365日のネタ・スピーチ例は、1年分(365日分)のネタと、朝礼などのスピーチの作例や作り方を、まとめたサイトです。 >> 使い方を読む

6月11日「傘の日」


 6月11日は「傘の日」です。1989年に、日本洋傘振興協議会が制定しました。理由は、この日が入梅(にゅうばい)になることが多いためです。

 傘は頻繁に骨が折れるので、不便な道具だと思っています。骨が折れるたびに捨てるのはもったいないので、自分で修理して寿命を長くしています。

 もう少し壊れにくい構造にならないかなと思います。しかし、格安でコンビニでも売っているし、よく盗まれるので、あまり高い値段は掛けられないのだろうなと思います。

 傘というと、現代では雨を防ぐイメージがありますが、日傘として用いられている歴史が長いです。日本に外来品として入ってきた当初は、日傘として用いられていました。英語のアンブレラやパラソルも、元は日傘の意味です。アンブレラは、小さな影を作るもの、パラソルは太陽に備えるものといった言葉が語源です。

 昔の人は、雨に濡れることがあまり気にならなかったのかもしれません。あるいは、現代人のようにあくせくしておらず、雨の日には外出しなかったのかもしれません。外出時間が長ければ、日射病の危険から、直射日光の方が怖かったのかもしれません。

 空から降り注ぐ物は、雨だけでなく日光もあります。折りたたみ傘を用意するだけでなく、帽子を被るなど、日除けの工夫も大切だと思います。

スピーチ作例 6月11日1
文字数:554文字   想定時間:150
想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。

その他の情報

 「傘」は、上から降下してくるものに対して防護する目的の用具で、一般には手に持って差しかけて使う用具の総称を指します。頭部に直接かぶって使う用具である「笠」とは区別されます。
 ガーデンパラソルやマーケットパラソルなど携行を目的としない特殊な傘もあり、これらは地面に立てたり吊ったりして用います。
 日本には、欽明天皇の時代552年に、百済聖王(聖明王)の使者から渡来しました。当初は主に日射を避ける「日傘」として用いましたが、その後日本独自の構造的進化も見られ、降水に対して使うことが多くなっていきました。
 和傘はおもに竹を材料として軸と骨を製作し、傘布に柿渋、亜麻仁油、桐油等を塗って防水加工した油紙を使いました。
 洋傘の骨が数本程度であるのに対して、和傘の場合、数十本の骨が用いられます。これは洋傘と傘の展開方法が異なるためです。
 和傘は、洋傘のように逆さに傘を立てて保管すると雨水が頭頂部にたまり、浸水により破損する危険があります。そのため、天井や軒先からつるすように保管します。
 和傘は、平安時代に製紙技術の進歩や竹細工の技術を取り込んで改良され、室町時代には和紙に油を塗布する事で防水性を持たせ、現在と同じ用途で広く使用されるようになりました。それとともに傘を専門に製作する傘張り職人が登場しました。
 折畳み傘は、1928年にドイツのハンス・ハウプトが発案して、1932年に特許を取得しました。同特許の許諾を得たクニルプス社が製造・販売を行い、現代でも折畳み傘のトップブランドです。
 ビニール傘は、1958年に、ホワイトローズ株式会社が、第一号を完成させます。ホワイトローズは、1721年創業の江戸幕府御用達の傘問屋、武田長五郎商店が前身です。
 ビニール傘第一号は、問屋から傘の競合品として扱いを拒まれ、納入予定先の大手商社との商談も不調で販路に窮します。仕方なく、銀座を中心に店頭委託販売を行います。
 1964年には、東京オリンピックで来日したアメリカ人から、ニューヨークで売りたいと持ちかけられます。ホワイトローズは、専用の透明素材を企業に開発させて、透明なビニール傘を完成させます。この透明なビニール傘は、ニューヨークで飛ぶように売れました。

記念日・年中行事

  • 入梅(日本 2010年・2011年・2013年)
    雑節の一つで、太陽が黄経80度の点を通過する日。
  • 傘の日(日本)
    日本洋傘振興協議会が1989年に制定。この日が「入梅」になることが多いことから。
  • 雨漏りの点検の日(日本)
    全国雨漏検査協会が1997年4月に制定。この日が「入梅」になることが多いことから。
  • 学校図書館の日(日本)
    全国学校図書館協議会が1997年に制定。
  • 国立銀行設立の日(日本)
    1873年日本初の銀行である国立第一銀行を設立した。
  • カメハメハ・デー(アメリカ合衆国 ハワイ州)
    1810年のこの日にカメハメハ1世がハワイ諸島全島を統一したことを記念。

歴史

  • 紀元前1184年 - トロイアが滅亡しトロイア戦争が終結。(エラトステネスの計算による)
  • 1173年(承安3年4月29日)- 京都・神護寺の再興を後白河法皇に強訴した僧・文覚が捕縛。後に伊豆へ流刑になる。
  • 1429年 - 百年戦争: ジャルジョー攻城戦が始まる。
  • 1509年 - イングランド王ヘンリー8世がキャサリン・オブ・アラゴンと最初の結婚。
  • 1583年(天正11年4月21日)- 賤ヶ岳の戦い: 柴田勝家が羽柴秀吉に敗北し越前北ノ庄城に敗走。3日後に自害。
  • 1742年 - オーストリア継承戦争: ブレスラウ条約の締結によってプロイセンとオーストリアが講和。
  • 1800年(寛政12年閏4月19日)- 伊能忠敬が日本地図作成に備えた第一次測量のため蝦夷地に向けて出発。
  • 1868年(明治元年閏4月21日)- 明治新政府が政体書を発布。
  • 1870年(明治3年5月13日)- 庚午事変。徳島本藩からの分離を求めていた淡路洲本城代の稲田家を、本藩側の過激派藩士が襲撃。
  • 1898年(光緒24年4月23日)- 中国清朝で、政治改革運動「戊戌の変法」が始まる。
  • 1900年 - 義和団の乱: 義和団に呼応した清国軍の董福祥配下の兵士が北京の日本大使館員・杉山彬を殺害。
  • 1901年 - クック諸島がニュージーランドの属領となる。
  • 1903年 - セルビアでクーデター。国王アレクサンダル1世と王妃ドラガが暗殺される。
  • 1906年 - 官設鉄道・岡谷 - 辰野 - 塩尻(現在の中央本線)が延伸開業し、御茶ノ水から塩尻までが開通。飯田橋 - 長野で直通運転開始。
  • 1917年 - ギリシャで、国王コンスタンティノス1世が退位し亡命。代わって次男のアレクサンドロス1世が国王に即位。
  • 1917年 - 日本海軍の駆逐艦「榊」が地中海でオーストリア潜水艦に雷撃され艦首を切断、艦長以下59人が戦死。
  • 1919年 - アメリカの競走馬サーバートンがベルモントステークスで勝利し、史上初のアメリカクラシック三冠を達成。
  • 1924年 - 日本で加藤高明が第24代内閣総理大臣に就任し、加藤高明内閣が発足。護憲三派の連立内閣。
  • 1926年 - 近鉄あやめ池遊園地開業。2004年に閉園。
  • 1935年 - ニュージャージー州で、エドウィン・アームストロングが自身が発明したFM方式による放送の初の公開実験を行う。
  • 1937年 - ヨシフ・スターリンが軍参謀部長ミハイル・トゥハチェフスキーら赤軍首脳8人を粛清。
  • 1938年 - 日中戦争: 武漢作戦が始まる。
  • 1939年 - アメリカ野球殿堂博物館創設。
  • 1942年 - 第二次世界大戦: アメリカ合衆国が、レンドリース法に基づくソビエト連邦への軍需物資の供給を決定。
  • 1942年 - 関門鉄道トンネルが単線で暫定開通。
  • 1944年 - アメリカ海軍の戦艦「ミズーリ」が就役。
  • 1945年 - シカゴ大学の科学者が原子力の社会的、政治的影響を検討し「政治ならびに社会問題に関する委員会報告」(フランクレポート)を大統領の諮問委員会に提出。
  • 1948年 - アメリカ上院が、共和党のヴァンデンバーグ上院議員の提案による地域的・集団的防衛協定の推進などをトルーマン大統領に勧告。(ヴァンデンバーグ決議)
  • 1949年 - 東京都が失業対策事業の日当を245円に決定(「ニコヨン」の語源)。
  • 1951年 - 産業教育振興法公布。
  • 1955年 - ル・マン24時間レースで接触事故により車が爆発炎上。ドライバーと観客81人が死亡する、モータースポーツ史上最悪の事故となる。
  • 1959年 - イギリスで初の実用型ホバークラフト・サンダース・ロー SR.N1が初航行。
  • 1962年 - アメリカ・アルカトラズ連邦刑務所からフランク・モリスと仲間2人が脱獄。
  • 1963年 - ベトナムの僧ティック・クアン・ドックが当局の仏教弾圧に抗議して焼身自殺。
  • 1972年 - 通産大臣の田中角栄が『日本列島改造論』を刊行。
  • 1981年 - イラン・ゴルバフ地方でマグニチュード6.7の地震。死者約3000人。
  • 1983年 - インドネシアで皆既日食。
  • 1985年 - ソ連の金星・ハレー彗星探査機「ベガ1号」の降下船が金星表面に着陸。
  • 2001年 - 任天堂が北米でゲームボーイアドバンスを発売。
  • 2001年 - オクラホマシティ連邦政府ビル爆破事件の主犯ティモシー・マクベイの死刑執行。
  • 2002年 - アメリカ合衆国議会が決議案269によってアントニオ・メウッチを電話の発明者と認める。
  • 2004年 - 北都プロレスが北海道空知支庁空知郡北村(現在岩見沢市北村)にて旗揚げ。
  • 2009年 - 日本の月周回衛星「かぐや」が運用終了。
  • 2010年 - FIFAワールドカップ南アフリカ大会が開幕。
  • 2010年 - 特命担当大臣(金融・郵政改革担当)の亀井静香が、菅内閣の郵政改革法案への対応に抗議して辞意を表明。(菅内閣では4日間の在籍)
  • 2012年 - 6・11脱原発100万人アクション(脱原発を訴えるデモ行進)開催。東京の新宿をはじめ、全国15箇所で行われた。
  • 2013年 - 2011年より日本プロ野球で使用されている統一球が、今季よりやや飛びやすく仕様が調整されていたことが判明。日本プロ野球機構の事務局が統一球を製造するミズノ社に対し「調整したことを公表しないように」と要請していた。
  • 2014年 - イラクのモースルにあったトルコ領事館にいた49人が、ISILによって拉致された。

誕生日

  • 1572年 - ベン・ジョンソン、劇作家、詩人(+ 1637年)
  • 1662年(寛文2年4月25日)- 徳川家宣、江戸幕府6代将軍(+ 1712年)
  • 1776年 - ジョン・コンスタブル、画家(+ 1837年)
  • 1815年 - ジュリア・マーガレット・カメロン、写真家(+ 1879年)
  • 1839年(天保10年5月1日)- 九条道孝 、江戸時代末期から明治時代の公卿、華族(+ 1906年)
  • 1864年 - リヒャルト・シュトラウス、作曲家(+ 1949年)
  • 1879年 - 櫻井忠温、軍人、作家(+ 1965年)
  • 1879年 - ロジャー・ブレスナハン、メジャーリーガー(+ 1944年)
  • 1880年 - ジャネット・ランキン、政治家(+ 1973年)
  • 1884年 - ダイ・バーノン、マジシャン(+ 1992年)
  • 1894年 - 豊田喜一郎、トヨタ自動車創業者(+ 1952年)
  • 1895年 - ニコライ・ブルガーニン、ソビエト連邦首相(+ 1975年)
  • 1910年 - ジャック=イヴ・クストー、海洋学者(+ 1997年)
  • 1910年 - カーマイン・コッポラ、音楽家(+ 1991年)
  • 1913年 - ヴィンス・ロンバルディ、アメリカンフットボールコーチ(+ 1970年)
  • 1919年 - 宮澤章二、詩人、作詞家(+ 2005年)
  • 1922年 - アーヴィング・ゴッフマン、社会学者(+ 1982年)
  • 1930年 - 阿部進、教育評論家(+ 2017年)
  • 1933年 - 阿部百合子、女優
  • 1933年 - 大石雅昭、プロ野球選手
  • 1934年 - 杉田弘子、元女優(+ 1992年)
  • 1934年 - 原ひろ子、人類学者
  • 1934年 - 石田泰三、プロ野球選手
  • 1936年 - 野田弘志、画家
  • 1937年 - ロビン・ウォレン、オーストラリアの病理学者
  • 1939年 - ジャッキー・スチュワート、レーシングドライバー
  • 1947年 - 林家小染(4代目)、落語家(+ 1984年)
  • 1947年 - 鳥谷元、プロ野球選手
  • 1948年 - ちあき哲也、作詞家(+ 2015年)
  • 1949年 - 佐川一政、小説家、パリ人肉事件の犯人
  • 1951年 - 森村泰昌、現代美術家
  • 1953年 - ジョゼ・ボヴェ、酪農家
  • 1956年 - ジョー・モンタナ、アメリカンフットボール選手
  • 1957年 - 中本茂樹、プロ野球選手
  • 1958年 - バリー・アダムソン、ミュージシャン
  • 1959年 - 屋鋪要、プロ野球選手
  • 1959年 - アラン・モウルダー、音楽プロデューサー
  • 1960年 - 鈴木由美子、漫画家
  • 1961年 - 吉田康夫、プロ野球選手
  • 1962年 - 関俊彦、声優
  • 1964年 - ジャン・アレジ、レーシングドライバー
  • 1964年 - 畠山準、プロ野球選手
  • 1964年 - 畑山俊二、プロ野球選手
  • 1965年 - 沢口靖子、女優
  • 1965年 - 浜崎貴司、ミュージシャン
  • 1965年 - 古賀慎明、調教師
  • 1966年 - 笠原栄一、プロ野球選手
  • 1968年 - アロイス・リテンシュタイン、リヒテンシュタイン皇太子
  • 1968年 - カミッラ・ニーランド、オペラ歌手
  • 1969年 - 島津健太郎、俳優
  • 1969年 - シャドウWX、プロレスラー
  • 1969年 - ピーター・ディンクレイジ、俳優
  • 1970年 - ビル・セルビー、プロ野球選手
  • 1970年 - 守屋寿恵、アイドル(元おニャン子クラブ)
  • 1971年 - かねさだ雪緒、漫画家
  • 1971年 - 三五美奈子、声優
  • 1971年 - 鈴木健仁、サッカー選手
  • 1971年 - 津田健次郎、声優
  • 1972年 - 米正秀、プロ野球選手
  • 1973年 - 寺島淳司、アナウンサー
  • 1973年 - 宮城麻里子、アナウンサー
  • 1973年 - 羽村英、俳優
  • 1975年 - 北川えり、タレント
  • 1975年 - 鈴木信也、漫画家
  • 1975年 - チェ・ジウ、女優
  • 1975年 - デニス・マツーエフ、ピアニスト
  • 1976年 - 栗林みな実、歌手、声優
  • 1976年 - 坂井久太、アニメーター
  • 1976年 - 土佐礼子、マラソンランナー
  • 1976年 - 山本真純、アナウンサー(+ 2010年)
  • 1976年 - 横山竜士、プロ野球選手
  • 1977年 - 東山麻美、タレント
  • 1977年 - 山口もえ、タレント
  • 1977年 - 梅宮万紗子、女優
  • 1977年 - オダリス・ペレス、元メジャーリーガー
  • 1979年 - 高橋めぐみ、バレーボール選手
  • 1979年 - ダニーロ、サッカー選手
  • 1979年 - 李運飛、フィギュアスケート選手
  • 1980年 - ムーディ勝山、芸人
  • 1980年 - ヤンシー・ブラゾバン、プロ野球選手
  • 1981年 - 朝倉健太、プロ野球選手
  • 1981年 - KMC、ラッパー、歌手
  • 1982年 - ダイアナ・トーラジ、女子バスケットボール選手
  • 1982年 - 永井流奈、タレント
  • 1982年 - 小島心二郎、プロ野球選手
  • 1982年 - ボビー・ケッペル、プロ野球選手
  • 1983年 - アンディ・オロゴン、格闘家
  • 1983年 - ホセ・レイエス、メジャーリーガー
  • 1983年 - 陳ウェイ、野球選手
  • 1983年 - 丸山敦史、俳優
  • 1983年 - 太田吉彰、サッカー選手
  • 1984年 - ヴァグネル・ラヴ、サッカー選手
  • 1985年 - an、女優、グラビアアイドル、歌手
  • 1985年 - 鈴木美園、女優
  • 1985年 - SNoW、歌手
  • 1985年 - 関塚真美、アルペンスキー選手
  • 1986年 - 亜沙美、グラビアアイドル
  • 1986年 - 児玉明日美、声優
  • 1986年 - 藤森由香、スノーボードクロス選手
  • 1986年 - シャイア・ラブーフ、俳優
  • 1987年 - 田中理恵、女子体操選手
  • 1987年 - TiA、シンガーソングライター
  • 1987年 - 高堀和也、プロ野球選手
  • 1987年 - 田川義浩(DJ TOTTO)、ゲームクリエイター
  • 1987年 - エセキエル・カレーラ、メジャーリーガー
  • 1988年 - 新垣結衣、女優、ファッションモデル、グラビアアイドル、タレント、歌手
  • 1988年 - 木村文子、陸上選手
  • 1988年 - 関根龍一、プロレスラー
  • 1988年 - マルコス・アントニオ、サッカー選手
  • 1988年 - 三澤慶一、サッカー選手
  • 1988年 - 志田光、プロレスラー
  • 1989年 - 清原大貴、プロ野球選手
  • 1989年 - 英乃海拓也、大相撲力士
  • 1991年 - 渡嘉敷来夢、バスケットボール選手
  • 1991年 - 外岡えりか、タレント、アイドル(アイドリング!!!6号)
  • 1992年 - 寺田御子、タレント、声優
  • 1992年 - 十枝梨菜、グラビアアイドル
  • 1993年 - 泉澤祐希、俳優
  • 1993年 - 大坪由佳、声優
  • 1993年 - ホルヘ・アルファーロ、プロ野球選手
  • 1993年 - 間宮祥太朗、俳優
  • 1994年 - 片岡涼乃、タレント
  • 1994年 - 滝菜月、アナウンサー
  • 1996年 - ジェシー、ジャニーズJr.(SixTONES)
  • 1996年 - 佐々木彩夏、ももいろクローバーZ
  • 1997年 - 岡本真依、ひめキュンフルーツ缶
  • 2003年 - 加部亜門、俳優
  • 生年不明 - 宮本崇弘、声優

忌日

  • 840年(承和7年5月8日)- 淳和天皇、日本の第53代天皇(* 786年)
  • 1488年 - ジェームズ3世、スコットランド王(* 1451年頃)
  • 1557年 - ジョアン3世、ポルトガル王(* 1502年)
  • 1587年(天正15年5月6日)- 大友義鎮、豊後国の戦国大名(* 1530年)
  • 1587年(天正15年5月6日)- 北条綱成、戦国武将(* 1515年)
  • 1591年(天正19年4月20日)- 津田宗及、安土桃山時代の堺商人
  • 1615年(元和元年5月15日)- 長宗我部盛親、土佐国の大名(* 1575年)
  • 1661年 - ゲオルク2世、ヘッセン=ダルムシュタット方伯(* 1605年)
  • 1749年 - ヨハン・ベルンハルト・バッハ、作曲家(* 1676年)
  • 1817年 - ウィリアム・グレゴール、鉱物学者(* 1761年)
  • 1825年 - ダニエル・トンプキンス、第6代アメリカ合衆国副大統領・第5代ニューヨーク州知事(* 1774年)
  • 1847年 - ジョン・フランクリン、探検家(* 1786年)
  • 1859年 - クレメンス・メッテルニヒ、オーストリア宰相(* 1773年)
  • 1895年 - ダニエル・カークウッド、天文学者(* 1814年)
  • 1903年 - アレクサンダル1世、セルビア王(* 1876年)
  • 1909年 - ヤコブ・ゴルディン、劇作家(* 1853年)
  • 1910年 - 松平容大、斗南藩主(* 1869年)
  • 1914年 - アドルフ・フリードリヒ5世、メクレンブルク=シュトレーリッツ大公国大公(* 1848年)
  • 1923年 - ジョージ・ホール、メジャーリーガー(* 1849年)
  • 1924年 - テオドール・デュボワ、作曲家(* 1837年)
  • 1928年 - アウグスト・フォン・ハイエク、医師、植物学者(* 1871年)
  • 1929年 - アンドラーシ・ジュラ(子)、オーストリア=ハンガリー外相(* 1860年)
  • 1934年 - レフ・ヴィゴツキー、心理学者(* 1896年)
  • 1936年 - ロバート・E・ハワード、SF作家(* 1906年)
  • 1937年 - ミハイル・トハチェフスキー、ソ連邦元帥(* 1893年)
  • 1937年 - イオナ・ヤキール、ソビエト連邦軍一等軍司令官(* 1896年)
  • 1956年 - 梁瀬長太郎、実業家、ヤナセ創業者(* 1879年)
  • 1956年 - フランキー・トランバウアー、ジャズサキソフォン奏者(* 1900年)
  • 1962年 - バート・アッベイ、メジャーリーガー(* 1869年)
  • 1963年 - ティック・クアン・ドック、南ベトナムに抗議して焼身自殺した僧(* 1897年)
  • 1963年 - チャールズ・ソーンスウェイト、アメリカ合衆国の地理学者(* 1899年)
  • 1963年 - 長谷川伸、小説家、劇作家(* 1884年)
  • 1964年 - プレーク・ピブーンソンクラーム、タイ首相(* 1887年)
  • 1965年 - ジョゼ・メンデス・カベサダス、ポルトガル大統領・首相(* 1883年)
  • 1966年 - 熊沢寛道(熊沢天皇)、日本の皇位請求者(* 1889年)
  • 1967年 - ヴォルフガング・ケーラー、心理学者(* 1887年)
  • 1967年 - 高柳賢三、法学者(* 1887年)
  • 1970年 - アレクサンドル・ケレンスキー、ロシア臨時政府首相(* 1881年)
  • 1972年 - ヨアキム・ボニエ、F1ドライバー(* 1930年)
  • 1976年 - ジム・コンスタンティー、メジャーリーガー(* 1917年)
  • 1979年 - ジョン・ウェイン、俳優(* 1907年)
  • 1979年 - 中島健蔵、フランス文学者、文芸評論家(* 1903年)
  • 1984年 - エンリコ・ベルリンゲル、イタリア共産党書記長(* 1922年)
  • 1985年 - カレン・クィンラン、尊厳死問題の重要ケースとして知られる人物(* 1954年)
  • 1985年 - 中島啓之、騎手(* 1943年)
  • 1986年 - 雷門福助(初代)、落語家(* 1900年)
  • 1988年 - ジュゼッペ・サーラガト、第5代イタリア大統領(* 1898年)
  • 1990年 - オルドリッヒ・ネイエドリー、サッカー選手(* 1909年)
  • 1995年 - 円谷皐、テレビプロデューサー(* 1935年)
  • 1996年 - ブリギッテ・ヘルム、女優(* 1908年)
  • 1999年 - デフォレスト・ケリー、俳優(* 1920年)
  • 2001年 - 布施正、調教師(* 1914年)
  • 2001年 - ティモシー・マクベイ、オクラホマシティ連邦政府ビル爆破事件の主犯(* 1968年)
  • 2006年 - スザンヌ・モロー、フィギュアスケート選手(* 1930年)
  • 2006年 - 内埜則之、声優(* 1977年)
  • 2007年 - 江村哲二、作曲家(* 1960年)
  • 2008年 - オベ・アンダーソン、ラリードライバー(* 1938年)
  • 2009年 - 純恋、小悪魔agehaモデル(* 1987年)
  • 2009年 - 西尾裕、プロ野球選手(* 1937年)
  • 2012年 - 原田正純、医学者、水俣病研究者(* 1934年)
  • 2013年 - ロバート・フォーゲル、経済学者(* 1926年)
  • 2014年 - 岩橋邦枝、作家(* 1934年)
  • 2015年 - オーネット・コールマン、ジャズ・ミュージシャン(* 1930年)
  • 2016年 - クリスティーナ・グリミー、シンガーソングライター(* 1994年)
  • 2014年 - コディーノ、競走馬

スピーチ作成 - テーマ「傘の日」

自分が初めてテーマを知った/経験した時のエピソード。
テーマについて自分はどう思うか/思ったか。
言葉/行動/影響について自分はどう思うか。
今後自分はどうしたいと思うか。

スピーチ出力 - 06-11_傘の日.txt

想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。
日付からスピーチを作る
12月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
1月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
2月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29
3月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
4月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
5月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
6月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
7月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
8月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
9月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
10月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
11月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30

参考になる本

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法
 会議・朝礼・電話でも、接客・商談・会合でも、面接・結婚式のスピーチでも、デート・合コン・保護者会でも。
 こんなふうに話せば「あがり」にさようなら! 予約半年待ち! 超人気講師が教える“緊張しないコツ。
¥ 1,210
超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48
 本書では、人前では話すことが苦手な人でもすぐ実行でき、たちまち効果を実感できる「あがらずに話せる正しい方法」を48個紹介しています。
 スピーチ・朝礼・会議・面接でドキドキしない!商談・プレゼン・営業が面白いほど成功する!人前で話すのが苦手な人でも大丈夫!あがらずに話せる超シンプルなテクニックを大公開!
¥ 1,296
朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100 話しベタなあなたに贈る
 他人の興味を引く「鉄板ネタ」さえ持っていれば、誰でも「人前で話すこと」が怖くなくなります。
 聞き手が具体的にイメージしやすいようにスポーツ選手や芸能人など、著名人のエピソードもたくさん織り込んだ「鉄板ネタ」を100個集めました。
¥ 1,620
恥をかかないスピーチ力
 新年度に自己紹介をしたり、結婚式やちょっとした集まりで人前で話したりする機会は意外と多い。そんな時に役立つ、スピーチやコメントのコツ、心構え。
 恥をかかないレベルから「なかなかうまいな」と思われるレベルまで、どうステップアップするか。
 「時間感覚」「身体感覚」の重要性、始まり方と終わり方、小ネタの集め方、シーン別のコツやNGポイントまで、人前で話す時にはこれさえあれば大丈夫!
¥ 702
心に届く話し方 65のルール
 本書は、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説した、話し方の基礎技術の本です。
 「本質的に内容が相手にきちんと伝わる」ことを目的とし、「そのための具体的かつ自然な音声表現のディテール」まで迫った本です。
¥ 1,361
カーネギー話し方入門 文庫版
 あのウォーレン・バフェットも受講したというデール・カーネギーの話し方講座のエッセンスをまとめた本。
 カーネギーといえば、大ベストセラーとなった『人を動かす』があまりに有名だが、本書の原著も100万部を突破したベストセラーとして、アメリカでは広く知られている。
¥ 650