365日のネタ・スピーチ例は、1年分(365日分)のネタと、朝礼などのスピーチの作例や作り方を、まとめたサイトです。 >> 使い方を読む

12月3日「奇術の日」


 12月3日は「奇術の日」です。奇術で使われる掛け声「ワン・ツー・スリー」の語呂合わせに由来して、日本奇術協会が、1990年に制定しました。

 手品は一度、友人の家で間近で見る機会がありました。その時には、ほんの鼻先で演じているのに、まったくタネが分からず驚きました。

 手品師の熟練の技のすごさと、人間の意識がどれほど限定的なのかを、実感しました。

 日本における奇術の歴史は、奈良時代に唐より仏教とともに伝来した「散楽(さんがく)」が始まりとされています。
 これらは大道芸として発展して、「放下」「呪術」「幻術」と呼ばれましたが、戦国時代には芸として完成しています。江戸時代頃からは、手妻(てづま)、品玉と呼ばれて人気を博しました。
 しかし、明治時代に西洋奇術が入ってきて、手妻は徐々に勢いを無くしていきました。この頃から、西洋奇術の洋妻(ようづま)に対し和妻(わづま)という呼び方が出てきました。
 そして現在では、和妻は、限られた奇術師しか演じなくなっています。


 新しい物が入って来ることで、元々あった同じカテゴリーの古い物が駆逐される。これは、和妻と洋妻だけでなく、人間でも起こりうる現象です。能力の高い新しい技術者が入って来ることで、古い技術者が用済みになるなどです。

 時代の流れは速いです。そうした状態にならないように、研鑽を積みたいと思います。

スピーチ作例 12月3日1
文字数:589文字   想定時間:157
想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。

その他の情報

 日本奇術協会では、1997年5月27日に、文化庁より認定された古典奇術「和妻」の保存活動として、資料作成及び、研修会を開催しています。
 日本最古の奇術書は、1715年に刊行された「神仙戯術」です。これには、ひょうたんがひとりでに動く術、つくりものの魚に水中を泳がせる術などが紹介されています。
 代表的な和妻に、「胡蝶の舞」というものがあります。白い半紙を破って蝶を作り、これに扇子で風を送ると、紙でできている蝶が、まるで生きているかのように空中を舞うというものです。
 マジックの語源は、香木を火に捧げる祭儀や夢占・占星術を司る古代ペルシアの祭司階級であるマゴスから派生したギリシア語「マゲイア」です。
 古代ギリシア・ローマ世界において、マゲイアという言葉は本来、マゴスの業や知識を指す語でしたが、呪術、まじない、奇術、さらにはイカサマやペテンといった悪い意味でも使われるようになりました。
 1845年のロベール・ウーダンの登場から、奇術は近代芸能へと変化を遂げます。それまでの「黒魔術的な怪しい衣装で暗い照明の下、不気味な演出で」行われていた奇術を、ウーダンは「燕尾服に明るい照明、スマートな演出」を行うことで、完全なエンターテイメントへ変えた最初の人物です。このことから、ウーダンは「近代奇術の父」と呼ばれます。

記念日・年中行事

  • 国際障害者デー
    1992年の国連総会で制定された国際デー。1982年のこの日に「障害者に関する世界行動計画」が国連総会で採択されたことを記念。
  • 国際バスク語の日
  • カレンダーの日(日本)
    太陽暦採用に伴って明治5年12月3日(旧暦)が明治6年(1873年)1月1日となったことに由来し、全国団扇扇子カレンダー協議会が1987年に制定。
  • 奇術の日(日本)
    奇術を行う際の掛け声「ワン、ツー、スリー」にちなんで日本奇術協会が1990年に制定。
  • 妻の日(日本)
    1年間の妻の労をねぎらう日。1年の最後の月である12月と、感謝を表す「サン(3)クス(Thanks)」の語呂合わせに由来する。1995年に凸版印刷が制定。
  • みかんの日(日本)
    全国果実生産出荷安定協議会と農林水産省が制定。11月3日と12月3日。

歴史

  • 1792年 - 米大統領選挙でワシントンが再選。
  • 1800年 - ナポレオン戦争・第二次対仏大同盟: ホーエンリンデンの戦い。フランス軍がオーストリア軍を破る。
  • 1805年(文化2年10月13日)- 華岡青洲が世界初の麻酔を使った手術に成功。
  • 1818年 - イリノイ準州が州に昇格し、アメリカ合衆国21番目の州・イリノイ州となる。
  • 1828年 - 1828年アメリカ合衆国大統領選挙の結果、アンドリュー・ジャクソンが大統領に選出。
  • 1888年 - 愛媛県から香川県が分割。現在の日本の全ての都道府県の領域が確定する。
  • 1904年 - チャールズ・パーラインが木星の第6衛星ヒマリアを発見。
  • 1906年 - イタリアのサッカークラブ・トリノFCが発足。
  • 1910年 - ジョルジュ・クロードがネオン管を初めて公開。
  • 1926年 - 推理作家アガサ・クリスティが自宅を出たきり失踪。11日後に発見される。
  • 1926年 - 改造社が1冊1円の『現代日本文学全集』の刊行を開始。他社が追従し円本ブームとなる。
  • 1946年 - NHKラジオで日本初のクイズ番組『話の泉』の放送が開始される。
  • 1947年 - テネシー・ウィリアムズの戯曲『欲望という名の電車』がニューヨーク・ブロードウェイで初演。
  • 1959年 - 現在のシンガポールの国旗が制定。
  • 1959年 - 東京で日本初の個人タクシーの営業認可。
  • 1966年 - マカオで一二・三事件がおこる。
  • 1967年 - クリスチャン・バーナードの執刀によって世界初の心臓移植が南アフリカのケープタウンで行われる。世界初のレシピエントは移植18日後に死亡。
  • 1967年 - 福岡国際マラソンでデレク・クレイトンが史上初の2時間10分を切る2時間9分36秒を記録。
  • 1971年 - 第三次印パ戦争勃発。
  • 1973年 - アメリカの惑星探査機「パイオニア10号」が初めて木星の接近画像を送る。
  • 1979年 - 電電公社が東京23区内で自動車電話のサービスを開始。
  • 1985年 - NTTがフリーダイヤルのサービスを開始。
  • 1989年 - ジョージ・H・W・ブッシュ米国大統領とミハイル・ゴルバチョフソ連最高会議幹部会議長兼ソ連共産党書記長がマルタ島で会談し、冷戦の終結を宣言。(マルタ会談)
  • 1994年 - 智頭急行智頭線が開業。
  • 1994年 - ソニー・コンピュータエンタテインメントが家庭用ゲーム機PlayStationを日本国内で発売。
  • 1997年 - 対人地雷禁止条約(オタワ条約)に調印。
  • 1999年 - アメリカの火星探査機「マーズ・ポーラー・ランダー」が火星に到着するが、同日の大気圏突入の直前の通信を最後に通信途絶。
  • 2005年 - Jリーグ、J1・ガンバ大阪が創立初の年間優勝。(2005年J1最終節)
  • 2009年 - メドヴェージェフロシア大統領とローマ教皇ベネディクト16世が会談し、ロシアとバチカンが外交関係を樹立することで合意。
  • 2010年 - 中国高速鉄道のCRH380A(日本の新幹線E2系1000番台)をベースとしたCRH2Cの発展形とされる)が試験走行で最高時速486.1km/hを記録
  • 2011年 - 平成23年台風第12号に伴う豪雨の被害により和歌山県内の一部の区間で不通となっていた、JR紀勢本線が約3カ月ぶりに全線で運転を再開。
  • 2014年 - 宇宙航空研究開発機構が小惑星探査機「はやぶさ2」を打ち上げ。

誕生日

  • 1729年 - アントニオ・ソレール、作曲家(+ 1783年)
  • 1799年 - マーガレット・オニール・イートン、ジョン・ヘンリー・イートンの夫人(+ 1879年)
  • 1819年(文政2年10月16日)- 阿部正弘、幕末の老中、福山藩主(+ 1857年)
  • 1830年 - フレデリック・レイトン、画家、彫刻家(+ 1896年)
  • 1835年(天保6年10月14日)- 小松清廉(帯刀)、薩摩藩士、政治家(+ 1870年)
  • 1857年 - ジョゼフ・コンラッド、小説家(+ 1924年)
  • 1862年 - ジュール・ランカン、ベルギーの首相(+ 1934年)
  • 1876年 - 20代木村庄之助、元大相撲立行司(+ 1940年)
  • 1877年 - リチャード・ピアース、航空工学者(+ 1953年)
  • 1879年 - 永井荷風、小説家(+ 1959年)
  • 1882年 - 種田山頭火、俳人(+ 1940年)
  • 1883年 - アントン・ヴェーベルン、作曲家(+ 1945年)
  • 1887年 - 東久邇宮稔彦王、第43代内閣総理大臣(+ 1990年)
  • 1888年 - 水野仙子、作家(+ 1919年)
  • 1889年 - 小汀利得、ジャーナリスト、時事評論家(+ 1972年)
  • 1890年 - 佐藤惣之助、詩人、作詞家(+ 1942年)
  • 1895年 - アンナ・フロイト、心理学者(+ 1982年)
  • 1898年 - レジナルド・ブライス、日本文化研究者(+ 1964年)
  • 1899年 - 池田勇人、政治家(+ 1965年)
  • 1911年 - ニーノ・ロータ、作曲家(+ 1979年)
  • 1921年 - 数原洋二、実業家
  • 1922年 - 千頭久米夫、プロ野球選手
  • 1923年 - ソール・ライター、写真家
  • 1924年 - ジョン・バッカス、計算機科学者(+ 2007年)
  • 1925年 - 金大中、第15代韓国大統領(+ 2009年)
  • 1925年 - 石坂公成、免疫学者
  • 1925年 - 27代木村庄之助、元大相撲行司
  • 1926年 - 石川清逸、プロ野球選手
  • 1927年 - アンディ・ウィリアムス、歌手(+ 2012年)
  • 1930年 - ジャン=リュック・ゴダール、映画監督
  • 1936年 - 川淵三郎、元サッカー選手、第10代日本サッカー協会会長
  • 1939年 - 木村朱炎、書家
  • 1939年 - 宇多川勝太郎、大相撲力士(+ 1989年)
  • 1940年 - 篠山紀信、写真家
  • 1940年 - 31代木村庄之助、元大相撲行司
  • 1941年 - 山脇百合子、絵本作家、挿絵画家
  • 1942年 - 下河辺晴三、音楽プロデューサー
  • 1942年 - 越智靖朗、プロ野球選手
  • 1943年 - 富沢清司、サッカー選手
  • 1946年 - ヨープ・ズートメルク、自転車プロロードレース選手
  • 1947年 - 山内新一、元プロ野球選手
  • 1947年 - ウェイン・ギャレット、元プロ野球選手
  • 1947年 - 松あきら、政治家、女優
  • 1948年 - オジー・オズボーン、ミュージシャン(ブラック・サバス)
  • 1948年 - 岡崎徹、俳優、歌手
  • 1948年 - 日森文尋、政治家
  • 1949年 - 路遥、小説家(+ 1992年)
  • 1950年 - イルカ、歌手
  • 1951年 - 長州力、プロレスラー
  • 1952年 - 柴田光陽、元騎手、調教師
  • 1953年 - パット・パットナム、元プロ野球選手
  • 1955年 - 麻生よう子、歌手
  • 1956年 - 福井美恵子、バスケットボール選手(+ 1980年)
  • 1957年 - 岩里祐穂、作詞家、作家
  • 1957年 - 鐘井裕治、元プロ野球選手
  • 1958年 - 天川由記子、政治家
  • 1960年 - ダリル・ハンナ、女優
  • 1960年 - ジュリアン・ムーア、女優
  • 1960年 - 倉林明子、政治家
  • 1961年 - 高松信司、アニメーション監督
  • 1962年 - 神保悟志、俳優
  • 1962年 - 久保文雄、元プロ野球選手
  • 1963年 - カトキハジメ、メカニックデザイナー
  • 1963年 - 神田森莉、漫画家
  • 1963年 - 関根正明、俳優
  • 1964年 - パンチ佐藤、元プロ野球選手、タレント
  • 1964年 - マルコ・テンペスト、マジシャン
  • 1965年 - カタリナ・ヴィット、フィギュアスケート選手
  • 1965年 - アンドリュー・スタントン、映画監督、脚本家、プロデューサー
  • 1965年 - 古田新太、俳優
  • 1968年 - 織戸学、レーシングドライバー
  • 1968年 - 松田公太、政治家
  • 1968年 - ブレンダン・フレイザー、俳優
  • 1968年 - 松岡圭祐、小説家
  • 1969年 - 綾瀬早智子、モデル
  • 1969年 - ビル・スティアー、ミュージシャン
  • 1970年 - クリスティアン・カランブー、元サッカー選手
  • 1971年 - 藤井貴彦、アナウンサー
  • 1972年 - 高岡早紀、女優
  • 1972年 - パトリス・アルケット、フィギュアスケート選手
  • 1973年 - 石橋晴行、プロバスケットボール選手
  • 1973年 - 池田ゆい、タレント
  • 1974年 - アルベナ・デンコヴァ、フィギュアスケート選手
  • 1976年 - 岡本知高、ソプラニスタ
  • 1976年 - ゲーリー・グローバー、メジャーリーガー
  • 1976年 - シルビア・フォンタナ、フィギュアスケート選手
  • 1977年 - 笑福亭智之介、落語家、マジシャン
  • 1978年 - マット・チルダース、プロ野球選手
  • 1978年 - 松橋拓二、元プロボクサー
  • 1979年 - 村田秀亮、お笑い芸人(とろサーモン)
  • 1979年 - 首藤奈知子、アナウンサー
  • 1979年 - 星野奏子、歌手、作詞家
  • 1980年 - 壇蜜、グラビアアイドル
  • 1980年 - 武田豊彦、お笑い芸人(アントニオ)
  • 1981年 - エドウィン・バレロ、プロボクサー(+ 2010年)
  • 1981年 - ダビド・ビジャ、サッカー選手
  • 1982年 - マイケル・エッシェン、サッカー選手
  • 1982年 - 美竹涼子、元AV女優
  • 1982年 - 坂本エンリケ、ファッションモデル
  • 1982年 - マニー・コーパス、メキシカンリーガー
  • 1982年 - ALEXANDER、俳優、ファッションモデル
  • 1984年 - 横川史学、プロ野球選手
  • 1984年 - 高井彰大、騎手
  • 1984年 - エレーナ・ロマノフスカヤ、フィギュアスケート選手
  • 1984年 - 濱野雅慎、野球選手
  • 1985年 - フィリッパ・ハミルトン、ファッションモデル
  • 1985年 - アマンダ・サイフリッド、女優
  • 1987年 - アリシア・サクラモーン、体操選手
  • 1987年 - ジェリアール・カストロ、元マイナーリーガー
  • 1988年 - 周防ゆきこ、AV女優
  • 1988年 - 川谷絵音、indigo la End及びゲスの極み乙女。のボーカリスト、ギタリスト
  • 1989年 - 江川清音、ウェザーニュースキャスター、お天気お姉さん
  • 1989年 - 阿部寿樹、プロ野球選手
  • 1990年 - 矢吹シャルロッテ、グラビアアイドル
  • 1990年 - 米本拓司、サッカー選手
  • 1991年 - 碓井将大、D-BOYS
  • 1991年 - 渡部やえ、演歌歌手
  • 1992年 - アヤンレ・スレイマン、陸上競技選手
  • 1993年 - 中川誠也、プロ野球選手
  • 1994年 - 京本大我、ジャニーズJr.(SixTONES)
  • 1994年 - 橋本拓哉、プロバスケットボール選手
  • 1994年 - 芹澤優、声優、アイドル(i☆Ris)
  • 1994年 - 増岡加奈子、バスケットボール選手
  • 1994年 - loundraw、イラストレーター
  • 1995年 - 入山杏奈、アイドル(AKB48)
  • 1995年 - 彩乃なな、AV女優
  • 1995年 - 水上京香、女優年
  • 生年非公表(宝塚時代)- 緒月遠麻、元宝塚歌劇団宙組男役スター
  • 生年不明 - 甘束まお、声優
  • 生年不明 - 鈴木亜理沙、声優

忌日

  • 311年 - ディオクレティアヌス、ローマ皇帝(* 244年)
  • 1137年 - ロタール3世、神聖ローマ皇帝(* 1075年)
  • 1490年 - ジュリアーノ・ダ・マイアーノ、彫刻家
  • 1552年 - フランシスコ・ザビエル、イエズス会宣教師(* 1506年)
  • 1610年(慶長15年10月18日)- 本多忠勝、戦国武将、桑名藩主(* 1548年)
  • 1823年 - ジョヴァンニ・バッティスタ・ベルツォーニ、探検家(* 1778年)
  • 1839年 - フレデリク6世、デンマーク・ノルウェー王(* 1768年)
  • 1848年(嘉永元年11月8日)- 坪井信道、蘭方医(* 1795年)
  • 1850年(嘉永3年10月30日)- 高野長英、蘭学者(* 1804年)
  • 1866年 - ヤン・ヴァーツラフ・カリヴォダ、作曲家(* 1801年)
  • 1876年 - ヘルマン・ゲッツ、作曲家(* 1840年)
  • 1882年 - ジェームズ・チャリス、天文学者(* 1803年)
  • 1885年 - 桃井春蔵、剣術家(* 1825年)
  • 1886年 - 箕作秋坪、蘭学者(* 1826年)
  • 1890年 - 根岸友山、元壬生浪士、庄内藩新徴組取締役(* 1810年)
  • 1894年 - ロバート・ルイス・スティーヴンソン、小説家(* 1850年)
  • 1897年 - フリードリヒ・ヴィネッケ、天文学者(* 1835年)
  • 1910年 - メリー・ベーカー・エディ、クリスチャン・サイエンスの創立者(* 1812年)
  • 1919年 - ピエール=オーギュスト・ルノワール、画家(* 1841年)
  • 1920年 - ウィリアム・アブニー、天文学者、化学者(* 1843年)
  • 1929年 - 多忠亮、ヴァイオリニスト、作曲家(* 1895年)
  • 1931年 - 花井卓蔵、弁護士(* 1868年)
  • 1931年 - フランク・キレン、メジャーリーガー(* 1870年)
  • 1935年 - ミルマン・パリー、叙事詩学者(* 1902年)
  • 1937年 - 高田早苗、日本の元文部大臣、早稲田大学総長(* 1860年)
  • 1938年 - ガイ・ヘッカー、メジャーリーガー(* 1856年)
  • 1941年 - クリスティアン・シンディング、作曲家(* 1856年)
  • 1941年 - パーヴェル・フィローノフ、画家、美術理論家(* 1883年)
  • 1942年 - ヴィルヘルム・ペッテション=ベリエル、作曲家(* 1867年)
  • 1942年 - ヘンナー・ヘンケル、テニス選手(* 1915年)
  • 1948年 - 式守伊之助(16代)、大相撲の立行司(* 1892年)
  • 1956年 - アレクサンドル・ロトチェンコ、画家、写真家、デザイナー(* 1891年)
  • 1965年 - 河上丈太郎、政治家(* 1889年)
  • 1969年 - 長谷部言人、人類学者(* 1882年)
  • 1975年 - 鹿島守之助、実業家、参議院議員(* 1896年)
  • 1977年 - ルドルフ・コンフナー、工学者、物理学者(* 1909年)
  • 1978年 - ウィリアム・グラント・スティル、作曲家(* 1895年)
  • 1979年 - 張国涛、中国共産党創立初期の幹部(* 1897年)
  • 1980年 - オズワルド・モズリー、ファシズム運動指導者(* 1896年)
  • 1980年 - 板沢峰生、プロ野球選手(* 1961年)
  • 1986年 - 川島四郎、栄養学者(* 1895年)
  • 1986年 - 武田文吾、元騎手、調教師(* 1907年)
  • 1986年 - 東君平、絵本作家、童話作家(* 1940年)
  • 1988年 - 清水宗徳、老荘思想研究家(* 1910年)
  • 1993年 - 磯田一郎、実業家、経団連副会長(* 1913年)
  • 1996年 - バブラク・カールマル、政治家、アフガニスタン革命評議会議長(* 1929年)
  • 1999年 - スキャットマン・ジョン、ミュージシャン(* 1942年)
  • 1999年 - マデリーン・カーン、女優(* 1942年)
  • 2000年 - 小平忠、政治家(* 1915年)
  • 2000年 - 福田純、映画監督(* 1923年)
  • 2002年 - グレン・クイン、俳優(* 1970年)
  • 2003年 - フェリックス・カスパー、フィギュアスケート選手(* 1915年)
  • 2004年 - 陳省身、数学者、教育家、中国科学院外国人院士(* 1911年)
  • 2005年 - 鎌田要人、元鹿児島県知事(* 1921年)
  • 2005年 - 川崎寛治、元日本社会党衆議院議員(* 1922年)
  • 2005年 - 田中敦子、画家(* 1932年)
  • 2006年 - 大森健次郎、映画監督(* 1933年)
  • 2006年 - 竹中省吾、裁判官(* 1942年)
  • 2008年 - オリバー・セルフリッジ、人工知能研究者(* 1926年)
  • 2012年 - 小月冴子、女優(* 1922年)

スピーチ作成 - テーマ「奇術の日」

自分が初めてテーマを知った/経験した時のエピソード。
テーマについて自分はどう思うか/思ったか。
言葉/行動/影響について自分はどう思うか。
今後自分はどうしたいと思うか。

スピーチ出力 - 12-03_奇術の日.txt

想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。
日付からスピーチを作る
10月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
11月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
12月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
1月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
2月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29
3月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
4月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
5月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
6月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
7月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
8月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
9月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30

参考になる本

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法
 会議・朝礼・電話でも、接客・商談・会合でも、面接・結婚式のスピーチでも、デート・合コン・保護者会でも。
 こんなふうに話せば「あがり」にさようなら! 予約半年待ち! 超人気講師が教える“緊張しないコツ。
¥ 1,210
超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48
 本書では、人前では話すことが苦手な人でもすぐ実行でき、たちまち効果を実感できる「あがらずに話せる正しい方法」を48個紹介しています。
 スピーチ・朝礼・会議・面接でドキドキしない!商談・プレゼン・営業が面白いほど成功する!人前で話すのが苦手な人でも大丈夫!あがらずに話せる超シンプルなテクニックを大公開!
¥ 1,296
朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100 話しベタなあなたに贈る
 他人の興味を引く「鉄板ネタ」さえ持っていれば、誰でも「人前で話すこと」が怖くなくなります。
 聞き手が具体的にイメージしやすいようにスポーツ選手や芸能人など、著名人のエピソードもたくさん織り込んだ「鉄板ネタ」を100個集めました。
¥ 1,620
恥をかかないスピーチ力
 新年度に自己紹介をしたり、結婚式やちょっとした集まりで人前で話したりする機会は意外と多い。そんな時に役立つ、スピーチやコメントのコツ、心構え。
 恥をかかないレベルから「なかなかうまいな」と思われるレベルまで、どうステップアップするか。
 「時間感覚」「身体感覚」の重要性、始まり方と終わり方、小ネタの集め方、シーン別のコツやNGポイントまで、人前で話す時にはこれさえあれば大丈夫!
¥ 702
心に届く話し方 65のルール
 本書は、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説した、話し方の基礎技術の本です。
 「本質的に内容が相手にきちんと伝わる」ことを目的とし、「そのための具体的かつ自然な音声表現のディテール」まで迫った本です。
¥ 1,361
カーネギー話し方入門 文庫版
 あのウォーレン・バフェットも受講したというデール・カーネギーの話し方講座のエッセンスをまとめた本。
 カーネギーといえば、大ベストセラーとなった『人を動かす』があまりに有名だが、本書の原著も100万部を突破したベストセラーとして、アメリカでは広く知られている。
¥ 650