365日のネタ・スピーチ例は、1年分(365日分)のネタと、朝礼などのスピーチの作例や作り方を、まとめたサイトです。 >> 使い方を読む

11月18日「土木の日」


 11月18日は「土木の日」です。土木の2文字を分解すると、十一と十八になること。そして、土木学会の前身である「工学会」の創立が、1879年の11月18日であることから、土木学会、日本土木工業協会などが、1987年にこの日を「土木の日」と制定しました。

 土木と聞いて、私が思い付くのはダムです。子供の頃、ダムの外周をぐるりと回るサイクリングコースに、よく家族で行っていました。

 当時は池や湖の延長ぐらいにしか考えていなかったのですが、周囲の水道を供給しているその規模を知ると、人間の活動はたいしたものだと思わされます。

 「土木の日」を制定した土木学会にの所属会員は、教育・研究機関のほか、建設業、建設コンサルタント、エネルギー関係、鉄道・道路関係、行政機関、地方自治体など多岐にわたっています。
 土木工学の研究対象自体が広いです。鉄道、道路、橋梁、トンネル、港湾、空港、河川、ダム、廃棄物処理、上中下水道。また、発電施設、通信施設、環境保全、造成、交通、国土計画などもあります。
 そのため、1人の技術者が全てに精通しているわけではなく、その分野を専門とする技術者に分かれて実務を担っています。


 人間、一人で全ての仕事に精通することはできません。自分の得意分野を離れれば、知識は人並みになります。

 多くの専門家の意見を聞き、力を借りる。独りよがりではなく、そうした協力のもとに、仕事を進めていければと思います。

スピーチ作例 11月18日1
文字数:616文字   想定時間:23
想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。

記念日・年中行事

  • 独立記念日(ラトビア)
    1918年のこの日、ラトビアがロシア帝国からの独立を宣言した。
  • ナショナルデー(オマーン)
  • いいイヤホン・ヘッドホンの日(日本)
    イヤホン・ヘッドホンの専門店「e☆イヤホン」を運営する株式会社タイムマシンが制定。イヤホン・ヘッドホンの魅力を世界に向けて発信するのが目的。日付は11と18で「いい(11)イヤ(18)ホン」と読む語呂合わせから。
  • いい家の日(日本)
    アサツー ディ・ケイの「ADK不動産プロジェクト」が住宅市場のさらなる活性化を願い制定。多くの人に「自分にとって本当にいい家とは何か」を考えてもらうきっかけを作るとともに、住宅について関心を持ってもらうのが目的。日付は11と18で「いい(11)いえ(18)」と読む語呂合わせから。
  • SKBケースの日(日本)
    サウンドハウスが制定。世界の一流楽器メーカーの指定ケースを手がけるアメリカのケースメーカー・SKB社の正規代理店であることから、その優れた品質と技術を多くの人に知ってもらうのが目的。日付はSKB社の創業日1977年11月18日から。
  • 土木の日(日本)
    日本工学会の前身である工学会が1879年11月18日に設立されたことと、「土木」の「土」が十一(11)に、「木」が十八(18)にそれぞれ分解できることに由来。土木学会、日本土木工業協会などが建設省(現国土交通省)の支援で1987年に制定。
  • 創価学会創立記念日(創価学会)
    1930年のこの日に牧口常三郎と戸田城聖が発刊した『創価教育学体系』の奥付に創価教育学会と記されていることに由来。
  • 熊の日(日本)

歴史

  • 794年(延暦13年10月22日)- 桓武天皇が長岡京から平安京へ遷都。
  • 1307年 - 伝承によると、ウィリアム・テルが自分の息子の頭上に乗せられたリンゴを射抜く。
  • 1727年 - イラン北西部のタブリーズで大地震発生。死者約7万人。
  • 1803年 - ハイチ革命: ヴェルティエールの戦い。ジャン=ジャック・デサリーヌ指揮のアフリカ人(黒人)奴隷反乱軍がフランス軍(ナポレオン・ボナパルト軍)に勝利。サン=ドマング(現在のハイチ共和国)独立が決定的になる。
  • 1901年 - 官営八幡製鉄所が操業開始。
  • 1903年 - パナマ運河条約がアメリカ合衆国とパナマ共和国との間で締結され、パナマ運河のアメリカ管理とパナマ運河地帯の永久租借地化が決定。
  • 1905年 - デンマークのカール王子が、スウェーデンとの同君連合を解消して独立したノルウェーの国王に即位し、ホーコン7世に改名。
  • 1916年 - 第一次世界大戦: ソンムの戦いが終結。
  • 1918年 - ラトビアが旧ロシア帝国からの独立を宣言。
  • 1928年 - アニメキャラクターミッキーマウスのデビュー作となる映画『蒸気船ウィリー』が公開。
  • 1930年 - 牧口常三郎と戸田城聖が、創価学会の母体である創価教育学会を設立。
  • 1936年 - スペイン内戦: ドイツとイタリアがスペインのフランコ政権を承認。
  • 1939年 - 日本音楽著作権協会の前身・大日本音楽著作権協会が創立。
  • 1941年 - 第二次世界大戦:北アフリカ戦線・クルセイダー作戦開始。
  • 1950年 - 国鉄京都駅舎が全焼。
  • 1951年 - 参議院が対日講和条約・日米安保条約を承認。
  • 1974年 - フォード米大統領が来日。現職大統領の来日は初めて。
  • 1978年 - ガイアナ・ジョーンズタウンで、新宗教「人民寺院」の教祖ジム・ジョーンズとその信者が集団自殺。914人が死亡。
  • 1979年 - 世界初の国際陸連公認女子マラソン大会となる第1回東京国際女子マラソンが開催。
  • 1987年 - 日本航空株式会社法が廃止され、日本航空が完全民営化。
  • 1988年 - 元愛知県知事仲谷義明が自殺。(ソウルオリンピックを見届け名古屋オリンピック招致失敗の責をとったとする説があるが真相はいまなお不明)。
  • 1991年 - クロアチア紛争: ヴコヴァルの戦いが終結。
  • 1998年 - 京急空港線羽田空港駅(現・羽田空港国内線ターミナル駅)開業により、同駅 - 都営地下鉄浅草線 - 京成本線成田空港駅間に日本初の2空港間連絡列車「エアポート快特」と「エアポート特急(現在廃止)」が運転を開始する。
  • 2001年 - 任天堂が北米でニンテンドーゲームキューブを発売。
  • 2001年 - JR東日本がSuicaのサービス・販売を開始。
  • 2004年 - 元千葉ロッテマリーンズ投手強盗殺人事件: 千葉ロッテマリーンズの元投手が自らの勤務先の会社員の女性を殺害し、現金数十万円を強奪。
  • 2008年 - 元厚生事務次官宅連続襲撃事件: 山口剛彦元厚生事務次官夫妻が自宅で刺殺されたのが発見され、吉原健二元厚生事務次官の妻も自宅で襲撃され重傷を負う。
  • 2011年 - 東京証券取引所と大阪証券取引所の統合が合意。

誕生日

  • 709年(和銅2年10月13日)- 光仁天皇、49代目天皇(+ 782年)
  • 1647年 - ピエール・ベール、哲学者、思想家(+ 1706年)
  • 1772年 - ルイ・フェルディナント・フォン・プロイセン、軍人(+ 1806年)
  • 1773年(安永2年10月5日)- 徳川家斉、江戸幕府第11代将軍(+ 1841年)
  • 1786年 - カール・マリア・フォン・ウェーバー、作曲家(+ 1826年)
  • 1786年 - ヘンリー・ローリー・ビショップ、作曲家(+ 1855年)
  • 1787年 - ルイ・ジャック・マンデ・ダゲール、画家、写真家、写真の発明者(+ 1851年)
  • 1815年 - ローレンツ・フォン・シュタイン、政治学者(+ 1890年)
  • 1828年 - ジョン・クレスウェル、第26代アメリカ合衆国郵政長官(+ 1891年)
  • 1832年 - アドルフ・エリク・ノルデンショルド、鉱山学者、探検家(+ 1901年)
  • 1847年 - エリシュカ・クラースノホルスカー、作家(+ 1926年)
  • 1860年 - イグナツィ・パデレフスキ、ピアニスト、作曲家、政治家、外交官(+ 1941年)
  • 1882年 - パーシー・ウインダム・ルイス、画家(+ 1957年)
  • 1882年 - ジャック・マリタン、哲学者(+ 1973年)
  • 1897年 - 中川善之助、法学者(+ 1975年)
  • 1902年 - 錦城山勇吉、大相撲力士(+ 1987年)
  • 1904年 - 古賀政男、作曲家(+ 1978年)
  • 1906年 - サイト・ファーイク、作家(+ 1954年)
  • 1914年 - 羽黒山政司、大相撲第36代横綱、元年寄立浪(+ 1969年)
  • 1906年 - アレック・イシゴニス、自動車技術者(+ 1988年)
  • 1921年 - 楠宏、地球物理学者、地理学者
  • 1922年 - ルイス・ソモサ・デバイレ、ニカラグア共和国大統領(+ 1963年)
  • 1929年 - 川久保潔、声優
  • 1933年 - シャーロット・モーマン、チェリスト、パフォーマンスアーティスト(+ 1991年)
  • 1939年 - マーガレット・アトウッド、小説家
  • 1939年 - ジョン・オキーフ、物理学者
  • 1940年 - カーブース・ビン=サイード、オマーン国王(スルタン)
  • 1943年 - 出崎統、アニメーション監督(+ 2011年)
  • 1944年 - 漆原良夫、政治家
  • 1946年 - 森本太郎、ミュージシャン、ギタリスト、元ザ・タイガースのメンバー
  • 1947年 - 森進一、歌手
  • 1948年 - 笠井潔、小説家、評論家
  • 1948年 - 金剛正裕、元大相撲力士、10代二所ノ関親方(+ 2014年)
  • 1949年 - 斉木しげる、俳優、タレント
  • 1950年 - 川尻善昭、サンドアーティスト
  • 1950年 - フェレンク・カーコ、アニメーション監督
  • 1951年 - ハインリヒ・シフ、チェリスト、指揮者
  • 1952年 - ダン・ブリッグス、元プロ野球選手
  • 1953年 - アラン・ムーア、漫画原作者
  • 1954年 - 森繁和、プロ野球選手、コーチ
  • 1954年 - 桂吉朝、落語家(+ 2005年)
  • 1956年 - 松苗あけみ、漫画家
  • 1957年 - 城みちる、歌手
  • 1959年 - とがしやすたか、漫画家
  • 1961年 - 津田直士、作曲家、音楽プロデューサー
  • 1962年 - カーク・ハメット、ギタリスト(メタリカ)
  • 1963年 - ダンテ・ビシェット、元メジャーリーガー
  • 1963年 - ピーター・シュマイケル、元サッカー選手
  • 1963年 - 音重鎮、元プロ野球選手
  • 1964年 - 堀江徹、実業家
  • 1965年 - スティーヴン・アスムッセン、元騎手、調教師
  • 1966年 - ロブ・マットソン、元プロ野球選手
  • 1967年 - トム・ゴードン、メジャーリーガー
  • 1967年 - 小城ノ花昭和、元大相撲力士、年寄高崎
  • 1967年 - 原田和彦、プロ野球選手
  • 1968年 - ダレル・ウィットモア、元プロ野球選手
  • 1968年 - ゲーリー・シェフィールド、メジャーリーガー
  • 1970年 - 角田晃一、調教師、元騎手
  • 1970年 - 川北和典、元プロ野球選手
  • 1970年 - 西村ちなみ、声優
  • 1970年 - 百瀬武昭、漫画家
  • 1970年 - 吉田幸、アナウンサー
  • 1970年 - ヨハン・リーヴァ、ミュージシャン
  • 1970年 - 渡辺満里奈、タレント
  • 1971年 - 稲荷來明、舞台俳優・劇作家
  • 1973年 - 江田由紀浩、俳優
  • 1973年 - 上田佳範、プロ野球選手
  • 1974年 - 飯田祐史、騎手
  • 1974年 - 小栗かずまた、漫画家
  • 1974年 - にしおかすみこ、お笑い芸人
  • 1974年 - ペター・ソルベルグ、ラリードライバー
  • 1975年 - デビッド・オルティーズ、メジャーリーガー
  • 1975年 - アール・アグノリー、元マイナーリーガー
  • 1975年 - 東尾理子、ゴルファー
  • 1976年 - シャグラット、ミュージシャン
  • 1976年 - 本間朋晃、プロレスラー
  • 1978年 - アンドリス・ネルソンス、指揮者
  • 1980年 - 岡田准一、V6
  • 1980年 - 辻香織、シンガーソングライター、歌手
  • 1980年 - フランソワ・デュバル、ラリードライバー
  • 1980年 - エマニュエル・サンデュ、フィギュアスケート選手
  • 1980年 - C.J.ウィルソン、メジャーリーガー
  • 1980年 - 茅原実里、声優
  • 1981年 - ティエリー・デュソトワール、ラグビー選手
  • 1981年 - 曾少宗、俳優
  • 1982年 - 渡辺明乃、声優
  • 1982年 - 田中良平、プロ野球選手
  • 1982年 - 駿河一、プロレスラー
  • 1982年 - ブレント・リーチ、プロ野球選手
  • 1983年 - マイケル・ドーソン、サッカー選手
  • 1983年 - 小川エリカ、元タレント
  • 1983年 - 雪野小春、ストリッパー、AV女優
  • 1984年 - 千葉涼平、歌手、w-inds.
  • 1984年 - 中原貴之、サッカー選手
  • 1984年 - ラファエル、ファッションモデル
  • 1985年 - 斉藤慶太、俳優
  • 1985年 - 斉藤祥太、俳優
  • 1985年 - 三宅宏実、重量挙げ選手
  • 1985年 - アリソン・フェリックス、陸上競技選手
  • 1985年 - 南まりか、タレント、お笑い芸人
  • 1985年 - 川村優希、医師、タレント
  • 1985年 - GENKING、タレント
  • 1986年 - 河本啓佑、声優
  • 1986年 - 椎名ゆな、AV女優
  • 1987年 - ジェイク・アベル、俳優
  • 1988年 - 手塚大、バレーボール選手
  • 1988年 - マリー・ジョゼ・タ・ルー、陸上競技選手
  • 1989年 - 本田理紗子、歌手、女優
  • 1989年 - 荒木ありさ、AV女優
  • 1989年 - マーク・オルブライトン、サッカー選手
  • 1990年 - 金羅英、フィギュアスケート選手
  • 1990年 - 白幡いちほ、タレント、お笑いタレント
  • 1991年 - 新井美穂、ファッションモデル、C CHANNEL 公式クリッパー
  • 1991年 - 遠藤健太、騎手
  • 1991年 - ジェイムソン・タイヨン、プロ野球選手
  • 1991年 - 曲尾マイケ、プロ野球選手
  • 1992年 - ネイサン・クレス、俳優
  • 1992年 - 杉本健勇、サッカー選手
  • 1993年 - 奥仲麻琴、アイドル(元PASSPO☆)
  • 1994年 - 椎名ひかり、アイドル
  • 1996年 - 小川紗季、元歌手、元アイドル(元スマイレージ)
  • 1996年 - 橋口恵莉奈、子役(キャナァーリ倶楽部)
  • 生年不明 - 原田ひとみ、声優
  • 生年不明 - 小池いずみ、声優

忌日

  • 1886年 - チェスター・A・アーサー、第21代アメリカ合衆国大統領(* 1830年)
  • 1889年 - 藤堂高潔、第12代津藩主(* 1837年)
  • 1922年 - マルセル・プルースト、作家(* 1871年)
  • 1928年 - マウリッツ・スティッレル、脚本家、映画監督(* 1883年)
  • 1941年 - ヴァルター・ネルンスト、化学者(* 1864年)
  • 1943年 - 徳田秋声、小説家(* 1872年)
  • 1944年 - 牧口常三郎、宗教者(創価教育学会創立者・創価学会初代会長)、地理学者、教育学者(* 1871年)
  • 1944年 - 久保角太郎、宗教者(霊友会創立者)、仏教改革者(* 1892年)
  • 1944年 - 高橋外喜雄、野球選手(* 1908年)
  • 1952年 - ポール・エリュアール、詩人(* 1895年)
  • 1958年 - 木村荘八、洋画家、随筆家(* 1893年)
  • 1959年 - 豊田三郎、小説家(* 1907年)
  • 1962年 - ニールス・ボーア、物理学者(* 1885年)
  • 1965年 - ヘンリー・A・ウォーレス、第33代アメリカ合衆国副大統領(* 1888年)
  • 1966年 - 河井寛次郎、陶芸家(* 1890年)
  • 1969年 - ジョセフ・P・ケネディ、実業家、外交官(* 1888年)
  • 1973年 - アロイス・ハーバ、作曲家(* 1893年)
  • 1973年 - 本庄栄治郎、経済学者(* 1888年)
  • 1976年 - マン・レイ、写真家(* 1890年)
  • 1977年 - クルト・シュシュニック、オーストリア首相(* 1897年)
  • 1978年 - レニー・トリスターノ、ジャズピアノ奏者(* 1919年)
  • 1978年 - レオ・ライアン、政治家(* 1925年)
  • 1986年 - ジア・キャランジ、ファッションモデル(* 1960年)
  • 1987年 - ジャック・アンクティル、自転車競技選手(* 1934年)
  • 1987年 - ジョージ・リガ、劇作家、小説家(* 1932年)
  • 1987年 - 錦城山勇吉、大相撲力士(* 1902年)
  • 1988年 - 仲谷義明、元愛知県知事(* 1925年)
  • 1991年 - グスターフ・フサーク、チェコスロヴァキアの指導者(* 1913年)
  • 1996年 - 井上頼豊、チェリスト、音楽教育家(* 1912年)
  • 1997年 - 小黒八七郎、医師、内科学者、内視鏡による胃癌治療の権威(* 1929年)
  • 1998年 - 大村憲司、ギタリスト(* 1949年)
  • 2002年 - ジェームズ・コバーン、俳優(* 1928年)
  • 2004年 - 市川春代、女優(* 1913年)
  • 2004年 - 新田昌玄、俳優(* 1934年)
  • 2006年 - 渡辺茂男、児童文学者、翻訳家(* 1928年)
  • 2010年 - 松澤浩明、ギタリスト(* 1960年)
  • 2014年 - 羽仁未央、メディアプロデューサー(* 1964年)
  • 2015年 - ジョナ・ロムー、ラグビー選手(* 1975年)
  • 2017年 - マルコム・ヤング、ギタリスト(* 1953年)
  • 2017年 - ナイム・スレイマノグル、重量挙げ選手(* 1967年)

スピーチ作成 - テーマ「土木の日」

自分が初めてテーマを知った/経験した時のエピソード。
テーマについて自分はどう思うか/思ったか。
言葉/行動/影響について自分はどう思うか。
今後自分はどうしたいと思うか。

スピーチ出力 - 11-18_土木の日.txt

想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。
日付からスピーチを作る
10月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
11月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
12月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
1月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
2月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29
3月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
4月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
5月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
6月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
7月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
8月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
9月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30

参考になる本

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法
 会議・朝礼・電話でも、接客・商談・会合でも、面接・結婚式のスピーチでも、デート・合コン・保護者会でも。
 こんなふうに話せば「あがり」にさようなら! 予約半年待ち! 超人気講師が教える“緊張しないコツ。
¥ 1,210
超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48
 本書では、人前では話すことが苦手な人でもすぐ実行でき、たちまち効果を実感できる「あがらずに話せる正しい方法」を48個紹介しています。
 スピーチ・朝礼・会議・面接でドキドキしない!商談・プレゼン・営業が面白いほど成功する!人前で話すのが苦手な人でも大丈夫!あがらずに話せる超シンプルなテクニックを大公開!
¥ 1,296
朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100 話しベタなあなたに贈る
 他人の興味を引く「鉄板ネタ」さえ持っていれば、誰でも「人前で話すこと」が怖くなくなります。
 聞き手が具体的にイメージしやすいようにスポーツ選手や芸能人など、著名人のエピソードもたくさん織り込んだ「鉄板ネタ」を100個集めました。
¥ 1,620
恥をかかないスピーチ力
 新年度に自己紹介をしたり、結婚式やちょっとした集まりで人前で話したりする機会は意外と多い。そんな時に役立つ、スピーチやコメントのコツ、心構え。
 恥をかかないレベルから「なかなかうまいな」と思われるレベルまで、どうステップアップするか。
 「時間感覚」「身体感覚」の重要性、始まり方と終わり方、小ネタの集め方、シーン別のコツやNGポイントまで、人前で話す時にはこれさえあれば大丈夫!
¥ 702
心に届く話し方 65のルール
 本書は、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説した、話し方の基礎技術の本です。
 「本質的に内容が相手にきちんと伝わる」ことを目的とし、「そのための具体的かつ自然な音声表現のディテール」まで迫った本です。
¥ 1,361
カーネギー話し方入門 文庫版
 あのウォーレン・バフェットも受講したというデール・カーネギーの話し方講座のエッセンスをまとめた本。
 カーネギーといえば、大ベストセラーとなった『人を動かす』があまりに有名だが、本書の原著も100万部を突破したベストセラーとして、アメリカでは広く知られている。
¥ 650