365日のネタ・スピーチ例は、1年分(365日分)のネタと、朝礼などのスピーチの作例や作り方を、まとめたサイトです。 >> 使い方を読む

11月23日「勤労感謝の日」


 11月23日は「勤労感謝の日」です。国民の祝日の一つです。「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」ことを趣旨として、1948年に制定されました。

 社会人になって働くようになり、初期の頃に驚いたのは、お金はどれだけ働いたかではなく、誰と取り引きしたかでもらえると知ったことです。
 当たり前と言えば当たり前なのですが、お金が発生しない場所で、お金が発生しない行為をしても、お金にはなりません。

 仕事というと、真面目に働くことが重要という印象が強かったのですが、お金を得るための仕事とは、お金について考えることだと学びました。

 「勤労感謝の日」は、宮中祭祀の一つ新嘗祭(にいなめさい)がルーツになっています。新嘗祭は収穫祭にあたるもので、天皇が五穀の新穀を天神地祇(てんじんちぎ)に勧め、自らもこれを食して、その年の収穫に感謝するというものです。
 この祭りが、第二次世界大戦後のGHQの占領政策で、天皇行事・国事行為から切り離される形で改められたのが「勤労感謝の日」です。
 占領軍は、国家神道と結びついた新嘗祭を危険視したそうです。


 こうしたエピソードを読んだり聞いたりする度に、当時のアメリカは、日本の体制を恐れていたのだなと感じます。そして、人の思考や行動は、環境から生まれるのだと気付かされます。

 思考や行動を変えるには環境を変える。そうした視点で、仕事を改善していければと思います。

スピーチ作例 11月23日1
文字数:613文字   想定時間:22
想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。

記念日・年中行事

  • 小雪(日本 2011年)
    二十四節気の1つ。太陽の黄経が240度の時で、わずかながら雪が降り始めるころ。
  • 勤労感謝の日(日本)
    国民の祝日の一つ。宮中祭祀の一つ・新嘗祭がルーツとなっている。
  • 外食の日(日本)
    日本フードサービス協会が創立10周年を記念して1984年に制定。いつも家事で忙しい母のために、勤労感謝の日と同じ日に設定した形になっている。
  • ゲームの日(日本)
    日本アミューズメントマシン工業協会、全日本アミューズメント施設営業者協会連合会、日本SC遊園協会が制定。仕事や勉強の尊さをはっきり自覚しながら、ゆとりある遊びとしてのゲームを楽しみ、ゲームと生活との調和が感じられる日として、勤労感謝の日と同じ日に制定。ゲームセンターでは様々なイベントが行われる。
  • ハートケアの日(日本)
    「勤労感謝の日」にちなんで、仕事(勤労)の資本となる体の核となる心臓(ハート)に関心を持ってもらうための日。ハートケア情報委員会が制定。
  • 珍味の日(日本)
    全国珍味商工業協同組合連合会が制定。新嘗祭で山海の珍味が供えられることと、「11(いい)つまみ(23)」の語呂合せ。
  • 小ねぎ記念日(日本)
    福岡・大分・佐賀・高知・宮城各県のJA全農県本部で作る「小ねぎ主産県協議会」が制定。勤労感謝の日が「ねぎらいの日」に通じることから「ねぎらい」を「葱来」と読む語呂合せ。
  • 牡蠣の日(日本)
    牡蠣の需要のピーク(12月)直前となる勤労感謝の日に栄養ある牡蠣を食して日頃の仕事の疲れを癒そう、という趣旨で全国漁業協同組合連合会が制定した。
  • 国際千葉駅伝(日本)
    1992年からこの日(日曜日に当たる場合は24日)に開催。2014年大会を以って終了。
  • 日本の日(中華民国(台湾)・台南市)
    台南市に拠点を置く日本企業へ感謝を示し、交流の強化を図る日として、台南市政府が制定。
  • リトアニア国軍の日(リトアニア、Lietuvos kariuomenės diena)
    1918年11月23日にリトアニア国軍が創設されたことにちなむ。
  • ルドルフ・マイスターの日(スロベニア)
  • 聖ゲオルギオスの日(ジョージア)
    聖ゲオルギオスのグルジアにおける聖名祝日。グルジアの国名はゲオルギオスにちなむもので、同国のナショナルデーとなっている。

歴史

  • 1227年 - ポーランド大公レシェク1世が暗殺される。
  • 1648年(- 慶安元年10月9日)- 蝦夷国松前藩、第4代藩主松前高広が襲封。
  • 1808年 - トゥデラの戦い:フランス、ワルシャワ公国がスペインに勝利。
  • 1837年 - オーストリア初の鉄道開業。
  • 1863年 - 南北戦争: 第三次チャタヌーガの戦いが始まる。(- 11月25日)
  • 1876年 - 長野県白馬鑓温泉にて雪崩が発生。建設作業員21人が死亡。
  • 1885年 - 大阪事件。旧自由党指導者・大井憲太郎らの朝鮮開化派支援計画が発覚し大阪で逮捕。
  • 1889年 - サンフランシスコのパレ・ロワイヤル・サルーンに世界で初めてジュークボックスが設置される。
  • 1890年 - オランダ国王・ルクセンブルク大公ウィレム3世が男子の後継者がないまま死去。オランダは王女ウィルヘルミナが王位を継承し、ルクセンブルクでは遠縁のアドルフが大公位に就いたため、両国の同君連合が解消。
  • 1918年 - リトアニアにおいてリトアニア国軍が創設される。
  • 1936年 - 雑誌『ライフ』の創刊号が発売される。
  • 1940年 - 第二次世界大戦: ルーマニアが日独伊三国軍事同盟に加盟し、枢軸国の一員となる。
  • 1940年 - 大日本産業報国会設立。
  • 1941年 - 第二次世界大戦・真珠湾攻撃: 南雲機動艦隊が単冠湾に集結する。
  • 1941年 - 宮城県塩竈市が市制施行。
  • 1943年 - 第二次世界大戦: タラワの戦いが終結、日本軍守備隊が玉砕する。
  • 1954年 - 茨城県高萩市が市制施行。
  • 1955年 - ココス諸島の施政権がイギリス領シンガポールからオーストラリアに移管される。
  • 1963年 - 通信衛星による日米間のテレビ中継に成功。最初の衛星ニュースは同日(米時間22日)のケネディ大統領暗殺事件。
  • 1963年 - イギリスでSFテレビドラマ『ドクター・フー』の放送がはじまる。
  • 1973年 - 静岡県の富士スピードウェイでの富士GC最終戦で衝突事故。4台が炎上し、レーサー中野雅晴が死亡。
  • 1976年 - ダイバーのジャック・マイヨールが人類史上初めて素潜りで100メートルを超える記録を達成。
  • 1978年 - 協定世界時午前0時をもって、南北アメリカを除く全世界でAMラジオの周波数が10kHzおきから9kHzおきに一斉に変更される。
  • 1980年 - イタリアでマグニチュード6.8のイルピニア地震発生。
  • 1985年 - エジプト航空648便ハイジャック事件
  • 1992年 - 風船おじさんこと鈴木嘉和が、鳴き砂の保護を訴えて、風船を多数つけたゴンドラでアメリカをめざして出発し、以後消息不明となる。
  • 1995年 - マイクロソフトがWindows 95の日本語版を発売。
  • 1996年 - バンダイがたまごっちを発売。
  • 1996年 - エチオピア航空961便ハイジャック墜落事件
  • 2001年 - ハンガリー・ブダペストでサイバー犯罪条約に調印。
  • 2002年 - ジュビロ磐田がJリーグ初の両ステージ完全制覇。
  • 2007年 - JR東日本E655系電車「なごみ(和)」デビュー。
  • 2008年 - 第16期倉敷藤花戦で里見香奈女流二段が清水市代倉敷藤花を下し、16歳8カ月の史上3番目の年少記録で初タイトルを奪取。
  • 2009年 - フィリピン・ミンダナオ島・マギンダナオ州にて虐殺事件が発生。
  • 2010年 - 北朝鮮が韓国・延坪島を砲撃、韓国側も対抗射撃。(延坪島砲撃事件)
  • 2013年 - 富山県真砂岳(立山連峰)にて雪崩が発生。登山者7人が死亡。
  • 2017年 - 秋田県由利本荘市の海岸に北朝鮮籍の小型木造漁船が接岸(漂着)。生存者8人が上陸して救助される。

誕生日

  • 912年 - オットー大帝、神聖ローマ皇帝(+ 973年)
  • 1607年(慶長12年10月4日)- 徳川和子、後水尾天皇の中宮(+ 1678年)
  • 1616年 - ジョン・ウォリス、数学者(+ 1703年)
  • 1760年 - フランソワ・バブーフ、革命家(+ 1797年)
  • 1804年 - フランクリン・ピアース、第14代アメリカ合衆国大統領(+ 1869年)
  • 1837年 - ヨハネス・ファン・デル・ワールス、物理学者(+ 1923年)
  • 1859年 - ビリー・ザ・キッド、カウボーイ、無法者(+ 1881年)
  • 1864年 - ピーター・チャルマーズ・ミッチェル、動物学者(+ 1945年)
  • 1876年 - マヌエル・デ・ファリャ、作曲家(+ 1946年)
  • 1887年 - ヘンリー・モーズリー、物理学者(+ 1915年)
  • 1888年 - ハーポ・マルクス、喜劇俳優、マルクス兄弟の次男(+ 1964年)
  • 1890年 - エル・リシツキー、デザイナー、写真家、建築家(+ 1941年)
  • 1891年 - 久米正雄、小説家(+ 1952年)
  • 1893年 - 阿部千一、政治家(+ 1972年)
  • 1896年 - 常ノ花寛市、大相撲第31代横綱(+ 1960年)
  • 1897年 - カール・ゲープハルト、医師、医学者、ナチス親衛隊中将(+ 1948年)
  • 1908年 - ネルスン・ボンド、作家(+ 2006年)
  • 1912年 - 三宅艶子、作家、文芸評論家(+ 1994年)
  • 1915年 - 江崎真澄、政治家(+ 1996年)
  • 1923年 - 小林桂樹、俳優(+ 2010年)
  • 1923年 - 白井義男、ボクシング元・世界フライ級チャンピオン(+ 2003年)
  • 1924年 - 川畑博、元プロ野球選手
  • 1926年 - サイババ、宗教指導者(+ 2011年)
  • 1928年 - 高橋辰夫、政治家(+ 2001年)
  • 1928年 - 松永光、政治家
  • 1929年 - 北沢杏子、脚本家
  • 1931年 - トシオ・ナカヤマ、政治家(+ 2007年)
  • 1932年 - 田中邦衛、俳優
  • 1932年 - 田沢智治、政治家(+ 2006年)
  • 1933年 - クシシュトフ・ペンデレツキ、作曲家、指揮者
  • 1935年 - 青山京子、元女優
  • 1937年 - 井石広一、プロ野球選手
  • 1940年 - 大坪元雄、競馬解説者
  • 1940年 - たこ八郎、ボクシング、タレント(+ 1985年)
  • 1940年 - ルイス・ティアント、元メジャーリーガー
  • 1941年 - フランコ・ネロ、俳優
  • 1941年 - 栗本慎一郎、評論家
  • 1942年 - 十朱幸代、女優
  • 1942年 - 堺すすむ、漫談家
  • 1943年 - 小室等、フォークシンガー
  • 1945年 - 綿引勝彦、俳優
  • 1945年 - エリザーベト・レオンスカヤ、ピアニスト
  • 1945年 - 真鍋幹三、プロ野球選手
  • 1948年 - ガブリエル・ザイフェルト、フィギュアスケート選手
  • 1948年 - 渡辺博敏、プロ野球選手
  • 1951年 - ウェイン・ケージ、元プロ野球選手
  • 1953年 - ヨハン・デ・メイ、作曲家
  • 1953年 - 伊志嶺吉盛、高校野球指導者
  • 1954年 - ブルース・ホーンズビー、ピアニスト、アコーディオン奏者、シンガーソングライター
  • 1956年 - 山口弘和、お笑いタレント(コント山口君と竹田君)
  • 1957年 - 片岡大蔵、元プロ野球選手
  • 1959年 - ブルック・ジャコビー、元プロ野球選手
  • 1961年 - 士郎正宗、漫画家
  • 1961年 - トマス・ツェートマイアー、ヴァイオリニスト、指揮者
  • 1963年 - 鷹森淑乃、声優
  • 1963年 - 西森博之、漫画家
  • 1964年 - 太田美知彦、ミュージシャン、作曲家、編曲家、キーボーディスト
  • 1965年 - 林田健司、ミュージシャン
  • 1965年 - ドン・フライ、総合格闘家
  • 1966年 - 大道寺俊典、スタントマン、スーツアクター、殺陣師
  • 1967年 - ウィル・フリント、元プロ野球選手
  • 1969年 - 吉田健一、アニメーター
  • 1969年 - オリビエ・ベレッタ、レーシングドライバー
  • 1969年 - バイロン・モレノ、元サッカー審判員
  • 1972年 - 森下あみい、元AV女優(+ 2011年)
  • 1973年 - 大野純二、漫画家
  • 1973年 - 細見大輔、俳優
  • 1974年 - 國重徹、政治家
  • 1974年 - 林亮介、野球選手
  • 1975年 - 畑野ひろ子、女優
  • 1976年 - 三瓶、タレント
  • 1976年 - 茶野隆行、サッカー選手
  • 1976年 - 濱錦竜郎、元大相撲力士、年寄春日山
  • 1976年 - 岩崎ひろみ、タレント、女優
  • 1977年 - クリストファー・アモット、ギタリスト(アーチ・エネミー)
  • 1977年 - 井浦愛、声優
  • 1978年 - 田澤孝介、ミュージシャン
  • 1979年 - 岩永洋昭、俳優
  • 1979年 - 大塚良子、タレント
  • 1980年 - ジョナサン・パペルボン、メジャーリーガー
  • 1980年 - コディ・ロス、メジャーリーガー
  • 1981年 - エウクリデス・ベタンコート、元マイナーリーガー
  • 1982年 - 松坂恭平、野球選手
  • 1982年 - 赤羽奈々瀬、お笑いタレント(めっちぇん)
  • 1983年 - 井野卓、プロ野球選手
  • 1984年 - ロバート・コエロ、メジャーリーガー
  • 1984年 - キャスパー・ウェルズ、メジャーリーガー
  • 1986年 - 田中みな実、元TBSテレビアナウンサー
  • 1987年 - 伊達晃二、俳優、タレント
  • 1987年 - 池松日佳瑠、ミュージカル俳優
  • 1987年 - 塚田拓也、ミュージカル俳優、元京劇俳優
  • 1988年 - 板垣あずさ、AV女優
  • 1988年 - 竹下百合子、カヌー選手
  • 1988年 - 宮澤エマ(ラフルアー宮澤エマ)、タレント
  • 1989年 - 奥田朱理、女子プロレスラー
  • 1989年 - 嘉弥真新也、プロ野球選手
  • 1990年 - アリョーナ・レオノワ、フィギュアスケート選手
  • 1990年 - エンリケ・ブルゴス、メジャーリーガー
  • 1991年 - 永島優美、フジテレビアナウンサー
  • 1991年 - 山川穂高、プロ野球選手
  • 1992年 - マイリー・サイラス、歌手、アイドル
  • 1993年 - 長沢裕、タレント
  • 1993年 - 中島美央、ダンサー、歌手(Flower、E-girlsのメンバー)
  • 1993年 - 堤礼実、フジテレビアナウンサー
  • 1996年 - アンナ・ヤノフスカヤ、アイスダンス選手
  • 1997年 - 吉田理恩、子役
  • 1997年 - 沢木ルカ、子役、女優
  • 1997年 - 竹内朱莉、アイドル(アンジュルム)
  • 1998年 - 志田愛佳、アイドル(欅坂46)
  • 2000年 - 菅原りこ、アイドル(NGT48)
  • 記載なし - 布施川一寛、声優

忌日

  • 1366年(正平21年/貞治5年10月20日)- 峨山韶磧、曹洞宗の僧(* 1275年)
  • 1457年 - ラディスラウス・ポストゥムス、オーストリア公・ボヘミア・ハンガリー王(* 1440年)
  • 1503年 - マーガレット、ブルゴーニュ公シャルルの妃(* 1446年)
  • 1555年(弘治元年閏10月10日)- 太原雪斎、今川氏家臣、僧(* 1496年)
  • 1572年 - アーニョロ・ブロンズィーノ、画家(* 1505年)
  • 1585年 - トマス・タリス、作曲家(* 1505年頃)
  • 1668年(寛文8年10月19日)- 松平定行、初代伊予松山藩主(* 1584年)
  • 1682年 - クロード・ロラン、画家(* 1600年)
  • 1726年 - ゾフィア・ドロテア、英国王ジョージ1世の妃(* 1666年)
  • 1789年(寛政元年10月7日)- 毛利重就、第8代長州藩主(* 1725年)
  • 1814年 - エルブリッジ・ゲリー、第5代アメリカ合衆国副大統領(* 1744年)
  • 1826年 - ヨハン・ボーデ、天文学者(* 1747年)
  • 1841年(天保12年10月11日)- 渡辺崋山、田原藩家老、南画家(* 1793年)
  • 1844年 - トーマス・ヘンダーソン、天文学者(* 1798年)
  • 1890年 - ウィレム3世、オランダ国王(* 1817年)
  • 1896年 - 樋口一葉、小説家・作家、歌人(* 1872年)
  • 1910年 - オクターヴ・シャヌート、鉄道・航空技術者(* 1832年)
  • 1916年 - エドゥアルド・ナープラヴニーク、指揮者、作曲家(* 1839年)
  • 1938年 - エーリック・ヴァーレンショルド、画家(* 1855年)
  • 1946年 - アーサー・ダヴ、画家(* 1880年)
  • 1946年 - レオン・スピリアールト、画家(* 1881年)
  • 1948年 - ハック・ウィルソン、メジャーリーガー(* 1900年)
  • 1957年 - 堀日亨、僧侶、大石寺第59代法主(* 1867年)
  • 1959年 - 両國梶之助(瓊ノ浦)、大相撲力士・元関脇(* 1907年)
  • 1967年 - オットー・エーリヒ・ドイチュ、音楽学者(* 1883年)
  • 1970年 - ユソフ・ビン・イサーク、初代シンガポール大統領(* 1910年)
  • 1970年 - アルフ・プリョイセン、児童文学作家(* 1914年)
  • 1973年 - 早川雪洲、俳優(* 1889年)
  • 1973年 - 愛知揆一、日本の元内閣官房長官、外務大臣、法務大臣、文部大臣(* 1907年)
  • 1973年 - 中野雅晴、カーレーサー(* 1949年)
  • 1974年 - コーネリアス・ライアン、ジャーナリスト(* 1920年)
  • 1976年 - アンドレ・マルロー、作家(* 1901年)
  • 1986年 - 増村保造、映画監督(* 1924年)
  • 1986年 - 仁木悦子、小説家(* 1928年)
  • 1988年 - 古畑正秋、天文学者(* 1912年)
  • 1988年 - 政岡憲三、アニメーション監督(* 1898年)
  • 1990年 - ロアルド・ダール、作家、脚本家(* 1916年)
  • 1991年 - 上原謙、俳優(* 1909年)
  • 1991年 - クラウス・キンスキー、俳優(* 1926年)
  • 1995年 - ルイ・マル、映画監督(* 1932年)
  • 1996年 - アート・ポーター・ジュニア、ジャズ・フュージョン、サクソフォーン奏者(* 1961年)
  • 1997年 - 直井潔、小説家(* 1915年)
  • 2002年 - 杉尾富美雄、プロ野球選手(* 1934年)
  • 2003年 - 竹林明秀、シナリオライター(* 1970年)
  • 2004年 - 石床幹雄、プロ野球選手(* 1947年)
  • 2005年 - 徳川義宣、第21代尾張徳川家当主、徳川美術館館長、美術史家(* 1933年)
  • 2006年 - 灰谷健次郎、児童文学作家(* 1934年)
  • 2006年 - フィリップ・ノワレ、俳優(* 1930年)
  • 2007年 - 大谷一二、サッカー選手、東洋紡績名誉顧問(* 1912年)
  • 2007年 - ウラジーミル・クリュチコフ、ソ連国家保安委員会議長(* 1924年)
  • 2008年 - 野口悦男、温泉評論家(* 1947年)
  • 2008年 - リチャード・ヒコックス、指揮者(* 1948年)
  • 2009年 - 亀山房代、漫才師、タレント(* 1967年)
  • 2010年 - 笶田みこ、歌手(* 生年不明)
  • 2014年 - 中島啓江、オペラ歌手(* 1957年)
  • 2015年 - 真板益夫、教育者(* 1920年)
  • 2015年 - 今井洋介、アーティスト(* 1984年)
  • 2016年 - 臼井正明、俳優(* 1928年)

スピーチ作成 - テーマ「勤労感謝の日」

自分が初めてテーマを知った/経験した時のエピソード。
テーマについて自分はどう思うか/思ったか。
言葉/行動/影響について自分はどう思うか。
今後自分はどうしたいと思うか。

スピーチ出力 - 11-23_勤労感謝の日.txt

想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。
日付からスピーチを作る
12月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
1月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
2月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29
3月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
4月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
5月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
6月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
7月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
8月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
9月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
10月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
11月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30

参考になる本

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法
 会議・朝礼・電話でも、接客・商談・会合でも、面接・結婚式のスピーチでも、デート・合コン・保護者会でも。
 こんなふうに話せば「あがり」にさようなら! 予約半年待ち! 超人気講師が教える“緊張しないコツ。
¥ 1,210
超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48
 本書では、人前では話すことが苦手な人でもすぐ実行でき、たちまち効果を実感できる「あがらずに話せる正しい方法」を48個紹介しています。
 スピーチ・朝礼・会議・面接でドキドキしない!商談・プレゼン・営業が面白いほど成功する!人前で話すのが苦手な人でも大丈夫!あがらずに話せる超シンプルなテクニックを大公開!
¥ 1,296
朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100 話しベタなあなたに贈る
 他人の興味を引く「鉄板ネタ」さえ持っていれば、誰でも「人前で話すこと」が怖くなくなります。
 聞き手が具体的にイメージしやすいようにスポーツ選手や芸能人など、著名人のエピソードもたくさん織り込んだ「鉄板ネタ」を100個集めました。
¥ 1,620
恥をかかないスピーチ力
 新年度に自己紹介をしたり、結婚式やちょっとした集まりで人前で話したりする機会は意外と多い。そんな時に役立つ、スピーチやコメントのコツ、心構え。
 恥をかかないレベルから「なかなかうまいな」と思われるレベルまで、どうステップアップするか。
 「時間感覚」「身体感覚」の重要性、始まり方と終わり方、小ネタの集め方、シーン別のコツやNGポイントまで、人前で話す時にはこれさえあれば大丈夫!
¥ 702
心に届く話し方 65のルール
 本書は、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説した、話し方の基礎技術の本です。
 「本質的に内容が相手にきちんと伝わる」ことを目的とし、「そのための具体的かつ自然な音声表現のディテール」まで迫った本です。
¥ 1,361
カーネギー話し方入門 文庫版
 あのウォーレン・バフェットも受講したというデール・カーネギーの話し方講座のエッセンスをまとめた本。
 カーネギーといえば、大ベストセラーとなった『人を動かす』があまりに有名だが、本書の原著も100万部を突破したベストセラーとして、アメリカでは広く知られている。
¥ 650