365日のネタ・スピーチ例は、1年分(365日分)のネタと、朝礼などのスピーチの作例や作り方を、まとめたサイトです。 >> 使い方を読む

8月23日「奴隷貿易とその廃止を記念する国際デー」


 8月23日は「奴隷貿易とその廃止を記念する国際デー」です。
 1791年8月22日の夜からこの日にかけて 、フランス植民地のサン=ドマング、現在のハイチで、ハイチ革命が始まったことを記念して、ユネスコが制定しました。ハイチはカリブ海の国で、キューバの南東にあります。


 よく、「過去に生まれていたら何をするか」みたいな話があります。しかし、ほとんどの人は、農奴だったり、奴隷だったりするのが現実です。

 貴族になれる前提で話をする人が多く、その自信はどこから来るのだろうと、よく思います。

 1804年のハイチ独立は、ラテンアメリカ初で、アメリカ大陸では二番目です。そして、世界初の黒人による共和制国家でもあります。
 しかし、独立以来現在まで、ハイチでは混乱が続いています。ハイチは西半球で最も貧しい国と言われており、国民の80%は、劣悪な貧困状態に置かれています。


 1つの国に、産業を根付かせ、国民を潤わせるというのは、大変なことだと思います。そのためには、資源だけでなく、教育も必要ですし、諸外国との関係も大切です。

 これは他人事ではありません。自分たちが住む環境をよくするために、何ができるか。そうしたことを、きちんと考えていかなければと思います。

スピーチ作例 8月23日1
文字数:536文字   想定時間:147
想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。

記念日・年中行事

  • 処暑(日本、2010年・2011年・2012年・2013年)
    二十四節気の1つ。太陽の黄経が150度の時で、暑さが収まり秋に近づく頃(地方によってはまだ残暑が厳しいこともある)
  • 奴隷貿易とその廃止を記念する国際デー(世界)
    ユネスコが制定した国際デー。1791年8月22日の夜からこの日にかけて 、フランス植民地のサン=ドマング(現在のハイチ)で、大西洋奴隷貿易廃止の重要なきっかけとなったハイチ革命が始まったことを記念。
  • 国旗の日(ウクライナ)
    2004年にウクライナ政府が制定。独立記念日の前日。
  • スターリニズムとナチズムの犠牲者追悼の日(欧州連合)
    1939年の独ソ不可侵条約(に付随する東欧分割の密約)を記念し、2009年に欧州議会が制定。
  • ウゥルカナリア(ローマ帝国)
    火の神ウゥルカーヌスの祭日。作物や穀物が炎上しやすい真夏、たき火に生きた魚や小動物を投げ込み神をなだめた。
  • ウクレレの日(アメリカ合衆国 ハワイ)
    ウクレレが19世紀にポルトガル移民が持ち込んだ楽器が原型とされていることから、1879年にポルトガル人がハワイの移民局に移民登録を行った8月23日を記念日とした。
  • 白虎隊の日(日本)
    明治元年旧暦8月23日(1868年)、会津藩の白虎隊・士中二番隊員20名が飯盛山で自刃したことにちなむ。
  • 野球の日(韓国)
    2008年のこの日、北京オリンピックの野球競技で韓国代表チームが優勝したのを記念し、韓国野球委員会が制定。

歴史

  • 1305年 - イングランドによるスコットランド支配に抵抗したウィリアム・ウォレスがロンドンで処刑。
  • 1514年 - チャルディラーンの戦い。124年間に及ぶオスマン帝国とサファヴィー朝ペルシャの抗争が始まる。
  • 1614年 - フローニンゲン大学が創立。
  • 1623年(元和9年7月27日)- 徳川家光の将軍宣下が行われる。
  • 1793年 - フランス革命:国民公会が国民皆兵制度を導入。
  • 1856年 - 安政八戸沖地震発生。
  • 1866年 - 普墺戦争:プラハ条約締結により普墺戦争が終結。
  • 1868年(明治元年7月6日)- 戊辰戦争: 飯盛山に逃れた白虎士中二番隊20名が自刃。飯沼貞吉のみ一命を取り留める。
  • 1878年 - 竹橋事件。東京・竹橋で近衛兵が反乱。
  • 1898年 - 日本鉄道磐城線・田端 - 岩沼間(現 JR常磐線)が全通。
  • 1913年 - コペンハーゲンで人魚姫の像が初公開。
  • 1914年 - 第一次世界大戦:日本(大日本帝国)がドイツ帝国に宣戦布告。
  • 1921年 - イラク王国が創設され、ファイサル1世が初代イラク国王として即位。
  • 1927年 - サッコ・ヴァンゼッティ事件:アメリカで、強盗殺人の罪でイタリア移民のニコラ・サッコとバルトロメオ・ヴァンゼッティの死刑を執行。
  • 1929年 - 新潟市で鉄筋コンクリート造の3代目萬代橋が竣工。
  • 1939年 - 第二次世界大戦:独ソ不可侵条約締結。
  • 1942年 - 甲子園球場で文部省主催による全国中等学校野球大会開幕。(1942年の全国中等学校野球大会)
  • 1944年 - 第二次世界大戦:ルーマニア革命。ルーマニア王ミハイ1世が同国の指導者イオン・アントネスクを解任、ルーマニアが枢軸国から離脱。
  • 1944年 - 第二次世界大戦:日本で、学徒勤労令・女子挺身勤労令が公布・施行。
  • 1945年 - 第二次世界大戦・ソ連対日参戦:ソビエト連邦の指導者ヨシフ・スターリンが日本軍捕虜のソ連国内への移送を指令。(シベリア抑留)
  • 1945年 - 内務省が「進駐軍を迎える国民の心得」を諭告。女性に対し外国軍に隙を見せてはならぬ等の指示。
  • 1946年 - ハワード・ホークス監督、ハンフリー・ボガート主演の映画『三つ数えろ』が公開。
  • 1948年 - 万代橋事件。萬代橋に花火大会の見物客が殺到し欄干が崩落。死者11人。
  • 1957年 - 防衛庁がロッキード社製の大型対潜哨戒機P2Vの国産化を決定。
  • 1958年 - 中国人民解放軍が中華民国の金門島に対し砲撃を開始し、金門砲戦が始まる。
  • 1971年 - 実尾島事件。韓国が実尾島(シルミド)で訓練を行っていた特殊部隊員が反乱を起こす。
  • 1973年 - ニクソン米大統領が国務長官にヘンリー・キッシンジャー大統領補佐官を指名したと発表。
  • 1973年 - ストックホルムで銀行立てこもり事件発生、犯罪被害者が犯人に過度の同情や共感をよせる現象を意味するストックホルム症候群という呼称の由来となる。
  • 1975年 - 中央自動車道恵那山トンネルを含む飯田IC - 中津川IC間が開通。
  • 1976年 - 安楽死国際会議が東京で開催。翌日、安楽死の権利の保有をうたった「東京宣言」を採択。
  • 1979年 - ソ連のバレエダンサーアレクサンドル・ゴドゥノフがニューヨーク公演中にアメリカに亡命。
  • 1988年 - アメリカでスーパー301条などを含む包括通商・競争力強化法が成立。
  • 1989年 - 当時ソビエト連邦の構成共和国だったバルト三国で約200万人が参加して3カ国を人間の鎖で囲む(バルトの道)。
  • 1990年 - アルメニアがソビエト連邦からの独立を宣言。
  • 1995年 - 第18回ユニバーシアード福岡大会が162か国・地域の参加で開幕。
  • 2006年 - オーストリア少女監禁事件。8年間監禁されていた18歳の少女を保護。犯人は同日自殺。
  • 2007年 - クリス・メッシーナがTwitterで「#」を記事のタグ付け記号にすることを提案。ハッシュタグの誕生。
  • 2010年 - タイのスワンナプーム国際空港とバンコクを結ぶ鉄道、エアポート・レール・リンクが開業。
  • 2010年 - フィリピンのマニラで香港からの観光客を乗せたバスが元警察官の男にバスジャックされ、人質8人が死亡。犯人も射殺。
  • 2011年 - 40年以上続いたリビアのカダフィ政権が事実上崩壊。(2011年リビア内戦)
  • 2011年 - タレントの島田紳助が芸能界引退を発表。
  • 2015年 - 臨時寝台特急「北斗星」(上野駅-札幌駅)が、この日上野駅到着をもって運行が終了。これによって、1958年に登場して運転されてきた「ブルートレイン」は日本国内から姿を消した。

誕生日

  • 686年 - カール・マルテル、メロヴィング朝フランク王国の宮宰(+ 741年)
  • 1741年 - ラ・ペルーズ伯ジャン=フランソワ・ド・ガロー、探検家(+ 1788年?)
  • 1754年 - ルイ16世、フランス国王(+ 1793年)
  • 1769年 - ジョルジュ・キュヴィエ、博物学者(+ 1832年)
  • 1839年 - ジェームズ・ゲイキー、地質学者(+ 1915年)
  • 1842年 - オズボーン・レイノルズ、物理学者(+ 1912年)
  • 1847年(弘化4年7月13日)- 森有礼、政治家(+ 1889年)
  • 1852年 - アーノルド・トインビー、経済学者(+ 1883年)
  • 1854年 - モーリッツ・モシュコフスキ、ピアニスト、作曲家(+ 1925年)
  • 1855年(安政2年7月11日)- 穂積陳重、法学者(+ 1926年)
  • 1864年 - エレフテリオス・ヴェニゼロス、政治家(+ 1936年)
  • 1870年 - ジョージ・デイヴィス、メジャーリーガー(+ 1940年)
  • 1887年 - フリードリッヒ・ザンデル、宇宙工学者(+ 1933年)
  • 1897年 - 河村光陽、作曲家(+ 1946年)
  • 1899年 - 木川田一隆、実業家(+ 1974年)
  • 1900年 - 三好達治、詩人(+ 1964年)
  • 1900年 - エルンスト・クルシェネク、作曲家(+ 1991年)
  • 1904年 - テルマ・ファーネス、ファーネス子爵夫人(+ 1970年)
  • 1904年 - ウィリアム・プリムローズ、ヴィオラ奏者(+ 1982年)
  • 1905年 - コンスタント・ランバート、作曲家、指揮者(+ 1951年)
  • 1908年 - アルチュール・アダモフ、劇作家(+ 1970年)
  • 1910年 - ジュゼッペ・メアッツァ、サッカー選手(+ 1979年)
  • 1911年 - 澤柳大五郎、美術史家(+ 1995年)
  • 1911年 - ビルゲル・ルート、スキー選手(+ 1998年)
  • 1912年 - ジーン・ケリー、俳優(+ 1996年)
  • 1912年 - 宮柊二、歌人(+ 1986年)
  • 1915年 - 川路龍子、女優(+ 1996年)
  • 1917年 - 伊藤桂一、作家(+ 2016年)
  • 1919年 - 大野晋、日本語学者(+ 2008年)
  • 1920年 - 別当薫、プロ野球選手、プロ野球監督(+ 1999年)
  • 1920年 - 鮎川信夫、詩人、文芸評論家(+ 1986年)
  • 1921年 - ケネス・アロー、経済学者(+ 2017年)
  • 1922年 - 高山泰夫、プロ野球選手
  • 1922年 - ジョージ・ケル、メジャーリーガー(+ 2009年)
  • 1923年 - エドガー・F・コッド、計算機科学者(+ 2003年)
  • 1924年 - 香川登志緒、喜劇作家(+ 1994年)
  • 1924年 - エフライム・キション、作家(+ 2005年)
  • 1924年 - ロバート・ソロー、経済学者
  • 1924年 - ドクトル・チエコ、産婦人科医、性医学評論家(+ 2010年)
  • 1925年 - ロバート・マリガン、映画監督、映画プロデューサー(+ 2008年)
  • 1926年 - クリフォード・ギアツ、文化人類学者(+ 2006年)
  • 1927年 - アラン・カプロー、芸術家(+ 2006年)
  • 1927年 - ディック・ブルーナ、絵本作家(+ 2017年)
  • 1928年 - 橋本敦、政治家
  • 1929年 - ヴェラ・マイルズ、女優
  • 1929年 - 渡辺信義、プロ野球選手
  • 1929年 - チボル・ゾルターン、サッカー選手(+ 1997年)
  • 1930年 - ブーズー・チェイヴィズ、歌手、アコーディオン奏者(+ 2001年)
  • 1931年 - ハミルトン・スミス、生物学者
  • 1933年 - 池田文雄、プロデューサー(+ 2003年)
  • 1933年 - 三浦方義、プロ野球選手
  • 1933年 - ロバート・カール、化学者
  • 1936年 - ヘンリー・リー・ルーカス、シリアルキラー(+ 2001年)
  • 1936年 - 片田謙二、プロ野球選手(+ 1993年)
  • 1939年 - 桂文生(3代目)、落語家
  • 1940年 - トマス・A・スタイツ、分子生物学者
  • 1940年 - 広瀬登喜夫、オートレース選手
  • 1941年 - 井上ひろし、歌手(+ 1985年)
  • 1944年 - 小林弘、プロボクサー
  • 1945年 - 泉沢彰、プロ野球選手
  • 1945年 - 伊藤一長、政治家(+ 2007年)
  • 1946年 - キース・ムーン、ドラマー(ザ・フー)(+ 1978年)
  • 1946年 - 飯野おさみ、俳優、歌手
  • 1948年 - 宇田東植、プロ野球選手
  • 1948年 - 長岡良子、漫画家
  • 1949年 - 一城みゆ希、声優
  • 1949年 - 高樹蓉子、女優
  • 1949年 - リック・スプリングフィールド、歌手、俳優
  • 1949年 - シェリー・ロング、女優
  • 1950年 - ローザ・オトゥンバエヴァ、政治家、第3代キルギス大統領
  • 1950年 - 譚詠麟、歌手
  • 1952年 - ジェリー・ホワイト、プロ野球選手
  • 1952年 - ヴィッキー、歌手
  • 1956年 - 岡江久美子、女優
  • 1956年 - 益岡徹、俳優
  • 1956年 - 山田隆夫、落語家、アーティスト、声優、お笑いタレント、俳優
  • 1957年 - 新倉史祐、プロレスラー
  • 1958年 - 大野方栄、歌手
  • 1958年 - 佐藤しのぶ、ソプラノ歌手
  • 1958年 - フリオ・フランコ、メジャーリーガー
  • 1959年 - 見沢知廉、作家、新右翼活動家(+ 2005年)
  • 1959年 - ピーター・オペガード、フィギュアスケート選手
  • 1959年 - 谷福美、プロゴルファー
  • 1960年 - 馬淵澄夫、政治家
  • 1961年 - コング桑田、俳優、声優、タレント
  • 1961年 - 柴原孝典、スタントマン
  • 1961年 - 高橋ひとみ、女優
  • 1962年 - 巻島直樹、声優
  • 1962年 - 渡真利克則、プロ野球選手、審判
  • 1962年 - 林玉緒、声優
  • 1964年 - ジェフ・マント、プロ野球選手
  • 1964年 - TARU、プロレスラー
  • 1965年 - ロジャー・エイヴァリー、脚本家、映画監督
  • 1966年 - 藤井恵、料理研究家
  • 1966年 - アレクサンダー・ケーニッヒ、フィギュアスケート選手
  • 1967年 - 戸高一生、作曲家、声優
  • 1968年 - 大至伸行、元大相撲力士、歌手
  • 1968年 - 森保一、サッカー選手
  • 1968年 - 米本千珠、声優
  • 1969年 - 五十嵐英樹、プロ野球選手
  • 1969年 - 小桜セレナ、グラビアアイドル、女優、タレント
  • 1969年 - 千田輝彦、元騎手
  • 1969年 - 藤井彩子、アナウンサー
  • 1969年 - 山咲トオル、漫画家
  • 1970年 - リヴァー・フェニックス、俳優(+ 1993年)
  • 1971年 - デメトリオ・アルベルティーニ、元サッカー選手
  • 1972年 - 有賀ヒトシ、漫画家
  • 1974年 - 脇田潤、ゲームクリエイター
  • 1974年 - 雷句誠、漫画家
  • 1974年 - 酒井はな、バレリーナ
  • 1974年 - レイ・パーク、俳優、スタントマン
  • 1975年 - 伊達昌司、プロ野球選手
  • 1976年 - 小野仁、プロ野球選手
  • 1976年 - 紫城るい、女優
  • 1976年 - デンカオセーン・カオウィチット、プロボクサー
  • 1977年 - 佐田真由美、モデル
  • 1977年 - ニコール・ボベック、フィギュアスケート選手
  • 1977年 - 三宅健太、声優
  • 1978年 - コービー・ブライアント、プロバスケットボール選手
  • 1978年 - ジュリアン・カサブランカス、ミュージシャン(ザ・ストロークス)
  • 1979年 - 森かおり、バドミントン選手
  • 1979年 - クリス・ロバーソン、プロ野球選手
  • 1980年 - 栗田雄介、プロ野球選手
  • 1981年 - 与座重理久、俳優
  • 1981年 - AKIRA、ダンサー(EXILE)
  • 1982年 - ジュニア、ファッションモデル
  • 1982年 - ナタリー・コグリン、競泳選手
  • 1982年 - 山口剛、競艇選手
  • 1982年 - 池邉啓二、野球選手
  • 1983年 - 高口隆行、プロ野球選手
  • 1984年 - グレン・ジョンソン、サッカー選手
  • 1984年 - リディア・チェプクルイ、陸上競技選手
  • 1984年 - 古川小百合、タレント、声優
  • 1985年 - 石川真琴、グラビアアイドル
  • 1985年 - 中河内雅貴、俳優
  • 1985年 - 小澤真利奈、女優
  • 1985年 - DJ LOVE
  • 1986年 - 崎本大海、俳優
  • 1987年 - 池田彩、歌手(C-ZONE)
  • 1988年 - マイルズ・マイコラス、プロ野球選手
  • 1989年 - TeddyLoid、音楽プロデューサー、作曲家、リミキサー
  • 1991年 - 川原弘之、プロ野球選手
  • 1992年 - 広瀬玲奈、アイドル、タレント
  • 1993年 - 五十嵐健人、俳優
  • 1996年 - 松田昂大、子役
  • 1996年 - 井手口陽介、サッカー選手
  • 1997年 - 中井りか、アイドル(NGT48)
  • 1997年 - 北香那、女優
  • 1998年 - 東村芽依、アイドル(けやき坂46)
  • 1998年 - 長谷川宙輝、プロ野球選手
  • 2001年 - 稲垣鈴夏、子役
  • 生年非公表 - 宮崎羽衣、声優
  • 生年不明 - 小礒岳人、声優
  • 生年不明 - 加藤祐梨、声優

忌日

  • 93年 - グナエウス・ユリウス・アグリコラ、軍人(* 40年)
  • 634年 - アブー・バクル、初代正統カリフ(* 573年)
  • 1176年(安元2年7月17日)- 六条天皇、日本の第79代天皇(* 1164年)
  • 1305年 - ウィリアム・ウォレス、スコットランドの軍事指導者(* 1272年頃)
  • 1387年 - オーロフ2世、デンマーク・ノルウェー王(* 1370年)
  • 1628年 - ジョージ・ヴィリアーズ、バッキンガム公(* 1592年)
  • 1661年(寛文元年7月29日)- 徳川頼房、徳川家康十一男、初代水戸藩主(* 1603年)
  • 1806年 - シャルル・ド・クーロン、物理学者(* 1736年)
  • 1819年 - オリバー・ハザード・ペリー、アメリカ海軍の軍人(* 1785年)
  • 1831年 - アウグスト・フォン・グナイゼナウ、プロイセン陸軍元帥(* 1760年)
  • 1849年 - エドワード・ヒックス、画家(* 1780年)
  • 1878年 - アドルフ・フレドリク・リンドブラード、作曲家(* 1801年)
  • 1892年 - デオドロ・ダ・フォンセカ、初代ブラジル大統領(* 1827年)
  • 1898年 - フェリシアン・ロップス、画家(* 1833年)
  • 1900年 - 黒田清隆、日本の第2代内閣総理大臣(* 1840年)
  • 1926年 - ルドルフ・バレンチノ、俳優(* 1895年)
  • 1927年 - バルトロメオ・ヴァンゼッティ、サッコ・ヴァンゼッティ事件の容疑者(* 1888年)
  • 1927年 - ニコラ・サッコ、サッコ・ヴァンゼッティ事件の容疑者(* 1891年)
  • 1930年 - 志村源太郎、銀行家・官僚(* 1867年)
  • 1933年 - アドルフ・ロース、建築家(* 1870年)
  • 1934年 - ヴィクトル・カプラン、カプラン水車開発者として知られる技術者(* 1876年)
  • 1934年 - 野村芳亭、映画監督、脚本家、映画プロデューサー(* 1880年)
  • 1937年 - アルベール・ルーセル、作曲家(* 1869年)
  • 1942年 - 竹内栖鳳、日本画家(* 1864年)
  • 1944年 - アブデュルメジト2世、オスマン家最後のカリフ(* 1868年)
  • 1945年 - ステファニー、オーストリア皇太子妃(* 1864年)
  • 1960年 - オスカー・ハマースタイン2世、ミュージカル作家(* 1895年)
  • 1962年 - アーヴィング・ファイン、作曲家(* 1914年)
  • 1967年 - ネイト・カートメル、陸上競技選手(* 1883年)
  • 1968年 - 木山捷平、作家(* 1904年)
  • 1975年 - 大岡虎雄、プロ野球選手(* 1912年)
  • 1977年 - ナウム・ガボ、美術家・彫刻家(* 1890年)
  • 1977年 - 新国誠一、詩人(* 1925年)
  • 1979年 - 中井悦雄、プロ野球選手(* 1943年)
  • 1980年 - ゲルハルト・ハナッピ、サッカー選手(* 1929年)
  • 1980年 - 岩田藤七、ガラス工芸家(* 1893年)
  • 1982年 - スタンフォード・ムーア、生化学者(* 1913年)
  • 1984年 - チャーリー・ロバートソン、メジャーリーガー(* 1896年)
  • 1987年 - ディディエ・ピローニ、F1ドライバー(* 1952年)
  • 1989年 - ロナルド・D・レイン、精神医学者(* 1927年)
  • 1990年 - デヴィッド・ローズ、イージーリスニングのミュージシャン(* 1910年)
  • 1995年 - 玉屋庄兵衛(八代目)、からくり人形師(* 1950年)
  • 1997年 - ジョン・ケンドリュー、化学者(* 1917年)
  • 2001年 - キャスリーン・フリーマン、女優、声優(* 1919年)
  • 2002年 - 武上四郎、プロ野球監督、プロ野球選手(* 1941年)
  • 2003年 - ボビー・ボンズ、メジャーリーガー(* 1946年)
  • 2003年 - ジョン・ゲーガン、元カトリック神父。多数の子供への性的虐待で服役中、他の収容者に殺害される。
  • 2005年 - ブロック・ピーターズ、俳優(* 1927年)
  • 2006年 - 関敬六、コメディアン、俳優(* 1928年)
  • 2006年 - メイナード・ファーガソン、ジャズトランペット奏者(* 1928年)
  • 2007年 - 松形祐堯、第10 - 15代宮崎県知事(* 1918年)
  • 2007年 - 西村寿行、小説家(* 1930年)
  • 2008年 - トーマス・ハックル・ウェーラー、ウイルス学者(* 1915年)
  • 2010年 - 川本喜八郎、日本のアニメーション作家、人形作家(* 1925年)
  • 2017年 - 長谷部栄一、プロ野球選手・監督(* 1929年)

スピーチ作成 - テーマ「奴隷貿易とその廃止を記念する国際デー」

自分が初めてテーマを知った/経験した時のエピソード。
テーマについて自分はどう思うか/思ったか。
言葉/行動/影響について自分はどう思うか。
今後自分はどうしたいと思うか。

スピーチ出力 - 08-23_奴隷貿易とその廃止を記念する国際デー.txt

想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。
日付からスピーチを作る
10月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
11月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
12月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
1月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
2月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29
3月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
4月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
5月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
6月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
7月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
8月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
9月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30

参考になる本

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法
 会議・朝礼・電話でも、接客・商談・会合でも、面接・結婚式のスピーチでも、デート・合コン・保護者会でも。
 こんなふうに話せば「あがり」にさようなら! 予約半年待ち! 超人気講師が教える“緊張しないコツ。
¥ 1,210
超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48
 本書では、人前では話すことが苦手な人でもすぐ実行でき、たちまち効果を実感できる「あがらずに話せる正しい方法」を48個紹介しています。
 スピーチ・朝礼・会議・面接でドキドキしない!商談・プレゼン・営業が面白いほど成功する!人前で話すのが苦手な人でも大丈夫!あがらずに話せる超シンプルなテクニックを大公開!
¥ 1,296
朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100 話しベタなあなたに贈る
 他人の興味を引く「鉄板ネタ」さえ持っていれば、誰でも「人前で話すこと」が怖くなくなります。
 聞き手が具体的にイメージしやすいようにスポーツ選手や芸能人など、著名人のエピソードもたくさん織り込んだ「鉄板ネタ」を100個集めました。
¥ 1,620
恥をかかないスピーチ力
 新年度に自己紹介をしたり、結婚式やちょっとした集まりで人前で話したりする機会は意外と多い。そんな時に役立つ、スピーチやコメントのコツ、心構え。
 恥をかかないレベルから「なかなかうまいな」と思われるレベルまで、どうステップアップするか。
 「時間感覚」「身体感覚」の重要性、始まり方と終わり方、小ネタの集め方、シーン別のコツやNGポイントまで、人前で話す時にはこれさえあれば大丈夫!
¥ 702
心に届く話し方 65のルール
 本書は、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説した、話し方の基礎技術の本です。
 「本質的に内容が相手にきちんと伝わる」ことを目的とし、「そのための具体的かつ自然な音声表現のディテール」まで迫った本です。
¥ 1,361
カーネギー話し方入門 文庫版
 あのウォーレン・バフェットも受講したというデール・カーネギーの話し方講座のエッセンスをまとめた本。
 カーネギーといえば、大ベストセラーとなった『人を動かす』があまりに有名だが、本書の原著も100万部を突破したベストセラーとして、アメリカでは広く知られている。
¥ 650