365日のネタ・スピーチ例は、1年分(365日分)のネタと、朝礼などのスピーチの作例や作り方を、まとめたサイトです。 >> 使い方を読む

7月1日「国民安全の日」


 7月1日は「国民安全の日」です。交通安全、火災等の災害発生の防止を図る、国民運動を啓発するための記念日です。
 毎年この日に合わせ、災害発生の防止に功績のあった者を対象に、安全功労者内閣総理大臣表彰が行われる他、各種の啓発行事が行われています。


 火災については、昔住んでいたアパートの向かいの家が、燃えたことがあります。窓に近付くだけでかなりの高温で、非常に慌てて部屋から外に出ました。

 その時、貴重品とともに、あんパンが鞄に入っており、冷静なつもりでも、混乱していたのだなと思いました。

 国民安全の日は、7月1日から7日までの全国安全週間の初日でもあります。全国安全週間は、厚生労働省と中央労働災害防止協会が主唱しています。全国安全週間は、職場における労働災害防止活動の大切さを再確認し、積極的に安全活動に取り組む期間、制度です。
 最初の安全週間は、地域的なものであり、1919年6月15日から21日まで東京市および、その周辺の隣接町村で行われました。1928年に第1回全国安全週間が内務省社会局の主催により全国で統一で行われ、1947年7月1日から7日までの7日間、労働省が主催して行いました。そして、1950年に、6月1日から6月30日までの1ヶ月間を準備期間、7月1日から7日までのろ7日間を本期間と制度が改正され、現在に至っています。
 中央労働災害防止協会には、指差し呼称キャラクター「ヨシだ君」「よしみさん」がいて、指差し確認の重要さを訴えています。


 人間は、ふとしたことで、いつもの手順を間違えたり、抜かしたりします。パスワードの入力でも、急に話しかけられると、分からなくなったりします。

 人間はミスをするものとして、確認を怠らないようにしたいと思います。

スピーチ作例 7月1日1
文字数:748文字   想定時間:229
想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。

その他の情報

 全国安全週間では、第1回から現在まで毎年スローガンが掲げられています。しかし、第18回~33回においては、戦時中の産業報国運動に対する批判によりスローガンはありません。
 全国安全週間の実施においては、多くの業種が関わっています。業種の特性に応じた労働災害防止対策として、「建設業」「製造業」「林業」「陸上貨物運送事業」「小売業、社会福祉施設、飲食店等の第三次産業」それぞれについて、労働災害防止対策が掲げられています。
 中央労働災害防止協会は、労働災害防止団体法に基づき、1964年に設立された団体です。厚生労働省所管の認可法人でしたが、2000年6月19日に特別民間法人となりました。
 中央労働災害防止協会では、ゼロ災(災害ゼロを目指す)運動の推進とKYT(危険予知訓練)の講習会開催や、技能講習および特別教育の指導者育成などを行っています。

記念日・年中行事

  • 半夏生(日本 2012年)
  • カナダ・デー(カナダ)
    カナダの建国記念日。1867年のこの日、カナダ憲法の一部をなす1867年憲法法が施行され、カナダがイギリスから独立した。
  • 中国共産党創立記念日(中華人民共和国)
    1921年のこの日、中華民国の上海で第一回中国共産党大会が開催され、中国共産党が成立した。
  • 香港特別行政府設立記念日(香港)
    1997年この日の中華人民共和国への香港返還を記念。
  • Keti Koti(スリナム)
    1863年のこの日、オランダの植民地だったスリナムで奴隷制が廃止されたことを記念。
  • 独立記念日(ルワンダ・ ブルンジ)
    1962年のこの日、ベルギー信託統治領ルアンダ=ウルンディがルワンダ共和国とブルンジ王国として独立した。
  • 共和国記念日(ソマリア)
    1960年のこの日、イタリア信託統治領ソマリアが独立し、5日前に独立した旧イギリス領ソマリランドと合併してソマリア共和国が発足した。
  • 共和国記念日(ガーナ)
  • サー・セレツェ・カーマの日(ボツワナ)
    初代大統領セレツェ・カーマの誕生日。
  • 国民安全の日(日本)
    1960年5月の閣議決定で制定。全国安全週間の初日。
  • 更生保護の日(日本)
    法務省が1962年に制定。1949年のこの日に犯罪者予防更生法が施行されたことを記念。
  • こころの看護の日(日本)
    日本精神科看護技術協会が1999年に制定。1987年のこの日に「精神衛生法」が「精神保健法」に改正されたことを記念(現在は精神保健及び精神障害者福祉に関する法律)。
  • 童謡の日(日本)
    日本童謡協会が1984年に制定。1918年のこの日、日本初の児童文芸誌『赤い鳥』が創刊されたことを記念。
  • クレジットの日(日本)
    日本クレジット産業協会が1977年に制定。1961年のこの日に割賦販売法が公布されたことを記念。
  • 銀行の日(日本)
    日本金融通信社が1991年1月に制定。1893年のこの日、普通銀行に関する法規の基礎となる銀行条例が施行されたことを記念。
  • 弁理士の日(日本)
    1899年のこの日に「特許代理業者登録規則」が制定され、弁理士制度が発足したことを記念。
  • 建築士の日(日本)
    日本建築士連合会が1987年に制定。1950年のこの日に建築士法が公布されたことを記念。
  • 郵便番号記念日(日本)
    1968年のこの日、日本で郵便番号制度がスタートしたことを記念。
  • 東京都政記念日(日本)
    1943年のこの日、東京都制が施行され、東京市と東京府を廃止して東京都が設置されたことを記念。
  • 東海道本線全通記念日(日本)
    1889年のこの日に東海道本線が全線開通したことを記念。
  • 名神高速道路全通記念日(日本)
    1965年のこの日に名神高速道路が全線開通したことを記念。
  • 函館港開港記念日(日本)
    1859年7月1日(安政6年6月2日)、函館港が横浜・長崎とともに日本初の貿易港として開港したことを記念。
  • ウォークマンの日(日本)
    1979年のこの日、ソニーが携帯式ヘッドホンステレオ「ウォークマン」の第1号を発売したことを記念。
  • 鉄スクラップの日(日本)
    日本鉄リサイクル工業会が制定。1975年の同会の設立日。
  • びわ湖の日(日本 滋賀県)
    1980年7月1日施行の「滋賀県琵琶湖の富栄養化の防止に関する条例(琵琶湖条例)」1周年を記念し、1981年に決定。1996年7月1日施行の「滋賀県環境基本条例」で正式に定められ、1997年から実施。
  • 井村屋あずきバーの日(日本)
    毎月1日に小豆を食べるという慣習と暑さが増す7月の初日にあずきバーを食べて元気になってほしいという願いを込めて井村屋グループが「制定」。
  • 航空自衛隊安全の日(日本)
    1999年から2000年にかけて連続的に発生した自衛隊機墜落事故を受けて制定。
  • JUNET記念日(日本)
  • 山開き(日本)- 富士山など
  • 海開き(日本)- 沖縄など一部地域を除く
  • 新醸造年度(日本)

歴史

  • 紀元前776年 - 古代オリンピック第1回大会開催。
  • 251年 - ゴート戦争: アブリットゥスの戦いでゴート族がローマ帝国に勝利、ローマ皇帝デキウスとヘレンニウス・エトルスクスが殺害される。
  • 720年(養老4年5月21日)- 舎人親王らが『日本書紀』30巻と系図1巻を完成し撰上。
  • 1097年 - 第1回十字軍: ドリュラエウムの戦い
  • 1569年 - ルブリン合同が成立し、同君連合であったポーランド王国とリトアニア大公国が合邦してポーランド・リトアニア共和国になる。
  • 1770年 - レクセル彗星が地球から0.0146天文単位まで接近。地球に最も接近した彗星。
  • 1859年(安政6年6月2日)- 日米修好通商条約に基づき、神奈川(横浜港)、長崎(長崎港)、箱館(函館港)が開港される。
  • 1862年 - 南北戦争: マルバーンヒルの戦い
  • 1863年 - 南北戦争: ゲティスバーグの戦いが始まる。
  • 1863年 - オランダの植民地スリナムで奴隷制が廃止。(スリナムの祝日)
  • 1867年 - イギリス議会で英領北アメリカ法が制定され、カナダが連邦自治を開始する。(カナダの建国記念日:カナダ・デー)
  • 1871年(明治4年5月14日)- 明治政府が神道を国家の宗祀と定める。
  • 1873年 - プリンスエドワード島がカナダ連邦政府に加入。
  • 1878年 - カナダが万国郵便連合(UPU)に加盟。
  • 1881年 - 世界初の国際電話がカナダとアメリカ合衆国の間で行われる。
  • 1885年 - 専売特許条例施行。
  • 1889年 - 東海道本線が全線開通。
  • 1890年 - 第1回衆議院議員総選挙が行われる。
  • 1890年 - イギリスとドイツがヘルゴランド=ザンジバル条約を締結。
  • 1898年 - 米西戦争: サンファン・ヒルの戦い。
  • 1903年 - ツール・ド・フランス第1回大会が開幕。7月19日まで。
  • 1904年 - 第3回夏季オリンピックセント・ルイス大会開催。
  • 1908年 - SOSが国際的な遭難信号として採用される。
  • 1911年 - モロッコの権益を巡り、ドイツとフランスが衝突。(アガディール事件)
  • 1913年 - 小林一三が宝塚唱歌隊を結成。後の宝塚歌劇団。
  • 1916年 - 第一次世界大戦: ソンムの戦い。初日だけでイギリス軍に2万人の死者、4万人の負傷者が出る。
  • 1917年 - 安徽督軍張勲の後ろ盾により清の元皇帝愛新覚羅溥儀が復辟を宣言。(張勲復辟)
  • 1918年 - 子供向け文芸雑誌『赤い鳥』が創刊。
  • 1921年 - 中国共産党成立。
  • 1924年 - 日本で、尺貫法を廃止しメートル法に一本化する度量衡法改正法が施行。移行まで20年の猶予が設けられるが、後に1959年1月1日まで延期に。
  • 1925年 - 中国の広州に中国国民党の国民政府(広州国民政府)が成立。
  • 1926年 - 広東国民政府が「北伐宣言」を発表。
  • 1931年 - ボーイング・エアー・トランスポート(現在のユナイテッド航空)が運航開始。
  • 1931年 - アメリカの飛行士ウィリー・ポストが世界一周速度記録を達成。
  • 1932年 - 中央気象台臨時富士山頂観測所設置。富士山頂での気象観測を開始。
  • 1932年 - 総武本線・御茶ノ水 - 両国が開業し、御茶ノ水で中央本線と連絡。
  • 1939年 - 日ソ国境紛争: 日本軍がノモンハンで総攻撃を開始。第二次ノモンハン事件が始まる。
  • 1942年 - 第二次世界大戦・北アフリカ戦線: 第一次エル・アラメインの戦いが始まる。
  • 1942年 - 関門鉄道トンネルで貨物営業開始。
  • 1946年 - アメリカがマーシャル諸島で最初の核実験(クロスロード作戦)を実施。
  • 1947年 - 公正取引委員会設置。
  • 1947年 - フィリピン空軍創設。
  • 1948年 - 国鉄白紙ダイヤ改正。
  • 1952年 - 戦後、駐留米軍の管理下に置かれていた羽田空港が日本に返還。
  • 1952年 - 四国放送(JR、現・JRT)、北日本放送、ラジオ開局。
  • 1954年 - 防衛庁設置法・自衛隊法施行により、保安庁が防衛庁に、保安隊・警備隊が自衛隊に改組される。
  • 1954年 - 国家地方警察と自治体警察を統合して都道府県警察に移行。
  • 1954年 - ラジオ山梨(現・山梨放送)、ラジオ宮崎(現・宮崎放送)開局。
  • 1957年 - 国際地球観測年(IGY)が開始される。1958年12月31日まで。
  • 1957年 - 日本専売公社が日本初のフィルター付たばこ「ホープ」を発売。
  • 1958年 - 大阪放送(ラジオ大阪)、西日本放送(RNC)テレビ開局。
  • 1958年 - 現在の大沼国定公園が認定。
  • 1959年 - アメリカとイギリスの間で、ヤード・ポンドおよびそれらの派生単位の値を共通化する協定が結ばれる。
  • 1960年 - イタリア領ソマリアが独立、5日前に独立した旧イギリス領ソマリランドと合併してソマリア共和国が成立。
  • 1960年 - ガーナが英連邦王国から共和制へ移行し、クワメ・ンクルマが初代大統領に就任。
  • 1960年 - 自治庁が自治省に昇格。
  • 1960年 - ラジオ沖縄(ROK)開局。
  • 1962年 - ルワンダとブルンジがベルギーから独立。
  • 1962年 - 第6回参議院議員通常選挙
  • 1963年 - アメリカ合衆国郵便公社がZIPコードを導入。
  • 1965年 - 名神高速道路が全線(小牧-西宮間)開通。
  • 1967年 - 欧州共同体(EC)が発足。
  • 1968年 - スイスのジュネーヴでアメリカ・ソ連など62カ国が核拡散防止条約(NPT)に調印。
  • 1968年 - 日本で郵便番号導入。
  • 1968年 - 電電公社が東京23区でポケットベルのサービスを開始。
  • 1969年 - 東京証券取引所が東証株価指数の公表を開始。
  • 1970年 - 本州四国連絡橋公団が発足。韓国で郵便番号導入。
  • 1971年 - 環境庁発足。
  • 1973年 - 内閣放射能対策本部が4日前の中国の水爆実験の影響で石川県内の雨から平常値の70 - 80倍の放射能検出と発表。
  • 1978年 - 静岡県民放送(通称:静岡けんみんテレビ(SKT)、現:静岡朝日テレビ(SATV))開局。
  • 1978年 - 東京の地下鉄1号線を「都営浅草線」に、6号線を「都営三田線」に、10号線を「都営新宿線」に改称。
  • 1979年 - ソニーがウォークマンの1号機TPS-L2を発売。
  • 1979年 - 静岡第一テレビ(SDT)開局。
  • 1980年 - 「オー・カナダ」が正式にカナダの国歌になる。
  • 1981年 - マルチメディア機器メーカー「クリエイティブテクノロジー」が設立された。
  • 1982年 - トヨタ自動車工業とトヨタ自動車販売が合併してトヨタ自動車が発足。
  • 1984年 - 総理府の外局として総務庁が発足。
  • 1985年 - 青森県の国鉄大畑線が私鉄・下北交通に譲渡。
  • 1985年 - 豊田商事が破産。
  • 1986年 - 内閣が現代仮名遣いを告示。
  • 1986年 - 福島県の国鉄丸森線が第三セクター・阿武隈急行に転換。
  • 1990年 - ドイツ再統一: 通貨・経済・社会同盟の創設に関する国家条約が発効。東ドイツに西ドイツの通貨・ドイツマルクが導入される。
  • 1991年 - ワルシャワ条約機構が正式に解散。
  • 1991年 - エフエム京都(α-station)開局。
  • 1992年 - 山形新幹線開業。
  • 1993年 - にっかつ(現、日活)が東京地裁に会社更生法の適用を申請。
  • 1995年 - 製造物責任法(PL法)が施行。
  • 1995年 - NTTパーソナルが首都圏と札幌でPHSのサービスを開始。
  • 1996年 - 女流棋士の清水市代が女流王将を奪還し、女流名人・女流王位・倉敷藤花と合わせて史上初の女流四冠独占を達成。
  • 1997年 - 香港がイギリスから中華人民共和国へ返還される。香港特別行政区初代行政長官に董建華が就任。
  • 1998年 - 京王帝都電鉄が社名を京王電鉄に変更。
  • 1999年 - NTTが持株会社化、NTT西日本、NTT東日本、NTTコミュニケーションズに分割。
  • 2000年 - 金融監督庁を金融庁に改組。
  • 2000年 - デンマークとスウェーデンとを結ぶオーレスン・リンク(オーレスン橋)が開通。
  • 2002年 - 読売新聞社がグループ再編、持株会社として読売新聞グループ本社発足。
  • 2002年 - ローマ規程発効により、国際刑事裁判所が設置される。
  • 2002年 - ユーバーリンゲン空中衝突事故発生。
  • 2003年 - 長崎男児誘拐殺人事件発生。
  • 2003年 - 食糧庁廃止。
  • 2003年 - 大阪証券取引所がヘラクレス指数の公表を開始。
  • 2004年 - アメリカの土星探査機カッシーニが土星の軌道に投入。
  • 2004年 - ドイツの連邦大統領にホルスト・ケーラーが就任。
  • 2006年 - 青蔵鉄道(青海チベット鉄道)が全通。
  • 2007年 - 東海道新幹線・山陽新幹線に新幹線N700系電車が営業運転を開始
  • 2008年 - 山梨県を含めた関東地方全都県及び沖縄県を最後に、日本全国一斉にたばこ自動販売機の識別ICカード「taspo」の導入を開始。
  • 2008年 - NTTドコモが8地域会社を本部へ統合。
  • 2009年 - 女優の森光子に国民栄誉賞が贈られる。
  • 2010年 - 運輸多目的衛星MTSAT-2(ひまわり7号)での気象観測を開始。
  • 2012年 - 閏秒が導入。6月30日23時59分59秒と7月1日0時0分0秒(UTC)の間に23時59分60秒が挿入された。
  • 2013年 - クロアチアが欧州連合に加盟。
  • 2014年 - 日本の集団的自衛権の行使容認が閣議決定される。
  • 2015年 - 閏秒が導入。6月30日23時59分59秒と7月1日0時0分0秒(UTC)の間に23時59分60秒が挿入された。
  • 2016年 - バングラデシュの首都ダッカの飲食店に武装集団が襲撃。邦人7名を含む20人が死亡した。
  • 1889年 - 山梨県甲府市・岐阜県岐阜市が市制施行。
  • 1911年 - 静岡県浜松市が市制施行。
  • 1916年 - 愛知県岡崎市・広島県福山市が市制施行。
  • 1923年 - 静岡県沼津市が市制施行。
  • 1924年 - 神奈川県川崎市が市制施行。
  • 1932年 - 山口県萩市が市制施行。
  • 1940年 - 新潟県柏崎市が市制施行。
  • 1942年 - 香川県坂出市が市制施行。
  • 1943年 - 東京府・東京市が廃止されて東京都が設置される。
  • 1946年 - 鹿児島県名瀬市が市制施行。
  • 1954年 - 北海道江別市・士別市・赤平市・紋別市、青森県黒石市、埼玉県岩槻市・狭山市・東松山市・本庄市、千葉県旭市・八日市場市が市制施行、山梨県山梨市、長野県駒ケ根市・大町市・中野市、福井県大野市、兵庫県高砂市、熊本県牛深市が市制施行。
  • 1956年 - 沖縄県コザ市(現 沖縄市)が市制施行。
  • 1958年 - 北海道歌志内市・砂川市・千歳市・滝川市、石川県羽咋市、兵庫県三田市が市制施行。
  • 1962年 - 沖縄県宜野湾市が市制施行。
  • 1963年 - 静岡県浜北市が市制施行。
  • 1968年 - 沖縄県具志川市が市制施行。
  • 1970年 - 千葉県我孫子市、東京都福生市、滋賀県守山市、大阪府四條畷市・泉南市、沖縄県浦添市が市制施行。
  • 2005年 - 静岡県浜松市が合併。当時は国内2番目、静岡県内で最も広い市となった。
  • 2005年 - 鹿児島県曽於市が市制施行。

誕生日

  • 1481年 - クリスチャン2世、デンマーク王(+ 1559年)
  • 1506年 - ラヨシュ2世、ハンガリー王(+ 1526年)
  • 1646年 - ゴットフリート・ライプニッツ、哲学者、数学者(+ 1716年)
  • 1780年 - カール・フォン・クラウゼヴィッツ、軍人、軍事学者(+ 1831年)
  • 1804年 - ジョルジュ・サンド、作家(+ 1876年)
  • 1831年 - ヴォイチェフ・ゲルソン、画家(+ 1901年)
  • 1857年 - ロジャー・コナー、メジャーリーガー(+ 1931年)
  • 1861年 - ジョン・クラークソン、メジャーリーガー(+ 1909年)
  • 1866年 - チャールズ・ダベンポート、生物学者(+ 1944年)
  • 1870年(明治3年6月3日)- 阪田三吉、将棋棋士(+ 1946年)
  • 1872年 - ルイ・ブレリオ、航空技術者(+ 1936年)
  • 1881年 - エドワード・ベイリー、地質学者(+ 1965年)
  • 1888年 - ベン・テイラー、メジャーリーガー(+ 1953年)
  • 1890年 - 多田等観、僧侶、仏教学者(+ 1967年)
  • 1890年 - 高村豊周、鋳金家(+ 1972年)
  • 1893年 - 獅子文六、小説家(+ 1969年)
  • 1896年 - 高良とみ、婦人運動家、政治家(+ 1993年)
  • 1898年 - 田中勝雄、野球選手(+ 1995年)
  • 1899年 - チャールズ・ロートン、俳優(+ 1962年)
  • 1902年 - ウィリアム・ワイラー、映画監督(+ 1981年)
  • 1903年 - エミー・ジョンソン、パイロット(+ 1941年)
  • 1903年 - 江口夜詩、作曲家(+ 1978年)
  • 1906年 - エスティ・ローダー、エスティローダー創業者(+ 2004年)
  • 1906年 - ジャン・デュドネ、数学者(+ 1992年)
  • 1911年 - セルゲイ・ソコロフ、陸軍軍人、国防大臣(+ 2012年)
  • 1913年 - 横井英樹、実業家(+ 1998年)
  • 1916年 - オリヴィア・デ・ハヴィランド、女優
  • 1918年 - 西河克己、映画監督(+ 2010年)
  • 1920年 - ハロルド坂田、俳優、レスラー、重量挙げ選手(+ 1982年)
  • 1921年 - セレツェ・カーマ、ボツワナ初代大統領(+ 1980年)
  • 1924年 - 杉田庄一、大日本帝国海軍戦闘機搭乗員。公認撃墜70機のエース・パイロット(+ 1945年)
  • 1925年 - 荒木茂、プロ野球選手
  • 1929年 - ジェラルド・モーリス・エデルマン、生物学者(+ 2014年)
  • 1930年 - ゴンサロ・サンチェス・デ・ロサダ、ボリビア大統領
  • 1930年 - 西田亨、プロ野球選手
  • 1930年 - キャロル・チョムスキー、言語学者(+ 2008年)
  • 1931年 - 椙本勝、プロ野球選手
  • 1933年 - 川崎敬三、俳優(+ 2015年)
  • 1933年 - 瀬能礼子、女優・声優(+ 2017年)
  • 1933年 - 黒岩弘、プロ野球選手
  • 1934年 - シドニー・ポラック、映画監督、俳優、映画プロデューサー(+ 2008年)
  • 1934年 - クロード・ベリ、映画監督、俳優、映画プロデューサー(+ 2009年)
  • 1935年 - 大矢根博臣、プロ野球選手
  • 1935年 - ジェイムズ・コットン、歌手、ハーモニカ奏者(+ 2017年)
  • 1937年 - 浅井慎平、写真家
  • 1939年 - 馬場章夫、ラジオパーソナリティ、冒険家、タレント
  • 1940年 - 山本圭、俳優
  • 1941年 - マイロン・ショールズ、経済学者
  • 1941年 - 横内正、俳優
  • 1941年 - 石黒和弘、プロ野球選手
  • 1942年 - 大下八郎、歌手
  • 1942年 - ジュヌヴィエーヴ・ビュジョルド、女優
  • 1944年 - 大倉英貴、プロ野球選手
  • 1945年 - 車谷長吉、作家、俳人(+ 2015年)
  • 1946年 - 佐藤正治、声優
  • 1947年 - 星野一義、レーサー
  • 1951年 - テレンス・マン、ミュージカル俳優
  • 1952年 - 田丸美寿々、ニュースキャスター
  • 1952年 - 橋本一子、音楽家
  • 1952年 - ダン・エイクロイド、コメディアン、俳優
  • 1953年 - ながいのりあき、漫画家
  • 1955年 - 明石家さんま、お笑いタレント
  • 1955年 - ニコライ・デミジェンコ、ピアニスト
  • 1955年 - 李克強、中華人民共和国第7代国務院総理
  • 1956年 - 五代高之、俳優
  • 1958年 - 岡田斗司夫、作家
  • 1959年 - 逆木圭一郎、声優、俳優
  • 1960年 - 石井康嗣、声優、ナレーター
  • 1960年 - 香山リカ、精神科医
  • 1960年 - 藤田恭一、ファッションデザイナー
  • 1960年 - まついなつき、漫画家、エッセイスト
  • 1961年 - ダイアナ・スペンサー、イギリス王太子妃(+ 1997年)
  • 1961年 - カール・ルイス、陸上選手
  • 1962年 - 鷹西美佳、アナウンサー
  • 1962年 - 三杉里公似、大相撲力士
  • 1962年 - ジェシー・リード、プロ野球選手
  • 1964年 - 佐藤智恵、声優
  • 1964年 - 藤田秀世、俳優(ナイロン100℃)
  • 1965年 - 石橋通宏、政治家
  • 1965年 - 江頭2:50、お笑いタレント
  • 1965年 - TOKIE、ベーシスト、
  • 1965年 - ハラルド・ズワルト、映画監督
  • 1965年 - 山口祥義、政治家
  • 1966年 - 中川緑、アナウンサー
  • 1967年 - パメラ・アンダーソン、モデル、女優
  • 1968年 - 今泉清保、アナウンサー
  • 1968年 - 村岡弘之、俳優
  • 1968年 - 森田樹優、声優
  • 1968年 - 小島圭市、プロ野球選手
  • 1968年 - 榊原勝也、プロ野球選手
  • 1969年 - 桧山進次郎、プロ野球選手
  • 1970年 - 幸田正広、プロ野球選手
  • 1970年 - ケリーサイモン、ギタリスト、シンガーソングライター
  • 1971年 - 鳥越裕介、プロ野球選手・コーチ
  • 1971年 - イゴール・パシケビッチ、フィギュアスケート選手(+ 2016年)
  • 1972年 - 関口知宏、俳優
  • 1972年 - 稲田徹、声優
  • 1972年 - 柴田ヨクサル、漫画家
  • 1974年 - ジェファーソン・ペレス、陸上選手
  • 1975年 - スフィアン・スティーヴンス、ソングライター
  • 1976年 - ルート・ファン・ニステルローイ、元サッカー選手
  • 1976年 - パトリック・クライファート、元サッカー選手
  • 1976年 - ジャスティン・ロー(側田)、歌手
  • 1977年 - リヴ・タイラー、女優
  • 1977年 - 春日王克昌、大相撲力士
  • 1977年 - 谷浩弥、プロ野球選手
  • 1977年 - 浦田理恵、パラリンピックゴールボール選手
  • 1978年 - Akeboshi、シンガーソングライター
  • 1978年 - 北沢直樹、キャラクターデザイナー
  • 1979年 - マルコ・モンテリーゾ、騎手
  • 1980年 - ネルソン・クルーズ、メジャーリーガー
  • 1981年 - ジョナソン・ハント、フィギュアスケート選手
  • 1982年 - ヨアキム・ヨハンソン、テニス選手
  • 1983年 - 桜井広大、プロ野球選手
  • 1983年 - 十川雄二、プロ野球選手
  • 1984年 - モルガン・デュブレ、スーパーモデル
  • 1985年 - 桜井のりお、漫画家
  • 1985年 - 平岡政樹、プロ野球選手
  • 1985年 - 山内壮馬、プロ野球選手
  • 1986年 - チャーリー・ブラックモン、メジャーリーガー
  • 1987年 - カミラ・ピストレッロ、フィギュアスケート選手
  • 1987年 - 青木梓、陸上選手
  • 1987年 - 林宥嘉、歌手
  • 1987年 - 奥田実里、野球選手
  • 1990年 - 佐藤夏希、アイドル(元AKB48)
  • 1992年 - 野崎夏帆、ファッションモデル
  • 1992年 - アーロン・サンチェス、メジャーリーガー
  • 1992年 - 松澤裕介、プロ野球選手
  • 1993年 - 神山智洋、ジャニーズWEST
  • 1994年 - 岡本杏理、ファッションモデル、女優
  • 1994年 - 宗田淑、ファッションモデル
  • 1995年 - 宮台康平、プロ野球選手
  • 1996年 - アデリナ・ソトニコワ、フィギュアスケート選手
  • 1997年 - 金子りえ、アイドル(ハロプロ研修生)
  • 1997年 - 新田ひより、声優
  • 1998年 - 石原涼太郎、子役
  • 1998年 - 岡本夏美、ファッションモデル、女優
  • 1998年 - アレキサンドラ・ゴロフキナ、フィギュアスケート選手
  • 生年不明 - 竹岡美穂、イラストレーター
  • 生年不明 - 勝田晶子、声優

忌日

  • 868年 - アリー・ハーディー、イスラム教シーア派十二イマーム派の第10代イマーム(* 828年)
  • 1109年 - アルフォンソ6世、カスティーリャ王(* 1040年)
  • 1224年(元仁元年6月13日)- 北条義時、鎌倉幕府第2代執権(* 1163年)
  • 1277年 - バイバルス、マムルーク朝第5代スルターン(* 1223年頃)
  • 1520年 - モクテスマ2世、アステカ帝国皇帝(* 1466年)
  • 1583年(天正11年5月12日)- 佐久間盛政、織田氏の家臣(* 1554年)
  • 1592年 - マルカントニオ・インジェニェーリ、イタリアの作曲家(* 1547年)
  • 1625年(寛永2年5月27日)- 亀姫、徳川家康の長女、奥平信昌の正室(* 1560年)
  • 1699年(元禄12年6月5日)- 徳川綱誠、第3代尾張藩主(* 1652年)
  • 1736年 - アフメト3世、オスマン帝国スルタン(* 1673年)
  • 1782年 - ロッキンガム侯チャールズ・ワトソン=ウェントワース、イギリスの首相(* 1730年)
  • 1784年 - ヴィルヘルム・フリーデマン・バッハ、作曲家(* 1710年)
  • 1839年 - マフムト2世、オスマン帝国第30代皇帝(* 1785年)
  • 1860年 - チャールズ・グッドイヤー、発明家(* 1800年)
  • 1884年 - アラン・ピンカートン、私立探偵、ピンカートン探偵社創業者(* 1819年)
  • 1896年 - ハリエット・ビーチャー・ストウ、アメリカの奴隷制廃止論者、作家(* 1811年)
  • 1904年 - ジョージ・フレデリック・ワッツ、画家、彫刻家(* 1817年)
  • 1908年 - 児島惟謙、政治家、大審院判事(* 1837年)
  • 1915年 - ヨハン・エイクマン、オランダの薬学者、化学者(* 1851年)
  • 1925年 - エリック・サティ、フランスの作曲家(* 1866年)
  • 1934年 - 三岸好太郎、画家(* 1903年)
  • 1944年 - ターニャ・サヴィチェワ、『ターニャの日記』の著作者(* 1930年)
  • 1950年 - エミール・ジャック=ダルクローズ、作曲家、音楽教育家(* 1865年)
  • 1950年 - エリエル・サーリネン、フィンランド出身の建築家(* 1873年)
  • 1961年 - ルイ=フェルディナン・セリーヌ、フランスの小説家(* 1894年)
  • 1964年 - ピエール・モントゥー、フランス出身の指揮者(* 1875年)
  • 1967年 - 清瀬川敬之助、大相撲の力士(* 1893年)
  • 1971年 - ローレンス・ブラッグ、物理学者(* 1890年)
  • 1974年 - フアン・ペロン、アルゼンチンの大統領(* 1895年)
  • 1978年 - クルト・シュトゥデント、ドイツ空軍軍人(* 1890年)
  • 1981年 - マルセル・ブロイヤー、ハンガリー出身の建築家、家具デザイナー(* 1902年)
  • 1983年 - バックミンスター・フラー、アメリカの建築家、数学者(* 1895年)
  • 1991年 - マイケル・ランドン、映画監督、俳優、脚本家(* 1936年)
  • 1992年 - 松本照夫、プロ野球選手(* 1943年)
  • 1993年 - 村上泰亮、経済学者、評論家(* 1931年)
  • 1995年 - ウルフマン・ジャック、ラジオDJ(* 1938年)
  • 1996年 - マーゴ・ヘミングウェイ、女優(* 1955年)
  • 1997年 - ロバート・ミッチャム、俳優(* 1917年)
  • 1998年 - 豊登道春、プロレスラー(* 1931年)
  • 1999年 - シルヴィア・シドニー、女優(* 1910年)
  • 1999年 - エドワード・ドミトリク、映画監督(* 1908年)
  • 2000年 - ウォルター・マッソー、俳優(* 1920年)
  • 2001年 - ニコライ・バソフ、ロシアの物理学者(* 1922年)
  • 2001年 - ハリーナ・チェルニー=ステファンスカ、ピアニスト(* 1922年)
  • 2003年 - ニカウ、俳優(* 1943年?)
  • 2004年 - マーロン・ブランド、俳優(* 1924年)
  • 2004年 - 高畠導宏、プロ野球選手・コーチ(* 1944年)
  • 2005年 - 萩原葉子、小説家(* 1920年)
  • 2005年 - ルーサー・ヴァンドロス、R&B歌手(* 1951年)
  • 2005年 - 天野滋、ミュージシャン(* 1953年)
  • 2006年 - 橋本龍太郎、政治家、第82・83代内閣総理大臣(* 1937年)
  • 2008年 - 佐竹昭広、国文学者(* 1928年)
  • 2013年 - 武智文雄、プロ野球選手(* 1926年)
  • 2016年 - 巴里夫、漫画家(* 1932年)
  • 2017年 - 上田利治、プロ野球選手・監督(* 1937年)

スピーチ作成 - テーマ「国民安全の日」

自分が初めてテーマを知った/経験した時のエピソード。
テーマについて自分はどう思うか/思ったか。
言葉/行動/影響について自分はどう思うか。
今後自分はどうしたいと思うか。

スピーチ出力 - 07-01_国民安全の日.txt

想定時間は300文字1分の概算です。実際には、挨拶や身振りなども入るでしょうから、この時間よりも長くなるでしょう。
日付からスピーチを作る
12月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
1月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
2月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29
3月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
4月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
5月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
6月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
7月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
8月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
9月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
10月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31
11月
01  02  03  04  05  06  07  08  09  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30

参考になる本

1分のスピーチでも、30分のプレゼンでも、人前であがらずに話せる方法
 会議・朝礼・電話でも、接客・商談・会合でも、面接・結婚式のスピーチでも、デート・合コン・保護者会でも。
 こんなふうに話せば「あがり」にさようなら! 予約半年待ち! 超人気講師が教える“緊張しないコツ。
¥ 1,210
超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48
 本書では、人前では話すことが苦手な人でもすぐ実行でき、たちまち効果を実感できる「あがらずに話せる正しい方法」を48個紹介しています。
 スピーチ・朝礼・会議・面接でドキドキしない!商談・プレゼン・営業が面白いほど成功する!人前で話すのが苦手な人でも大丈夫!あがらずに話せる超シンプルなテクニックを大公開!
¥ 1,296
朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100 話しベタなあなたに贈る
 他人の興味を引く「鉄板ネタ」さえ持っていれば、誰でも「人前で話すこと」が怖くなくなります。
 聞き手が具体的にイメージしやすいようにスポーツ選手や芸能人など、著名人のエピソードもたくさん織り込んだ「鉄板ネタ」を100個集めました。
¥ 1,620
恥をかかないスピーチ力
 新年度に自己紹介をしたり、結婚式やちょっとした集まりで人前で話したりする機会は意外と多い。そんな時に役立つ、スピーチやコメントのコツ、心構え。
 恥をかかないレベルから「なかなかうまいな」と思われるレベルまで、どうステップアップするか。
 「時間感覚」「身体感覚」の重要性、始まり方と終わり方、小ネタの集め方、シーン別のコツやNGポイントまで、人前で話す時にはこれさえあれば大丈夫!
¥ 702
心に届く話し方 65のルール
 本書は、元NHKアナウンサー・松本和也が、話し方・聞き方に悩むふつうの方々に向けて、放送現場で培ってきた「伝わるノウハウ」を細かくかみ砕いて解説した、話し方の基礎技術の本です。
 「本質的に内容が相手にきちんと伝わる」ことを目的とし、「そのための具体的かつ自然な音声表現のディテール」まで迫った本です。
¥ 1,361
カーネギー話し方入門 文庫版
 あのウォーレン・バフェットも受講したというデール・カーネギーの話し方講座のエッセンスをまとめた本。
 カーネギーといえば、大ベストセラーとなった『人を動かす』があまりに有名だが、本書の原著も100万部を突破したベストセラーとして、アメリカでは広く知られている。
¥ 650