365日のネタ・スピーチ例は、1年分(365日分)のネタと、朝礼などのスピーチの作例や作り方を、まとめたサイトです。 >> 使い方を読む

12月16日「電話創業の日」


 12月16日は「電話創業の日」です。1890年(明治23年)のこの日に、東京市内と横浜市内の間で日本初の電話が開通したことに由来しています。
 1878年(明治11年)、工部省ではベルの電話機を輸入して、通話実験をおこないました。その後、1887年(明治20)年、イギリスからガワーベル電話機が輸入され、創業前の電話機選定試用に終止符が打たれました。
 1889年(明治22年)、初の一般公衆通話となる東京-熱海間で行われた長距離通話実験の好結果を受け、1890年(明治23年)12月16日の電話創業時にガワーベル電話機は採用され、わが国最初の実用機として1896年(明治29年)までの6年にわたり活躍しました。


 私が子供の頃に家にあった電話機は、いわゆる黒電話と呼ばれているものです。この電話機は600形自動式卓上電話機というのが正式名称のようです。

 当時はかなり重い物という印象でしたが、今家にある電話はコードレスでとても軽いです。同じように使っていますが、当時とは仕組みがまるで違うものになっています。

 電話機の歴史は、改良の歴史でもあります。1896年(明治29年)には、より高感度のデルビル磁石式壁掛電話機が採用されます。翌年には、デルビル磁石式甲号および乙号卓上電話機が登場します。1899年(明治32年)には、東京-大阪間の長距離電話回線の完成により、長距離通話用としてソリッドバック電話機が採用されます。
 1903年(明治36年)には、利用者が受話器をとるだけで局を呼び出せる、グースネック共電式壁掛電話機が採用されます。1909年(明治42年)には、国産化した最初の共電式電話機である2号共電式壁掛電話機が採用されます。
 そして、関東大震災以後の復旧を機会に、限界にきていた手動交換方式を、自動交換方式の導入によって解決します。1926年(大正15年)に、初めて東京と横浜に自動交換局が設けられます。そして、1927年(昭和2年)に、2号自動式卓上電話機が登場します。


 技術の改良は、既存の装置の置き換えの歴史でもあります。普及とともに、互換性を考慮しながら、新しいものに変えていくのは、なかなか大変なことです。

 よりよいサービスのために、以前のものを置き換えていく。そうした仕事ができればと思います。

スピーチ作例 12月16日1
文字数:973文字   想定時間:314
想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。

その他の情報

 1962年に登場した600形自動式卓上電話機は、通話性能と経済性の上で、完成された電話機といわれています。この電話機は、1963年から全面的な導入が図られ、1971年からは、ホワイト、グレー、グリーン3色によるカラー化も始められました。
 1969年には、プッシュホンが登場します。この時代には、コンピュータと連結できる電話機として、通話以外の機能を持つ新しい電話機プッシュホンが誕生しました。
 この電話機には、短縮ダイヤルなど従来の電話機のイメージを変える機能が搭載されました。また、1972年9月からは、従来のグレーに、ホワイト、グリーン、レッドを加えて4色となりました。
 1985年には、本電話機が自由化され、自分の好みの電話機を選べるようになり、さまざまな形や機能を持った電話機が登場しました。この時期には、留守番電話機能を備えた電話機が登場しました。
 1988年5月には、初のコードレスホンが登場しました。レンタル商品としてのみ提供されたコードレスホンは、1987年10月の電波法改正で自由化されたことから、販売可能になりました。
 日本初のコードレスホン「ハウディ・コードレスホンパッセ」の通話可能範囲は、見通し距離で接続装置から半径100メートル程度、フル充電で連続4時間程度通話可能でした。
 携帯電話については、1979年に自動車電話開始、1985年にショルダーホン開始、1987年に携帯電話開始、1995年にPHS開始となっています。

記念日・年中行事

  • 和解の日(Day of Reconciliation)(南アフリカ共和国)
    1994年にアパルトヘイトが廃止されたことを記念して制定。1993年までは、1838年のこの日にブラッドリバーの戦いで白人(ブール人)がズールー王国に勝利したことを記念した誓いの日であったが、アパルトヘイト廃止に伴い、その日を「白人と有色人種の和解の日」とした。
  • 独立記念日(カザフスタン)
    1991年のこの日、カザフスタンがソビエト連邦から独立した。
  • ナショナルデー(バーレーン)
    1971年のこの日、バーレーンがイギリスの保護国から独立した。
  • 戦勝記念日(バングラデシュ・ インド)
    1971年のこの日、第三次印パ戦争でパキスタン軍が降伏し戦争が終結、パキスタンがバングラデシュの独立を承認したことを記念。
  • 電話創業の日(日本)
    1890年(明治23年)12月16日に、東京市内と横浜市内の間で日本初の電話が開通したことに由来。
  • 紙の記念日(日本)
    1875年のこの日、東京・王子の抄紙会社(後の王子製紙)の工場で営業運転が開始されたことに由来。

歴史

  • 755年(天宝14年11月9日)- 安禄山が史思明らと相謀り、宰相・楊国忠(楊貴妃の従兄)の打倒と政治体制の粛正を訴えて幽州にて挙兵。(安史の乱の勃発)
  • 1477年(文明9年11月11日)- 大内政弘が周防国に撤兵し、応仁の乱が事実上終結する。
  • 1575年 - チリ南部のバルディビア沖でマグニチュード8.8の地震発生。(バルディビア地震)
  • 1598年(慶長3年11月18日・万暦26年11月19日)- 慶長の役: 露梁海戦
  • 1653年 - イングランド共和国で護国卿の制度が制定され、オリバー・クロムウェルが就任。
  • 1689年 - イギリスで権利の章典が制定。
  • 1707年(宝永4年11月23日)- 富士山が噴火し、宝永山が出現する。
  • 1773年 - マサチューセッツ植民地・ボストンで、イギリス本国の政策に反発した現地植民地人が港に停泊中のイギリス船を襲撃しイギリス東インド会社の船荷の紅茶箱を海に投棄。(ボストン茶会事件)
  • 1793年 - フランス革命戦争: トゥーロン攻囲戦で砲兵中尉のナポレオンらがトゥーロンへの一斉攻撃を開始。
  • 1809年 - フランス皇帝ナポレオン1世が、子供が生まれないことを理由にジョゼフィーヌと離婚。
  • 1811年 - ニューマドリッド地震、マグニチュード7.5前後の地震が2回発生。翌年1月23、2月7日にもほぼ同規模の地震が発生した。
  • 1890年 - 東京 - 横浜で日本初の電話交換業務を開始。
  • 1893年 - ドヴォルザークの交響曲第9番『新世界より』が初演。
  • 1909年 - 国鉄、東京都内で電車の運転を開始。
  • 1929年 - 東京駅の八重洲口が開業。
  • 1932年 - 東京日本橋の白木屋百貨店で火災。(白木屋大火)
  • 1936年 - 柴犬が天然記念物に指定。
  • 1941年 - 戦艦大和竣工。
  • 1944年 - 第二次世界大戦: バルジの戦いが始まる。
  • 1945年 - A級戦犯容疑者としてGHQから出頭命令を受けていた近衛文麿元首相が服毒自殺。
  • 1946年 - タイ王国が国連に加盟。
  • 1946年 - フランスでレオン・ブルムの社会党内閣が成立。
  • 1949年 - 毛沢東がソ連を初訪問。
  • 1957年 - 東京23区のゴミを夢の島への埋め立て開始。
  • 1957年 - 国鉄モハ90形電車(後の101系)デビュー。
  • 1960年 - ユナイテッド航空のDC-8とトランスワールド航空のL-1049スーパーコンステレーションがニューヨーク上空で衝突して墜落、墜落地の住民を含めて134人が死亡。(1960年ニューヨーク空中衝突事故)
  • 1965年 - 名阪国道が暫定二車線で開通。
  • 1966年 - 国際連合総会が国際人権規約を採択する。
  • 1968年 - 新潟総合テレビ(NST)開局。
  • 1971年 - 第三次印パ戦争が終結。パキスタンがバングラデシュの独立を承認。
  • 1971年 - 札幌市営地下鉄の最初の開業区間、南北線の北24条駅 - 真駒内駅間が開業。日本初のゴムタイヤ式地下鉄。
  • 1972年 - 横浜市営地下鉄の最初の開業区間、1号線(現 ブルーライン)の伊勢佐木長者町駅 - 上大岡駅間が開業。
  • 1981年 - 大阪空港訴訟の最高裁大法廷判決。
  • 1986年 - ソ連崩壊: アルマアタ事件
  • 1987年 - 16年ぶりの韓国大統領直接選挙で盧泰愚が当選。
  • 1988年 - 北海道の十勝岳が噴火。
  • 1989年 - ルーマニアのティミショアラでラースロー司教国外退去への抗議デモに対して治安部隊が発砲、ルーマニア革命の発火点となる。
  • 1989年 - 中国民航機ハイジャック事件
  • 1997年 - テレビアニメ『ポケットモンスター』を見ていた人々がけいれんなどの症状を起こす。(ポケモンショック)
  • 1998年 - イラク武装解除問題: 米英軍が、国際連合の大量破壊兵器査察に非協力的としてイラクを空爆。
  • 2011年 - 野田佳彦内閣総理大臣は、東京電力福島第1原子力発電所の原子炉が冷温停止状態(ステップ2)を達成し、いわゆる原発事故の「収束宣言」を行なった。
  • 2012年 - 第46回衆議院議員総選挙の投開票が行われ、自由民主党が294議席を獲得し3年3ヶ月振りの政権復帰を決める。また敗れた民主党の野田佳彦内閣総理大臣は、敗北の責任を取り内閣総理大臣と民主党代表の辞意を表明した。
  • 2012年 - 東京都知事選挙の投開票が行われ前東京都副知事の猪瀬直樹が当選した。
  • 2015年 - 日本の最高裁判所大法廷において、夫婦別姓訴訟で選択的夫婦別姓を認めない民法の規定は合憲、再婚禁止期間訴訟で100日を超える女性の結婚禁止期間は違憲、とする判断がそれぞれなされた。

誕生日

  • 1682年 - アニーローリー、スコットランド民謡「アニーローリー」で歌われた絶世の美人
  • 1742年 - ゲプハルト・レベレヒト・フォン・ブリュッヘル、軍人、元帥(+ 1819年)
  • 1770年 - ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン、作曲家(+ 1827年)
  • 1775年 - ジェーン・オースティン、小説家(+ 1817年)
  • 1816年 - フランツ・ザッハー、料理家(+ 1907年)
  • 1818年 - ジョン・ローレンス・スミス、化学者、鉱物学者(+ 1883年)
  • 1866年 - ワシリー・カンディンスキー、画家、美術理論家(+ 1944年)
  • 1877年 - 野村吉三郎、海軍軍人、外交官(+ 1964年)
  • 1882年 - ウォルサー・マイスナー、物理学者(+ 1974年)
  • 1882年 - グスタフ・ストレームベリ、天文学者(+ 1962年)
  • 1882年 - コダーイ・ゾルターン、作曲家、民族音楽学者(+ 1967年)
  • 1884年 - 北村西望、彫刻家(+ 1987年)
  • 1888年 - 藪田貞治郎、農芸化学者(+ 1977年)
  • 1894年 - 久松潜一、国文学者(+ 1976年)
  • 1899年 - ノエル・カワード、脚本家、俳優(+ 1973年)
  • 1901年 - マーガレット・ミード、文化人類学者(+ 1978年)
  • 1904年 - 横沢三郎、プロ野球選手、プロ野球審判員(+ 1995年)
  • 1908年 - レメディオス・バロ、画家(+ 1963年)
  • 1912年 - チャールズ・マーキス・ウォーレン、映画監督、脚本家、小説家、映画プロデューサー(+ 1990年)
  • 1914年 - 松本操、プロ野球選手(+ 没年不詳)
  • 1915年 - ゲオルギー・スヴィリードフ、作曲家(+ 1998年)
  • 1917年 - アーサー・C・クラーク、SF作家(+ 2008年)
  • 1923年 - 戸川猪佐武、政治評論家、作家(+ 1983年)
  • 1927年 - 平田昭彦、俳優(+ 1984年)
  • 1928年 - フィリップ・K・ディック、SF作家(+ 1982年)
  • 1932年 - ロディオン・シチェドリン、作曲家
  • 1932年 - 山本直純、作曲家(+ 2002年)
  • 1935年 - 中野豊士、元三菱信託銀行社長
  • 1937年 - 玉澤徳一郎、政治家
  • 1937年 - 鎌田光夫、サッカー選手、指導者
  • 1937年 - 外口玉子、政治家
  • 1937年 - エド・ルシェ、画家、現代美術家
  • 1938年 - 望月三起也、漫画家(+ 2016年)
  • 1938年 - 塚田正昭、声優(+ 2014年)
  • 1940年 - 高山俊吉、弁護士
  • 1943年 - 五百旗頭真、政治学者
  • 1943年 - キャサリン・ヘイルズ、文学者、評論家
  • 1945年 - 服部幸應、料理研究家
  • 1945年 - 小川和久、軍事アナリスト
  • 1946年 - 石倉三郎、俳優
  • 1946年 - 玉川善治、実業家
  • 1946年 - トレヴァー・ピノック、指揮者
  • 1946年 - デビー・ウィルクス、フィギュアスケート選手
  • 1946年 - ベニー・アンダーソン、ミュージシャン(ABBA)
  • 1947年 - ベン・クロス、俳優
  • 1948年 - 真実一路、俳優
  • 1949年 - 森田健作、政治家、千葉県知事、俳優
  • 1950年 - 前田亨、プロ野球選手
  • 1950年 - 川野雄一、プロ野球選手
  • 1950年 - ホーン・ユキ、歌手・女優
  • 1951年 - 山下真司、俳優
  • 1951年 - ロベン・フォード、ギタリスト
  • 1952年 - 蔵間竜也、力士、タレント(+ 1995年)
  • 1952年 - 上方よしお、漫才師(のりお・よしお)
  • 1952年 - ぼんちおさむ、漫才師(ザ・ぼんち)
  • 1953年 - 安西マリア、歌手、女優(+ 2014年)
  • 1955年 - 松山千春、歌手
  • 1955年 - 伊藤幸雄、元俳優
  • 1956年 - ガダルカナル・タカ、たけし軍団
  • 1959年 - 高木陽介、政治家
  • 1959年 - 波津彬子、漫画家
  • 1960年 - 織作峰子、写真家
  • 1960年 - 桂木文、女優
  • 1962年 - 堀川仁、声優
  • 1963年 - 上田美恵、元女優
  • 1964年 - ハイケ・ドレクスラー、陸上競技選手
  • 1964年 - 中村利江、経営者
  • 1966年 - アベフトシ、ミュージシャン・ギタリスト(thee michelle gun elephant、KOOLOGI)(+ 2009年)
  • 1966年 - MEN'Sテイオー、プロレスラー
  • 1967年 - ドノバン・ベイリー、陸上競技選手
  • 1967年 - 穂積由香里、女優、タレント(『積木くずし』のモデル)(+ 2003年)
  • 1969年 - マリオス・イリオポウロス、ミュージシャン(ナイトレイジ、元エグズメーション)
  • 1970年 - 叶恭弘、漫画家
  • 1970年 - HAKUEI、ミュージシャン(PENICILLIN)
  • 1970年 - 阿南敦子、女優
  • 1971年 - 細川茂樹、俳優
  • 1971年 - ポール・ヴァン・ダイク、DJ
  • 1972年 - ジェリコ・カラッツ、サッカー選手
  • 1973年 - マリーザ、歌手
  • 1973年 - クリスティ・ボーグルト、テニス選手
  • 1973年 - スコット・ストーチ、音楽プロデューサー
  • 1974年 - 斎藤環、ミュージシャン(S-sence)
  • 1974年 - 斎藤希、ミュージシャン(S-sence)
  • 1974年 - 深澤里奈、アナウンサー
  • 1974年 - 大熊ひろたか、お笑い芸人(シャカ)、俳優
  • 1975年 - 島ひとみ、フリーアナウンサー
  • 1975年 - フレデリク・ジョシネ、柔道家
  • 1975年 - ナヲ、ミュージシャン(マキシマムザホルモン)
  • 1976年 - 辺見えみり、タレント
  • 1976年 - 佐藤修、プロボクサー(WBA世界スーパーバンタム級王者)
  • 1976年 - マット・キニー 、プロ野球選手
  • 1976年 - ロマン・セロフ、フィギュアスケート選手
  • 1976年 - 井上紘一、プロ野球選手
  • 1977年 - シルヴァン・ディスタン、サッカー選手
  • 1978年 - 松田悟志、俳優、歌手
  • 1979年 - 吉田健一、津軽三味線奏者(吉田兄弟)
  • 1979年 - トレバー・イメルマン、ゴルファー
  • 1979年 - ジェシー・ウォード、女子プロレスラー
  • 1979年 - ミハイ・トライスタリウ、歌手
  • 1980年 - 長谷川穂積、プロボクサー(WBC世界バンタム級、フェザー級元王者)
  • 1980年 - 竹松舞、ハープ奏者、医師
  • 1980年 - 天手千聖、レースクイーン
  • 1980年 - 小西杏、卓球選手
  • 1980年 - RYOEI、シンガーソングライター
  • 1980年 - 江崎隆文、お笑い芸人(ゆったり感)
  • 1981年 - さとうともみ、タレント
  • 1981年 - 朝香美穂、AV女優
  • 1981年 - アンナ・セドコーヴァ、歌手
  • 1981年 - ナタナエル・マテオ、元プロ野球選手
  • 1981年 - 森崎まみ、女性タレント、レースクイーン
  • 1982年 - クリス・ブリットン、メジャーリーガー
  • 1982年 - スタニスラフ・シェスターク、サッカー選手
  • 1982年 - アントレル・ロール、アメリカンフットボール選手
  • 1982年 - 北島武、バレーボール選手
  • 1983年 - ケレンナ・アズバイク、バスケットボール選手
  • 1983年 - トム・ウィルヘルムセン、メジャーリーガー
  • 1983年 - パトリック・マッコート、サッカー選手
  • 1983年 - 菊地美香、女優、声優
  • 1983年 - ダニエル・ロイド、モデル、2004年ミスイングランド
  • 1984年 - ユリア・シャピロ、フィギュアスケート選手
  • 1984年 - マリオ・サンティアゴ、プロ野球選手
  • 1985年 - 橘慶太、歌手(w-inds.)
  • 1985年 - 向井慧、お笑い芸人(パンサー)
  • 1985年 - 高田健志、タレント、俳優
  • 1985年 - 本間智恵、テレビ朝日アナウンサー
  • 1985年 - 菊地光将、サッカー選手
  • 1985年 - 福田麻衣、タレント、モデル
  • 1986年 - 田中玲美、GyaO専属局アナウンサー
  • 1986年 - DECO*27、ミュージシャン(音楽家)
  • 1986年 - 鳰の湖真二、大相撲力士
  • 1986年 - 柄本佑、俳優
  • 1987年 - 金元寿子、声優
  • 1987年 - 白石小百合、テレビ東京アナウンサー
  • 1987年 - ハリー・ハーシュ、女優
  • 1987年 - アリーナ・コジッチ、体操選手
  • 1987年 - ヘクター・サンティアゴ、メジャーリーガー
  • 1988年 - 濱田達也、騎手
  • 1988年 - アナ・ポップルウェル、女優
  • 1988年 - 喜多丘千陽、声優
  • 1988年 - 駒谷仁美、アイドル、タレント(元AKB48、元SDN48)
  • 1988年 - 森林永理奈、タレント
  • 1988年 - マッツ・フメルス、サッカー選手
  • 1989年 - 大塚琴美、声優
  • 1989年 - 桐谷美玲、モデル、女優
  • 1989年 - 村松大輔、サッカー選手
  • 1989年 - ヴェラ・ネボルシナ、チェスプレイヤー
  • 1989年 - タイラー・チャットウッド、メジャーリーガー
  • 1990年 - フォンチー、タレント、アイドル(アイドリング!!!8号)
  • 1991年 - 矢野聖人、俳優
  • 1991年 - 長澤和輝、サッカー選手
  • 1992年 - 島田晴香、AKB48
  • 1992年 - 三浦萌、ファッションモデル
  • 1992年 - 竹崎由佳、テレビ東京アナウンサー
  • 1993年 - 安西慎太郎、俳優
  • 1993年 - 中村麻里子、AKB48
  • 1993年 - 坂田梨香子、モデル、女優
  • 1993年 - 小島藤子、女優
  • 1993年 - ローラ・クレトン、女優
  • 1993年 - 柴田竜拓、プロ野球選手
  • 1994年 - 相川結、女優
  • 1994年 - ホセ・ロドリゲス・マルティネス、サッカー選手
  • 1996年 - 真山りか、アイドル(私立恵比寿中学)
  • 1996年 - 山口隼人、子役
  • 1997年 - ザラ・ラーソン、女性シンガー
  • 1998年 - 小林亮太、俳優、タレント
  • 生年不明 - SHIHO、I've歌手
  • 生年不明 - 武梨えり、漫画家
  • 生年不明 - 内村史子、声優
  • 生年不明 - 梅田未央、声優
  • 生年不明 - 中村圭佑、声優

忌日

  • 714年 - ピピン2世、フランク王国宮宰(* 635年もしくは640年)
  • 1598年 - 李舜臣、李氏朝鮮の将軍(* 1545年)
  • 1687年 - ウィリアム・ペティ、経済学者(* 1623年)
  • 1774年 - フランソワ・ケネー、経済学者(* 1694年)
  • 1779年(安永8年11月9日)- 後桃園天皇、日本の第118代天皇(* 1758年)
  • 1783年 - ヨハン・アドルフ・ハッセ、作曲家(* 1699年)
  • 1859年 - ヴィルヘルム・グリム、グリム兄弟の弟、童話編集者、言語学者(* 1786年)
  • 1902年 - カール・ヴィルヘルム・フォン・クッパー、解剖学者(* 1829年)
  • 1903年 - 落合直文、歌人、国文学者(* 1861年)
  • 1907年 - 浅井忠、画家(* 1856年)
  • 1921年 - カミーユ・サン=サーンス、作曲家、オルガニスト(* 1835年)
  • 1922年 - エリエゼル・ベン・イェフダー、現代ヘブライ語創案者(* 1858年)
  • 1926年 - ウィリアム・ラーンド、テニス選手(* 1872年)
  • 1933年 - ロバート・W・チェンバース、小説家(* 1865年)
  • 1940年 - ユージン・デュポア、人類学者(* 1858年)
  • 1940年 - ビリー・ハミルトン、メジャーリーガー(* 1866年)
  • 1945年 - 近衛文麿、日本の第34・38・39代内閣総理大臣(* 1891年)
  • 1945年 - ジョヴァンニ・アニェッリ(シニア)、フィアット創業者(* 1866年)
  • 1952年 - 緑嶌友之助、大相撲の力士(* 1878年)
  • 1964年 - 川村多実二、生物学者(* 1883年)
  • 1965年 - サマセット・モーム、作家(* 1874年)
  • 1968年 - 双葉山定次、大相撲第35代横綱(* 1912年)
  • 1968年 - 佐藤義美、童話作家、作詞家(* 1905年)
  • 1975年 - 康生、中国共産党副主席(* 1898年)
  • 1979年 - 重松通雄、元プロ野球選手(* 1916年)
  • 1980年 - カーネル・サンダース、ケンタッキーフライドチキン創業者(* 1890年)
  • 1985年 - トミー・ビロッティ、マフィア(* 1940年)
  • 1985年 - ポール・カステラーノ、マフィア(* 1915年)
  • 1987年 - 木塚忠助、プロ野球選手(* 1924年)
  • 1988年 - 小磯良平、画家(* 1903年)
  • 1989年 - シルヴァーナ・マンガーノ、女優(* 1930年)
  • 1989年 - リー・ヴァン・クリーフ、俳優(* 1925年)
  • 1993年 - 田中角栄、第64・65代内閣総理大臣(* 1918年)
  • 2001年 - スチュアート・アダムソン、ミュージシャン(* 1958年)
  • 2002年 - 西大立目永、野球選手(* 1936年)
  • 2005年 - ジョン・スペンサー、俳優(* 1946年)
  • 2006年 - プニーナ・ザルツマン、ピアニスト(* 1922年)
  • 2007年 - ダン・フォーゲルバーグ、シンガーソングライター(* 1951年)
  • 2011年 - 山本集、高校野球指導者(* 1940年)
  • 2013年 - 小口絵理子、アナウンサー(* 1974年)
  • 2015年 - 安藤昇、俳優(* 1926年)
  • 2016年 - 島木譲二、プロボクサー、お笑い芸人、俳優(* 1944年)
  • 2017年 - 早坂暁、小説家、脚本家(* 1929年)

スピーチ作成 - テーマ「電話創業の日」

自分が初めてテーマを知った/経験した時のエピソード。
テーマについて自分はどう思うか/思ったか。
言葉/行動/影響について自分はどう思うか。
今後自分はどうしたいと思うか。

スピーチ出力 - 12-16_電話創業の日.txt

想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。
日付からスピーチを作る
12月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
1月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
2月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29
3月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
4月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
5月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
6月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
7月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
8月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
9月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
10月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
11月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30

参考になる本

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法
 会議・朝礼・電話でも、接客・商談・会合でも、面接・結婚式のスピーチでも、デート・合コン・保護者会でも。
 こんなふうに話せば「あがり」にさようなら! 予約半年待ち! 超人気講師が教える“緊張しないコツ。
¥ 1,210
超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48
 本書では、人前では話すことが苦手な人でもすぐ実行でき、たちまち効果を実感できる「あがらずに話せる正しい方法」を48個紹介しています。
 スピーチ・朝礼・会議・面接でドキドキしない!商談・プレゼン・営業が面白いほど成功する!人前で話すのが苦手な人でも大丈夫!あがらずに話せる超シンプルなテクニックを大公開!
¥ 1,296
朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100 話しベタなあなたに贈る
 他人の興味を引く「鉄板ネタ」さえ持っていれば、誰でも「人前で話すこと」が怖くなくなります。
 聞き手が具体的にイメージしやすいようにスポーツ選手や芸能人など、著名人のエピソードもたくさん織り込んだ「鉄板ネタ」を100個集めました。
¥ 1,620
恥をかかないスピーチ力
 新年度に自己紹介をしたり、結婚式やちょっとした集まりで人前で話したりする機会は意外と多い。そんな時に役立つ、スピーチやコメントのコツ、心構え。
 恥をかかないレベルから「なかなかうまいな」と思われるレベルまで、どうステップアップするか。
 「時間感覚」「身体感覚」の重要性、始まり方と終わり方、小ネタの集め方、シーン別のコツやNGポイントまで、人前で話す時にはこれさえあれば大丈夫!
¥ 702
心に届く話し方 65のルール
 本書は、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説した、話し方の基礎技術の本です。
 「本質的に内容が相手にきちんと伝わる」ことを目的とし、「そのための具体的かつ自然な音声表現のディテール」まで迫った本です。
¥ 1,361
カーネギー話し方入門 文庫版
 あのウォーレン・バフェットも受講したというデール・カーネギーの話し方講座のエッセンスをまとめた本。
 カーネギーといえば、大ベストセラーとなった『人を動かす』があまりに有名だが、本書の原著も100万部を突破したベストセラーとして、アメリカでは広く知られている。
¥ 650