365日のネタ・スピーチ例は、1年分(365日分)のネタと、朝礼などのスピーチの作例や作り方を、まとめたサイトです。 >> 使い方を読む

6月4日「歯と口の健康週間」


 6月4日は、1928年から1938年の間、ム(6)シ(4)の語呂合わせから、「虫歯予防デー」でした。現在は6月4日から10日にかけて、「歯と口の健康週間」になっています。

 昔、虫歯で銀歯にしました。

 歯が一度しか生え替わらないのは、人間の体の不便な点だと思います。抜けたら生え替わるようになっていればよいのに、残念だなと思います。歯の再生は、是非とも実現して欲しい技術です。

 虫歯は、口の中の細菌が炭水化物から作った酸により、歯のエナメル質などからリン酸カルシウムが溶け出す現象です。
 虫歯は、口腔内の細菌が糖質から作った酸によって、歯質が溶ける「脱灰」によって起きる、歯の欠損のことです。
 脱灰は、歯のエナメル質や象牙質からリン酸カルシウムの結晶が溶出する現象です。歯の外郭を覆うエナメル質の大半を構成している物質は、ハイドロキシアパタイトと呼ばれるリン酸カルシウムの一種です。
 ハイドロキシアパタイトは、酸に良く溶けます。砂糖などを摂取すると、口内に細菌のバイオフィルムが形成され、この中で乳酸を生成する細菌があるため、ハイドロキシアパタイトが失われていきます。


 人類の基本設計として、炭水化物を多量にとるというのが、元々なかったのだと思います。農耕が発達して、炭水化物を多く摂取するようになった結果、虫歯という問題が、人類の中で重要になったのだと思います。

 環境が変われば、新たな問題が発生する。仕事でも、新しい状況に応じて、問題を見つけて対処していかなければならないと思います。

スピーチ作例 6月4日1
文字数:657文字   想定時間:211
想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。

その他の情報

 「歯と口の健康週間」は、何度かの変遷を経ています。1928年から1938年までは、日本歯科医師会が、「6(む)4(し)」に因んで6月4日に虫歯予防デーを実施していました。
 1939年から1941年まで「護歯日(5月4日)」、1942年に「健民ムシ歯予防運動」として実施し、1943年から1947年までは中止されました。
 1949年、これを復活させる形で「口腔衛生週間」が制定されました。1952年に「口腔衛生強調運動」、1956年に再度「口腔衛生週間」に名称を変更し、1958年から「歯の衛生週間」、そして2013年から現在の「歯と口の健康週間」になっています。
 一般的には虫歯と呼ばれる「う蝕」は、歯周病と並び、歯科の二大疾患の一つです。
 虫歯は風邪と並び、どの世代でも抱える一般的な病気です。特に歯の萌出後の数年は石灰化度が低いため、虫歯になりやすくなっています。歯冠う蝕は未成年に多く見られる一方、高齢化と残存歯の増加に伴い、高齢者の根面う蝕が増加してきています。
 口腔内には多くの細菌が存在し、これを口腔常在菌という。この中には多くの原因菌が存在するが、う蝕を引き起こす最も重要な菌はストレプトコッカス・ミュータンスです。
 う蝕原性菌、食物残渣、唾液は結合し、歯垢(プラーク)となって歯に結合します。歯垢は時間とともに成熟し、バイオフィルムとなり、洗口液が無効となります。歯垢が歯から取り除かれないと次第に歯石となり、通常のブラッシングではとれなくなります。

記念日・年中行事

  • 侵略による罪のない幼児犠牲者の国際デー(世界)
    国際デーの一つ。
  • 解放記念日(トンガ)
    1970年のこの日、トンガがイギリスから独立したことを記念。
  • 国旗の日(エストニア)
    1884年のこの日、最初のエストニアの国旗が制定されたことを記念。
  • 国民連帯の日(ハンガリー)
    1920年のこの日、ハンガリーが連合国とトリアノン条約を結び講和する。
  • 虫歯予防デー(日本、1928年 - 1938年)
    日本歯科医師会が実施していた記念日。6月4日の「64」が「むし」と読めることから。
  • 歯と口の健康週間(日本)6月10日まで
  • 虫の日(日本)
    「カブトムシ自然王国」を宣言している福島県常葉町(現:田村市常葉町)の常葉町振興公社(現:田村市常葉振興公社)が制定。「むし」の語呂合せ。
  • ねずみ・衛生害虫駆除推進月間(ムシナシ月間)(日本)7月4日まで
    日本ペストコントロール協会が主催。「む(6)し(4)な(7)し(4)」の語呂合せによる。
  • ローメンの日(日本)
    長野県伊那市の伊那商工会議所が制定。蒸した中華麺を使用することから「蒸し」の語呂合せ。
  • 土地改良制度記念日(日本)
    1949年6月4日に土地改良法が制定されたことを記念。

歴史

  • 紀元前781年 - 中国で史上最古の日食の記録。
  • 718年(養老2年5月2日)- 能登国・安房国・石城国・石背国の4国を設置。
  • 1039年 - ローマ王・皇帝のコンラート2世が死去。子のハインリヒ3世がローマ王に即位。
  • 1584年 - ウォルター・ローリーが新世界初のイングランド植民地であるロアノーク植民地を建設。
  • 1615年(元和元年5月8日)- 大坂夏の陣: 豊臣秀頼と淀殿が自刃し豊臣氏が滅亡。
  • 1716年(享保元年4月15日)- 江戸幕府が、東海道・中山道・日光道中・奥州道中・甲州道中の五街道の呼称を布達。
  • 1745年 - オーストリア継承戦争: ホーエンフリートベルクの戦い
  • 1783年 - フランスのモンゴルフィエ兄弟が世界初の熱気球無人飛行を実施。
  • 1802年 - サルデーニャ王カルロ・エマヌエーレ4世が弟のヴィットーリオ・エマヌエーレ1世に譲位。
  • 1812年 - ルイジアナ準州がミズーリ準州に改称。
  • 1830年 - 南米独立革命の志士アントニオ・ホセ・デ・スクレ将軍がコロンビアで暗殺される。
  • 1858年(安政5年4月23日)- 彦根藩主・井伊直弼が江戸幕府大老に就任。
  • 1859年 - 第二次イタリア独立戦争: マジェンタの戦い
  • 1879年 - 東京・九段の東京招魂社を別格官幣社として靖国神社に改称。
  • 1917年 - 第1回ピューリッツァー賞表彰式。
  • 1920年 - 第一次世界大戦: ハンガリーが連合国とトリアノン条約を結び講和する。
  • 1928年 - 満州にて関東軍の河本大作が軍閥の張作霖を爆殺。(張作霖爆殺事件)
  • 1936年 - フランスで社会党レオン・ブルム首班の人民戦線内閣が成立。
  • 1937年 - 第一次近衛文麿内閣発足。
  • 1937年 - パブロ・ピカソの代表作『ゲルニカ』が完成。
  • 1937年 - 普天堡の戦い
  • 1940年 - 第二次世界大戦: ダンケルクの戦いが終結。
  • 1942年 - 第二次世界大戦: ミッドウェー海戦が始まる。(日本時間では6月5日)
  • 1943年 - 第二次世界大戦: 日本政府が「戦時衣生活簡素化実施要綱」を決定。男性は国民服、女性は元禄袖に。
  • 1944年 - 第二次世界大戦: 連合国軍がローマに入城。初めて枢軸国の首都が陥落。
  • 1946年 - 日本海軍潜水艦 伊400ハワイ近海に於いて撃沈処分
  • 1950年 - 第2回参議院議員通常選挙
  • 1950年 - 日本写真家協会設立。
  • 1951年 - 公営住宅法公布。
  • 1954年 - 近江絹糸争議。近江絹糸紡績(現:オーミケンシ)の女子工員が、結婚の自由・信書の開封廃止など22項目を要求し106日間のストライキを開始。
  • 1960年 - フィンランドのヘルシンキ近郊、エスポー市にある湖でボドム湖殺人事件が起こる。
  • 1961年 - 日本テレビでバラエティ番組『シャボン玉ホリデー』の放送開始。
  • 1968年 - 日本女子プロレスから分裂して全日本女子プロレスが発足。
  • 1970年 - トンガがイギリスから独立。
  • 1973年 - この日発売の週刊少年ジャンプにて、中沢啓治による広島原爆をテーマとした漫画「はだしのゲン」の連載が開始(以後、掲載誌を変えながら1985年まで連載が続く)。
  • 1974年 - 10セント・ビア・ナイト
  • 1979年 - ガーナでジェリー・ローリングス空軍大尉が軍事クーデターを起こし、フレッド・アクフォ軍事政権を打倒。
  • 1989年 - 天安門事件。民主化要求運動で数百万人の市民が集結していた北京の天安門広場に軍が戦車・装甲車で出動し武力鎮圧。中国政府は当事件を意味する語をネット検索対象としているため、6月4日が検索不能語になった事例や、6月4日を意味する「5月35日」(5月31日+4日)などの隠語を生んだ。
  • 1989年 - ポーランド議会の一部自由選挙(戦後初)が行われ、「連帯」が両院で獲得議席数99%超の圧勝をおさめる。
  • 1989年 - アリー・ハーメネイーがイランの最高指導者に就任。
  • 1989年 - JR北海道池北線が第三セクター北海道ちほく高原鉄道ふるさと銀河線に転換、営業開始。
  • 1989年 - ソ連・ウラル地方で天然ガスのパイプラインから漏れたガスが大爆発し、通りかかった列車2本が吹き飛ばされて607人が死亡する。
  • 1996年 - 海上自衛隊のリムパック派遣部隊護衛艦「ゆうぎり」のCIWS誤射で米海軍機を撃墜。
  • 1996年 - アリアンスペースのロケット「アリアン5」の初打ち上げが行われるが、コンピュータプログラムの異常により打ち上げ直後に爆発。
  • 1999年 - 短編映画祭の「ショートショートフィルムフェスティバル」が東京・表参道で初めて開催された。
  • 2001年 - ネパール王族殺害事件: ディペンドラが死亡し、ギャネンドラがネパール国王に即位。
  • 2002年 - サッカー日本代表が、埼玉スタジアム2002で行われた2002 FIFAワールドカップ対ベルギー戦で2-2で引き分け、日本代表としてワールドカップ史上初の勝点を挙げる。
  • 2004年 - キルドーザー事件。コロラド州グランビーで装甲化されたブルドーザーによる破壊行為が行われる。
  • 2006年 - NTT中継回線が光ファイバー伝送のデジタル回線に移行し、1960年代にかけて全国に拡大したマイクロ波を用いた中継回線は52年間続いた役目を終える。
  • 2008年 - 婚外子国籍訴訟の最高裁判所大法廷判決で違憲との判断が下る。
  • 2009年 - 静岡空港が開港。
  • 2009年 - 「足利事件」で無期刑確定で収監されていた男性に対し、東京高等検察庁が刑の執行停止を指示、釈放される。
  • 2010年 - 2010年6月民主党代表選挙が行われ、新代表に菅直人を選出。同日の国会での首班指名で第94代内閣総理大臣に菅が指名される。
  • 2011年 - JR東日本が動態復元した蒸気機関車C61形20号機が復活し、営業運転開始。
  • 2013年 - 埼玉スタジアムでブラジルワールドカップアジア最終予選日本対オーストラリアが行われ、1-1の引き分けに終わり、日本がホームで初めてFIFAワールドカップの出場権を獲得。試合後、渋谷駅前のスクランブル交差点で、通称「DJポリス」の話術による誘導が混乱を収めたことで話題になる。

誕生日

  • 1694年 - フランソワ・ケネー、経済学者、医師(+ 1774年)
  • 1738年 - ジョージ3世、イギリス王(+ 1820年)
  • 1809年 - ベンジャミン・スタントン、第6代オハイオ州副知事(+ 1872年)
  • 1809年 - コロンバス・デラノ、第11代アメリカ合衆国内務長官(+ 1896年)
  • 1829年(文政12年5月3日)- 陣幕久五郎、大相撲第12代横綱(+ 1903年)
  • 1855年(安政2年4月20日)- 犬養毅、第29代内閣総理大臣(+ 1932年)
  • 1867年 - カール・グスタフ・エミール・マンネルヘイム、軍人、政治家(+ 1951年)
  • 1877年 - ハインリッヒ・ヴィーラント、化学者(+ 1957年)
  • 1879年(ユリウス暦5月22日)- アラ・ナジモヴァ、女優、映画プロデューサー(+ 1945年)
  • 1883年 - 諸橋轍次、漢字研究家、『大漢和辞典』編者(+ 1982年)
  • 1889年 - ベノー・グーテンベルグ、地震学者(+ 1960年)
  • 1903年 - エフゲニー・ムラヴィンスキー、 指揮者(+1988年)
  • 1904年 - 末広恭雄、水産学者、随筆家(+ 1988年)
  • 1907年 - ロザリンド・ラッセル、女優(+ 1976年)
  • 1911年 - 島岡吉郎、野球監督(+ 1989年)
  • 1911年 - ミロヴァン・ジラス、政治家、理論家(+ 1995年)
  • 1912年 - 森本薫、劇作家(+ 1946年)
  • 1916年 - 山根実、プロ野球選手
  • 1916年 - ロバート・ファーチゴット、薬理学者(+ 2009年)
  • 1918年 - 田川誠一、政治家(+ 2009年)
  • 1923年 - 崇仁親王妃百合子、皇族
  • 1923年 - 大山倍達、空手家(+ 1994年)
  • 1924年 - デニス・ウィーバー、俳優(+ 2006年)
  • 1929年 - 中村富十郎(5代目)、歌舞伎役者(+ 2011年)
  • 1930年 - 降旗節雄、経済学者(+ 2009年)
  • 1936年 - 高橋栄一郎、プロ野球選手(+ 2007年)
  • 1936年 - ブルース・ダーン、俳優
  • 1937年 - 橋詰文男、プロ野球選手(+ 1983年)
  • 1937年 - ゴリラ・モンスーン、プロレスラー(+ 1999年)
  • 1940年 - 黒沼ユリ子、ヴァイオリニスト
  • 1941年 - 三宅博、プロ野球選手
  • 1941年 - 石戸四六、プロ野球選手(+ 1980年)
  • 1941年 - 日色ともゑ、女優
  • 1943年 - 梓みちよ、歌手
  • 1943年 - 押田令三、プロ野球選手
  • 1946年 - 鮑国安、俳優
  • 1950年 - 庄司陽子、漫画家
  • 1952年 - 長松純明、プロ野球選手
  • 1953年 - 小嶋進、ヒューザー創業者
  • 1953年 - 江木俊夫、歌手、タレント
  • 1953年 - ジミー・マカロック、ミュージシャン(+ 1979年)
  • 1953年 - リンダ・リングル、政治家
  • 1954年 - 山路和弘、俳優、声優
  • 1957年 - トニー・ペーニャ、MLB指導者、元メジャーリーガー
  • 1958年 - 降矢由美子、女優
  • 1959年 - 久我朋乃、女優
  • 1961年 - 山本剛士、アナウンサー
  • 1961年 - ジュルチャーニ・フェレンツ、政治家
  • 1962年 - ゼノン・ヤスクワ、自転車選手
  • 1962年 - リンゼイ・フロスト、女優
  • 1963年 - 樋口潮、テレビプロデューサー
  • 1963年 - 宮戸優光、プロレスラー
  • 1963年 - デリック・メイ、ミュージシャン、DJ
  • 1963年 - ショーン・フィッツパトリック、ラグビー選手
  • 1964年 - アントニオ・パチェコ、元野球選手
  • 1965年 - 新井薫子(カオルコ、KAORUKO)、歌手、イラストレーター
  • 1965年 - マイケル・ドゥーハン、オートバイレーサー
  • 1966年 - チェチーリア・バルトリ、メゾソプラノ歌手
  • 1966年 - ウラジーミル・ヴォエヴォドスキー、数学者(+ 2017年)
  • 1967年 - 大久保勝也、プロ野球選手
  • 1967年 - マリー・ンディアイ、小説家、劇作家
  • 1967年 - スコット・サーバイス、元メジャーリーガー
  • 1969年 - 作山和英、プロ野球選手
  • 1969年 - ロベルト・ペレス(外野手)、元メジャーリーガー
  • 1970年 - 中原昌也、ミュージシャン、作家
  • 1970年 - 後藤隆之、野球選手
  • 1971年 - SUEMITSU & THE SUEMITH(末光篤)、シンガーソングライター
  • 1971年 - ノア・ワイリー、俳優
  • 1972年 - 山田かがり、バスケットボール選手
  • 1972年 - 山本智美、歌手
  • 1973年 - 竹内朋康、ギタリスト
  • 1973年 - GWINKO、歌手
  • 1973年 - 平川大輔、声優
  • 1973年 - 石本豊、プロ野球選手
  • 1973年 - デビッド・ランドクィスト、プロ野球選手
  • 1974年 - 和泉元彌、狂言師
  • 1974年 - ダリン・アースタッド、元メジャーリーガー
  • 1975年 - アンジェリーナ・ジョリー、女優
  • 1975年 - 岩本公水、演歌歌手
  • 1975年 - 石川貴之(dj TAKA)、ゲームクリエイター
  • 1976年 - 林昌勇、プロ野球選手
  • 1976年 - 納見佳容、女優、元プロレスラー
  • 1977年 - 西又葵、イラストレーター
  • 1978年 - 小林宏之、プロ野球選手
  • 1978年 - グローバー義和、ミュージシャン
  • 1979年 - 高原直泰、サッカー選手
  • 1979年 - 柳田真孝、レーシングドライバー
  • 1980年 - 秋山純、俳優
  • 1980年 - 旭堂南青、講談師
  • 1981年 - クリストフ・スミヨン、騎手
  • 1981年 - シャンティ・スナイダー(SHANTI)、歌手
  • 1981年 - 真山祐一、政治家
  • 1982年 - アントン・スミルノフ、フィギュアスケート選手
  • 1983年 - エマニュエル・エブエ、サッカー選手
  • 1983年 - オリガ・サラドゥハ、陸上選手
  • 1983年 - 神田松之丞、講談師
  • 1984年 - 半田健人、俳優
  • 1984年 - 伊藤博樹、芸人
  • 1984年 - レイニー・ヤン、歌手
  • 1985年 - 加藤幹典、プロ野球選手
  • 1985年 - 富貴晴美、作曲家
  • 1985年 - 鈴木拡樹、俳優
  • 1985年 - エヴァン・ライサチェク、フィギュアスケート選手
  • 1985年 - 平野貴志、野球選手
  • 1985年 - ルーカス・ポドルスキ、サッカードイツ代表選手
  • 1985年 - アンナ=レナ・グローネフェルト、テニス選手
  • 1985年 - アナ・カロリナ・レストン、ファッションモデル(+ 2006年)
  • 1985年 - バー・ラファエリ、ファッションモデル
  • 1985年 - 浅利遼太、声優
  • 1986年 - 西山由樹、バレーボール選手
  • 1986年 - 本橋大輔、声優
  • 1987年 - SunMin(ソンミン)、歌手
  • 1988年 - 伊集院峰弘、プロ野球選手
  • 1988年 - 永木亮太、サッカー選手
  • 1990年 - ファーストサマーウイカ、アイドル(BiS)
  • 1990年 - 吉澤嘉代子、シンガーソングライター
  • 1990年 - エステベンソン・エンカーナシオン、野球選手
  • 1991年 - 嶺井博希、プロ野球選手
  • 1991年 - ロレンツォ・インシーニェ、サッカー選手
  • 1993年 - 下地紫野、声優
  • 1993年 - 宇佐見真吾、プロ野球選手
  • 1994年 - 岸野里香、元NMB48のメンバー、Over The Topのヴォーカル
  • 1995年 - 玉井詩織、ももいろクローバーZ
  • 1996年 - 立田将太、プロ野球選手
  • 1997年 - 里歩(りほ)、女子プロレスラー
  • 1997年 - 中西香菜、アイドル(アンジュルム)
  • 1998年 - 織田奈那、アイドルグループ欅坂46のメンバー
  • 1998年 - ラッキー・ブルー・スミス、ファッションモデル
  • 2001年 - 久保建英、サッカー選手
  • 生年不明 - 高橋功一郎、漫画家
  • 生年不明 - 八島さらら、声優、元アフィリア・サーガ(レイミー・ヘヴンリー)
  • 生年不明 - 後藤啓介、声優

忌日

  • 756年(天平勝宝8年5月2日)- 聖武天皇、日本の第45代天皇(* 701年)
  • 1039年 - コンラート2世、神聖ローマ皇帝(* 990年?)
  • 1094年 - サンチョ1世、アラゴン王(* 1042年頃)
  • 1135年(紹興5年4月21日)- 徽宗、北宋第8代皇帝(* 1082年)
  • 1571年(元亀2年5月12日)- 氏家直元、武将
  • 1615年(元和元年5月8日)- 豊臣秀頼、武将(* 1593年)
  • 1615年(元和元年5月8日)- 淀殿、豊臣秀吉の側室(* 1569年?)
  • 1615年(元和元年5月8日)- 安井道頓、道頓堀の開鑿者(* 1533年)
  • 1615年(元和元年5月8日)- 大野治長、武将(* 1569年)
  • 1615年(元和元年5月8日)- 毛利勝永、武将(* 1577年)
  • 1615年(元和元年5月8日)- 真田幸昌、武将(* 1601年)
  • 1661年(寛文元年5月8日)- 五郎八姫、松平忠輝の正室、伊達政宗の娘(* 1594年)
  • 1680年(延宝8年5月8日)- 徳川家綱、江戸幕府第4代将軍(* 1641年)
  • 1689年(元禄2年4月17日)- 毛利綱広、第3代長州藩主(* 1639年)
  • 1746年(貞享3年4月16日)- 松平乗邑、江戸幕府老中、佐倉藩主(* 1686年)
  • 1792年 - ヤーコプ・ミヒャエル・ラインホルト・レンツ、詩人、劇作家(* 1751年)
  • 1798年 - ジャコモ・カサノヴァ、術策家、作家(* 1725年)
  • 1830年 - アントニオ・ホセ・デ・スクレ、ボリビア独立の父(* 1795年)
  • 1887年 - ウィリアム・A・ウィーラー、第19代アメリカ合衆国副大統領(* 1819年)
  • 1894年 - ヴィルヘルム・ロッシャー、経済学者(* 1817年)
  • 1907年 - アガーテ・バッケル=グロンダール、作曲家(* 1847年)
  • 1909年 - 吉川経健、岩国藩主(* 1855年)
  • 1918年 - チャールズ・W・フェアバンクス、第26代アメリカ合衆国副大統領(* 1852年)
  • 1919年 - 徳大寺実則、公卿、内大臣、侍従長(* 1840年)
  • 1928年 - 張作霖、軍人、政治家(* 1875年)
  • 1929年 - ハリー・フレイジー、メジャーリーグ球団オーナー(* 1880年)
  • 1941年 - ヴィルヘルム2世、ドイツ皇帝(* 1859年)
  • 1942年 - ラインハルト・ハイドリヒ、ナチス・ドイツ親衛隊大将(* 1904年)
  • 1946年 - 松井慶四郎、第39代外務大臣(* 1868年)
  • 1951年 - セルゲイ・クーセヴィツキー、指揮者(* 1874年)
  • 1954年 - 山崎朝雲、彫刻家(* 1867年)
  • 1959年 - 土方与志、演出家(* 1898年)
  • 1959年 - チャールズ・ヴィダー、映画監督(* 1900年)
  • 1962年 - 前田多門、第63代文部大臣(* 1884年)
  • 1964年 - サムイル・マルシャーク、詩人、児童文学作家、翻訳家(* 1887年)
  • 1966年 - 市川團蔵(8代目)、歌舞伎役者(* 1882年)
  • 1966年 - 張勉、大韓民国国務総理(* 1899年)
  • 1968年 - 大橋八郎、第4代NHK会長、第2代日本電信電話公社総裁(* 1885年)
  • 1968年 - 保篠龍緒、翻訳家(* 1892年)
  • 1968年 - ドロシー・ギッシュ、女優(* 1898年)
  • 1968年 - アレクサンドル・コジェーヴ、哲学者(* 1902年)
  • 1969年 - ラファエル・オスナ、テニス選手(* 1938年)
  • 1971年 - ルカーチ・ジェルジ、哲学者(* 1885年)
  • 1982年 - 黒田辰秋、漆芸家(* 1904年)
  • 1994年 - ジャン・デトワイラー、作曲家(* 1907年)
  • 1994年 - 斉藤丑松、作曲家(* 1912年)
  • 1997年 - ロニー・レーン、ミュージシャン(* 1946年)
  • 2001年 - ディペンドラ、ネパール皇太子・国王(* 1972年)
  • 2002年 - ピョートル・イワシュチン、ソ連軍参謀本部情報総局長(* 1909年)
  • 2005年 - 印順、僧、仏教学者(* 1906年)
  • 2007年 - クリート・ボイヤー、メジャーリーグ、大洋ホエールズ所属のプロ野球選手(* 1937年)
  • 2008年 - 斎藤守慶、毎日放送最高顧問・代表取締役社長・会長(* 1928年)
  • 2008年 - アガタ・ムロズ、バレーボール選手(* 1982年)
  • 2011年 - リリアン・J・ブラウン、推理作家(* 1913年)
  • 2012年 - ジョニー吉長、ドラマー(* 1949年)
  • 2013年 - 長門勇、俳優(* 1932年)
  • 2014年 - ドン・ジマー、元プロ野球選手(* 1931年)
  • 2014年 - 林隆三、俳優(* 1943年)
  • 1995年 - ライスシャワー、競走馬(* 1989年)

スピーチ作成 - テーマ「歯と口の健康週間」

自分が初めてテーマを知った/経験した時のエピソード。
テーマについて自分はどう思うか/思ったか。
言葉/行動/影響について自分はどう思うか。
今後自分はどうしたいと思うか。

スピーチ出力 - 06-04_歯と口の健康週間.txt

想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。
日付からスピーチを作る
10月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
11月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
12月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
1月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
2月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29
3月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
4月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
5月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
6月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
7月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
8月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
9月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30

参考になる本

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法
 会議・朝礼・電話でも、接客・商談・会合でも、面接・結婚式のスピーチでも、デート・合コン・保護者会でも。
 こんなふうに話せば「あがり」にさようなら! 予約半年待ち! 超人気講師が教える“緊張しないコツ。
¥ 1,210
超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48
 本書では、人前では話すことが苦手な人でもすぐ実行でき、たちまち効果を実感できる「あがらずに話せる正しい方法」を48個紹介しています。
 スピーチ・朝礼・会議・面接でドキドキしない!商談・プレゼン・営業が面白いほど成功する!人前で話すのが苦手な人でも大丈夫!あがらずに話せる超シンプルなテクニックを大公開!
¥ 1,296
朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100 話しベタなあなたに贈る
 他人の興味を引く「鉄板ネタ」さえ持っていれば、誰でも「人前で話すこと」が怖くなくなります。
 聞き手が具体的にイメージしやすいようにスポーツ選手や芸能人など、著名人のエピソードもたくさん織り込んだ「鉄板ネタ」を100個集めました。
¥ 1,620
恥をかかないスピーチ力
 新年度に自己紹介をしたり、結婚式やちょっとした集まりで人前で話したりする機会は意外と多い。そんな時に役立つ、スピーチやコメントのコツ、心構え。
 恥をかかないレベルから「なかなかうまいな」と思われるレベルまで、どうステップアップするか。
 「時間感覚」「身体感覚」の重要性、始まり方と終わり方、小ネタの集め方、シーン別のコツやNGポイントまで、人前で話す時にはこれさえあれば大丈夫!
¥ 702
心に届く話し方 65のルール
 本書は、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説した、話し方の基礎技術の本です。
 「本質的に内容が相手にきちんと伝わる」ことを目的とし、「そのための具体的かつ自然な音声表現のディテール」まで迫った本です。
¥ 1,361
カーネギー話し方入門 文庫版
 あのウォーレン・バフェットも受講したというデール・カーネギーの話し方講座のエッセンスをまとめた本。
 カーネギーといえば、大ベストセラーとなった『人を動かす』があまりに有名だが、本書の原著も100万部を突破したベストセラーとして、アメリカでは広く知られている。
¥ 650