365日のネタ・スピーチ例は、1年分(365日分)のネタと、朝礼などのスピーチの作例や作り方を、まとめたサイトです。 >> 使い方を読む

9月28日「パソコン記念日」


 9月28日は「パソコン記念日」です。1979年9月28日にNECがパソコンブームの火付け役となったPC-8001を発売したことに由来しています。

 NECのパソコンは、中学、高校時代に、親がお金を持っている家の子供が持っていたという記憶が強いです。

 正直、家にパソコンがある友人は、羨ましかったです。

 PC-8001のPCは、パーソナルコンピュータの略です。当時はマイクロコンピュータの略称であるマイコンが、これらのコンピュータの通称でしたが、NECはパーソナルコンピュータ、略称パソコンを商標に据え、一般に定着させていきました。

 私が自分でパソコンを触れるようになったのは、大学の先輩が古いFM TOWNSを譲ってくれた時です。そのパソコンでは、延々と「プリンセスメーカー」をしていました。ともかく遅かったのですが、その遅さを耐えながら遊んでいました。

 当時から考えると、今のパソコンは本当に高速です。隔世の感があります。技術の進歩に感謝しながら、今はパソコンで延々と仕事をしています。

スピーチ作例 9月28日1
文字数:454文字   想定時間:130
想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。

引用・参考URL

このページの引用・参考URL。

記念日・年中行事

  • 世界狂犬病デー
    2006年に発足した狂犬病予防連盟が制定。狂犬病ワクチンの開発者であるルイ・パスツールの忌日。
  • 聖ヴァーツラフの日(チェコ)
    935年、ボヘミア公ヴァーツラフ1世が弟のクーデターにより殺害された日。ヴァーツラフ1世はチェコの守護聖人(聖ヴァーツラフ)である。
  • パソコン記念日(日本)
    1979年9月28日にNECがパソコンブームの火付け役となったPC-8001を発売したことに由来。
  • プライバシー・デー(日本)
    「宴のあと」事件で、日本で初めてプライバシーの権利を認めた判決が1964年9月28日に下されたことに由来。

歴史

  • 紀元前48年 - ローマの執政官ポンペイウスがエジプト軍の刺客により暗殺される。
  • 935年 - ボヘミア公ヴァーツラフ1世が弟ボレスラフのクーデターにより殺害。
  • 1066年 - ノルマンディー公ギヨーム(ウィリアム1世)がイングランドに侵入。ノルマン・コンクエストが始まる。
  • 1708年 - 大北方戦争: レスナーヤの戦い
  • 1745年 - ロンドンのドルリー・レーン王立劇場で、後にイギリス国歌となる「女王陛下万歳」が初めて演奏。
  • 1779年 - サミュエル・ハンティントンが大陸会議議長に選ばれる。
  • 1781年 - アメリカ独立戦争: アメリカ・フランス軍がヨークタウンのイギリス軍を包囲。ヨークタウンの戦いが始まる。
  • 1823年 - レオ12世がローマ教皇に即位。
  • 1864年 - ロンドンでマルクス、エンゲルスらの主導により諸国の労働者代表が会合。国際労働者協会(第一インターナショナル)を結成。
  • 1867年 - トロントがカナダ・オンタリオ州の州都になる。
  • 1868年 - アルコレアの戦い
  • 1871年 - ブラジルで奴隷の子供の解放を目的とした新生児自由法が制定。
  • 1902年 - 足尾台風が関東・東北南部を通過。小田原で小田原大海嘯が発生するなどし、全国で死者300人以上。
  • 1908年 - ニザーム藩王国統治下のハイデラバードでムーシー川が大氾濫。
  • 1918年 - 白虹事件: 大阪朝日新聞社長村山龍平が国粋団体黒龍会会員に襲撃される。
  • 1921年 - 安田財閥総帥の安田善次郎が、大磯の別邸で右翼浪人に暗殺される。
  • 1924年 - ダグラス DWCが4月4日以来175日をかけて、編成部隊によるを達成する。
  • 1926年 - 京浜線(現在の京浜東北線の一部)に自動ドアの電車が初めて登場。
  • 1939年 - 第二次世界大戦: ナチス・ドイツとソビエト連邦がドイツ・ソビエト境界友好条約を締結。両国のポーランドにおける勢力圏が画定する。
  • 1939年 - 第二次世界大戦: ナチス・ドイツ軍がポーランドの首都ワルシャワを占領。
  • 1941年 - 満洲・朝鮮国境の水豊ダムが営業発電を開始。
  • 1950年 - インドネシアが国連に加盟。
  • 1958年 - フランス第五共和政の新憲法が国民投票で承認。
  • 1958年 - ギニアのフランス共同体への加盟が国民投票で否決され、独立が決まる。
  • 1960年 - セネガルとマリが国際連合に加盟。
  • 1961年 - シリアがアラブ連合共和国から離脱。
  • 1964年 - 三島由紀夫の小説『宴のあと』がプライバシーを侵害したとして、有田八郎元外相が作者と発行元の新潮社を訴えていた『宴のあと』事件で、東京地方裁判所が原告勝訴の判決を下す。
  • 1966年 - 前年1月に国連を脱退していたインドネシアが再加盟。
  • 1967年 - 上越線の新清水トンネルが開通し、全線の複線化が完成。
  • 1970年 - エジプト大統領ガマール・アブドゥル=ナーセルが心臓発作で急死。副大統領アンワル・アッ=サーダートが大統領に就任。
  • 1971年 - 東大宇宙航空研が第1号科学衛星「しんせい」を打ち上げ。
  • 1971年 - 美濃部亮吉東京都知事が都議会でゴミ処理危機を訴える「ゴミ戦争宣言」を行う。
  • 1977年 - ダッカ日航機ハイジャック事件
  • 1978年 - 日本テレビが世界初の音声多重放送を開始。
  • 1979年 - 1979年9月に発売されたPC-8001について、この日が発売であると、例えば科学技術振興機構の “JSTバーチャル科学館|科学 今日は何の日?9月28日” が “NECがパーソナルコンビュータ「PC-8000」を発売” と掲載しているなど広く信じられているが、2016年現在、9月28日を発売日とする当時の資料は確認されておらず、日本電気も日付は示していない。しかし、1990年代より「パソコンの日」等とする本などが現れ、現在では日本記念日協会が協会認定の記念日ではないが「パソコン記念日」と記しているため、広く同機が発売された記念日だと信じられている。
  • 1984年 - 高度情報通信システム(INS)のモデル実験が三鷹市・武蔵野市で開始。
  • 1987年 - 青函トンネルに初の試運転列車が走る。
  • 1994年 - エストニアのフェリー「エストニア号」がバルト海で沈没。死者852名。
  • 2000年 - パレスチナ問題: 野党時代のリクード党首アリエル・シャロンが神殿の丘に立ち入り、の契機となる。
  • 2005年 - 北海道根室市沖合で、イスラエル船籍の「ZIM・アジア」による当て逃げによりサンマ漁船「第三新生丸」が沈没、乗員7名死亡。
  • 2006年 - タイに、アジア最大規模となるスワンナプーム国際空港が開港。
  • 2008年 - 麻生内閣の中山成彬が自らの失言の責任を取り就任4日目で国土交通大臣を辞任。
  • 2008年 - アメリカの民間企業スペースXのロケット「ファルコン1」が初めて打ち上げに成功。
  • 2009年 - ギニアでムサ・ダディス・カマラ大統領に反対する野党集会に大統領警護隊が無差別発砲。157名が死亡。
  • 2012年 - ネパールの首都カトマンズ郊外でドルニエ 228型双発旅客機が墜落、19人が死亡。
  • 2014年 - 2014年香港反政府デモにおいて、香港中心部での座り込みとそれに対する警察の催涙スプレーなどの使用による排除が始まる。

誕生日

  • 1573年 - ミケランジェロ・メリージ(カラヴァッジオ)、画家(+ 1610年)
  • 1681年 - ヨハン・マッテゾン、作曲家(+ 1764年)
  • 1746年 - ウィリアム・ジョーンズ、言語学者、裁判官(+ 1794年)
  • 1803年 - プロスペル・メリメ、作家(+ 1870年)
  • 1823年 - アレクサンドル・カバネル、画家(+ 1889年)
  • 1834年 - シャルル・ラムルー、指揮者、ヴァイオリニスト(+ 1899年)
  • 1846年(弘化3年8月8日)- 蜂須賀茂韶、徳島藩主、政治家(+ 1918年)
  • 1852年 - ジョサイア・コンドル、建築家(+ 1920年)
  • 1867年(慶応3年9月1日)- 長野宇平治、建築家(+ 1937年)
  • 1887年 - アベリー・ブランデージ、IOC第5代会長(+ 1975年)
  • 1892年 - エルマー・ライス、脚本家(+ 1967年)
  • 1905年 - マックス・シュメリング、プロボクサー(+ 2005年)
  • 1906年 - フーベルト・バルワーザー、フルート奏者(+ 1985年)
  • 1908年 - 藤田良雄、天文学者(+ 2013年)
  • 1912年 - 大原富枝、小説家(+ 2000年)
  • 1913年 - イーディス・パージター(エリス・ピーターズ)、作家(+ 1995年)
  • 1915年 - 坂東文夫、彫刻家(+ 2006年)
  • 1915年 - 浜崎忠治、プロ野球選手(+ 没年不詳)
  • 1920年 - 柚木進、元プロ野球選手(+ 1997年)
  • 1923年 - 島田ばく、児童文学者、詩人(+ 2004年)
  • 1924年 - マルチェロ・マストロヤンニ、俳優(+ 1996年)
  • 1925年 - シーモア・クレイ、スーパーコンピュータ設計者(+ 1996年)
  • 1927年 - ナウム・シュタルクマン、ピアニスト(+ 2006年)
  • 1929年 - 三船浩、歌手(+ 2005年)
  • 1930年 - イマニュエル・ウォーラーステイン、社会学者
  • 1931年 - 小倉基、政治家(+ 2015年)
  • 1931年 - 森谷司郎、映画監督(+ 1984年)
  • 1933年 - 湯浅憲明、映画監督(+ 2004年)
  • 1934年 - ブリジット・バルドー、女優
  • 1936年 - ミレーヌ・ドモンジョ、女優
  • 1936年 - 赤木健一、プロ野球選手
  • 1938年 - ベン・E・キング、歌手(+ 2015年)
  • 1938年 - 中村稔、元プロ野球選手
  • 1939年 - スチュアート・カウフマン、生物学者
  • 1939年 - ブルース・フローミング、メジャーリーグ審判員
  • 1942年 - 石谷訓啓、プロ野球選手
  • 1943年 - 土井喜美夫、政治家
  • 1943年 - J・T・ウォルシュ、俳優
  • 1944年 - 東隆明、俳優
  • 1944年 - サイモン・ウィンチェスター、ジャーナリスト、著作家
  • 1944年 - 山口芳忠、サッカー選手
  • 1947年 - 鈴木啓示、プロ野球選手、プロ野球監督、野球解説者
  • 1947年 - 金田誠一、政治家
  • 1947年 - 千藤三樹男、元プロ野球選手
  • 1948年 - 大塚範一、アナウンサー
  • 1948年 - 所雅樹、俳優
  • 1950年 - 周富輝、料理人
  • 1950年 - 内藤やす子、歌手
  • 1951年 - デヴィッド・レーシッチ、元プロ野球選手
  • 1952年 - 喜多秀喜、元マラソン選手
  • 1952年 - シルビア・クリステル、女優、モデル(+ 2012年)
  • 1954年 - ジョージ・リンチ、ギタリスト
  • 1954年 - 犬塚直史、政治家
  • 1954年 - 田中昌宏、元プロ野球選手
  • 1956年 - ジェームズ・ハルセル、宇宙飛行士
  • 1957年 - ティエリー・フィッシャー、指揮者、フルート奏者
  • 1958年 - 和泉宏隆、ピアニスト
  • 1959年 - 小西博之、俳優
  • 1959年 - 徳井優、俳優
  • 1959年 - 田島克彦、プロ野球選手
  • 1959年 - 野崎進、プロ野球選手
  • 1963年 - 秋原正俊、映画監督
  • 1965年 - 西田二郎、ディレクター
  • 1965年 - ジンジャー・フィッシュ、ドラマー(マリリン・マンソン)
  • 1966年 - 吉川元、政治家
  • 1967年 - 貴闘力忠茂、元関脇、元大嶽親方
  • 1967年 - 藤木千穂、アナウンサー
  • 1967年 - ミラ・ソルヴィノ、女優
  • 1968年 - ミカ・ハッキネン、レーシング・ドライバー
  • 1968年 - 藪恵壹、メジャーリーガー
  • 1968年 - フランソワ・"ザ・ホワイトバッファロー"・ボタ、格闘家
  • 1968年 - 邪道、プロレスラー
  • 1968年 - 内田浩一、調教助手、元騎手
  • 1968年 - ナオミ・ワッツ、女優
  • 1968年 - コーネリオ・ヴェラスケス、騎手
  • 1969年 - 大浦正文、元バレーボール選手(+ 2013年)
  • 1969年 - 仙道敦子、女優
  • 1969年 - 渡辺美奈代、タレント
  • 1969年 - キム・ヘソン、女優
  • 1970年 - 岸祐二、俳優
  • 1970年 - 伊達公子、テニス選手
  • 1970年 - フィラット・アルスラン、プロボクサー
  • 1970年 - 中山英子、スケルトン選手
  • 1970年 - ブライアン・バンクス、元プロ野球選手
  • 1970年 - 岩本真典、ハンドボール選手
  • 1971年 - 矢島学、アナウンサー
  • 1971年 - ジョセフ・アーサー、シンガーソングライター
  • 1972年 - ディタ・フォン・ティース、ダンサー
  • 1972年 - ヴェルナー・シュラガー、卓球選手
  • 1974年 - 福永一茂、アナウンサー
  • 1975年 - レニー・クレーゼルバーグ、競泳選手
  • 1975年 - 飯塚智広、元野球選手
  • 1975年 - フアン・モレノ、元野球選手
  • 1976年 - エメリヤーエンコ・ヒョードル、総合格闘家
  • 1977年 - 葛城育郎、プロ野球選手
  • 1977年 - 木村剛、俳優
  • 1978年 - 加藤督朗、元キックボクサー
  • 1978年 - マルツェナ・ゴデッキ、女優
  • 1978年 - ブシドー、ラッパー
  • 1979年 - バム・マージェラ、スケートボーダー
  • 1979年 - KENCHI、EXILEパフォーマー
  • 1980年 - ステラかなえ、ファッションモデル
  • 1981年 - 久保田直子、アナウンサー
  • 1981年 - 神楽坂恵、女優
  • 1981年 - ととねみぎ、漫画家
  • 1982年 - 吹石一恵、女優
  • 1982年 - 青木剛、サッカー選手
  • 1982年 - 林一嘉、映画監督
  • 1982年 - アレクサンデル・アニュコフ、サッカー選手
  • 1982年 - アンダーソン・ヴァレジャオ、バスケットボール選手
  • 1982年 - エメカ・オカフォー、バスケットボール選手
  • 1982年 - アビナヴ・ビンドラ、射撃選手
  • 1982年 - ノルウェン・ルロワ、歌手
  • 1982年 - ランビール・カプール、俳優
  • 1982年 - マイカ・オーウィングス、メジャーリーガー
  • 1983年 - イザベル・ピエマン、フィギュアスケート選手
  • 1983年 - 岩合智史、俳優、モデル
  • 1984年 - ライアン・ジマーマン、メジャーリーガー
  • 1984年 - メロディ・ソーントン、歌手、ダンサー
  • 1984年 - 若乃島史也、大相撲力士
  • 1985年 - アリーナ・イブラギモヴァ、ヴァイオリニスト
  • 1986年 - 井野亜季子、バレーボール選手
  • 1986年 - 福井仁美、タレント
  • 1986年 - アンドレス・グアルダード、サッカー選手
  • 1986年 - ザック・スチュワート、プロ野球選手
  • 1987年 - ヒラリー・ダフ、歌手、女優
  • 1987年 - クロエ・ハンスリップ、ヴァイオリニスト
  • 1988年 - ホラン千秋、女優、タレント
  • 1988年 - 橋本良平、プロ野球選手
  • 1988年 - 原田真利、女子プロレスラー
  • 1988年 - エスミー・デンターズ、歌手
  • 1988年 - 星野香織、タレント
  • 1988年 - キャメロン・ラップ、メジャーリーガー
  • 1988年 - 青山めぐ、タレント
  • 1989年 - マーク・ランドール、サッカー選手
  • 1989年 - 土井杏利、ハンドボール選手
  • 1990年 - スレイド・ヒースコット、メジャーリーガー
  • 1991年 - エディ・ロザリオ、メジャーリーガー
  • 1991年 - 田上真里奈、女優
  • 1992年 - スカイ・マッコール・バートシアク、女優(+ 2014年)
  • 1992年 - 鶴見虹子、体操選手
  • 1993年 - 石川紗都美、ファッションモデル、女優
  • 1993年 - 岡田サリオ、グラビアアイドル
  • 1993年 - 樋越優一、プロ野球選手
  • 1994年 - 立石晴香、ファッションモデル、女優
  • 生年不明 - 萌木原ふみたけ、イラストレーター
  • 生年不明 - 蘭華、シンガーソングライター
  • 生年不明 - 宝野アリカ、歌手(ALI PROJECT)
  • 生年不明 - 大崎梢、作家
  • 生年不明 - 長江里加、声優

忌日

  • 935年 - ヴァーツラフ1世(聖ヴァーツラフ)、ボヘミア公(* 907年)
  • 1197年 - ハインリヒ6世、神聖ローマ皇帝(* 1165年)
  • 1456年(康正2年8月29日)- 伏見宮貞成親王、室町時代の皇族(* 1372年)
  • 1678年 - マウリツィオ・カッツァーティ、作曲家(* 1616年)
  • 1790年 - ニコラウス・ヨーゼフ・エステルハージ、ハプスブルク君主国軍の元帥(* 1714年)
  • 1859年 - カール・リッター、地理学者(* 1779年)
  • 1865年(慶応元年8月9日)- 橋本経子、仁孝天皇の典侍(* 1826年)
  • 1873年 - エミール・ガボリオ、小説家(* 1832年)
  • 1890年 - 黒川良安、蘭学者(* 1817年)
  • 1891年 - ハーマン・メルヴィル、小説家(* 1819年)
  • 1895年 - ルイ・パストゥール、細菌学者(* 1822年)
  • 1898年(光緒24年8月13日)- 楊深秀、清の変法派活動家(* 1849年)
  • 1898年(光緒24年8月13日)- 楊鋭、清の変法派活動家(* 1857年)
  • 1898年(光緒24年8月13日)- 劉光第、清の変法派活動家(* 1859年)
  • 1898年(光緒24年8月13日)- 譚嗣同、清の変法派活動家(* 1865年)
  • 1898年(光緒24年8月13日)- 康有溥、清の変法派活動家(* 1867年)
  • 1898年(光緒24年8月13日)- 林旭、清の変法派活動家(* 1875年)
  • 1906年 - 佐々友房、日本の衆議院議員、政治活動家(* 1854年)
  • 1907年 - フリードリヒ1世、バーデン大公(* 1826年)
  • 1911年 - 香川松石、書道家(* 1844年)
  • 1915年 - 斎藤一、新選組隊士(* 1844年)
  • 1918年 - ゲオルク・ジンメル、社会学者・哲学者(* 1858年)
  • 1921年 - 安田善次郎、実業家、安田財閥創業者(* 1838年)
  • 1927年 - ウィレム・アイントホーフェン、医学者(* 1860年)
  • 1935年 - ウィリアム・K・L・ディクソン、発明家(* 1860年)
  • 1943年 - リチャード・オースティン・フリーマン、医者、推理作家(* 1862年)
  • 1944年 - ヨーゼフ・ビュルケル、ドイツの政治家、ナチ党の指導者(* 1895年)
  • 1948年 - グレッグ・トーランド、撮影監督(* 1904年)
  • 1953年 - エドウィン・ハッブル、天文学者(* 1889年)
  • 1956年 - ウィリアム・ボーイング、ボーイング創業者(* 1881年)
  • 1959年 - ルドルフ・カラツィオラ、レーシングドライバー(* 1901年)
  • 1964年 - ハーポ・マルクス、喜劇俳優、マルクス兄弟の次男(* 1888年)
  • 1966年 - アンドレ・ブルトン、詩人(* 1896年)
  • 1968年 - ノーマン・ブルックス、テニス選手(* 1877年)
  • 1970年 - ジョン・ドス・パソス、小説家、画家(* 1896年)
  • 1970年 - ガマール・アブドゥル=ナーセル、第2代エジプト大統領(* 1918年)
  • 1978年 - ヨハネ・パウロ1世、ローマ教皇(* 1912年)
  • 1985年 - ケルテース・アンドル、写真家(* 1894年)
  • 1986年 - 中村幸四郎、数学者(* 1901年)
  • 1988年 - 美濃政市、政治家(* 1912年)
  • 1989年 - フェルディナンド・マルコス、フィリピン大統領(* 1917年)
  • 1991年 - ウジェーヌ・ボザ、作曲家(* 1905年)
  • 1991年 - マイルス・デイヴィス、ジャズトランペッター(* 1926年)
  • 1998年 - 秋山武史、俳優(* 1953年)
  • 2000年 - ピエール・トルドー、カナダ首相(* 1919年)
  • 2001年 - 猪熊功、柔道家(* 1938年)
  • 2002年 - 坂本一亀、編集者(* 1921年)
  • 2003年 - エリア・カザン、映画監督(* 1909年)
  • 2003年 - アリシア・ギブソン、テニス選手(* 1927年)
  • 2005年 - レオ・スターンバック、化学者(* 1908年)
  • 2009年 - かがくいひろし、絵本作家(* 1955年)
  • 2014年 - 小尾信彌、天文学者(* 1925年)
  • 2016年 - 風見章子、女優(* 1921年)
  • 2016年 - シモン・ペレス、第9代イスラエル大統領(* 1923年)
  • 2016年 - 小沢馨、元プロ野球選手(* 1930年)

スピーチ作成 - テーマ「パソコン記念日」

自分が初めてテーマを知った/経験した時のエピソード。
テーマについて自分はどう思うか/思ったか。
言葉/行動/影響について自分はどう思うか。
今後自分はどうしたいと思うか。

スピーチ出力 - 09-28_パソコン記念日.txt

想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。
日付からスピーチを作る
10月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
11月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
12月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
1月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
2月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29
3月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
4月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
5月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
6月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
7月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
8月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
9月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30

参考になる本

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法
 会議・朝礼・電話でも、接客・商談・会合でも、面接・結婚式のスピーチでも、デート・合コン・保護者会でも。
 こんなふうに話せば「あがり」にさようなら! 予約半年待ち! 超人気講師が教える“緊張しないコツ。
¥ 1,210
超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48
 本書では、人前では話すことが苦手な人でもすぐ実行でき、たちまち効果を実感できる「あがらずに話せる正しい方法」を48個紹介しています。
 スピーチ・朝礼・会議・面接でドキドキしない!商談・プレゼン・営業が面白いほど成功する!人前で話すのが苦手な人でも大丈夫!あがらずに話せる超シンプルなテクニックを大公開!
¥ 1,296
朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100 話しベタなあなたに贈る
 他人の興味を引く「鉄板ネタ」さえ持っていれば、誰でも「人前で話すこと」が怖くなくなります。
 聞き手が具体的にイメージしやすいようにスポーツ選手や芸能人など、著名人のエピソードもたくさん織り込んだ「鉄板ネタ」を100個集めました。
¥ 1,620
恥をかかないスピーチ力
 新年度に自己紹介をしたり、結婚式やちょっとした集まりで人前で話したりする機会は意外と多い。そんな時に役立つ、スピーチやコメントのコツ、心構え。
 恥をかかないレベルから「なかなかうまいな」と思われるレベルまで、どうステップアップするか。
 「時間感覚」「身体感覚」の重要性、始まり方と終わり方、小ネタの集め方、シーン別のコツやNGポイントまで、人前で話す時にはこれさえあれば大丈夫!
¥ 702
心に届く話し方 65のルール
 本書は、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説した、話し方の基礎技術の本です。
 「本質的に内容が相手にきちんと伝わる」ことを目的とし、「そのための具体的かつ自然な音声表現のディテール」まで迫った本です。
¥ 1,361
カーネギー話し方入門 文庫版
 あのウォーレン・バフェットも受講したというデール・カーネギーの話し方講座のエッセンスをまとめた本。
 カーネギーといえば、大ベストセラーとなった『人を動かす』があまりに有名だが、本書の原著も100万部を突破したベストセラーとして、アメリカでは広く知られている。
¥ 650