365日のネタ・スピーチ例は、1年分(365日分)のネタと、朝礼などのスピーチの作例や作り方を、まとめたサイトです。 >> 使い方を読む

8月17日「プロ野球ナイター記念日」


 8月17日は「プロ野球ナイター記念日」です。1948年8月17日の夜に、日本のプロ野球史上初の夜間試合、ナイターが行われたことに由来しています。

 プロ野球の試合は、過去に一度だけ見に行ったことがあります。

 その時の感想は「選手がでかい!」というものでした。あんなに大きな人たちが試合をしていたのかと驚きました。小さいと思っていたイチローも、普通の人とは比べものにならないほど大きかったです。

 プロ野球史上初のナイターは、翌日の新聞に「真昼のような明るさ」と報じられました。
 しかし実際は、連合軍が遊びで野球をするために設置した照明設備だったため、現在のナイターの10分の1程度の明るさでした。そのためボールが見えず、デッドボールなど、さまざまなハプニングが発生しました。


 新聞は、随分と事実を盛ったなと思います。また、照明設備も、時代とともにどんどんよくなっていったのだろうなと思います。

 何でも、始まりは貧弱な環境だったりします。そうした環境でも、とりあえずやってみる。そうしたところから、新しいビジネスは伸びていくのだろうと思います。

スピーチ作例 8月17日1
文字数:481文字   想定時間:136
想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。

引用・参考URL

このページの引用・参考URL。

記念日・年中行事

  • 独立記念日(インドネシア)
    1945年のこの日、インドネシアのスカルノらがオランダからの独立を宣言した。オランダとの独立戦争を経て1949年12月27日にオランダからの独立承認を得た。
  • 独立記念日(ガボン)
    1960年のこの日、ガボンがフランスより独立。
  • プロ野球ナイター記念日(日本)
    1948年8月17日の夜に、日本のプロ野球史上初の夜間試合(ナイター)が行われたことに由来。試合は読売ジャイアンツ対中日ドラゴンズで、横浜ゲーリッグ球場(横浜公園平和野球場)で行われた。
  • パイナップルの日(日本)
    「パ(8)イ(1)ナ(7)ップル」の語呂合せ。
  • 皇大神宮例大祭(藤沢市)(日本)

歴史

  • 798年(延暦17年7月2日)- 坂上田村麻呂が清水寺を建立。
  • 967年(康保4年7月9日)- 延喜式施行。
  • 986年 - トラヤヌスの門の戦い。東ローマ帝国軍がトラヤヌスの門でブルガリア軍に敗れる。
  • 1183年(治承7年/寿永2年7月28日)- 後白河法皇が平家追討の院宣を下す。
  • 1654年(承応3年7月5日)- 明の禅僧・隠元隆琦が長崎に到着。
  • 1807年 - ロバート・フルトンの蒸気船「クラーモント号」がハドソン川で試運転に成功。
  • 1854年 - グラッタンの虐殺
  • 1862年 - インディアン戦争: ダコタ戦争が勃発。
  • 1864年 - 南北戦争: ゲインズビルの戦い
  • 1868年(明治元年6月29日)- 明治政府が江戸幕府の昌平坂学問所を昌平学校として復興。
  • 1883年 - ドミニカ共和国の国歌「Quisqueyanos valientes」が初めて公の場で歌われる。
  • 1896年 - カナダ・クロンダイクで金脈が発見される。クロンダイク・ゴールドラッシュの幕開け。
  • 1914年 - 第一次世界大戦: シュタルペーネンの戦い
  • 1915年 - 反ユダヤ主義: 米アトランタで少女殺害容疑により服役していたユダヤ系受刑者を群衆が刑務所より拉致、リンチにかけ殺害。(レオ・フランク事件)
  • 1942年 - 第二次世界大戦・ギルバート・マーシャル諸島の戦い: マキン奇襲。日本が占領するマキン環礁をアメリカ海兵隊が奇襲。駐屯していた日本海軍陸戦隊が壊滅。
  • 1943年 - 第二次世界大戦: 連合国軍がドイツに対するシュヴァインフルト=レーゲンスブルク作戦を実施。
  • 1945年 - インドネシアがオランダからの独立を宣言(インドネシア独立宣言)。インドネシア独立戦争を経て1949年に独立を達成。
  • 1945年 - ベトナム八月革命。ベトナム全土で武装蜂起開始。
  • 1945年 - 東久邇宮稔彦王が第43代内閣総理大臣に就任し、東久邇宮内閣が成立。初の皇族首班内閣。
  • 1945年 - インフレの進行により初めて千円紙幣を発行。肖像は日本武尊。
  • 1948年 - プロ野球ナイター記念日。横浜ゲーリック球場にて日本初のプロ野球公式戦のナイトゲーム開催が実施された。
  • 1949年 - 松川事件。東北本線でレールが外され列車が脱線転覆、乗務員が死亡。
  • 1950年 - 303高地の虐殺
  • 1959年 - マイルス・デイヴィスのアルバム『カインド・オブ・ブルー』がリリース。
  • 1960年 - ガボンがフランスから独立。
  • 1962年 - ベルリンの壁を越えようとした18歳のペーター・フェヒターを東ドイツ側の警備兵が銃殺。
  • 1963年 - 沖縄本島と久米島を結ぶ「みどり丸」が転覆・沈没。死者・行方不明112人。
  • 1963年 - 藤田航空機八丈富士墜落事故
  • 1969年 - ハリケーン・カミールがミシシッピ州に上陸。死者248人。
  • 1970年 - ソ連の金星探査機「ベネラ7号」が打ち上げ。同年12月15日、史上初めて金星に着陸。
  • 1982年 - ABBAの『The Visitors』が世界初のCDとして製造される。
  • 1988年 - パキスタン大統領ムハンマド・ジア=ウル=ハクらが乗った飛行機が離陸直後に墜落し、大統領を含む37人全員が死亡。
  • 1996年 - 日本の地球環境観測衛星「みどり」打ち上げ。
  • 1998年 - アメリカのビル・クリントン大統領がモニカ・ルインスキーとの「不適切な肉体関係」を認める。
  • 1999年 - トルコ北西部でM 7.4の地震。17,000人以上が死亡。(イズミット地震)
  • 2008年 - 北京オリンピックにおける競泳競技: 競泳のマイケル・フェルプスが、オリンピック史上初となる1大会で8つの金メダルを獲得。
  • 2009年 - ロシア最大級のサヤノ・シュシェンスカヤ水力発電所で事故が発生。送水管の破壊により74名が死亡。
  • 2011年 - 静岡県浜松市天竜区の天竜川で川下りをしていた船が転覆し、5人が死亡。(天竜川川下り船転覆死亡事故)
  • 2016年 - リオデジャネイロオリンピック: レスリング女子フリースタイル58kg級で、伊調馨が優勝。同競技男女初とともに、女子個人種目では五輪史上初の4連覇を達成。
  • 2017年 - 2017年バルセロナテロ攻撃事件が起きる。

誕生日

  • 1473年 - リチャード・オブ・シュルーズベリー、初代ヨーク公(+ 1483年?)
  • 1601年 - ピエール・ド・フェルマー、数学者(+ 1665年)
  • 1603年 - レンナート・トルステンソン、軍人(+ 1651年)
  • 1625年(寛永2年7月15日)- 井伊直澄、江戸幕府の大老、第3代彦根藩主(+ 1676年)
  • 1629年 - ヤン3世、ポーランド王(+ 1696年)
  • 1686年 - ニコラ・ポルポラ、作曲家、音楽教師(+ 1768年)
  • 1753年 - ヨゼフ・ドブロフスキー、文献学者、歴史学者(+ 1829年)
  • 1754年 - ルイ=マリ・スタニスラ・フレロン、政治家(+ 1802年)
  • 1768年 - ルイ・シャルル・アントワーヌ・ドゼー、軍人(+ 1800年)
  • 1786年 - ヴィクトリア・オブ・サクス=コバーグ=ザールフィールド、イギリス女王ヴィクトリアの母(+ 1861年)
  • 1786年 - デイヴィッド・クロケット、軍人、政治家(+ 1836年)
  • 1799年 - ローベルト・フォン・モール、法学者(+ 1875年)
  • 1844年 - メネリク2世、エチオピア皇帝(+ 1913年)
  • 1874年 - 岡田武松、気象学者(+ 1956年)
  • 1882年 - サミュエル・ゴールドウィン、映画プロデューサー(+ 1974年)
  • 1884年 - 川村吾蔵、彫刻家(+ 1950年)
  • 1887年 - カール1世、オーストリア=ハンガリー帝国最後の皇帝(+ 1922年)
  • 1887年 - マーカス・ガーベイ、黒人民族主義指導者(+ 1940年)
  • 1892年 - 山口多聞、海軍軍人(+ 1942年)
  • 1893年 - メイ・ウエスト、女優(+ 1980年)
  • 1893年 - ワルター・ノダック、化学者(+ 1960年)
  • 1896年 - レズリー・グローヴス、軍人(+ 1970年)
  • 1897年 - 川端茅舍、俳人(+ 1941年)
  • 1901年 - アンリ・トマジ、作曲家、指揮者(+ 1971年)
  • 1902年 - 下村寅太郎、哲学者(+ 1995年)
  • 1904年 - レオポルト・ノヴァーク、音楽学者(+ 1991年)
  • 1906年 - マルセロ・カエターノ、政治家(+ 1980年)
  • 1911年 - ミハイル・ボトヴィニク、第7・9・11代チェスの公式世界チャンピオン(+ 1995年)
  • 1911年 - 本田親喜、プロ野球選手(+ 1989年)
  • 1913年 - マーク・フェルト、FBI副長官、ウォーターゲート事件告発者(ディープ・スロート)(+ 2008年)
  • 1918年 - 6代目笑福亭松鶴、落語家(+ 1985年)
  • 1920年 - モーリン・オハラ、女優(+ 2015年)
  • 1926年 - 江沢民、第3代中国共産党中央委員会総書記、第5代中華人民共和国国家主席
  • 1927年 - 埴原和郎、自然人類学者(+ 2004年)
  • 1929年 - フランシス・ゲーリー・パワーズ、軍人、パイロット(+ 1977年)
  • 1930年 - テッド・ヒューズ、詩人(+ 1998年)
  • 1930年 - 小里貞利、政治家(+ 2016年)
  • 1931年 - 柳原良平、イラストレーター(+ 2015年)
  • 1932年 - V・S・ナイポール、作家
  • 1932年 - 岩井活水、プロ野球選手(+ 没年不詳)
  • 1934年 - 石井一、政治家
  • 1935年 - ジミー佐古田、警察官
  • 1936年 - アーレンド・レイプハルト、政治学者
  • 1936年 - 玉造陽二、元プロ野球選手
  • 1936年 - 瀧英男、プロ野球選手
  • 1937年 - 劉炳森、書家、政治家(+ 2005年)
  • 1940年 - 今沢哲男、アニメーション監督
  • 1941年 - イブラヒム・ババンギダ、軍人、ナイジェリア大統領
  • 1941年 - 青空球児、漫才師
  • 1943年 - ロバート・デ・ニーロ、俳優
  • 1943年 - 住友平、元プロ野球選手
  • 1943年 - 笠谷幸生、元スキージャンプ選手
  • 1944年 - 安仁屋宗八、元プロ野球選手
  • 1944年 - 古今亭志ん橋(6代目)、落語家
  • 1944年 - 弘友和夫、政治家
  • 1944年 - ラリー・エリソン、実業家、オラクル共同設立者
  • 1944年 - 城野勝博、プロ野球選手
  • 1946年 - 坂東眞理子、元官僚
  • 1947年 - 川藤龍之輔、元プロ野球選手
  • 1949年 - ノーム・コールマン、政治家
  • 1949年 - 藤口光紀、サッカー選手
  • 1950年 - 西島三重子、シンガーソングライター
  • 1950年 - 瀬戸和則、プロ野球選手(+ 2013年)
  • 1951年 - ベンガル、俳優
  • 1951年 - 壺井勘也、彫刻家
  • 1952年 - ネルソン・ピケ、F1ドライバー
  • 1952年 - マリオ・タイセン、F1チーム代表
  • 1952年 - ギレルモ・ビラス、テニス選手
  • 1952年 - 聶衛平、囲碁棋士、中国囲棋協会副主席、中国棋院技術顧問
  • 1952年 - 渡辺純志、元プロ野球選手
  • 1952年 - 高橋亮子、漫画家
  • 1953年 - 木村広、元プロ野球選手
  • 1953年 - ヘルタ・ミュラー、小説家
  • 1954年 - エリック・ジョンソン、ギタリスト
  • 1954年 - 本間進、俳優
  • 1954年 - ルイス・マンドーキ、映画監督
  • 1955年 - シーザー武志、キックボクサー、俳優
  • 1955年 - 堀江信彦、編集者
  • 1955年 - リチャード・ヒルトン、実業家
  • 1956年 - 天野清継、ジャズギタリスト
  • 1957年 - ロビン・カズンズ、フィギュアスケート選手
  • 1958年 - ベリンダ・カーライル、歌手
  • 1958年 - 松本知子、麻原彰晃の妻
  • 1959年 - 赤井英和、元プロボクサー、俳優
  • 1959年 - 坂本千夏、声優
  • 1959年 - マーシャ・ゲイ・ハーデン、女優
  • 1959年 - 長保有紀、演歌歌手
  • 1960年 - ショーン・ペン、俳優、映画監督
  • 1960年 - 川原正敏、漫画家
  • 1960年 - 岡本光、元プロ野球選手
  • 1961年 - 青柳隆志、国文学者、声優
  • 1961年 - 鈴木淳、サッカー選手、指導者
  • 1961年 - カティ・オウティネン、女優
  • 1962年 - 小野剛、サッカー指導者
  • 1962年 - ガモウひろし、漫画家
  • 1962年 - 中根康浩、政治家
  • 1962年 - ギルビー・クラーク、ミュージシャン(元ガンズ・アンド・ローゼズ)
  • 1962年 - 近藤章仁、プロ野球選手
  • 1964年 - 神崎将臣、漫画家
  • 1964年 - ジョルジーニョ、サッカー選手
  • 1964年 - 槇徳子、アナウンサー
  • 1964年 - マリア・マッキー、歌手
  • 1965年 - 佐竹雅昭、空手家
  • 1965年 - 小林豊、アナウンサー
  • 1965年 - 藤井麻輝、ミュージシャン
  • 1966年 - 芳野日向子、元声優
  • 1966年 - ロドニー・ミューレン、スケートボーダー
  • 1967年 - 猪熊しのぶ、漫画家
  • 1967年 - 舟山恭史、元プロ野球選手
  • 1967年 - 岡村有希子、歌手、タレント
  • 1968年 - はたけ、ギタリスト(シャ乱Q)
  • 1969年 - 小飼弾、実業家
  • 1969年 - ディック東郷、プロレスラー
  • 1969年 - ドニー・ウォルバーグ、ミュージシャン、俳優
  • 1969年 - クリスチャン・レイトナー、バスケットボール選手
  • 1970年 - 小森創介、声優、俳優
  • 1970年 - ジム・クーリエ、テニス選手
  • 1971年 - ホルヘ・ポサダ、メジャーリーガー
  • 1971年 - ムッシュ・ピエール、マジシャン
  • 1972年 - 遠藤美佐子、女優、タレント
  • 1972年 - 岩崎芳美、競艇選手
  • 1972年 - ロベルト・ラミレズ、元プロ野球選手
  • 1974年 - 華原朋美、歌手
  • 1974年 - 大野崇、格闘家
  • 1974年 - ジェフリー・リーファー、プロ野球選手
  • 1974年 - 牧浦充徳、調教師
  • 1975年 - ルイジ・マストランジェロ、バレーボール選手
  • 1975年 - 輝優優、女子プロレスラー
  • 1976年 - マット・アンダーソン、元メジャーリーガー
  • 1976年 - 平松まゆき、歌手
  • 1977年 - ティエリ・アンリ、サッカー選手
  • 1977年 - ウィリアム・ギャラス、サッカー選手
  • 1977年 - ターヤ・トゥルネン、歌手
  • 1977年 - 山下美穂子、アナウンサー
  • 1978年 - メディー・バアラ、陸上競技選手
  • 1979年 - ジュリアン・エスキュデ、サッカー選手
  • 1980年 - レネ・マーリン、シンガーソングライター
  • 1980年 - ヤン・クロムカンプ、サッカー選手
  • 1980年 - ダニ・グイサ、サッカー選手
  • 1980年 - マヌエレ・ブラージ、サッカー選手
  • 1981年 - 田中千絵、女優
  • 1982年 - 松本麻衣子、アナウンサー
  • 1982年 - 木村裕子、鉄道アイドル
  • 1982年 - 山岸穣、プロ野球選手
  • 1982年 - フィル・ジャギエルカ、サッカー選手
  • 1982年 - 白田久子、女優
  • 1982年 - 村井麻友美、女優
  • 1983年 - ダスティン・ペドロイア、メジャーリーガー
  • 1984年 - 吉野みづほ、スタイリッシュハート
  • 1984年 - オクサナ・ドムニナ、フィギュアスケート選手
  • 1985年 - 蒼井優、女優、ファッションモデル
  • 1985年 - 新津由衣、歌手
  • 1986年 - ルディ・ゲイ、バスケットボール選手
  • 1986年 - タイラス・トーマス、バスケットボール選手
  • 1986年 - マルクス・ベリ、サッカー選手
  • 1987年 - 関谷彩花、タレント
  • 1987年 - 藤川俊介、プロ野球選手
  • 1987年 - トーマス・ニール、メジャーリーガー
  • 1987年 - 松下建太、プロ野球選手
  • 1988年 - 戸田恵梨香、女優
  • 1988年 - ミッチ・デニング、プロ野球選手
  • 1989年 - 大山真志、俳優
  • 1989年 - 詹詠然、テニス選手
  • 1989年 - 大岩一貴、サッカー選手
  • 1990年 - レイチェル・ハード=ウッド、女優
  • 1990年 - 笹岡征矢、ミュージカル俳優
  • 1991年 - 堂林翔太、プロ野球選手
  • 1992年 - 田中大輝、プロ野球選手
  • 1993年 - サラ・ショーストレム、競泳選手
  • 1994年 - 畠中祐、俳優、声優
  • 1994年 - 谷口夢奈、声優
  • 1995年 - 長尾寧音、モデル、タレント
  • 1996年 - 伊藤彩沙、声優
  • 1998年 - 山本由伸、プロ野球選手
  • 生年不詳 - あらいしずか、声優
  • 生年不詳 - 杉基イクラ、漫画家
  • 生年不明 - 青木崇、声優
  • 生年不明 - 三瓶雄樹、声優
  • 生年不明 - シタラマサコ、漫画家

忌日

  • 737年(天平9年7月13日)- 藤原麻呂、公卿(* 695年)
  • 1156年(保元元年7月30日)- 源為義、武将、河内源氏棟梁(* 1096年)
  • 1196年(建久7年7月22日)- 藤原家房、公卿、歌人(* 1167年)
  • 1304年(嘉元2年7月16日)- 後深草天皇、日本の第89代天皇(* 1243年)
  • 1338年(延元3年/建武5年閏7月2日)- 新田義貞、武将、御家人(* 1301年)
  • 1614年(慶長19年7月12日)- 角倉了以、商人(* 1554年)
  • 1617年(元和3年7月16日)- 芳春院、前田利家の正室(* 1547年)
  • 1702年(元禄15年7月24日)- 列堂義仙、僧(* 1635年)
  • 1711年(正徳元年7月4日)- 池田綱清、第2代鳥取藩主(* 1648年)
  • 1715年(正徳5年7月19日)- 佐竹義格、第4代久保田藩主(* 1695年)
  • 1785年 - ジョナサン・トランブル、アメリカの政治家(* 1710年)
  • 1786年 - フリードリヒ2世、プロイセン国王(* 1712年)
  • 1831年(天保2年7月10日)- 牧野忠精、江戸幕府老中、越後長岡藩主(* 1760年)
  • 1838年 - ロレンツォ・ダ・ポンテ、イタリアの詩人、台本作家(* 1749年)
  • 1850年 - ホセ・デ・サン=マルティン、アルゼンチンの軍人・政治家(* 1778年)
  • 1864年(元治元年7月16日)- 男谷信友、剣客(* 1798年)
  • 1873年 - ウィリアム・メレディス、第19代アメリカ合衆国財務長官(* 1799年)
  • 1880年 - オーレ・ブル、ヴァイオリニスト・作曲家(* 1810年)
  • 1894年 - 満宮輝仁親王、日本の皇族(* 1893年)
  • 1920年 - レイ・チャップマン、メジャーリーガー(* 1891年)
  • 1924年 - パウル・ナトルプ、哲学者(* 1854年)
  • 1924年 - パベル・ウリゾーン、数学者(* 1898年)
  • 1939年 - ヴォイチェフ・コルファンティ、ポーランドの民族主義運動家、政治家(* 1873年)
  • 1944年 - アブデュルレシト・イブラヒム、イスラム教のウラマー、東京モスク初代イマーム(* 1857年)
  • 1944年 - 三輪八郎、元プロ野球選手(* 1921年)
  • 1945年 - 島木健作、作家(* 1903年)
  • 1947年 - エウシェン、スウェーデンの王族(* 1865年)
  • 1955年 - 李堈、日本の公族(* 1877年)
  • 1955年 - フェルナン・レジェ、画家(* 1881年)
  • 1958年 - フローラン・シュミット、作曲家(* 1870年)
  • 1958年 - 加藤正二、元プロ野球選手
  • 1964年 - 佐田啓二、俳優(* 1926年)
  • 1965年 - 高見順、作家(* 1907年)
  • 1966年 - 国井善弥、武術家、鹿島神流第18代宗家(* 1894年)
  • 1967年 - 新村出、言語学者(* 1876年)
  • 1969年 - ミース・ファン・デル・ローエ、建築家(* 1886年)
  • 1969年 - オットー・シュテルン、物理学者(* 1888年)
  • 1971年 - 前田山英五郎、大相撲第39代横綱(* 1914年)
  • 1973年 - アーサー・W・ラドフォード、アメリカ海軍の大将、アメリカ統合参謀本部議長(* 1896年)
  • 1973年 - ジャン・バラケ、作曲家(* 1928年)
  • 1977年 - パーヴェル・セレブリャーコフ、ピアニスト(* 1909年)
  • 1980年 - 五井昌久、宗教家(* 1916年)
  • 1983年 - アイラ・ガーシュウィン、作詞家(* 1896年)
  • 1987年 - クラレンス・ブラウン、映画監督(* 1890年)
  • 1987年 - ルドルフ・ヘス、ナチス・ドイツの副総統(* 1894年)
  • 1988年 - ムハンマド・ジア=ウル=ハク、パキスタン大統領(* 1924年)
  • 1991年 - 田上義也、建築家(* 1899年)
  • 1997年 - 山崎正一、哲学者(* 1912年)
  • 1998年 - タデウス・スルシャルスキー、陸上競技選手(* 1950年)
  • 2000年 - エーリッヒ・ボルフマイヤー、陸上競技選手(* 1905年)
  • 2000年 - フランコ・ドナトーニ、作曲家(* 1927年)
  • 2000年 - E・H・エリック、タレント(* 1929年)
  • 2004年 - 徳永善也、ミュージシャン(* 1964年)
  • 2005年 - 平山輝男、言語学者(* 1909年)
  • 2005年 - ジョン・バーコール、宇宙物理学者(* 1934年)
  • 2005年 - 能勢修一、物理学者(* 1951年)
  • 2007年 - 黒田一博、プロ野球選手(* 1924年)
  • 2008年 - 4代目喜久亭寿楽、落語家(* 1952年)
  • 2009年 - デイビー・ウィリアムズ、メジャーリーガー(* 1927年)
  • 2014年 - 木田元、哲学者(* 1928年)
  • 2015年 - 柳原良平、イラストレーター・アニメーション作家・エッセイスト(* 1931年)
  • 2016年 - アーサー・ヒラー、映画監督(* 1923年)
  • 2016年 - 宮本一三、元衆議院議員(* 1931年)
  • 2016年 - ジョン・エレンビー、実業家、開発者(* 1941年)

スピーチ作成 - テーマ「プロ野球ナイター記念日」

自分が初めてテーマを知った/経験した時のエピソード。
テーマについて自分はどう思うか/思ったか。
言葉/行動/影響について自分はどう思うか。
今後自分はどうしたいと思うか。

スピーチ出力 - 08-17_プロ野球ナイター記念日.txt

想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。
日付からスピーチを作る
10月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
11月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
12月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
1月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
2月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29
3月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
4月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
5月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
6月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
7月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
8月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
9月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30

参考になる本

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法
 会議・朝礼・電話でも、接客・商談・会合でも、面接・結婚式のスピーチでも、デート・合コン・保護者会でも。
 こんなふうに話せば「あがり」にさようなら! 予約半年待ち! 超人気講師が教える“緊張しないコツ。
¥ 1,210
超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48
 本書では、人前では話すことが苦手な人でもすぐ実行でき、たちまち効果を実感できる「あがらずに話せる正しい方法」を48個紹介しています。
 スピーチ・朝礼・会議・面接でドキドキしない!商談・プレゼン・営業が面白いほど成功する!人前で話すのが苦手な人でも大丈夫!あがらずに話せる超シンプルなテクニックを大公開!
¥ 1,296
朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100 話しベタなあなたに贈る
 他人の興味を引く「鉄板ネタ」さえ持っていれば、誰でも「人前で話すこと」が怖くなくなります。
 聞き手が具体的にイメージしやすいようにスポーツ選手や芸能人など、著名人のエピソードもたくさん織り込んだ「鉄板ネタ」を100個集めました。
¥ 1,620
恥をかかないスピーチ力
 新年度に自己紹介をしたり、結婚式やちょっとした集まりで人前で話したりする機会は意外と多い。そんな時に役立つ、スピーチやコメントのコツ、心構え。
 恥をかかないレベルから「なかなかうまいな」と思われるレベルまで、どうステップアップするか。
 「時間感覚」「身体感覚」の重要性、始まり方と終わり方、小ネタの集め方、シーン別のコツやNGポイントまで、人前で話す時にはこれさえあれば大丈夫!
¥ 702
心に届く話し方 65のルール
 本書は、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説した、話し方の基礎技術の本です。
 「本質的に内容が相手にきちんと伝わる」ことを目的とし、「そのための具体的かつ自然な音声表現のディテール」まで迫った本です。
¥ 1,361
カーネギー話し方入門 文庫版
 あのウォーレン・バフェットも受講したというデール・カーネギーの話し方講座のエッセンスをまとめた本。
 カーネギーといえば、大ベストセラーとなった『人を動かす』があまりに有名だが、本書の原著も100万部を突破したベストセラーとして、アメリカでは広く知られている。
¥ 650