365日のネタ・スピーチ例は、1年分(365日分)のネタと、朝礼などのスピーチの作例や作り方を、まとめたサイトです。 >> 使い方を読む

10月13日「麻酔の日」


 10月13日は「麻酔の日」です。1804年の旧暦10月13日に、華岡青州が世界で初めて全身麻酔による手術を成功させたことを記念して、日本麻酔科学会が制定しました。

 私は全身麻酔を受けたことがありません。局所麻酔で手術を受けたことはあります。

 その際、痛覚はなかったのですが、触覚は残っており、ぶにょぶにょと触られている感覚があり、気持ち悪かったです。

 華岡青州は、チョウセンアサガオやトリカブトを主成分とした薬を作り、動物実験を重ねました。そして、麻酔薬の完成までこぎつけましたが、人体実験を目前にして行き詰まります。
 しかし、実母と妻が実験台になることを申し出て、道が開けました。数回にわたる人体実験の末、母の死、妻の失明という大きな犠牲の上に、全身麻酔薬「通仙散」、別名「麻沸散(まふつさん)」が完成しました。


 華岡青州の麻酔薬は、材料から分かる通り毒です。毒で死ぬ手前で留めて、麻酔状態にするのだと思います。麻酔薬の実験に死の危険があったのは、そのためです。

 毒と薬は表裏一体です。仕事においても、過激な改革は、毒にも薬にもなります。
 影響が大きいから反対するのではなく、それが毒になるのか薬になるのか見極めて、様々な変更を判断する必要があると思います。

スピーチ作例 10月13日1
文字数:543文字   想定時間:148
想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。

引用・参考URL

このページの引用・参考URL。

記念日・年中行事

  • 体育の日(日本、2003年・2008年・2014年)※10月第2月曜日
  • サツマイモの日(日本)
    埼玉県川越市のサツマイモ愛好家のグループ「川越いも友の会」が制定。10月はサツマイモの旬の季節で、また、江戸から川越までの距離が約13里なので、サツマイモに「栗(九里)より(四里)うまい十三里」という異名があったことから、10月13日をサツマイモの日とした。
  • 引越しの日(日本)
    明治元年旧暦10月13日(グレゴリオ暦1868年11月26日)に明治天皇が京都の御所から江戸城(現在の皇居)に引越ししたことにちなんで、引越専門協同組合連合会関東ブロック会が1989年に制定。
  • 麻酔の日(日本)
    日本麻酔科学会が制定。文化元年旧暦10月13日(グレゴリオ暦1804年11月14日)、華岡青州が世界で初めて全身麻酔による手術を成功させたことによる。
  • 日蓮聖人御大会(日蓮宗)
    日蓮の祥月命日は旧暦の10月13日であるが、現在は新暦10月13日に法要が行われる。日蓮正宗の大石寺では、忌日をグレゴリオ暦に換算した11月21日に営まれる。

歴史

  • 1307年 - フランス王フィリップ4世が、テンプル騎士団の壊滅と資産の略奪のためにフランス全土において会員を一斉に逮捕。
  • 1574年(天正2年9月29日)- 伊勢国長島城の一向一揆勢が織田信長に降伏。城を退去するも、一斉射撃を受けて門徒多数が殺害。織田軍も逆襲を受け一門の武将を多数失う。(長島一向一揆)
  • 1600年(慶長5年9月7日)- 大津城の戦いが始まる。
  • 1773年 - シャルル・メシエが子持ち銀河を発見。
  • 1792年 - ホワイトハウスのルーツとなる、米国大統領官邸の礎石が置かれ、建設が着工する。
  • 1812年 - 米英戦争: クィーンストン・ハイツの戦い。
  • 1825年 - ルートヴィヒ1世がバイエルン王に即位。
  • 1884年 - 国際子午線会議において、グリニッジ天文台を通る子午線(グリニッジ子午線)を経度0度とすることが決定。
  • 1903年 - 現行メジャーリーグの第一回ワールドシリーズで、ボストン・アメリカンズ(のちのレッドソックス)が優勝。
  • 1905年 - 上田敏の訳詩集『海潮音』が刊行。
  • 1911年 - 徳川好敏大尉らが作った国産飛行機第1号機「臨時軍用気球研究会式1号」(会式1号)が初飛行に成功。
  • 1923年 - トルコがイスタンブールからアンカラに遷都。
  • 1942年 - 第二次世界大戦: ヘンダーソン基地艦砲射撃。
  • 1943年 - 第二次世界大戦: 連合国に降伏したイタリアのピエトロ・バドリオ政権が、ナチス・ドイツに宣戦布告。
  • 1943年 - 昭和天皇の長女成子内親王と東久邇宮稔彦王の長男盛厚王が結婚。
  • 1944年 - 第二次世界大戦: 赤軍がラトビアの首都・リガを占拠。
  • 1945年 - 治安維持法・国家保安法・思想犯保護観察法・軍機保護法などの廃止を閣議決定。
  • 1946年 - フランスで新憲法草案が国民投票により承認され、フランス第四共和政が発足。
  • 1947年 - 11宮家51人の皇族離脱が決定。
  • 1950年 - 日本政府がGHQの承認を得て解除10,090人の公職追放解除を発表。
  • 1955年 - 左右両派に分裂していた日本社会党が再統一大会を開催。(社会党再統一)
  • 1958年 - 社会党・総評を中心に警職法改悪反対国民会議を結成。
  • 1962年 - バレーボール世界選手権で日紡貝塚単独チームの女子全日本代表が完全優勝。
  • 1962年 - 岡山空港(現 岡南飛行場)が開港。
  • 1963年 - 択捉島沖でMw 8.5の地震発生。(択捉島沖地震)
  • 1968年 - 日本初の都市ケーブルテレビ会社・日本ケーブルビジョン放送網が新宿で放送開始。
  • 1970年 - フィジーが国際連合に加盟。
  • 1970年 - 中華人民共和国とカナダが国交を樹立。
  • 1972年 - パリ発モスクワ行きのアエロフロートIl-62型機がシェレメーチエヴォ国際空港への着陸に失敗して墜落、乗員乗客174名全員が死亡。
  • 1972年 - ウルグアイ空軍機571便遭難事故。モンテビデオ発サンティアゴ行きのフェアチャイルド FH227型機がチリのアンデス山中に墜落。同年12月23日に生存者16名が救出。
  • 1977年 - ルフトハンザ航空181便ハイジャック事件。パルマ・デ・マヨルカ発フランクフルト行きのルフトハンザ航空615便ボーイング737型機がPFLPによってハイジャック。
  • 1981年 - 潜水調査船「しんかい2000」が熊野灘で日本最深記録2008メートルを記録。
  • 1988年 - ナギーブ・マフフーズにノーベル文学賞受賞が決定。
  • 1990年 - レバノン内戦が終結。
  • 1994年 - 大江健三郎にノーベル文学賞受賞が決定。
  • 1999年 - アメリカ合衆国上院が包括的核実験禁止条約(CTBT)の批准を拒絶。
  • 2010年 - チリの鉱山落盤事故で、地下に閉じ込められた作業員33人を地下坑道からカプセルを使って救出。(コピアポ鉱山落盤事故)
  • 2016年 - ボブ・ディランにノーベル文学賞受賞が決定。

誕生日

  • 1656年(明暦2年8月26日)- 徳川綱條、常陸国水戸藩の第3代藩主(+ 1718年)
  • 1792年 - モーリッツ・ハウプトマン、ヴァイオリニスト(+ 1863年)
  • 1821年 - ルドルフ・ルートヴィヒ・カール・ウィルヒョー、病理学者(+ 1902年)
  • 1851年(嘉永4年9月19日)- 矢田部良吉、植物学者、詩人(+ 1899年)
  • 1854年(嘉永7年8月22日)- 辰野金吾、建築家(+ 1919年)
  • 1855年 - エドゥアルト・フレーゲル、商人、探検家(+ 1886年)
  • 1859年(安政6年9月18日)- 片岡直温、実業家、政治家(+ 1934年)
  • 1874年 - 平山清次、天文学者(+ 1943年)
  • 1876年 - ルーブ・ワッデル、野球選手(+ 1914年)
  • 1885年 - ヴィーゴ・ブルン、数学者(+ 1978年)
  • 1887年 - 小出楢重、画家(+ 1931年)
  • 1887年 - ヨゼフ・ティソ、第二次世界大戦期のスロバキアの指導者(+ 1947年)
  • 1888年 - 坂村徹、遺伝学者、教育者(+ 1980年)
  • 1893年 - 結城哀草果、歌人、随筆家(+ 1974年)
  • 1894年 - 岸一郎、元プロ野球監督(+ 没年不明)
  • 1895年 - クルト・シューマッハー、ドイツ社会民主党の指導者(+ 1952年)
  • 1902年 - 鈴木重義、サッカー選手、指導者(+ 1971年)
  • 1908年 - 松野幸泰、岐阜県知事(+ 2006年)
  • 1909年 - アート・テイタム、ジャズピアニスト(+ 1956年)
  • 1910年 - 榊原仟、心臓外科医(+ 1979年)
  • 1911年 - アンドレ・ナヴァラ、チェリスト(+ 1988年)
  • 1912年 - コーネル・ワイルド、俳優(+ 1989年)
  • 1918年 - ロバート・ウォーカー、俳優(+ 1951年)
  • 1920年 - ラレイン・デイ、女優(+ 2007年)
  • 1921年 - 塩川正十郎、元政治家、東洋大学総長(+ 2015年)
  • 1921年 - イヴ・モンタン、シャンソン歌手、俳優(+ 1991年)
  • 1922年 - 山田豊三郎、政治家、第21代大津市長(+ 2009年)
  • 1923年 - ファース・ヴィルケス、サッカー選手(+ 2006年)
  • 1925年 - マーガレット・サッチャー、元イギリス首相(+ 2013年)
  • 1925年 - 森本哲郎、評論家(+ 2014年)
  • 1925年 - レニー・ブルース、コメディアン(+ 1966年)
  • 1926年 - レイ・ブラウン、ジャズベーシスト(+ 2002年)
  • 1926年 - キラー・コワルスキー、プロレスラー(+ 2008年)
  • 1926年 - エディ・ヨスト、プロレスラー(+ 2012年)
  • 1926年 - 寺田雷太、プロ野球選手
  • 1927年 - リー・コニッツ、ジャズサクソフォン奏者
  • 1927年 - トゥルグト・オザル、トルコ首相(+ 1993年)
  • 1931年 - 石井光三、芸能プロモーター、タレント(+ 2015年)
  • 1931年 - エディ・マシューズ、メジャーリーガー(+ 2001年)
  • 1931年 - 桝重正、プロ野球選手(+ 2013年)
  • 1931年 - レイモン・コパ、サッカー選手(+ 2017年)
  • 1932年 - ドゥシャン・マカヴェイエフ、映画監督
  • 1933年 - 石川克彦、元プロ野球選手
  • 1933年 - ナリマン・サディク、最後のエジプト王妃(+ 2005年)
  • 1934年 - ナナ・ムスクーリ、歌手
  • 1935年 - 奥原為雄、プロ野球選手
  • 1936年 - クリスティーネ・ネストリンガー、児童文学作家
  • 1939年 - 青野修三、元プロ野球選手
  • 1939年 - メリンダ・ディロン、女優
  • 1940年 - ファラオ・サンダース、ジャズサクソフォン奏者
  • 1940年 - クリス・ファーロウ、ヴォーカリスト
  • 1941年 - ポール・サイモン、歌手
  • 1943年 - ペーター・ザウバー、ザウバー創設者
  • 1945年 - 樋口久子、日本女子プロゴルフ協会会長、ゴルファー
  • 1945年 - デシ・ボーターセ、スリナム大統領
  • 1947年 - サミー・ヘイガー、歌手、ヴァン・ヘイレン、チキンフット
  • 1947年 - 荘村清志、ギタリスト
  • 1948年 - ヌスラト・ファテー・アリー・ハーン、カッワーリー歌手(+ 1997年)
  • 1949年 - ナナ・アレクサンドリア、チェス選手
  • 1950年 - 大和田獏、俳優
  • 1950年 - 磯部勉、俳優、声優
  • 1950年 - アンネグレート・リヒター、陸上選手
  • 1951年 - 南木佳士、小説家、医師
  • 1952年 - ジョン・ローン、俳優
  • 1954年 - 金田明夫、俳優
  • 1954年 - モルデハイ・ヴァヌヌ、技術者
  • 1954年 - 荻原弘子、報道局チーフディレクター、アナウンサー(+ 2009年)
  • 1956年 - 渡辺直樹、作曲家
  • 1956年 - アンディ・ビーン、元プロ野球選手
  • 1956年 - クリス・カーター、脚本家
  • 1958年 - まつもと泉、漫画家
  • 1958年 - 森昌子、歌手
  • 1958年 - 加門亮、歌手
  • 1959年 - 津久井克行、Classメンバー(+ 2009年)
  • 1960年 - 生瀬勝久、俳優
  • 1961年 - ドック・リバース、バスケットボール選手
  • 1961年 - デレック・ハーパー、バスケットボール選手
  • 1961年 - アブデラマン・シサコ、映画監督
  • 1962年 - 山脇光治、元プロ野球選手
  • 1962年 - ジェリー・ライス、アメリカンフットボール選手
  • 1962年 - ケリー・プレストン、女優
  • 1962年 - 岡部明一、プロ野球選手
  • 1963年 - トーマス・デルフライン、動物園の飼育係(+ 2008年)
  • 1964年 - 小野坂昌也、声優
  • 1964年 - 荒井幸雄、元プロ野球選手、野球解説者
  • 1964年 - 聶海勝、宇宙飛行士
  • 1964年 - 加瀬竜哉、ミュージシャン(+ 2012年)
  • 1964年 - クリストファー・ジャッジ、俳優
  • 1965年 - ヨハン・ムセウ、自転車選手
  • 1966年 - 黒岩宇洋、政治家
  • 1966年 - 青木美保、歌手
  • 1966年 - ジョン・レジス、陸上競技選手
  • 1967年 - ハビエル・ソトマヨル、陸上競技選手
  • 1967年 - トレバー・ホフマン、元プロ野球選手
  • 1967年 - スコット・クーパー、元プロ野球選手
  • 1968年 - マウリツィオ・ガンツ、サッカー選手
  • 1969年 - ナンシー・ケリガン、フィギュアスケート選手
  • 1969年 - アンドレイ・ブシュコフ、フィギュアスケート選手
  • 1969年 - オマリ・テトラーゼ、サッカー選手
  • 1970年 - ポール・ポッツ、歌手
  • 1970年 - 須田喜照、高校野球指導者
  • 1971年 - 吉本多香美、女優
  • 1971年 - 上田好剛、プロ野球選手
  • 1971年 - アンドレ・ベルグデルモ、サッカー選手
  • 1972年 - サマー・サンダース、競泳選手
  • 1972年 - 三代目海沼実、作曲家、音楽教育家
  • 1972年 - 松智洋 - 小説家、ライトノベル作家(+ 2016年)
  • 1973年 - ピーター・ダンブレック、レーシングドライバー
  • 1973年 - 松嶋菜々子、女優
  • 1973年 - 木立章成、元プロ野球選手
  • 1973年 - マット・ヒューズ、総合格闘家
  • 1973年 - ブライアン・ドーキンス、アメリカンフットボール選手
  • 1974年 - ゲイリー・バーナム・ジュニア、プロ野球選手
  • 1975年 - 海保知里、アナウンサー
  • 1975年 - 秋葉忠宏、サッカー選手
  • 1975年 - べんぴねこ、アニメーション作家、映像ディレクター
  • 1976年 - キーリー・サンチェス、女優
  • 1976年 - 真飛聖、女優
  • 1976年 - ジェニファー・スカイ、女優
  • 1977年 - アントニオ・ディ・ナターレ、サッカー選手
  • 1977年 - 星野一樹、レーシングドライバー
  • 1977年 - 吉年滝徳、元プロ野球選手
  • 1977年 - ポール・ピアース、バスケットボール選手
  • 1978年 - 鳥羽潤、俳優
  • 1978年 - ジャーメイン・オニール、バスケットボール選手
  • 1978年 - 岡田有花、ジャーナリスト、IT戦士
  • 1978年 - マルクス・ヘイッキネン、サッカー選手
  • 1979年 - 荒木巴、マジシャン
  • 1979年 - ウェズ・ブラウン、サッカー選手
  • 1979年 - ママドゥ・ニアン、サッカー選手
  • 1979年 - 藤田小百合、女優
  • 1980年 - スコット・パーカー、サッカー選手
  • 1980年 - Salyu、歌手
  • 1980年 - アシャンティ、歌手
  • 1980年 - デビッド・ヘイ、ボクサー
  • 1981年 - 一戸奈美、女優
  • 1981年 - ケリー・オケレケ、シンガーソングライター、ギタリスト
  • 1981年 - 嶋村一輝、プロ野球選手
  • 1982年 - イアン・ソープ、競泳選手
  • 1982年 - 近江知永、声優、歌手
  • 1982年 - 肘井美佳、女優
  • 1982年 - 岩崎哲也、プロ野球選手
  • 1983年 - 北野良栄、プロ野球選手、競輪選手
  • 1983年 - クリス・セドン、プロ野球選手
  • 1983年 - 宮崎有香、サッカー選手
  • 1983年 - 旗手真也、サッカー選手
  • 1984年 - misono、歌手(day after tomorrow)
  • 1984年 - アントン・クシュニール、エアリアル選手
  • 1984年 - ヘイデン・ペン、プロ野球選手
  • 1985年 - 和田絵梨奈、グラビアアイドル
  • 1985年 - 成瀬善久、プロ野球選手
  • 1985年 - 益若つばさ、ファッションモデル
  • 1985年 - 土本恭平、プロ野球選手
  • 1986年 - 上野大樹、プロ野球選手
  • 1986年 - 助川まりえ、タレント
  • 1986年 - 河本悠、野球選手
  • 1986年 - ガブリエル・アグボンラホール、サッカー選手
  • 1987年 - 佐倉希実、イベントコンパニオン、グラビアアイドル
  • 1988年 - 澤山璃奈、フィギュアスケート選手、ファッションモデル
  • 1988年 - 新村純平、サッカー選手
  • 1989年 - 神岡実羅乃、音楽ユニットhy4 4yhのメンバー
  • 1989年 - ブレノ・ロドリゲス・ボルジェス、サッカー選手
  • 1990年 - 張本優大、プロ野球選手
  • 1992年 - 加地千尋、女優、モデル
  • 1992年 - 高山侑子、女優、ファッションモデル
  • 1992年 - シェルビー・ロジャース、テニス選手
  • 1992年 - 高宮咲、ハンドボール選手
  • 1993年 - 石川界人、声優
  • 1994年 - 佐野ひなこ、タレント、ファッションモデル、グラビアアイドル
  • 1994年 - 大塚尚仁、プロ野球選手
  • 1994年 - 深沢紗希、アイドル(Luce_Twinkle_Wink☆)
  • 1994年 - 諸星翔希、ジャニーズJr.(Love-tune)
  • 1995年 - 奥ノ矢佳奈、女優、タレント
  • 1997年 - 山本舞香、女優、タレント、モデル
  • 生年不明 - 榊原ゆい、声優
  • 生年不明 - 荻沢俊彦、声優
  • 生年不明 - 清水秀光、声優

忌日

  • 54年 - クラウディウス、第4代ローマ皇帝(* 紀元前10年)
  • 1227年(嘉禄3年9月2日)- 堀川通具、歌人(* 1171年)
  • 1505年(永正2年9月16日)- 武田信昌、甲斐国の戦国大名(* 1447年)
  • 1562年 - クローダン・ド・セルミジ、作曲家(* 1490年頃)
  • 1574年(天正2年9月29日)- 織田信広、戦国武将
  • 1602年(慶長7年8月28日)- 於大の方、松平広忠・久松俊勝の正室、徳川家康の母(* 1528年)
  • 1605年 - テオドール・ド・ベーズ、神学者(* 1519年)
  • 1653年(承応2年8月22日)- 養珠院、徳川家康の側室(* 1580年)
  • 1687年 - ジェミニアーノ・モンタナリ、天文学者(* 1633年)
  • 1715年 - ニコラ・ド・マルブランシュ、哲学者(* 1638年)
  • 1722年(享保7年9月4日)- 近衛基熙、江戸時代の公卿(* 1648年)
  • 1731年(享保16年9月13日)- 毛利吉元、第6代長州藩主(* 1677年)
  • 1812年 - アイザック・ブロック、イギリス陸軍の将軍(* 1769年)
  • 1815年 - ジョアシャン・ミュラ、フランスの軍人、ナポリ王(* 1767年)
  • 1822年 - アントニオ・カノーヴァ、彫刻家(* 1757年)
  • 1825年 - マクシミリアン1世、初代バイエルン王(* 1756年)
  • 1862年(文久2年閏8月20日)- 本間精一郎、尊皇攘夷志士(* 1834年)
  • 1868年(慶応4年8月28日)- 橘曙覧、歌人(* 1812年)
  • 1869年 - シャルル=オーギュスタン・サント=ブーヴ、文芸評論家(* 1804年)
  • 1879年 - 川路利良、初代警視庁大警視(* 1834年)
  • 1880年 - マルティン・グロピウス、建築家(* 1824年)
  • 1882年 - アルテュール・ド・ゴビノー、思想家(* 1816年)
  • 1890年 - ウィリアム・ワース・ベルナップ、第30代アメリカ合衆国陸軍長官(* 1829年)
  • 1907年 - 本沢竹雲、漢学者、教育者(* 1836年)
  • 1918年 - 尾崎三良、三条家家人、元老院議官、法制局長官(* 1842年)
  • 1919年 - カール・ギェレルプ、詩人、小説家(* 1857年)
  • 1924年 - 滋野清武、飛行家(* 1882年)
  • 1928年 - マリア・フョードロヴナ、ロシア皇帝アレクサンドル3世の皇后(* 1847年)
  • 1930年 - ジョアン・ガンペール、FCバルセロナの創設者、サッカー選手(* 1847年)
  • 1946年 - ヘレン・バンナーマン、児童文学、絵本作家(* 1862年)
  • 1947年 - シドニー・ウェッブ、フェビアン協会会員、イギリス労働党の政治家(* 1859年)
  • 1955年 - 辻善之助、歴史学者(* 1877年)
  • 1957年 - エーリヒ・アウエルバッハ、文献学者(* 1892年)
  • 1970年 - 細川一、水俣病公式発見者として知られる医師(* 1901年)
  • 1973年 - 戸塚九一郎、元建設大臣、労働大臣(* 1891年)
  • 1974年 - エド・サリヴァン、テレビ司会者(* 1901年)
  • 1974年 - ヨーゼフ・クリップス、指揮者(* 1902年)
  • 1974年 - 宮本三郎、画家(* 1905年)
  • 1974年 - サム・ライス、メジャーリーガー(* 1890年)
  • 1979年 - レベッカ・クラーク、作曲家、ヴィオリスト(* 1886年)
  • 1981年 - マリウス・カサドシュ、ヴァイオリニスト、作曲家(* 1892年)
  • 1982年 - アダチ龍光、奇術師(* 1896年)
  • 1984年 - ジョージ・ケリー、メジャーリーグのプロ野球選手(* 1895年)
  • 1985年 - 川上宗薫、小説家(* 1924年)
  • 1985年 - 蟹江栄司、声優(* 1941年)
  • 1986年 - 鈴木順一、参議院議員(* 1909年)
  • 1987年 - ウォルター・ブラッテン、物理学者(* 1902年)
  • 1988年 - マイク・ベネツィア、騎手(* 1945年)
  • 1988年 - 田名網英二、プロ野球選手(* 1924年)
  • 1990年 - レ・ドゥク・ト、ベトナムの政治家(* 1911年)
  • 1992年 - 重森弘淹、写真評論家(* 1926年)
  • 1992年 - 太地喜和子、女優(* 1943年)
  • 1996年 - 戸井田三郎、元厚生大臣(* 1918年)
  • 2000年 - ジーン・ピーターズ、女優(* 1926年)
  • 2000年 - 藤井将雄、福岡ダイエーホークスの投手(* 1968年)
  • 2001年 - 俊藤浩滋、映画プロデューサー(* 1916年)
  • 2002年 - スティーヴン・アンブローズ、歴史学者(* 1936年)
  • 2003年 - バートラム・ブロックハウス、物理学者(* 1918年)
  • 2004年 - 矢野徹、SF作家、翻訳家(* 1923年)
  • 2006年 - 王光美、第2代中華人民共和国主席劉少奇の妻(* 1921年)
  • 2006年 - 橋本和美、オートレース選手(* 1978年)
  • 2007年 - 前田常作、画家(* 1926年)
  • 2008年 - ギョーム・ドパルデュー、俳優(* 1971年)
  • 2012年 - 丸谷才一、小説家、英文学者(* 1925年)
  • 2012年 - 山田吾一、俳優(* 1933年)
  • 2013年 - やなせたかし、漫画家(* 1919年)
  • 2015年 - 萩山教嚴、政治家(* 1932年)
  • 2016年 - ラーマ9世、タイ国王(* 1927年)
  • 2016年 - ダリオ・フォ、劇作家(* 1926年)

スピーチ作成 - テーマ「麻酔の日」

自分が初めてテーマを知った/経験した時のエピソード。
テーマについて自分はどう思うか/思ったか。
言葉/行動/影響について自分はどう思うか。
今後自分はどうしたいと思うか。

スピーチ出力 - 10-13_麻酔の日.txt

想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。
日付からスピーチを作る
12月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
1月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
2月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29
3月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
4月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
5月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
6月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
7月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
8月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
9月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
10月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
11月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30

参考になる本

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法
 会議・朝礼・電話でも、接客・商談・会合でも、面接・結婚式のスピーチでも、デート・合コン・保護者会でも。
 こんなふうに話せば「あがり」にさようなら! 予約半年待ち! 超人気講師が教える“緊張しないコツ。
¥ 1,210
超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48
 本書では、人前では話すことが苦手な人でもすぐ実行でき、たちまち効果を実感できる「あがらずに話せる正しい方法」を48個紹介しています。
 スピーチ・朝礼・会議・面接でドキドキしない!商談・プレゼン・営業が面白いほど成功する!人前で話すのが苦手な人でも大丈夫!あがらずに話せる超シンプルなテクニックを大公開!
¥ 1,296
朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100 話しベタなあなたに贈る
 他人の興味を引く「鉄板ネタ」さえ持っていれば、誰でも「人前で話すこと」が怖くなくなります。
 聞き手が具体的にイメージしやすいようにスポーツ選手や芸能人など、著名人のエピソードもたくさん織り込んだ「鉄板ネタ」を100個集めました。
¥ 1,620
恥をかかないスピーチ力
 新年度に自己紹介をしたり、結婚式やちょっとした集まりで人前で話したりする機会は意外と多い。そんな時に役立つ、スピーチやコメントのコツ、心構え。
 恥をかかないレベルから「なかなかうまいな」と思われるレベルまで、どうステップアップするか。
 「時間感覚」「身体感覚」の重要性、始まり方と終わり方、小ネタの集め方、シーン別のコツやNGポイントまで、人前で話す時にはこれさえあれば大丈夫!
¥ 702
心に届く話し方 65のルール
 本書は、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説した、話し方の基礎技術の本です。
 「本質的に内容が相手にきちんと伝わる」ことを目的とし、「そのための具体的かつ自然な音声表現のディテール」まで迫った本です。
¥ 1,361
カーネギー話し方入門 文庫版
 あのウォーレン・バフェットも受講したというデール・カーネギーの話し方講座のエッセンスをまとめた本。
 カーネギーといえば、大ベストセラーとなった『人を動かす』があまりに有名だが、本書の原著も100万部を突破したベストセラーとして、アメリカでは広く知られている。
¥ 650