開業。
  • 1896年 - イギリス・ザンジバル戦争。大英帝国がザンジバル・スルタン国を破る。40分間で終結した世界最短の戦争。
  • 1916年 - 第一次世界大戦: ルーマニアがオーストリア=ハンガリー帝国に宣戦布告。
  • 1928年 - 不戦条約(ケロッグ・ブリアン協定)が結ばれる。
  • 1939年 - ハインケル社(ドイツ)のHe178が世界初のジェット飛行に成功。
  • 1945年 - 第二次世界大戦・ソ連対日参戦: 敦化事件
  • 1949年 - GHQが、カール・シャウプを団長とするシャウプ使節団が提出したシャウプ勧告を発表。
  • 1954年 - 日本短波放送(ラジオたんぱ、現・日経ラジオ社)が開局。
  • 1957年 - 茨城県東海村の原子力研究所で日本初の原子炉JRR-1が臨界に達する。
  • 1957年 - イギリスでルイス・マウントバッテンの乗るヨットがIRA暫定派の仕掛けた爆弾により爆破される。
  • 1962年 - アメリカの金星探査機マリナー2号が打ち上げ。
  • 1969年 - 映画『男はつらいよ』シリーズ第1作『男はつらいよ』(山田洋次監督・渥美清主演)が公開。
  • 1980年 - 全斗煥が第11代韓国大統領に就任。
  • 1986年 - 梅田事件の再審で釧路地裁が無罪判決。
  • 1986年 - 東京都の清流復活事業により玉川上水に21年ぶりに通水。
  • 1991年 - モルドバがソビエト連邦からの独立を宣言。
  • 1991年 - 欧州共同体がバルト三国(エストニア・ラトビア・リトアニア)の独立を承認。
  • 1992年 - 金丸信自由民主党副総裁が東京佐川急便から5億円を受け取ったとして副総裁職を辞任。
  • 2002年 - ソニーがベータマックスの生産終了を発表。
  • 2006年 - コムエアー5191便墜落事故。ケンタッキー州で、レキシントン発アトランタ行き米コムエアー旅客機が離陸直後に墜落。
  • 2007年 - 第1次安倍内閣(改造)が発足。
  • 2017年 - グラスゴーで開催された2017年世界バドミントン選手権大会で、奥原希望が日本人初の世界選手権女子シングル制覇。

誕生日

  • 1407年(応永14年7月24日)- 足利義量、室町幕府第5代将軍(+ 1425年)
  • 1770年 - ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル、哲学者(+ 1831年)
  • 1856年 - イヴァン・フランコー、詩人、作家(+ 1916年)
  • 1858年 - ジュゼッペ・ペアノ、数学者(+ 1932年)
  • 1865年 - チャールズ・ゲーツ・ドーズ、第30代アメリカ合衆国副大統領(+ 1951年)
  • 1869年 - カール・ハウスホーファー、地政学者(+ 1946年)
  • 1871年 - セオドア・ドライサー、小説家(+ 1945年)
  • 1874年 - カール・ボッシュ、化学者、工学者(+ 1940年)
  • 1877年 - チャールズ・ロールズ、ロールス・ロイス共同創業者(+ 1910年)
  • 1886年 - レベッカ・クラーク、ヴィオラ奏者(+ 1979年)
  • 1890年 - マン・レイ、画家、彫刻家、写真家(+ 1976年)
  • 1896年 - 宮沢賢治、詩人(+ 1933年)
  • 1908年 - リンドン・B・ジョンソン、第36代アメリカ合衆国大統領(+ 1973年)
  • 1908年 - ドナルド・ブラッドマン、クリケット選手(+ 2001年)
  • 1909年 - レスター・ヤング、ジャズサクソフォーン奏者(+ 1959年)
  • 1921年 - 荒木正、プロ野球選手
  • 1922年 - 宇野宗佑、第75代内閣総理大臣(+ 1998年)
  • 1925年 - 丸谷才一、小説家、英文学者(+ 2012年)
  • 1926年 - 山岡久乃、女優(+ 1999年)
  • 1926年 - クリステン・ニゴール、数学者、政治家(+ 2002年)
  • 1929年 - アイラ・レヴィン、小説家(+ 2007年)
  • 1934年 - 大月ウルフ、俳優
  • 1936年 - 連戦、中国国民党主席
  • 1936年 - 広瀬叔功、元プロ野球選手
  • 1939年 - 鴨田勝雄、アマチュア野球指導者(+ 2002年)
  • 1941年 - 江崎勝久、実業家
  • 1941年 - 藤竜也、俳優
  • 1942年 - 佐藤次高、歴史学者(+ 2011年)
  • 1943年 - ヴォルフガング・ノルトウイック、陸上競技選手
  • 1945年 - 田中達彦、プロ野球選手
  • 1946年 - 柴宜弘、歴史家
  • 1947年 - 田中星児、歌手(『おかあさんといっしょ』初代うたのおにいさん)
  • 1950年 - 池沢早人師、漫画家
  • 1951年 - 生田啓一、元プロ野球選手
  • 1951年 - 佐野仙好、元プロ野球選手
  • 1951年 - 富倉安生、ベーシスト(元トランザム)
  • 1951年 - 螢雪次朗、俳優
  • 1951年 - バディ・ベル、メジャーリーガー
  • 1952年 - マイク・エドワーズ、元プロ野球選手
  • 1953年 - 坂本東一、ばんえい競走元騎手、調教師
  • 1954年 - 早坂直家、俳優
  • 1955年 - 真渕勝、政治学者
  • 1957年 - ベルンハルト・ランガー、ゴルファー
  • 1957年 - 長井健司、映像ジャーナリスト(+ 2007年)
  • 1959年 - ゲルハルト・ベルガー、元F1レーサー
  • 1959年 - 渡部絵美、元フィギュアスケート選手、タレント
  • 1959年 - 田中毅彦、元プロ野球選手
  • 1959年 - ブライアン・ポッカー、フィギュアスケート選手(+ 1992年)
  • 1960年 - 黒原祐二、元プロ野球選手
  • 1962年 - トム・フォード、ファッションデザイナー
  • 1962年 - 西田実仁、政治家
  • 1963年 - 金村義明、元プロ野球選手、野球解説者
  • 1963年 - 伊藤洋介、歌手
  • 1964年 - 則竹裕之、ドラマー
  • 1965年 - 津田寛治、俳優
  • 1965年 - 鳴海剛、俳優
  • 1965年 - 吉松孝博、アニメーター、キャラクターデザイナー
  • 1966年 - 内池秀和、作曲家
  • 1967年 - イーゴリ・ドブロヴォリスキー、元サッカー選手
  • 1968年 - 八尋史朗、プロボクサー
  • 1969年 - 浅田信一、シンガーソングライター(元SMILE)
  • 1969年 - 桂三度(世界のナベアツ、渡辺鐘)、お笑いタレント、構成作家
  • 1969年 - シーザー・ミラン、ドッグトレーナー
  • 1970年 - ジム・トーミ、元メジャーリーガー
  • 1970年 - 成田真由美、パラリンピック水泳選手
  • 1970年 - 戸羽隆、プロ野球選手
  • 1971年 - 小原義之、騎手
  • 1972年 - 渡部高史、元プロ野球選手
  • 1973年 - 井上亘、新日本プロレス
  • 1973年 - 岡山哲也、プロサッカー選手
  • 1974年 - 後藤光貴、プロ野球選手、スカウト
  • 1974年 - 坂本保、野球選手
  • 1975年 - 久保利明、将棋棋士
  • 1975年 - 高井俊彦、お笑いタレント(ランディーズ)
  • 1975年 - ビョーン・イエロッテ、ヘヴィメタルミュージシャン(イン・フレイムス)
  • 1975年 - 安藤匡史、俳優
  • 1976年 - 渡辺俊介、プロ野球選手
  • 1976年 - マーク・ウェバー、F1レーサー
  • 1976年 - 井場友和、元プロ野球選手
  • 1977年 - 田中聡、元プロ野球選手
  • 1977年 - ジャスティン・ミラー、メジャーリーガー(+ 2013年)
  • 1977年 - デコ、サッカー選手
  • 1979年 - 大塚雄三、ミュージシャン(CHARCOAL FILTER)
  • 1979年 - 柳沢将之、サッカー選手
  • 1979年 - 田亮、飛込競技選手
  • 1980年 - パトリック・ワーティー、バスケットボール選手
  • 1981年 - 南和彰、プロ野球選手
  • 1981年 - マクスウェル、サッカー選手
  • 1981年 - ジュリアン、ファッションモデル
  • 1981年 - 松沢蓮、俳優
  • 1981年 - 重政豊、お笑いタレント
  • 1982年 - 大柴広己、シンガーソングライター
  • 1982年 - 山下穂尊、ミュージシャン(いきものがかり)
  • 1982年 - 手島優、グラビアモデル
  • 1985年 - 浅津ゆうこ、バレーボール選手
  • 1985年 - 黒宮ニイナ、タレント
  • 1986年 - 金城宰之左、プロ野球選手
  • 1987年 - ブレット・ボウチー、メジャーリーガー
  • 1987年 - 楠神順平、サッカー選手
  • 1988年 - ジョンジョリーナ・アリー、歌手
  • 1988年 - A.J.アクター、メジャーリーガー
  • 1988年 - 安村直樹、アナウンサー
  • 1990年 - トリ・ボウイ、陸上競技選手
  • 1991年 - 大高力也、俳優
  • 1992年 - 剛力彩芽、ファッションモデル、女優
  • 1992年 - 松村沙友理、アイドル、ファッションモデル(乃木坂46メンバー、CanCam専属モデル)
  • 1992年 - 柿田裕太、プロ野球選手
  • 1992年 - 田中貴也、プロ野球選手
  • 1993年 - ザラ・ヘッケン、フィギュアスケート
  • 1995年 - 大久保祥太郎、俳優
  • 2000年 - 濱田龍臣、俳優

忌日

  • 1394年(応永元年8月1日)- 長慶天皇、日本の第98代天皇(* 1343年)
  • 1521年 - ジョスカン・デ・プレ、作曲家(* 1450年頃)
  • 1522年 - ジョヴァンニ・アントニオ・アマデーオ、建築家、彫刻家(* 1447年)
  • 1572年 - クロード・グディメル、作曲家(* 1510年頃)
  • 1576年 - ティツィアーノ・ヴェチェッリオ、画家(* 1490年頃)
  • 1590年 - シクストゥス5世、第227代ローマ教皇(* 1520年)
  • 1635年 - ロペ・デ・ベガ、劇作家(* 1562年)
  • 1664年 - フランシスコ・デ・スルバラン、画家(* 1598年)
  • 1676年 - ジョアン・セレロールス、作曲家、ベネディクト会修道士(* 1618年)
  • 1727年 - アールト・デ・ヘルデル、画家(* 1645年)
  • 1851年 - フェルディナント・ゲオルク・フォン・ザクセン=コーブルク=ザールフェルト=コハーリ、ザクセン=コーブルク=ゴータ公子(* 1785年)
  • 1863年(文久3年7月14日)- 会沢正志斎、儒学者(* 1782年)
  • 1876年 - ウジェーヌ・フロマンタン、小説家、画家(* 1820年)
  • 1879年 - ローランド・ヒル、イギリスの郵便制度改革者、郵政相(* 1795年)
  • 1914年 - オイゲン・フォン・ベーム=バヴェルク、経済学者(* 1851年)
  • 1931年 - フランク・ハリス、小説家(* 1856年)
  • 1935年 - フリードリッヒ・オットー・ショット、化学者、ショットAG創業者(* 1856年)
  • 1937年 - 第2代ロスチャイルド男爵ウォルター・ロスチャイルド、動物学者(* 1868年)
  • 1944年 - マファルダ・ディ・サヴォイア、ヘッセン=カッセル方伯フィリップの妻(* 1902年)
  • 1949年 - 上村松園、日本画家(* 1875年)
  • 1953年 - ニコライ・ベレゾフスキー、ヴァイオリニスト・作曲家(* 1900年)
  • 1958年 - アーネスト・ローレンス、物理学者(* 1901年)
  • 1963年 - W・E・B・デュボイス、公民権運動指導者(* 1868年)
  • 1965年 - ル・コルビュジエ、建築家(* 1887年)
  • 1967年 - ブライアン・エプスタイン、ザ・ビートルズのマネージャー(* 1934年)
  • 1971年 - マーガレット・バーク=ホワイト、報道写真家(* 1904年)
  • 1975年 - ハイレ・セラシエ1世、エチオピア皇帝(* 1892年)
  • 1979年 - ルイス・マウントバッテン、イギリス海軍元帥、インド総督(* 1900年)
  • 1983年 - 野津謙、サッカー選手、指導者(* 1899年)
  • 1990年 - スティーヴィー・レイ・ヴォーン、ブルースギタリスト、歌手(* 1954年)
  • 1996年 - 小林昭二、俳優(* 1930年)
  • 1999年 - エルデル・カマラ、カトリック教会の大司教(* 1909年)
  • 2005年 - 楠部大吉郎、アニメーター(* 1934年)
  • 2005年 - 早川謙之輔、木工家(* 1938年)
  • 2008年 - 永田雅宜、数学者(* 1927年)
  • 2009年 - セルゲイ・ミハルコフ、小説家(* 1913年)
  • 2009年 - ショータ・チョチョシビリ、柔道家、格闘家(* 1950年)
  • 2010年 - アントン・ヘーシンク、オランダ出身の柔道家、プロレスラー(* 1934年)
  • 2011年 - タン・ロン、大韓民国出身の映画俳優(* 1957年)
  • 2012年 - 横森良造、アコーディオン奏者(* 1933年)
  • 2016年 - 松山善三、映画監督、脚本家(* 1925年)
  • 2017年 - 荒木恒竹、アナウンサー(* 1960年)

スピーチ作成 - テーマ「男はつらいよの日」

自分が初めてテーマを知った/経験した時のエピソード。
テーマについて自分はどう思うか/思ったか。
言葉/行動/影響について自分はどう思うか。
今後自分はどうしたいと思うか。

スピーチ出力 - 08-27_男はつらいよの日.txt

想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。
日付からスピーチを作る
12月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
1月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
2月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29
3月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
4月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
5月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
6月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
7月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
8月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
9月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
10月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
11月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30

参考になる本

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法
 会議・朝礼・電話でも、接客・商談・会合でも、面接・結婚式のスピーチでも、デート・合コン・保護者会でも。
 こんなふうに話せば「あがり」にさようなら! 予約半年待ち! 超人気講師が教える“緊張しないコツ。
¥ 1,210
超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48
 本書では、人前では話すことが苦手な人でもすぐ実行でき、たちまち効果を実感できる「あがらずに話せる正しい方法」を48個紹介しています。
 スピーチ・朝礼・会議・面接でドキドキしない!商談・プレゼン・営業が面白いほど成功する!人前で話すのが苦手な人でも大丈夫!あがらずに話せる超シンプルなテクニックを大公開!
¥ 1,296
朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100 話しベタなあなたに贈る
 他人の興味を引く「鉄板ネタ」さえ持っていれば、誰でも「人前で話すこと」が怖くなくなります。
 聞き手が具体的にイメージしやすいようにスポーツ選手や芸能人など、著名人のエピソードもたくさん織り込んだ「鉄板ネタ」を100個集めました。
¥ 1,620
恥をかかないスピーチ力
 新年度に自己紹介をしたり、結婚式やちょっとした集まりで人前で話したりする機会は意外と多い。そんな時に役立つ、スピーチやコメントのコツ、心構え。
 恥をかかないレベルから「なかなかうまいな」と思われるレベルまで、どうステップアップするか。
 「時間感覚」「身体感覚」の重要性、始まり方と終わり方、小ネタの集め方、シーン別のコツやNGポイントまで、人前で話す時にはこれさえあれば大丈夫!
¥ 702
心に届く話し方 65のルール
 本書は、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説した、話し方の基礎技術の本です。
 「本質的に内容が相手にきちんと伝わる」ことを目的とし、「そのための具体的かつ自然な音声表現のディテール」まで迫った本です。
¥ 1,361
カーネギー話し方入門 文庫版
 あのウォーレン・バフェットも受講したというデール・カーネギーの話し方講座のエッセンスをまとめた本。
 カーネギーといえば、大ベストセラーとなった『人を動かす』があまりに有名だが、本書の原著も100万部を突破したベストセラーとして、アメリカでは広く知られている。
¥ 650