365日のネタ・スピーチ例は、1年分(365日分)のネタと、朝礼などのスピーチの作例や作り方を、まとめたサイトです。 >> 使い方を読む

9月20日「バスの日」


 9月20日は「バスの日」です。1903年9月20日に、日本で初めての営業バスが、京都市内を走ったことに由来して、1987年に日本バス協会が制定しました。

 私は子供時代、通学は徒歩で済む圏内でした。そのため、バスに乗る時は、1時間以上乗るような遠方に行く時が中心でした。

 私の中でバスは、「遠い場所に行くためのもの」というイメージがどうしても付きまといます。そして、非日常に繋がる乗り物でした。

 日本初のバスは、定員が6名で、運転手、助手、乗客4名でした。そして、翌年1月に、経営破綻で営業を終えています。

 随分とこぢんまりとしたもので、現在イメージするバスとは、大きく違うものだったようです。バスのサイズは、元から現在のものではなかったわけです。

 サイズを変えることで、社会にマッチすることもある。今ある物の、様々なパラメータを変えたらどうなるか。そうしたことを想像すると、新しい商品に繋がる可能性があります。

スピーチ作例 9月20日1
文字数:416文字   想定時間:123
想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。

引用・参考URL

このページの引用・参考URL。

記念日・年中行事

  • 秋の彼岸(日本)※このころ
    秋分とその前後3日を秋の彼岸という。
  • 秋の社日(日本、このころ)※秋分に最も近い戊の日
  • 敬老の日(日本、2004年・2010年・2021年)※9月第3月曜日
  • 若者の日(タイ)
    チャクリー王朝の第5代国王ラーマ5世と第8代国王ラーマ8世の誕生日。
  • バスの日(日本)
    1903年9月20日に、日本で初めての営業バスが京都市内を走ったことに由来し、1987年に日本バス協会が制定。
  • 空の日(日本)
    1940年、徳川好敏、日野熊蔵両陸軍大尉が代々木練兵場において日本初の動力飛行に成功して30周年、ならびに紀元2600年を記念して制定した「航空日」にその起源を持つ(なお実際には初飛行は12月で、時期を秋の晴れの特異日にしたとされる)。航空の安全と一層の成長を願い広く国民に親しまれるようにアピールしていくのが目的で、1992年に運輸省(現在の国土交通省)航空局が「空の日」へ改称した。
  • 動物愛護週間(日本、9月26日まで)
  • お手玉の日(日本)
    日本のお手玉の会が制定。1992年のこの日、第1回全国お手玉遊び大会が愛媛県新居浜市で開かれた。

歴史

  • 紀元前480年 - サラミスの海戦(9月29日説あり)。アテネ南西の水道でギリシャ軍が約2倍のペルシャ軍を撃滅。
  • 1336年(延元元年/建武3年8月15日)- 北朝の光明天皇が即位。再び南北朝分離へ。
  • 1378年 - 教会大分裂: 4月に選出されたローマ教皇ウルバヌス6世を支持しないフランス人枢機卿が独自に教皇選挙を行い、その結果ロベール・ド・ジュネーヴがクレメンス7世として即位。教会大分裂の始まり。
  • 1519年 - マゼランが5隻の軍艦・265人でスペインを出航、世界一周航海に出発。
  • 1580年(天正8年8月12日)- 織田信長、佐久間信盛に19ヶ条にわたる折檻状を突きつけ追放。
  • 1609年 - オランダ東インド会社が平戸に日本支社の商館を開設。
  • 1620年(元和6年8月24日)- 伊達政宗の使節としてスペインに赴いた支倉常長が7年振りに帰国。
  • 1697年 - レイスウェイク条約が締結され、大同盟戦争(プファルツ継承戦争)が終結。
  • 1792年 - フランス革命: フランスで初の男子普通選挙による議会である国民公会が召集。
  • 1792年 - フランス革命戦争: ヴァルミーの戦い
  • 1807年(文化4年8月19日)- 永代橋が崩落、深川富岡八幡宮の祭礼に詰め掛けた群衆が大勢巻き込まれ、1,400名もの死者・行方不明者が出た。
  • 1848年 - アメリカ科学振興協会設立。
  • 1854年 - クリミア戦争: アルマの戦い。セヴァストーポリ要塞の攻略を目指すイギリス・フランス・オスマン帝国同盟軍がアルマ河でロシア軍と対戦。
  • 1869年(明治2年8月15日)- 明治政府が蝦夷地を「北海道」と改称する布告。
  • 1875年 - サルディニア王国が改名したイタリア王国がローマ教皇領を併合し、イタリア地域の統一を完成。(東京書籍 世界史Aの教科書より)
  • 1875年 - 江華島事件:日本海軍の軍艦「雲揚」が朝鮮漢江河口の江華島附近で朝鮮守備隊と交戦。
  • 1881年 - 米大統領ジェームズ・ガーフィールドの暗殺に伴い、副大統領チェスター・A・アーサーが第21代大統領に就任。
  • 1886年 - 大阪紡績が夜間照明に日本の民間初の電灯となるアーク灯を使用。
  • 1909年 - イギリスで「職業紹介所法」成立、失業保険制度が開始。
  • 1911年 - 山田猪三郎考案の山田式飛行船が東京上空を初飛行。(空の日)
  • 1923年 - ワシントン海軍軍縮条約に基づき、日本海軍の戦艦「三笠」「薩摩」「安芸」「香取」「鹿島」、巡洋戦艦「生駒」「鞍馬」「伊吹」が除籍。
  • 1925年 - 東京六大学野球リーグ戦が開幕。
  • 1927年 - 日本海軍の青葉型重巡洋艦「青葉」が竣工。
  • 1945年 - 「ポツダム」宣言ノ受諾ニ伴ヒ発スル命令ニ関スル件(ポツダム緊急勅令)公布・即日施行。
  • 1945年 - 文部省が教科書の戦時教育部分の削除を通達。生徒に墨で塗りつぶさせる「墨塗り教科書」となる。
  • 1946年 - 第1回カンヌ国際映画祭開催。
  • 1948年 - 花森安治が『美しい暮しの手帖』(『暮しの手帖』の前身)を創刊。
  • 1949年 - 武生事件。福井地裁・福井地検武生支部の建物が放火により全焼。
  • 1950年 - GHQが米兵と日本人女性の結婚禁止令を解除。
  • 1951年 - 詩人・峠三吉が『原爆詩集』をガリ版刷りにより発行。
  • 1954年 - 第1期全国人民代表大会で「中華人民共和国憲法」を採択。
  • 1957年 - 糸川英夫東京大学教授らが、初の国産観測ロケット「カッパー4C型」の打上げ実験に成功。
  • 1960年 - 集中豪雨による増水・落盤で福岡県田川郡川崎町の上尊鉱業豊州炭鉱が水没、67人が死亡。
  • 1961年 - 武州鉄道汚職事件で楢橋渡元運輸相夫妻を逮捕。
  • 1962年 - 民間のテレビ視聴率調査会社のビデオリサーチが設立。
  • 1972年 - 王貞治(巨人)が村山実(阪神)から7試合連続本塁打を放つ。
  • 1973年 - 衆議院が、北方領土の返還に関する決議を全会一致で可決。
  • 1977年 - ベトナム社会主義共和国が国連に加盟。
  • 1986年 - ウルグアイで開催されたGATT閣僚会議で多角的新貿易交渉(ウルグアイ・ラウンド)の開始を宣言。
  • 1987年 - 第42回国体夏期大会(海邦国体)が沖縄県で開幕し、国体が全都道府県を一巡。
  • 1987年 - おニャン子クラブが代々木第一体育館でのライブを最後に解散。
  • 1990年 - 南オセチアがグルジアからの独立を宣言。
  • 1998年 - ボルチモア・オリオールズのカル・リプケンが2,632試合連続出場を達成。
  • 2014年 - ISILに拉致されていたトルコ人たち46人が無事解放されて帰国した。
  • 2017年 - 核兵器禁止条約の署名が開始。

誕生日

  • 1486年 - アーサー・テューダー、イギリス王太子(+ 1502年)
  • 1599年 - クリスティアン・フォン・ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル、プロテスタント派指導者(+ 1626年)
  • 1778年 - ファビアン・ゴットリープ・フォン・ベリングスハウゼン、ロシア海軍大将・南極大陸発見者(+ 1852年)
  • 1819年 - テオドール・シャセリオー、画家(+ 1856年)
  • 1822年 - エリザベス・スミス・ミラー、社会事業家、世界史の教科書にも載っている。(+1911年)
  • 1830年(天保元年8月4日)- 吉田松陰 、長州藩士、思想家、教育者(+ 1859年)
  • 1833年 - デイビッド=ロス=ロック、作家(+1888年)
  • 1833年 - エルネスト・テオドロ・モネータ、ジャーナリスト、平和運動家(+ 1918年)
  • 1837年(天保8年8月21日)- 浜田彦蔵、通訳、貿易商(+ 1897年)
  • 1842年 - ジェイムズ・デュワー、化学者、物理学者(+ 1923年)
  • 1853年 - ラーマ5世、シャム(タイ)チャクリー王朝第5代国王(+ 1910年)
  • 1860年 - ヘンリー・ボイル、メジャーリーガー(+ 1932年)
  • 1875年 - マティアス・エルツベルガー、政治家、財務大臣(+ 1921年)
  • 1876年 - ヴィクトル・シェストレム、映画監督、脚本家(+ 1960年)
  • 1878年 - アプトン・シンクレア、小説家(+ 1968年)
  • 1880年 - 大山郁夫、政治家、政治学者(+ 1955年)
  • 1882年 - 杉本京太、発明家、実業家(+ 1972年)
  • 1886年 - ツェツィーリエ・フォン・メクレンブルク=シュヴェリーン、ドイツ皇太子妃(+ 1954年)
  • 1887年 - 黒田重太郎、画家(+ 1970年)
  • 1890年 - 大野伴睦、政治家、第42・43代衆議院議長(+ 1964年)
  • 1893年 - ハンス・シャロウン、建築家(+ 1972年)
  • 1898年 - 中山伊知郎、経済学者(+ 1980年)
  • 1899年 - レオ・シュトラウス、政治哲学者(+ 1973年)
  • 1905年 - 杉本健吉、画家(+ 2004年)
  • 1906年 - 石塚友二、俳人、小説家、編集者(+ 1986年)
  • 1910年 - 田中龍夫、政治家(+ 1998年)
  • 1914年 - ケネス・モア、俳優(+ 1982年)
  • 1915年 - 藤堂明保、中国語学者、中国文学者(+ 1985年)
  • 1916年 - 小田切秀雄、文芸評論家(+ 2000年)
  • 1917年 - レッド・アワーバック、バスケットボール指導者(+ 2006年)
  • 1917年 - フェルナンド・レイ、俳優(+ 1994年)
  • 1917年 - 遠藤忠二郎、プロ野球選手(+ 没年不詳)
  • 1919年 - 白木義一郎、元プロ野球選手(+ 2004年)
  • 1922年 - ウィリアム・カペル、ピアニスト(+ 1953年)
  • 1923年 - 根上淳、俳優(+ 2005年)
  • 1923年 - 植田隼美、プロ野球選手
  • 1925年 - ラーマ8世、タイ・チャクリー王朝第8代国王(+ 1946年)
  • 1932年 - 中村宏、画家
  • 1932年 - 坂本登、プロ野球選手(+ 1989年)
  • 1934年 - ソフィア・ローレン、女優
  • 1934年 - 末吉興一、政治家
  • 1937年 - モニカ・ゼタールンド、歌手、女優(+ 2005年)
  • 1937年 - 山本文男、元プロ野球選手、審判
  • 1937年 - 野呂邦暢、小説家(+ 1980年)
  • 1938年 - 守屋浩、歌手
  • 1938年 - 鷲尾悦也、労働運動家、第3代連合会長(+ 2012年)
  • 1938年 - 吉田英司、プロ野球選手
  • 1939年 - ピーター・ラドフォード、陸上競技選手
  • 1940年 - 麻生太郎、政治家、第92代内閣総理大臣
  • 1940年 - 大沢辰美、政治家
  • 1941年 - ハンフリー・ナイプ、著作家、脚本家
  • 1943年 - 大島正太郎、外交官
  • 1943年 - サニ・アバチャ、軍人、政治家、ナイジェリア第10代大統領(+ 1998年)
  • 1944年 - 村井国夫、俳優
  • 1945年 - 范徐麗泰(リタ・ファン)、政治家
  • 1947年 - 小田和正、歌手
  • 1948年 - 南城竜也、元俳優
  • 1948年 - 新居千秋、建築家
  • 1950年 - すがやみつる、漫画家
  • 1951年 - ハビエル・マリアス、翻訳家、作家
  • 1952年 - 五十嵐淳子、女優
  • 1957年 - 福原峰夫、元プロ野球選手
  • 1958年 - ミヤコ、漫才師(非常階段)(+ 1996年)
  • 1959年 - 石川ひとみ、歌手
  • 1959年 - 飯田正男、プロ野球選手
  • 1960年 - 玉井たけし、漫画家(+ 2004年)
  • 1960年 - アリス・ブラウン、陸上競技選手
  • 1960年 - 山口美江、実業家、タレント(+ 2012年)
  • 1962年 - 山本譲司、政治家
  • 1962年 - 矢口壹琅、プロレスラー、音楽家、俳優
  • 1964年 - 中田宏、政治家
  • 1964年 - 張曼玉(マギー・チャン)、女優
  • 1964年 - 金子一馬、イラストレーター
  • 1965年 - 渡辺勝也、監督、演出家
  • 1965年 - 斉藤満、プロ野球選手
  • 1966年 - 口笛太郎、口笛奏者
  • 1966年 - ヌーノ・ベッテンコート、ミュージシャン
  • 1966年 - 小暮紀一、ガラス作家
  • 1967年 - 高橋真美、タレント(元わらべ)
  • 1967年 - 麻乃佳世、女優
  • 1967年 - 福島明弘、プロ野球選手
  • 1969年 - 工藤めぐみ、元女子プロレスラー
  • 1969年 - 野辺剛正、ミュージシャン
  • 1971年 - ヘンリク・ラーション、サッカー選手
  • 1971年 - 有田洋之、声優
  • 1971年 - 浜渦正志、ゲーム音楽作曲家
  • 1972年 - 遠藤政隆、元プロ野球選手
  • 1972年 - 鈴木砂羽、女優
  • 1974年 - 新藤晴一、ミュージシャン(ポルノグラフィティ)
  • 1974年 - レイチェル・チャン、パーソナリティー
  • 1975年 - ファン・パブロ・モントーヤ、F1レーサー
  • 1975年 - アーシア・アルジェント、女優
  • 1975年 - 岡田みはる、気象予報士、タレント
  • 1976年 - 寺田学、政治家
  • 1976年 - 一青窈、歌手
  • 1976年 - 倉橋ヨエコ、元歌手
  • 1976年 - 堀江由衣、声優
  • 1976年 - 鈴木貴男、テニス選手
  • 1976年 - 徳元敏、元プロ野球選手
  • 1977年 - 安室奈美恵、歌手
  • 1977年 - 藤原一裕、お笑い芸人(ライセンス)
  • 1977年 - 今井裕介、競輪選手
  • 1977年 - 永瀬知恵、パーソナリティ
  • 1977年 - 橋龍吾、俳優
  • 1977年 - ラディシャ・イリッチ、サッカー選手
  • 1977年 - エルキン・ムリージョ、サッカー選手
  • 1978年 - 若林正恭、お笑い芸人(オードリー)
  • 1978年 - 滝本竜彦、小説家
  • 1979年 - さかいゆう、歌手
  • 1980年 - 入野久彦、元プロ野球選手
  • 1980年 - 高山香織、アナウンサー
  • 1980年 - グスタボ・チャシーン、元メジャーリーガー
  • 1981年 - 田勢邦史、卓球選手
  • 1983年 - 杏さゆり、女優
  • 1983年 - 磯貝サイモン、ミュージシャン
  • 1983年 - 伊藤由奈、歌手
  • 1983年 - ショーン・アン、俳優(+ 2015年)
  • 1984年 - 高野和馬、騎手
  • 1984年 - ブライアン・ジュベール、フィギュアスケート選手
  • 1984年 - 高木里代子、ジャズ・ピアニスト
  • 1985年 - 山崎真実、タレント
  • 1985年 - 西舘さをり、タレント
  • 1985年 - アルバン・プレオベール、フィギュアスケート選手
  • 1986年 - 良川剛浩、野球選手
  • 1986年 - ディエゴ・マラドーナ・ジュニア、サッカー選手
  • 1986年 - 土屋修平、プロボクサー
  • 1987年 - 鬼頭由芽、ラジオDJ
  • 1987年 - サラ・ナトチェニー、声優
  • 1988年 - 大本彩乃、歌手(Perfume)
  • 1988年 - 佐藤ありさ、ファッションモデル
  • 1988年 - 久保井朝美(岸田あさみ)、気象予報士、アナウンサー、ウェザーマップ所属
  • 1988年 - 南里美希、ファッションモデル
  • 1988年 - スティーブ・ロンバードージー・ジュニア、メジャーリーガー
  • 1989年 - 千代田唯、タレント
  • 1990年 - 青木沙耶香、プロボクサー
  • 1990年 - ケン・ジャイルズ、メジャーリーガー
  • 1990年 - 一色龍次郎、ミュージカル俳優
  • 1991年 - 松川尚瑠輝、俳優
  • 1991年 - 沈東燮、野球選手
  • 1991年 - 駒谷麻妃、野球選手
  • 1992年 - 泉明日香、グラビアアイドル
  • 1994年 - 滝口ひかり、アイドル(drop)
  • 1995年 - ラウラ・デッカー、海洋冒険家
  • 1995年 - SAYAKA(長友さやか)、パフォーマー(Happiness、E-girlsメンバー)
  • 1995年 - サミー・ハンラティ、女優
  • 1996年 - 島ゆいか、女優、タレント(元可憐Girl's)
  • 1998年 - 日比美思、アイドル(Dream5)
  • 1998年 - 指出毬亜、声優
  • 1999年 - 雨宮かのん、アイドル(はちみつロケット)
  • 生年不明 - 二木静美、声優
  • 生年不明 - 阿部里果、声優

忌日

  • 1381年 - ルイ1世、ナポリ王国の対立王(* 1339年)
  • 1440年 - フリードリヒ1世、ブランデンブルク選帝侯(* 1371年)
  • 1460年 - ジル・バンショワ、作曲家(* 1400年頃)
  • 1645年(正保2年8月1日)- 松平忠昌、福井藩主(* 1598年)
  • 1803年 - ロバート・エメット、抵抗運動家(* 1778年)
  • 1804年 - ピエール・メシャン、天文学者(* 1744年)
  • 1840年(天保11年8月25日)- 松平宗発、江戸幕府老中(* 1782年)
  • 1862年(文久2年8月27日)- 長野主膳、井伊直弼の謀臣(* 1815年)
  • 1863年 - ヤーコプ・グリム、言語学者、グリム兄弟の兄(* 1785年)
  • 1890年 - グスタヴ・ヴィルヘルム・パルム、画家(* 1810年)
  • 1898年 - テオドール・フォンターネ、小説家、詩人(* 1819年)
  • 1906年 - ロバート・ヒット、政治家(* 1834年)
  • 1908年 - パブロ・デ・サラサーテ、作曲家、ヴァイオリン奏者(* 1844年)
  • 1919年 - サイ・セイモアー、メジャーリーガー(* 1872年)
  • 1932年 - マックス・スレーフォークト、画家(* 1868年)
  • 1933年 - アニー・ベサント、作家、神智学協会会長(* 1847年)
  • 1937年 - ハリー・ストービー、メジャーリーガー(* 1856年)
  • 1942年 - ヴァルター・フォン・リュトヴィッツ、軍人(* 1859年)
  • 1943年 - 児玉花外、詩人(* 1874年)
  • 1943年 - 鈴木梅太郎、農芸化学者(* 1874年)
  • 1948年 - 草川信、作曲家(* 1893年)
  • 1957年 - ジャン・シベリウス、作曲家(* 1865年)
  • 1960年 - イダ・ルビンシュタイン、バレリーナ(* 1885年)
  • 1965年 - アーサー・ホームズ、地質学者(* 1890年)
  • 1971年 - イオルゴス・セフェリス、詩人、外交官(* 1900年)
  • 1975年 - サン=ジョン・ペルス、詩人、外交官(* 1887年)
  • 1980年 - 林家三平、落語家(* 1926年)
  • 1981年 - 石井光次郎、日本の第54代衆議院議長(* 1889年)
  • 1981年 - 大ノ海久光、大相撲の力士(* 1916年)
  • 1985年 - 川本泰三、サッカー選手、指導者(* 1914年)
  • 1986年 - 日高富明、ガロの元メンバー(* 1950年)
  • 1987年 - 杉山龍丸、陸軍軍人、インドの「緑の父」(* 1919年)
  • 1988年 - 東海林武雄、実業家、旭電化工業社長、日本専売公社総裁(* 1900年)
  • 1988年 - 中村汀女、俳人(* 1900年)
  • 1989年 - リッチー・ギンサー、F1レーサー(* 1930年)
  • 1990年 - ジークフリート・ベーレント、指揮者、作曲家(* 1933年)
  • 1993年 - エーリヒ・ハルトマン、空軍軍人、敵機撃墜数最多記録(352機)保持者(* 1922年)
  • 1993年 - 乾豊彦、実業家、乾汽船会長、日本ゴルフ協会名誉会長(* 1913年)
  • 1996年 - ポール・エルデシュ、数学者(* 1913年)
  • 1996年 - 佐野鋤、作曲家(* 1908年)
  • 1999年 - ライサ・ゴルバチョワ、ゴルバチョフ書記長夫人(* 1932年)
  • 2000年 - 徳間康快、実業家、徳間書店社長ほか(* 1921年)
  • 2000年 - ゲルマン・チトフ、宇宙飛行士、政治家(* 1935年)
  • 2004年 - 白石一郎、小説家(* 1931年)
  • 2004年 - ブライアン・クラフ、サッカー選手、指導者(* 1935年)
  • 2005年 - サイモン・ヴィーゼンタール、ナチス戦犯追跡家(* 1908年)
  • 2006年 - スヴェン・ニクヴィスト、映画監督(* 1922年)
  • 2006年 - アルミン・ジョルダン、指揮者(* 1932年)
  • 2008年 - ナッピー・ブラウン、ブルース歌手(* 1929年)
  • 2009年 - 水野忠夫、ロシア文学者、翻訳家(* 1937年)
  • 2014年 - 土井たか子、政治家(* 1938年)
  • 2016年 - カーティス・ハンソン、映画監督(* 1945年)

スピーチ作成 - テーマ「バスの日」

自分が初めてテーマを知った/経験した時のエピソード。
テーマについて自分はどう思うか/思ったか。
言葉/行動/影響について自分はどう思うか。
今後自分はどうしたいと思うか。

スピーチ出力 - 09-20_バスの日.txt

想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。
日付からスピーチを作る
10月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
11月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
12月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
1月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
2月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29
3月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
4月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
5月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
6月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
7月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
8月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
9月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30

参考になる本

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法
 会議・朝礼・電話でも、接客・商談・会合でも、面接・結婚式のスピーチでも、デート・合コン・保護者会でも。
 こんなふうに話せば「あがり」にさようなら! 予約半年待ち! 超人気講師が教える“緊張しないコツ。
¥ 1,210
超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48
 本書では、人前では話すことが苦手な人でもすぐ実行でき、たちまち効果を実感できる「あがらずに話せる正しい方法」を48個紹介しています。
 スピーチ・朝礼・会議・面接でドキドキしない!商談・プレゼン・営業が面白いほど成功する!人前で話すのが苦手な人でも大丈夫!あがらずに話せる超シンプルなテクニックを大公開!
¥ 1,296
朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100 話しベタなあなたに贈る
 他人の興味を引く「鉄板ネタ」さえ持っていれば、誰でも「人前で話すこと」が怖くなくなります。
 聞き手が具体的にイメージしやすいようにスポーツ選手や芸能人など、著名人のエピソードもたくさん織り込んだ「鉄板ネタ」を100個集めました。
¥ 1,620
恥をかかないスピーチ力
 新年度に自己紹介をしたり、結婚式やちょっとした集まりで人前で話したりする機会は意外と多い。そんな時に役立つ、スピーチやコメントのコツ、心構え。
 恥をかかないレベルから「なかなかうまいな」と思われるレベルまで、どうステップアップするか。
 「時間感覚」「身体感覚」の重要性、始まり方と終わり方、小ネタの集め方、シーン別のコツやNGポイントまで、人前で話す時にはこれさえあれば大丈夫!
¥ 702
心に届く話し方 65のルール
 本書は、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説した、話し方の基礎技術の本です。
 「本質的に内容が相手にきちんと伝わる」ことを目的とし、「そのための具体的かつ自然な音声表現のディテール」まで迫った本です。
¥ 1,361
カーネギー話し方入門 文庫版
 あのウォーレン・バフェットも受講したというデール・カーネギーの話し方講座のエッセンスをまとめた本。
 カーネギーといえば、大ベストセラーとなった『人を動かす』があまりに有名だが、本書の原著も100万部を突破したベストセラーとして、アメリカでは広く知られている。
¥ 650